ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プロジェクションマッピング」最新記事一覧

関連キーワード

最後に重大発表も飛び出したMA2017決勝戦まとめ――年末恒例「テクノロジーの異種格闘技イベント」2017年の覇者は?
街に年末の喧噪が見え始めた2017年12月16日。東京・日の出桟橋に近い倉庫のようなたたずまいの会場で、開発者が互いにアイデアと技術力で覇を競う開発コンテスト「Mashup Awards 2017」ファイナルステージ(決勝戦)が開催された。全447作品の中から激戦を勝ち抜いた15作品が、賞金と誇りを懸けて挑んだ決勝戦の模様をお伝えする。(2018/2/22)

美術館で活用:
ハウステンボス、次は「変なアプリ」を展開
ハウステンボスは2月16日、AR(拡張現実)を活用した「変なアートアプリ」の提供を始めた。テーマパーク内の美術館にある作品を専用アプリでかざすと、アプリ上で作品の中の人物が語り出したり、音楽が流れるという。(2018/2/16)

ハウステンボス、「プロジェクションマッピング世界大会」開催へ
ハウステンボスが2019年に「プロジェクションマッピング世界大会」を開催。世界大会に先駆け、第6回目になる「プロジェクションマッピング 国際コンペティション」をハウステンボスで実施する。(2018/2/16)

迫力満点! さっぽろ雪まつり「ファイナルファンタジー」のプロジェクションマッピングに行ってみた
雪を溶かしそうな熱い戦いがそこに。(2018/2/7)

BIM/CAD:
「逆さ富士」を実現した施工BIM、成功の鍵は設計データの精査
2017年12月に完成した「富士山世界遺産センター」。「逆さ富士」を表現した木格子が目を引く同センターの施工にはBIMが導入された。複雑な意匠を表現するために、どのようにBIMを活用したのか。施工を担当した佐藤工業とシンテグレートに聞いた。(2018/1/18)

全身で体感! 「スペースインベーダー」40周年展覧会の見どころを紹介
タイトーが「スペースインベーダー」の誕生40周年を記念した展覧会を六本木ヒルズ展望台で開催。プロジェクションマッピングを使った体感型ゲームを用意する。(2018/1/11)

MONOist IoT Forum 東京(3):
「カイゼン」と「デジタル化」の相性は良い、GEとOKIの場合
MONOistを含むITmediaの産業向け5メディアは、セミナー「MONOist IoT Forum in 東京」を開催した。同セミナーのレポートを3回に分けてお送りする。第3回はスマートファクトリートラックの講演内容をお伝えする。(2017/12/28)

「あなたの絵をAIが自動着色します!」 コミケで体験
「コミックマーケット93」に、AIが持ち込みの漫画やイラストを自動着色するブースが登場する。(2017/12/22)

コンテンツ制作4社とコンソーシアムを結成:
読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立し、2018年1月からサービスを開始すると発表した。(2017/12/14)

読売新聞、企業のコンテンツマーケティング事業参入 デジタル広告制作など4社と連携
読売新聞が、企業のコンテンツマーケティング支援を目的とするコンソーシアム「YOMIURI BRAND STUDIO」を結成。新聞広告や広告主のオウンドメディア制作などを行う。(2017/12/14)

東京シティビューに超巨大インベーダーゲームが到来 夜景に浮かび上がる敵を協力プレイで撃退
スクウェア・エニックス開発の「バハムートディスコ」とのコラボも。(2017/12/7)

ワクワクする銭湯ムービー 富山の映像をお風呂に投影した「風呂ジェクション富山ッピング」がすごい未来感
こんな銭湯行ってみたい。(2017/11/26)

ハウステンボス、入場料金を値上げ
100円の値上げとなります。(2017/11/17)

「視線で花咲く」アート AIが“人の目”を検知 NEC
カメラ映像から人の視線の向きを推定し、映像が変化するプロジェクションマッピングを、NECが東京・丸の内で展示する。(2017/11/6)

おれたちが知ってる「ドラえもん」があんな姿やこんな姿に 28組の現代アーティストが描く「ドラえもん展」六本木で開幕
「あなたのドラえもん」を現代のアーティスト28組30人が制作した企画展「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」が11月1日からスタート。内覧会の様子を紹介。(2017/11/1)

「Wake Up, Girls!」田中美海も出席! 「東京アニメセンター in DNPプラザ」が10月28日にリニューアルオープン
田中美海「世界に向けて『日本のアニメはすんごいんだぞ!』ともっともっと知ってもらえるように、私からも発信できるよう頑張りたいです」(2017/10/27)

太田智美がなんかやる:
自分の顔をキャンバスに 顔に投影する「4Kプロジェクションマッピング」を体験してきた
真っ暗な個室で何かが起きた。(2017/10/24)

課題点は「13歳問題」:
人気“VR施設”、成功のワケは「カップル狙い」と「インスタ映え」
人気を博している「VR施設」だが、成功の要因は何なのか。VRに関する展示会「Japan VR Summit 3」で講演した、アドアーズの石井学社長らのセッションを取材した。(2017/10/13)

プロジェクターはレーザーの時代へ エプソンがレーザー光源搭載モデルを大幅拡充
エプソンはレーザー光源搭載プロジェクターの新商品として、常設モデルと超単焦点モデルの計8モデルを投入する。(2017/9/26)

PR:現役プロ3DCGクリエイターが触って実感!「Endeavor NJ6100E」の魅力
デスクトップ版CPUを搭載する15.6型ノートPC「Endeavor NJ6100E」の実力は? 国産RPGの金字塔「ファイナルファンタジー」の生みの親こと坂口博信氏が手がける最新ゲーム「テラバトル2」の公式トレーラーを制作したIKEDA氏に話を聞いた。(2017/9/19)

これぞ未来のポケモンGO体験? 「相棒ポケモンと記念撮影」イベント開催
「平成29年度[第20回]文化庁メディア芸術祭受賞作品展」にて、実際のプレイヤーとCGのポケモンを一緒に撮影できるイベントを実施中だ。(2017/9/16)

組み込み開発ニュース:
パナソニックのデジタルサイネージは空間演出へ、鍵は横連携にあり
パナソニックが新デジタルサイネージソリューション「AcroSign」について紹介。AcroSignの事例として、体験型エンターテインメント公演「フエルサ ブルータ」の劇場エントランスやロビーの空間演出に用いている技術を説明した。(2017/8/7)

魚が声優ボイスで甘〜いセリフをささやく あえて擬人化しない「イケ魚パラダイス」の狙い、アクアパーク品川に直撃
人気男性声優が魚に声をあてるという話題の企画「イケ魚パラダイス」の狙いは何なのか? 実施しているアクアパーク品川に聞きました。(2017/8/5)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
高性能なPCほど省エネになる? 業務効率化とエコを両立するPC選びのテクニック
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。今回は「PCと省エネ」について説明します。(2017/8/1)

タイムアウト東京のオススメ:
2時間のアート体験で腹を満たす
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/8/1)

情報化施工:
掘削具合がひと目で分かる、トンネル工事にプロジェクションマッピング
清水建設は山岳トンネルのインバート施工の効率化に、画像や映像を投影する「プロジェクションマッピング」を活用するシステムを開発した。インバート底面の掘削の過不足を数値化し、その値を実際の底面上に色分けして照射することで、過不足の値を視認しながら無駄なく掘削作業を行えるという。(2017/7/25)

「動け、動いてよ!」:
歌舞伎町のVR施設で一足早く“VRエヴァ”を体験してきた
7月14日に新宿・歌舞伎町にオープン予定のVR施設「VR ZONE Shinjuku」の報道陣向け内覧会の模様をお届けする。記者は「エヴァンゲリオンVR The 魂の座」と「マリオカート アーケードグランプリVR」を体験した。(2017/7/13)

近未来的! 仙台の水族館に「うみの生きもの×360度プロジェクションマッピング」の新コンテンツが誕生
水槽の魚と映像のクジラやイルカが共演します。(2017/7/7)

アクアリウムを花火が包み込む体感イベント、アクアパーク品川で 7月8日〜10月1日
アクアパーク品川は、プロジェクションマッピングを用いた夏イベント「花火アクアリウム by NAKED」の開催を発表した。(2017/6/28)

3D&バーチャル リアリティ展:
クルマにお絵かき投影!? プロジェクションマッピングで自由自在(動画あり)
タッチパネルにお絵かきすると、離れたところにある車体にプロジェクションマッピングで投影される――そんなデモが「3D&バーチャル リアリティ展」に登場。(2017/6/21)

巨大模型と光でカオスな都市をアートに、NAKEDの「TOKYO ART CITY展」がめちゃキレイ
(2017/6/15)

4Kプロジェクターなどで東京を描き出す――体験型アート展「TOKYO ART CITY by NAKED」
キヤノンマーケティングジャパンは、6月16日より開催される体験型アート展「TOKYO ART CITY by NAKED」への機材協力を発表した。(2017/6/14)

バンダイナムコ、「VR ZONE SHINJUKU」を7月14日新宿・歌舞伎町にオープン
VRなど最新技術を用いた16種類ものアクティビティを用意。(2017/6/13)

「攻殻」「マリオカート」も登場 新宿のバンナムVR施設7月オープン 海外展開も
バンダイナムコのエンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」が7月14日にオープン。「攻殻機動隊」や「マリオカート」など、人気作品のVRアクティビティーを多数用意する。(2017/6/13)

マリカー、攻殻機動隊もVRに:
「かめはめ波」が撃てるVR施設、歌舞伎町に今夏誕生
バンダイナムコエンターテインメントが、7月14日から新宿・歌舞伎町にVR施設「VR ZONE Shinjuku」をオープンする。人気漫画「ドラゴンボール」に登場する「かめはめ波」を撃てるアクティビティーなどを提供していく。(2017/6/13)

本気の警察体験ができるリニューアルしたポリスミュージアム(警察博物館)で遊んできた
刑事になって犯人探しや、お巡りさんになって街の安全対策など、体験コーナーがたくさん!(2017/5/27)

召喚獣バハムート、横浜に襲来 FF×横浜市コラボ企画で高層ホテルにプロジェクションマッピング上映
MM(みなとみらい)がFF(ファイナルファンタジー)に。(2017/5/17)

水曜インタビュー劇場(ムダ公演):
閑散としていた「競輪場」に、なぜ人が集まってきたのか
バブル崩壊後、公営レースは「氷河期」が続いていた。売上減が続いていたが、ここ数年、反転しつつある。レース場といえば、ゴミが落ちている、トイレが汚い、高齢者が多い、といったイメージがあるが、なぜ売り上げが伸びつつあるのか。その理由は……。(2017/5/10)

踊った後は大きな浴槽でさっぱり 銭湯の風呂をフロアにするDJイベント「ダンス風呂屋」がダジャレなのにステキ
フロアも風呂も沸くとのこと。(2017/5/9)

MEDTEC Japan 2017:
最新の医療機器を使った模擬手術室から新たな種は生まれるか
医療機器設計/製造の展示会「MEDTEC Japan 2017」で目玉展示の1つになったが、日本臨床工学技士会が協力した模擬手術室だ。(2017/5/8)

ディズニーが“顔面プロジェクションマッピング”を開発 人間の表情に合わせほぼリアルタイムに変化
ピエロやゾンビに簡単に変身できる?(2017/5/2)

東日本大震災から6年間休業していた気仙沼市「氷の水族館」が営業再開 担当者「復興に向け、地元に貢献したい」
魚を閉じ込めた透明な氷柱などを展示。(2017/5/1)

テクノ音楽をバックに読経する「テクノ法要」がニコ生で配信 極楽浄土をイメージした光の演出で仏像がキラキラ
「N」を入力すると「南無阿弥陀仏」に自動変換されるありがたいコメント機能も。(2017/4/27)

東京タワーが「FF」とコラボ ライトアップで一夜限り「クリスタルタワー」に
展望台では歴代のボスバトルがプロジェクションマッピングで展開。(2017/4/27)

ハウステンボス、スマホゲーム参入 リアル園内企画と連動「来園者増につなげる」
ハウステンボスが、スマホ向けゲームアプリ「エアリアルレジェンズ」を2017年春に公開する。実際に園内企画やイベントと連動し、来園者の増加につなげる狙い。(2017/4/26)

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:
SXSW 2017観戦記 SONYの挑戦「The WOW Factory」
“IT界のパリコレ”ともいわれる、Music、Film、Interactiveを柱にした世界最大規模のイベント「SXSW 2017」で見聞きし、体験した刺激的なあれこれをレポート。今回は、ソニーのブース「The WOW Factory」の“驚き!”満載な展示を紹介します。(2017/4/24)

FAメルマガ 編集後記:
工場IoTは人材不足を解消するかも、文字通りの意味で
工場IoT化は別角度からも人材不足の救世主になるかもしれない。(2017/4/21)

道重さゆみ、初のソロアルバムで再生公演音源化 ファン絶賛の公演とは?
待ち続けたファンへの道重さんからのプレゼントのようなステージ。(2017/4/9)

スカイツリーに進撃の巨人ならぬ、進撃の巨塔が出現!  天空で繰り広げられる大熱戦イベントが始まるぞ
オリジナルストーリーのアニメ上映もあります。(2017/4/8)

最新の「顔面プロジェクションマッピング」パフォーマンス動画にAyaBambiが出演 踊る2人に投影されたCG映像がすごい……!
顔面プロジェクションマッピングとダンスでテーマの「Life」を表現。(2017/3/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。