ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ポータル」最新記事一覧

拡大するOffice 365の全体像(前編)
Office 2016だけではまねできない、Office 365の多彩なデータ処理機能
Office 365はアプリスイートの枠を超え、データ処理ポータルという新たな価値を創造してきた。Office 365のツールを組み合わせることで、どのようなアプリが生まれるだろうか。(2017/10/24)

UQ mobileが「arrows M04 PREMIUM」と「AQUOS sense」を発売 スマホ向け新ポータルも
UQ mobileが、2017年冬商戦向けの新スマートフォンを発売する。合わせて、スマートフォン向けの新しいポータルサイト「UQライフ」の提供も開始する。(2017/10/23)

Azure ハイッ! ここ大事!:
Azureでサービスの動作状態を監視する
Azureのサービスが正常に動作しているかどうか、いちいちポータル画面を開いてチェックするのは大変ですよね? Azureの監視機能を使えば、エラーの発生などを自動通知させることができます。(2017/10/5)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(41):
クラシックポータルにおけるAzure ADの管理サポート終了通知
2017年9月中旬から、Microsoft Azureのクラシックポータルの「Active Directory」管理ページに、Azure Active Directory(Azure AD)の管理機能の終了予定に関する通知が表示されるようになりました。クラシックポータルにおけるAzure ADの管理サポートは、2017年11月30日で終了する予定です。(2017/9/21)

日立ハイテクノロジーズ ExTOPE:
異機種データもクラウドで管理、「データ活用」を提供するポータル
日立ハイテクノロジーズが、同社製品向けIoTポータルサービス「ExTOPE(エクストープ)」を開発した。さまざまな装置が出力するサービスをクラウドに収集、管理することで利用者に対し、データ活用という新たな価値を提供する。(2017/9/12)

FAニュース:
製造装置の出力データをクラウド管理できるIoTサービスポータル
日立ハイテクノロジーズは、同社が販売する装置向けのIoTサービスポータル「ExTOPE」を開発した。装置が出力するデータをクラウド上で収集、蓄積、管理し、ユーザーがデータの共有や分析などに活用できる。(2017/9/6)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(39):
クラシックポータルにおける仮想マシンのサービス終了通知
2017年8月16日、Microsoft Azureのクラシックポータルに、仮想マシン(クラシック)サービスに関する重要な通知が表示されるようになりました。クラシックポータルでの仮想マシン(クラシック)の利用は「2017年11月15日」に終了し、以後は新しいポータルでのみ利用できるようになるそうです。(2017/8/23)

IT部門の「戦略的役割」を実現する体制を支援:
Microsoft、Azureポータルの機能を拡充 「EMS」サービス群の統合管理機能と操作性を強化
Microsoft Azureの管理ポータル「Azureポータル」に新機能が追加。ユーザー認証、デバイス、アプリ、データの4レイヤーを統合管理する「Enterprise Mobility + Security」を効果的に活用していくための連携機能が強化された。(2017/7/5)

Tech TIPS:
Azure SQL DatabaseのインデックスやキャッシュをT-SQLで制御する
AzureポータルではAzure SQL Databaseのインデックスやプロシージャキャッシュの細かい制御ができない。そんな場合はSQL Server Management Studio(SSMS)で制御用T-SQLを直接実行すればよい。知っておくと便利なT-SQLを幾つか紹介する。(2017/6/26)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(34):
Microsoft Intuneの新しい管理コンソールがAzureポータルに正式に統合
Azure Active Directory(Azure AD)の管理機能に続き、Microsoft Intuneの管理機能がAzureポータルのブレードとして正式に統合されました。同時に、Azure ADとIntuneの管理ブレードへの「条件付きアクセス」によるアクセス制御が可能になりました。(2017/6/15)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(31):
Azure ADの管理機能を統合したポータル「Azure AD管理センター」
Azure ADの管理に特化した、新しいポータル「Azure Active Directory admin center(Azure AD管理センター)」が公開されました。(2017/5/18)

「Ingressが好きすぎる沖縄そば屋」がついにポータル認定 2年半越しの申請実る 店主「最初はGPSが狂ったと思った」
「ポケモンGO」が人気の一方、エージェントたちの日常は今も続いている。(2017/5/17)

Microsoft、セキュリティ情報の新ポータルに意見募る ユーザーには不評?
新しいポータルサイト「セキュリティ更新プログラムガイド」について、Microsoftのフォーラムには「元のセキュリティ情報に戻して」などの声が寄せられている。(2017/4/24)

LINEアプリにニュースタブ 「スマホニュースNo.1目指す」
LINEアプリに「ニュースタブ」が新設。LINEのポータル化戦略の一環で、「スマートフォンニュースサイトNo.1を目指す」としている。(2017/2/24)

静岡県に密着した情報ポータル「@Sモバイル」「@Sひかり」登場 通信回線と一体で提供
静岡新聞社と静岡放送(SBS)が、地域情報ポータルサービスの提供を開始した。携帯電話回線または光回線と一体化して提供することが大きな特徴で、携帯電話回線・光回線のセット割も提供する。(2017/2/1)

シニア市場を開拓するための第一歩
シニア向け自社ポータルを、今、低コストかつスピーディに構築すべき理由
シニア向けサービスが成功するか分からぬまま、シニア用のUI設計に大規模投資するのは難しい。そこに手軽かつスピーディに開発できるサービスがあればどうなるだろうか?(2017/1/27)

アクティブシニアコンシューマーを囲い込む
なぜ自社ポータル構築サービスを採用すると市場開拓につながるのか
高齢者を含む一般消費者向け事業の成否は、いかに付加価値の高いサービスを提供できるかにかかっている。そのサービス基盤を効率よく整備する際に必要なことを考えていく。(2017/1/17)

Microsoft、セキュリティ情報公開の方式を変更 2月からはサマリー掲載廃止
2月からは従来の月例セキュリティ情報ページへのサマリー掲載を中止し、新ポータルのみを通じて更新情報を提供する。(2017/1/17)

三菱重工航空エンジン、サプライヤー向けポータルをPaaSで構築
Oracleのクラウドプラットフォーム「Oracle Java Cloud Service」を活用して、納期情報や製品不具合時の情報をやりとりするサプライヤーポータルを構築。業務プロセスの効率化・可視化を目指す。(2016/10/27)

「不動産売却、ネットだけで完結は困難」 不動産大手6社が専門ポータルサイト
不動産流通大手6社が不動産売却専門のポータルサイトを開設した。(2016/10/7)

学生支援の細かさには「顧客志向」が必要
デジタルハリウッド大学が「学校向けポータル」ではなく「Salesforce」を選んだ理由
学生情報を“カルテ”のように一元管理できる学生ポータルを構築したデジタルハリウッド大学。その基盤として教育機関向けパッケージではなく、企業向けクラウドサービスを選んだという。それはなぜなのか。(2016/9/30)

電力自由化で勝者になるための条件(15):
需要家にWebで情報を提供するメリット、ポータルは導線の作り方が重要
顧客管理の機能の1つとして、需要家向けの情報をタイムリーに提供する仕組みが重要になる。Webを利用したポータルを構築して、情報を提供しながら新規の顧客獲得を目指す事業者は多い。ポータルからの申し込みを増やすためには、需要家にわかりやすい導線を用意する必要がある。(2016/9/21)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(23):
Azure AD待望の新ポータル対応、パブリックプレビュー段階に
クラウドベースのID管理サービス「Azure Active Directory(Azure AD)」の管理機能が、Microsoft Azureの新しいポータル内で利用可能になりました。現在はパブリックプレビュー版ですが、既に運用中のAzure ADのディレクトリは新旧両方のポータルから管理できます。(2016/9/14)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(66):
幻のWindows ApportalとGranular UX Controlの謎
Windows 8.1向けに提供される予定“だった”企業向けポータル機能「Windows Apportal」をご存じでしょうか。“だった”というのは、マイクロソフトのWebサイトからWindows Apportalの痕跡が消えてしまったからです。Windows Apportalの詳細は結局謎のままでしたが、Windows 10では「Advanced Granular UX Control」という新たな謎が登場しました。(2016/9/13)

OpenStackは「15分で導入可能」:
[速報]米ヴイエムウェア、OpenStackとコンテナの製品を強化
米ヴイエムウェアは2016年8月30日(米国時間)、同社のOpenStackディストリビューションの新版、「VMware Integrated OpenStack 3(VIO 3)」を、2016年第3四半期に提供開始すると発表した。また、vSphere Integrated Containersでは管理ポータルとレジストリ機能を発表した。(2016/8/31)

建物はなくてもポケストップとして残る―― 津波被害を受けた石巻のポケストップが話題
その正体はIngressユーザーが残した「記憶のポータル」。(2016/8/2)

鳥取砂丘で87カ所ポータル申請 Pokemon GO“解放区”のきっかけに Ingressエージェント・katops氏に聞く
鳥取砂丘はポケストップが集中した“ポケモンの巣”になっており、県が「Pokemon GO解放区宣言」を出すなど話題だ。砂丘にポケストップが大量に生まれた背景には、あるIngressエージェントの努力があった。(2016/7/27)

小説もブログも Web上の作品を登録して作家デビューを目指す「ツギクル」β版公開
無料でWeb上の作品を発表し閲覧できるポータル「ツギクル」のβ版がオープン。先行して小説とブログの登録受付を行い、16年秋の正式オープンからAIによる作品分析などの各種機能提供を予定する。(2016/7/26)

Yahoo!、カスタマイズしたポータル作れる「My Yahoo!」サービスを終了
9月29日で終了となる。(2016/6/14)

カスタマイズできる個人ポータル「My Yahoo!」、サービス終了
個人向けカスタマイズポータルサービス「My Yahoo!」が9月29日にサービスを終了する。(2016/6/14)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(18):
FreeBSD 10.3がMicrosoft Azureで正式サポート
2016年6月より、AzureポータルのMarketplaceで「FreeBSD 10.3」のイメージが利用可能になりました。これは、FreeBSDのAzure仮想マシンを簡単にデプロイできるというだけでなく、FreeBSDがAzure仮想マシンで正式にサポートされるということでもあります。(2016/6/14)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(17):
「Azure復旧サービス」が新しいポータルに統合、Azure Resource Managerにも対応
2016年5月より、クラシックポータルのみで提供されてきたMicrosoft Azureの「Recovery Services(復旧サービス)」が新しいAzureポータルに統合されました。新しいAzureポータルで一貫性のある、ブレード形式のUIで簡単に操作できるだけでなく、Azure Resource ManagerでデプロイされたAzure仮想マシンのバックアップにも対応しました。(2016/6/8)

Ingressを通じて東北復興を支援する「東北INGRESSプラン」開始 エージェントの東北旅行が復興の一助に
同時に福島・宮城・岩手の沿岸部エリア限定で、Ingressのポータル申請が解禁。(2016/4/5)

民放5局の共同見逃し配信ポータル「TVer」、200万ダウンロード突破
在京民放5社の共同「TVer」のスマホ向けアプリが200万ダウンロードを超えた。(2016/3/1)

IoTやDockerにも乗り出した
Microsoft Azure、2015年の“覚醒”、AWS対抗の注目アップデートを見る
「Microsoft Azure」は2015年、ポータル強化、パートナーシップ拡大、ビッグデータやコンテナ関連のアップデートに力を入れ、「Amazon Web Services」の最有力対抗馬となった。(2016/1/8)

新春インタビュー:
メッセンジャーを軸に、LINEはスマートフォン時代の新たなポータルになる――LINE 出澤剛社長に聞く
日本を代表するプラットフォームサービスとなった「LINE」は、コミュニケーション分野で大きな存在感を示し、デジタルコンテンツ、物販やO2O、タクシー配車などさまざまな分野に裾野を広げている。LINEは2016年にどこへ向かうのか。出澤社長に聞いた。(2016/1/4)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(10):
正式版となった「Azureポータル」では何が変わる?
マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」では、日々、新たな機能やサービスが提供されています。今回は、2015年12月に正式リリースとなった新しい「Azureポータル」を紹介します。(2015/12/24)

Ingressで子ども見守り 公園にポータル、ミッション提供も 大阪市天王寺区
公園内に設定された「Ingress」のポータルを活用し、エージェントに子どもたちの見守りをしてもらう取り組みを、大阪市天王寺区がスタートした。(2015/12/17)

Microsoft Azure導入事例
ライセンス管理ポータルを独自開発した大学がMicrosoft Azureを選んだ理由
通信教育を行っている英公立大学「オープン大学」は、教材に含まれる音声や映像の著作権管理に頭を悩ませていた。そこでライセンス管理ポータルの独自開発に着手。基盤にMicrosoft Azureを選んだ理由とは?(2015/11/11)

Google Play Music、Podcast配信に向けてポータル開設
Googleが、現在Apple端末が独占状態のPodcastを、Google Play Musicで配信すると発表した。まずは米国のPodcasterにアップロードを呼び掛けており、向こう数カ月かけて準備するとしている。(2015/10/28)

民放5局の共同見逃し配信ポータル「TVer」スタート 無料でドラマやバラエティなど約50番組
民放5局による共同見逃し配信ポータル「TVer」がスタートした。各局のドラマやバラエティ、計50番組をそろえる。(2015/10/26)

Ingressがhontoとコラボ 全国の丸善・ジュンク堂書店・文教堂がポータルに
本の通販サイト「honto」とコラボし、全国の書店281店舗がポータルに。(2015/10/16)

ジュンク堂、丸善、文教堂店舗がIngressポータルに
全国の丸善、ジュンク堂書店、文教堂がIngressのポータルになる。(2015/10/16)

nanapi、スケールアウト、ビットセラーが合併 KDDIスマホポータル「Syn.」強化
KDDIのスマホポータル「Syn.」に参画しているnanapi、スケールアウト、ビットセラーの3社が11月に合併し、新会社「Supership」を設立する。(2015/9/30)

サービスポータルからインフラハードウェアの設定も――HPが新概念
物理サーバなどの導入設定もクラウドに対応したポータルから可能にする「HPコンポーザブル・インフラストラクチャ」を掲げ、第一弾の取り組みを発表した。(2015/9/29)

民放5局、共同ポータル「TVer」10月26日スタート テレビ番組を広告付きで無料配信
在京民放5局がドラマやバラエティを配信する共同見逃し配信サービス「TVer」が10月26日に始まる。(2015/9/29)

マイナンバー対応の情報ポータル、JNSAが開設
マイナンバー対応での情報セキュリティ対策の導入や運用に役立つ情報を提供する。(2015/9/18)

KDDI、auスマートパスポータルで「毎日更新!無料マンガ」
日常導線にマンガとの接点がないユーザーにもマンガを楽しんでもらうためにポータル内でマンガを無料配信。(2015/8/26)

既に10万人が利用:
製造業向けポータルサイト「Cluez」 日本・台湾で同時オープン
新しい製造業向けポータルサイト「Cluez(クルーズ)」が日本と台湾で同時オープンした。企業は無料で製品情報を登録でき、ユーザーは無料で資料をダウンロードできる。(2015/8/17)

地方創生:
「ふるさと納税」をきっかけに地域活性化を模索
地方創生に対する関心の高まりをあり、最近各所で話題にのぼることが多い「ふるさと納税」。そこで今回はふるさと納税のポータルサイト「さとふる」を運営する株式会社さとふるに話を聞いた。(2015/7/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。