ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ロシア」最新記事一覧

迷作降臨 ニコニコ生放送が伝説のB級映画「シベリア超特急」シリーズを一挙放送する暴挙へ
視聴前にはツッコミの準備を。たぶん追いつきません。(2016/4/21)

ホーキング博士ら、アルファケンタウリに約20年で到達する宇宙船「Nanocraft」構想を発表
スティーブン・ホーキング博士とロシアの投資家、ユーリ・ミルナー氏が率いるBreakthrough Starshotが、4.37光年離れた恒星、アルファケンタウリに約20年で到達するという超小型宇宙船「Nanocraft」構想を発表した。(2016/4/13)

ガチですね? 世界フィギュアで優勝したロシアのメドベージェワ選手が日本のアニメが好きすぎる件
リアル・セーラームーンができそう。(2016/4/4)

16歳の少年に「ポルノ女優と過ごす1カ月」プレゼント? ロシアのニュースが話題
Webサイトの10万人目の利用者になった記念に、びっくりするようなプレゼントが。(2016/2/26)

「ユーラシア・ブックレット」の東洋書店が破産
ロシア関連の専門書を中心とした書籍「ユーラシア・ブックレット」シリーズを発行していた東洋書店が破産開始決定を受けた。(2016/2/17)

何だ? ここは戦場か? 本物の戦車や装甲車が走り回るロシアのサバゲーがどうみても軍事演習な件
これよりマウス攻略作戦を開始します!(2016/2/15)

あんなに一緒だったのに…… 仲良しだったロシアのトラとヤギの心温まる友情に突如終わりが訪れる
自然界の厳しさを再認識。(2016/2/8)

今夜放送の「Youは何しに日本へ?」でコミケ特集! ロシア人声優ジェーニャが登場、ガルパントークも?
見なきゃ(使命感)。(2016/1/25)

ロシア、38歳の美女を“世界一美しいおばあちゃん”を決めるコンテストに送り込む
地元メディアによると優勝候補。(2016/1/13)

ちょっと不思議な相棒の物語 ロシアのサファリパークでトラとヤギがあたたかな友情を育む
ズッ友だよ!(2016/1/8)

ロシアの寒空にさっそうと現れる救世主 ぬかるみにはまったトラックをすれちがいざまに救出する重機が紳士すぎる
やだ、かっこいい……。(2016/1/5)

露FISCHER AUDIOから耳掛け式イヤフォン3モデルが登場――1万円を切るデュアルドライバーモデルも
桜木電子は、ロシアFISCHER AUDIO(フィッシャーオーディオ)のイヤフォン「Omega」シリーズ3モデルを発売する。(2015/12/16)

ロシアの美しい公務員、「セクシーすぎる」ことを理由に解雇される
勤務外でセクシー路線のDJとして活動していたのが問題視されたそうです。(2015/12/3)

CMSのアップデートとバックアップを推奨:
Linuxを狙いMySQLやNginxのディレクトリを暗号化するランサムウエアの被害拡大
ロシアのセキュリティ企業Dr.Webによると、Linuxサーバーを対象としたランサムウエア「Linux.Encoder.1」が被害を広げ、約2000のWebサイトに感染したと推測されるという。(2015/11/17)

欧州議会、米連邦政府告発者のエドワード・スノーデン氏を護る決議
EUの立法議会である欧州議会が、米連邦政府の情報収集活動を暴露してロシアに亡命中のエドワード・スノーデン氏に関し、同氏を人権保護者とみなして米国への送還をしないよう加盟国に呼び掛ける決議を採択した。(2015/10/30)

ロシア政府、Googleに独禁法違反是正命令 Androidアプリのプリインストールで
GoogleがAndroid端末メーカーに複数の自社製アプリのインストールを要請していることは独禁法に抵触するとして、ロシア政府当局が同社にメーカーとの契約の是正を命じた。この問題については欧州と米国の当局も調査中だ。(2015/10/6)

DDoS攻撃は、本来の目的を覆い隠すための「デコイ」にもなる:
カスペルスキー、企業のDDoS攻撃に対する認識と被害実態に関する調査結果を発表
ロシアのカスペルスキーは2015年9月17日、企業の経営者、IT担当者を対象に実施したDDoS攻撃に対する認識と被害実態についての調査結果を発表した。(2015/9/18)

Firefoxの未解決の脆弱性を突く攻撃発生、更新版で対処
ロシアのニュースサイトの広告に不正なコードが仕込まれているのが見つかり、Mozillaは8月6日にリリースしたFirefox更新版で脆弱性を修正した。(2015/8/10)

タイヤ技術:
ブリヂストンと住友ゴムが注目する天然ゴム資源「ロシアタンポポ」
タイヤの主原料である天然ゴムは「パラゴムノキ」から産出されている。パラゴムノキが熱帯で生育することもあって天然ゴムの生産地は東南アジアに集中しているが、このことはタイヤ産業にとっては大きなリスクになっている。そこで、パラゴムノキに替わる天然ゴム資源として注目されているのが「ロシアタンポポ」である。(2015/8/7)

Meet Recruit:
「グローバルなプロダクトで成長を目指す」バルト三国のスタートアップシーンは今
ロシアの西隣、バルト海沿いに位置するバルト三国でも、世界的なスタートアップブームの波を受けて、世界を目指すスタートアップが生まれ始めている。今回は、三国のスタートアップシーンの動きを紹介したい。(2015/7/27)

再生可能エネルギーのグローバルトレンド(4):
水力発電が再生可能エネルギーの6割を占める、過去5年間の成長率は3%台
全世界で稼働している再生可能エネルギーの発電設備は6割が水力によるものだ。そのうち4分の1が中国で、ブラジル・ロシア・インドを加えたBRICSの4カ国を合計すると44%になる。日本のシェアは2%。ただし大規模な水力発電は環境に対する影響から世界全体では増えていない。(2015/6/25)

自然エネルギー:
ロシアの食糧課題をスマートアグリで解決、北海道で培ったノウハウが生きる
気候変動が激しいロシア沿海地域では、年間を通じて安定的に野菜を生産する手段の確立が重要政策として掲げられている。同じ寒冷地帯の北海道苫小牧市でスマートアグリプラント事業を展開しているJFEエンジニアリングは、同事業のノウハウ活用してこうした課題の解決に取り組む。(2015/6/19)

女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:
プロジェクトが始まらない? 計画地獄にハマるわたし
PMBOK(ぴんぼっく)でプロジェクト・スコープ・マネジメントを勉強していたら、私の脳みそが急ブレーキで停止した。計画をするための計画?? それってヘンじゃない? まるで開けても開けても出てくるロシアの民芸人形みたいな……。(2015/6/12)

ロシアの舌を出すネコ かわいいと話題に→アインシュタイン公式が反応
(^ω^)ペロペロ♪(2015/6/5)

セブン&アイ出版、ロフィシャルジャパンと共同で『L'OFFCIEL』日本版創刊
『L'OFFCIEL』は1921年にパリで創刊したモードファッションマガジン。フランス、イタリア、中国、ロシアなど世界30カ国で発行している。(2015/5/14)

ソニー・ピクチャーズの事件でも焦点
ホワイトハウスへのハッキングを成功させた「偽メール」の正体とは?
ロシアからとみられるハッキング被害を受けたホワイトハウス。その始まりは、疑わしいメールだったという。猛威を振るう「スピアフィッシング攻撃」の実態と対策に迫る。(2015/5/14)

第44回日本漫画家協会賞、大賞に今日マチ子『いちご戦争』、おざわゆき『あとかたの街』『凍りの掌 シベリア抑留記』
優秀賞に『ヒトコマ日和』(木南精示)、特別賞に和田誠の全作品、文部科学大臣賞に『小さな恋のものがたり』(みつはしちかこ)がそれぞれ選ばれた。(2015/5/12)

ロシアの女子学生によるセクシーなダンス ネットで大炎上し、当局が調査する事態に
YouTubeでは3日で900万再生を突破。(2015/4/15)

「プーチンコラ」は違法? ロシア規制当局がSNSで警告
だからほどほどにしろって言っただろ!(2015/4/15)

Ingress京都イベントに併せてまたも日本が緑に沈められる 八丈島・台湾・ロシアで三角形
まさかの展開。(2015/3/28)

【デマです】「本物のポール・マッカートニーは1966年に死亡 替え玉を使用?」――元ネタはジョークサイト
「ロシアの声」は不正確な情報を配信することが多いので取り扱い注意。(2015/3/5)

ロシア人なに考えてんだ! 有名コラ画像「熊に乗るプーチン」を本当にフィギュアにして販売する剛の者が登場
消されるぞ……(震え声)。(2015/2/19)

仕事をしたら“海外”で自販機が増えた:
ロシアで自販機は定着するのか? ダイドードリンコの挑戦
海外に行ったとき「日本のように自販機が少なくて不便だなあ」と感じたことがある人も多いのでは。海外は治安が悪いので、自販機を置くのは難しい、と言われてきたが、そんな常識を覆す試みが始まっている。(2015/2/18)

工場ニュース:
ロシアのタイヤ工場で新車装着用タイヤの生産開始
横浜ゴムは、ロシアの乗用車用タイヤ生産販売会社であるLLC ヨコハマR.P.Z.が、新車装着用タイヤ(OEタイヤ)の生産を開始したと発表した。地産地消を推進する日産ロシアの要請に応えたもの。(2015/2/8)

Samsung、初のTizen端末「Z1」をインドで発売
昨年秋にロシアで発売されるはずだったSamsungの初Tizen端末が、インド市場向けでスペック低めの「Samsung Z1」として5700ルピー(約1万円)で発売された。(2015/1/15)

CODE BLUEレポート:
脆弱性を見つける人、対応する人、使う人、皆がハッピーになるヒントとは
2014年12月18日、19日の2日間にわたって開催された日本発のセキュリティカンファレンス「CODE BLUE」には、国内はもちろん、イスラエルやベルギー、スウェーデン、米国、ロシア、韓国、香港など、多様な国から約450人が参加した。多数の講演の中から、脆弱性情報の扱い方に関する話題をピックアップしてお届けする。(2015/1/13)

「スミソニアン博物館、巨人族の存在の証拠公開へ」はウソ記事 ネタにマジレスする「ロシアの声」に要注意!
真に受けないように。(2014/12/24)

藤田正美の時事日想:
“逆オイルショック“で喜ぶ人、青ざめる人
原油価格が暴落し、“逆オイルショック”ともいえる状況になっている。安倍首相にとっては、円安も相まって原油価格の値下がりは追い風だが、大変なことになっているのがロシアだ。原油価格に連動して、通貨のルーブル安が止まらない。(2014/12/18)

映画館内のイスをベッドに変えちゃった IKEAロシアのプロモーション“映画寝室”がうらやましすぎる
こんな映画館あったら通いつめる(確信)。(2014/12/16)

日本ジオトラスト株式会社提供ebook
パスワード12億件がロシアで流出、「パスワード認証」は本当に安全なのか?
ロシアで発生した12億件のパスワード流出は、ユーザー認証の一般的な手段であるID/パスワードの安全性を揺さぶる。ユーザー頼みのパスワード管理のほころびも目立ち始めた。対策はあるのか。(2014/12/11)

藤田正美の時事日想:
プーチンの「不満の冬」が始まる――日本はロシアからエネルギーを買うべきか否か?
原油価格が下がっている。今年前半1バレル=100ドル超えだったWTI価格は、最近では70ドルを切る日もあるほど。原油相場の下落に頭を悩ませているロシアのプーチン大統領にとって、今年の冬は厳しいものになりそうだ。(2014/12/4)

ロシアYandex、Chromiumベースの新ブラウザを公開
ロシア検索最大手のYandexが、Chromiumベースでミニマルデザインの新ブラウザ「Yandex.Browser alpha version」をリリースした。(2014/12/1)

ロシア人なら当然持ってるよな! 純金製「プーチンiPhone 6」登場 お値段約45万円
なぜ作った。(2014/11/20)

重要データには「3要素認証」も
面倒でもパスワード定期変更はやはり必要? ロシアハッカーが12億アカウント乗っ取り
12億個のアカウントが乗っ取られるという前代未聞の事件が発生した。セキュリティ脅威の拡大で、2要素認証の徹底や定期的なパスワード変更などの対策が求められる可能性がある。(2014/11/12)

ホワイトハウスのネットワークに不正侵入、ロシア関与の可能性も?
米紙Washington Postは、ロシア政府の関与が疑われるサイバースパイ攻撃との関連を指摘している。(2014/10/30)

ロシアでギリギリすぎる「おっぱいトラック」が街を走行 1日500件の交通事故を引き起こす
なお、すべて男性ドライバーのもよう。(2014/10/27)

藤田正美の時事日想:
ロシアの機嫌を損ねると、世界で「エネルギー危機」が起こる?
欧米ではイスラム国への対応に苦慮しているが、ウクライナ危機も終結したわけではない。対ロシアへの制裁を強める中、制裁のデメリットを指摘する声も上がり始めた。経済界では「世界的なエネルギー不足を招く」と心配する声があるが、その理由とは?(2014/9/17)

追突してきた車にケンカ売ったらとんでもない連中が降りてきてフルボッコにされた件
おそロシア。(2014/9/9)

法制度・規制:
「エネルギー戦略特区」を新潟に、天然ガスと海洋エネルギーの開発促進へ
新潟県が「エネルギー戦略特区」を国に再提案した。2013年度に応募した提案内容に加えて、ガス火力発電所の新増設と海洋再生可能エネルギーの活用促進を盛り込んだ。日本海に面してロシアにも近い立地を生かして、天然ガスと再生可能エネルギーによる産業振興を目指す。(2014/9/5)

藤田正美の時事日想:
ロシアへの経済制裁は“誰得”なのか
ウクライナ東部で発生している内乱が長く続いているが、事態収拾の道筋は見えない。欧州もロシアも互いに経済制裁を続けているが、両者の経済にじわじわとダメージを与えており、“我慢くらべ”のような状況に陥っている。(2014/8/20)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。