ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Q

  • 関連の記事

「QlikView」最新記事一覧

経営・経営企画職/マーケティング職が選んだ、2015年記事ランキング(データ分析編)
「セルフサービスBI」に高い関心 経営層とマーケターが読んだデータ分析記事
TechTargetジャパンの「データ分析」記事ランキングから、ユーザー企業の経営・経営企画職/広報・宣伝・マーケティング職に最もよく読まれた記事を探ります。(2015/12/29)

位置データと地図データを相互に関連付けたグラフィカルな表現機能:
ビジネスデータを地図上でダイナミックに可視化、アシストが「GeoQlik for Qlik Sense」を販売開始
アシストは、取扱製品であるセルフサービス型分析プラットフォーム「Qlik Sense」専用の地図連係ソリューション「GeoQlik for Qlik Sense」の販売を2015年12月1日から開始すると発表した。(2015/11/30)

「セルフサービスBI」セミナーリポート:
データドリブンな企業風土をどう作る? リクルート、スカパーの事例に学ぶ
ここ1年ほどで企業のデータ活用に大きなトレンドが生まれている。業務部門が自らデータ分析やリポートの作成を行う「セルフサービスBI」だ。このほどITmedia エンタープライズ編集部が「セルフサービスBI」のセミナーを開催。スカパーやリクルートといった企業事例や最新のソリューションが紹介された。(2015/11/9)

高速インメモリBIツール「QlikView」をAWSで稼働
顧客単価の向上はこうすべし 「らでぃっしゅぼーや」のBI活用法
安全・安心を旗印に掲げる宅配業者の「らでぃっしゅぼーや」は、利益を大きく左右するBIツールを2013年に刷新した。狙いは、より精緻な分析の実現。では、果たして何が変わったのか。(2015/10/28)

「君らはいらない」と言われたあの日から:
リコーのIT戦略を“攻め”に変えたBIと情報活用の力
リコーがITによる経営・業務革新のための新組織「経営革新本部」を発足し、部門を横断したBIと情報活用の強化を急速に進めている。この背景に、このままでは必要とされなくなるというIT部門の強い危機感があった。(2015/7/27)

クリックテックが打ち出すデータ活用のキモ:
データ活用の民主化を図るには
2015年6月5日、クリックテック ジャパンが開催したイベント「Visualize Your World Tour 2015 in Tokyo」。その基調講演にデータ活用の課題と解決策のヒントを探る。(2015/7/14)

カスタマーセンター業務の品質を向上
Excel運用はもう限界 スカパー子会社が「セルフサービスBI」を選んだ理由とは
スカパー・カスタマーリレーションズ(SPCC)では、セルフサービス型BIツール「Qlik Sense」を導入し、カスタマーセンター業務の課題発見や品質向上に役立てている。導入の背景や効果について、同社の運用担当者に聞いた。(2015/7/10)

集計・分析速度を向上するプラットフォーム:
グローバル住販、広告の効果測定や営業活動分析にQlikViewを導入
アシストとクリックテック・ジャパンは2015年6月29日、首都圏を中心に新築分譲マンションの企画・販売を行うグローバル住販に対し、連想型高速インメモリBIプラットフォーム「QlikView」を導入したことを発表した。(2015/6/29)

コールセンターの現場スタッフもBIツールを活用する時代
「スカパー!」のカスタマーセンターに、セルフサービス型BIツール「Qlik Sense」が導入。オペレーターを指揮するスーパーバイザーがサービス向上に使う。(2015/4/30)

リコーが世界中の全事業を可視化できたワケ
リコーのIT/S本部に課せられた新たなミッション、それは新規事業創出や事業成長につながるIT戦略を描くことだった。BI基盤構築のポイントとは?(2015/4/27)

アナリティクス トレンド ピックアップ:
QlikViewとQlik Senseの違いに見る、セルフBIの現在
クリック・テクノロジーズは、2015年2月にセルフサービスBIツールの新製品、「Qlik Sense」を提供開始した。では、同社がこれまで提供してきたQlikViewとの違いは何なのか。これを分かりやすく説明する。(2015/4/23)

auショップの販売戦略を支えるモバイルBI 導入の中心となったのは営業部門だった
KDDIのコンシューマ営業と全国のauショップをつなぎ、販売実績をリアルタイムに共有する「Sales Navigator」。1万を超えるユーザーがモバイル環境からアクセスする仕組みは現場の声から生まれた。(2015/4/21)

100万件超のデータ分析、1カ月で“脱Excel”へ oricon ME、データ分析システム導入で
100万件超のデータ分析、Excelの手作業ではもう限界――。oricon MEが、9部門53ジャンルの製品について提供している顧客満足度ランキングのデータ分析にQlikViewを導入した。(2015/3/31)

福島トヨタ、法人営業の効率化のために脱Excel
グループ3社の法人顧客データを統合し、同行営業を戦略化するためにインメモリBIプラットフォーム「QlikView」を導入した。(2015/3/6)

KUMON、全世界427万の学習者情報を分析するBIツール導入プロジェクト
日本を含め世界48の国と地域で学習塾を展開する公文教育研究会。異なるITシステムを構築された世界各地の拠点から学習者情報を統一データとして得るためのプロジェクトが始まっている。(2014/12/10)

精度の高い需要予測が可能:
スポーツ用品メーカーのミズノ、情報分析プラットフォームに「QlikView」を採用
スポーツ用品メーカーのミズノが、情報分析プラットフォームに、クリックテック・ジャパン(以下、クリックテック)が開発/提供する連想型高速インメモリBIプラットフォーム「QlikView」を採用した。QlikViewを取り扱うアシストが12月4日に発表した。(2014/12/4)

クラウド活用セミナーリポート:
業務部門がAWSを使いこなすには
Amazon Web Services(AWS)などのクラウドサービスを、部署・部門レベルで本格的に活用するにはどうしたらいいか。2014年10月9日に開催された「AWSをビジネスの武器に――業務部門のための、クラウドサービス徹底活用セミナー」から、活用のヒントを探る。(2014/11/21)

複数言語、明細レベルまで対応:
日欧商事、イタリアワインの輸入販売分析ツールに「QlikView」を導入
アシストは10月27日、同社が取り扱う連想型高速インメモリBIツール「QlikView」(クリックテック・ジャパン)を日欧商事に導入したことを発表した。(2014/10/27)

Dreamforce 2014:
米セールスフォース、セルフサービスBIクラウドサービスを発表
米セールスフォース・ドットコムは10 月13日(米国時間)、サンフランシスコで開幕した同社の年次イベント「Dreamforce 2014」で、BIサービスの「Salesforce Analytics Cloud」を10月20日に提供開始すると発表した。これは。TableauやQlikViewのように、ITや統計分析に詳しくない人が簡単にデータ分析を行えるようにするサービスだ。(2014/10/14)

導入担当者に聞いた
セガの“次のメガヒットゲーム”は現場のデータ分析が生み出す
ゲーム大手のセガは、BIとデータマイニングの各ツールを相次いで導入し、データ分析の環境構築を積極的に進めている。同社のゲームやサービスを遊ぶ利用者の動態をより詳細に分析できるようになった。(2014/10/10)

Computer Weekly製品導入ガイド
ビジネスプロセス自動化がもたらす新しい世界
ビジネスプロセス自動化は、可能な限りの場面で人の存在を排除することにより、市場における変化のペースに対応する。(2014/9/26)

直感的な操作性と大規模なデータ処理を実現
BIツール再構築で「花開いた」、東芝のデータ分析基盤とは
東芝 セミコンダクター&ストレージ社はBIツールを再構築し、情報活用を進めている。従来のBIツールが抱えていた課題とシステム刷新による効果について、同社担当者が語った。(2014/7/17)

日立のデータアクセス基盤+「QlikView」:
日立INSがQlikTechと連携強化、ビッグデータ関連事業で売り上げ10億円を目指す
日立アイ・エヌ・エス・ソフトウェア(日立INS)は7月15日、QlikTechのセルフサービス型BI「QlikView」が日立製作所(日立)のデータアクセス基盤「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム」に対応したと発表した。(2014/7/15)

調査リポート:
国内BI業界、マーケットシェアとユーザー期待値は?
ITRが発行した調査リポートによると、BI関連製品の国内売り上げシェアはSAP、オラクルの順であった。データ分析に関わるツールの選定基準の上位では、多様な分析機能を挙げるユーザーが多いことが分かった。(2014/6/18)

QlikViewで変わるマーケティング部門の仕事:
PR:分析の前に可視化せよ――連想技術で関連付けられたデータの詳細をドリルダウンで探索、予期しなかった問題を“発見”
クリックテック・ジャパンが提供する「QlikView」は、連想技術によりさまざまなデータを関連付けることが可能なため、データの意味を探る上で“予想外の視点”を導入できる。本記事では、このQlikViewがどのようにデータの詳細を探索していくのか、その道筋を明らかにする。(2014/5/27)

POSデータと現場の声、業務データを横ぐしで分析
メガネ業界で快進撃を続けるJINS、データ活用基盤で経営は“視界良好”
メガネ専門店「JINS」を展開するジェイアイエヌは、POSデータと現場の声、業務データをひも付けるデータ分析システムを2014年4月に構築した。機能性メガネなどで急成長を遂げる同社のデータ活用体制や分析基盤とは。(2014/5/22)

製造IT導入事例:
コマツがグローバルSCMの業務解析ツールを導入――補修部品在庫を最適化
コマツはグローバルSCMの情報分析プラットフォームとして、連想型高速インメモリBIプラットフォームである「QlikView」を採用した。導入を行ったアシストとクリックテック・ジャパンが発表した。(2014/5/1)

センサーデータは消防活動にも有効
データ統合を果たしたスコットランド消防本部が待望するIoT時代
組織統合により、情報の一元化を迫られたスコットランド消防本部。ETLツールとBIで一元化とアウトプット体制を整備した先にあるのは、モノのインターネットの活用だった。(2014/4/10)

想定すらしていなかったビジネスの仮説や気づきを発見できる!:
PR:マーケターのひらめきをデータで加速するQlikViewの真価
クリックテック・ジャパンが提供するBusiness Discoveryプラットフォーム「QlikView」が実現するのは独自の「連想アーキテクチャ」による高速/柔軟なデータ分析。この斬新な分析の仕組みがマーケターにどのような変化をもたらすのか。クリックテック・ジャパン マーケティング本部 本部長 安部知雄氏が語る。(2014/4/1)

クラウドとオンプレミスのデータを連携して分析:
JINS店舗の現場情報とPOSデータを連携、分析結果を店舗にフィードバック、ジェイアイエヌ
ジェイアイエヌが店舗経営システムとして「kintone Connector for QlikView」を採用。「kintone Connector for QlikView」は、サイボウズの業務アプリケーション構築クラウド「kintone」と、クリックテック・ジャパンの連想型インメモリ分析プラットフォーム「QlikView」の連携ソリューション。(2014/3/19)

QlikViewで変わるマーケティング部門の仕事:
PR:データ・ドリブン・マーケティングの実現を阻む課題――それはIT部門とマーケティング部門との間に存在するギャップ
IT部門とマーケティング部門の協業はますますその重要性を増している。両部門の思考の違いを乗り越え、協業を困難にする技術的な制約を克服するには? 独自の連想技術で柔軟なデータ活用を支援するクリックテック・ジャパンが、両部門の思考の違いや技術的制約を乗り越えるための解答を示す。(2014/3/18)

「Salesforce」「QlikView」連携も:
日立ソリューションズ、タブレット型マーケティング支援ソリューションをWindows 8に対応
日立ソリューションズは、同社が提供するタブレット型マーケティング支援ソリューション「Interactive-Proサービス」において、Windows 8に対応した最新版の提供を、1月24日から開始することを発表した。(2014/1/24)

大江戸温泉物語もユーザーに:
クリックテック社長が日本市場の事業戦略を説明
BI製品を提供するクリックテック・ジャパンは事業戦略説明会を開催。パートナー強化策などが話された。(2013/11/14)

Computer Weekly製品導入ガイド
課題はビッグデータ管理のためのプラットフォーム選定
無数のソースから得た多様な形態のデータ分析を目指すビッグデータでは、思考と技術の両方の切り替えが要求される。(2013/10/28)

ビッグデータ活用:
博報堂グループとアイウェイズ、クラウド型データ分析ツール「HAKQEN(ハッケン)」を提供開始
博報堂と博報堂プロダクツ、およびアイウェイズは9月2日、ビッグデータを簡単に分析/可視化できるクラウド型データ分析ツール「HAKQEN(ハッケン)」の提供を開始すると発表した。(2013/9/3)

ホワイトペーパー:
速いというだけでインメモリーBIを選ぶべきではない大きな理由は、「連想技術」にある
特許技術「連想技術」により、「速さ」や「大容量メモリ」だけではない、事前に要件定義をする必要なく実際に使う人が自由なデータを探索する力を手に入れる。(2013/5/1)

ゲームサイトのビッグデータ事例
MySQL→Hadoop移行でビッグデータの威力を引き出すゲームサイトKing.com
オンラインゲーム会社のKing.comは、ビッグデータに対応するためMySQLデータベースをClouderaのHadoopディストリビューションに置き換えた。(2013/4/23)

ホワイトペーパー:
インメモリーBIの能力を最大限に引き出すQlikViewの「連想技術」を徹底解説
特許取得済みの「連想技術」と「インメモリー」の二大特長により、躍進を続けるQlikView。そのコアテクノロジーである「連想技術」をウェブキャストによって徹底解説する。なぜQlikViewは、「走りながら、考えることのできる」製品なのか? その秘密に迫る。(2013/4/19)

大量のWebログを分析するシステム、日立製作所が発売へ
日立製作所はWebアクセス解析に必要なプログラムやソフトウェアとサーバをセットにしたシステムを発売する。(2012/5/7)

情報系アプリケーション投資動向2012【BI編】
「売り上げ拡大のための戦略ツール」としてのBIに求められる条件
「データ分析」が企業文化に根付いている欧米企業に比べ、日本企業は一般的にデータ活用の取り組みが遅れていると言わざるを得ない。グローバル化で海外企業と戦うために、日本企業に必要なBIの条件とは?(2012/3/30)

BI製品紹介:DTS
国産BI「データスタジオ@WEB」が現場業務のための機能に特化するわけ
「データスタジオ@WEB」は、「第3世代」といわれる最新BI製品を象徴するように簡単操作・安心運用を開発コンセプトとしている。国内約400サイト、約5万数千人のユーザーが活用するBIツールの中身を見ていこう。(2012/3/1)

レポート ビッグデータセミナー:
情報爆発時代、いかに大量データを収益につなげるか
@IT情報マネジメント編集部では2011年11月30日、東京・秋葉原の富士ソフト アキバプラザで、第14回 @IT情報マネジメントカンファレンス「〜情報爆発時代、いかに大量データを収益につなげるか〜ビッグデータの活用意義と、収益向上へ導くキーテクノロジ」を開催した。ここではその要点をレポートする。(2012/2/16)

インメモリテクノロジーのインパクト
超高速DB「SAP HANA」を武器に進化するSAPのアプリケーション群
SAPがビッグデータ時代に投入した「SAP HANA」。同製品で採用されているテクノロジーの概要と、それを武器とするSAPの最新戦略を紹介する。(2012/1/25)

クラウドERP製品カタログ【第7回】東洋ビジネスエンジニアリング
中堅・中小製造業の海外進出を支援する「MCFrame online 原価管理」
製造業で広く使われる国産業務パッケージ「MCFrame」の原価管理機能を切り出してクラウドサービスとして提供するMCFrame online 原価管理。主なターゲット企業は海外進出を狙う中堅・中小企業だ。(2012/1/18)

ビッグデータのためのDWH基盤【第4回】
ビッグデータ対応のために進化するDWHアプライアンス
標準的なRDBMSとハードウェアレベルでの高速化技術を組み合わせることで、DWHのボトルネックを解消するDWHアプライアンス。ビッグデータ対応が注目を浴びる今、独自技術を採用する製品が登場している。(2011/12/22)

BI製品紹介:アシスト
「WebFOCUS」が目指す理想のBI「カスタマーダイレクトBI」とは
一部の専門家だけでなく、社員の誰もが必要な情報をリアルタイムに活用するオペレーショナルBI。それをいち早く提唱したのが「WebFOCUS」だ。そして、その理想はカスタマーダイレクトBIに向けられている。(2011/10/26)

小岩井乳業、販売情報分析システムを刷新
小岩井乳業がインメモリBIツールを新たな情報分析ツールとして採用した。(2011/9/22)

富士電機がインメモリBIツールを採用 経営分析の強化で
富士電機は経営分析の基盤システムとして、米QlikTechのインメモリBIツール「QlikView」を導入。受注売上予測の支援などで活用する。(2011/9/14)

起こるかもしれない危険よりもメリットが勝る
米国企業各社がモバイルBI導入を推進するわけ
他のアプリケーションに比べればまだまだ後れているが、モバイルBIの需要は今後急速に高まることが予想されている。既にモバイルBIを採用している事例を見ると、先進的なCIOの姿がうかがえる。(2011/9/12)

BI製品紹介:日本オラクル
Oracle BIが実現する「3つのリアルタイム」と「BI標準化」とは
2011年6月に新バージョンの出荷が開始された「Oracle BI」。モバイル対応や基幹システム連携、導入早期化のための仕組みを実装・強化することで、「BI標準化の実現」を訴求する。(2011/8/9)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。