ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ミサワホーム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ミサワホーム」に関する情報が集まったページです。

ミサワホーム、JAXAと新技術研究 「月面の住宅」 昭和基地での成果応用
ミサワホームが、月面での有人基地開発に向けた一歩を踏み出した。(2018/1/10)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタが介護ロボット進出で描く未来
トヨタがリハビリ支援ロボット「ウェルウォークWW-1000」を発表、今秋からサービスインする。同社はこうした一連の介助ロボットを「パートナーロボット」と名付け、「いいクルマづくり」と併せて力を注いでいくという。(2017/4/17)

ミサワホームが「玄関一体型宅配ボックス」開発 室内保管で良好な保管状態を維持
玄関の袖部分を使った省スペース設計。(2017/3/13)

ミサワホームが開発:
玄関と一体化、室内から受け取れる「宅配ボックス」登場
ミサワホームが、「玄関一体型宅配ボックス」を開発。宅配事業者の負担軽減と、利用者の利便性向上が目的。(2017/3/13)

住宅展示場にミッフィーちゃんの外壁塗装用見本? ミサワホームに意図聞いた
ミッフィーちゃん本体は陶器でできているそうです。(2017/1/22)

連携を強化:
トヨタホーム、ミサワホームを子会社化
ハウスメーカーのトヨタホームが同業のミサワホームを子会社化する。(2016/11/22)

消費トレンドから見る企業戦略の読み解き方:
国内住宅の40%が空き家になる? それでも「空き家ビジネス」が難しい理由
“民泊”を筆頭に盛り上がりを見せつつある「空き家ビジネス」。今後数十年で多くの国内住宅が空き家になると見込まれる一方、日本ならではの課題もある。そのポイントを分析してみたい。(2016/4/25)

省エネ機器:
2020年度までZEH普及を90%へ、ミサワホームがロードマップを策定
ミサワホームは2020年度に、新築戸建住宅において90%以上をZEHとすることを目指すロードマップを策定した。(2016/4/15)

省エネ機器:
省エネ大賞決定、デンソーのエネ再生工場など省エネ技術が百花繚乱
省エネルギーセンターは2016年1月27日、「ENEX2016 第40回 地球環境とエネルギーの調和展」(東京ビッグサイト、2016年1月27〜29日)の会場で平成27年度(2015年度)の省エネ大賞の表彰式を行い各賞受賞者に表彰状とトロフィーを贈呈した。(2016/2/2)

ホワイトペーパー:
BYOD対策も抜かりなし――「クラウド×スマートデバイス」導入企業が語る成功のノウハウ
クラウドの普及とスマートデバイスの多様化に伴い、セキュリティの課題が大きくなってきた。ミサワホームやエステーなど大手企業の「クラウド×スマートデバイス」導入事例から課題解決と成功の秘訣を探る。BYOD対策書籍のプレゼントも。(2016/1/20)

電力供給サービス:
小売電気事業者に東京電力グループも、電話会社ではKDDIが初めて登録
電力の小売全面自由化に向けて「小売電気事業者」の登録数が順調に増えている。12月18日に16社が審査を通過して、累計で89社に達した。審査中の事業者も100社を超える。新たに事前登録が認められた中には、東京電力グループやKDDIのほか、東京ガスと東北電力の合弁会社も入った。(2015/12/18)

スマートハウス:
“太陽光発電だけの生活”は可能か、実証実験がスタート
外部からの電力やガスの供給を遮断し、再生可能エネルギーによる自家発電のみの生活が継続可能かを検証する実証実験がスタートする。ミサワホームグループと京セラが2015年10月から奈良県で行うもので、モデル住宅に太陽光発電と蓄電システムを設置して実際に生活をしてもらい、そのデータを分析する。(2015/9/25)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
サボっている部下をチャットツールでたしなめる(または、たしなめられる)
コミュニケーションツールの進化により、業務をサボりがちな同僚・部下の状況が明確に分かるようになりました。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。(2015/9/18)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
Gmailの良い点、悪い点 仕事で使っても本当に大丈夫?
幅広い人気を誇るGoogleのメールサービス「Gmail」。業務で安全に使用することはできるでしょうか。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。(2015/8/28)

Google Apps for Workユーザー企業3社の導入事例
アシックス、19年間使ってきたメールシステムをリプレースして「Gmail」導入、決断のきっかけは?
グーグルは、2015年6月17日と18日に「Google Atmosphere Tokyo 2015」を開催した。その中で披露された「Google Apps for Work」の活用事例を3つ紹介する。(2015/8/24)

蓄電・発電機器:
家庭用燃料電池で発電した余剰電力を地域で活用、三島市で実証実験
静岡県三島市と静岡ガスは、2015年度中に家庭用燃料電池「エネファーム」で発電した余剰電力を地域で活用する実証実験を開始する。(2015/8/13)

ITのパフォーマンスはビジネスのパフォーマンス:
Software Defined ArchitectureとミサワホームAWS活用事例に見る「デジタルビジネス時代のIT活用」
先を見通しにくい中で、安定的に収益・ブランドを向上させ続けるためにIT部門ができることは何か? デジタルビジネス時代のアプリケーション開発、インフラ活用の要件を探る。(2015/4/24)

地震発生時の復旧スピードを高める“家のIoT”、ミサワホームとKDDIが共同開発
地震発生時に、建物の被災度をいち早く判定して通知する――。ミサワホームとKDDIが被災度判定計「GAINET」を共同開発した。被害の程度が異なる建物の状況を短時間で把握し、迅速な安全確保と早期の建物の復旧を支援する。(2015/4/22)

銀座に「Robi cafe」オープン、丸ビルでは100体のロビが踊る
「ロビの部屋」をテーマとした店内で、ロビをモチーフにしたフードやドリンク、ロビによるダンスショーなどが楽しめる。(2015/1/16)

スマートハウス:
1円高く買い取る太陽光、スマートハウスの新型も
ミサワホームは2014年10月、余剰電力を販売する同社住宅の所有者に対して、1kWh当たり、東京電力などの一般電気事業者よりも1円高く電力を買い取るサービスを開始すると発表した。政府のゼロエネルギーハウス(ZEH)基準に対応した戸建住宅「SMART STYLE 『S』」も発売した。ZEH仕様を選んだ場合、5.62kWの太陽光発電システムを屋根に標準搭載する。(2014/10/10)

スマートシティ:
住宅73棟すべてゼロ・エネルギーに、太陽光発電と燃料電池に通風・排熱対策も
発電と節電で実質的なエネルギーの使用量をゼロにする取り組みが埼玉県の住宅街で始まった。夏の最高気温が全国でもトップクラスの熊谷市に建設する73棟の分譲住宅を対象に、太陽光発電と燃料電池を全戸に装備する。さらに通風や排熱を促す「クールスポット」を設けて節電に生かす。(2014/9/1)

スマートハウス:
太陽光発電の買取価格を1円高く、ミサワホームが住宅向けに新サービス
ミサワホームが電力小売の全面自由化をにらんで、住宅の電力コストを削減するサービスを相次いで打ち出している。新たに出力10kW以上の太陽光発電システムを設置した住宅を対象に、固定価格買取制度よりも1円高い単価で電力を買い取るサービスを開始した。(2014/5/23)

スマートファクトリ:
太陽光発電と電力小売、ミサワホームが全国7拠点に拡大
住宅メーカー大手のミサワホームが電力小売の全面自由化を見据えて、太陽光発電の導入規模を拡大する。すでに稼働中の4拠点に加えて、3カ所の工場に発電設備を設置する計画だ。7拠点の合計で発電規模は7.2MW(メガワット)に達する。発電した電力を生かして小売事業も展開する。(2014/5/15)

スマートファクトリ:
工場と物流センターの屋根で年間1億円以上の売電収入、ミサワホームが電力小売も
住宅メーカー大手のミサワホームが自社グループを皮切りに、取引先や住宅オーナーを含めたコミュニティ全体の電力コスト削減に乗り出す。全国4カ所の工場や物流センターの屋根で太陽光発電設備を稼働させたほか、新電力の届出を完了して4月から小売事業も開始する。(2013/11/15)

スマートホーム:
太陽電池を10kW搭載可能な戸建住宅、100棟販売したミサワが新モデルも投入
太陽光発電システムを導入した戸建住宅の平均設置容量は約4kW。この場合の買取期間は10年だ。もしも10kW以上を搭載できるならば買取期間が20年に伸びる。ミサワホームは20年の買取期間を狙った戸建住宅のシリーズを拡充した。(2013/11/5)

スマートホーム:
何が何でも屋根に太陽電池を「10kW」載せたい、この1点に集中したミサワホーム
延床面積が30坪台の家でも、太陽光発電システムの出力を10kW以上に高められる戸建住宅をミサワホームが発売した。目的は固定価格買取制度(FIT)による20年間の買い取りだ。20年を目指すには出力を10kW以上に高めるしかない。太陽電池モジュールや屋根の設計を工夫することで実現した。(2013/8/26)

蓄電・発電機器:
ミサワホームが大容量蓄電池を提案、新築住宅なら導入費用不要
災害・停電対策はもちろん、電気料金の削減にも役立つ大容量蓄電池。課題は導入コストだ。ミサワホームは蓄電池のレンタルサービス事業者と提携し、新築住宅向けに大容量蓄電池を提案する。(2013/8/6)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
「ユーザー視点」を追求してたどり着いたITの基盤と組織の改革
他社との差別化を図る攻めのビジネスは、いつでも新たな事業にチャレンジできるような合理的で柔軟な情報システムが支えている。生まれ変わった、ミサワホームのIT部門が目指す、情報システムの姿とは。(2013/6/5)

ケンコーコム、ミサワホームなどが移行
第3の選択肢「ERP on パブリッククラウド」、その可能性を聞いた
ケンコーコム、ミサワホームなど既存のERPをパブリッククラウドに移行する事例が相次いでいる。AWSなどクラウドサービスの機能充実が背景にある。パブリッククラウドのメリットとは。(2013/4/22)

人事システム「COMPANY」をAWSで運用
【事例】ミサワホームはなぜ人事システムをクラウドに移したのか
システムを徐々に拡張し、最終的に1万人規模の人事情報を管理する。ミサワホームが考えるこのようなシステム構築にはクラウドの柔軟性が必須だった。注目を集める「ERP on AWS」の事例を紹介する。(2013/4/10)

ミサワホームグループ、AWSを基盤とする人事システムを採用
ミサワホームは既に導入している人事パッケージをクラウドでグループ各社に展開する予定だ。(2013/1/23)

ミサワホーム、「eセールスマネージャー」導入で営業力強化
営業活動の可視化などを目的にミサワホームが営業支援システムを採用した。(2012/11/16)

スマートハウス基礎講座(2):
創エネ・蓄エネの実現方法と導入メリット
スマートハウスを実現するためには、「創エネ・蓄エネ・省エネ」のための設備機器を導入して、効率的に利用できるようにする必要がある。創エネと蓄エネのための太陽電池や燃料電池、蓄電池、さらには二世代住宅に有効なエネルギーシェアシステムの導入方法とメリットを解説する。(2012/11/13)

エネルギー管理:
スマートコミュニティをHEMSで機能強化、高齢者の見守りも可能に
国内の4大スマートコミュニティ実証実験の一つ「横浜スマートシティプロジェクト」で、ミサワホームが地域密着型のエネルギー管理サービスを構築する。各家庭の利用状況を比較できるようにするほか、水道の使用反応から高齢者の安否を確認できるサービスも提供する計画だ。(2012/6/19)

電気自動車:
トヨタもクルマから家庭へ電力を供給、プリウスPHV向けに年内に提供開始
自動車から家庭に電力を供給する「Vehicle to Home」(V2H)の製品化が急速に進んできた。日産自動車が「LEAF to Home」を正式に発表したのに続き、トヨタ自動車が「プリウスPHV」向けのV2H対応システムを今年末に一部の家庭に提供することを明らかにした。(2012/6/4)

ビジネスニュース 業界動向:
明暗分かれる太陽光発電――住宅用は1.4倍に成長、輸出は悪化が続く
太陽電池の国内向け出荷量が順調に伸びている。ただし、明暗含みだ。太陽光発電協会(JPEA)が発表した2011年度の数量統計によれば、けん引役は住宅用だ。住宅用は2011年度第4四半期に過去最高の水準に到達した。一方、輸出は3四半期連続で減少。第4四半期は2008年度以来最低の水準に落ち込んでいる。(2012/5/21)

補助金:
HEMS補助金の対象製品、6製品追加
家庭における電力消費量削減のために、政府はHEMS(家庭向けエネルギー管理システム)を導入する個人に補助金を支給している。対象製品の第1弾が4月10日に明らかになり、4月18日には2社の4製品が追加で対象となった。政府はさらに6製品を対象とし、普及を急ぐ。(2012/5/18)

スマートホーム:
スマートハウスの発売が相次ぐ、節電・蓄電・発電の機能を標準装備
4月に入って住宅メーカー各社が一斉に新しいスマートハウスを発売した。電力不足が懸念されるなか、蓄電・発電機器とHEMS(家庭向けエネルギー管理システム)を備えた新築住宅のニーズが高まってきたようだ。(2012/4/23)

補助金:
家庭の節電に向けて、HEMS補助金の対象にパナソニックとミサワの製品が加わる
新築の家を中心にHEMS(家庭向けエネルギー管理システム)を装備するケースが増えている。4月19日からHEMSの補助金に対する申請受付が始まり、新たにパナソニックとミサワホームの製品が対象機器に追加された。(2012/4/20)

蓄電・発電機器:
世界最軽量の太陽光パネルを採用、リフォーム向け太陽光発電システムが登場
すでに使用している住宅をリフォームして、太陽光パネルを載せるようとしても、太陽光パネルの重さが問題になって載せられないということが多くある。ミサワホームは超軽量パネルで、その問題を解決しようとしている。(2012/4/5)

製品ディレクトリ/蓄電・発電機器:
重さが従来品の1/2に、リフォーム用の太陽光発電システム
ミサワホーム、2012年4月10日発売(2012/4/4)

スマートグリッド:
あなたの家がスマートハウスに、リフォームキットが登場
スマートハウスが新築住宅を軸に現実化してきた。だが、圧倒的に多い既築住宅はどうなるのだろうか。発電・蓄電・管理というスマートハウスの仕組みは既築住宅でも役立つはずだ。ミサワホームは既築住宅向けのキットを開発し、首都圏から展開する。(2012/3/23)

スマートグリッド:
日本の太陽電池産業、明らかな成長の影で進む構造変化
太陽電池の年間国内出荷量が初めて1GWを超えた。住宅向けが対前年同期比137.7%となり、メガソーラーなどの発電事業用は前四半期比3.7倍に伸び、明るい数字が並ぶ。しかし、安定しない輸出、増え続ける輸入、さらには屋台骨だったSi(シリコン)多結晶太陽電池の低迷など不安要因もある。太陽光発電協会(JPEA)が公開した統計を分析した。(2012/2/16)

スマートグリッド:
太陽電池国内市場の停滞を欧州向け輸出がカバー
太陽光発電協会の統計によれば、2011年度第1四半期は、太陽電池の国内市場が対前期比で10%弱縮小した。東日本大震災の影響だと考えられる。一方、欧州向けの輸出が急回復したため、総出荷量は前期比で10%強成長、対前年同期比では26%成長した。(2011/8/26)

スマートグリッド:
取り付け容易なHEMS、NECが販売
NECのHEMSは、家電の消費電力と太陽光発電の売買電量の見える化が目的だ。新築既築を問わず設置できる特長がある。さらに、家電メーカーや家電の種類などに依存せずに消費電力や売買電量を測定できるため、幅広い需要が望めるという。(2011/7/26)

スマートグリッド:
国内企業の太陽電池出荷量が対前年比1.5倍に成長
国内の太陽電池市場の成長が著しい。一般住宅向け出荷量が依然として8割を占めるが、企業向けは対前年比2.8倍近くにまで増えている。輸出先では欧州に陰りが見え、欧米を除く海外が全体の2割前後を占めるまでに増加した。(2011/5/21)

ビジネスニュース 業界動向:
太陽電池の出荷量が国内向け輸出とも過去最大に
太陽光発電協会(JPEA)は2010年11月、国内企業26社が2010年度第2四半期(2010年7月〜9月)に出荷した太陽電池セルと同モジュールについての統計を発表した。(2010/11/16)

家の家電や照明をiPhone、Padで操作――ミサワホームが集中管理システムを導入
家の照明やエアコン、床暖房、AV機器の操作をiPhone/iPadで――。インフォソケットが、ミサワホームの注文住宅向けオプションとして、iPhone/iPad対応の集中管理システムを提供した。[(2010/11/19)

産業構造を変えるか:
「住宅クラウド」の衝撃
住宅都市工学研究所が進める「住宅クラウド」は、クラウドが企業のIT領域にとどまらず、ビジネスのやり方自体を変える可能性を示している。(2010/2/5)

日曜日の歴史探検:
エネファームは何がすごいのか
2009年は、エネファームにとっては普及へのステップの年となりそうです。そもそもエネファームが大きく取り上げられるようになったのはなぜなのでしょうか。今月は、エネファームの謎について迫っていきたいと思います。(2009/9/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。