ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ネットワーク仮想化」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
仮想化 − TechTargetジャパン

Azure ハイッ! ここ大事!:
第3回 仮想マシンとネットワークリソースの関係を知る
Azureではネットワークやストレージなどを「リソース」として管理しています。今回はAzure仮想マシンにおけるネットワークリソースの扱いについて見てみましょう。(2017/5/25)

仮想デスクトップの性能劣化要因を自動で特定する新技術、富士通研究所が開発
富士通研究所は、ストレージが原因となるボトルネックを分析し、仮想デスクトップシステムにおける性能劣化要因を自動的に特定する技術を開発した。(2017/5/24)

SD-WANとは何なのか:
PR:SD-WANユースケースからみる、「WANのクラウド化」の必要性
最近、「SD-WAN」という言葉をよく聞くようになってきた。これは企業ITのダイナミックな変化にWANが追従できるようにするため、「WANをクラウド化」することなのだという。(2017/5/22)

エッジデバイス、基幹システム、クラウドまで、IoT環境全体をカバー:
ヴイエムウェア、IoT環境一元管理ソリューション「VMware Pulse IoT Center」を発表
ヴイエムウェアがIoTシステム向けソリューション「VMware Pulse IoT Center」を発表した。IoTデバイス、基幹システム、クラウドまで、IoT環境全体を一元管理できるようにする。(2017/5/11)

5つの課題を解決する
「ドローンを使った荷物配送」で理解する“フォグコンピューティング”の技術的特徴
「フォグコンピューティング」はCisco Systemsが提唱した概念だ。いまひとつ理解が難しいこの新しい仕組みを、今注目のドローンビジネスから解説しよう。(2017/5/10)

Interop Tokyo 2017 特集:
総務省 情報通信国際戦略局に聞く、IoT時代のSDN/NFV、個人情報、デジタルビジネスの在り方
「日本再興戦略2016」には、日本主導による第4次産業革命の実現を目標に掲げ、IoT・ビッグデータ・AI・ロボットといった技術を軸にした具体的な施策が記載されている。この成長戦略を牽引する省庁の1つである総務省、情報通信国際戦略局で、第4次産業革命の最前線に身を置く谷脇康彦局長に話を聞いた。(2017/5/8)

苦闘続く:
NECが1月に新中計、苦戦続き実質仕切り直し
NECは、2020年度までの3年間を対象とする新たな中期経営計画を来年1月に公表する。(2017/4/28)

横河ソリューションサービス:
SDN技術を用いた工場ネットワーク更新プロジェクト
横河電機は子会社の横河ソリューションサービスが、王子ホールディングス配下の4工場向けにSDN技術を用いた工場ネットワーク更新プロジェクトを受注し、導入を終えたと発表した。(2017/4/26)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(30):
“Microsoft Loves Linux”はどうなっている?――Linux on Azureのいま(2017年4月版)
Microsoft Azureは、Windowsはもちろん、Linuxも広範囲にサポートしています。Azureが提供するIaaS/PaaS向けの機能の多くは、Windows/Linuxベースの仮想マシンやサービスの両方で利用可能です。2016年後半からこれまでに一般提供された機能と注目のプレビュー機能をまとめました。(2017/4/24)

決め手は「Office」?
Windows 10 vs. Andromeda、ユニバーサルOSの勝者はMSかGoogleか
開発者やIT管理者は、多種多様なOSやデバイスに対応したアプリを管理、構築しなければならない。だがWindows 10とGoogleがリリース予定のユニバーサルOSが、この状況を変えるかもしれない。(2017/4/21)

Dell EMCが本気で推進するHCI/CIの全貌:
PR:Dell EMCが、ラックスケールのHCIであるVxRackを提供する理由
HCIは、社内データセンターを積極的に変えていけるものでなければならない。これを考えると、HCIアプライアンスだけでは対応できない部分がある。Dell EMCがVxRailに加えてVxRackを提供しているのはこのためだ。(2017/4/21)

FAニュース:
SDN技術を用いた工場ネットワークを導入へ
横河電機は、子会社の横河ソリューションサービスが、王子ホールディングス配下の4工場向けにSDN技術を用いた工場ネットワーク更新プロジェクトを受注し、導入を終えたと発表した。(2017/4/17)

医療におけるIT活用の“一歩先”とは
医療IT事例2選――「多職種協働」を踏まえたクラウド利用、セキュリティ対策
医療機関におけるクラウドインフラや情報セキュリティ対策、そして医療の質向上に貢献する電子カルテ活用といった先進的な取り組みをしている医療機関の事例を紹介する。(2017/4/19)

Dell EMCが本気で推進するHCI/CIの全貌:
PR:Vblock/VxBlock、HCIが普及しても価値が色あせない理由
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)に注力しているDell EMCだが、それによって統合インフラシステム(CI)であるVblock/VxBlock推進の手を緩めているわけではない。理由は、HCIが宗教であってはならないからだ。(2017/4/17)

巨人を脅かすか
SnapRoute、NGINXなどの注目オープンソースネットワークソフトを紹介
ネットワーク分野におけるオープンソースの受け入れと展開の機は熟していると関係者は語る。SnapRoute、NGINXなど注目のオープンソースソフトウェアを紹介する。(2017/4/10)

「SD-HCI」という名称で提供:
ネットワンが新会社で目指す、企業ネットワーキングの包括的なソフトウェア化とは
ネットワンシステムズは2017年4月5日、アリスタネットワークス、ヴイエムウェアのそれぞれ本社と提携して設立した新会社を通じ、独自開発のハイブリッドクラウドネットワークソフトウェアパッケージ「SD-HCI」を7月に提供開始すると発表した。(2017/4/6)

2017年のデータセンターはどう変わる?
IoTにトライしていない企業はたった11%、IT投資動向調査で驚きの結果
TechTargetの調査「IT Priorities Survey」で、データセンターはアップグレードとインフラの改善に取り組み、新たに出現したテクノロジーを取り入れるようになることが明らかになった。(2017/4/3)

Computer Weekly製品ガイド
コンバージドインフラのメリットを引き出す
エンタープライズITの要素を組み合わせれば、運用上、コスト上のメリットを引き出せる。だが、リスクのバランス調整や導入には慎重さも必要だ。(2017/3/31)

IT投資動向調査で明らかに
「SD-WAN」だけではない、技術者が真っ先に取り組むべきネットワーク課題とは
TechTargetの調査「IT Priorities Survey」で、SD-WANや仮想化に重点を置くネットワークエンジニアが増えていることが分かった。だがレガシー技術に関する問題も解決すべき課題の上位を占めている。(2017/3/30)

企業動向を振り返る 2017年2月版:
成長に自信を見せるルネサス、前途多難な東芝
東芝が解体へのカウントダウンを刻む中、一時は経営が危ぶまれたルネサスが好調な業績見込みを発表しています。(2017/3/23)

スループット向上に役立つ:
光通信網伝送性能を高精度に推定する技術を開発
富士通研究所などは2017年3月21日、光ネットワークのスループット向上につながる新しい伝送性能推定技術を開発したと発表した。(2017/3/21)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第37回 Dockerでソフトウェア定義型ネットワーキングツール「pipework」を活用する
前回まで、3回に渡ってOpenStackでも利用されているソフトウェア定義型ネットワーキングを実現するOpen vSwitch(OVS)とovs-dockerを使ってホストOSとコンテナを同一LANセグメントに所属させ、マルチホストのコンテナ間通信を実現しました。今回は、Docker基盤で古くから利用されている「pipework」を使ったネットワーキングをご紹介します。(2017/3/17)

Google Cloud Next 17で知るグーグルのクラウド(1):
Spotifyが活用する、Google Cloud PlatformのVPC機能とは
Spotifyは、Google Cloud Platformへの移行作業を進めている。移行に当たっては、同サービスの仮想ネットワークセグメント運用機能を活用しているという。これについて、米グーグルとSpotifyの担当者が説明した。(2017/3/13)

AWSに続きAzureへの2クリック接続を実現:
リバーベッドがSD-WANを強化、WAN最適化製品との統合製品を国内販売開始
リバーベッドテクノロジーは2017年3月1日、SD-WAN製品「SteelConnect」について、新機能と新製品を国内発表した。同社は「SD-WANにWAN最適化との融合は不可欠」とし、既存のWAN最適化製品における実績をSD-WANに生かそうとしている。(2017/3/2)

Computer Weekly製品ガイド
NFVが通信事業者のWANインフラ経費削減を支援
通信事業者はネットワーク機能仮想化を通じてサービスの最適化を行っている。(2017/3/1)

RSA Conference 2017レポート:
鍵は「可視化」──RSAが推進する「ビジネスドリブンセキュリティ」の狙い
RSAが同社の年次イベント「RSA Conference 2017」で幾つかの製品の機能強化を発表。コンセプトとして示した「ビジネスドリブンセキュリティ」の意図を軸に、キーパーソンが企業の重要課題として今後推進すべきセキュリティ対策の方向性を提言した。(2017/2/28)

MWC 2017ではSDNやNFVに注目:
5Gでビジネスモデルの転換を図る通信事業者
スペイン・バルセロナで開催中の「MWC 2017」では、スマートフォンなどの端末から、SDN(ソフトウェア定義ネットワーク)やNFV(ネットワーク仮想化)に話題の中心が移りそうだ。背景には、通信事業者がビジネスモデルの見直しを進めているという現状がある。(2017/2/28)

統合/自動化されたソリューション、業界を越えた連携の取り組みを加速:
インテル セキュリティ、新世代サイバーセキュリティに向けた統合戦略を発表
インテル セキュリティは、米サンフランシスコで開催された「RSA Conference 2017」において、サイバーセキュリティに関する新たな戦略を発表した。(2017/2/23)

TechFactory通信 編集後記:
製造業でも無視できない「SDN」
ところで「SDN(Software Defined Networking)」に関心はありますか?情シスじゃないから関係ない、というワケにもいかないようです。(2017/2/18)

Computer Weekly製品ガイド
OpenStackネットワークで進化するNeutronの役割
OpenStackのクラウドネットワークモジュール「Neutron」の進展について解説する。(2017/2/16)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第36回 Open vSwitchで作るDockerのネットワーク(OVSを管理する編)
「Open vSwitch」(OVS)を利用したDockerネットワークの特徴や構築方法について解説してきました。今回は、構築したネットワークを管理するためのコマンドやツールをご紹介します。(2017/2/15)

平凡だが極めて重要な問題を解決
クラウド移行前に注目したい「SD-WAN」、飛躍的な技術強化の影響は
企業でデータセンターのクラウド移行に対する関心が高まっている。しかし、移行を急ぐ前に注目したい、より直接的な影響のある技術が登場した。注目の「SD-WAN」とは?(2017/2/14)

5GやIoT分野を強化:
キーサイト、イクシアを約16億米ドルで買収へ
Keysight Technologies(キーサイト)は、物理ネットワークおよび仮想ネットワーク向けテストソリューションを提供する米IXIA(イクシア)を約16億米ドルで買収すると発表した。(2017/2/7)

雪まつりと大阪の2会場を結ぶ:
8K映像を分割、複数回線で遠隔配信に成功
情報通信研究機構(NICT)は、109Gビット/秒の8K非圧縮映像と音響環境を分割し、複数回線を使って遠隔配信する実証実験に成功した。大容量の回線が整備されていない環境においても、8Kライブ映像配信が可能となる。(2017/2/7)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(28):
Azure ADドメインサービスの提供リージョンが拡大、東西日本も対応
「Azure ADドメインサービス」は、2016年10月から一般提供が始まったクラウドベースのID管理サービスです。これまで、このサービスを提供するリージョンはごく一部に限られていましたが、東西日本を含む10のリージョンからの一般提供が始まりました。(2017/2/7)

地域のより高度な医療の実現を目指す:
NECとSCSK、京都岡本記念病院の院内ネットワークをSDNで構築
京都岡本記念病院がSDNを活用した院内ネットワークを構築。ネットワークの経路追加や設定変更へ柔軟に対応でき、さらに信頼される地域医療の提供に向けた安定稼働やセキュリティ性を確保するのが目的。NECとSCSKが構築を担った。(2017/2/3)

SDNで医療機器の移動も自在に、京都岡本記念病院がネットワークを刷新
院内ネットワークにSDNを導入し、エコーなどの医療機器を含む電子カルテ系システムと、インターネット接続用PCなどの情報系システムを統合。院内のレイアウトや、医療機器を移動してのネットワーク接続・利用が容易な環境を構築した。(2017/2/3)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第34回 Open vSwitchで作るDockerのネットワーク(OVSを知る編)
Dockerのネットワークを構成するには、さまざまな方法があります。今回からは、OpenStackなどクラウド基盤ソフトウェアでも広く採用されている「Open vSwitch」(OVS)を利用した方法を取り上げます。OVSの紹介から始めましょう。(2017/2/1)

「反シスコではない」:
ネットワンがデータセンターソリューションでアリスタ、ヴイエムウェアと独自提携
ネットワンシステムズは2017年1月31日、米ヴイエムウェアおよび米アリスタネットワークスと提携し、データセンターおよびクラウドネットワーキングのソリューションパッケージを開発すると発表した。ネットワンの篠浦文彦氏によると、これはシスコシステムズの製品・ソリューションと対立するものではないという。(2017/1/31)

データセンター設計に欠かせないスキル
仕事で一皮むけたいなら知っておきたい、“5大”データセンター認定資格
データセンターに関する認定資格はVMwareやCisco Systemsなどから提供されており、管理者のキャリアアップに役立つ。本稿で紹介する5つの認定資格のどれかを受験して、知識を広げてみてはいかがだろうか。(2017/1/26)

「聞いたことはあるがよく知らない」が必須の技術に
「無視すれば脱落」──ネットワーク技術者の意向を超えて拡大するAPI
APIは現代のネットワーク技術において必須の存在になっている。だがAPIの普及と拡大によってベンダーは、デバイス設定や管理について再考を迫られる。(2017/1/25)

単なる自動化で終わらせない、DevOpsのすすめ:
PR:DevOpsを通じてITを企業の武器にするために重視すべき3つのポイント
デジタルトランスフォーメーションが進む中で、DevOpsの重要性はさらに高まっているが、その導入にまで踏み切れていない企業は多い。開発部門と運用部門の認識のズレだけでなく、そもそもDevOpsで何を達成するのかという基本的な部分から焦点がブレやすく、結果として単なる自動化と違いが分からないというケースも散見される。自動化とDevOpsは密接な関係にあるが、自動化がDevOpsのゴールではなかったはずだ。では、DevOpsの本質とは何か。自動化の他に何を重視するべきなのか。システムインフラのみならずDevOpsの導入を支援する取り組みを提供するレッドハットに話を聞いた。(2017/1/25)

「AWS Direct Connect Bundles」を提供:
AWSへの専用線接続を高速化、リバーベッドがベライゾンと協力してサービス提供
リバーベッドテクノロジーが、Amazon Web Servicesの専用線接続に向けた高速化サービスをベライゾンと協力して展開。クラウドへのネットワーク接続を強化する「AWS Direct Connect Bundles」を提供する。(2017/1/23)

2つの独自エンジンで未知の脅威の検知と誤検知の抑制を両立:
PR:内部脅威と戦う日立流のセキュリティ対策とは
セキュリティ対策は、侵入や感染を防ぐ入口対策だけでは不十分だ。脅威に侵入されることを前提として、いかに早期に発見・対処するかが重要課題となっている。本稿では、サイバー攻撃の「拡散」に着目して被害を防ぐ新しい内部脅威対策について紹介しよう。(2017/1/23)

ハイブリッドクラウド環境にも対応:
HPE、SaaS型アプリテストツール群「HPE StormRunner Load」をAWS Marketplace上で提供
HPEがクラウド型アプリケーションパフォーマンステストツール「HPE StormRunner Load」をAWS Marketplaceで提供。AWS上で、Webアプリケーションやモバイルアプリケーションのパフォーマンステストと負荷テストが行える。(2017/1/20)

会員が注目した2016年記事ランキング(ネットワーク編)
「802.11ac Wave2」に注目、ネットワーク仮想化の課題と可能性に依然として高い関心
TechTargetジャパンの専門メディア「ネットワーク」で2016年にアクセスが多かった記事の傾向から、需要動向を振り返り、2017年の流れを予測します。(2016/12/30)

SDNで始めるネットワークの運用改善(2):
SDNで物理ネットワークのテストを楽にする方法
ネットワーク運用をSDNによっていかに“楽に”できるかを考える本連載。最終回となる今回は、物理ネットワークにSDNを適用し、テストなどに掛かる負荷を低減する方法について解説します。(2017/1/18)

日立製作所、サイバー攻撃の拡散検知ソフトを強化 監視能力を向上
「拡散活動検知ソフトウェア」に機能を追加し、「VMware NSX」や「JP1」と連携する。(2016/12/22)

Tech TIPS:
Windows 10/Windows Server 2016のHyper-VでNAT(ネットワークアドレス変換)機能を利用する
Windows Server 2016やWindows 10のHyper-Vでは、内部仮想スイッチを使ったネットワークでNAT(ネットワークアドレス変換)機能がサポートされている。その概要を紹介する。(2016/12/16)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(27):
Azure DevTest Labs由来の自動シャットダウン機能がAzure仮想マシンで利用可能に
開発やテスト、評価目的でAzureのIaaS環境を利用する場合、仮想マシンの停止を忘れるとムダに課金される状態が続くことになります。Azure仮想マシンに追加された「自動シャットダウン」を利用すると、思わぬ出費を避けることができます。(2016/12/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。