ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「宅配」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「宅配」に関する情報が集まったページです。

宅配ピザの支払いをQRコードで楽に ピザーラが「楽天ペイ」導入
宅配ピザ「ピザーラ」が楽天の決済サービス「楽天ペイ」を導入。配達員が提示したQRコードを客がスマホで読み取って決済する。(2018/8/10)

その背景は?:
「やってみなはれ」成否は? サントリー自販機で弁当注文OKの新サービス
自販機で弁当を注文できる上、オフィスに配達までしてもらえるという驚愕の新サービスが登場。手がけるのはサントリー食品インターナショナルと、飲食店情報サイトを運営するぐるなびの異色コンビだ。(2018/8/10)

ムーミンやスナフキンのかわいいハンコが登場 銀行印や宅配便の受取りにも
リトルミイとニョロニョロもあります。(2018/8/8)

『月刊少年マガジン』8月号を無料配信 西日本豪雨による影響を鑑みて
豪雨の影響で、被災地を中心として大幅な遅延や未配達が発生していた。(2018/8/6)

再配達率2%を実現 アスクルの「効率的な配送」の仕組みとは
日本全国の再配達率は15%にもなるが、これを大きく下回り、再配達2%を実現しているサービスがある。アスクル個人向け通販「LOHACO」の時間帯指定配送サービスだ。どのようにして再配達2%は実現されたのだろうか。(2018/8/3)

特集・ITで我慢をなくす「流通テック」:
「宅配ボックスだけでは解決できない」 業界のパイオニアが挑む「再配達ゼロ」への道
宅配便の再配達問題でにわかに注目を集めている宅配ボックス。そのトップランナー、フルタイムシステムに宅配ボックスの果たしてきた役割と再配達問題解決に向けた取り組みを聞いた。実は宅配ボックスは、既に労働問題を1つ解決していた。(2018/7/27)

佐川急便装う迷惑メール急増 「不在通知」「1340万円配達します」など、23の事例で注意喚起
佐川急便を装った迷惑メールが急増。「【不在通知】」「宅配便お届けのお知らせ」などのタイトルの迷惑メールやSMSが報告されており、同社は23もの事例を挙げて注意を呼び掛けている。(2018/7/23)

『週刊少年サンデー』33号を無料ネット配信 豪雨による配送遅延で
豪雨の影響で、被災地を中心として大幅な遅延や未配達が発生したため。(2018/7/21)

『週刊少年チャンピオン』32号・33号を無料ネット配信 豪雨による配送遅延で
豪雨の影響で、被災地を中心として大幅な遅延や未配達が発生したため。(2018/7/20)

アプリで注文した商品、自律走行ロボットでお届け ZMPが慶応大で実験
注文した商品を自律走行ロボット「CarriRo Delivery」で届けるデリバリーサービスの実証実験をZMPが慶応義塾大学で行う。注文から配達、受け取りまでの流れを検証し、実用化につなげる。(2018/7/19)

特集・ITで我慢をなくす「流通テック」:
消費者と配達員の我慢、どちらも減らす方法はあるか 「受け取り方」を変える宅配の新しい選択肢
ネット通販の拡大は利用者の買い物を便利にしたが、再配達の増加などさまざまな問題を引き起こしている。さらには時間指定枠縮小や配送量値上げなど利用者への負担も増えてきた。一方で、配送業者と利用者の双方が「我慢」を抱える現状を、テクノロジーの利用で解決しようとする動きも生まれている。(2018/7/18)

Wi-Fiも完備:
ドンキ店内に「宅配ロッカー」「フリースペース」出現 多様なニーズに対応
MEGAドン・キホーテ ラパーク成東店(千葉県山武市)の内部に「宅配ロッカー」と「フリースペース」が設置される。再配達の削減と顧客満足度の向上が狙い。(2018/7/10)

自販機にお金を入れると日替わり弁当がオフィスに届く サントリー、ぐるなびと共同で法人向け宅配サービス開始
電話注文よりお手軽。(2018/7/6)

飲食店の出来立ての味をオフィスで:
自販機のボタン一つで宅配弁当 サントリーとぐるなび、協業のメリットは?
職場に設置されているサントリーの自販機から、近隣の飲食店の宅配弁当を注文できる法人向けサービス「宅弁」が東京都内の一部で始まった。サービスを手掛けるサントリーとぐるなび、そして利用者にはどんなメリットがあるのだろうか。(2018/7/6)

「グレーゾーン解消制度」活用:
空いたオフィスビルを「倉庫」に 近くの顧客に台車で配達 アスクルが実験
ビルの空きスペースを倉庫として借り、物流拠点として生かす実証実験をアスクルが始める。労働環境の改善、コスト削減などが狙い。当初は東京・港区で行い、コピー用紙などの配送に生かす。(2018/7/3)

Amazon.com、医薬品ネット通販のPillPackを買収 ヘルスケア事業拡充へ
ヘルスケア事業を視野に入れるAmazon.comが、米医薬品ネット通販のPillPackを買収すると発表した。PillPackは処方せん薬を飲みやすいようにパックして宅配するサービスで、米国に3200万人以上の顧客を持つ。(2018/6/29)

政府目標は13%:
宅配便の再配達率、15.0% 4月調査 都市部で高い傾向続く
国交省によると、4月の宅配便の再配達率は15.0%だった。(2018/6/25)

「空からのテロを防ぐ」ドローン迎撃システム、米海兵隊が実用化
米海兵隊がドローンを迎撃するシステムを実用化し、対テロ任務に投入している。オモチャから空撮用途に、さらには宅配にと実用化がドローンだが、その高性能ゆえにテロの道具として使われる恐れが現実化しているためだ。(2018/6/20)

ガスト、宅配弁当にカエル混入でお詫び Twitterで「これはヤバイ」と画像拡散
同様の事案は今のところ確認していないとのこと。(2018/5/23)

IT×菓子 異色のベンチャーが挑む:
客に商品を「選ばせない」おやつ通販がすごい
ユーザーに商品を選ばせず、好みに合った菓子を宅配するECサイト「スナックミー」が人気だ。ユーザーへの質問や商品への評価から一人一人の好みを分析、本人も気付かない好みを探し出すのが強み。(2018/5/18)

セブン、業界初「ネットコンビニ」全国展開 スマホで注文、宅配
店舗で販売する商品をスマートフォンで注文し、宅配で自宅など指定した場所で受け取れる「ネットコンビニ」サービスを始めると発表した。(2018/5/11)

「出前館」運営元が協力:
「吉野家」「はなまるうどん」まとめて出前 家族客の獲得目指す
「吉野家」「はなまるうどん」の商品をまとめて宅配するサービスの実証実験が始まった。夢の街創造委員会が運営するWebサイト「出前館」で商品を注文すると、配達員が両社の店舗を回ってから宅配する。家族客を獲得する狙い。(2018/5/8)

「ピザお待ち!(パンチドゴォ)」 巨大ロボ型のピザ屋が街を破壊しつつ配達するゲームがクレイジー
届けるほうも頼むほうも命がけ。(2018/5/1)

レストランの配達を利用した女性が低評価の口コミ投稿→夜に店舗マネジャーが自宅に押しかけ
店側の非常識な態度に怒りの声が。(2018/5/1)

「非対面での受け取りニーズ」を自動運転技術で克服:
ロボネコヤマトが初の「無人宅配」実験に成功
ヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)は神奈川県藤沢市で24日、宅配車両に初めて自動運転技術を使った宅配サービスの実験を実施した。(2018/4/25)

うぉぉこれはすごい! 自動運転車で宅配「ロボネコヤマト」はもうここまで来ていた
自動運転で、好きな時間好きな場所へ時間ぴったりに配達、何が変わるのでしょう。(2018/4/24)

DeNAとヤマト、自動運転の宅配を初実験 「ロボネコヤマト」実現へ
DeNAとヤマト運輸が、自動運転車を使った宅配サービス「ロボネコヤマト」の実証実験を行った。封鎖したエリアでは、運転席にドライバーがいない状態で自動走行した。(2018/4/24)

再配達問題の解決も目指す:
業界初「早朝・夜間に集配」 宅配クリーニング「リネット」の挑戦
宅配クリーニングサービス「リネット」が早朝・夜間の集配サービスを開始。MagicalMoveと提携し、「クリーニングの不自由さを解消し、再配達問題を解決したい」という。(2018/4/18)

たたんで収納・広げて受取り サイズが変化する宅配便受取り用バッグが登場
スマホに配達完了通知が届きます。(2018/4/18)

1年間のトライアルの検証:
ヤマトが「無人宅配」実験へ 初の「自動運転技術」使用 
ヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)は、運転席にドライバーが完全に乗らない状態で宅配便を配送する実験を、今月24日に実施する。(2018/4/13)

「総量抑制」だけでは不十分:
3年ぶりの宅配便減少 ヤマトに求められる「働き方改革」
3年ぶりに宅配便取扱個数を減少させたヤマト。だが、抜本的な課題である「人手不足解消」には更なる「働き方改革」の実行が求められる。(2018/4/6)

宅配サービス「はこBOON」が5月に終了 物流業界の厳しい状況受け再開を断念
「はこBOON mini」も6月いっぱいで終了。【訂正あり】(2018/4/5)

“いま”が分かるビジネス塾:
ウーバーの無店舗型飲食店支援が持つ破壊力
配車サービス大手のウーバーが、無店舗型飲食店の支援に乗り出す。既に飲食店の宅配サービス支援「ウーバーイーツ」を提供しているが、今後は店舗を持たない飲食店の増加が予想されることから、その事業を支援することで供給力を高めたい考えだ。(2018/3/29)

再配達率3分の1に 宅配ボックスをアパートに設置 パナソニック
パナソニックが京都市内のアパートに宅配ボックスを設置したところ、再配達率が43%から15%に減少。届いた荷物のうち、宅配ボックスでの受け取りが28%を占めた。(2018/3/20)

産学公連携:
再配達率が43%→15%に 学生の街・京都市で宅配ボックス実証実験
パナソニックは3月19日、京都市で実施したアパート用宅配ボックスの実証実験で、再配達率が34%から15%に減少するなどの成果があったと発表した。(2018/3/19)

ヤマト運輸、宅配ドライバーを正社員採用 5月から人事制度見直し
ヤマト運輸は3月16日、宅配ドライバーの正社員登用や、有期契約社員が勤続5年を待たずに無期契約へと転換できる制度の導入を発表した。5月16日に始める。(2018/3/16)

「ゆうパック」再配達には依頼が必須に
日本郵便は3月1日から、「ゆうパック」配達時に受取人が不在だった場合、再配達の日時指定を受けるまで再配達を行わず、郵便局に荷物を保管する運用を始めた。(2018/3/15)

機会損失を削減:
ピザハット、宅配待ち時間削減へAIベンチャーのGAUSSとデータ解析の取り組みを開始
GAUSSは、日本ピザハットと共同で、ピザハットが保有するマーケティングデータを解析、売り上げ拡大と顧客の待ち時間削減を目指す取り組みを開始する。(2018/3/14)

生鮮食品をコンビニ受け取り ローソンが「フレッシュ ピック」開始
ローソンが、ユーザーが指定した店舗に生鮮食品を届ける「ローソン フレッシュ ピック」の提供を始めた。午前8時までに注文すれば、午後6時には受け取りが可能。好きな時間で受け取れるため、ユーザーが宅配時間の制約を受けないのが特徴だ。(2018/3/6)

弁当の配達先企業に対してサンプリングやテスト販売が可能に:
玉子屋とネオマーケティングが資本業務提携、B2Bマーケティングに弁当配達チャネルを活用
ネオマーケティングは2018年3月5日、玉子屋と資本業務提携したと発表した。玉子屋の配達先に対して、サンプリングやアンケート調査を行えるようになる。(2018/3/6)

骨太な差別化戦略が鍵:
定期宅配参入のイオン 立ちはだかる生協の厚い壁
イオンが毎週特定の曜日に自宅まで商品を届ける定期宅配事業への参入を表明した。すでに同事業を大規模に展開する生協のシェアを奪うことはできるだろうか。(2018/2/14)

配達が3時間繰り上がる:
和歌山電鐵とヤマト運輸、電車で宅急便輸送
和歌山電鐵とヤマト運輸は、貴志川線の田中口駅〜神前駅間で客貨混載を開始する。配達開始時刻が早まるなど、住民の利便性が向上するという。(2018/2/5)

ローカル線が宅配便を運ぶ「客貨混載」 ヤマト運輸と和歌山電鉄
ヤマト運輸と和歌山電鉄が、電車が乗客と一緒に宅配便を運ぶ「客貨混載」を始める。物流を効率よくする他、ローカル線の新たな収益源とし、路線の維持につなげる。(2018/2/5)

2020年、空港でハローキティの無人タクシーがお出迎え サンリオとZMPがコラボ
ZMPのロボット技術とサンリオキャラクターがコラボ。宅配ロボット「CarriRo Delivery」や開発中の無人自動走行タクシーを“ハローキティ仕様”になる。(2018/2/5)

ZOZOTOWN、採寸用スーツ「ZOZOSUIT」によるサイズ検索機能導入 体形ぴったりの服をオーダーメイドできる「ZOZO」開始
同時に予約者に、遅れていた「ZOZOSUIT」の配達を開始したとのメールも。(2018/1/31)

不在時でも宅配受け取り スマートロック完備の“IoTマンション”登場
スマートロックを完備した“IoTマンション”が登場。スマホ連携する監視カメラも備え、自宅にいなくても安全に宅配物を受け取れるという。(2018/1/30)

制服を着た「クロネコヤマト」の配達員にゃんこに癒される人続々 「かわいい」「うちにも来て欲しい」
お届けものですにゃ。(2018/1/20)

ドミノ・ピザ、追加料金を払うと早く届くサービス開始 200円で20分、300円で15分以内の配達を保証
店が通常よりも短時間で配達可能な状況でのみ利用できるサービスなので、配達員が無茶をして届けるわけではないようです。(2018/1/18)

「ミッション20ミニッツ」:
ドミノ・ピザ、「20分保証」の宅配サービス
ドミノ・ピザ ジャパンが注文から20分でピザを届けるデリバリーサービス「ミッション20ミニッツ」を発表。時間内に届けられない場合無料クーポンをプレゼントする。(2018/1/18)

焼きたてピザ0秒配達も! トヨタが次世代EVを使ったすごい“マチナカ”サービスを提案
服を買いに行く服がなくても大丈夫、店が来てくれる。(2018/1/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。