ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

ペン に関する記事 ペン に関する質問

「ペン」最新記事一覧

講師がキミの作品を添削――pixivで「イラスト・マンガ道場2014」
希望者全員の作品をヒューマンアカデミー講師が添削するほか、優秀作品の投稿者にはペンタブレットなどの賞品が進呈される。(2014/7/16)

鉛筆の芯より細い、iPhone&iPad用の超細スタイラスペン登場
絵も描けそう。(2014/7/16)

ISOT 2014:
折るだけ! 書き込まずにチェックできる手軽なToDoリストメモ
チェックリストを持って来たのに、チェック用のペンがない! というときでも安心の“折る”チェックメモはいかがでしょうか。(2014/7/15)

動画で丸分かり:
「Surface Pro 3」の注目ポイントを試す――スタンド、タイプカバー、ペン入力
「Surface Pro 3」の進化したキックスタンド、タイプカバー、そしてペン入力機能について、インプレッションを動画とともにお届けする。(2014/7/14)

ISOT 2014:
日本文具大賞グランプリ――「握り直さず削れる鉛筆削り」と発色の美しい「メタリック調筆ペン」
第23回 日本文具大賞のグランプリが発表された。機能部門・デザイン部門でノミネートされた各5製品の中から、シンプルさを追求した「鉛筆削り」とファッション性の高いメタリック調の「筆ペン」が受賞。(2014/7/9)

女性の体にペンを拘束するんです セクシーすぎる文房具「Bondage Note」
ビギナーからテクニシャンまで。(2014/7/9)

Adobeのデジタルペン&定規「Ink&Slide」を見てきました
Adobe Systemsが発表した「Ink」と「Slide」はiPad用の筆圧感知ペンとデジタル定規だ。対応アプリを使えば、筆圧感知を生かした絵を描いたり、正確な線によるパース図などを作成できる。(2014/6/20)

Adobe、iPad用無料描画アプリと200ドルのペンと定規(ハードウェア)をリリース
Adobeが、iPad専用の無料描画アプリ「Sketch」と「Line」、それらに対応する199.99ドルの感圧式デジタルペンと定規「Ink & Slide」をリリースした。(2014/6/19)

身の回りにあるモノの色を読み取って完全再現! 魔法みたいなペンが誕生
オレンジの絵をリアルオレンジ色で描けるぞー!(2014/6/17)

まさに魔法のペン:
空中に絵を描ける3Dペン「3Doodler」の使い手が描く「ゴーイングメリー号」のクオリティがすごい
新境地切り開いてた。(2014/6/16)

JTT、ペン先2.4ミリのiPad用極細スタイラスペン
日本トラストテクノロジーは、径2.4ミリの極細ペン先を採用したiPad/mini用のスタイラスペン「Re:Pen」を発売する。(2014/6/10)

「細い線を描けないかなぁ」と思っているアナタに:
iPad/iPad mini向けの超極細スタイラスペン「Re:Pen」
iPadをお持ちの方なら「もっと細い線を描けないだろうか」「もう少し細かい操作についてきてほしい」と思ったことはあるのではないだろうか。そのような方にお薦めしたいのが超極細スタイラスペン「Re:Pen」だ。(2014/6/10)

芯の折れにくさを追求したシャーペン「オ・レーヌ シールド」発売 なんかすごそう
普通のシャーペンの15倍折れにくいってさ。(2014/6/6)

通常より芯が15倍折れにくいシャーペン「オ・レーヌ シールド」 プラチナ万年筆が発売
芯が折れにくい“耐芯構造”を追求したシャープペンシル「オ・レーヌ シールド」が発売される。(2014/6/6)

トランスフォーマーの総司令官がペンに変形 コンボイペンが実用的かつカッコイイ
トランスフォーマー好きの企画者が「好きな物を持ち歩いてみんなに見せたい、自慢したい」と考えた商品だそうです。(2014/6/3)

ワコム、「Intuos Pro」への乗り換え購入者が対象のキャッシュバックキャンペーンを開始
ワコムは、同社製ペンタブレット「Intuos Pro」への乗り換え購入者を対象とした「Intuos Proにのりかえキャンペーン」を発表した。(2014/5/26)

Biz.ID Weekly Top10:
こんなの初めて! もっふもふに毛の生えたタッチペンの書き心地とは?
書きやすいタッチペンを探し続けて幾年月。6月18日、三菱鉛筆から毛の生えたものが発売されるとのことで、一足早くその使い心地を試してみました。(2014/5/24)

世田谷区立砧南小学校のIT活用授業を紹介
iPadとデジタルペンが生む「児童の“頭の中”を丸見えにする授業」とは?
授業でのIT活用が進むが、紙に書く作業の重要性は失われていない。その「筆跡」をデータ化したら、どのような授業が可能になるのか。デジタルペンやiPadを活用する世田谷区立砧南小学校の実践から探る。(2014/5/21)

サンコー、USBバスパワーで使えるペン型電動ルーター
サンコーは、USBバスパワー動作に対応した電動ルーター「USBペン型電動彫刻ドリル」を発売した。(2014/5/16)

ストラップ感覚で:
タッチ操作のストレス軽減に――「回転収納式 金属繊維タッチペン」
上海問屋が、スマホやタブレットで使えるスタイラスペンを発売した。価格は699円。(2014/5/16)

紙ぃいいいいいい! 「進撃の巨人」OPをシャーペンだけで描いたパラパラ漫画が心臓を捧げすぎ
パラパラ漫画っていうレベルじゃねーぞ!(2014/5/15)

こんなのあり!?:
タッチペン以外の機能が役立ちそうな「タッチペン」3種 キングジムから
画面を拭いたり、充電ケーブルに早変わりしたり、ブルブル震えたり……。タッチペンとして使わなくなっても損しない“付加価値つきタッチペン”がお目見えした。(2014/5/13)

“タッチの次”を見いだす技術:
スマホが普及、変わり目は“今”──Livescribeが仕掛ける「スマートペン」市場の勝算
書いたものがそのままデジタル化される「スマートペン」に注目が集まっている。スマホUIは今後どう進化するか、どんなスタイルが主流になりそうか。海外市場での投入から遅れること数年、満を持して日本市場にスマートペンで参入したLivescribeのジル・ブシャールCEOに勝算を聞いた。(2014/5/13)

教育ITニュースフラッシュ
早稲田大学で始動した“キャンパス博物館化計画”とは?
学費シミュレータを開発した法政大学の取り組みから、デジタルペンとタブレットの連動システムの新製品まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/5/9)

NEC、ビジネス向け10.1型タブレット「LifeTouch L」にペン入力対応モデル/LTE対応モデルを追加
NECは、同社製のビジネス向けAndroidタブレット端末「LifeTouch L」のラインアップにペン入力対応モデル/LTE対応モデルの2製品を追加した。(2014/5/8)

「UNUS PRODUCT SERVICE.」のスマホ/タブレット端末用スタイラスパーツにニューモデルが登場
市販のペンをタッチペンにするスマホ/タブレット端末用スタイラスパーツ「SMART-TIP」にニューモデルが登場。ノック機能がよりスムーズとなったほか、滑らかな操作が可能に。(2014/5/7)

注目PC詳細レビュー:
「FMV LIFEBOOK TH90/P」――4スタイル変形+IGZO液晶+筆圧ペンが魅力の13.3型Ultrabookを徹底検証(ベンチマークテスト編)
4つのスタイルとペン入力で幅広いシーンに対応できるコンバーチブルUltrabook「FMV LIFEBOOK TH90/P」。今回はさまざまなテストを行い、モバイルPCとしての実力に迫る。(2014/4/24)

比べて分かった“艦これ”以外の使い道
「Surface Pro 2」と「VivoTab Note 8」を徹底比較、ペン付きWinタブレットの最強はどっちだ?
ワコム製デジタイザやスタイラスペンが標準で付いてくる――。そんな共通点があるWindows 8.1タブレットが「Surface Pro 2」と「ASUS VivoTab Note 8」だ。両者の性能や特徴を徹底比較する。(2014/4/24)

注目PC詳細レビュー:
「FMV LIFEBOOK TH90/P」――4スタイル変形+IGZO液晶+筆圧ペンが魅力の13.3型Ultrabookを徹底検証(使い勝手編)
富士通が長年培ってきた技術とこだわりを結集したというコンバーチブルタイプの13.3型Ultrabook「FMV LIFEBOOK TH90/P」。その実力をじっくりと試してみた。(2014/4/23)

教育ITニュースフラッシュ
公立高校が“プロ仕様”の液晶ペンタブを導入、その使い道とは?
北海道の公立高等学校が高性能の液晶ペンタブレットを導入した事例から、ついに本格始動した「国産MOOC」の動きまで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/4/18)

アナログとデジタルのマリアージュ:
紙とスマホを融合するデジタルペン「Livescribe 3」の魅力
Livescribeの「スマートペン」シリーズをご存じだろうか。ノートに文字を書くというごく自然な動作で、その内容をデジタル化して活用できる“魔法のペン”だ。LivescribeのCEO、ジル・ブシャール氏に話を聞いた。(2014/4/17)

MEDTEC Japan 2014:
心臓の3次元モデルを“手元に引き寄せて”観察、ダッソーがデモを披露
ダッソー・システムズは「MEDTEC Japan 2014」で、心臓の3次元モデルを観察できるデモを行った。専用のペンを使うと、心臓のモデルを回転させたり、自分の方に“引き寄せて”観察したりできる。(2014/4/14)

「ポケット・ミク」に好きな歌詞を歌ってもらえる祭りが始まったよ
鍵盤をペンでなぞれば初音ミクの歌声で歌ってくれる「ポケット・ミク」がさらに進化。(2014/4/3)

JTT、極細ペン先タイプのiPad用スタイタスペン
日本トラストテクノロジーは、極細ペン先を採用したiPad/同 mini用スタイタスペン「ink 超極細スタイラスペン」を発売した。(2014/3/28)

「美少女戦士セーラームーン」から本当に書ける「ライトな変装ペン」登場
昔の玩具を実用的にアレンジ。ボールペンとしても使える。(2014/3/24)

赤いシャアペンとセイラ万年筆の再会セット 機動戦士ガンダム35周年、セーラー万年筆が製造
シャーペンと万年筆に魂を宿し、ここに再会!(2014/3/17)

ねっと部:
いい筆記具になった「セイラ万年筆」 「シャアペン」と兄妹セット、セーラー万年筆製
ガンダムに登場する兄妹・シャアとセイラをイメージした「シャアペン&セイラ万年筆」のセットが登場。セーラー万年筆製だ。(2014/3/17)

ワコム、モバイル機器向けデジタルペンのラインアップを拡充――2014年から順次提供
ワコムは、各社製モバイルデバイス向けのデジタルペン技術のラインアップを拡充を発表。現行のEMR方式に加え、静電結合式を採用する中位/下位方式を提供する。(2014/3/11)

VAIO Fit 11Aをもっと知りたい(使い勝手編):
「VAIO Fit 11A」のペン入力、画質、音質をじっくりチェックする
コンパクトに持ち運んで、3つのスタイルで利用できる11.6型“2in1”デバイス「VAIO Fit 11A」。今回はその使い勝手、画質や音質に注目する。(2014/3/6)

Microsoftが経営陣再編 Google批判広告のペン氏が最高戦略責任者に
サトヤ・ナデラCEOが就任後初めての本格的な経営陣の再編を発表した。Google批判広告シリーズで名を知られ、最近ではスーパーボウルのCMで高い評価を受けたマーク・ペン氏がCSOに就任し、マーケティングを共同で担当してきたタミ・レラー氏は同社を去る。(2014/3/4)

せんせいっ風な機能付き:
1000円以下で童心に返れる――「お絵かきボード付き iPhone5S/5用ケース」
上海問屋が、付属ペンで絵を描けるボードを搭載したiPhone 5sケースを発売した。価格は999円。(2014/3/3)

蛍光ペンの線引き部分を伏せ字に アットステージが暗記アプリ「必勝!暗記」配信
ノートを撮影するだけで暗記したい部分を伏せ字にできるアプリが登場した。(2014/2/24)

セーラー戦士のアイテムそっくりボールペン ウラヌス・ネプチューンなど発売
セーラー戦士の変身アイテムや攻撃アイテムをモチーフにしたペンで、伸びて指示棒にもなる。(2014/2/21)

空中に絵を描ける3Dペン「3Doodler」日本で発売 Kickstarterで2億4000万円集めた注目アイテム
日本ではナカバヤシが独占販売します。(2014/2/21)

シャーボ誕生の秘話も明らかに:
ユーザーと二人三脚で目指す“究極のシャーボ”――ゼブラが仕掛けたユーザーイベントの狙いとは
ボールペンとシャープペンシルを合体させた筆記具「シャーボ」が誕生してから37年。“究極のシャーボ”を考えるユーザー参加型ワークショップが開かれた。こだわりが強いヘビーユーザーの生の声を聞いた、開発チームの新たな挑戦が始まろうとしている。(2014/2/21)

空中に“手描き”できる3Dペン「3Doodler」日本発売 1万6000円 ナカバヤシが独占販売
「Kickstarter」発で話題を呼んだ、空中に立体アートを手描きできる3Dプリントペン「3Doodler」が4月上旬に国内発売へ。(2014/2/20)

ペンタブやマンガ制作ソフトを使ったマンガ制作入門講座、無料開催
ワコム、NHN PlayArt、セルシスの3社は、最新のペンタブレットやマンガ制作ソフトを使ったマンガクリエイター向け「フルカラーデジタルマンガ制作入門講座」を無料開催。(2014/2/19)

冬にぴったり、これは買いかも:
“お値段以上”の軽快な書き味――ゼブラ発の380円スタイラスペンに驚いた
ゼブラがボールペン付きタッチペン「スタイラスC1」を発表した。発売前に一足早く使ってみたところ、380円と思えない書き味のよさに驚いてしまったのだった。(2014/2/19)

米The Joy Factory、iPad Air用の耐衝撃仕様シリコンケースとスタイラスペンを発売
米The Joy Factoryより、耐衝撃仕様のiPad Air 専用ケース2種とスマホ/タブレット用のスタイラスペンが登場。3月中旬から発売する。(2014/2/18)

CP+ 2014:
ペンタブレット導入でレタッチ効率UPを提案 ワコムブース
CP+にはカメラ周辺機器のメーカーも多く出展しており、ペンタブレットのワコムもそのひとつ。ブースでは「Intuos Pro」でフォトレタッチの効率を高める使い方の提案を行っていた。(2014/2/14)



バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。