ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「メジャーリーグ」最新記事一覧

メジャーリーグの試合中にネコが乱入 ほっこりハプニングに観客大喜び
最後はスタッフさんがナイスキャッチ。(2016/5/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
再契約を結んだ岩隈久志にみる「メジャーリーグ・ビジネス」の世界
メジャーリーガーの岩隈久志投手がシアトル・マリナーズと再契約を結んだ。本コラムでは、メジャーリーグ特有の「マネーゲーム」を振り返り、関係者たちの思惑についても分析した。(2015/12/24)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
一流メジャーリーガーをも虜にするブルージェィズ・川崎のスゴさ
あの男の人気は相変わらず健在のようだ。トロント・ブルージェイズの川崎宗則内野手のことである。川崎といえば“明るい”イメージがあるが、選手たちはどのように感じているのだろうか。(2015/6/25)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
“給料泥棒”が続く、松坂大輔に残された引退までのタイムリミット
日本球界に復帰した、元メジャーリーガーの松坂大輔投手が苦しんでいる。開幕して2カ月以上が経過したが、公式戦一軍マウンドにはいまだ立てていない。周囲からはそろそろ“結論”を出すころではないか、といった声も聞こえてくる。(2015/5/25)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
41歳のイチローは「外野4番手」? まだ決まっていない
マーリンズ・イチローが正式に誕生した。チームの外野にはメジャーリーグを代表する選手がそろっているので、イチローは「4人目の外野手」と言われているが、本当にそうなのか。(2015/2/5)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
誰が“トク”をしたのか? 鳥谷と中島が日本でプレーすることの怪
メジャーリーグへの挑戦を公言していた鳥谷選手が、阪神に残留することが決まった。「日本より条件が悪くてもメジャーに行く」と言っていたのに、なぜ日本でプレーする道を選んだのか。(2015/1/15)

ヤンキースの背番号に隠された秘密
メジャーリーグにまつわるマニアックな裏話。(2015/1/8)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
年俸21億円を捨てた黒田博樹とは、どんな人物なのか
ニューヨーク・ヤンキースからFAとなっていた黒田博樹投手が今シーズン、古巣の広島カープへ復帰することになった。メジャーリーグからの巨額オファーを蹴った「クロダ」という男は、海の向こうで一体どんな人物として周囲の目に映っていたのか。(2015/1/8)

日本通信、Amazonで格安スマホ販売 「メジャーリーグ級」のLG「G2 mini」、月額2980円から
日本通信は、「メジャーリーグ級の格安スマホ」というLG製「G2 mini」を端末代・通信料金込みで月額2980円(税別)からAmazon.co.jpを通じて販売する。(2014/7/24)

誠 Weekly Access Top10(2014年5月26日〜6月1日):
今年の梅雨は長くなる?
先週のBusiness Media 誠は、メジャーリーグ関連の記事に人気が集まりました。通信サービスのクーリングオフ制度についての解説記事も注目です。(2014/6/6)

メジャーリーグの始球式に恐竜が登板 肩が弱いのでアゴで放る
ジュラシック・リーグ開幕。(2014/5/10)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
「侍ジャパン」を常設化するもサポートが足りない日本野球機構
日本人メジャーリーガーを呼んで「日米野球」を2014年11月に開催したいと発表した日本野球機構。だが、具体案を聞くと、そもそも実現するかどうかは今後の交渉次第だという。なぜ、このタイミングで発表したのだろうか?(2014/3/6)

転機をチャンスに変えた瞬間(2)〜プロ野球選手 松井稼:
認めてほしければ、実力を見せるしかない
メジャーリーグにデビューするもケガに泣かされる日々。苦労の連続の中で、松井さんは何を考え、何をしてきたのか(2013/11/26)

転機をチャンスに変えた瞬間(1)〜プロ野球選手 松井稼:
築き上げたものを守ることに、興味はなかった
2013年11月、東北楽天ゴールデンイーグルスは球団創立後初の日本一に輝いた。攻守ともに優れたプレーでチームに貢献したのは、元メジャーリーガーの松井稼頭央さんだ(2013/11/25)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
メジャーリーグでMVP級の大活躍――上原浩治はなぜ自らを「雑草」と呼ぶのか?
メジャー5年目となった上原は、レッドソックスのクローザーとして圧倒的な信頼を勝ち得ている。チームはア・リーグ東地区を6年ぶりに制した。だが、海を渡るまでの野球人生は決してバラ色とは言い難かった。(2013/10/3)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
松坂大輔がどんなに落ちぶれても「メジャー」にこだわる3つの理由
2013年8月、メジャーリーガー・松坂大輔のニュースが久しぶりに話題となった。自ら3Aを退団し、登板機会を求めてニューヨーク・メッツへと移籍したのだ。(2013/9/5)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
青木宣親、屈辱のトライアウトからはい上がったメジャーリーガー
日本人メジャーリーガーとして、イチローに次ぐ200安打を達成しそうなのがブルワーズの青木だ。エリートの地位を捨て、夢を追い海を渡ったオトコがいた。(2013/7/11)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
なぜメジャーリーガーは「クスリ」がやめられないのか?
メジャーリーグに再びドーピング疑惑が起きている。Aロッドら主力級の選手が禁止薬物の提供を受けていたというのだ。彼らはなぜ「クスリ」に手を出してしまうのか?(2013/6/27)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
イチロー引退までのカウントダウン
米国のメジャーリーグ関係者の間で物議を醸している話がある。ヤンキースのイチロー外野手が「2シーズン以内に引退を表明するのではないか」という怪情報だ。(2013/4/18)

顧客データ分析事例:
米メジャーリーグ ピッツバーグ・パイレーツ、チケット更新率前年比6%向上の理由
メジャーリーグのピッツバーグ・パイレーツが米SAS Instituteの分析ツールを使い、「年間のチケット更新率を6%アップ」「顧客ロイヤリティの向上」などの成果を上げた。(2012/12/19)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
メジャーリーグか日本野球か…… 大谷翔平の選択
日本球界で1人の高校生の決断が注目されている。メジャーリーグ挑戦を表明している花巻東のエース・大谷翔平だ。「オオタニは5億円超の契約を手にするだろう」ともいわれているが……。(2012/11/8)

イチロー、松井出場の東日本震災チャリティー試合、YouTubeでフル配信
イチロー選手や松井秀喜選手が出場したメジャーリーグのチャリティー試合をYouTubeで見ることができる。(2011/4/8)

ブラウザシミュレーションゲーム「MLBマネージャーオンライン」、オープンサービスを3月1日開始
セガが初のブラウザゲームとして選んだのは、アメリカ・メジャーリーグのチーム運営シミュレーションゲーム「MLBマネージャーオンライン」。本日より、日本のほか北米でもオープンサービスを開始する。(2011/3/1)

ITmedia Gamez枠で100名募集:
「MLBマネージャーオンライン」のクローズドβテスト実施――他国のプレイヤーと競い世界の頂点を目指せ
メジャーリーグのシーズン開幕に合わせて、スポーツシミュレーションブラウザゲーム「MLBマネージャーオンライン」がプレイボール! ITmedia Gamezでも募集枠を設定した。(2010/12/14)

メジャーリーグ全試合をYouTubeでノーカット公開 日本限定
メジャーリーグの全試合のノーカット映像をYouTubeで見られるようになった。(2010/8/30)

PS3に米メジャーリーグの試合をライブ配信
北米のPS3ユーザーは、メジャーリーグのレギュラーシーズン全試合をHDでライブ試聴できる。(2010/4/23)

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:
「一生懸命になれなかったメジャー時代を反省」――元ロッテ・小宮山悟投手【後編】
早稲田大学3年時、小宮山投手は後に「人生の師」と仰ぐことになる名監督に出会う。日本でのプロ野球生活を経て、メジャーリーグに挑戦した小宮山氏だったが、その監督から受けた教えを守れず、わずか1年で帰国してしまったことを後悔する。(2009/12/21)

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:
「頭を使わない選手は何をしても駄目」――元ロッテ・小宮山悟投手【前編】
プロ野球選手として19年にわたり第一線で活躍した小宮山悟投手は、日本のみならず米メジャーリーグにも挑戦しさまざまな経験を積んだ。そこから学んだことはビジネスの世界にも通じるものがあるという。(2009/12/9)

参加選手が実名で登場する“WBC”モードを搭載――「実況パワフルメジャーリーグ2009」
(2009/2/18)

先読み『アイデアパーソン入門』:
自分の記憶を24時間循環風呂にする
名メジャーリーガー、トニー・グウィンは「春のキャンプはマッスル・メモリーを呼び覚ますために行うんだ」と語っていたそうです。混沌としたアイデアの世界で戦うためにも、脳内のメモリーを呼び起こすトレーニングを怠らないようにしましょう。(2008/12/28)

メジャー級のデータを管理せよ:
ニューヨーク・メッツで“ベンチ入り”した新顔とは?
ニューヨークの“もう1つ”のメジャーリーグチームが、バックアッププロセス改善のファーストステージで、デデュプリケーション・アプライアンスを導入、膨大なデータの管理に成功した。そのノウハウとは?(2008/8/12)

Google Gadgetsも利用:
スポーツ界にもWeb 2.0の波――IBMとMLBがWebSphere Portalで提携
IBMと米メジャーリーグが結んだ契約は、審判員がGoogle GadgetsとIBMのWebSphere Portalソフトウェアを使ってマッシュアップを作成することを可能にする。この提携は、Web 2.0技術がメインストリーム分野でますます勢いづいていることを示すものだ。(2008/7/22)

3月の米Webサイト利用、メジャーリーグ開幕を前に関連サイトの利用増
大学バスケットボールの選手権やメジャーリーグ開幕などに関連するサイトの利用が増えた。(2008/4/15)

Yahoo!、メジャーリーグとビデオ配信で提携
メジャーリーグの試合が世界11カ国のYahoo! Sportsで視聴できるようになる。(2008/4/11)

イチローや松坂の成績が一目で――Yahoo! Searchに新機能
Yahoo! Searchでメジャーリーグの選手を検索すると、打率や防御率などの最新情報が最初に表示されるようになった。(2007/8/10)

「パワプロ」北米進出へ メジャーリーグ版に
MLBの球団や選手のデータに基づく「パワプロ」最新作が今秋、北米で発売される。(2007/8/3)

NHK、放送と連動するメジャーリーグと高校野球情報のワンセグデータ放送を開始
(2007/7/13)

松坂ももちろん登板――スパイク、3つのハードで「メジャーリーグベースボール2K7」発売
スパイクは、Xbox360とプレイステーション 3、そしてプレイステーション 2に対応したメジャーリーグベースボールゲーム、MLB公認「メジャーリーグベースボール 2K7」を2007年7月26日に発売する。(2007/6/11)

iTunes Storeでメジャーリーグ観戦
Appleが、iTunes StoreでMLBのビデオクリップを販売する。日々のハイライトシーンをまとめたビデオのほか、その週の試合から選んだ2試合を全編提供する。(2007/3/31)

船井電機、松坂が入団したあのレッドソックスとパートナーシップ契約
 船井電機が、米国メジャーリーグのボストン・レッドソックスとパートナーシップ契約を締結したと発表。松坂大輔投手のヒーローインタビューの後ろに「FUNAI」の文字が躍る。(2007/2/15)

アスレチックスのゼネラルマネジャーがNetSuiteの取締役に
米メジャーリーグのオークランド・アスレチックスのゼネラルマネジャー、ビリー・ビーン氏がNetSuiteの取締役に就任する。(2007/1/9)

「メジャーリーグベースボール2K6」発売日が決定
(2007/1/5)

米メジャーリーグの新球場「Cisco Field」誕生
Oakland Athleticsの新たなホームグラウンドとなるカリフォルニア州フレモントの球場名は「Cisco Field」となることが決定した。(2006/11/16)

「メジャーリーグベースボール 2K6」PS2版、PSP版が発売延期に
(2006/7/10)

「メジャーリーグベースボール 2K6」7月27日発売――公式サイトもオープン
(2006/6/15)

「実況パワフルメジャーリーグ」レビュー:
パワプロシリーズ、ついに海を越える――野球の本場メジャーリーグの風を感じろ
軽快な実況とコミカルなキャラクター。しかしそのかわいらしい見た目とは裏腹に、かなり本格的な野球的思考を要求される「実況パワフルプロ野球」シリーズ。そのコミカルさとストイックさをあわせもった大人気シリーズの、メジャーリーグ版がついに登場。(2006/6/2)

井口選手、2年ぶりの登場に感激。シリーズ最新作「実況パワフル メジャーリーグ」発表会
本日、コナミのプロ野球ゲームシリーズ「実況パワフルプロ野球」の最新作「実況パワフル メジャーリーグ」の記者発表会が開催された。発表会には特別ゲストとして、自身も「パワプロ」の大ファンだという、MLBシカゴホワイトソックス所属の井口資仁選手も登場した。(2006/1/24)

Xbox Summit 2005詳細リポート その1:
日本はゲーム業界のメジャーリーグ、日本で成功することが重要だ
マイクロソフトは7月25日、東京の赤坂プリンスホテルにおいて「Xbox Summit 2005」を開催し、Xbox 360の日本市場における戦略や、サードパーティを含めた日本市場向けに投入が予定されているXbox 360向けタイトルなどを発表した。(2005/7/25)

アクアキャスト、DoCommerceでメジャーリーグ観戦チケットを販売
(2004/2/17)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。