ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

「Overture(オーバーチュア)」最新記事一覧

ヤフー、オーバーチュアを吸収合併
ヤフーは、100%子会社のオーバーチュアを10月1日付けで吸収合併する。「リスティング広告でヤフーのブランド力を最大限活用できるようになる」としている。(2009/8/28)

オーバーチュアとヤフー、モバイル向け「インタレストマッチ」を開始
(2009/1/27)

広告主の需要を幅広く取り込む:
オーバーチュアとヤフー、「インタレストマッチ」のモバイル向けサービスを開始
オーバーチュアとヤフーは1月26日から、クリック課金型広告「インタレスト マッチ」のモバイル向けサービスを開始したと発表した。(2009/1/26)

ヤフーとオーバーチュア、新広告「インタレストマッチ」配信スタート
ヤフーとオーバーチュアは、新広告商品「インタレストマッチ」の配信を始めた。ユーザーが閲覧中のページ内容や閲覧履歴、検索キーワードから、最適な広告を表示する。(2008/9/18)

オーバーチュアが仕組みを提供:
インフォシーク、検索結果やコンテンツに連動した広告を表示
検索したキーワードと関連するサイトの広告や、該当ページのテーマに合致した広告を表示するオーバーチュアのサービスを、楽天が運営するポータルサイト「インフォシーク」が取り入れた。(2008/9/1)

興味と関心に合わせて広告を表示――ヤフーとオーバーチュア、「インタレストマッチ」を今秋開始
(2008/7/17)

モバイル検索の利用者が増加:
PCでは計画的、モバイルでは駆け込み――キーワードでみるモバイル検索の使われ方
検索広告サービスのオーバーチュアによれば、モバイル検索の利用はPC検索と類似する傾向にあるが、キーワードによっては独自の様相も見せ始めているという。(2008/6/18)

オーバーチュアの「スポンサードサーチ モバイル」、オンライン受け付けに対応
(2008/5/8)

旅行情報の検索連動広告、クリック経験は5割以上
旅行情報を調べるのにインターネットを使うのが6割以上、旅行情報の検索連動広告をクリックしたのは5割以上に上った。オーバーチュア調べ。(2008/4/25)

「新トップページ好評」 ヤフー3Q、増収増益
ヤフーが1月30日に発表した2007年10〜12月期連結決算は、売上高が前年同期比28.5%増の700億6700万円だった。9月から連結子会社化したオーバーチュアが寄与したほか、広告などが好調だった。(2008/1/30)

オーバーチュア、「girlswalker.com」に検索連動型広告を提供
(2007/12/25)

オーバーチュア、「ガールズウォーカー」へ検索連動型広告
オーバーチュアは女性向けケータイポータルサイト「ガールズウォーカー」に検索連動型広告「スポンサードサーチ モバイル」を提供する。(2007/12/25)

「mixiモバイル」にコンテンツ連動型広告――オーバーチュアが提供
(2007/12/20)

mixiモバイルにオーバーチュアのコンテンツ連動広告
(2007/12/20)

オーバーチュア顧客情報がWinny流出 「拡大防止のため詳細非公表」
オーバーチュアの顧客情報がWinnyネットワークに流出した。17日付けの毎日新聞で詳細が報じられたが、同社は「2次被害を防ぐため、詳細は公開しない」とし、流出の経緯や被害の範囲などは、毎日新聞以外には明らかにしていない。(2007/11/20)

ザッパラス、オーバーチュアの検索連動広告採用
(2007/11/6)

「モバゲー」サイト検索にオーバーチュア検索連動広告
モバゲータウンがオープンβ公開中のサイト検索サービスで、オーバーチュアの検索連動型広告の表示が始まった。(2007/10/23)

オーバーチュア、広告主向けに運用支援サイトを開設
オーバーチュアは、広告サービスの運用を支援する広告主向けのWebサイトを公開した。(2007/9/11)

オーバーチュア社長にヤフーの井上社長
ヤフーの井上雅博社長が、オーバーチュアの社長も兼任する。(2007/9/3)

モバゲーにオーバーチュアの連動広告
モバゲータウンがオーバーチュアのコンテンツ連動型広告を採用。(2007/8/2)

「キーワード広告の運用を支援する」APIとプログラムを提供――オーバーチュア
オーバーチュアは、広告代理店とSEMツールベンダー向けに「スポンサードサーチ」のAPIと、APIの利用サポートプログラムを提供する。(2007/7/12)

mixi、検索エンジンを自社開発に gooから移行
mixiのサイト内検索エンジンがgooから自社開発に変わった。Web検索もgooからYSTに移行し、Web検索・サイト内検索ともにオーバーチュアの検索連動広告を導入した。(2007/7/2)

オーバーチュア、Googleを上回る 国内検索PVシェアで
検索連動広告といえばGoogleの「AdWords」が有名だが、国内のPC検索結果のPVベースで見ると、Yahoo!JAPANの検索連動広告を手がけるオーバーチュアが最大のシェアを持っているという。(2007/6/20)

ヤフーがオーバーチュアを子会社化
(2007/4/24)

世界初、携帯向けコンテンツマッチ広告 NTTデータとオーバーチュア
オーバーチュアは2月1日から携帯電話向けコンテンツ連動型広告の配信を始めた。NTTデータと提携し、同社の日本語解析システムを導入してマッチング精度を高めた。両社によると、携帯電話向けコンテンツ連動型広告の配信は世界初。(2007/2/1)

グーグルもヤフーも太刀打ちできない!? 検索連動型広告がケータイで活躍中 前編
インターネット広告市場で急成長を遂げた検索連動広告。今、モバイルインターネットの世界にもその勢力を広めつつある。その「仕掛け人」は、インターネットにおいてはヤフー(旧オーバーチュア サービシズ)、グーグルといった米国企業だが、ケータイ先進国である日本では、黒船に負けじと国産ベンチャーが旋風を巻き起こしているという……。(2006/10/23)

GMOとオーバーチュアが提携
(2006/9/27)

オーバーチュア、携帯電話サイト向け検索連動型広告の提供を開始
(2006/3/14)

「R25式モバイル」、オーバーチュア提供の検索連動型広告を掲載
(2006/2/10)

FindWhat.com対Overtureの特許訴訟で誤審宣言
現Yahoo! Search MarketingのOvertureがFindWhat.comに特許を侵害されたとして提訴している訴訟をめぐり、裁判所が誤審を宣言した。(2005/5/13)

Yahoo!JAPANにJWordの検索広告を表示
Yahoo!JAPANで検索すると、オーバーチュアの広告と並んでJWordのキーワード広告も表示されるようになる。(2005/3/29)

Yahoo!検索のAPI公開、OvertureはYahoo!ブランドに改称
Yahoo!は開発者向けにAPIプログラムを公開した。また、子会社Overtureの名称を「Yahoo! Search Marketing Solutions」に改称した。(2005/3/2)

Overture、MSとの契約延長を正式発表
(2004/11/19)

検索広告めぐる商標侵害訴訟、GoogleとOvertureの却下申し立ては通らず
米保険会社が自社の名称に関連付けた「スポンサー付きリンク」広告の販売は商標侵害に当たるとして起こした訴訟で、判事はGoogleとOvertureの主張を一蹴、訴訟継続を認めた。(IDG)(2004/9/4)

Google、特許論争などでYahoo!と和解
Googleは、Yahoo!の子会社Overtureが保有する特許のライセンス供与を受けることに同意した。これを受けてYahoo!側は、Googleに対する特許訴訟を取り下げた。(2004/8/10)

ギャンブル広告掲載で大手検索サイトを提訴
Yahoo!、Google、Overtureなどが、非合法のインターネットギャンブルの広告を載せたとして、米国で集団訴訟を起こされた。(IDG)(2004/8/5)

Overture、広告キャンペーン管理支援の「Search Optimizer」
(2004/7/29)

Overtureの広告掲載めぐり英ISPに改善勧告
(2004/6/17)

Yahoo!JAPAN、オーバーチュアのキーワード連動広告を全面採用
(2004/6/1)

Overture、米大手サイトと契約拡大
(2004/4/6)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。