ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ペン」最新記事一覧

プリンストン、極細ペン先仕様のiPad Proシリーズ対応アクティブスタイラスペン「PSA-TPA2PRO」
プリンストンは、静電式タッチパネルに対応したアクティブスタイラスペン「PSA-TPA2PRO」シリーズを発表した。(2016/8/19)

アイ・オー、大型テレビにタッチペン機能を“後付”できる外付けタッチモジュール「てれたっち」
アイ・オー・データ機器は、46型〜80型のテレビ/ディスプレイにタッチペン操作機能を追加可能な外付けモジュール「てれたっち」を発表した。(2016/8/19)

これは何ですか? → 「This is a pen.」 伝説の定型文を使う日が来た
これはペンです(ペンを指しながら)。(2016/8/17)

水中でも「Pokemon GO」ができる
徹底レビュー:進化を遂げた「Galaxy Note7」、iPhoneファンの気持ちを逆なでする機能とは
「Galaxy Note7」は、大きなディスプレイ、生産性を向上するスタイラスペンなど、「Galaxy Note」シリーズの最新機種として進化を遂げている。その実力を確かめてみよう。(2016/8/13)

ITはみ出しコラム:
Windows 10「Anniversary Update」の新機能で画面にさっと直線を引いてみた
PCが紙のノートとペン代わりになる(かもしれない)新機能「Windows Ink」を試してみました。(2016/8/7)

美しいカーブとSペンの機能拡張に注目――「Galaxy Note7」はココが進化した
Samsungの最新ノート型スマホ「Galaxy Note7」が発表された。ディスプレイは両サイドの角が取れたエッジデザインとなり、表と裏の両面が丸みを帯びている。Sペンも大きな進化を遂げた。外観や新機能を中心に写真でレポートしたい。(2016/8/3)

本体+Sペンが防水仕様、虹彩認証にも対応した「Galaxy Note7」登場
Samsung Electronicsが「Galaxy Note7」を8月19日に世界で発売する(日本での発売は未定)。左右の端が曲がったエッジディスプレイ(5.7型Super AMOLED)を採用。Sペンも防水・防塵対応となったほか、ペン先がさらに細く、筆圧感知も向上した。(2016/8/3)

現場エキスパートに学ぶ実践的サイバー攻撃対策塾:
第2回 紙とペンで見つけていくセキュリティ対策の落とし穴
いくら効果的なセキュリティ対策であっても万全なものは存在しない。今回は標的型攻撃対策の「多層防御」において陥りがちな対策の“抜け・漏れ”を見つけていく方法を紹介する。(2016/8/2)

小学6年生が作った「文房具図鑑」とゼブラのコラボシャープペン発売! 手書きのイラストと解説付き
ついにコラボ商品が。(2016/7/25)

SHOWCASE、人気アイテムを1000円(税別)で提供する楽天市場限定月末セール開催
KODAWARIは、楽天市場の「SHOWCASE Online」限定で月末セールを開催。Apple Pencil用のペンホルダーや保護ケースなどの人気アイテムを1000円(税別)で提供する。また、7月28日までの期間中は店内全商品の送料無料に加えポイント5倍となる。(2016/7/21)

スピン経済の歩き方:
鳥越俊太郎さんが「出馬はペンより強し」になった理由
ジャーナリストの鳥越俊太郎さんが東京都知事選に出馬した。「えっ、ジャーナリストが立候補!?」と思われたかもしれないが、報道に携わった人たちが立候補し、当選したケースは多い。「ジャーナリスト=権力を批判」というイメージが強いのに、なぜ彼らは立候補するのか。(2016/7/21)

販売数600万本超:
ゼブラ「デルガード」はシャーボ以来のヒットとなるか?
高機能の新商品が相次いで投入され、激しい競争が繰り広げられているシャープペンシル市場。「芯が折れない」をコンセプトとするゼブラの「デルガード」は販売が600万本を超えた。(2016/7/20)

「サランラップに書けるペン」発売
サランラップにイラストやメッセージを書ける専用ペン「サランラップに書けるペン」が登場した。(2016/7/6)

「サランラップに書けるペン」が全6色で登場 イラストやメッセージがきれいに描けて加熱もOK
「パパへ あたためてからたべてね」。(2016/7/5)

“デコ弁”も簡単に 「サランラップに書けるペン」発売
サランラップにイラストやメッセージを書ける専用ペンが登場。(2016/7/5)

「全力疾走」という病:
長く売れ続ける「定番」を狙う デザイナー・小関隆一氏のモノ作り哲学とは?
ワインボトルの形をしたLED照明「Bottled」や、ペン型のはがせる水性塗料「マスキングカラー」など、ユニークな日本の技術をうまく組み合わせた商品をデザイン。これらは国内外で売れ続けている。その仕掛け人、デザイナーの小関隆一氏の生き方を追った。(2016/6/30)

XYZ Printing、立体物を空中で描ける「3Dペン」を発表
XYZ Printingは、何もない空間に立体物を“描く”ことが可能な「ダヴィンチ 3Dペン」を発表した。(2016/6/24)

SHOWCASE、スマホ向けボールペン「Jackpen」の100円セールを店舗限定で開催
KODAWARIは、iPhone/iPad向けアクセサリーストア「SHOWCASE」の秋葉原店と札幌ル・トロワ店で、スマホ向けボールペン「Jackpen」の100円セールを開催する。(2016/6/23)

ショーン・ペンの息子のホッパー君、おやじのステーキ好きのせいで「ステーキ・ペン」になるところだった
本人がインタビューで答えています。(2016/6/15)

東京おもちゃショー2016:
これぞ大人の泡遊び、市販のハンドソープで3Dアートが作れる「あわモコ3Dペン」
シャインは、「東京おもちゃショー2016」で「あわモコ3Dペン」のデモを行っている。市販のハンドソープを使って3Dアートを楽しめるというもの。スタンプも面白い。(2016/6/10)

WiGigの無線ドッキングステーションも試した:
「画面に直接描けるって楽しい!」 イラストライターが2in1「HP Elite x2 1012 G1」のアクティブペンを使ってみた
ワコムのアクティブ静電結合方式を採用し、紙に近い描き心地を実現する日本HPの2in1「HP Elite x2 1012 G1」を、普段はIntuosを使っているというイラストのプロに使ってもらいました。評価はいかに?(2016/6/8)

Apple Pencil紛失防止に便利――タブレット用ペンケース「PurePocket」を試す
Apple Pencilにはクリップする部分がなく、紛失や置き忘れの可能性があります。そこでおすすめしたいのが、KODAWARIの「Pure Pocket」。Apple Pencilなどのスタイラスペンを、タブレットと一緒に持ち運べます。(2016/6/7)

Apple Pencilを収納できる「Pure Pocket」、9日まで半額に
KODAWARIが、スタイラスペンを収納できる「Pure Pocket」の半額セールを実施。期間は6月3日から9日まで。秋葉原と札幌の実店舗限定となる。(2016/6/3)

ミルキーやカントリーマアムのデザインがかわいい! ゼブラと不二家がコラボしたボールペン 7月11日発売!
スイートな香り付き。(2016/6/1)

SHOWCASE、スマホのイヤフォンジャックがボールペンになる「Jackpen」期間限定半額セールを実施
「SHOWCASE Online」限定で、スマートフォンなどのイヤフォンジャックに収納するとボールペンになる「Jackpen」通常800円が400円になる半額セールを実施。期間は5月31日まで。(2016/5/24)

ディスプレイ、ペンタブ、太陽電池――iPadの新スマートケース登場?
Appleが特許を取得したiPad用スマートケースは、合体ロボのようにiPadの性能を拡張する。(2016/5/19)

どれが描きやすい? プロによる液晶ペンタブ端末レビュー4選
実際に描いてみないと実力が分からない液晶ペンタブレット端末。プロのレビューを参考にして、使い勝手のいいモノを選びたい!(2016/5/18)

絵描きクラスタ注目! 1本で微妙なグラデーションを表現できる「カメレオンペン」が日本上陸
描いているうちに色味が濃くなるので、自然と濃淡をつけられる。(2016/5/11)

芯の太さは0.7〜2.0ミリ:
「太芯シャーペン」衝撃の書き味、「大人の鉛筆」にプロがほれた!
「太芯シャープペンシル」の商品が相次いで登場し、新たな文房具として注目されている。書き心地がよく用途も拡大し、世代を超えて愛用者が増えている。(2016/4/20)

人工知能を活用した新聞スクラップ用ペン「CUTPEN」、ナカバヤシが発表 クラウドファンディングも開始
ペンで囲って専用アプリで撮影すると瞬時にデータ化されます。(2016/4/13)

複雑な段組みもAIにお任せ:
アナログ記事をデジタルへ 新聞をペンとiPhoneでスクラップする「CUTPEN」
ナカバヤシは、専用のボールペンとiPhoneを使って新聞のスクラップに特化した「CUTPEN」のクラウドファンディングを開始した。(2016/4/13)

新ボディー採用:
東芝、高精度デジタイザペンが使える法人向け10.1型タブレット「dynabook Tab S80/A」
東芝が、2048段階の筆圧検知に対応する高精度デジタイザペン対応の法人向け10.1型タブレット「dynabook Tab S80/A」を発表。新ボディーを採用し、プロセッサなどを基本スペックも刷新した。(2016/4/12)

モレスキン、紙+ペンの手書きデータをクラウドに保存・編集・検索できる「Smart Writing Set」
イタリアの老舗文具メーカーMoleskineが、デジタル文具「Smart Writing Set」を199ドルで発売した。紙に手書きした文字や絵をBluetooth経由でリアルタイムでiOS/Android端末のアプリに送り、データとして保存できる。デジタルデータにしてから編集したり検索することができる。(2016/4/7)

ワコムの筆圧ペンがSurfaceやVAIOで使えるようになる?
近い将来、「アクティブES方式」と「Microsoft Pen」の両プロトコルに対応したデジタルペンがワコムから登場するかもしれない。(2016/4/1)

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:
2in1で先行するWindowsタブレット、iPad Proに負けない優位性とは
Appleが発売した9.7型「iPad Pro」。PCの置き換えを狙うデバイスで、キーボードとペンを組み合わせた姿はMicrosoftのSurfaceシリーズをほうふつとさせる。(2016/3/31)

上海問屋、ミリ/インチ定規にもなるタッチペン
ドスパラは、定規機能も備えた汎用タッチペンの取り扱いを開始した。(2016/3/24)

Scratchで始めるプログラミング教育(3):
Scratchならこんなに簡単!キャラが千変万化で縦横無尽
ビジュアルプログラミングツールである「Scratch」を使って、プログラミングで何ができるのかを体験してもらう本連載。今回は、ペイントエディターで図形を描く方法を紹介し、キャラクターをマウスの動きに着いていかせて、「ペン」で線を描く命令を使う方法、さらに猫のクローン(複製)を作る方法も紹介する。(2016/3/23)

絵師の未来、こっちかも!?:
iPad Proを週刊少年誌の連載漫画家が“液タブ”として使う
ペン入力に対応したiPad Pro。アプリを活用すれば、Macの液晶ペンタブレットにも早変わり。果たして、漫画家の実用に耐えるのか……!?(2016/3/3)

便利だニャ! 好きな猫のイラストを選べるハンコ「ねこずかん」にペンタイプ登場!
連打できるニャ。(2016/2/22)

Microsoft、Windowsタブレット向けスタイラス手書きアプリ「Plumbago」
Microsoftの技術インキュベータープロジェクト「Microsoft Garage」が、Windows 8.1/10搭載タブレット向け手書きアプリ「Plumbago」をMicrosoft Storeで公開した。ペン(鉛筆)とノートの使い勝手のデジタルでの再現を目指しており、「Surface Pen」の消しゴムもサポートする。(2016/2/22)

毛並みまで再現! イケメンゴリラをシャープペン1本で描き上げる動画がすごすぎる
イラストレーターの正体は後日公開されます。(2016/2/11)

MetaMoJi、オリジナルスタイラスペンの保守部品を販売する「Su-Penサポートストア」オープン
MetaMoJiは、オリジナルスタイラスペン「Su-Pen」のサポート部品を販売する専用サイト「Su-Penサポートストア」をオープン。キャップやアダプタ単品を取り扱う。(2016/2/4)

「Surface Book」最上位モデル(i7/1TB/16GB)、北米で発売
Microsoftは、「Surface Book」と「Surface Pro 4」の最上位モデル(プロセッサはIntel Core i7、ストレージは1TB、メモリは16GB)を北米で、新色「ゴールド」の「Surfaceペン」を北米と欧州の一部で発売した。(2016/1/25)

CES 2016:
5000円でお釣りがくる筆圧ペン「Bamboo Smart」をワコムブースで試す アクティブ静電結合方式の描き心地は?
ワコムが発表したアクティブ静電結合方式を採用するWindows/Androidデバイスで使えるスライタスペン「Bamboo Smart for select tablets and 2-in-1 convertible devices」で実際に文字を書いてみた(2016/1/14)

裏面までにじまない、汚れにくい新「チェックペン」、ゼブラが発売
薄い紙に書いても裏面までにじまず、ノートが汚くならない「チェックペン」の新シリーズを、ゼブラが1月下旬に発売する。(2016/1/6)

CES 2016:
ワコム、AES採用のWindows/Android対応スタイラスペン
ワコムが、アクティブ静電結合方式を採用するスタイラスペンを発表。OSはWindowsとAndroidに対応する。(2016/1/6)

Surface Pro 4完全検証(3):
「Surface Pro 4」の進化したディスプレイと筆圧ペンを徹底レビュー
高精細ディスプレイと筆圧ペンは、「Surface Pro 4」の大きな魅力だ。今回はこの2つを「Surface Pro 3」「Surface 3」と比較し、どれほど進化したのかを確かめる。(2015/12/23)

学校で「モデ1GP」を! 生徒自ら企画:
広尾学園、3次元CADと3Dプリンタを活用した体験型モノづくりイベント開催
広尾学園 中学校 高等学校は、1970年代に小学生の間で大流行した「スーパーカー消しゴム」を題材に、小さなクルマを無償3次元CADでモデリングし、それを3Dプリンタで出力してノック式ボールペンで弾いて遊ぶイベント「モデ1GP」を開催した。(2015/12/21)

Surface Pro 4とWindows 10 Mobileがついに登場:
PR:顔認証や音声アシスタント、ペン描画を活用したUniversal Windows Platformアプリ開発の魅力に迫る
日本マイクロソフトは11月20日に都内で「1日でWindows 10に対応したアプリ開発手法が習得できるハンズオン〜 Windows 10 UWP Workshop」を開催。4つのWindows 10 Mobile端末やSurface Pro 4、カメラの顔認識や指紋認証による生体認証機能「Windows Hello」、音声認識アシスタント「Cortana」とアプリの連携など、Windows 10の特長を生かしたアプリ開発の魅力を紹介する。(2015/12/14)

iPad Proとの比較も:
「Surface Book」はペン付き大画面タブレットの本命か――USモデル先行レビュー
Microsoftが“究極のノートPC”を標ぼうする「Surface Book」は、Core i7搭載PCで最薄最軽量のタブレットでもあります。今回は独特な2つのタブレットモードと筆圧ペンをチェックしてみました。(2015/12/13)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。