ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「メールフィルタリング」最新記事一覧

GDPR順守だけではない電子メールセキュリティ(後編)
「最悪のシナリオ」対策とメール監査体制構築のススメ
メールに起因する最悪の事態は常に起こり得る。こうした事態の対策と、開封確認メッセージを利用して「メール監査」ができる体制を作っておこう。GDPRに順守しつつ、組織を守る一助となる。(2017/11/22)

Gartner Insights Pickup(25):
AIは顧客に「時間」という貴重なリソースを提供できる
AIの活用により、顧客の満足度を大幅に高められる可能性がある。企業が消費者向け製品・サービスでAIを推進する際の重要なポイントの1つは、「ユーザーの時間をどれだけ節約できるか」ということにある。(2017/7/21)

サードパーティーのファイアウォールをどう使う?
付属ツール「Windows ファイアウォール」の利点と限界
Windows ファイアウォールは効果的かもしれない。だがセキュリティ対策として万全ではない。サードパーティーファイアウォールは場合によっては、IT部門が必要とする追加的な保護層を提供してくれる。(2017/7/5)

Instagram、不適切なコメントを非表示にするフィルターとスパムフィルターを追加
自由な表現が妨げられることのないようにするのが目的。(2017/6/30)

Instagram、ディープラーニング採用のコメント/スパムフィルタ追加 ライブ動画でも
Instagramが、親会社のFacebookが開発したディープラーニングエンジン「DeepText」採用の、攻撃的なコメントおよびスパムコメントのフィルタをライブ動画を含む投稿に適用できるようにした。スパムフィルタは日本語にも対応する。(2017/6/30)

「駐禁報告書」などを称するスパムメールが拡散 銀行やクレカの情報を狙うマルウェアとしてトレンドマイクロが注意喚起
同様のスパムは5月14日から確認され、16〜17日に急増しています。(2017/5/19)

中堅・中小企業向け、標的型攻撃対策の現実解(3):
マルウェアを防ぐには出入口対策から――複数のセキュリティ技術で多層防御する
人員リソースや予算の限られた中堅・中小企業にとって、大企業で導入されがちな、過剰に高機能で管理負荷の高いセキュリティ対策を施すのは現実的ではない。本連載では、中堅・中小企業が目指すべきセキュリティ対策の“現実解“を、特に標的型攻撃(APT:Advanced Persistent Threat)対策の観点から考える。(2017/5/24)

テレコムサービス協会、MVNOサービス利用検討者に8つの「チェックポイント」を提示
テレコムサービス協会のMVNO委員会が、MVNOサービスを検討している人に向けた「チェックポイント」を作成し公開した。国民生活センターからの注意喚起や総務省からの要請を受けての措置だ。(2017/4/21)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第7回】
攻撃者にとっての「ランサムウェア」は“ゴールドラッシュ”、必須の対策は?
身代金要求型不正プログラム(ランサムウェア)が依然として猛威を振るっており、対策は待ったなしの状況です。現状の被害傾向を踏まえ、最低限対策すべきことを紹介します。(2017/3/6)

MVNOの深イイ話:
MVNOはキャリアメールを提供できるのか
「MVNOにはキャリアメールがないから乗り換えられない」という方が多くいます。MVNOはキャリアメールを提供できないのでしょうか。そもそも「キャリアメール」とは一体何なのでしょうか?(2017/3/10)

“ISPならではの強み”を生かしながら解析基盤を強化:
IIJがSOCを新設、高度なセキュリティサービス提供へ
IIJが「セキュリティオペレーションセンター(SOC)」を新設。ファシリティ面を整備するとともに、ISPならではの強みを生かし、セキュリティサービスを支える情報分析基盤も強化したという。(2017/3/8)

医療機関がサイバー犯罪者に狙われる
2017年も被害は続く? 病院を狙うランサムウェア攻撃を防ぐ5つのヒント
2016年に最もサイバー攻撃の標的になったのは医療機関だという調査結果がある。2017年もその状況は続くだろう。だがIT担当者が適切な対策を続けることで、攻撃を防ぐことは可能だ。5つのコツを紹介する。(2017/3/6)

当面の対策は「不正なOfficeファイルを開かない」
Google スプレッドシートを悪用してマルウェア制御、サイバー攻撃の手口が進化
犯罪集団Carbanakがサイバー攻撃の手口を進化させており、マルウェアの制御インフラとしてGoogleのクラウドサービスを利用していた可能性がある。(2017/2/2)

「うちの会社は標的型攻撃で狙われる」 従業員で増加、IT管理者は低下
標的型攻撃に対する意識が従業員側で高まる一方、対策を講じる立場の情報システム管理者側では低下した。(2017/1/19)

ゾンビにならない! ボットネットから身を守るには
サイバー攻撃者に操られたコンピュータは「ボット」(あるいはゾンビ)と呼ばれます。これからのIT時代に注意すべき「ボットネット」の対策とは?(2016/12/22)

3ステップで対策
社員が怪しいリンクを踏んだ、そのときセキュリティチームはどう動くべきか
社員が悪意あるリンクをクリックした場合の対応は、企業がセキュリティを維持する上で重要だ。どんな手を打つべきなのか。(2016/12/15)

徹底解説「ランサムウェア」の脅威と対策【最終回】
「ランサムウェア対策製品」選びに失敗しない“4つのチェックポイント”
ランサムウェア対策に役立つセキュリティ製品をどう選べばよいのか。失敗しない4つのチェックポイントを伝授する。(2016/9/29)

標的型メールは8人に1人が開封、「開くな」対策に効果なし
NRIセキュアテクノロジーズは、情報セキュリティ対策サービスを通じて蓄積したデータを基に、最新の動向分析と推奨する対策をまとめた「サイバーセキュリティ傾向分析レポート2016」を発表した。(2016/8/19)

これからも続く脅威:
ランサムウェアが日本でブレークした理由と感染対策をふりかえる
最近のマルウェア動向で注目を集めた「ランサムウェア」ですが、感染攻撃の手口などからは日本で流行した理由の背景が見え隠れします。今後も続くと予想される脅威への対策について改めて確認してみましょう。(2016/8/12)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第3回】
「ランサムウェア」に感染するとどうなる? 最低限ながら有効な対策とは
ランサムウェア被害が企業規模も地域も問わず急増しています。特に中小企業の場合は、被害に遭遇してしまうと泣き寝入りしてしまうケースも。実際にどんな被害が起き、早急に取り組むべき対策は何なのでしょうか。(2016/8/8)

国内ネットバンキング狙うスパムメールの規模がより大きく 正規業者のメール内容コピーにアドレス偽装
「年休申請」「請負契約書」「作業日報」「経理処理について」などの法人利用者向けの件名が多くなっているとのことです。(2016/7/3)

「あなたは新しい請求書」メールでランサムウェア感染、次の手口に注意
「あなたは新しい請求書(番号)を持っています」の件名でランサムウェア感染を狙うメールが出回った。今後も件名や内容を変える手口で攻撃が続く可能性が高い。(2016/4/13)

Gmailのスパム対策機能などをMicrosoftやYahoo!のアカウントでも使える「Gmailify」
Android版GmailアプリのVer.4.4のアップデートで、アプリで送受信するよう設定したMicrosoftおよびYahoo!のメールアカウントでもGmailのスパムフィルタやカテゴリ分け、Google Nowの通知機能などを使えるようになる。(2016/2/18)

「glibc」ライブラリに脆弱性、Linuxの大部分に深刻な影響
【Update】脆弱性が指摘された機能は大半のUNIXベースシステムでIPアドレスの解決に使われており、影響は広範に及ぶ。(2016/2/17)

Googleの検索責任者、アミット・シングハル氏が退社へ 後任は人工知能(AI)担当幹部
Googleに15年務めたベテランで検索アルゴリズムを統括してきたGoogleフェロー、アミット・シングハル氏が退社し、社会貢献に専念すると発表した。後任は人工知能部門責任者のジョン・ジャナンドレア氏。(2016/2/4)

iPhone 6s/6s Plusのアフターサービス、充実しているキャリアはどこ?
日本では3キャリアとAppleがiPhone 6s/6s Plusを販売しているが、故障や紛失時のアフターサービスには、どのような違いがあるのだろうか? さまざまなシチュエーション別に料金や内容を比較した。(2015/12/2)

Google、「Inbox」に人工知能による返信文提示機能「Smart Reply」追加へ
Googleが、受信したメールの内容を人工知能が読み取って返信文候補を提示する機能「Smart Reply」をメールアプリ「Inbox」の英語版に追加する。「リカレントニューラルネットワーク」という技術を使っており、Googleの人間がユーザーのメールの内容を読むことはない。(2015/11/4)

Tech TIPS:
AndroidスマートフォンのGmailアプリで迷惑メールのブロックを簡単に設定する方法
Gmailの迷惑メールフィルターをすり抜けるメールには、手動でフィルターを設定すれば対処できる。だがスマートフォン/タブレットだとフィルターの設定は面倒だ。迷惑メールをブロックするなら、Android版Gmailアプリでも簡単にできる設定方法がある。(2015/10/29)

Google、検索アルゴリズムにAI(人工知能)「RankBrain」のシグナルを採用
Googleの上級科学研究員が、Bloombergのインタビューで、Google検索のアルゴリズムで「RankBrain」と呼ばれるAIシステムを採用したと語った。(2015/10/27)

Tech TIPS:
PC版Gmailで迷惑メールのブロックを簡単に設定する方法
Gmailの迷惑メールフィルターをすり抜けるメールには、手動でフィルター設定を追加すればブロックできる。だがフィルターの設定はそれなりに面倒だ。迷惑メールをブロックするなら、もっと簡単な設定方法がある。(2015/10/29)

豊富なセキュリティ機能をレビュー
“危険なIE”にさようなら 新ブラウザ「Microsoft Edge」は“究極の安全”実現か
Windowsの新たな標準ブラウザ「Microsoft Edge」は、「Internet Explorer」での経験を教訓に、豊富なセキュリティ機能が実装されている。詳しく説明しよう。(2015/8/20)

“Linuxの父”トーバルズ氏、Gmailのスパムフィルター新機能に怒る 「3分の1以上は必要なメールだった」
Linuxカーネルの開発者として知られるリーナス・トーバルズ氏が、Gmailのスパムフィルター機能のアップデートに苦言を呈しているようだ。(2015/7/22)

Google、Gmailのスパムフィルターに人工ニューラルネットワークを採用
機械学習の実用化を進めるGoogleが、Gmailのスパムフィルターに人工ニューラルネットワークを採用した。ユーザーによってスパム判定をパーソナライズする機能も追加した。(2015/7/13)

メール依存の企業には不可欠
“メールを開けたらウイルス感染”を防ぐ「メールセキュリティゲートウェイ」の知っておくべき効果
メールがサイバー攻撃に悪用されることは珍しくない。こうした状況に対処する有力な策が「メールセキュリティゲートウェイ」だ。そのメリットを整理する。(2015/6/10)

gooスマホ部:
Twitterにログイン出来なくて困っています
Twitterのパスワードを再設定したいのですが、パスワードリセット用のメールが届きません。(2015/6/2)

会社をクビに――ランサムウェア被害者の辛い実態
大切な書類や子どもの写真を人質に取られた被害者は、犯罪集団と接触し、窮状を訴えたり身代金を減額するよう懇願したりしていた。(2015/5/19)

仕事で使うNAS 第2回:
WindowsサーバからNASに乗り換えるとき気をつけるべきことは?
「仕事で使うNAS」の連載第2回では、WindowsサーバからNASに乗り換える際、注目すべきポイントを見ていく。(2015/2/26)

Office 365運用管理入門(3):
Exchange Onlineでメールのセキュリティ対策を設定する
今回はセキュリティの観点から、Exchange Onlineでの電子メールの運用方法を解説する。(2015/1/16)

まずは試そう:
「メールアプリはデフォルトのまま」な人に贈る、実は便利なiPhone向け定番メールアプリ5選
メールアプリなんて変える必要はないんじゃない? そんな声も聞こえてきそうだが、実はApp Storeにはメール関連のアプリが結構ある。なんで? と思ったあなた、試してください。(2014/9/24)

匿名でメールを送信できる「Leak」登場
友達や同僚に直接言いにくいことや激励の言葉を匿名でメールできるサービス「Leak」がWebサービスとして登場した。日本語のメールも送信できる。(2014/8/4)

今日から始めるAndroid:
キャリアメールを使いこなそう!―――au編
2つのインタフェースを切り替えられるauの「Eメール」。auスマホのユーザーは改めて使い方をチェックしてみよう。(2014/6/2)

Tech TIPS:
Gmailでゴミ箱や迷惑メールを含む全メールを検索する
Gmailで確かに受信したはずのメールが検索で見つからない…… それは、もしかしたらゴミ箱や迷惑メールフォルダーにあるのかもしれない。これらのフォルダーを含めて、全メールを素早く検索するには?(2014/5/21)

はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第9回:
格安SIMで使える/使えないメールサービス
格安SIMでは利用できるサービスには制限があるが、キャリアメールもその1つ。今回は格安SIMでメールを運用する方法を解説したい。(2014/5/16)

マルチ・デバイス時代のGmail活用術:
第3回 Gmailで差出人を別のメールアドレスに変更して送信する
Gmailにちょっとした設定をすると、Gmailでありながら、ISPや企業など「〜@gmail.com」以外のメールアドレスを差出人としたメールを送信できるようになる。その具体的な方法は?(2014/5/14)

Tech TIPS:
Gmailで新規メールの作成ウィンドウを別ウィンドウで開く
Gmailでメールを新規作成するとき、デフォルトで表示されるメール入力ウィンドウは固定されており、サイズ変更や自由な移動ができないので使いづらい。独立したウィンドウで開く方法を紹介する。(2014/4/14)

KDDI、11月7日システムメンテナンスでメール機能利用制限
KDDIは、11月7日の午前0時から6時にかけてシステムメンテナンスを行う。これに伴い、Eメール関連機能の一部が利用できなくなる。(2013/11/6)

結局ユーザーがセキュリティホール
ウイルス対策ソフトウェア時代は終わった?
新種のマルウェアが1日に20万種類も生み出されている現在、シグネチャベースのウイルス対策では対応不能。また、メール添付のマルウェアを検知しても、卑猥な件名につられて開いてしまうユーザーもいる。(2013/9/13)

KDDI、iPhone/iPad向けEメールサービスを一部停止
auは、iPhone/iPad向けEメールサービスのメンテナンスのため、8月1日と5〜7日の2時〜6時に一部の機能を利用停止にする。(2013/7/29)

KDDI、メンテナンスで7月25日の2時〜6時にiPhone/iPad向けEメールサービスの一部を停止
auは、iPhone/iPad向けEメールサービスのメンテナンスのため、7月25日2時〜6時の間、一部の機能を利用停止にする。(2013/7/23)

KDDI、システムメンテナンスで7月24日0時〜8時に一部サービスが利用停止
auの一部サービスが、7月24日0時〜8時のシステムメンテナンスに伴い、利用停止になる。(2013/7/19)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。