ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ペン」最新記事一覧

国立劇場がまさかの「PPAP」演奏動画を公開 笛・小鼓・大鼓・太鼓・三味線・唄によるガチな邦楽アレンジがかっこいい
「ペンヌリサンポーサンポーペン!」(2017/1/15)

2000円台で買える天然ウッドハウジングのイヤフォン「DF-10」登場――パッケージも豪華
e☆イヤホンは、「DZAT」(デザート)ブランドのイヤフォン「DF-10」2モデルを国内で先行販売する。ハウジングに天然木を使用したカナル型。パッケージには、なぜかペンやメモ帳が同梱されている。(2017/1/13)

「まさかの公式」 代替わりしたばかりの“日ペンの美子ちゃん”、さっそく「誰が美子太郎よ〜!」と時事ネタをかます
ペン1本で世界進出を図る美子ちゃんが何かをひらめいたようです。(2017/1/9)

バナナにメッセージを書くための専用ペン「バナペン」、ドールが開発
「ウェアラブルバナナ」の次は、ペン。(2017/1/7)

パロディから本家へ大抜擢! 6代目「日ペンの美子ちゃん」作者が「日ポン語ラップの美ー子ちゃん」の服部昇大先生に決定
タトゥーを勧めてこない方の美子ちゃんだ!(2017/1/6)

さだまさし、「和風PPAP」動画で和楽器に乗せてアッポーペン ファン「さださん何やってんの」
乗るしかない、このビックウェーブに。(2017/1/2)

CCさくらをお手本にプロを目指そう なかよし最新号ふろくの「まんが家セット」がひたすら豪華
黒髪用の筆ペンや、ハイライト用ホワイトペンなど7種のアイテムを同梱。(2016/12/29)

ペンで刺して「アッポーペン」「パイナッポーペン」を量産? ピコ太郎さんの「PPAP」公式ゲームがLINEで登場
ノリノリなゲームです。(2016/12/20)

ワコム、プロクリエイター向け13.3型液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 13」の発売日を確定――予約受け付けを開始
ワコムは、クリエイター向け13.3型液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 13」の発売日確定を発表した。(2016/12/16)

露伴先生の「Gペンピアス」がリアリティ! ジョジョの岸辺露伴をモチーフとしたグッズの予約受付開始
グレートですよこいつはァ!(2016/12/13)

USB給電なので外でも使える 2048レベルの筆圧検知に対応した10.1型液晶ペンタブレット
ドスパラは、2048レベルの筆圧検知をサポートした10.1型液晶ペンタブレット「DN-914602」の取り扱いを開始する。(2016/12/12)

ボールペンの書き込みをわしわし消せるノートが便利そう スマホでスキャンしてクラウド上に保存できる機能も
Kickstarterで目標金額の約10倍を調達しています。(2016/12/11)

ペンタブレットの技術の歴史
徹底解説:アクティブスタイラスペンの2大巨頭、ワコムとN-trigは何が違うのか
アクティブスタイラスペンの2大巨頭といえば、ワコムとN-trigだ。この2社の技術は、具体的に何が違うのだろうか。技術の歴史を振り返りながら解説する。(2016/12/10)

魔法が使えるようになりそう……! 一点物の「ガラスペン」が触れたくなる幻想的な世界観
普通のペンにはない物語を感じるガラスペン。(2016/11/23)

上海問屋、極細デザインのUSB充電式アクティブタッチペン
ドスパラは、直径約2.3mmの極細ペン先を採用した充電式アクティブタッチペン「DN-914301」の取り扱いを開始した。(2016/11/22)

サードウェーブデジノス、ペン入力にも対応したCore m3搭載2in1タブレット「DGM-S12Y」
サードウェーブデジノスは、省電力プロセッサとなるCore m3-6Y30を採用した2in1モバイルPC「DGM-S12Y」を発表した。(2016/11/21)

設計者の新しいワークスタイルを探れ!(1):
秋を満喫しながら、タブレットPC「Surface」で3D CADをガチで使ってみた
岩手の3D CAD“お困りごと”解決人・小原氏が、最新のハードで3D CADをぐりぐり動かしながら、設計者の新しいワークスタイルを楽しく模索していく連載。第1回は、Microsoftの「Surface Book」と「Surface Pro4」で、3D CADを使ってみました。もちろん、スタイラスペンも試しました。(2016/11/21)

SHOWCASE:
札幌のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし アプリ紹介編「パイナッポーペン」
今回は「ペンパイバッポーアッポーペン」関係のアプリを紹介します。ペンに刺されそうなパイナッポーの表情がいいですね。あの歌のリズムに乗ってアッポーとパイナッポーが左右するので、ペンでシューティングするゲームのようです。(2016/11/18)

スマホ向けタッチペン「Su-Pen」、片手で操作できるモデルが登場
MetaMoJiは、スマートフォン用タッチペン「Su-Pen」に片手でペン先を出し入れできるグラビティドロップモデル「Su-Pen P201S-GDS」を追加。適度な重みを備えた。(2016/11/17)

ワコム、従来比4倍の筆圧感知をサポートした13.3型/15.6型ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 13/16」
ワコムは、液晶ディスプレイ内蔵型ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 13」「同 16」の2製品を発表した。(2016/11/16)

なぞって調べるペン型スキャナー辞書「ナゾル」 シャープが発売
分からない言葉をなぞると意味を調べてくれるペン型のスキャナー辞書「ナゾル」を、シャープが12月に発売する。(2016/11/9)

英和・国語の2モデル! 文字をスキャンすると2秒で意味が調べられるペン型電子辞書「ナゾル」12月8日発売
読書のおともにいかが?(2016/11/9)

空中に絵を描ける3Dペン「3Doodler」に子ども向けモデル登場 素材が低温で溶けるので安全
従来製品とは異なるコードレス仕様。(2016/11/3)

開発は夜の街から始まった……ペン先からシソふりかけ「ゆかりペン」大ヒット 社内の反対押し切り発売
赤シソのふりかけ「ゆかり」がペン型容器に入った「ゆかり ペンスタイル」が大ヒットしている。一見、普通のペンだが、振ると先からゆかりが出てくる姿が斬新で受けているのだ。(2016/11/2)

1本540円:
開発は夜の街から始まった――ペン先からふりかけ、大ヒット「ゆかりペン」
赤シソのふりかけ「ゆかり」がペン型容器に入った「ゆかり ペンスタイル」が大ヒット。一見、普通のペンだが、振ると先からゆかりが出てくる姿が斬新で受けている。(2016/11/2)

2番の歌詞でペンとペンをAh! ピコ太郎「ペンパイナッポーアッポーペン」の“ロングバージョン”が公開
ダンスタイムもあるよ!(2016/10/29)

「ペンパイナッポー」がリアルメニューに! 期間限定の「PPAP CAFE」東京スカイツリータウンにオープン
パイナップルを丸ごと使ったPPAPがおいしそう。(2016/10/28)

SamsungのAndroidアプリサポート「Chromebook Pro」はペン付きで499ドル?
Googleが開発者会議で「今秋に複数登場」と予告したAndroidアプリ対応のChromebookの1台とみられる「Samsung Chromebook Pro」のWebページが発表前に公開された(現在は閉鎖)。(2016/10/17)

ワコム Intuos 3D:
ペンタブレットで簡単3Dモデリング! 「ZBrushCore」が付属
ワコムは、低価格で手軽に3Dモデリングができる「Intuos 3D」を発表した。(2016/10/14)

3Dプリンタニュース:
手軽に3Dモデリングができるペンタブレットを発表
ワコムは、低価格で手軽に3Dモデリングができる「Intuos 3D」を発表した。ミディアムサイズのペンタブレットと、スカルプティングソフトウェア「ZBrushCore」により、自然なペン操作で粘土をこねるように作業することができる。(2016/10/5)

飼い主のお絵描きを絶対に邪魔するネコ
私のペンタブがネコのベッドに……。(2016/10/3)

Twitter版漫勉! ヤンジャン連載漫画家が画力20%アップの描画法を伝授
今すぐ私に紙とペンをください。(2016/10/1)

ダメだ、もう耳から離れない! ピコ太郎の歌う「ペンパイナッポーアッポーペン」が世界中でヘビロテ
2016年口ずさみ大賞かも。(2016/9/27)

パネル面がキーボードになる
斜め上の発想を実現した“分類不能”な「Lenovo Yoga Book」、その使用法は
「Lenovo Yoga Book」は今までに見たことがない技術の組み合わせを搭載した2in1端末だ。ワコムの技術を採用したペンタブレットのパネルはキーボードにもなる。「IFA 2016」の実機インプレッションを紹介する。(2016/9/24)

ペンで粘土をこねるように3Dモデリング ワコム、ペンタブ「Intuos 3D」発売
ペンで3Dモデルを描ける画像処理ソフト「ZbrushCore」を付属したペンタブレット「Intuos 3D」をワコムが発売する。(2016/9/7)

ワコム、3Dデザインをペンで描ける「ZbrushCore」付属のペンタブレット「Intuos 3D」
ワコムは、3Dモデリングへの対応をうたったペンタブレット「Intuos 3D」の販売を開始する。(2016/9/7)

空中に絵が描ける3Dペン「3Doodler」に新モデル 金属や木でも絵が描ける
新モデルはプロ向けで、プラスチック樹脂に加え、金属や木、ナイロンなどに対応。(2016/9/5)

「スター・ウォーズ」のAT-ATがペン立てになったぞ〜! 全高27センチでデスクに襲来
スノースピーダーもついてくるよ。(2016/9/1)

ワコム、極細ペン先を採用したスタイラスペン「Bamboo Omni」
ワコムは、iOS/Andoridデバイスに両対応した高精度スタイラスペン「Bamboo Omni」を発表した。(2016/9/1)

Lenovoの「Yoga Book」はタイピング/描画(ワコム技術採用)パッド搭載で690グラム
Lenovoが360度回転コンバーチブルの新モデル「Yoga Book」を9月に発売する。タッチパネル式キーボード「Halo Keyboard」はタッチパネルにもなり、付属のスタイラス(ワコムのデジタルペン技術採用)で描画もできる。10.1インチで厚さ9.6ミリ、重さは690グラムだ。(2016/9/1)

書いた場所や日時が分かるデジタルペン、ワコムとタグキャストが開発
ワコムと屋内位置情報サービスを開発するタグキャストは、位置情報が分かるデジタルペンの開発で提携する。出先で記したメモや旅先で描いたスケッチがいつどこで書かれたか分かるようになるという。(2016/8/30)

Surface Pro 2で「Anniversary Update」を検証
徹底レビュー:「Windows 10」の1周年更新を見くびると後悔する“これだけの証拠”
「Windows 10」の1周年を記念したアップデートは、ペン対応の新しいアプリやスタート/ロック画面の改善など盛りだくさんの内容だ。これらのアップデートを「Surface Pro 2」で試した。(2016/8/27)

プリンストン、極細ペン先仕様のiPad Proシリーズ対応アクティブスタイラスペン「PSA-TPA2PRO」
プリンストンは、静電式タッチパネルに対応したアクティブスタイラスペン「PSA-TPA2PRO」シリーズを発表した。(2016/8/19)

アイ・オー、大型テレビにタッチペン機能を“後付”できる外付けタッチモジュール「てれたっち」
アイ・オー・データ機器は、46型〜80型のテレビ/ディスプレイにタッチペン操作機能を追加可能な外付けモジュール「てれたっち」を発表した。(2016/8/19)

これは何ですか? → 「This is a pen.」 伝説の定型文を使う日が来た
これはペンです(ペンを指しながら)。(2016/8/17)

水中でも「Pokemon GO」ができる
徹底レビュー:進化を遂げた「Galaxy Note7」、iPhoneファンの気持ちを逆なでする機能とは
「Galaxy Note7」は、大きなディスプレイ、生産性を向上するスタイラスペンなど、「Galaxy Note」シリーズの最新機種として進化を遂げている。その実力を確かめてみよう。(2016/8/13)

ITはみ出しコラム:
Windows 10「Anniversary Update」の新機能で画面にさっと直線を引いてみた
PCが紙のノートとペン代わりになる(かもしれない)新機能「Windows Ink」を試してみました。(2016/8/7)

美しいカーブとSペンの機能拡張に注目――「Galaxy Note7」はココが進化した
Samsungの最新ノート型スマホ「Galaxy Note7」が発表された。ディスプレイは両サイドの角が取れたエッジデザインとなり、表と裏の両面が丸みを帯びている。Sペンも大きな進化を遂げた。外観や新機能を中心に写真でレポートしたい。(2016/8/3)

本体+Sペンが防水仕様、虹彩認証にも対応した「Galaxy Note7」登場
Samsung Electronicsが「Galaxy Note7」を8月19日に世界で発売する(日本での発売は未定)。左右の端が曲がったエッジディスプレイ(5.7型Super AMOLED)を採用。Sペンも防水・防塵対応となったほか、ペン先がさらに細く、筆圧感知も向上した。(2016/8/3)

現場エキスパートに学ぶ実践的サイバー攻撃対策塾:
第2回 紙とペンで見つけていくセキュリティ対策の落とし穴
いくら効果的なセキュリティ対策であっても万全なものは存在しない。今回は標的型攻撃対策の「多層防御」において陥りがちな対策の“抜け・漏れ”を見つけていく方法を紹介する。(2016/8/2)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。