ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「軍事」最新記事一覧

彼らは戦場でなくても一番乗り
勇猛果敢な米海兵隊でさえ悲鳴を上げる──Windows 10 vs.“古参”PC
軍隊向けITデバイスでは、導入計画から予算確保、調達、そして、部隊配置まで長い時間を要する。そのため、最新技術の導入では常にタイムラグの問題で悩むことになる。Windows 10もその例外ではない。(2016/5/25)

「世にも奇妙な物語」春の特別編に窪田正孝 諸星大二郎原作のドラマ「夢みる機械」で番組初出演
西島秀俊主演の「通いの軍隊」、松重豊&高橋一生ダブル主演の「クイズのおっさん」も放送決定。(2016/5/17)

ビジネスシーンでも使える――天然牛革の耐衝撃iPhoneケース「LEVEL Case Prestige Edition」
ビジネスシーンにも合うデザインと、耐衝撃性能を両立したiPhoneケースが欲しい。そんな人におススメなのが、KODAWARIから発売されている「LEVEL Case Prestige Edition」だ。全面にあしらった天然牛革と、米国軍事規格を取得した耐衝撃性能を特徴としている。(2016/5/9)

“割安”か“オーバースペック”か?
とにかく壊れないWindows“タフ”タブレット「TOUGHPAD FZ-G1」、軍事レベルの性能は“買い”か?
「TOUGHPAD FZ-G1」は優れた耐久性とパフォーマンスを兼ね備えたタブレットだ。構成部品がパワーアップした新モデルなら、価格に見合うだけの性能を、長期間使い続けることができるだろう。(2016/5/8)

FAニュース:
コンピュータ・オン・モジュール開発向けのオープンフォームファクタを発表
アドバンテックは、AAEON、Avalue、ARM、NXP、Texas Instrumentsとともに、新しいオープンフォームファクタ「RTX(Rugged Technology eXtended)」を発表した。軍事、輸送、鉱業、および重工業向けソリューションに適しているという。(2016/4/12)

米軍事情報を盗んで中国へ、中国籍の被告が罪認める――米司法省
被告は中国国内の人物と共謀して米Boeingなどのコンピュータに侵入し、重要情報を盗んで米国から中国へ不正に送っていたことを認めたという。(2016/3/25)

何だ? ここは戦場か? 本物の戦車や装甲車が走り回るロシアのサバゲーがどうみても軍事演習な件
これよりマウス攻略作戦を開始します!(2016/2/15)

「ルンバ」のiRobotが軍事部門を売却、家庭用ロボットに注力
掃除ロボット「ルンバ」を開発する米iRobotが、軍事開発部門を4500万ドル(約52億円)で売却。家庭用ロボットに注力する。(2016/2/5)

一番危険なユーザーからシステムを守る最善策
シンクライアント端末で築く“セキュリティ最終防衛ライン”
軍事作戦でもITセキュリティ対策でも最も危ういのは“人”が関与する部分だ。どんなに強固な城壁を築いても高度な仕組みを導入しても使うユーザーに悪意があれば無意味だ。その弱点を守る有効な戦術とは。(2016/1/6)

軍事用レーダー技術を応用してノイズ低減、英iFI AudioのUSBパワーサプライユニット「micro iUSB3.0」
英iFI AudioのUSBパワーサプライユニットの新モデル「micro iUSB3.0」が登場。新技術を多数搭載し、ノイズを低減する。(2015/9/16)

威厳のあるモコモコかっこいい! イギリスの軍隊で羊さんが下級伍長に昇進してキリッとパレード
伝統と格式をあわせ持つ羊さんにシビれる。(2015/9/4)

ロッチも絶賛:
軍事利用も想定した堅牢タブレット「Latitude 12 Rugged」
デルの11.6型Core M搭載タブレット「Latitude 12 Rugged」は米軍調達基準を満たす堅牢性が特徴だ。(2015/7/23)

もうシステム/ネットワーク中心のアプローチでは情報を守れない!:
PR:三つの重大インシデントが契機。米国防機関が実践する縦深/多層防御、データ中心型のセキュリティとは?
国際情勢が刻々と変化し、世界各地で軍事的緊張の高まりが懸念される中、恐らく情報セキュリティに最も神経を尖らせている組織の一つは、各国の防衛を担う国防機関だろう。世界最大の規模の組織を有する米国防機関は、どのようなアプローチで情報セキュリティを実践しているのだろうか?[セキュリティ対策][Database Security](2015/6/15)

電子ブックレット:
海外出張へと向かうあなたは、“1人だけの軍隊”である
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、EE Times Japanの人気連載「「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論」から、第14回をお届けします。(2015/6/7)

トリニティ、米国軍事規格にも準拠したタフなケース「Catalyst Case for iPhone 6 Plus」発売
トリニティから、防水・防じんの国際規格「IP68」を取得したiPhone 6 Plus用保護ケース「Catalyst Case for iPhone 6 Plus」を発売する。(2015/4/17)

東京大学、「軍事研究を解禁」の報道でコメント 「軍事研究禁止の方針は変わらず」
研究不正対策の一環としてガイドラインを改定したとしています。(2015/1/17)

各国の軍事情報を狙うサイバースパイ、ロシア政府が関与か
FireEyeは一連の攻撃について、「ロシア政府がスポンサーしている可能性が極めて大きい」と推測する。(2014/10/29)

知っておきたいASEAN事情(21):
8年ぶり19回目――クーデターに慣れるタイ、タイ国軍の正体は政党!?
軍事クーデターによる政変の影響を受けるタイ。製造業が多く進出しASEANのハブ的な役割を担うタイは今後どのような変化を遂げるのか。ASEAN事情に詳しい筆者が解説する。(2014/9/9)

組み込み開発ニュース:
軍用機にもオープン開発の波、標準化が加速する航空・宇宙/防衛分野
組み込みシステムが利用される分野の中で、最も要求レベルが高い分野のひとつが、「航空・宇宙」と「防衛(軍事)」だ。従来は安全性、機密性の観点から個別の作り込みがなされてきたが、近年では軍用機の世界にもオープン開発の波が押し寄せている。(2014/9/2)

最新軍事テクノロジーと未来の戦争を語る ニコ生で「終戦の日」特集
ニコニコ生放送が「終戦の日」特集を配信。「これからの『戦争』の話をしよう〜最新軍事テクノロジーと未来の戦争〜」と題して、最新軍事テクノロジーはどのように戦争に変革をもたらしているのか?を議論する。司会は宇野常寛さん。配信は8月16日20時0分〜。(2014/8/14)

尖閣諸島沖で武力衝突……3人の軍事専門家が完全シミュレーション
緊張関係が続く日本の領土をめぐる国際関係。3人の軍事専門家がシミュレーションを行った書籍を紹介します。(2014/8/12)

パパが軍隊から久しぶりに帰ってきたよ〜 → ネコの反応は……?
意外な反応!(2014/6/23)

米軍事規格に準拠、ICカードも収まる防水・防塵iPhoneケース
米国防総省軍事規格に準拠した防水・防塵の高耐久性iPhoneケース「WATERPROOF IC CARD CASE」が登場した。(2014/6/5)

タイから見た製造業の今(5):
タイ軍事クーデター下の日系製造業、影響は軽微にとどまるのか
軍事クーデターにより予断を許さない状況にあるタイ。しかしタイには多くの日系製造業が進出している。タイの現地の様子はどうなっているのか。また製造業を取り巻く環境にはどういう影響があるのか。タイ駐在の藤井氏が見た現地の姿を報告する。(2014/6/4)

バンダイ、「機動戦士ガンダム 生誕35周年エンブレムピンズコレクション」を限定予約開始
バンダイが、ガンダム35年の歴史より厳選した軍隊や部隊マーク、エンブレムを総覧するピンズセットを直販サイトで4月24日より予約開始した。(2014/4/24)

藤田正美の時事日想:
クリミア半島を“制圧”するロシアに欧米が強く出られないワケ
ウクライナに軍事介入を行ったロシアに対し、欧米は制裁を発動したが、その内容はごく限定的なものだった。クリミア自治共和国の帰属もほぼ決まりそうではあるが、欧米がロシアに対し、強硬的な姿勢を取れないのには理由がある。(2014/3/12)

藤田正美の時事日想:
ウクライナはロシア“最後”の緩衝地帯
ロシアが軍事介入を行い、混乱しているウクライナ情勢。ウクライナがロシアにとってどれだけ戦略的に重要な場所であるのか、藤田氏が解説する。(2014/3/5)

横須賀の「艦これ」インスパイアカレーに「陸奥」登場 青森産りんごをドーンと搭載
カレーの監修も軍事雑誌「丸」が担当するなどお墨付き!(2014/2/20)

京セラの防水・防塵スマホ「TORQUE」国内投入 米軍事規格準拠
米国防総省軍事規格に準拠した防水・防塵の高耐久性Androidスマートフォン「TORQUE」(トルク)を京セラが国内投入へ。(2014/1/27)

窪田順生の時事日想:
特定秘密保護法は“平成の治安維持法”で軍事国家へまっしぐら……本当に?
安倍政権が「特定秘密保護法」を成立させようとしている。政府の動きを受け、いろんな人たちが反対のシュプレヒコールをあげているが、「それって逆効果でしょ」と思うのもある。単に恐怖をあおるだけでなく、やるべきことは……。(2013/11/12)

新連載・イスラム世界を知る:
なぜ、エジプトの大統領はクーデターで解任されたのか?
エジプトで7月3日、軍隊のクーデターにより大統領が解任された。なぜクーデターは起こったのか。エジプトの政治はすぐに安定するのか? そして周辺諸国の反応は? 現代イスラム研究センター理事長の宮田律氏が分かりやすく解説します。(2013/7/12)

政府機関や軍事産業を狙うマルウェアスパイ、日本など40カ国350組織に被害
Kaspersky Labによると、世界の大手企業や政府機関などがマルウェア「NetTraveler」に感染している。(2013/6/6)

IE 8の脆弱性突くサイバー攻撃、韓国の軍事関連サイトも標的に
研究者は「韓国の治安および軍事関連サイトが狙われたのは明らか。攻撃側は韓国の防衛態勢に関する情報を探していた」と指摘する。(2013/5/22)

攻撃は最大の防御?
米国防総省委員会、「サイバー攻撃への軍事作戦力を高めよ」
米国防総省の諮問委員会は「敵が仕掛けてくる攻撃に対して、米国のITインフラは装備が不十分だ」と指摘する。「サイバー攻撃能力を開発すべきだ」との主張も。攻撃は最大の防御となるか。(2013/4/16)

「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論(15):
会議は、非リアルタイム系の“読み書き戦”に持ち込む
「たった一人の軍隊」となって海外出張先に乗り込んだあなた。あとは当日、相手企業との会議という名の「戦闘」に挑むだけ――。もしもこう考えているなら、それは大きな間違いです。英語に愛されない私たちは、会議当日を「戦闘完了時」と考えなくてはなりません。では、それまでにどんな準備をすればよいのか。私たちに最も適した戦法を“未来完了戦略”と名付け、今回の実践編(ミーティング準備[国内戦])で公開します。(2013/3/25)

産業機器や軍事機器向けデータ保護機能も提供
世界初2TバイトのSSDが登場、アナリストの評価は?
軍事や宇宙探査、産業向け機器用SSDを販売する米Foremayは、従来製品の倍の容量になる2Tバイト SSD(2.5インチ)を発表した。この製品の登場で市場はどう変わるのだろうか。(2013/2/25)

「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論(14):
海外出張に行くあなたは、「たった一人の軍隊」である
われわれ英語に愛されないエンジニアが海外に出張する上で、「最大の難所」とも言える場所――。それが入国審査です。今回の実践編(入国・出国)では、海外出張に行くあなたを「たった一人の軍隊」とみなし、敵国(=出張先)に首尾よく潜入(=入国)する方法についてお話しましょう。入国審査で使える“レジュメ”も紹介します。(2013/2/18)

伊吹太歩の世界の歩き方:
サイバー戦争になれば確実に負ける日本
イスラエルとパレスチナのイスラム過激派ハマスの軍事衝突。実弾が飛び交っただけでなく、サイバー空間上での戦争も行われていた。そこに3番目の勢力が介入してきたのだが……。(2012/12/13)

ビシェイ CS44シリーズ:
ワイヤボンド式薄膜チップ抵抗器、1mm角で最大100MΩ
CS44シリーズは、クロムシリコン製の薄膜抵抗素子を用いた抵抗器である。±50ppm/℃のTCRや±0.5%の許容差を実現しており、産業、医療、軍事といった高い信頼性を求められる分野に向ける。(2012/10/22)

「テレビが触れないシリアの真実」を徹底解説 ニコ論壇
なぜ子どもが虐殺されたのか――ニコニコ生放送の論壇チャンネル「ニコ論壇」で「テレビが触れないシリアの真実」に迫る。出演者は、ヒューマン・ライツ・ウォッチ東京ディレクターの土井香苗さん、東京外国語大学准教授の青山弘之さん、軍事ジャーナリストの黒井文太郎さん。配信は6月1日21時0分〜。(2012/5/31)

「完全再現!史上最強の軍隊 ミッドウェー海戦」 ニコニコナショジオチャンネル
「ニコニコナショナルジオグラフィックチャンネル」で、第2次世界大戦を振り返る2エピソードをアンコール配信する。前半は「完全再現!史上最強の軍隊 日本VSアメリカ ミッドウェー海戦」、後半は「黙示録:カラーで見る第2次世界大戦 原爆投下」。配信は6月2日23時0分〜。(2012/5/28)

ビジネスニュース:
「中国は偽造部品を野放しにしている」、米軍事委員会が取り締まりの強化を要請
偽造チップの問題がいよいよ深刻になっている。米軍が使用する機器からも偽造部品が大量に見つかっており、米国の上院軍事委員会は「国家の安全を脅かす事態」として懸念を表明した。偽造部品の主な出どころとみられる中国を厳しく非難し、取り締まりの強化を求めている。(2012/5/25)

ついにミサイル発射! 今後の北朝鮮や世界情勢はどうなるか? 専門家が議論
北朝鮮が「人工衛星」と主張する長距離弾道ミサイルが、4月13日朝に発射されたことを受けた特別番組。軍事ジャーナリストの黒井文太郎さんとコリア国際研究所の朴斗鎮所長が、なぜミサイルの発射に至ったのかや、今後の北朝鮮や世界情勢について語り尽くす。司会は増子瑞穂アナウンサー。配信は4月13日22時30分〜。(2012/4/13)

メキシコの麻薬戦争と大統領選挙の関わりとは 米「Democracy Now!」の特集をニコ生で
米国の報道番組「Democracy Now!」とニコニコ生放送がコラボし、メキシコの麻薬戦争と大統領選挙を特集する。ラテンアメリカと日本を拠点に活動するラテン歌手で、市民団体「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」代表の八木啓代さんがゲスト出演する。「メキシコ大統領選挙の不正とサパティスタの蜂起」「『プラン・メキシコ』麻薬撲滅に名を借りたNAFTAの軍事化」と題した映像も。配信は3月29日20時0分〜。(2012/3/28)

藤田正美の時事日想:
中国が軍備拡張、日本にシーレーンの危機管理シナリオはあるか?
中国の全国人民代表大会第5回会議が3月5日から開かれる。国防予算が注目の的になっているが、日本もそれに対応したシーレーンの危機管理シナリオを策定しておくべきではないだろうか。(2012/3/5)

軍事評論家の岡部いさくさんが語る「自衛隊の力」
軍事評論家の岡部いさくさんと、DVD「自衛隊の力」を企画制作した杉山潔さんが「自衛隊の力」について語る。陸上・海上・航空の各自衛隊の映像を見ながら解説する。司会はジャーナリストの井上トシユキさん。配信は12月13日22時30分〜。(2011/12/12)

ゴビ砂漠に謎のラインや構造物 Googleマップで発見され話題に
Googleマップにゴビ砂漠の謎の構造物が写っていて、「軍事施設ではないか」「宇宙人がつけたマークだ」など、憶測が飛び交っています。(2011/11/16)

CEATEC 2011:
ルンバ・ルンバ・ルンバ――お掃除から軍事までiRobot社のロボット大集結!!
CEATEC JAPAN 2011、米iRobot社の日本総代理店を務めるセールス・オンデマンドのブースでは2011年10月7日発売の新製品「ルンバ 700シリーズ」の他、iRobot社が手掛ける各種ロボットが展示された。その模様を多数の写真でお届けする。(2011/10/7)

「sengoku38」一色正春さん、ニコ生登場 国防・領土問題を語る
中国漁船と海上保安庁巡視船の衝突映像をYouTubeにアップした「sengoku38」こと元海上保安官の一色正春さん、軍事ジャーナリストの神浦元彰さんらが、国防・領土問題を話しあう。ライブドアのブログメディア「BLOGOS」とニコニコ生放送がコラボした番組で、司会はBLOGOS大谷広太編集長。コメンテーターは経済ジャーナリストの須田慎一郎さん。配信は10月4日21時0分〜。(2011/9/30)

【ITmedia Virtual EXPO 2011】:
「ルンバ」の生みの親が語る、ロボット×モバイルコンピューティングがもたらす未来とは?
日本でもすっかりおなじみになったお掃除ロボット「ルンバ」。それを生み出したiRobotには、もう1つ、軍事/産業用ロボットのメーカーという別の顔がある。東京電力・福島第一原発の事故で、建屋内の放射線量や温度などの測定に投入された多目的作業ロボットも同社の製品だ。同社の創設者の1人で現CEOを務めるColin Angle氏が、ロボット技術とモバイルコンピューティング技術の融合がもたらす未来像を語った。(2011/9/15)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。