ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「宅配」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「宅配」に関する情報が集まったページです。

神サービスか悪魔のワナか ビールの備蓄が減ると自動で補充分が配達される専用冷蔵庫が開発
ユーザーの酒量まで把握したうえで、最適なタイミングでビールを配送してくれます。(2019/1/8)

ペプシコ、スナックとドリンクの移動販売ロボットを大学キャンパスで提供開始
食品・飲料大手のPepsiCoが、大学のキャンパス内でスナックやドリンクを移動販売するロボットをパシフィック大学で運用開始した。アプリで注文すると最寄りの配達場所にロボットが届けてくれる。(2019/1/6)

GM傘下のCruise、自動運転車での配達でDoorDashと提携
General Motors傘下のCruise Automationと配達サービス企業DoorDashが自動運転車による配達サービスで提携した。サンフランシスコのベイエリアで3月からテストを開始する。(2019/1/4)

CES 2019:
Segway-Ninebot、“VSLAM”搭載の配達ロボット「Loomo Delivery」
中国Ninebot傘下のSegwayは、同社初の配達ロボット「Loomo Delivery」をCES 2019で披露する。単眼カメラで位置推定する独自開発の「VSLAM」アルゴリズムを搭載し、50キロまでの荷物をショッピングモール内などで配送する。(2019/1/4)

過去最少を更新する見込み:
年賀状、19年用は大幅減少か ネット、SNS普及で歯止めかからず
全国で配達受け付けが始まっている2019年用年賀はがきの引き受け枚数が注目されている。若い世代の“年賀状離れ”で苦戦が続く中、日本郵便は郵便局の年賀はがきの販売枚数目標となる「指標」を同年用から廃止したからだ。引き受け枚数の前提となる当初発行枚数は、19年用は前年比7.1%減の24億21万2000枚。減少傾向に拍車がかかり、過去最少を更新するとみられる。(2018/12/19)

人手不足に対応するための措置:
「土曜休配」も劇的な採算改善は望めず 続く日本郵便の苦悩
日本郵政グループの日本郵便は、はがきや手紙の配達を土曜日は休止して、配達に要する日数も緩和するよう要望している。日本郵政の長門正貢社長は土曜休配を可能にする郵便法改正案について「(来年1月召集の)次期通常国会で通してほしい」と、早期成立に期待を示している。人手不足などに対応するためだというが、これらの措置はサービス低下につながるうえ、採算を劇的に改善することも望めない。日本郵便を取り巻く環境は依然として厳しい。(2018/12/18)

米配達サービスのPostmates、歩道を歩く出前ロボット「Serve」の提供開始
米配達サービスのPostmatesが、歩道を歩くスピードで自走し、23キロまでの重さの荷物を運ぶロボット「Serve」を発表した。サンフランシスコなどで提供する計画だ。(2018/12/14)

顔認証で開錠、宅配荷物確認 長谷工とNTT西 IoTマンション実証実験
IoTマンションは、スマートフォンを活用して家電操作を行えるようにするなど、専有部での対策が一般的なのに対し、実験では、顔認証でマンションエントランスの共同玄関を開錠するのをはじめ、共用部での検証に力を入れる。(2018/12/13)

オフィスからスマホでコーヒー注文→ロボが配達 オフィスビルで実験
オフィスからスマートフォンを使ってコーヒーを注文すると、搬送ロボットがカフェからオフィスの入り口まで配達してくれるサービスの実証実験が来年1月、城山トラストタワーでスタートする。(2018/12/11)

メルカリ、宅配便ロッカーから商品発送可能に
(2018/11/21)

Amazon「お急ぎ便」不要ならポイント付与、サイバーマンデーでも 12月7日から
Amazon.co.jpは、恒例の年末大型セール「サイバーマンデー」を、12月7日午後6時にスタートする。期間中は、プライム会員が商品を購入した際、配達を急がない「通常配送」を選べばポイントが付与されるキャンペーンを実施する。(2018/11/21)

郵便配達、制度維持で年200億の赤字 日本郵便が試算公表、ユニバーサルサービス転換点
全国一律のユニバーサルサービスは転換点を迎えている。(2018/11/19)

IoTなど幅広い分野で活用:
楽天モバイルが5G実証実験、空撮配信や配達ロボも
楽天モバイルネットワークは15日、野球場「楽天生命パーク宮城」(仙台市)で、第5世代(5G)移動通信方式を活用し、ドローン(無人航空機)で撮影した高画質な映像を大型ビジョンに伝送するなどの実証実験を行った。(2018/11/19)

宅配ボックス、EV充電器、シェア自転車などに決済や制御を追加できるIoT装置「NEC Digital Concierge」 NECから
NECは、公共スペースに設置されている機器の無人サービスを実現するIoT装置「NEC Digital Concierge」の販売を開始。宅配ボックスやEV充電器、ロッカーなど、さまざまな機器と連携し、認証、決済、制御を組み合わせたサービスを提供する。(2018/11/15)

通販で買い物、会社で受け取りOK 社員向けの宅配ボックス、サイバーエージェントなどが実証実験
宅配ボックスを手掛けるナスタが、職場に設置した宅配ボックスで私用の宅配を受け取れるようにする実証実験を、サイバーエージェントなど3社で始めた。(2018/11/14)

楽天とすかいらーくが「楽天ペイ」導入で合意、宅配サービスから
楽天とすかいらーくホールディングスは、宅配サービスと飲食店へのスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」導入について基本合意書を締結。11月29日に宅配サービスで導入を開始し、2019年中頃に試験導入予定のセルフオーダー端末でも利用できるようにする。(2018/11/13)

スタバ、LINEと決済で提携 宅配「Uber Eats」も試験導入
スターバックスがLINEと決済サービスの分野で提携。都内3店舗ではフードデリバリーサービス「Uber Eats」も導入する。(2018/11/8)

「電柱に宅配ロッカー」 全国初、関電が試行
電柱に宅配ロッカーを取り付け、近くに住む住民が荷物を受け取れるようにする「電柱吊宅配ロッカーサービス」の試行を関西電力が始めた。(2018/11/2)

「可愛すぎてびっくり」 佐々木希、ハロウィーンの“キキ仮装”でファンに癒やしを配達する
目に焼き付けた。(2018/11/1)

「お急ぎ便」不要ならポイント付与、Amazonがプライム会員向けキャンペーン
Amazon.co.jpがプライム会員向けに、配達を急がない「通常配送」を選べばポイントが付与される期間限定のキャンペーンを行い、注目を集めている。(2018/10/29)

ゆうパック、不在時の「置き配」は来年3月スタート
日本郵便は、宅配便「ゆうパック」で、受取人が不在時、あらかじめ指定した場所に荷物を置いておく「指定場所配達サービス」を来年3月18日に始める。(2018/10/18)

auの「故障紛失サポート」がサービスを拡充 当日中に代替機を届けられるエリアを拡大 23区では「4時間以内配達」も
auの「故障紛失サポート」がサービスを拡充する。代替機を当日中に届けるサービスの対象エリアを拡大し、東京23区内では申し込みから4時間に届けるサービスも開始する。2018年秋冬モデル以降の機種では、代替機に液晶保護フィルムをあらかじめ貼り付けて送付するサービスと、データ復旧サポートサービスを新たに提供する。(2018/10/11)

ヤマトの配達予定、Yahoo!JAPANアプリでプッシュ通知 不在連絡も
宅急便の配達予定や不在連絡などを、「Yahoo!JAPAN」アプリにプッシュ通知する機能がスタート。ユーザーの利便性向上や再配達の削減が狙い。(2018/10/10)

荷物の配達、LINEで事前通知 ヤマト運輸が非会員向けにも
ヤマト運輸がLINEアカウントを使った配達の事前通知サービスを拡充。「クロネコメンバーズ」会員以外にも提供する。(2018/10/2)

“配送ロボ”が宅配ボックスから玄関先まで荷物をお届け――日立ら4社、マンション向け配送サービスを共同開発へ
日立ら4社は、不在時に宅配ボックスに預かった荷物を、希望のタイミングで配送ロボットが玄関先まで運んでくれる「マンション内宅配システム」の共同開発を開始した。2021年度の実用化を目指す。(2018/10/1)

玄関先まで荷物を届けるマンション内配送システム、アイホンなど4社が開発へ
インターフォン大手のアイホンなど4社が配送ロボットを使った「マンション内宅配システム」を共同開発する。居住者の希望するタイミングで配送ロボットが宅配ボックスから玄関先まで荷物を運ぶ。2021年度の実用化を目指す。(2018/9/28)

ネスレ日本と佐川急便、宅配サービス「MACHI ECO便」始動 地域住民が協力し配達を中継
希望者が「ECO HUB」と呼ばれる中継所の役割を担い、佐川から届いたネスレ商品の引き渡しや配達を行う仕組み。ECO HUB担当者は報酬を得られ、消費者は割引サービスを受けられます。(2018/9/27)

LIXILが普及目指す:
スマホから操作「IoT宅配ポスト」発売 複数個の受け取りも可能に
LIXILは10月、郵便受けと宅配ボックス、インターホンなどを一体化させた、一戸建て住宅向け「スマート宅配ポスト」を発売する。再配達の増加や宅配事業者の人手不足など、宅配を巡る課題に対応できる製品として普及を目指す。(2018/9/26)

輸送コスト増に奇策で対抗:
ネスレ日本が宅配事業に参入 商品を配達するのは一般人!?
ネスレ日本が佐川急便と組んで宅配事業に参入。一般人に宅配の中継になってもらいユーザーに配達したり逆に取りに来てもらう。急増するネット通販の配達コストを削減する。(2018/9/26)

何度も荷物を受け取れるスマート宅配ボックス、LIXILが発売
LIXILがIoT宅配ボックスを発表。スマートフォンと連携し、宅配ボックスからの集荷や複数の荷物受け取りなど、「従来の宅配ボックスでは解決できなかった課題を解決する」(同社)という。(2018/9/26)

人手不足解消へ:
福山通運、「働き方改革」で日曜日の集荷・配達を中止 10月から
福山通運が「働き方改革」の一環で日曜日の集荷・配達を取りやめる。新規顧客には10月1日から、契約済みの顧客には2019年1月1日から適用する。運送業界の人手不足を踏まえた施策。(2018/9/21)

第2回ドローン×インフラメンテナンス連続セミナー(2):
災害対応やインフラ維持管理などドローンの可能性、先進的な自治体の施策事例から読み解く
インフラメンテナンス国民会議は2018年9月14日、第2回となる「ドローン×インフラメンテナンス」連続セミナーを開催した。本稿では、当日のアジェンダのうち、独自のガイドラインを運用する福島県や宅配ドローン実験で注目を集めた千葉市など、先進的なドローン施策から、現状での課題と今後の可能性を探る。(2018/9/20)

宅配ボックス導入、動き広がる 全ての住戸玄関前に設置する物件も発売
インターネット通販の利用が急速に拡大していることを受けて、マンションや戸建て住宅で受け取り手の不在時に荷物を保管する宅配ボックスの導入を推進する動きが広がっている。三菱地所は全住戸の玄関前に設置したマンションを発売。三井不動産や大京グループも導入に力を入れるほか、大和ハウス工業の新築戸建て向けボックスは、年間の販売目標を半年間で超えた。(2018/9/12)

台風時にピザの配達バイクが立ち往生 「休みにすべき」と批判沸く 各ピザチェーンの方針は
ドミノ・ピザ、ピザーラ、ピザハット、ナポリの窯、シカゴピザ、5つに台風時の配達方針を取材しました。(2018/9/6)

高齢化進む泉北ニュータウン:
買い物難民の支援スタート 堺市、宅配や移動販売など紹介
堺市は今年度から、南区で買い物支援サービスを行っている事業者について情報提供を行う事業を始める。まちびらきから50年以上が経過し、高齢化が進んでいる同区の泉北ニュータウンは坂道が多く、移動手段を持たない“買い物難民”が生まれることが懸念されている。事業を通じてサービスの利用を進め、買い物が困難な高齢者らの負担を軽減する狙いだ。(2018/8/29)

ゲーム・本体を最短24時間で現金化できる「ゲオスグ」、8月27日にサービス開始
ゲオは、査定から最短24時間でゲームソフトとゲーム機本体を現金化できる即金買取アプリをリリースする。バーコードを読み取るか商品番号を入力だけで即時に査定金額が表示され、宅配業者の集荷が済むと買取金額が銀行口座に振り込まれる仕組みとなっている。(2018/8/22)

自動運転のNuro、米大手スーパーチェーンKrogerの自動運転配達で提携
Waymo出身エンジニアが立ち上げたNuroが、米スーパー大手のKrogerと提携し、アリゾナ州で無人自動運転車による配達サービスのパイロットを開始した。(2018/8/17)

「やってみなはれ」成否は? サントリー自販機で弁当注文OK、開発の背景
「自販機天国」とまで呼ばれる日本。7月には自販機で弁当を注文できる上、オフィスに配達までしてもらえるという驚愕の新サービスが登場した。なぜ弁当なのか、そして自販機なのか−。その背景を探った。(2018/8/15)

宅配ピザの支払いをQRコードで楽に ピザーラが「楽天ペイ」導入
宅配ピザ「ピザーラ」が楽天の決済サービス「楽天ペイ」を導入。配達員が提示したQRコードを客がスマホで読み取って決済する。(2018/8/10)

その背景は?:
「やってみなはれ」成否は? サントリー自販機で弁当注文OKの新サービス
自販機で弁当を注文できる上、オフィスに配達までしてもらえるという驚愕の新サービスが登場。手がけるのはサントリー食品インターナショナルと、飲食店情報サイトを運営するぐるなびの異色コンビだ。(2018/8/10)

ムーミンやスナフキンのかわいいハンコが登場 銀行印や宅配便の受取りにも
リトルミイとニョロニョロもあります。(2018/8/8)

『月刊少年マガジン』8月号を無料配信 西日本豪雨による影響を鑑みて
豪雨の影響で、被災地を中心として大幅な遅延や未配達が発生していた。(2018/8/6)

再配達率2%を実現 アスクルの「効率的な配送」の仕組みとは
日本全国の再配達率は15%にもなるが、これを大きく下回り、再配達2%を実現しているサービスがある。アスクル個人向け通販「LOHACO」の時間帯指定配送サービスだ。どのようにして再配達2%は実現されたのだろうか。(2018/8/3)

特集・ITで我慢をなくす「流通テック」:
「宅配ボックスだけでは解決できない」 業界のパイオニアが挑む「再配達ゼロ」への道
宅配便の再配達問題でにわかに注目を集めている宅配ボックス。そのトップランナー、フルタイムシステムに宅配ボックスの果たしてきた役割と再配達問題解決に向けた取り組みを聞いた。実は宅配ボックスは、既に労働問題を1つ解決していた。(2018/7/27)

佐川急便装う迷惑メール急増 「不在通知」「1340万円配達します」など、23の事例で注意喚起
佐川急便を装った迷惑メールが急増。「【不在通知】」「宅配便お届けのお知らせ」などのタイトルの迷惑メールやSMSが報告されており、同社は23もの事例を挙げて注意を呼び掛けている。(2018/7/23)

『週刊少年サンデー』33号を無料ネット配信 豪雨による配送遅延で
豪雨の影響で、被災地を中心として大幅な遅延や未配達が発生したため。(2018/7/21)

『週刊少年チャンピオン』32号・33号を無料ネット配信 豪雨による配送遅延で
豪雨の影響で、被災地を中心として大幅な遅延や未配達が発生したため。(2018/7/20)

アプリで注文した商品、自律走行ロボットでお届け ZMPが慶応大で実験
注文した商品を自律走行ロボット「CarriRo Delivery」で届けるデリバリーサービスの実証実験をZMPが慶応義塾大学で行う。注文から配達、受け取りまでの流れを検証し、実用化につなげる。(2018/7/19)

特集・ITで我慢をなくす「流通テック」:
消費者と配達員の我慢、どちらも減らす方法はあるか 「受け取り方」を変える宅配の新しい選択肢
ネット通販の拡大は利用者の買い物を便利にしたが、再配達の増加などさまざまな問題を引き起こしている。さらには時間指定枠縮小や配送量値上げなど利用者への負担も増えてきた。一方で、配送業者と利用者の双方が「我慢」を抱える現状を、テクノロジーの利用で解決しようとする動きも生まれている。(2018/7/18)

Wi-Fiも完備:
ドンキ店内に「宅配ロッカー」「フリースペース」出現 多様なニーズに対応
MEGAドン・キホーテ ラパーク成東店(千葉県山武市)の内部に「宅配ロッカー」と「フリースペース」が設置される。再配達の削減と顧客満足度の向上が狙い。(2018/7/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。