ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「国土交通省」最新記事一覧

新人記者が行く(特別篇):
今年の漢字はどうなる? 新人記者が大予想
不倫問題や薬物問題から「PPAP」の大流行まで、さまざまな事が起きた2016年。ITmedia ビジネスオンライン編集部の新人記者が、1年を振り返りながら、「今年の漢字」を予想する。(2016/12/9)

幅最大8.5メートルまで対応:
昇降式ホーム柵は転落防止の救世主となるか
JR東海道線の高槻駅と六甲道駅に設置されている「昇降式ホーム柵」の動画がインターネットで話題になっている。ドアの位置や数が異なるさまざまなタイプの列車に対応できるのが特徴。駅ホームでの転落事故が問題になるなか、“救世主”となれるのか。(2016/12/8)

ホーム転落防止の“救世主”となるか ネットで話題の「昇降式ホーム柵」
関西の駅に設置された「ホーム柵」がネットで話題だ。列車が到着するとロープが上昇し、乗り降りができる仕組みだ。(2016/12/8)

乗務中に「ポケモンGO」して京阪バス運転手解雇 ドライブレコーダーで確認
6日間で15回のスマホ操作。メールやLINEもしていた。(2016/12/6)

京阪バス、また運転中に「Pokemon GO」 「予定時刻より早く出発」指摘受け
京阪バス子会社の運転手が、運転中に「Pokemon GO」を遊んでいたことが発覚。京阪バスでは11月、別の運転手のスマホ操作が分かり、謝罪したばかりだった。(2016/12/5)

ビジネスパーソンのための建設と建築:
耐震偽装や手抜き工事の原因は? 理解しておきたい「建設の問題」
建設・建築の問題は造り手が担う責任も住人に与える影響も大きく、結果として社会に与える影響も大きくなる。なぜ問題は起きるのか?(2016/12/5)

東京都が普及促進:
日産「セレナ」のユニバーサルデザインタクシー運行開始
ユニバーサルデザインタクシー仕様の日産「セレナ」が東京都内で運行を始めた。(2016/12/2)

歩行者事故防止へ初導入:
対歩行者自動ブレーキ、マツダ「アクセラ」が最高点
市販車の予防安全性能などの評価結果が公表された。対歩行者の自動ブレーキの評価を初めて実施。マツダ「アクセラ」が最高点だった。(2016/12/2)

国交省、ASKA容疑者のタクシー車内映像放送に「誠に遺憾」 プライバシーを侵害した映像提供を問題視
ドライブレコーダーの映像は安全対策のために使われるべきだとしています。(2016/12/2)

ASKA容疑者乗せたタクシー映像、テレビ放送は「誠に遺憾」 国交省、業界団体に管理徹底を通知
ASKA容疑者が逮捕直前に乗ったタクシー車内の映像がマスコミに提供されたことについて、国土交通省は「誠に遺憾」とし、映像の適切な管理を徹底するよう業界団体に通知した。(2016/12/2)

安全システム:
対歩行者自動ブレーキの評価試験結果、最高得点はマツダの「アクセラ」
国土交通省は、対歩行者の自動ブレーキを対象とした評価試験の結果を発表した。これまで、対車両の自動ブレーキ評価は行われてきたが、対歩行者は国内で初めて実施した。評価対象は自動車メーカー5社の11モデルで、対歩行者自動ブレーキ評価の最高得点はマツダの「アクセラ」だった。(2016/12/2)

ASKA容疑者タクシー映像、国交省が「誠に遺憾」
ASKA容疑者のタクシー内の映像がテレビで放映された問題で、国交省は「誠に遺憾」として映像の適切な管理を業界団体に求めた。(2016/12/1)

“グループ力”で「人」と「仕事」の課題を解決:
PR:なぜ、多くの企業は失敗するのか?――「人と仕事のプロ」が成功に導くワークスタイル変革のポイントとは
企業のクラウド/デバイスの活用が活発化したことで、ワークスタイルや仕事環境も大きく変化してきている。同時にサイバー攻撃や情報漏えいなどに対するセキュリティ対策も必要なってきている。インテリジェンス ビジネスソリューションズでは、クラウド/デバイスの時代に即した環境のセキュリティ対策を「Enterprise Mobility+Security(EMS)」で実現し、企業の“ワークスタイル変革”を強力に支援する。(2016/11/29)

「佐川男子」が恐れる「ゲシャキン」とは “駐車違反身代わり出頭”のウラにある業界事情
「“下車勤”(ゲシャキン)はまずい……」。佐川の運転手が勤務中の駐車違反を隠すため、知人の男性を出頭させた事件。背景には、いったい何があったのだろうか。(2016/11/29)

省エネビル:
京都・伏見に“京町屋のような”オフィスビル、耐火木造で実現
日本三大銘醸地の1つである京都・伏見に、耐火木造を活用したオフィスビルの建設が進行中だ。太陽光発電システム関連のソフトウエア開発を手掛けるラプラス・システムの自社オフィスビルで、国土交通省による1時間の耐火認定を取得。自家消費用の太陽光発電システムなども導入し、消費電力の削減も図る。(2016/11/29)

省エネビル:
エネルギーを実質108%削減した木造建築、国内初のZEB評価
清水建設が設計施工を手掛けた「生長の家 茨城県教化部新会館」(茨城県笠間市)が、国土交通省の建築物省エネルギー性能表示制度「BELS」で一次エネルギー消費用が実質ゼロになるZEBとして国内で初めて第三者評価を取得した。既に確立した技術を活用し、コストを抑えながら実質的なエネルギー削減率を108%まで高めた。(2016/11/28)

情報化施工:
練り混ぜから打設までデジタル化、現場打ちコンクリート用CIMを開発
大成建設は現場打ちコンクリート工事向けのCIMシステムを構築し、施工現場への導入を開始した。生コン工場での練り混ぜから打設までの一連の情報をデジタル化し、サーバー上で共有できる。打設管理帳票や品質試験管理図などを自動で出力することも可能で、業務の効率化に活用する狙いだ。(2016/11/28)

エンジン部に不具合のおそれ:
スバル「インプレッサ」など11万8000台リコール
スバル「インプレッサ」などのエンジン部で不具合が起こる可能性があるとして、4車種計11万8389台がリコール。(2016/11/25)

実際に乗車:
同窓会電車が出発 西武鉄道の小技がスゴい
走行する電車内で同窓会を――。そんな斬新なアイデアを実現すべく、西武鉄道が11月中旬、同窓会幹事代行会社の笑屋とタッグを組んで「西武鉄道 同窓会電車」を運行した。(2016/11/25)

Pokemon GOしながらバス運転で事故 仙台市営バス
バス運転中にPokemon GOで物損事故。仙台市営バスの運転手が、回送中に「Pokemon GO」をしながら運転し、バスを街路樹に衝突させる事故を起こしていた。(2016/11/25)

スマートシティ:
2人乗り電気自動車とローカル鉄道の観光実証、産学官の連携で始まる
超小型の電気自動車を活用してCO2排出量の削減に取り組む動きが全国に広がってきた。岐阜県では長良川に沿って走るローカル線と組み合わせた観光実証事業が11月20日に始まった。鉄道の駅を起点に周辺地域を電気自動車でめぐることができる。1時間1000円の利用料金で12月下旬まで実施する。(2016/11/25)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR北海道は縮小よし、ただし線路をはがすな
JR北海道が自社で単独維持が困難な路線を発表した。総距離で1237キロメートル。単独維持可能な線区は1151キロメートル。それも沿線自治体の協力が前提だ。しかし本来、幹線鉄道の維持は国策でなされるべきだ。自治体に押し付けるべきではない。(2016/11/25)

2日に1回発生する逆走事故に歯止めを――NEXCO、高速道路の逆走対策技術を公募
後を絶たない高速道路の逆走事故を防止するアイデアを公募する。(2016/11/24)

10年7月以降の製造分が対象:
トヨタ「ハイエース」など24万台リコール
トヨタ「ハイエース」など4車種24万台リコール。(2016/11/24)

世界を「数字」で回してみよう(36) 人身事故:
飛び込みにまつわる「6つのなぜ」に新たな仮説が続々?
今回は、「なぜ7月に飛び込みが多いのか」「なぜ火曜日に飛び込みが減るのか」など、私が仮説立案できなかった6つの疑問に対して、読者の皆さまが寄せてくださった仮説の中から、私のハートにヒットしたものを紹介したいと思います。後半では、小田急線の人身事故に巻き込まれた人々の実際のTwitterを分析してみました。(2016/11/24)

ET2016会場レポート:
「Society5.0」時代に求められるサイバーセキュリティ9つのポイント
「Embedded Technology 2016」「IoT Technology 2016」(2016年11月16〜18日/パシフィコ横浜)の特別講演として東京大学大学院 情報理工学系研究科 教授の江崎浩氏が登壇。「IoT・ビッグデータ時代に向けたSociety5.0インフラストラクチャの設計」をテーマに、「Society5.0」時代に組み込みシステムに求められることを提言した。(2016/11/21)

1日の利用者数は約4万人:
バスタ新宿に待望のコンビニがオープン 業者決定迷走の理由は「トイレ掃除」?
国内最大級のバスターミナル「バスタ新宿」に待望のコンビニ、ファミリーマートが18日、ようやくオープンにこぎ着けた。(2016/11/21)

ビジネスパーソンのための建設と建築:
ゼネコン、サブコン、CM 東京五輪前に押さえておきたい「建設の常識」
建設と建築の違いは? 知っているようで知らない基礎知識を解説。(2016/11/21)

電気自動車:
トヨタの電気自動車の命運を決めるのは、たった4人の社内ベンチャー
トヨタ自動車は、電気自動車を開発する社内ベンチャーを新設する。メンバーは4人で、2016年12月に発足する。小さな組織で仕事を進めることでプロジェクトのスピードアップを図り、商品の早期投入を目指す。(2016/11/18)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
なぜ滋賀県は北陸新幹線「米原ルート」に固執するのか?
北陸新幹線延伸区間は「小浜京都ルート」にまとまるだろう。しかし、滋賀県は費用対効果に優れた「米原ルート」を譲らない。北陸地域も近畿地域も望まない「米原駅乗り換え案」は、実は滋賀県にもメリットがない。それでも滋賀県は主張しなくてはいけない。これは「我田引鉄」という単純な話ではない。(2016/11/18)

情報化施工:
今の業務を大きく変えず効率化、橋梁点検向けクラウド
老朽化が進む橋梁などのインフラ維持管理・点検作業の効率化に向けたサービスが続々と登場している。沖電気工業はクラウドサービス「インフラ点検レポートサービス」の新メニューに、橋梁点検向けの機能を加えた。点検業者の協力を得て開発したもので、今までの業務を大きく変えることなく、点検データの収集を効率化できるとしている。(2016/11/17)

省エネビル:
都市部で「ZEB Ready」達成のオフィスビル、鹿島が業務を開始
鹿島は都市型省エネオフィスというコンセプトで建設した東京都港区の「KTビル」で、2016年11月から業務を開始した。都市部の限られた敷地制約の中でオフィス空間のスペース効率を最大化しつつ、さまざまな省エネルギー技術を導入。CASBEEの新築部門でSランク、BELSにおいて国内オフィスビルで初めて「ZEB Ready」を取得している。(2016/11/16)

エネルギー列島2016年版(30)和歌山:
町営の小水力発電所が動き出す、大都市には最先端の下水バイオマス
和歌山県を通って太平洋へ流れる川の上流で小水力発電所が運転を開始した。流域にある町がダムの放流を利用して発電事業に取り組む。県内最大の和歌山市では下水の汚泥を燃焼させた廃熱で2段階に発電するバイオマスプラントが稼働した。風力と太陽光でも大規模な発電所の建設が続々と始まる。(2016/11/15)

バスタ新宿の初コンビニ、ファミリーマートが11月18日オープン
バスタ新宿のファミリーマートが11月18日午前7時にオープン。(2016/11/14)

車載情報機器:
マグナが開発中の「サイドミラー併用の電子ミラー」、サイドミラーはあえて残す
マグナが、従来の鏡を使うサイドミラーと、カメラとディスプレイを使う電子ミラーを併用したシステムを開発中だ。サイドミラーをカメラとディスプレイで置き換えるミラーレス車が注目を集めるが、従来のサイドミラーをあえて残す。(2016/11/14)

安全システム:
スバル「アイサイト」は中国にも展開、「レガシィ」「アウトバック」に搭載
富士重工業は、中国市場向けに運転支援システム「EyeSight(アイサイト)」の展開を始める。アイサイトは2008年4月に日本で発売以降、豪州、北米、欧州で導入されており、搭載車両は世界累計で90万台を超えている。中国でも導入することにより、同社が海外販売するほぼ全ての地域で展開することになる。(2016/11/11)

エコカー技術:
JC08モードは2018年10月で廃止、国際基準「WLTP」に順次移行
2012年に導入されたJC08モードが2018年10月で廃止になる。国連欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラム(WP29)で定めた国際基準に基づく排出ガス/燃費試験に順次移行しなければならない。(2016/11/11)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「なにわ筋線」の開通で特急「ラピート」と「はるか」が統合される?
JR大阪駅周辺の新線計画が進ちょくしている。大阪駅の北側に北梅田駅(仮称)を作り、新大阪駅発着の特急を停車させる。さらにJR難波と南海難波新駅を結ぶ「なにわ筋線」構想が絡む。おおさか東線の新大阪駅延伸も組み合わせると、新たな環状ルートができる。(2016/11/11)

車両デザイン:
「ソリオ」の独壇場を打ち破れ、トヨタとダイハツが小型ハイトワゴンを新開発
トヨタ自動車とダイハツ工業は、スズキのAセグメントサイズのハイトワゴン「ソリオ」に対抗するモデルを発売した。両側スライドドアの採用や、室内空間を広く確保したデザインはソリオと共通している。燃費はソリオに軍配が上がるが、トヨタ勢は走りの良さを強みとする。(2016/11/9)

運転中のスマホ使用禁止の徹底を国交省が事業者団体に通知
大阪で発生した、貸切バスの運転者が「ながら運転」をしていた事案を受けて。愛知県一宮市で起きた死亡事故にも言及している。(2016/11/8)

「運転中のスマホ禁止徹底を」 国交省、バス業界団体などに通知 「運転中にPokemon GO」問題受け
バス運転手が運転中に「Pokemon GO」で遊んでいた問題を受け、国交省は、バスやタクシーなどの業界団体に対して、業務中のスマホ操作の禁止を徹底するよう通知した。(2016/11/7)

情報化施工:
供用中の橋梁を遠隔監視、カメラとセンサーで維持管理を効率化
西松建設と大日本コンサルタントなどで構成するコンソーシアムは、センサーやカメラで供用中橋梁を遠隔監視できるモニタリングシステムのプロトタイプを開発。福岡県久留米市にある築42年の道路橋で実証実験を開始した。道路橋梁の点検後に任意のポイントを継続的にモニタリングできるようにするなど、維持管理コストの効率化や負荷軽減に貢献するシステムだという。(2016/11/7)

「○○県」→「○○県南部」などに 竜巻注意情報がより細かい区域での発表へ改善 予測精度も向上
これまで注意情報が発表されずに竜巻が発生する事例も(2016/11/6)

「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
アルファベットの「T字路」の間違いじゃなく、丁字路も正しい日本語。(2016/11/4)

○○駅の拠点力(蒲田編):
2つの駅がある蒲田は、どんな街なのか?
映画『シン・ゴジラ』でゴジラが最初に上陸したのは蒲田だった――。地名を聞いたことがある人は多いと思うが、どんなところなのか。商業施設が充実していて……。(2016/11/4)

自動運転、法改正も検討 事故の賠償責任を整理 国交省有識者研究会
自動運転車が事故を起こした場合、損害賠償責任の所在がどうなるのかについて議論する有識者研究会の初会合が2日、国土交通省で開かれた。(2016/11/4)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
山手線・品川新駅の魅力を高める「田町始発」電車
JR東日本が建設している「品川新駅」について、広大な開発用地の使い道や駅舎のデザインなどが話題になった。ここで、もう1つ重要な話をしよう。駅にとって大切な列車の運行計画だ。(2016/11/4)

後絶たぬ視覚障害者ホーム転落、ホームドアは高コスト……“妙案”は意外にもアナログ
ホームから転落した視覚障害者が死亡する事故が相次いでいる。ホームドアの設置は全国で1割に満たない。救える命を救うには、どんな対応が求められるのか。(2016/11/1)

情報化施工:
光ファイバーとケーブルを一体化、PC張力を任意地点で計測可能に
鹿島建設は住友電工スチールワイヤー、ヒエン電工と共同で、プレストレストコンクリート(PC)に使用するPCケーブルの張力を高精度に計測できる技術を開発した。光ファイバーを用いたひずみ計測技術を応用したもので、PCケーブルの張力を任意の位地で直接計測できるようにした。(2016/10/31)

自動運転、日米欧で主導権争い火花 結束か競争か……国際ルールの整備難航
世界の自動車メーカーなどが開発にしのぎを削る車の自動運転技術をめぐり、各国の主導権争いが水面下で火花を散らしている。(2016/10/28)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。