ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ロシア」最新記事一覧

ブリヂストン Toolbox:
トラックやバスの安全運行とトータルタイヤコストの最小化に貢献するツール
ブリヂストンは、トラックおよびバス用タイヤのデジタルソリューションツール「Toolbox」を刷新し、現在展開中のアジア、中近東/アフリカ、欧州、ロシア、南米に続き、2017年12月から日本の一部拠点でも順次運用を開始する。(2017/12/8)

NSA元契約職員、極秘国防文書自宅持ち帰りで有罪判決
米司法省が、NSAの元契約職員が2010〜2015年に極秘の国防情報を故意に保持したとして有罪判決を下したと発表した。この職員の私物PCからロシア政府のハッカーが情報を盗んだとみられている。(2017/12/4)

Facebook、ロシアプロパガンダ企業への「いいね!」を確認するツール追加へ
米大統領選へのロシアによる介入に悪用されたとして米連邦政府から改善を求められているFacebookが、ユーザーが自分がロシアによるページやInstagramアカウントを知らずにフォローしていたかどうかを確認するツールを年内に提供すると発表した。(2017/11/23)

FacebookやGoogle、虚偽ニュース対策の「Trust Project」で75以上のメディアと協力
ロシアによる大統領選挙介入を看過したとして非難されているFacebook、Google、Twitterが、虚偽ニュース対策の一環として、コンテンツの信頼性判断を助けるプロジェクト「Trust Project」に参加し、メディアが記事に付ける「インジケーター」を表示していく。Microsoftも同プロジェクトに参加した。(2017/11/17)

ロシア国防省「米国のIS支援の証拠」と画像を投稿 「ゲームの画面」とネットユーザーが指摘
投稿はその後削除されました。(2017/11/14)

2018年FIFAワールドカップロシア大会のオフィシャルテレビ、ハイセンスが発売
ハイセンスジャパンからサッカーW杯のオフィシャルテレビが登場。液晶パネルにKSF(フッ化物蛍光粉末)を取り入れ、色再現性を上げた「ウルトラカラー」(同社)が特徴。(2017/11/13)

Facebook、広告が好調で最高益だが「“ロシア介入疑惑対策”が収益に影響するだろう」とザッカーバーグCEO
Facebookの7〜9月期決算は、売り上げの98%を占める広告の売上高が49%増と好調で、売上高は103億2800万ドル、純利益は過去最高の47億700万ドルだった。ザッカーバーグCEOはロシア介入疑惑について「コミュニティの安全は収益より重要」として安全強化のために多額を投資すると語った。(2017/11/2)

Facebook、Twitter、Googleの法務担当者、ロシア介入疑惑公聴会で証言
2016年の米大統領選期間中、ロシアが米国のソーシャルメディアを使って撹乱プロパガンダを投入したことに関する公聴会が開かれ、Facebook、Twitter、Googleの法務担当者がそれぞれ証言した。(2017/11/1)

Facebook、選挙関連広告を含む広告の透明性強化について説明
昨年の米大統領選挙へのロシアによる干渉問題で11月1日の公聴会に参加するFacebookが、サービス上の広告の透明性を強化する取り組みについて説明した。(2017/10/29)

Twitter、ロシア系メディア「RT」「スプートニク」の広告出稿を禁止 米大統領選への干渉で
「偽情報を配信し、選挙戦に干渉していた」との調査結果を受けてのもの。(2017/10/27)

Twitter、ロシア主要2メディアの広告締め出し
GoogleやFacebookと共に2016年の米大統領選へのロシア政府からの干渉に利用されたとみられているTwitterが、ロシアのメディア、RTおよびSputnikからの広告を締め出すと発表した。(2017/10/27)

「Petya」の亜種?:
ランサムウェア「BadRabbit」が猛威、交通機関やメディアに被害
ロシアやウクライナで地下鉄などの公共交通機関や報道機関、政府機関などに被害が広がっている。(2017/10/25)

Twitter、広告の出自など詳細を誰もが見られる「透明性センター」公開へ
Twitterが、ロシア政府による大統領選挙介入問題を受け、政治広告や社会問題をテーマとする広告を含むサービス上の広告についての透明性を高める取り組みを発表した。(2017/10/25)

ロシア政府との関係を巡る疑惑に対し:
Kaspersky、独立機関によるソースコードの検証を発表
ロシア政府との関係を巡る疑惑が浮上したことに対応して、Kaspersky Labは同社製品のソースコードを独立機関に検証させると表明した。(2017/10/24)

スレスレ射撃からのお腹バンバン カラシニコフが公開した自社の銃を使ったPR動画がいろいろギリギリでもはやおそロシア
心臓の弱い方は視聴注意です。(2017/10/22)

ロシア製トラックに『テトリス』をプレイできる隠しコマンドが インパネの計器画面で実際にプレイ可能
よく見つけたな。(2017/10/17)

ふぃぎゅらぼ:
ロシア宇宙船「ソユーズ」がプラモデル化、1/150スケールとは思えない精度&ギミックを実現
ロケットを運ぶ専用の列車もついてくる。(2017/10/15)

FacebookのサンドバーグCOO、「ロシアによる干渉を許してしまったことを謝罪する」
ワシントンに滞在中のFacebookのシェリル・サンドバーグCOOがメディアのインタビューで、ロシア政府による虚偽アカウントを使ったターゲティング広告問題について語り、干渉を許してしまったことを謝罪し、システムの改善を約束した。(2017/10/13)

ロシアがポケモンGOを利用と米報道 米大統領選への介入疑惑で
人種間の対立をあおろうとしていたもよう。(2017/10/13)

ロシアからやってきた初音ミク大好きコスプレイヤーSaya Scarletは何者だ!? テレ東「YOUは何しに日本へ?」出演で話題に
かなりガチなミクファンのようです。(2017/10/12)

YouTubeなどGoogleサービスもロシアによる米情報操作に利用されていた──Washington Post報道
Facebook、Twitterに続き、Googleも米大統領選でのロシアによる情報操作に利用されていたことが社内調査で分かったとWashington Postが報じた。(2017/10/10)

ITはみ出しコラム:
日本も安心できない? 米大統領選のロシア干渉疑惑にみる「ネット情報工作の現在」
SNSの規約を守って巧妙に行われた情報操作が、徐々に明らかになってきました。(2017/10/8)

「ロシアがKaspersky経由でNSAの情報盗んだ」、米紙報道
米紙Wall Street Journalは、ロシア政府の関与するハッカー集団がKaspersky Labのウイルス対策ソフトウェアを経由して、米国家安全保障局(NSA)の極秘情報を盗み出したと伝えた。(2017/10/6)

Facebook、「米大統領選でのロシアによる不正広告は1000万人が見た」
ロシアが米大統領選で国民の意見対立を目的として展開したFacebook上の広告は、約1000万人のユーザーの目に触れたとFacebookが発表した。(2017/10/3)

Twitter、米大統領選でのロシアからの干渉やbot対策について説明 Facebookに続き
Twitterが、米大統領選への介入目的で作られた疑いのあるFacebookアカウントの一部がTwitterと共通していたことなど、米議会に提出した情報の一部を開示した。(2017/9/29)

Facebook、ロシア政府につながる可能性のある広告を米連邦議会に提出すると発表
2016年の米大統領選の結果に影響を与えたと批判されているFacebookが、独自調査でロシアが関与している可能性が判明した広告データを米連邦議会に提出すると発表し、マーク・ザッカーバーグCEOがライブ動画で今後の取り組みについて説明した。(2017/9/22)

米連邦政府、「ロシア政府とつながりのある」Kaspersky製品を全機関から締め出しへ
米国土安全保障省(DHS)が連邦政府の全庁省に対し、ロシアのセキュリティ大手Kaspersky Labの製品利用を停止するよう命じた。Kasperskyの従業員とロシア政府の諜報機関とのつながりを懸念しているという。Kasperskyはこれに対し、いかなる政府とも非倫理的なつながりはないと主張した。(2017/9/14)

北朝鮮の「電磁パルス攻撃」能力、ロシアから入手か
核弾頭を高高度で爆発させ、相手国の防衛網や都市機能を破壊する電磁パルス(EMP)攻撃能力を得たと北朝鮮が主張している問題で、同国がロシアの技術を入手していた可能性が指摘されている。(2017/9/14)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ハリル監督は“本田切り”を断行できるのか
サッカー日本代表、本田圭佑が厳しい現実を突きつけられている。ロシアW杯アジア最終予選に出場したものの、パフォーマンスは目を覆いたくなるほどひどかった。スポンサーからの圧力や協会の声を無視して、ハリルホジッチ監督は“本田切り”を断行できるのだろうか。(2017/9/8)

F15Eパイロット:
シリア空中戦、米操縦士が語る「一触即発の危険性」
米空軍のF15Eパイロットは、地上の米軍が支援する部隊とその顧問らを殺害しようとしたイラン製ドローンを撃墜した。遠くからロシア軍の戦闘機が偵察する中で起きた。(2017/9/5)

ロシア大統領「AIを制すものが世界を制す」、イーロン・マスク氏が懸念表明
ロシアのプーチン大統領が新学期の学生に向けた講演で、「人工知能(AI)分野で主導権を握る者が世界の支配者になる」と語った。これを受け米起業家のイーロン・マスク氏は「AI覇権争いが第三次世界大戦につながる」とツイートした。(2017/9/5)

鋼鉄製なのにめっちゃ癒し系 ロシアメーカーによる打楽器「Rav drum」の音色がきれいすぎて寝そう
心が落ち着きすぎて、作業用BGMに使うと大変なことになるやつ。(2017/9/1)

「テロリストがたとえ便所に逃げ込んでも追いつめて殺す」 ロシアのプーチン大統領の半生を描いた漫画が登場
本名の「ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン」がタイトルです。(2017/8/25)

中部電力、GEデジタルなどはIoT、制御システムのセキュリティ対策にどう取り組んでいるのか
ランサムウェア「WannaCry」のインパクトが記憶に新しい中、ウクライナやロシアを中心に感染を広げた「NotPetya」が登場した直後の開催となった、2017年6月の@ITセキュリティセミナー。レポートシリーズ最終回は、IoT、制御システム向けセキュリティの講演を中心に紹介する。(2017/8/31)

脆弱性にまみれた世界で戦う人たち――バグハンター、CSIRT、レッドチーム
ランサムウェア「WannaCry」のインパクトが記憶に新しい中、ウクライナやロシアを中心に感染を広げた「NotPetya」が登場した直後の開催となった、2017年6月の@ITセキュリティセミナー。レポートシリーズ第2回は、脆弱(ぜいじゃく)性に関する講演を中心に紹介する。(2017/8/23)

ロシア人が上半身裸のたくましい写真を投稿する「プーチン半裸チャレンジ」がInstagramで流行中 モフモフな猫も参加
なぜ流行った。(2017/8/17)

超絶ナイスバディーなロシア人モデルが国内外で話題に スタイルが良すぎてもはや漫画キャラみたい
サッカーコロンビア代表との不倫疑惑 → 真相はともかく、むっちゃ美しい。(2017/8/17)

botが「フェイク世論」でっち上げ 政権寄りの内容、Twitterに自動投稿 ロシアなどで
世界各国で、政治権力などに都合の良いネット投稿が自動投稿プログラムによって行われている実態が、英オックスフォード大の調査で明らかになった。(2017/8/15)

ロシアのプーチン大統領、VPN禁止とチャットサービスの携帯番号連係義務付け法案に署名
2018年3月にロシア大統領選を控え、プーチン大統領が国民の海外情報へのアクセスを規制し、匿名化を阻止する2つの法案に署名した。(2017/7/31)

Uber、ロシアでYandexと新配車合弁企業立ち上げへ
Uberがロシア東欧地域での配車事業をYandex.Taxiと統合する。新合弁企業は約6割がYandexの保有で、CEOもYandex側の幹部が就任。配車だけでなくフードデリバリーの「UberEats」も展開する。(2017/7/14)

最大のセキュリティリスクはやはり「人間」?
ロシアが米大統領選で地方職員にサイバー攻撃、“人の脆弱性”を悪用か
米大統領選中に発生した地方自治体職員へのサイバー攻撃は、新たな流出文書でロシアの関与が明らかになった。投票改ざんの有無は不明だが、攻撃者は地方特有の“隙”を狙ったのではないか、という見方がある。(2017/6/21)

石川温のスマホ業界新聞:
ティム・クックCEOから直々にWWDCに招待された、82歳のマーちゃん――海外旅行が大好きで、サンノゼから帰国の翌日にはロシア旅行へ
6月5日〜9日(米国太平洋時間)に行われたApple主催の開発者向けイベント「WWDC 2017」。この会に、日本から82歳の女性プログラマーが招待された。(2017/6/16)

「プーチンだけど何か質問ある?」 ロシアの人気番組、ニコ生で中継
プーチン大統領がロシア国民の質問に直接答える、年1回の名物番組「プーチン・ホットライン」が、「ニコニコ生放送」で6月15日に生中継される。(2017/6/14)

国民よ、なんか質問ある? プーチン大統領自ら答えるロシアの生放送番組、日本初の全編生中継
今年で15回目を迎える「プーチン・ホットライン」。(2017/6/14)

日本とアジアをつなぐ国際送電網(3):
中国・モンゴル・ロシア間で電力を輸出入、日本に必要な制度改革
欧州に続いて北東アジアでも国際間の電力取引が始まっている。冬に需要が増えるモンゴルに向けて中国やロシアが電力を輸出する一方、中国の東北部ではロシアの水力発電所から電力を輸入してCO2削減にも生かす。日本まで国際送電網を広げるためには、制度面の改革が欠かせない。(2017/6/6)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプはクビになるのか 「ロシアゲート」を解説
トランプ大統領に絡んだ「ロシアゲート」が話題になっている。次々に新しい暴露話が出てくるので、「よく分からない」という人もいるはず。一体、何が起きているのか。トランプはクビになるのか。解説する。(2017/6/1)

ウクライナとロシアがTwitterで論争 「ザ・シンプソンズ」のGIFを送りつける事態に
公式マーク付きアカウントの応酬……!(2017/5/31)

ロシアYandex、プリウスベースの自動運転タクシーを開発中(動画あり)
ロシアの検索エンジン最大手Yandexが、配車サービス「Yandex.Taxi」向けの完全自動運転車を開発中であると発表。トヨタのプリウスベースの自動運転車が無人で走行する動画を公開した。2018年には公道での走行テストを開始する計画だ。(2017/5/31)

ロシアのモスクワで激しい嵐 コートの屋根がビリビリになって飛ばされる激しさ
屋根が壊れ、木が倒れるなどの被害が。(2017/5/30)

「RT」など政府系メディア:
マクロン氏、「スプートニク」など露メディア名指し非難 「偽ニュース拡散」
フランスのマクロン大統領はロシアの政府系メディア2社を名指しし、大統領選期間中に自身をめぐる偽ニュースを流し選挙に影響を及ぼそうとしたとして非難した。(2017/5/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。