ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PROシリーズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PROシリーズ」に関する情報が集まったページです。

レノボ、ビジネス向けAPUを採用した12.5型モバイルノート「ThinkPad A275」 クーポン適用で6万円台から
レノボ・ジャパンは、AMD PROシリーズAPUを搭載する12.5型モバイルノートPC「ThinkPad A275」の販売を開始した。(2017/10/23)

ドスパラ、XFX製電源ユニット計3シリーズの取り扱いを開始
ドスパラは、香港PINE Technology製(XFXブランド)製となるATX電源ユニット「PRO」「TS」「XTR」の3シリーズ計8製品の取り扱いを開始した。(2014/3/26)

2014 International CES:
Samsung電子、タブレット「Pro」シリーズと「Camera 2」を展示
CES 2014でタブレット4機種とスマートカメラ1機種を発表したSamsung電子。タブレットはいずれもワイドQXGAの高解像度ディスプレイを搭載し「PRO」の名称がつけられている。同社ブースで各機種をチェックした。(2014/1/10)

ドコモ、プロジェクターを搭載したPROシリーズ「SH-06C」を2月4日に発売
ドコモのプロジェクター内蔵ケータイ「SH-06C」が2月4日から店頭に並ぶ。(2011/1/31)

光学3倍ズーム対応カメラ搭載の「SH-05C」、1月27日発売
ドコモのシャープ製PROシリーズ端末「SH-05C」が1月27日から販売される。(2011/1/18)

Android携帯「DROID」に「PRO」バージョン キーボード搭載
Motorolaがビジネス向けスマートフォン「DROID PRO」を発表。BlackBerryに似たQWERTYキーボード付きモデルだ。(2010/10/6)

4.6インチ液晶+大型QWERTYキー搭載のiモード端末「N-08B」、8月6日に発売
ドコモのPROシリーズ端末「N-08B」が8月6日に発売される。N-08Bは4.6インチのディスプレイにキーピッチ約12.7ミリの大きなQWERTYキーボードを搭載しており、小型ノートPC感覚で利用できる。(2010/8/2)

PROシリーズ:
“モバギ”を彷彿とさせるiモード対応QWERTYキー搭載端末――「N-08B」
ドコモのPROシリーズ端末「N-08B」は、約4.6インチの大画面ディスプレイと幅12.7ミリのパンタグラフ式QWERTYキーボードを備えたユニークなモデルだ。(2010/5/18)

HD動画、無線LAN、ブランドコラボ、Android――NTTドコモの2010年夏モデル20機種
NTTドコモが2010年夏モデルを発表。STYLEシリーズ10機種、PRIMEシリーズ4機種、SMARTシリーズ2機種、PROシリーズ1機種にスマートフォン3機種を加えた計20モデルが登場する。ブランドコラボ端末やカメラ機能に注力したモデル、Android端末やWindows phoneなど多彩なラインアップをそろえた。(2010/5/18)

携帯販売ランキング(2月15日〜2月21日):
PROシリーズの新モデルが好調 iPhoneは3位転落
キャリア総合ランキングに、NTTドコモのPROシリーズ端末「SH-03B」が登場。見事なスタートダッシュを決めた。2月から「Wi-Fiバリュープラン(i)」を導入したiPhone 3GSは徐々に順位を落としているが、この傾向は今後も続くのだろうか。(2010/2/26)

大画面タッチパネル+QWERTYキーの「SH-03B」、2月19日に発売
全面タッチパネルと横スライド式のQWERTYキーボードを備えたドコモのPROシリーズ端末「SH-03B」が2月19日から店頭に並ぶ。(2010/2/15)

Mobile Weekly Top10:
「F-04B」はなぜ“PRO”ではなく“PRIME”なのか
富士通のセパレートケータイ「F-04B」はPRIMEシリーズに属するモデルだが、よく考えると、PROシリーズの方が適しているように思える。(2009/11/24)

PROシリーズ:
大画面タッチパネルと使いやすいQWERTYキー搭載――「SH-03B」
シャープから、全面タッチパネルと横スライド式のQWERTYキーボードを備えたドコモのPROシリーズ向けモデル、「SH-04A」の後継端末として、「SH-03B」が登場した。SH-04Aに寄せられたフィードバックを元に、より使いやすく進化している。(2009/11/10)

PROシリーズ:
コンパクトなストレートボディにタッチ+QWERTYキーを装備――「SC-01B」
世界各国で評価の高いスマートフォンを発売しているSamsung電子製の端末が、ついにドコモにも登場する。PROシリーズの「SC-01B」は、タッチパネルとQWERTYキーを搭載したストレート型のWindows Mobile 6.5搭載端末だ。(2009/11/10)

「オートGPS」対応の新iコンシェルやフェムトセルサービスも:
12Mカメラ、セパレートスタイル、防水・防塵、Windows Mobile 6.5――ドコモ、2009年度冬春モデル発表
NTTドコモが2009年冬モデルと2010年春モデルを発表。STYLEシリーズ10機種、PRIMEシリーズ5機種、SMARTシリーズ2機種、PROシリーズ2機種の計19機種をそろえた。新サービスは「オートGPS」対応のiコンシェルや、フェムトセルを用いた「マイエリア」などを提供する。(2009/11/10)

ドコモ、「BlackBerry Bold」に新色のWhiteを追加
ドコモのPROシリーズとして発売中の「BlackBerry Bold」に新色のWhiteが追加される。1万台限定で12月に発売予定。(2009/11/6)

「T-01A」のmicroSDやおまかせロックに不具合――ソフトウェア更新開始
NTTドコモの東芝製PROシリーズ「T-01A」に不具合があることが判明。ドコモと東芝はソフトウェア更新で対応する。(2009/9/8)

フルインターネットをポケッタブルに:
PR:この夏は“dynapocket”docomo PRO series T-01Aで快適なビジネスライフを
NTTドコモから登場したWindows Mobile搭載の高性能インターネットケータイ「dynapocket docomo PRO series T-01A」は、開発元であり、グローバルにPC事業を展開する東芝のノートPC“dynabook”を連想させる“dynapocket”の愛称が与えられている。これは、「フルインターネットをポケッタブルに」というコンセプトを実に端的に表している商品名と言えよう。そしてT-01Aは、その意気込みを体現する高機能端末に仕上がっている。ではT-01Aがあれば何ができるのか、どのように便利なのか、じっくりと見ていきたい。(2009/7/22)

PR:ハイスペックな機能に注目――AV機能に注力した「SH-07A」と高性能スマートフォン「T-01A」
「docomo PRO series」の中でも突出したスペックで注目を集めているのが、「ダブル・ワンセグ」や1000万画素CCDカメラを搭載する「SH-07A」と、薄さ9.9ミリのスリムボディに約4.1インチ液晶や1GHzのCPUを搭載する「T-01A」だ。ビジネスにも遊びにも役立つ、これら2機種の実力とは?(2009/7/13)

東芝入魂の1台――“死角ナシ”のWindows Mobile端末:
PR:高性能インターネットケータイ“dynapocket”docomo PRO series T-01Aとは?
東芝からWindows Mobile 6.1を搭載したスマートフォン「T-01A」が登場した。NTTドコモ向けとしては約7年ぶりに東芝が手がけるT-01Aは、高速1GHzCPUと約4.1インチという大画面、そして薄さ約9.9ミリという極薄ボディを持つ驚きの1台だ。さっそくその実力を検証してみよう。(2009/7/1)

「SH-07A」は6万円台半ば、「T-01A」は“端末購入サポート”で3万円台半ばから――バリュー一括
ドコモPROシリーズの「SH-07A」と「T-01A」が店頭に並んだ。SH-07Aはハイスペック端末らしく高価だが、T-01Aは「端末購入サポート」を適用することで、通常よりも安価で購入できる。(2009/6/30)

Samsung、「OMNIA」シリーズの新端末を発表
「OMNIA II」、QWERTYキーボードを搭載した「PRO」など、OMNIAシリーズの新端末4機種を発表した。(2009/6/16)

PROシリーズ:
7年ぶりの東芝製ドコモ端末は、4.1インチタッチパネルのSnapdragon搭載スマートフォン――「T-01A」
東芝製「T-01A」は、WindowsMobile6.1と4.1インチタッチパネルを搭載したPROシリーズのスマートフォン。高速で動作するCPU“Snapdragon”を搭載し、軽快な操作感を実現。また、片手で快適に操作できる独自UIも採用した。(2009/5/19)

ドコモ、PROシリーズの特別サイト「QWERTY QUEST 2nd」を公開
NTTドコモがQWERTYキーを備えるPROシリーズ端末のキャンペーンサイト「QWERTY QUEST 2nd」を公開。iモード用のサイトも開設され、ミニゲームや待受けFlashをダウンロードできる。PROシリーズの抽選プレゼント企画もある。(2009/4/3)

「SH-04A」や「BlackBerry Bold」などが当たるチャンスも――「QWERTY QUEST」
NTTドコモは、PROシリーズのキャンペーンサイト「QWERTY QUEST」をオープンした。サイトの“QUEST”をクリアすると、オリジナルの壁紙やスクリーンセーバーをダウンロードできるほか、PROシリーズ端末が当たる抽選券がプレゼントされる。(2009/2/23)

「SH-04A」の発売記念イベント 秋葉原で2月21・22日に開催
シャープは2月21日と22日の2日間、秋葉原のヨドバシカメラマルチメディアAkibaで、タッチパネルとQWERTYキーを搭載したPROシリーズ端末「SH-04A」のデビューイベントを開催する。(2009/2/18)

タッチパネルとQWERTYキー搭載の「SH-04A」、2月20日発売
NTTドコモは2月20日、3.5インチのタッチパネルディスプレイとQWERTYキーボードを備えたシャープ製のPROシリーズ端末「SH-04A」を発売する。(2009/2/16)

ドコモ、PRIMEシリーズ「SH-03A」とPROシリーズ「HT-02A」を12月19日に発売
NTTドコモは、タッチパネルと8M CCDカメラを搭載したシャープ製の「SH-03A」と、小型ボディにタッチパネルを備えたHTC製の「HT-02A」を12月19日に発売すると発表した。(2008/12/15)

写真で解説する「Nokia E71」
“自分仕様のデジタルツール”と位置付けるPROシリーズとして展開するノキアのドコモ版「Nokia E71」。同じくソフトバンクモバイルから登場するモデルと同様に、メーカーブランドのままオリジナルに近い状態で発売される。(2008/11/13)

ドコモ2008年冬モデルの“ここ”が知りたい──読者の質問、募集します
NTTドコモが11月5日に発表した2008年冬モデルは全22機種。高機能な「PRIME」、ブランドコラボ端末も多い「STYLE」、シンプルでスリムな「SMART」、タッチパネルやQWERTYキーボード搭載の「PRO」の4シリーズを2008年11月から2009年3月にかけて発売します。このドコモ冬モデルの“ここが知りたい”を募集します。(2008/11/11)

写真で解説する「SH-04A」
QWERTYキーボードやタッチパネルディスプレイを搭載した、PROシリーズに属する端末ながら、ドコモのiモードサービスが利用できる「SH-04A」は、これまでのドコモ端末にはなかったユニークな全部入り端末だ。(2008/11/11)

「機能ありき」反省、ユーザー指向に 一挙に新4シリーズ・22機種投入のドコモ
「機能ありき」ではなく、ユーザー指向のケータイに。ドコモの新端末22機種は「STYLE」「PRIME」「SMART」「PRO」の新4シリーズで登場した。携帯販売が落ち込む中、新端末ラッシュで買い換え意欲を刺激していく。(2008/11/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。