ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「国土交通省」最新記事一覧

マツダ「キャロル」も:
スズキ「アルト」など26万台リコール 防水機能に不具合
スズキが「アルト」など約26万5000台をリコール。(2017/9/21)

鉄道会社“悩みのタネ”:
ベンチの向きを90度変えるだけ 酔客のホーム転落事故は防げるのか
酒に酔った乗客の線路転落を防ぐため、ホームで線路に向かって平行に設置されているのが一般的なベンチの向きを90度回転させる工夫が関西を中心に広がっている。(2017/9/20)

ベンチの向きを90度変えるだけ! 鉄道会社“悩みのタネ”……酔客のホーム転落事故は防げるのか
酒に酔った乗客の線路転落を防ぐため、線路に平行に設置されていたベンチを90度回転させる工夫が、関西を中心に広がっている。本当にベンチの向きを変えるだけで転落事故が防げるのだろうか。(2017/9/20)

扶桑電通 SasaL 図面管理サービス:
大判紙図面などを3Dデータ化して効率的に管理するサービス
扶桑電通は、建設業界や自治体向けのICTソリューション「SasaL(ササエル) 図面管理サービス」を発表した。(2017/9/19)

経産省「電動大型ベビーカーは軽車両」に釈明 「発表に言葉足らずの部分あった」
どうして誤解が広まったのか、経緯をまとめました。(2017/9/15)

「赤ちゃんに道路走らせるのか」:
経産省「電動ベビーカーは軽車両」批判相次ぎ釈明
経産省は、電動アシスト機能付きベビーカーが道交法上の「軽車両」に当たるとして車道を走るよう求めた見解が批判を浴びたことで釈明した。(2017/9/15)

経産省「電動ベビーカーは軽車両」批判相次ぎ釈明会見 「発表資料、舌足らずだった」
「電動アシスト機能付きベビーカーは軽車両」との見解を公表し、批判が相次いでいた件で、経産省が釈明会見。「発表資料に一部舌足らずな点があった」と弁明した。(2017/9/15)

飲料・小売りで広がる共同輸送 ビール4社、北海道できょう開始
食料品・日用品メーカーや流通大手が手を組み、物流を効率化する動きが広がってきた。(2017/9/12)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
配車アプリ「全国タクシー」のJapanTaxi、1.1億円の赤字
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/9/11)

エンジン停止、部品脱落の恐れ:
SUBARU「サンバー」62万台リコール
SUBARUが軽商用車「サンバー」約62万台をリコール。(2017/9/7)

高齢破産も……マンション経営「サブリース契約」トラブル続出「長期借り上げ保証はエサ」
高齢者らが「相続税の節税になる」などの“甘い言葉”に誘われて賃貸アパートを建てたものの、経営に行き詰まり自己破産などに至るトラブルが相次いでいる。(2017/9/7)

真説・人工知能に関する12の誤解(6):
人工知能は暴走する、ただしそれは“人の手”によって
人間を超えた知能を得た人工知能が暴走し、人間が支配される――。第3次人工知能ブームの初期のころは、そんなSFのような話がよく聞かれましたが、最近では少なくなってきました。むしろ、人工知能で問題とすべきリスクは別のところにあります。(2017/9/7)

CADニュース:
大判紙図面を3次元化して管理する「SasaL 図面管理サービス」
扶桑電通は、建設業界や自治体向けのICTソリューション「SasaL 図面管理サービス」を発表した。建設現場の維持管理分野に特化したサービスで、大判や古い紙の図面などを3次元データ化し、効率的な管理を可能にする。(2017/9/6)

自動車運送の「貨客混載」を拡充 貸し切りバス、タクシーも対象に
物流効率化と地域交通の維持に向け、国土交通省はトラックが旅客を乗せたりバスやタクシーが貨物を運んだりする自動車運送での「貨客混載」の対象範囲を9月1日から拡充する。(2017/8/31)

免許返納の高齢者など支援:
国交省、「タクシーの定期券」を19年度以降に導入
国土交通省が、タクシーに定期運賃制度を導入する方針を固めたことを明らかにした。特定の地域、期間、時間帯にタクシーを利用する場合は、定額で何度でも乗車可能となる。近年、利用者数の落ち込みが続くタクシー業界を支援する狙い。(2017/8/30)

安全システム:
「プリウス」の追突事故が半減、「Toyota Safety Sense」の運転支援で
トヨタ自動車は運転支援システム「Toyota Safety Sense」を搭載する「プリウス」は非搭載車と比較して追突事故が半減したと発表した。アクセルの踏み間違いや踏み過ぎによる衝突被害を軽減する「インテリジェントクリアランスソナー」とToyota Safety Senseの両方を搭載した場合は、追突事故が非搭載車と比較して9割減少するという。(2017/8/29)

「女性専用車両」痴漢対策に効果なし? “男性差別”とブーイングも……
「女性専用車両」は痴漢対策効果をめぐって「抑止力にはならない」との指摘があるほか、「男性差別」との反発も根強い。(2017/8/25)

安全システム:
マツダ初のサラウンドビューを採用、「アクセラ」で運転支援が標準装備化
マツダは「アクセラ」の商品改良を実施して2017年9月21日から発売すると発表した。運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を全車で標準装備とし、同社初となるサラウンドビューシステム「360°ビュー・モニター」も採用する。(2017/8/25)

360度見渡せるモニターも搭載:
マツダ「アクセラ」改良 安全技術強化で事故リスク軽減
マツダがスポーツコンパクト「アクセラ」を改良。安全技術を強化した。(2017/8/24)

撲滅への新たな“武器”は:
「女性専用車両」 痴漢対策に効果なし?
電車内での迷惑行為を防ごうと、各鉄道会社は「女性専用車両」を導入し、広く定着してきた。しかし、痴漢対策効果をめぐって「抑止力にはならない」との指摘がある。(2017/8/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
訪日外国人がレンタカーで事故りまくっているのは本当か
沖縄で外国人観光客によるレンタカー事故が増えている、らしい。現地の琉球新聞がそのように報じたわけだが、関係者に話を聞いたところ、事情はちょっと違うようだ。どういうことかというと……。(2017/8/24)

安全システム:
Mobileyeの後付け衝突警報システム、三菱ふそうが中小型商用車に展開
三菱ふそうトラック・バスはモービルアイ製品を純正アクセサリーとして取り扱う。大型商用車で標準装備となっている安全システムを、中小型商用車にも導入できるようにしていく。(2017/8/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東京圏主要区間「混雑率200%未満」のウソ
お盆休みが終わり、帰省先から首都圏に人々が帰ってきた。満員の通勤通学電車も復活した。国も鉄道会社も混雑対策は手詰まり。そもそも混雑の認定基準が現状に見合っていないから、何をやっても成功できそうにない。その原因の1つが現状認識の誤りだ。(2017/8/18)

ロボット開発ニュース:
油圧ショベルなどの建設機械を遠隔操縦できる人型ロボットを開発
カナモト、アスラテックなど4社は、建設機械を操縦できる人型ロボット「DOKA ROBO 3」を開発した。油圧ショベルなどの建設機械の運転席に設置してオペレーターが遠隔操作することで、機械の操縦が可能になる。(2017/8/18)

道の駅など拠点に自動運転サービスの実証実験 栃木県の「にしかた」で実施
全国13カ所でも順次実験を行います。(2017/8/15)

「道の駅」周辺で無人運転バス 国交省が全国初
栃木市の道の駅「にしかた」を拠点に、運転席がない自動運転バスを運行する実証実験を、国交省が始める。(2017/8/14)

東京五輪記念ナンバープレート、デザイン決定
2020年東京五輪・パラリンピック開催を記念する特別仕様のナンバープレートのデザインが決まった。(2017/8/9)

10月10日交付開始:
東京五輪特別仕様ナンバープレート、デザイン決定
東京五輪・パラリンピックを記念する特別仕様ナンバープレートのデザインが決まった。(2017/8/8)

急な大雨「ゲリラ豪雨」の予測はできる? 災害や事故に遭わないために知っておきたいこと
専門家の方に聞いてみました。(2017/8/7)

週刊「調査のチカラ」:
なぜ山に登るのか――そこに「山ガール」がいるから? それとも「山の日」だから?
待ちに待ったサマーバケーションが到来。で、この夏の旅行やレジャーの動向を調査データから探ってみます。(2017/8/5)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR九州が発表した「全路線の通信簿」から見えること
JR九州が2016年度の路線・区間別の平均通過人員を発表した。いわば路線の通信簿だ。JR九州発足時のデータも併せて比較できるようにしている。JR九州の意図は廃線論議ではなく「現状を知ってほしい」だろう。この数値から読み取れる現状とは何か。(2017/8/4)

タクシーに乗る前に運賃が決まる 配車アプリを使った「事前運賃確定サービス」の実証実験開始
降りる直前にメーターが上がる、あの心配が不要になるかも!(2017/7/31)

新しい「物語」を創る――Intelが夜空にドローンを浮かべる理由
8月5日まで長崎・佐世保のハウステンボスで開催される「近未来・ドローンショー」。このショーにドローン300台を提供し、そのオペレーションを担当したのがIntelだ。そもそも、Intelがドローンを使ったライトショーに注力しているのはなぜなのだろうか。(2017/7/30)

東京都内で8月から開始:
タクシー代を「乗る前に」決定 国交省が実験のワケ
国交省が、タクシーの配車アプリを活用して乗車前に運賃を確定するサービスの実証実験を8月から都内で実施する。どのような目的があるのだろうか。(2017/7/28)

乗る前に「タクシー代決める」アプリ 国交省が実証実験
スマホ向けのタクシー配車アプリを使い、乗車前に運賃が確定するサービスの実証実験が東京23区などで8月に始まる。(2017/7/28)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
フリーゲージトレインと長崎新幹線の「論点」
長崎新幹線(九州新幹線西九州ルート)の混迷が続く。JR九州はフリーゲージトレインの導入困難を公式の場で表明した。未完成の技術をアテにしたうえ、線路の距離に応じて地元負担額を決めるという枠組みが足かせになっている。実はこれ、長崎新幹線だけではなく、鉄道路線の建設・維持に共通する問題だ。(2017/7/28)

情報化施工:
人型ロボットが操縦席に、無改造で建機を遠隔操作
建設機械レンタルのカナモトなど4社は、建設機械を遠隔操作で操縦できる人型ロボットを開発した。建機に改造を加えること無く利用できるのが特徴。二次災害が予想される危険地帯での活用ニーズを見込む。(2017/7/26)

事故は起きていない:
日産「エルグランド」1万5000台リコール ブレーキに問題
ミニバン「エルグランド」のブレーキに不具合があるとして、1万4935台がリコール。(2017/7/24)

日本橋周辺の首都高、地下化 国や都と連携し景観改善へ
ほかにも沿道環境の改善など、さまざまな効果が期待されます。(2017/7/21)

数千億円規模:
日本橋の空が復活か 首都高地下移設を検討
東京・日本橋の真上を走る首都高速道路について、都が中央区や事業主体の首都高速道路と共同して地下に移す具体策の検討に着手する方針を固めた。(2017/7/21)

「50年の1度」軽々オーバー 防災学者も嘆く中小河川整備の実態
福岡、大分両県を襲った豪雨は、一部の中小河川で「50年に1度」のレベルをはるかに超える水量が押し寄せていた。氾濫した河川を強化しても別の場所で氾濫が起きるという「まるでモグラたたき」のような状態だ。(2017/7/20)

ドローン:
GPSマーカーとドローンを統合した測量システムを開発
NEDOは、エアロセンスがGPS測位機能付き対空標識「AEROBO(エアロボ)マーカー」を開発したと発表した。同マーカーにドローンによる測量やデータ処理を統合した測量システムの提供も開始される。(2017/7/20)

横浜港でヒアリ繁殖の可能性? 幼虫やサナギなど含め700個体以上を発見
女王アリは発見されていない。(2017/7/15)

情報化施工:
GPSマーカーとドローンが連携、建設測量とデータ処理を効率化
エアロセンスが、GPS測位機能付きの対空座標を利用したドローン測量と、データ処理を統合したパッケージシステムを開発した。そのマーカー位置情報と3Dモデルとの対応処理を自動化することで、測量やデータ処理の工数を削減できるという。(2017/7/5)

新燃費方式、「市街地」「郊外」「高速道路」も表示義務付け
乗用車の燃費計測方式「WLTCモード」の表示義務付けに伴い、「市街地」「郊外」「高速道路」という走行環境ごとの燃費表示も義務化される。(2017/7/4)

「しぬこともあります」 猛毒「殺人アリ」……はだし厳禁の“神戸パニック”
神戸港に招かざる客がやってきた。強い毒を持ち、「殺人アリ」との異名を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」だ。発見現場近くの幼稚園では砂場の使用を禁じるなど、市民生活に影響も出始めた。(2017/7/4)

他にもこんな外来有毒生物:
猛毒「ヒアリ」日本侵入 強い攻撃性、国内定着の恐れも
極めて強い毒を持ち、殺人アリとも呼ばれる南米原産の「ヒアリ」が日本で初めて発見された。(2017/7/3)

「火のような痛み」 猛毒「ヒアリ」日本定着の恐れも 他にもこんな外来有毒生物が……
殺人アリとも呼ばれる「ヒアリ」が日本で初めて発見され、侵入拡大が懸念される。国内に定着した有毒な外来生物は多い。(2017/7/3)

名古屋港でも「ヒアリ」確認 定着を未然に防ぐために注意喚起
国内でヒアリが確認された港は、神戸港に続いて2カ所目。(2017/7/1)

自然エネルギー:
地中熱利用を低コストに、騒音も少ない新型ボーリングマシン
東亜利根ボーリングはNEDOプロジェクトで、地中熱利用システム導入時に必要となる掘削機(ボーリングマシン)の自動化・低騒音化技術を開発した。地中熱利用システムの施工コストを削減できるという。2017年7月に商品化する計画だ。(2017/6/29)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。