ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ぺんてる」最新記事一覧

毛並みまで再現! イケメンゴリラをシャープペン1本で描き上げる動画がすごすぎる
イラストレーターの正体は後日公開されます。(2016/2/11)

お気に入りのボールペンを決める「OKB48総選挙」で筆箱のセンターを狙うのは……?
キミのボールペン愛が試される時が来た!(2015/11/1)

手や指で直接塗るから安全性を重視しました ぺんてるから「ゆびえのぐ」全8色が発売
容器にはアレルギー情報を表示。(2015/9/12)

落書きし放題のカフェバー再び ぺんてるの「GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel」オープン
今年のテーマは美術館。(2015/9/6)

ぺんてる、スマホ対応蛍光ペン「アンキスナップ」がPFU製「SnapLite」に対応
ぺんてるは、スマートフォン用暗記シートを作れる蛍光ペン「アンキスナップ」用アプリのバージョンアップを発表。新たにPFU製「SnapLite」に対応した。(2015/5/20)

思い出は心と写真の中に:
ぺんてる×キヤノン、お別れする校舎にペイントして写真に残す「校舎の思い出プロジェクト」実施
ぺんてるとキヤノンが3月13日、建て替えられる校舎との思い出づくりを支援する「校舎の思い出プロジェクト」を埼玉・川口市と東京・江戸川区の小学校で実施する。(2015/3/11)

折れない自信のキャンペーン:
この芯、折れません! ぺんてる「芯が折れたら返金キャンペーン」実施
細い芯でも折れないシャープペンシル「オレンズ」。0.2ミリの新色と0.3ミリバージョンが発売されるのに合わせて、ぺんてるは折れない自信を見せる「芯が折れたら返金キャンペーン」を開始した。(2015/1/13)

シャーペン業界の「芯が折れない」競争が新ステージに ぺんてる「芯が折れたら返金」キャンペーンを開始
ちょっとやそっとじゃ折れそうにない。(2015/1/13)

「うたプリ」がカスタマイズペンとコラボ! 限定モデルを来年2月に発売
オシャレです。(2014/12/10)

教えて! 絵師さん:
独学の日本画で描く妖怪の世界――アマヤギ堂さん
妖怪や動物の妖しげな世界を描いた日本画で、独特の存在感を放つアマヤギ堂さん。お気に入りの作品は「特にないです」と話す理由は……?(2014/10/6)

ぺんてる、iOS用の暗記アプリ「アンキスナップ」がEvernoteに対応
ぺんてるは、同社製となる暗記アプリ「アンキスナップ」のアップデートを発表。新たにEvernoteへの保存をサポートした。(2014/9/8)

ソフトニック:
かつて試験勉強の相棒だった赤&緑の暗記シートがアプリに!  忙しい社会人の勉強をバックアップ――「AnkiSnap」
「AnkiSnap」は、暗記勉強に役立つ学習アプリです。専用マーカーでなぞったところを撮影すると、アプリ上ではマスクがかかった状態で表示されます。(2014/8/14)

「pixiv」でぺんてる公式キャラ「ペペ&ルル」のイラストコンテスト開催
ぺんてるの公式キャラクター「ペペ&ルル」のイラストコンテストが「pixiv」で始まった。(2014/8/4)

今選びたいおすすめ暗記学習用グッズ5選
学生時代にお世話になった暗記学習用ッズも、ここ数年はスマホ連携文具の登場などによって飛躍的に便利になった。今おすすめしたい暗記グッズを紹介する。(2014/7/14)

「狙って消したい」人へ――用途別消しゴム5選
普段何気なく使っているものだからこそ、ちょっとした使い心地の違いが大きく感じられる消しゴム。個性が光る5種類を選んでみた。(2014/7/11)

取り壊される校舎を巨大キャンバスに 最後の思い出づくり、ぺんてるとキヤノンMJがサポート
児童が壁などに描いた絵をポスターにしたり、製作過程をフォトブックで残したりします。(2014/6/23)

App Town 写真/ビデオ:
ぺんてる、専用カードに描いたイラストが動き出すARアプリ「KakutoAR」リリース
スマートフォン/タブレットをかざすと、専用カードに描いたイラストが動き出すARアプリ「KakutoAR」がリリースされた。カードは期間限定のカフェバーでコースターとして配布する。(2014/6/3)

自由にラクガキできるカフェバーが銀座にオープン 料理もカクテルもパレットから飛び出してきたみたい
そこは、メルヘンのくにでした。(2014/5/26)

今選びたい、おすすめ「スマホ連携文具」7選
近年注目を集めているスマホ連携文具。今選ぶべきおすすめの7製品を紹介する。(2014/3/27)

初音ミクモデルも! イヤフォンジャックアクセサリーをつけられるペン登場
ぺんてるの「i+(アイプラス)」は、ボディやリフィルが選べるだけでなく、ペントップに市販のイヤフォンジャックアクセサリーを付けられる。(2014/1/13)

0.2ミリ芯で「不思議なほど」折れないシャーペン「オレンズ」、ぺんてるが発売
0.2ミリの芯でも折れにくいシャープペンシル「オレンズ」がぺんてるから発売される。(2014/1/9)

ぺんてるのカスタマイズペン「i+」に初音ミク限定モデル
ぺんてるは、3月発売のカスタマイズ多色ペン「i+」の記念モデルとして初音ミクとのコラボデザインを限定発売する。(2014/1/8)

極細芯でも折れないシャープペンシル「オレンズ」、ぺんてるから
「オレンズシステム」機構により、「芯がパイプに常にサポートされている状態」で書くことが可能に。(2014/1/8)

スマホ連携で“暗記シート”が作れる蛍光ペン「AnkiSnap」のAndroidアプリ登場
マーキングした部分を撮影すると、文字を隠したりスクラップできるスマホ連携蛍光ペンの専用アプリにAndroid版アプリが登場した。(2013/11/21)

なぞって撮れば暗記シートに スマホ対応ラインマーカー「AnkiSnap」 画像スクラップも
ぺんてるがスマートフォン対応ラインマーカーを発売。マーキングした紙や書籍を専用アプリで撮影することで、暗記シートや画像スクラップを作成できる。(2013/10/8)

なぞるだけでOK!:
ぺんてる、スマホ連携で暗記シート&スクラップが作れる蛍光ペン「AnkiSnap」
ぺんてるはノック式の蛍光ペン、AnkiSnapを発売した。ペンでなぞってスマホで撮影するだけで、マスクをオンオフできる暗記シートや、スクラップファイルを簡単に作れる。価格は525円。(2013/10/8)

ぺんてる、スマホで暗記シートやスクラップブックが作れる蛍光ペン
なぞった部分をマスクした暗記シートや、囲んだ部分を画像化したスクラップの作成ができるスマートフォン対応のラインマーカーが登場。(2013/10/8)

暗記が捗るスマホ対応ラインマーカーの登場にいろいろな可能性を妄想した
タッチしたら見える。(2013/10/8)

3分LifeHacking:
2種類の幅を使い分けられる、分離合体が可能な修正テープ
ぺんてるの「プチコレ」は、2つの修正テープを連結して持ち歩きやすくしたペン。幅が異なる2種類の修正テープを使い分けるのに向いている。(2013/8/12)

拠点、製品、市場の3軸で経営を管理
【事例】ぺんてるが連結管理システム構築、文具の売れ筋を分析可能に
世界各地に拠点を持ち、120カ国で製品を販売するぺんてるが連結管理会計システムを構築した。拠点、製品、市場の3軸管理という複雑な要件を満たすために選んだ製品とは?(2013/3/5)

abrAsusとairpenが合体、デジペン対応メモ帳
スマートフォン対応のデジタルペン「airpenPocket/airpenPocket++」と、バリューイノベーションのオリジナルブランド「abrAsus」がコラボレーションしたメモ帳が登場した。(2013/1/31)

システム手帳に書いたメモをデジタル化――ぺんてるの「スマート システムダイアリー」
ぺんてるとシステムダイアリーがコラボし、紙のシステム手帳に書いた筆跡をすぐにデジタル化できる「スマート システムダイアリー」を発売する。デジタルペン用の小型受信ユニットを使い、手帳のメモをスマホに送信できる。(2012/10/25)

ISOT 2012:
PR:アイデア創造名人が語る、文房具と知的生産の関係
文房具には、知的生産性を高める効果もあると言われています。その文房具と知的生産の関係について、アイデア発想名人たちに文房具がいかに人間の生産性を高めるかなどを議論してもらいました。(2012/7/17)

スマートな文具の話題:
iOS対応のairpenPocket++、ネット上ではどう使っている?
airpenと言えば、スマート文具なんていう言葉もない2005年以前からぺんてるが発売していた製品。Biz.IDでも創刊当時の2006年から何度も取り上げている。そんなairpenだが、満を持してiPhone/iPadに対応した。はたしてネットの声はいかがだっただろうか。(2012/5/23)

スマート文具:
新しいiPadと一緒に使える“新しいairpen” Android版と何が変わった?
ついにぺんてるのデジタルペン「airpen」がiPhoneやiPadといったiOSに対応した。その名も「airpenPocket++(エアペンポケットプラス)」。早速使用感を紹介しよう。(2012/5/14)

新製品チェック:
紙に書いた文字をデジタル化する「airpenPocket」がiOSに対応して登場
ぺんてるのデジタルペン「airpenPocket」がiOSに対応。紙に書いた文字をデジタル化してiPhone/iPadアプリに送信できる。(2012/5/11)

iOS対応版の「airpen」発売――紙に書いたメモをiPhoneにBluetooth転送
ぺんてるは、紙に書いた筆跡データをBluetoothでワイヤレス送信できるデジタルペン「airpen」のiOS対応版「airpenPocket++(エアペンポケットプラス)」を発売した。(2012/5/11)

スマート文具サミット:
万年筆のような電子ペンが欲しい!
文具やガジェット好き6人による座談会の第3回。手書き文字をデジタル化するツールの1つである電子ペンを彼らはどう見ているのでしょう?(2012/5/11)

細かい文字もiPhoneなどに保存できるデジタルペン「エアペンポケットプラス」
ぺんてるからiPhone/iPad/iPod touchに保存できるデジタルペンが5月11日より発売される。(2012/5/10)

ぺんてるのairpenがiOSに対応、筆跡をiPhoneに転送できるように
手書きの文字をリアルタイムでデジタル化する電子ペン「airpenPocket」がiOS端末に対応。筆跡をiPhoneに転送、iCloudで同期できるほか、EvernoteやFacebookにも送信可能だ。(2012/5/10)

ビジネスメガネ男子コンテストの優勝者が登場!:
読者が選んだ2011年のトレンドは――第3回「ビジネステレビ誠」
2011年最後のビジネステレビ誠は、「ビジネスメガネ男子コンテスト」と「誠トレンド格付2011」という“読者が選ぶ”企画の結果発表2本立て。記事の最後にプレゼントのお知らせがあります。(2011/12/22)

誠編集部が選ぶ2011年のトレンドは?
東日本大震災という大きな出来事があった2011年。今年話題となった出来事を、Business Media 誠、誠Biz.ID、誠Style編集部それぞれが5つずつ選んでみました。(2011/12/16)

Thinking Power Projectリポート:
ロディアやモレスキンばかりじゃつまらない、「自分専用のツバメノート」を目指したTPN
ロディアやモレスキンとはまた異なる、大人の為のノートがほしい――ある一通のメールから始まったノート開発プロジェクト、その誕生秘話とは?(2011/11/10)

デジタルペンと人力文字解析サービスの最強タッグ?:
ノートサイズに依存せず、手紙メモの“手軽クラウド保存”が可能に
ペンテルのデジタルペン「airpenPocket」が人力文字解析サービス「O-RID KYBER」に対応した。Bluetooth経由でスマートフォンやPCに手書きメモをデジタルデータとして保存できる。(2011/10/20)

ぺんてる、「airpenPocket」に専用下敷き付き限定モデルを追加
ぺんてるの「airpenPocket」に、立ったままでも使いやすい面ファスナーつきの下敷きを同梱した限定セットが登場。下敷きのみの販売も行われる。(2011/9/5)

Evernote Trunk Conference:
「すべてを記憶する」の次の100年を作るヒントとは?
8月18日、「Evernote Trunk Conference」はサンフランシスコ市内のギャラリースペースを会場に朝9時から夜7時まで開催。Evernoteの最新情報と開発者によるツールを紹介するなど、Evernoteがエコシステムを作り始める第一歩のイベントとなった。(2011/9/2)

Bluetooth+スマートフォン対応で広がったairpenの可能性
この春に登場したぺんてるのairpenPocketは、新たにBluetoothに対応。スマートフォンと連係することで可能性が広がった。7月に行ったドコモスマートフォンラウンジでのセミナーを振り返りつつ、現時点と近未来におけるairpenPocketの可能性を考察してみよう。(2011/8/5)

脱ガンジガラメの働き方:
単なる“場所貸し”ではない新しいセカンドオフィス――他者(社)と一緒に働くこと
社外にもう1つの職場を――。東日本大震災以降、自社以外で働けるセカンドオフィスに注目が集まっているが、単なる“場所貸し”ではない新しいセカンドオフィスが登場している。(2011/6/29)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
図解メモのクラウド化計画(JotNot Scanner編)
ショットノートやairpenPocketを活用して図解メモのクラウド化を推進してきた筆者。今回はスマートフォン用のアプリ「JotNot Scanner」を使ってみました。(2011/6/21)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
図解メモのクラウド化計画(airpenPocket編)
たまに昔のメモを見たいと思うことがありますが、書き込んだ手帳をすべて持ち歩くわけにもいきません。そこでメモをスマートフォンで持ち歩きたいと考え、いくつかの方法を試行錯誤中です。今回は「airpenPocket」を使ったメモのクラウド術を紹介します。(2011/6/8)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。