ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「パブリッククラウド」最新記事一覧

できる理由を技術的側面から詳細解説
「モバイル」「Windows 10」に強い“安全快適”なクラウドサービスを見つけ出せ
クラウド時代を迎えて企業が求めるサービスも多様化している。特に、顧客の仮想アプリ/仮想デスクトップの多様なニーズに応えるクラウドサービスに期待が高まっている。(2017/4/21)

基幹業務のSoRはどこまでクラウド化できるのか(1):
基幹系もいよいよクラウドの時代へ――日本企業のIT環境としての最適解は、どのような形態か
「基幹業務をはじめとする既存アプリケーションを、どのような観点でクラウドプラットフォームへ移行すべきか」を探る連載。初回は、昨今のクラウドトレンドを踏まえた上で、基盤視点(非機能側面)を中心に「企業のIT環境における最適解は、どのような形態か」を考察する。(2017/4/24)

Docker Storeで展開 WebLogic Server、Coherenceなども対象:
オラクル、Oracle Database、MySQL、Java SEなどを「Dockerコンテナ」として提供
オラクルがDockerと提携。Docker Storeで自社の主力データベース、ミドルウェア、開発者ツールをDockerコンテナとして提供を開始した。(2017/4/21)

Dell EMCが本気で推進するHCI/CIの全貌:
PR:Dell EMCが、ラックスケールのHCIであるVxRackを提供する理由
HCIは、社内データセンターを積極的に変えていけるものでなければならない。これを考えると、HCIアプライアンスだけでは対応できない部分がある。Dell EMCがVxRailに加えてVxRackを提供しているのはこのためだ。(2017/4/21)

ホワイトボックスの市場シェアは……
「ホワイトボックスサーバの台頭で大手メーカーが苦戦」は本当か?
ホワイトボックスサーバやOpen Compute Platformへのシフトにより、大手サーバメーカーの売り上げが減少すると見られている。だが、ホワイトボックスサーバメーカーにも弱点がある。(2017/4/21)

富士通と日本オラクル、国内データセンターからOracle Cloudの提供を開始
富士通と日本オラクルの提携が結実。富士通が日本国内に持つデータセンター内に「Oracle Cloud」環境を構築し、直接顧客に、あるいは富士通のクラウドサービスのオプションとして、提供を開始した。(2017/4/20)

各ツールの長所と短所を解説
「コンテナオーケストレーション」ツールを比較 AWS、Google、Microsoftのどれが最強?
Amazon Web Services、Google、Microsoftの3大クラウドベンダーは、いずれもDockerコンテナの配備や監視を支援する「コンテナオーケストレーション」ツールを提供している。各ツールの機能を比較する。(2017/4/18)

どうデータアクセスを実現するか
ハイブリッドクラウド環境に最適なストレージの実装方法
ハイブリッドクラウド環境において問題となるのが、アプリケーションが使用するデータの配置とアクセス方法だ。これを実現するハイブリッドクラウドストレージにはさまざまな実装方法がある。(2017/4/18)

組み込み開発ニュース:
センサー/通信/データベースを一括提供するIoT向けソリューション
オプテックスは、スマートセンサーとデータを提供するソリューション「オプテックス センサ コネクト」を2017年5月に提供開始する。センサー/通信/データベースをパッケージ化し、手軽に低コストでIoTサービスを導入できる。(2017/4/17)

AWS、Azure、Googleなどがサポート
主要クラウドが提供する「GPUインスタンス」、本気を引き出す高負荷アプリとは?
AWS、Azure、Googleなどのパブリッククラウドは、高性能なコンピューティングリソースを集中的に提供する「GPUインスタンス」を用意している。そのメリットを享受できるアプリとは? (2017/4/17)

Dell EMCが本気で推進するHCI/CIの全貌:
PR:Vblock/VxBlock、HCIが普及しても価値が色あせない理由
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)に注力しているDell EMCだが、それによって統合インフラシステム(CI)であるVblock/VxBlock推進の手を緩めているわけではない。理由は、HCIが宗教であってはならないからだ。(2017/4/17)

自動化と構成管理ツールで迅速に移行
増える“脱クラウド”、企業がオンプレミスに戻ることを決断した理由は?
クラウド利用が成熟化するにつれ、利用規模の縮小や、クラウドからオンプレミスへの回帰を考える企業が増えている。あるIT担当役員が経験した“脱クラウド化”の事例を紹介する。(2017/4/14)

「フラッシュファーストは終わり」、Dell EMCストレージ戦略の全貌:
PR:Dell EMCの多角的なオールフラッシュ製品群は、「フラッシュが標準の世界」を牽引する
フラッシュファーストはもう終わった。「フラッシュは、もう標準の時代」に入っている。では、企業は「具体的」に、どんな要素を考慮して、どのオールフラッシュストレージを選択すべきなのか。「多角的なオールフラッシュ製品群」で企業のITトランスフォーメーションを支える、Dell EMCストレージ戦略の全貌を解説する。(2017/4/13)

ミドルウェアの風雲児が目を付けたピュア・ストレージ、データ基盤の再定義へ
ピュア・ストレージは同社初となるフルNVMe対応の「FlashArray//X」を世界同時発表し、東京の記者発表会にはディーツェンCEO自ら駆け付けた。(2017/4/12)

クラウドファースト時代にあえての決断
メルカリ、はてなは「物理サーバ」も使う、巨大サービスを支えるインフラ事情
クラウドファースト時代にあえて物理サーバを選択する企業がある。さくらインターネットの専有物理サーバを利用するメルカリ、はてなが、その理由や使い勝手を語った。(2017/4/12)

欠点を理解すれば大きな武器になる
「ベアメタルクラウド」の長所と短所、ビッグデータ分析の“現実的な選択肢”となるか
ベアメタルクラウドサービスは、物理サーバとパブリッククラウドのメリットを組み合わせたものだ。だが、全てのワークロードに適しているとは限らない。その長所と短所とは。(2017/4/11)

Dell EMCが本気で推進するHCI/CIの全貌:
PR:Dell EMCのハイパーコンバージドは、各企業が最適解を見いだすためのツールを目指す
Dell EMCはなぜハイパーコンバージドインフラとコンバージドインフラで、豊富な選択肢を提供しているのか。これは、企業の社内ITをほぼ例外なく、クラウド化しなければならないと考えているからだ。(2017/4/10)

企業のクラウド活用を「Lift & Shift」で支援――IBMクラウドならではの強みとは
幅広い企業のクラウド活用をサポートする「IBMクラウド」の強みはどこにあるのか。日本IBMが説明会を開催し、同社のサービスと戦略を語った。(2017/4/7)

それぞれの一長一短
ハイパーコンバージドとコンバージドインフラ、パブリッククラウドを比較する
エンタープライズワークロードを運用するための選択肢は、ハイパーコンバージドシステムやコンバージドシステムだけではない。パブリッククラウドの方があなたの会社に適しているかもしれない。(2017/4/7)

国立がん研究センター、治験業務を効率化する「リモートSDVシステム」を構築
国立がん研究センターは、治験結果の信頼性を確保する「SDV」を遠隔で行えるシステムをMicrosoft Azureを基盤として構築し、治験業務の効率化とコスト削減を実現。医薬品開発コストの削減や医薬品開発の促進につなげる。(2017/4/6)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(29):
Windows 10のデスクトップ環境をDaaSのVDIで利用可能に
Azure Marketplaceで「Citrix XenDesktop Essentials」と「Citrix XenApp Essentials」が利用可能になりました。XenDesktop Essentialsに合わせて、マイクロソフトはサービスプロバイダーがパブリッククラウド上でDaaSを実現できるように、Windows 10 Enterpriseについて制限を緩和する予定です。また、XenApp Essentialsは、2017年8月にサービスが完全に終了するAzure RemoteAppの後継と位置付けられるサービスです。(2017/4/6)

備えがあり過ぎても困る
ディザスタリカバリ環境の構築、複数サイト方式とクラウド利用方式を比較する
適切なディザスタリカバリ(DR)の選択には、コスト、目標復旧時間(RTO)、専門知識の有無が重要だ。慎重に分析した結果、クラウドが最適と考える企業もあるだろう。(2017/4/5)

中堅・中小企業のデジタル変革にもSAPを――営業体制とパートナーを大幅強化
SAPジャパンが、中堅・中小企業をターゲットに、クラウドベースのソリューションを拡販する。小規模な企業にもSAPのERPが有用であることを説き、パートナー企業と共に企業のデジタル化をサポートする。(2017/4/4)

似ているようで違う
AWS、Azure、Googleのクラウドストレージを比較、各社の特徴は?
パブリッククラウドの主要プロバイダー各社が提供するストレージについて調べた。比較したのはバックアップ/リカバリ、アーカイブ、ハイブリッドクラウドストレージ、クラウド分析といった機能だ。(2017/4/3)

PR:プラザクリエイトがオンプレミスの仮想化基盤を刷新し、クラウドを超える俊敏性・TCO削減を実現
国内最大級の写真プリントショップチェーンを展開するプラザクリエイトが、クラス最高水準の性能と拡張性を誇るインテル® Xeon® プロセッサ E5-2600 v3 製品ファミリー搭載のハイパーコンバージド製品「HPE Hyper Converged 250 System」を採用し仮想化基盤を刷新。パブリッククラウドサービスを超えるビジネスアジリティをオンプレミス環境で実現し、導入・運用・保守を含むトータルコストを劇的に削減した。処理要求の急増に即座に対応するため商用クラウドサービスとの連携も実現。優れたビジネスアジリティを達成したハイブリッド・インフラの先進事例である。(2017/4/21)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【最終回】
単なる保険から「データ管理」の中核へ、バックアップ製品の未来像
「データを生かす企業が生き残る」といわれる昨今、バックアップデータは単なる保険から、宝の山へと見方が変わってきている。バックアップ製品の進化を考察する。(2017/3/30)

Azureの多彩な機能とも連係
システム構築のハードルを下げる、クラウドによる超高速開発
目まぐるしく変化する現代のビジネスシーンに追随するためには、IT企業でなくてもアプリケーションを迅速に開発する体制が必要だ。これを実現するクラウドサービスとは。(2017/3/30)

業界識者が語る
クラウドファースト時代のセキュリティ課題をどう解決するか
パブリッククラウドがインフラの中心になっていく時代、特にセキュリティ面において、どのような知見や経験が必要になるのだろうか。(2017/3/30)

適したアプリケーションは?
「サーバレスコンピューティング」活用法、パブリッククラウドのコスト削減効果とは
サーバレスコンピューティングはパブリッククラウドでアプリケーションを実行するコストを削減できる。ただしコスト削減をはじめとする各種のメリットを享受するには、適切なスキルセットが必要だ。(2017/3/29)

増えるパブリッククラウド活用、増える新たな課題
運用もセキュリティもバラバラ、“マルチクラウドの悲劇”を起こさないために
多様なクラウドサービスを自由に使えるマルチクラウドは理想的だ。だが良いことばかりではない。複雑な構成をどう管理し、セキュリティを維持し続けるかは課題だ。(2017/3/31)

確かに管理労力の軽減が目的だが
「クラウドに仕事を奪われる」というIT管理者の危機感は杞憂なのか
企業が自社のデータセーターからパブリッククラウドにワークロードを30%移行するだけで、IT運用に関連した作業が減少する。この先、運用エンジニアの仕事はまだあるのだろうか。(2017/3/28)

クラウド運用の重要課題
簡単なようで難しいAWS、セキュリティ対策はどうする?
パブリッククラウドがインフラの中心になっていく時代、特にセキュリティ面において、どのような知見や経験が必要になるのだろうか。(2017/3/29)

Weekly Memo:
メガベンダー同士も協業、クラウドは新たなステージへ
NTTコミュニケーションズと日本マイクロソフトがクラウド事業での協業を発表した。この協業から、クラウド市場が新たなステージに向かっていることがうかがえる。(2017/3/27)

「ビジネスに寄与する情シス」の具体像:
「情シスのあるべき姿」とは――フジテック CIO、10の言葉
デジタル化のトレンドが進展し、IT活用の在り方が収益に直結する時代になった現在、情報システム部門には「ビジネスへの寄与」が強く求められている。だが「ビジネスへの寄与」とは具体的に何をすることなのか、詳細に語られることは少ない。その1つの回答を、ガートナー ジャパンが2017年3月16、17日に開催した「ガートナー エンタプライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミット2017」に登壇したフジテック CIO 友岡賢二氏の講演に探る。(2017/3/28)

X2からX5への移行でさらにパフォーマンスが向上:
PR:「月間60億ダウンロード」を処理可能な電子書籍配信システム──メディアドゥがOracle Exadataで構築
主要な電子書籍販売サイトへのコンテンツ配信を担うメディアドゥが、月間60億件ものダウンロードに耐えるコンテンツ配信/販売管理システムを構築した。その核となったのが、OLTPとDWHを同時に高速処理可能な「Oracle Exadata」だ。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/3/28)

IT投資、どうすれば経営陣を説得できる? 日本IBMのCTOに聞いてみた
新聞でもAIやFintechといったキーワードが毎日のように取り上げられている今、ITトレンドに興味を持つ企業の経営者が増えつつある。「何か新しいビジネスができないか」と考える“経営陣”に正しくITを伝える重要性は増しているという。(2017/3/27)

Gartner Insights Pickup(13):
あらためて、クラウドはどこまで安全か
最高セキュリティ情報責任者(CSIO)は、クラウドコンピューティングをめぐる不確実性を取り除く必要がある。(2017/3/24)

提供:東日本電信電話株式会社
「クラウドインフラ」アンケート結果:IaaS/PaaSの用途から課題まで徹底調査
キーマンズネットは、読者を対象にクラウドインフラに関する調査を実施した。本レポートでは、クラウドの利用傾向や導入目的、分野ごとの課題などをまとめている。(2017/3/23)

ITソリューション塾:
AWSを使うとどれだけ安くなるのか、ならないのか
パブリッククラウドを使って“安く”するための留意点とは? AWSの場合を例に、「オンプレミスのシステム構成をそのまま移行する場合」「オンプレミスのアーキテクチャを残しつつAWSサービスを生かした場合」「AWSサービスを最大限生かした場合」の3パターンを見てみると……。(2017/3/23)

既存投資の活用とクラウドの効率性、拡張性の享受を支援:
IBMとレッドハット、「OpenStack」によるハイブリッドクラウドの利用促進で戦略提携
IBMとレッドハットが、企業の「OpenStack」導入と利用に向けたソリューションで提携。IBMはレッドハット認定クラウドウドプロバイダーとなり、OpenStackの導入とともに、Red Hatソフトウェアへの投資をクラウドで有効活用できるように支援する。(2017/3/22)

ユーザー企業はコード開発に集中
IaaS、PaaSとはどう違う? 「サーバレスコンピューティング」の特徴とは
サーバレスコンピューティングによって、開発者はプロビジョニングや管理の作業から解放されるかもしれない。本稿は、サーバレスコンピューティングと、IaaS、PaaSの違いを紹介する。(2017/3/17)

テープがついに引退し、クラウドをDRで利用?
企業向けデータ管理の主要技術、2017年はどうなる?
2017年、企業でのデータ管理の在り方はどのように変わるのか。DR目的でのクラウド利用やテープストレージの終わりの始まりなど、起こり得る5つの事象を予測する。(2017/3/17)

4時間にわたってアクセスできない状態に
AWS大規模障害はなぜ起きた? クラウド不安を払拭するためにやるべき対策
Amazon Web Services(AWS)で2月28日に障害が発生した。障害が発生したら、どうすればいいのか、事前にできることはないのか。行うべき対策を紹介する。(2017/3/16)

真の使用量ベースの課金を実現
サーバレスコンピューティングは複雑になり過ぎたクラウドの福音となるか
クラウドを使うには、あまりにも多くのことを検討しなければならない。これはクラウドが目指していた姿ではない。サーバレスコンピューティングがこの問題を解決するかもしれない。(2017/3/15)

ITサプライヤーの喫緊の課題とは:
国内パブリッククラウド市場、2021年に1兆円規模へ IDC調査
IDCジャパンが国内パブリッククラウドサービスの市場予測を発表。2016年の市場規模は対前年比30.5%増の3762億円と推定。2021年には1兆538億円規模まで成長するとみられる。(2017/3/14)

ステップアップ方式で習得する
マイクロサービスで構築できる「成功するクラウドWebサービス」
マイクロサービスを使用してクラウドWebサービスを構築すると、拡張性などのメリットを享受できる他、業務アプリケーションから新しい機能やツールにアクセスできる。(2017/3/14)

Database Cloudも活用し、移行期間を大幅短縮:
PR:リコーが次期統合IT基盤の1つにOracle Exadataを採用 保守コストを2割削減し、バッチ処理は27倍高速化
リコーは先頃、セントラルウェアハウスや業績管理などの3システムを「Oracle Exadata」に移行した。パブリッククラウドやマルチテナントなどオラクルの最新テクノロジーも活用したデータベース移行により、同社は保守コストの大幅削減や性能向上など多くの成果を得たという。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/3/16)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第5回】
【徹底比較】統合型バックアップアプライアンスを比較、主要5製品の特徴は?
ArcserveやDell EMC、Barracuda、Veritasといった主要ベンダーの統合型バックアップアプライアンスを比較し、それぞれのメリット/デメリットを解説した。比較表は無料でダウンロードできる。(2017/3/13)

Azure活用で動画製作費10億円がタダに?:
授業を爆速でオンライン動画化、静岡大学がマイクロソフトと手を組んだ理由
静岡大学と日本マイクロソフトが、大学教育におけるデジタルトランスフォーメーション推進において協力すると発表した。AI時代に通用する人材育成を目指すとともに、授業の動画化を推進するシステムを開発したという。両者にはどのような狙いがあるのだろうか。(2017/3/10)

特集:情シスに求められる「SRE」という新たな役割(2):
米Google SREディレクターに聞く、運用管理の意義、価値、役割
デジタルビジネスの競争が激化し、システム開発・運用の在り方がビジネスの成果に直結する状況となっている。こうした中で、運用管理者の役割も「担当システムの安定運用」から大きく変わりつつある。今回は、Googleの巨大なサービス群とインフラを支えているSRE――Site Reliability Engineer(サイト信頼性エンジニア)に、今、運用管理者が持つべき視点、マインドを探ってみた。(2017/3/17)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。