ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「修理」最新記事一覧

Apple、「HomePod」(379ドル)の保証外の修理費は279ドル
Appleが米国で379ドルで発売した「HomePod」は、保証対象外の場合修理代が279ドル掛かることが分かった。(2018/2/13)

Appleの「HomePod」をiFixitが分解 導電性スクリューポストなどの工夫
Appleがまず米国で発売したスマートスピーカー「HomePod」を、iFixitがさっそく分解した。メッシュは簡単にはがせるようになっているが、粘着剤が多用されており、「修理しやすさ」は最低の1だ。(2018/2/13)

ねじがバッテリーを損傷:
レノボ、「ThinkPad」2万5000台無償修理 異常な発熱の恐れ
レノボ・ジャパンが、「ThinkPad X1 Carbon(第5世代)」を無償で点検・修理すると発表。バッテリー部分から異常な発熱が生じる恐れがあるという。対象は、2016年12月〜17年10月に製造された約2万5000台。(2018/2/7)

「ThinkPad X1 Carbon」の第5世代(2017年モデル)で無償点検・修理 バッテリー異常発熱の恐れ
ThinkPad X1 Carbon(第5世代:2017年モデル)において、ネジ脱落に起因する内蔵バッテリーの異常発熱が発生する恐れがあることが判明した。当該の本体については、レノボの修理拠点での無償点検・修理対象となる。(2018/2/7)

Wired, Weird:
放熱板に触れても大丈夫? 危険なモータードライバーの修理(1)
今回は、モータードライバーの修理の様子をお伝えする。電源の電解コンデンサーを交換すれば良い内容の修理だったのだが、思いもかけないちょっと危険な構造の電源だったために落とし穴にはまってしまったのだった……。(2018/2/8)

「iPhone 7」で圏外の不具合 Appleが無償の修理プログラムを開始
ごく一部の「iPhone 7」で、モバイルネットワークエリア内でも「圏外」と表示される不具合が確認された。日本のiPhoneも該当する。Appleは無償で修理を受け付ける。(2018/2/5)

一部の「iPhone 7」で圏外表示になる問題 Appleが無償修理を行うと発表
モバイルデータ通信のサービスエリア内でも「圏外」と表示されるとのこと。(2018/2/4)

Apple、「iPhone 7」の“圏外の問題”で無償修理プログラム開始
Appleが、2016年9月発表の「iPhone 7」の一部に認められる通信エリア内でも「圏外」と表示される問題を無償で修理するプログラムを開始した。(2018/2/4)

Appleが「iOS 11.3」を今春リリース バッテリーの修理を推奨する機能も
Appleが「iOS 11.3」の詳細を紹介。バッテリーの修理を推奨する機能を追加する他、シャットダウンを防ぐためのパフォーマンス制御機能をオフにできるようになる。一般ユーザー向けには2018年春に提供する。(2018/1/25)

明日から使えるITトリビア:
街の“iPhone修理業者”は法令違反? 利用のコツは
「最短15分で割れた画面が修理できます!」──街で見かけるiPhone修理業者。でも勝手に分解したら電波法違反になるのでは?(2018/1/24)

接続金具に不備:
三菱電機、照明器具18万個を無償修理 体育館などで落下の恐れ 
三菱電機が、照明器具18万4075個を無償で点検・修理すると発表。接続金具に不備があり、落下する恐れがあるため。本来の仕様と異なる材料を誤使用していたという。(2018/1/22)

Wired, Weird:
バックライトの修理――CCFLの入手困難も知恵で立ち向かう
今回は、バックライトが点灯しなくなったタッチパネル付き液晶ディスプレイの修理の様子を紹介する。冷陰極蛍光管(CCFL)を取り換えれば、修理できる内容だったのだが、同じCCFLが手に入らず、知恵を使うことにした――。(2018/1/11)

携帯電話の故障原因1位は「ディスプレイの破損」 4割が修理せず
オークネットは、1月10日に「携帯端末(電話)の修理に関するアンケート」の結果を発表。不具合1位は「ディスプレイ(ガラス部分)が割れた」で、約4割は修理をしていないことが分かった。(2018/1/11)

aiboの性別は? 大人になるまでどれくらいかかる? 修理料金は? ソニーの「aibo」質問まとめ
ソニーの犬型ロボット「aibo」発売を前に、ちょっと気になる疑問をまとめてみた。(2018/1/10)

スマホ画面割れ、どう防ぐ? 今からできるテッパンの落下対策
スマホの高額な修理代。高い修理代をかけないためにも、落下や画面割れを防ぐための対策法を紹介していきます。(2018/1/1)

Wired, Weird:
制御用PCの修理(後編) 熱破損を起こした3つの原因
前回に引き続き、半導体製造装置に使用されている制御用PCの修理の模様について報告する。CPU横に頭が膨れた電解コンデンサーがあり、どうも放熱設計がうまくなかったようだ。故障原因を考察していこう。(2017/12/19)

移植と供養……ソニーが見放した先代「AIBO」の今
ソニーの犬型ロボットが「aibo」として復活したが、生産を中止した先代「AIBO」もひっそり生きながらえている。保守窓口は閉鎖されたが、ソニーの元エンジニアが修理を請け負っている。(2017/12/11)

壊れた後では手遅れ
iPadが壊れる悲劇の前に知っておきたい、修理代、保険、保護ケース
タブレットのディスプレイが割れることを想定している人はいない。だが、これは起こり得ることだ。壊れた「iPad」を「App Store」に持ち込むことを計画するだけでは備えは不十分だ。もっと良い選択肢がある。(2017/12/3)

道後温泉本館を遺すため、総額約5億円のクラウドファンディング実施 最大10年間の入浴フリーパスがもらえる
全国初、国の重要文化財での「浴場営業をしながらの保存修理工事」がスタート予定。(2017/11/28)

大切だからこそガッチリ守る! Spigenの「iPhone X」用ケース・画面保護ガラスを試す
「iPhone X」は従来のiPhoneよりも修理代金の上限額が高い。落下による破損・故障リスクを軽減するには、保護ケースや画面保護フィルム・ガラスの利用が効果的だ。そこで、この記事ではSpigenから発売されているケースと保護ガラスを試す。(2017/11/8)

Wired, Weird:
制御用PCの修理(前編) CPU横の膨れたコンデンサー
半導体製造装置に使用されている制御用PCの修理が舞い込んだ。「電源が入らない」という症状だったので電源の不良を疑ったが、CPU基板に故障原因があった……。今回から2回にわたり、制御用PCの修理の様子を報告しよう。(2017/11/8)

故障時に購入金額の最大80%で修理 「ゲオ中古スマホ保証」提供開始
ゲオは、11月7日に携帯電話・スマートフォン・タブレットの中古端末を対象とした有料保証サービス「ゲオ中古スマホ保証」を提供開始。中古端末が破損・故障した場合に提携業者での修理を受けられる。(2017/11/7)

Wired, Weird 特別編:
PR:キーサイトの3出力電源『E36312A』を使って電源や温調器を修理してみた
電子機器の修理業務のさまざまなエピソードを紹介しているEDN Japan連載「Wired, Weird」。今回は“特別編”として計測機器メーカーであるキーサイト・テクノロジー製の最新の試験用電源『E36312A』とオシロスコープを使用した修理作業の模様を報告する。修理や機器開発には、やはり良い道具が必要だと思い知らされた――。(2017/11/7)

iPhone X、AppleCare+未加入時の修理代は最大6万800円
iPhone Xは端末代だけでなく、修理代金もお高い。AppleCare+未加入だと、画面の修理代は3万1800円、その他の修理代は6万800円。AppleCare+も、他のモデルより高い2万2800円だ。(2017/10/31)

「iPhone X」の画面修理、Apple Careなしだと3万円超
Appleが、「iPhoneの修理サービス料金」ページに「iPhone X」を追加した。(2017/10/28)

太陽光:
売却時に使える点検履歴も作成、月額9800円の太陽光メンテナンスサービス
太陽光関連事業を展開するエコリンクスが提供。低圧太陽光発電向けで、発電監視、定期点検、緊急応動、故障対応、売電補償の5つのサービスをパッケージ化した。(2017/10/20)

バーチャル空間で車体修理――トヨタも導入“産業向けVR” 課題も
トヨタ自動車が社内でVRゲーム「修理漬け」を導入するなど、B2Bの領域でも活用が広がるVRコンテンツ。魅力もあれば、課題もあるようだ。(2017/10/17)

宇宙ビジネスの新潮流:
ロボットが宇宙空間で衛星を組み立て、修理する時代が来た
昨今、宇宙空間において衛星などの宇宙構造物を組み立て、点検、修理するサービスが始まりつつある。その最前線を紹介する。(2017/10/6)

KDDIが「スマートコントラクト」実証実験 ブロックチェーンで携帯修理の運用を効率化
KDDIら3社は、ブロックチェーン技術を使った契約の仕組み「スマートコントラクト」の実証実験を始める。まずは修理受け付け業務の効率化で効果を検証する。(2017/9/28)

搭載部品を中心に紹介:
「iPhone 8」を分解
2017年9月22日に発売されたAppleの新型スマートフォン「iPhone 8」。10nmプロセス技術を使用した新プロセッサ「A11 Bionic」を搭載し、iPhoneとしては初めてワイヤレス充電に対応した同端末。モバイル機器の修理マニュアルなどを提供するiFixitが分解し、その様子をWebサイトで公開した。(2017/9/22)

修理費全額相当のTポイントを付与 ソフトバンクがiPhone向けアフターサービスを開始
ソフトバンクはiPhone修理時、修理費全額に相当する期間固定Tポイントを付与する「あんしん保証パック with AppleCare Services」を9月22日から提供開始。また、併せてソフトバンクショップでiPhone/iPadの修理取次サービスを10月2日から行う。(2017/9/14)

iFixitが「Galaxy Note8」を分解──バッテリーはやはり粘着剤固定
Samsungが発表したばかりの「Galaxy Note8」をiFixitが分解した。修理しやすさは「Galaxy Note7」と同じ4点。バッテリーは交換可能だが粘着剤で固定されている。(2017/9/9)

おうちデート中にトイレが流れないピンチ! うんこを外へ捨てようとした女性、窓のすきまにハマり脱出不能に
女性は消防隊が窓を破壊して救助。交際相手が修理費のためクラウドファンディングを始めるカオスな展開に。(2017/9/7)

Wired, Weird:
悲鳴を上げて壊れたプリンタを修理【組み立て&原因究明編】
「キャー」という悲鳴のような音をたてて壊れたプリンター。前回は、分解を行ったので、今回は、修理し元通りに組み立てつつ、壊れた原因を探ってみる。(2017/9/6)

Wired, Weird:
悲鳴を上げて壊れたプリンタを修理【分解編】
長年、愛用してきた多機能プリンタが先日、「キャー」という悲鳴のような音を出して、動かなくなってしまった。代替品が届くまでの間をしのごうと、修理に挑戦してみた。(2017/8/9)

Windows 7のリプレースは「as a Service」で:
NEC、業務用Windows 10マシンを月額課金制で導入できる「スマートクライアント標準PCサービスG2」を開始 日本マイクロソフトと協業
NECは日本マイクロソフトと協力し、法人PCのライフサイクル全般をサービスとして提供する「スマートクライアント標準PCサービスG2」を開始。PCの調達からキッティング、運用管理、故障対応、廃棄までを月額課金制で契約できるようにする。(2017/8/3)

未経験の脅威:
至る所にAmazonの影 企業が避けて通れぬ懸案に
自動車修理から実験道具、水泳プール用品に至るまで、米国のビジネスに幅広くのしかかっているものは何か。答えは、Amazonだ。(2017/8/2)

ネット予約で申し込みが3割増 好調“iPhone修理”の現状をゲオに聞く
中古携帯の販売でおなじみのゲオは、iPhoneの修理サービスも提供している。ネット予約を開始したところ、修理の申し込みが約3割増えたという。そんなiPhone修理の現状を聞いた。(2017/7/21)

シロナガスクジラの全身骨格が宙づり! 約25メートルの標本を見上げられる壮大な展示 英博物館で
1891年の標本を補修し中央ホールで豪快に展示。(2017/7/18)

週末アキバ特価リポート:
4TB HDDが1万円切り 新モデル登場の影響か
Seagateの4TB HDD「BarraCuda ST4000DM000」が週末特価で1万円切りとなっている。そのほか、SuperFlowerの修理戻り電源が激安で店頭に並ぶなど、3連休は見所が多い。(2017/7/15)

ヤマハの歴史コピペに追加しなくては! 電子楽器技術から「サックスの音色で、リコーダーのように簡単な管楽器」誕生
「ピアノの修理 → 電子楽器作る → 不思議な管楽器を開発」という流れになりそう。(2017/7/13)

初代「Apple Watch」、“フタが外れる”問題でも保証期間延長か
5月にバッテリー膨らみ問題については保証期間が3年に延長されるといううわさのあった初代「Apple Watch」で、背面カバーが外れる問題についての複数の報告があり、この問題についても無償修理の対象となると、MacRumorsが報じた。(2017/7/12)

「ドコモショップ丸の内店」が旗艦店としてリニューアル iPhone・iPadの修理にも対応
ドコモショップ丸の内店(東京都千代田区)が、6月30日にリニューアルオープンした。ドコモショップとしては初めての“旗艦店”という位置付けで、iPhoneやiPadの修理も受け付ける。(2017/6/30)

分解マニュアルのiFixit、Greenpeaceの「修理しやすい製品を」キャンペーンに協力
iPhoneやGalaxyシリーズなどの新製品が発売されると速攻で分解レポートを公開することで知られるiFixitが、環境保護団体Greenpeaceの「修理しやすい製品を」署名キャンペーンに協力した。キャンペーンページでは、17社44モデルの修理しやすさ評価が一覧できる。(2017/6/29)

月額料金のみでスマホを修理する「モバイル保険」 まずはiPhoneから
さくら少額短期保険の「モバイル保険」は、6月26日に提携修理店でキャッシュレスに修理を受けられる「キャッシュレスリペア」サービスをスタートした。まずは29店舗、iPhoneの「画面割れ修理」で展開する。(2017/6/27)

「ホライゾン・マシーン」:
iPhoneの画面修理が容易に、Apple独自機器の設置拡大へ
Appleは、iPhoneのスクリーンを修理する同社独自の機械「ホライゾン・マシーン」を外部の修理センターにも設置していく。(2017/6/8)

Wired, Weird:
なんだこの設計は! メーカーの資質を疑う醜い回路設計
筆者は常々、良い品質の製品を作ることは、メーカーが生き残るための必要条件だと確信している。そうした中で、先日、修理依頼を受けた温調器は、目を覆うばかりの醜い設計が……。今回は、メーカーの資質が疑われるほどの悪設計だった温調器の修理の様子を紹介しよう。(2017/6/7)

Wired, Weird:
アイデア工具を使ったハンダ抜きテクニック
今回は、基板にダメージを与えずにハンダ抜き(ハンダ外し)を行うためのテクニックを紹介する。偶然見つけたアイデアツールなど、筆者が日頃の修理業務で使っているハンダ抜き工具も披露しよう。(2017/5/16)

Mobile Weekly Top10:
速度面で絶好調の「UQ mobile」/「iPhone」の修理について
au回線を使ったMVNOサービスの中で「UQ mobile」が好調です。特に混雑した時間帯はau純正回線と遜色のない速度が出ます。(2017/5/10)

データ復旧はスピード勝負、迅速/確実なHDDトラブルの解決には:
PR:もしも、ゴールデンウイーク(GW)明けにHDDトラブルが発生したら――最善策は何もせずに復旧のプロに任せること
データ復旧事業者によると、ゴールデンウイーク(GW)明けはHDDのトラブルが多くなり、HDDの修理やデータ復旧の依頼も通常の倍以上になるという。HDDの障害が長期休暇明けに発生しやすいのはなぜか。不幸なことに、実際にトラブルに遭遇してしまった場合は、どのように対処するのが最善なのだろうか。(2017/5/8)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。