ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「パイオニア」最新記事一覧

オンキヨーのマイクロコンポ「FRシリーズ」が進化――USBメモリーからのハイレゾ再生に対応
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、オンキヨーブランドのマイクロコンポ「FRシリーズ」新製品を発表した。USBメモリーから最大96kHz/24bitのWAV/FLACを再生できるようになった。(2016/6/15)

サウンドバーを2つに分けてみたら? パイオニアの新提案「HTP-CS1」
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンがフロントスピーカーシステム「HTP-CS1」を発表した。バータイプの一体型フロントスピーカーを分離・小型化するという新提案だ。(2016/6/13)

自動運転技術:
3Dライダーで自動運転向け地図を随時更新、パイオニアが地図情報大手と実証実験
パイオニアと地図情報サービス大手のHEREは、パイオニアの走行空間センサー「3D-LiDAR(3Dライダー)」と、HEREの自動運転向け高精度地図を活用して、自動運転向け地図を効率的に更新/運用する“データエコシステム”の構築に向けた実証実験を行うことで合意した。(2016/5/12)

車載情報機器:
最新型「サイバーナビ」は車上荒らしからクルマを守る
パイオニアは、カロッツェリアブランドのカーナビゲーションシステム「サイバーナビ」の新モデルを発表した。専用の車載カメラや同社のサーバと通信するモジュールをサイバーナビと併用する簡易な緊急通報システムといえる機能を搭載。車上荒らしなどの異変や事故発生時にユーザーや家族などに画像付きのメールを送信できるようにした。(2016/5/11)

ゲーム筐体で使える:
「プリパラ」とパイオニアがコラボ、らぁら&ファルルの“神ヘッドフォン”発売
アニメ&ゲーム「プリパラ」とパイオニアのコラボヘッドフォンが登場。(2016/4/28)

CES-ASIAで展示:
パイオニア、車載機器向け「眠気検知ユニット」を開発――次世代運転支援システムの開発に弾み
先鋒電子(パイオニア中国)は、清華大学蘇州自動車研究院傘下のベンチャー企業と共同で「眠気検知ユニット」を開発した。5月11日からのCES-ASIA(中国・上海)で展示する。(2016/4/25)

パイオニア、Diracブランドの代理店契約を締結――音響補正技術を連携を強化
パイオニアは、スウェーデンのDirac Researchと国内総代理店契約を締結。総代理店としてDiracの音響補正技術に関するライセンス提供を手がける。(2016/4/21)

e-onkyo musicがMQA音源の配信を開始ーー「DP-X1」「XDP-100R」で再生可能に
ハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」がMQA音源の配信を開始した。オンキヨーのポータブルオーディオプレーヤー「DP-X1」、およびパイオニアの「XDP-100R」で再生できる。(2016/4/12)

車載情報機器:
国内の10年分の急ブレーキ記録をパイオニアが提供、事故情報よりもヒントが多い
パイオニアは、急ブレーキが多発した地点をまとめた日本全国のデータの有償利用を受け付ける専用Webサイトを開設した。急ブレーキの記録は、同社独自のプローブデータ活用システム「スマートループ」を通じて、2006年5月から蓄積しているもの。交通安全対策として道路形状や周辺環境の分析での応用を見込んでいる。(2016/4/12)

パイオニア、アニメ「K RETURN OF KINGS」とコラボしたワイヤレスヘッドフォンを発売
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは4月11日、昨年秋に放送された人気アニメ「K RETURN OF KINGS」とのコラボヘッドフォン2種を発表した。(2016/4/11)

泣けるぜ:
「バイオハザード」20周年記念! 「S.T.A.R.S.」と「Umbrella」のロゴ入りヘッドフォンがパイオニアから登場
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、人気ゲーム「バイオハザード」シリーズとのコラボレーションヘッドフォン2種を通販限定で発売する。バイオハザードシリーズが今年3月に20周年を迎えたことを記念したもの。(2016/4/1)

パイオニア、多彩な音源再生に対応したエントリーAVアンプ「VSX-831」
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、パイオニアブランドのAVアンプ新製品「VSX-831」を発表した。スマートフォンからのワイヤレス音楽再生やハイレゾ音源再生にも対応する。(2016/3/28)

どうぞお好きな松を:
「おそ松さん」のコラボイヤフォン「おと松さん」、パイオニアが期間限定で販売
パイオニアブランドのイヤフォン「SE-CL522」がアニメ「おそ松さん」とコラボ。兄弟ごとのカラーを展開し、ハウジング部に松マークを刻印した。(2016/3/25)

デカルチャー:
パイオニア「SE-MX8」に「マクロスΔ」コラボモデルが早くも登場
パイオニアブランドのハイレゾ対応ヘッドフォン「SE-MX8」と4月に放送を開始するテレビアニメ「マクロスΔ(デルタ)」のコラボレーションモデル2種が登場した。(2016/3/23)

PR:マルチベンダー対応の「定期点検保守サービス」、その可能性とは?
保守サポート終了(EOL/EOSL)後もメーカーに代わって保守を行う「第三者保守」。そのパイオニアである「データライブ」がサーバの定期点検を行うサービスをスタートする。このサービスは保守サービスの概念を変える存在になり得るかもしれない。(2016/3/23)

フィリップスからマルチルーム対応のBluetoothスピーカー「izzy」シリーズ2機種が登場
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、フィリップスブランドのワイヤレススピーカー“izzy”(イージー)シリーズ2機種を3月下旬に発売する。1台のマスターに対して最大5台が接続できるマルチルーム設定に対応する。(2016/3/17)

オンキヨー&パイオニア、AVアンプの「DTS:X」対応ファームウェアを提供
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、AVアンプの「DTS:X」対応ファームウェアを提供すると発表した。対象はオンキヨー、パイオニアの5機種。(2016/3/15)

再び悪魔と契約したオンキヨー、「聖飢魔II」コラボヘッドフォン第2弾「AQUMA」発売
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは魔歴18年(西暦2016年)3月10日、日本が世界に誇る悪魔集団「聖飢魔II」と結託し、公式コラボレーションヘッドフォンの第2弾「AQUMA」を発表した。(2016/3/10)

手軽に始められるサラウンド、オンキヨーから低価格のホームシアタースピーカー「D-109Xシリーズ」登場
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、オンキヨーブランドのホームシアター向けスピーカー「D-109X」シリーズ3機種を発表した。3月下旬に発売する。(2016/3/8)

ハイレゾ対応DAPなどが1000名に当たる「New Lifeキャンペーン」、オンキヨー&パイオニアが実施
ミニコンポを買って応募すると抽選でヘッドフォンなどが1000名に当たる「オンキヨー&パイオニアNew Lifeキャンペーン」が3月1日にスタートする。(2016/2/29)

オンキヨー&パイオニア、「DP-X1」と「XDP-100R」にフォルダ再生機能を追加――ポタ研で披露
ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー「DP-X1」および「XDP-100R」にユーザー待望の「フォルダ再生機能」などが追加される。(2016/2/12)

フィリップス、周囲の騒音を最大99%低減させるBluetoothヘッドフォン「SHB9850NC」
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、フィリップスブランドのBluetoothヘッドフォン「SHB9850NC」を2月初旬に発売する。ノイズキャンセリング機能「ActiveShield Pro」を搭載し、周囲の騒音を最大99%低減するという。(2016/2/4)

予約販売のみ:
ラビットハウスの看板が耳元に――オンキヨーが「ご注文はうさぎですか??」コラボイヤフォンを発売
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、ハイレゾ対応イヤフォン「E700MW」のアニメ「ご注文はうさぎですか??」コラボレーションモデル2種を発売する。(2016/1/29)

小さくて装着しやすいBluetoothイヤフォン「E300BT」、オンキヨーから
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、Bluetoothイヤフォンの新製品「E300BT」を2月初旬に発売する。バッテリーパックを別体にすることでハウジングを小型化し、装着感を高めた。(2016/1/26)

専業ベンダーに加えて大手ITベンダーも攻勢
これだけは押さえておきたい「ハイパーコンバージド」技術の2015年まとめ
2015年のハイパーコンバージドシステム市場では、アプライアンス「EVO:RAIL」を販売する米VMwareのパートナーや、パイオニア企業に加え、新参の大手ITベンダーが顧客獲得にしのぎを削った。(2015/12/28)

「e-onkyo music」で2015年にもっとも売れた曲は?――シングル・ランキングは、あの紅白出場アーティストが席巻
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは12月25日、ハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo muisc」の2015年年間ランキングを公開した。(2015/12/25)

「ラブライブ!」コラボヘッドフォンが登場――「μ's」をイメージした9種類
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、パイオニアブランドのヘッドフォン「SE-MX8-K」と人気アニメ「ラブライブ!」のコラボレーションモデルを発表した。予約期間は、12月21日(月)の12時から2016年1月15日(金)15時まで。(2015/12/18)

アイアン・メイデンとコラボ、オンキヨーからヘビメタファン向けヘッドフォン「ED-PH0N3S」が登場
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、伝説的なヘビーメタルバンド「IRON MAIDEN」(アイアン・メイデン)とのコラボヘッドフォン「ED-PH0N3S」を発表した。スティーブ・ハリス氏と共同開発。(2015/12/8)

パイオニア、携帯できるハイレゾ対応ヘッドフォン「SE-MHR5」――2.5ミリ4極のバランス接続用コードも付属
パイオニアブランドからポータブル用途を想定したハイレゾ対応の密閉型ヘッドフォン「SE-MHR5」が登場。コードは着脱式で2種類のコードが付属する。(2015/11/26)

PR:もうメーカーに縛られない――「第三者保守」で変わるITシステム運用の“常識”
「やっとシステムが安定したのに、またリプレースか」――ハードウェアのサポート終了に悩む情シス担当者は多いはず。しかし最近は、メーカー保守が終了した後にメーカー以外の事業者に保守の継続を依頼する「第三者保守」という選択肢もある。そのメリットはどこにあるのか。第三者保守のパイオニアである「データライブ」のネットワーク機器メーカー保守切れサポートを例に説明しよう。(2015/11/24)

2人で音楽を共有できるBluetoothイヤフォン、フィリップスから
オンキヨー&パイオニアイノベーションズがPHILIPS(フィリップス)ブランドのBluetoothヘッドフォンおよびイヤフォン計4製品を発表した。音楽を共有できる「MusicChain」機能対応モデルも3機種をラインアップ。(2015/11/12)

なんと1000名にヘッドフォンが!:
オンキヨー&パイオニア、ミニコンポのヘッドフォンプレゼントキャンペーンを実施
ミニコンポを買って応募すると抽選でヘッドフォンが1000名に当たる「オンキヨー&パイオニア オーディオいい音キャンペーン」が11月10日にスタートする。(2015/11/9)

東京モーターショー2015:
リヤウィンドウのど真ん中にブレーキランプを設置!? 透過型有機EL照明で実現
パイオニアは、「東京モーターショー2015」において、独自の有機EL照明技術を活用した「透過型ハイマウントストップランプ」を展示した。ランプのオン/オフに関わらず透過性を確保できる透過型ハイマウントストップランプは、リヤウィンドウそのものに組み込むこともできるという。(2015/11/6)

「ハイレゾ道も始めます!」 パイオニア「XDP-100R」にガルパンコラボモデルが登場
パイオニアとランティスは10月29日、パイオニア製ハイレゾプレイヤーの「ガールズ&パンツァー」スペシャルコラボモデルを発表した。(2015/10/30)

東京モーターショー2015:
パイオニアが自動運転車向け3Dライダーの小型化に注力、「価格も1万円以下に」
パイオニアは「東京モーターショー2015」において、自動運転車で主要な役割を果たすセンサーとして期待されている3Dライダーの大幅な小型化を図るとともに、現在数百万円ともいわれる価格を1万円以下にするという目標を打ち出した。(2015/10/30)

オンキヨー&パイオニア、設計思想を共有する2つのハイレゾ対応プレイヤーを発売
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、パイオニアブランドの「XDP-100R」、オンキヨーブランドの「DP-X1」という2つのハイレゾ対応DAP(デジタルオーディオプレイヤー)を同時に発表した。このうち「DP-X1」はヘッドフォンのバランス駆動に対応する。(2015/10/14)

車載情報機器:
パイオニアが百度と協業、テレマティクスサービス「CarLife」対応機器を供給
パイオニアは、中国の検索大手である百度(Baidu)のテレマティクスサービス「CarLife」に対応した車載情報機器の開発/製造受託企業第1号に認定されたと発表した。2015年11月から、自動車メーカー向けに対応機器の出荷を始めるという。(2015/9/29)

4色カラバリ!:
パイオニア、Bluetooth対応のCDミニコンポ「X-CM35」を10月上旬に発売
パイオニアからCDミニコンポ「X-CM35」が10月上旬に発売される。(2015/9/24)

2Lの音源をマスター品質で――e-onkyo musicが国内初の352.8kHz/24bit配信を開始
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは9月18日、国内初となる352.8kHz/24bitハイレゾ音源5タイトルの配信を開始した。いずれも高音質レーベルとして知られるノルウェー2Lレーベルのタイトルだ。(2015/9/18)

最先端の研究者が疑念に答える
「生体認証=使えない」はもう古い、パイオニアが語る生体認証の驚くべき進化
相次ぐ情報漏えいへの対策として有効な生体認証。その中でも「手のひら静脈認証」は従来の生体認証の弱点をカバーし、より使い勝手を高めた技術だ。手のひら静脈認証の実力を研究者自身が解説する。(2015/9/25)

車載情報機器:
パイオニアが車載エンタメサービス拡充、同期歌詞データのベンチャーに出資
パイオニアは、アーティストの公式音源に合わせた同期歌詞データを国内最大規模で有するシンクパワーと、資本出資と業務提携に関する契約を締結した。2015年5月に発表した「ミュージッククルーズチャンネル」のような車載エンタテインメントサービスを拡充させたい考え。(2015/9/15)

パイオニア、DTS:Xにも対応するフラグシップAVアンプ「SC-LX89」など3機種を発表
パイオニアは、同社製AVアンプの上位ラインアップにあたる3機種を発表した。いずれもDolby Atmosに加え、ファームウェアアップデートでDTS:Xもサポートする9.2ch対応機。(2015/9/10)

4つのカラバリを展開、Pioneer DJヘッドフォンのエントリーモデル「HDJ-700」
Pioneer DJは9月8日、DJ向けヘッドフォンのエントリー機「HDJ-700」を発表した。ゴールド、ブラック、レッド、ホワイトの4色を展開する。(2015/9/8)

パイオニア社員がインサイダー取引 下方修正と提携事前に知り株式売買
パイオニア社員が下方修正と提携を事前に知って株式を売買したとして、証券取引等監視委員会が金融庁に対し課徴金納付命令を出すよう勧告。(2015/9/8)

自動運転技術:
パイオニアがアウディBMWダイムラーに買収されたHEREと提携、自動運転向け地図で
パイオニアと地図データ大手のHEREは、自動運転・高度運転支援向け高度化地図の活用について協議を進めることで合意した。国内向けのみならずグローバルでの提携が前提となる。(2015/9/7)

IFA 2015:
MQA再生もサポート!――パイオニアからハイレゾ対応ポータブルプレイヤー「XDP-100R」登場
パイオニアブランドから初のハイレゾ対応ポータブルオーディオプレイヤー「XDP-100R」が登場した。最大384kHz/24bitのPCM、11.2MHzまでのDSDを再生可能。さらにMeridianのMQAにも対応した。(2015/9/4)

パイオニア、DSD 11.2MHz再生に対応するUSB-DAC機能付きインテグレーテッドアンプ「A-70DA」など
オンキヨー&パイオニアはパイオニアブランドのインテグレーテッドアンプの新製品として、「A-70A」およびUSB-DAC機能を内蔵した「A-70DA」「A-50DA」を発表した。(2015/9/3)

光ディスク技術を活用:
自動運転向けセンサー3D-LiDAR、実証実験を開始
パイオニアは自動運転や高度運転支援向けに必要な走行空間センサー「3D-LiDAR(ライダー)」の車載実証実験を開始したと発表した。2016年度中に高度化地図の整備車両向けに実用化し、2017年には業務用製品化、2018年以降に一般車両向けに製品化を目指すという。(2015/9/2)

自動運転技術:
パイオニアが自動運転車向けレーザースキャナを開発、光ディスク技術を応用
パイオニアは、自動運転システムやADAS(先進運転支援システム)に必要とされる3次元レーザースキャナを開発した。2016年中に、自動運転技術で重要な役割を果たす高度化地図の整備車両向けに実用化した後、2017年に業務用製品、2018年から一般車両向けの製品化を目指す。(2015/9/2)

車載情報機器:
事故発生をスマホ1タップで保険会社に連絡、パイオニアのビーコンテレマティクス
パイオニアは、スマートフォンと自動車向けビーコン端末を活用したテレマティクスソリューション「クルマ DE ビーコン サービスプラットフォーム」を開発。東京海上日動火災保険の新たな「事故時自動連絡支援サービス」に採用された。ビーコン端末を活用するテレマティクスは「自動車業界初」(パイオニア)だという。(2015/9/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。