ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「多変量解析」最新記事一覧

Amazon EMRで構築するApache Spark超入門(2):
Spark 2.0の回帰分析アプリをScalaのSBTで実装し、EMRで実行
本連載では、Sparkの概要や、ローカル環境でのSparkのクラスタの構築、Sparkの基本的な概念やプログラミングの方法を説明していきます。今回は、簡単な機械学習のSparkアプリケーションを作成し、Amazon EMRで実行するまでを説明します。(2016/9/27)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
AIに不可欠な機械学習の仕組みとFinTech活用での注意点
AIや機械学習によるビッグデータ活用はFinTechのさまざまな領域に適用されているが、そこではセキュリティやプライバシーも考慮する必要がある。今回は各種技術をひも解きながらFinTech活用における注意点を示してみたい。(2016/7/5)

水曜インタビュー劇場(DM公演):
驚異の67.5%! オートバックスセブンのDMヒット率が、ものすごい理由
カー用品店を展開するオートバックスセブンが、約2800万人の顧客データを分析している。なぜ、そんなことをしているのか。顧客データを分析することで、お客さんと“つながろう、つながろう”としているのだ。詳しい話を同社の担当者に聞いた。(2016/5/18)

インメモリの高速DBで分析性能を強化:
Tableauがデータベースベンダー「HyPer」を買収
TableauがインメモリDBベンダー「HyPer」を買収した。分析製品の強化につなげる。(2016/3/16)

浦島太郎にならないために:
PR:10年超のブランクを克服して現場復帰したエンジニアは、空白期間に何をしていたのか?
「ドッグイヤー」と言われるほど変化の早いIT業界では、たった数年IT業界から離れていただけで取り返しがつかないことになる場合がある。一方、10年以上現場を離れていても、ITの仕事に復帰するエンジニアもいる。その差はどこにあるのだろうか。(2016/1/29)

MATLAB/Simulink:
iPhoneやWebブラウザからも使用可能 最新MATLABの進化
MathWorks Japanは記者説明会で、使用ハードルの高い「MATLAB」をさまざまな現場で使えるよう、改良を進めていると発表した。解析ツールとして高く評価されているMATLABだが、同社ではさらなる普及を目指し「どこでもMATLAB」などの新機軸を推進していく。(2015/10/20)

世界を「数字」で回してみよう(19) ダイエット:
部分痩せは可能なのか? (前編)
今回は、いわゆる「部分痩せ」について徹底的に検証したいと思います。私にとって、ダイエットとは、体重が「重い」か「軽い」かだけの、単なる“スカラー”問題ですが、一部の人(特に女性)にとっては、そうではないようです。特定の部位の増減が気になるという“ベクトル”問題でもあるようなのです。(2015/9/28)

制作リソースの迅速な調達を実現:
フロムスクラッチがクラウドワークスと事業提携、B→Dashから70万人の会員にクリエイティブ発注が可能に
フロムスクラッチは2015年8月4日、日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」を運営するクラウドワークスと事業提携することで合意したと発表した。(2015/8/5)

5分でわかる最新キーワード解説:
無意識の動作で未来を予測「ドライバー挙動解析渋滞予測」
クルマの混雑状況を観測するのではなく、ドライバーの無意識下の動作を解析することで渋滞を予測をするのが「ドライバー挙動解析渋滞予測」です。実用化は先ですが、カーナビに搭載して渋滞予測を表示するような実装が考えられます。(2015/8/4)

電力供給サービス:
原子力がゼロになれば、電気料金は年間2万7000円まで増えてもよい
政府が2030年のエネルギーミックス(電源構成)の案を決定したものの、原子力に対する消費者の嫌悪感は根強い。CO2排出量を削減するために、原子力と再生可能エネルギーのどちらを選択するのか。京都大学が4000人の消費者を対象に、電気料金と原子力・再エネの受容度を分析した。(2015/6/4)

経営を左右するデータ分析入門(1):
4W1Hで分かる、ビジネスに本当に役立つデータ分析とは、どんなものか
データ分析とは何であり、具体的に何をすることか? なぜ行うのか? どんな人が行っているのか? どこで行われているか? に加えて4つのポイントを紹介する。(2014/12/24)

IBM、「Watson Analytics」のβ版を一般公開
IBMのクラウドベースの解析サービス「Watson Analytics」のβ版が無料で公開された。スプレッドシートやデータベースなど、対応するファイルをアップロードして解析できる。(2014/12/8)

【連載】初めてのデータドリブンマーケティング:
第5回 マーケティングでデータを活用するための最重要ポイント
第4回では具体的にデータを活用するプロセスについて解説しました。今回はデータ活用を成功させるための「ビッグデータへの対応」「ITを活用してスピードアップ」「オートメーション」という3つのポイントについて解説します。(2014/11/4)

ワトソンでツイート解析:
TwitterとIBM、ビジネス分析で提携
IBMの顧客はTwitterのfirehose(公開ツイートデータ)をIBMのWatson Analyticsなどのクラウドベースの解析サービスで分析し、意思決定の参考にできる。(2014/10/30)

単価が高まる”ルール”を発見:
JALの「ターゲティング広告」を成功に導いたビッグデータ分析とは?
Web上で航空券の購入を検討しているユーザーのアクセスログを分析し、サービスの質と利益の向上に成功したJAL。IBMの年次カンファレンス「IBM Insight 2014」でその事例とデータ分析への思いを来場者に伝えていた。(2014/10/28)

【連載】初めてのデータドリブンマーケティング:
第4回 データ活用は「バック・トゥ・ザ・フューチャー方式」で
データを活用するまでには「データの収集」「データの処理」「データの活用」という3つのプロセスを踏むのが普通ですが、思考のプロセスとしては時間を遡って逆に「データの活用」「データ処理」「データの収集」という風に考えるべきです。(2014/10/3)

Computer Weekly製品導入ガイド
従来型テストではアジャイル開発に勝てない理由
従来のような方式のテストでは、大規模なテストを集中化して最適化することが可能だ。だがアジャイル開発のような速いペースの配信に対応するのは難しい。(2014/9/16)

【連載】初めてのデータドリブンマーケティング:
第3回 データドリブンマーケティングの実践
「第2回 技術の進化がマーケティングに与えたインパクト」では、技術の進化がマーケティングに与えたインパクトについて解説しました。第3回ではデータを起点にしたマーケティングをどのように行なうかについて解説します。具体的には第1回で解説した新しいK(仮説)/K(検証)/D(データ分析)をどのように実施するかです。(2014/9/3)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
ITリーダーは「なさざる罪を恥じよ」を肝に銘じる
印刷インキの製造と販売で1908年に創業したDIC。印刷インキの基礎素材である有機顔料、合成樹脂に事業を拡大し、世界60カ国以上で事業を展開するDICの情報システムを支えるITリーダーの心得について聞いた。(2014/8/19)

【連載】今こそ! ヒートマップ:
第1回 ヒートマップ入門――データ・ビジュアライゼーション時代に対応したWebアクセス解析で意思決定とアクションを高速化
企業が日々蓄積する情報の量が爆発的に増えてきている中で、データの「見える化」、すなわち、データ・ビジュアライゼーションが注目を集めるようになってきています。その流れの中で注目されているテクノロジーの1つ「ヒートマップ」が、Webアクセス解析の現場でどのように活用されているのかを解説します。(2014/7/2)

統計学は最強の学問か:
仮説ではなくオープンなクエスチョンでアプローチ――ビジネスパーソンが身につけたい「デザインリサーチ」手法
日本マイクロソフトが主催する「SQL Server 2014 発売記念フォーラム ビジネス成長を支えるデータ基盤とビッグデータ活用」が4月18日、東京・品川区で開催された。『統計学が最強の学問である』『1億人のための統計解析』などの著書がある統計家の西内啓氏によるセッション「1億総データサイエンティスト時代に向けて」の模様をお届けする。(2014/4/24)

IT部門も顧客サービス精神を
業務の効率性や正確性を追求するあまり、肝心な「顧客視点」が抜け落ちてしまっている企業は少なくありません。IT部門をはじめ全社で顧客サービスの重要性を今一度、見直す必要がありそうです。(2014/4/3)

PR:アナリティクスと戦略の専門家が集う新組織、IBMが目指す“真”の顧客価値創造とは?
技術革新によるデジタル化がここまで進んだことで、新技術への対応度が企業の明暗を分けるまでになった。また、さらなる競争力強化に向け、ビッグデータの活用も進みつつある。こうした中、IBMは新技術による多様なデータ分析を支援すべく、アナリティクスと戦略コンサルタントの専門家を集めた新組織「Strategy & Analytics(S&A)」を立ち上げた。その狙いや具体的に提供するソリューションとは一体何か。米IBMの同部門統括責任者が語った。(2014/3/31)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ビッグデータ分析がビジネスの勝敗を分ける──カギはデータサイエンティストの育成
アナリティクスとは多様化するデータをいかに取り扱うか。従来型の構造化された企業データはもちろん、ソーシャルメディアの情報や各種センサー情報、位置や地図の情報、画像、動画など急増する非構造化データを、いかに有効活用するかが重要だ。(2013/12/18)

世界6000社が利用:
スプリットエンジン、A/Bテストツール「Optimizely」のキャンペーンを開始
Optimizelyは世界6000社で利用されているA/Bテストツールで、特別な技術やスキルがなくても容易にA/Bテストと多変量解析テストを実施できるプラットフォーム。(2013/12/5)

驚異の4000%成長! タワーレコードのオンライン事業に何が起きたのか
音楽CDなどを販売するタワーレコードが新たな顧客管理システムを構築。キャンペーンマネジメントを強化するなどして、売り上げの急増に結び付けている。(2013/9/13)

文字列解析などマーケティング機能を強化した「SPSS Statistics 22」
SPSS製品群の中でも統計解析メニューに特化したStatisticsの新版が登場。医療・マーケティング領域での分析処理を効率化する。(2013/8/14)

「What」に焦点を:
電通グループ、ソーシャルメディアのクチコミを企業戦略に活用する「トピックアソート分析」を開発
ソーシャルメディアの中で「どんなトピックが語られているか」を統計学手法を用いて解析/分類し、重要度の高い論点を抽出する。(2013/7/29)

【連載】マーケティングプランナーのためのソーシャルリスニング:
第1回 ソーシャルリスニングで「潜在ニーズ」の創造は可能か?
今までのデジタルマーケティングに欠けていたのは、「需要創造型マーケティング」だ。「ソーシャルリスニング」をマーケティングのプランニングに活用し、イノベーションを生み出す可能性を模索する。(2013/7/25)

顧客満足度を活性化:
カスタマーロイヤリティを確立する6つの手段
数値効果が見えにくい「顧客満足度」「カスタマーロイヤリティの向上」。マーケティングの重要な目的の1つだが、具体的にどのような施策が有効なのか分からない。MIT SloanのWebサイトに掲載された論文から効果的な6つのポイントについて紹介していこう。(2013/6/24)

アクセンチュアは「データサイエンスチーム」アプローチを採用:
アクセンチュアが本格的に全世界規模のデータ分析専門組織を編成
IT戦略・経営戦略支援のノウハウを多く持つアクセンチュアが、データ分析の専門家集団をグローバル直轄で組織。意思決定に結び付くデータ分析環境と各種コンサルティングを含む「データサイエンスチーム」による包括的な支援体制を整備した。(2013/6/19)

ITエンジニアのためのデータサイエンティスト養成講座(2):
データ分析がデキるITエンジニアになるために必要な「道具」を揃える
データ分析の準備・加工に優れた道具とは? 今回はITエンジニアがデータ分析する際のデファクトスタンダードになっている環境をセットアップしていきます。(2013/5/23)

ヒット商品を生むコンセプトマイニング&QFD(3):
魅力ある芝刈り機を開発するには?
今回はゴルフ場で使用する芝刈り機を例に、コンセプトマイニングとQFDを使った新製品開発について解説する。(2013/3/15)

仕事をしたら“就活生の動き”が見えてきた(前編):
なぜ内定をもらえない学生が出てくるのか――彼らの行動を分析した
学生の就活が本格化しているが、内定をもらえる人ともらえない人でどのような違いがあるのか。これまでよく分からなかったことが、ビッグデータで明らかになってきたという。就活生の行動を分析している、リクルートキャリアの担当者に話を聞いた。(2013/2/20)

メディアの接触パターンは5通り?:
ネット利用が多い東京 ラジオ利用が多い沖縄、博報堂調査
博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所の調査によると、東京はテレビを見ずにネットを利用する傾向が強く、沖縄はラジオの重要性が高いという傾向がうかがえる。(2012/11/28)

Teradata PARTNERS 2012 Report:
並列処理の3兄弟がそろい踏み? Teradataから「ビッグデータトライアングル」
大統領選挙を来月初めに控えたワシントンD.C.で「Teradata PARTNERS 2012」が開幕した。「Teradata」と「Aster」に「Hadoop」が加わり、並列処理DBの3兄弟がそろい、さまざまな種類のデータを駆使できる「Unified Data Architecture」が発表された。(2012/10/23)

【連載】ビッグデータアナリティクス時代のデジタルマーケティング:
第3回 マーケターのためのBI入門――その背景から活用分野まで
前回(「第2回 世の中のあらゆる事象を数値化し、ビジネスに反映させる」)は、ビッグデータ関連ビジネスの中でも、すでに市場が形成されているインフラ部分について解説した。今回はビッグデータの中で語られている「BI」(ビジネスインテリジェンス)ついて、その背景から活用分野までを解説する。(2012/10/12)

これからのことがよく分かるコラム:
「休みやすい会社」と「休みにくい会社」――どんな特徴があるの?
「仕事を休みたいけど、ウチの会社はそんな雰囲気じゃないんだよねえ」といったビジネスパーソンも多いのでは。気軽に休める会社とそうでない会社には、どのような違いがあるのだろうか。(2012/9/19)

アクセス解析ツール「Adobe SiteCatalyst」導入事例
【事例】住宅情報サイト「SUUMO」が教えるWebサイトKPI達成施策の選び方
企業はWebサイトの効果をどのような数値を用いて分析すべきか。また、WebサイトのKPIを達成するための施策は何を基準に決めるべきか。住宅情報サイト「SUUMO」には、施策決定の指標にしている4つのポイントがある。(2012/7/19)

ニューヨーク市に学ぶ大規模データ活用の真髄
ブルームバーグ市長が推進するニューヨーク市政府の大規模データ活用に携わっていた筆者が、さまざまな実例を基に、企業が今後いっそう注力すべきデータ解析のキーポイントをお伝えする。(2012/6/6)

日立、医薬基盤研究所らによる10年間の創薬研究プロジェクトを支援
2002年度からのプロジェクトで実現した「トキシコゲノミクスデータベース」に関わる研究をシステム面から支援した。(2012/3/29)

DMM.com、会員獲得強化のためにアドビのアクセス解析ツールを導入
有料動画配信サービスを手掛けるDMM.comは、ユーザーのサイト利用状況を分析してサイト改修に生かすために「Adobe SiteCatalyst」と「Adobe Test&Target」を導入した。(2012/3/1)

モノづくり最前線レポート(32):
“想定外”事象発生直後に将来を想定するために――日立の生産管理技術
日立製作所では、バラツキそのものに着目した生産管理手法を全社的に展開しようとしている。想定外の事態に際しても迅速な納期回答ができる仕組みを確立しつつあるようだ。(2011/11/30)

IBM Pulse Japan 2011 Preview:
PR:ポスト3.11を見据えた本当の事業継続――「実行力」の鍵はサービスマネジメントにあり
東日本大震災以降、企業の事業継続性をITで確立する動きが高まっている。だがIBMは、この流れを一過性のものとしては捉えず、企業のレジリエンシー(再生力)を向上させるという観点から、継続して取り組む構えのようだ。ここで重要になるのが「実行力」。今年のPulse Japanでは、成長につながる本当の事業継続ソリューションが一堂に会す。(2011/8/24)

情マネ流マーフィーの法則(36):
コンピュータが発展すると人間はバカになる
コンピュータが業務で利用されるようになって50年近くがたつ。その過程において、ハードウェアやソフトウェアは驚異的に進歩したが、それに反比例するかのように、利用する人間側が“考えること”を止めてしまっているようだ。今回は、省脳力化に関する法則を紹介する。(2011/5/31)

まとめ読み!誠 PDF:
社会人は時間が大切
読者から注目を集めた記事を、まとめて読むことができる「まとめ読み!誠 PDF」。今回はWebビジネス小説・中村誠の第7話〜第10話をまとめて読むことができます。(2011/2/21)

30代男性は「自分の世界を満たす派」が最多 電通、消費者を6分類する「欲求クラスター」
人間の心理欲求に着目し、消費者を6分類するマーケティング調査手法「欲求クラスター」を電通が開発。性別や年齢で把握しきれない「消費者の心のボタンを探し当てることが可能になる」という。(2010/9/28)

中小小売業のためのPOSデータ活用【第3回】
「商品分析」と「顧客分析」が店舗売り上げのキーファクター
POSデータ分析の基本となる「商品分析」と「顧客分析」を解説する。前回解説した店舗分析と併せて分析することで、より店舗の売り上げを向上する品ぞろえを実現できる。(2010/6/24)

楽天経済圏を支えるアクセス解析の全貌(前編)
企業において、経営視点を取り入れたデータ中心のWeb戦略が不可欠になりつつある。40ものオンライン事業を手掛ける楽天は、アクセス解析を浸透させる組織を作り、ビジネスの成功に結び付けている。楽天の取り組みの全貌を伝える。(2010/5/21)

Appleとの溝を深めるも将来に自信を見せるAdobe
Adobeの経営陣がそろって来日し、今後の経営戦略などを説明した。Appleとの関係について報道陣の興味は集中したが、Omnitureを買収したことで得たクリエイティブワークフローの完成が、今後同社のビジネスに大きな影響を与えることになるだろう。(2010/4/23)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。