ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「健康診断」最新記事一覧

都道府県はどこへ向かう:
地域医療構想を3つのキーワードで読み解く
「地域医療構想」に基づいた議論が進んでいる。各都道府県は地域の医師会や医療関係者などと連携しつつ、急性期の病床削減や在宅医療の整備に取り組もうとしているが……。(2017/12/6)

定年バカ:
本当は「長生き」なんてどうでもいい
2017年7月、日本の平均寿命が発表された。男女とも過去最高で、男は80.98歳、女は87.14歳、ともに世界2位である。以前から「長寿大国ニッポン」と呼ばれているが、手放しで喜んでいいのだろうか。(2017/12/4)

26世帯住民の不幸:
水道から浄水されてない井戸水が マンション配管ミス、2年間気づかず
マンションで2年余りにわたり水道水として使われていた水は、実は浄水されていない井戸水だった──。(2017/12/1)

産業医の8割、「メンタル不調、過労対応に自信ない」 ストレスチェックも「効果なし」の声
メドピアの調査で、産業医の8割が「過労対応などに自信がない」と答えたことが分かった。(2017/11/30)

「健KOO第一!!」DJ KOOが脳動脈瘤から復活っ! 活動再開までの思いつづる
退院2カ月後、よい報告が聞けました。(2017/11/24)

狂ったように「もしもしもしもしもしもし」 怪現象が起きるとウワサのおもちゃ、プロに実物を看てもらった結果……
電池が入っていないのに話し出すと話題に……。(2017/11/9)

LTEで通信OK:
ソニーの犬型ロボット「aibo(アイボ)」復活 1月11日発売
ソニーの犬型ロボットが、約11年の時を経て復活する。LTEとWi-Fi(無線LAN)の通信機能を備え、スタンドアロンAIとクラウドAIが協調することで、よりユーザーに寄り添った“相棒”に育っていくという。(2017/11/1)

FPGAの4大メリットを理解すると見える「この先」:
PR:FPGAが、なぜ「サービスを変え、ビジネスを変え、社会も変える」と期待されるのか
ITの力を駆使して企業競争力を高める「デジタルエコノミー時代」の波に乗れなければ、「この先、生き残れない」と叫ばれる。この時代にビジネスの大きな躍進を図る企業が注目しているテクノロジーの1つが「FPGA」だ。なぜFPGAなのか。FPGAは私たちに「どんなメリット」をもたらすのか。そして、なぜ「今後必須のテクノロジー」と叫ばれるのか。本稿では、私たち技術者への理解とともに、私たちが「経営層へ正しく説く」ために必要となる、FPGAがもたらす本当の「鍵」を探った。(2017/11/1)

飛躍:
ASEAN:民間が主導する統合医療ネットワーク(IHN)
ASEANの民間ヘルスケアセクターではどのような構造的変化が起こっているのか。(2017/10/23)

稲の“健康診断”ドローンで ヤンマーとコニカミノルタが新会社
ヤンマーとコニカミノルタが合弁会社「ファームアイ」を設立。ドローンやセンシング技術などを活用し、農作物の生育状況や土地の栄養状態を診断するサービスを提供する。(2017/9/29)

Uberのロンドンでの営業免許失効へ 「どうか協力を」とコスロシャヒCEO
英ロンドン交通局がUberの市内での営業免許を更新しない決定を発表した。9月30日に失効する。Uberは不服を申し立てる見込みで、新CEOのコスロシャヒ氏は「親愛なるロンドン、どうか協力を」とツイートした。(2017/9/24)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(45):
もう誰も死なせない――IT業界で働くエンジニアに必要な「勇気」
長時間労働が習慣化しやすいIT業界。部下や同僚を過労死させない、そして自分が倒れてしまわないために、エンジニアや管理職は何をすればよいのだろうか。IT訴訟事例を解説する本連載、今回は「エンジニアの過労死」が争われた判例を解説する。(2017/9/19)

医療機器ニュース:
AIの活用により、網膜の広角画像から網膜剥離判定AUC98%を達成
Ristは、ツカザキ病院眼科と提携し、広角眼底画像を用いたAIによる網膜剥離判定でAUC98%の精度を達成した。網膜の広角画像から網膜剥離眼と正常眼を判別する取り組みを実施し、臨床上有用な高い精度を得た。(2017/9/12)

保田圭、第1子の性別判明でウキウキ! 「名前も考えなきゃ」「ベビー用品買いたくなっちゃう」
幸せが伝わってくる。(2017/9/3)

300人を超える新規加入:
ビッグデータ分析で生活習慣病の入院リスクを予測 第一生命が保険の加入範囲を拡大
第一生命保険と日立製作所が、8大生活習慣病に起因する入院の可能性と日数を予測する定量評価モデルを開発。従来は対象外だった人も生命保険に申し込めるよう、引き受け基準を見直した。(2017/9/1)

半径300メートルのIT:
新サービス続々、“現金以外の決済”はどこまで安全なのか
電子マネーやスマホ決済、QRコード決済など、さまざまなサービスが登場している“現金以外の”決済手法。安全に使うために知っておくべきこととは。(2017/8/22)

アナリストオピニオン:
IoT社会はセンサーネットワークによって実現する
IoT(Internet of Things)社会の実現には情報収集手段が不可欠であり、データ収集を目的とする“センサーネットワーク”への期待は今後より一層高まってくる。(2017/8/22)

半径300メートルのIT:
「ホノルルで歩きスマホに罰金」のニュースが示唆する、“ちょっとこわい”未来
「ここから先のエリアには特別なルールがあります」――。今後、国内外でそんなケースが増える可能性があります。私たちはどうやって身を守ればいいのでしょうか。(2017/8/15)

マストドンつまみ食い日記:
9月のマストドン関連イベント
8月は飛ばして、9月のイベントを紹介。8月にもあるのが執筆後、判明した。(2017/8/5)

ET-KINGいときん、肺腺がんで活動休止 「生きたい!!」と力強いメッセージ
いときんさん個人の年内ライブ活動を休止。(2017/8/3)

医療分野にもマーケティングは必要
医療法人がSalesforceを導入 医療マーケティングのメリットとは
既存の患者とのつながりを維持しつつ、新規患者を呼び込むため、ウィスコンシン州の大規模医療法人Auroraは、自社のデジタルマーケティングにSalesforceのMarketing Cloudを導入した。(2017/8/3)

ユーザー心理をわしづかみ:
市民アスリート集団が開発する健康サービスの“ホンキ度”
ヘルスケアサービスなどを提供する、ネオスという東証1部上場の会社がある。同社のサービスは利用者の気持ちを心底分かっていると人気だ。なぜなら開発メンバーの社員たち自身が市民アスリートとして同じような悩みや課題を経験しているからだ。(2017/7/25)

期待が高まる「医療AI」分野
AIで医療はどう変わる? 専門家が実例を語る
医療サービス提供者や製薬会社などの医療機関は、個人に最適な介護サービスや治療後の処置を提供するために、高度なAIテクノロジーの使用に乗り出している。(2017/7/24)

乗って解説:
スズキのスペシャリティーカー「スイフト」は静岡の味!?
走りにこだわるコンパクトカーとしてクルマ好きから熱い支持を集めるスズキ「スイフト」。走りとデザインにこだわる現行モデルは、電動化や新技術といった“飛び道具”は控えめに、効率的な設計と軽量化というオーソドックスな手法で、真面目かつ爽やかな乗り味のクルマに仕上げた。グレード別に乗り比べ、スイフトの魅力について考えてみた。(2017/7/10)

どこで離脱? なぜ離脱?:
Kaizen Platform、定量・定性分析でWebサイトの課題を発見する診断サービスを提供
Kaizen Platformは、Webサイトの課題発見を支援する「サイト健康診断サービス」を開始した。(2017/7/5)

40代前の体力は「低下」でなく「落下」 Twitterに投稿されたグラフが非情な現実を突きつける
もうやめて! とっくに筆者(中年男性)のライフはゼロよ!(2017/6/19)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
クルマのお医者さん、半導体の健康診断
人間や動物のお医者さんと同じくらい、難しい仕事です。(2017/6/15)

医療技術ニュース:
高血圧に関する1万人調査、血圧高めの人の半数が医療機関を受診せず
オムロン ヘルスケアが「高血圧に関する意識と行動に関する1万人実態調査」の結果を発表した。健康診断で「血圧が高め」と指摘された人の半数が医療機関を受診しておらず、30代男女の3人に1人は受診も生活改善もしていないことが分かった。(2017/6/1)

中小企業が7割、建設業が最多:
厚労省「ブラック企業リスト」に載った企業の傾向は?
厚生労働省が公開した労働基準関係法に違反した企業リストの内容を、東京商工リサーチが分析。掲載企業の傾向を明らかにした。(2017/5/17)

継続的な検知と統合管理で潜在的な脆弱性リスクを排除せよ:
PR:個別の対策を際限なく行う“セキュリティ無間地獄”に陥らないために
サイバー攻撃の新たな手法が次々と出現している今、個別のセキュリティ対策でいつまでも対応し続けることは非常に難しい。では、どうしたら効果的かつ包括的な対策を実現できるのだろうか。そこでお勧めしたいのが、サーバやクライアントPCなどに潜む脆弱性を検出して企業全体のIT資産を統合管理するTenable Network Securityの「SecurityCenter Continuous View(SCCV)」だ。早急に対策すべき箇所を効果的に突き止められるので、最小限の費用と工数で適切なセキュリティ対策が可能になる。(2017/5/8)

「今までの人生の中で一番の幸せ」 近藤千尋、第1子女児出産を報告
ジャンポケ太田「妻に感謝の気持ちで一杯」(2017/5/4)

医療機器ニュース:
タブレット端末で操作できるCT装置の販売を開始
シーメンスヘルスケアは、タブレット端末で操作できるCT装置「SOMATOM go」の国内販売を開始した。タブレット操作でCT検査のワークフローを完結できるようにしている。(2017/4/18)

経済損失は約3.5兆円!! 寝ることは大切なビジネススキル
「Fitbit Alta HR」の発表会で、日々の睡眠不足がいかに経済的損失を招いているか、睡眠時間の確保が生産性向上や無駄なコスト削減にいかに貢献するのか、という驚きの指摘がなされた。(2017/4/14)

PR:本当に頑丈なの? 「arrows NX F-01J」のタフネスさを「arrows先生」がチェック!
「arrowsは、我が体の一部である」という名言で有名なarrows先生。しかし、arrowsの最新作「arrows NX F-01J」の頑丈さには疑問を持っているようです。そこで、彼は「ある人たち」を呼びつけて、真偽のほどを確かめることにしました。(2017/3/23)

@ITセキュリティセミナー 東京・大阪・福岡ロードショー 2017 レポート(2):
「セキュア開発」はなぜ浸透しないのか?――DevSecOpsを妨げる“4つの敵”
本稿では、@IT編集部が2017年2月7日に東京で開催した「@ITセキュリティセミナー」レポート第2弾(東京Bトラック編)をお届けする。(2017/3/9)

Oracle Cloudが可能にした短期間でのシステム提供:
PR:クラウドとIoT、機械学習を活用したモニタリング/フィードバックの仕組みで糖尿病患者の自己管理を支援
クラウドやIoT、機械学習などの先進技術をヘルスケア分野に応用する動きが活発化している。その1つが、あいち健康の森健康科学総合センターが中心となって進める、患者の自己管理の支援を通して生活習慣病の改善を目指す取り組みだ。[パブリッククラウド][Oracle Cloud](2017/3/6)

「データベーススペシャリスト試験」戦略的学習のススメ(5):
「E-R図」を理解する
あの“津崎さん”も保有する難関資格「データベーススペシャリスト」。本企画では、データベーススペシャリスト試験 午前/午後試験対策のための「基礎知識」を抜粋してお届けします。今回は、「E-R図の基礎」を解説します。(2017/5/23)

マネーの達人:
プレミアムフライデーで生活はどう変わる?
2017年2月24日の金曜日から「プレミアムフライデー」が始まります。「月末最後の金曜日をいつもと違う豊かさを楽しむ日にしよう」という官民一体の取り組みですが、果たして私たちの生活に大きな変化は現れるのでしょうか。(2017/2/17)

タイピングは得意なんです:
PR:池澤あやか、タレントとエンジニアのダブルワークを希望する
えっ、週に3日働くだけでそんなにもらえるの?――希望条件に合った仕事を選ぶはずだったのに、時給が気になる池澤さん。派遣エンジニアってそんなにもうかるの?(2017/2/17)

ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第3回】
製薬企業にもビッグデータの波、「リアルワールドデータ」活用に必要な技術とは
製薬企業を中心として、「リアルワールドデータ」(RWD)の活用に注目が集まっている。該当するのはどのようなデータなのか。RWDをはじめとするビッグデータを活用するために必要な技術とは何だろうか。(2017/2/6)

歩く姿勢の測定で健康診断、アシックスとNECが共同開発
センサーに向かって歩くだけで歩行姿勢を測定し、歩行から得られるサインを健康の維持・改善活動に活用できるという。(2017/1/26)

PC作業中に健康診断 心拍数を測定・記録できるマウスが登場
専用アプリで集計して体調管理に。(2016/12/30)

矢野経済研究所 次世代型モニタリング 調査:
状態基準保全を実現するIoT活用の「次世代型モニタリング」が普及の段階へ
クラウドやビッグデータ、AIなどIoT関連技術を活用した遠隔監視ソリューションは既にテスト段階から普及段階へ進みつつある――。矢野経済研究所調べ。(2016/12/22)

PR:日本で普及が遅れるIoT、ソフトバンク流「成功の方程式」とは?
既存のビジネスモデルを大きく変革する可能性として、IoTへの関心が急速に高まっている。しかし、国内企業の大半は足踏みを続けており、活用に成功している企業は少数だ。IoTの導入に企業が苦労しているのはなぜなのか。そして課題克服に向け、果たしてどんな対策が求められているのか。(2016/11/30)

PR:パートナーは“良音”――心拍数が分かる「Bose SoundSport Pulse」で効果的に運動する方法
健康のために運動したいと思っても、忙しいビジネスマンがジムに通うのは難しい。しかし、無駄な手間をかけず効果的にフィットネスが始められるとしたら? それも心地良い音楽を“相棒”にして。ボーズの「SoundSport Pulse」は、そんな贅沢なニーズに応えてくれるワイヤレスイヤホンだ。(2016/11/30)

2016年内は無料の格安ビルドパイプラインも:
PR:サービスファースト時代、開発ツールベンダが、DevとOpsとカスタマーサービスの壁を壊した事例、チームの診断から演習までを提案する理由
開発ツールベンダのアトラシアンが年次イベント「Atlassian Summit 2016」の報告会を開催。アトラシアンが重要視したのは、ツールのアップデートのみならず、サービスファースト時代のビルドパイプライン、DevとOpsとカスタマーサービスの壁を壊した事例、チームの診断から演習まで、と多岐にわたるものだった。その裏側にある“思い”とは――(2016/11/28)

仮想環境“健康診断”のススメ【後編】
メタボな仮想化基盤に効く、実績豊富な「健康診断サービス」とは
知らないうちに肥大化する仮想サーバ。放置するとリソースがすぐに枯渇する。この問題を解決するには定期的な“健康診断”が必要だ。実績豊富なサービスを紹介しよう。(2016/11/21)

仮想環境“健康診断”のススメ【前編】
こんなはずじゃなかったサーバ仮想化、運用管理をどう楽にする?
広く使われるようになった仮想化技術だが、仮想マシンなどの乱立で運用管理に悩み、「こんなはずじゃなかった」と嘆く担当者は多い。エキスパートが解決策を指南する。(2016/11/21)

医療技術ニュース:
尿や血液から、酸化ストレスを簡便に検出
理化学研究所は、酸化ストレス疾患のマーカーを、抗体を使わず市販の安価な試薬だけで簡便に検出する方法を開発した。大量のサンプルを一度に短時間で測定でき、従来の手法に比べて1万分の1以下のコストで実施できる。(2016/11/15)

ライザップに挑戦してみた:
「ライザップ=痩せる」だけではない。新たな取り組みは?
「ライザップでトレーニングを積めば、2〜3か月で痩せることができる」といったイメージをもっている人が多いだろうが、実は新たなことに取り組んでいる。それは「健康」。どのような取り組みかというと……。(2016/11/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。