パイオニア、カーナビ「楽ナビ」13機種を順次発売 ドコモの通信サービスが1年無償、地図の自動更新も

» 2024年05月17日 11時47分 公開

 パイオニアは、6月からカーナビブランド「カロッツェリア」の「楽ナビ」13機種を順次発売する。

パイオニア 楽ナビ「AVIC-RQ721-DC」

 本製品は車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」に対応し、付属または別売のネットワークスティックを接続すれば、本機をWi-Fiスポットとして利用できる。ネットワークスティック同梱モデル3種には、サービスの1年間無償使用権が付属する。

 今回のモデルチェンジではエンジン始動後や走行後の停車時のWi-Fiスポット機能利用時間が最大30〜60分間だったところ、最大2時間に拡大。通信を使って最新地図へ更新できる「自動地図更新」に対応している他、ドライブに役立つ「スマートループ渋滞情報」「お出かけ検索(オンライン)」「ガススタ価格情報」「駐車場満空情報」なども利用できる。

パイオニア エンジン始動後や走行後の停車時のWi-Fiスポット機能利用時間が拡大

 ドライブ中によく使う検索や機能をスムーズかつ直感的に操作できるユーザーインタフェース「Doメニュー」を採用。ドライブ中に立ち寄る機会の多いスポットをワンタッチで検索できる「ダイレクト周辺検索」、4つのキーを自由に配置できる「ショートカットキー」も備える。この他、交差点までの残り信号数をカウントダウンしながら案内する「信号機カウント交差点案内」、必要な時間や走行距離などを比較しながら選択できる「ルート探索」機能も利用可能だ。

パイオニア 「Doメニュー」の利用イメージ
パイオニア ナビゲーション機能のイメージ

 IPS方式とNormally Black方式を採用した高解像度HDパネルは、1677万色の色調表現で地図表示やメニュー画面を細部まで表示可能。スマートフォンのミラーリング接続や、さまざまなHDMI機器を接続できるHDMI入出力を搭載する。

 また、発売から2025年11月末までに「MapFanスマートメンバーズ」へ新規登録すると加入時から最大1年間、最新データバージョンアップとオービスライブなどの各種特典が無償で利用できるキャンペーンも実施する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  4. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  5. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  6. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  7. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
  8. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  9. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  10. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー