ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ロディア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ロディア」に関する情報が集まったページです。

Thinking Power Projectリポート:
ロディアやモレスキンばかりじゃつまらない、「自分専用のツバメノート」を目指したTPN
ロディアやモレスキンとはまた異なる、大人の為のノートがほしい――ある一通のメールから始まったノート開発プロジェクト、その誕生秘話とは?(2011/11/10)

仕事耕具:
ロディアの紙をコクヨが製本 “国産”クレールフォンテーヌノート
コクヨS&Tは、仏クレールフォンテーヌ・ロディアと提携。国内市場向けにコクヨS&T製のクレールフォンテーヌノート「Tricotage(トリコタージュ)」を発売する。(2010/7/13)

仕事耕具:
ロディアが75周年――極小サイズの“nanopad”を限定発売
ブロックメモの代名詞として有名な「RODIA」が、2009年でブランド生誕75周年を迎える。クオバディス・ジャパンでは、4月中旬に記念モデルの“nanopad”「No.10」や、4月下旬にはポール・スミス氏デザインの「Paul Smith for RODIA 75th」を発売する。(2009/3/27)

文具王の「B-Hacks!」:
ブロックロディアで財布にメモ
いまやちょっとオシャレめなメモ帳として、なぜかあらゆるジャンルの人から大絶賛のブロックロディア。「N0.08200」については、ちょっと縦長すぎて使い道が分からなかった。そこで、ミシン目から下がちょうど15センチになるように裁断してみると……。(2008/7/31)

シゴトハッカーズ:
アナログメモを使いこなすためのポイント【チュートリアル編】
メモの残し方を聞くと、デジタルに固執しない、必要に応じてアナログメモも――という話が出ました。では、アナログメモを使いこなすには、どんなことに気をつければいいのでしょうか。「ロディア」「MVPen」の紹介と使いこなしを解説します。(2008/7/25)

仕事耕具:
ブロックメモでも“黒ロディア”――3月下旬発売
「オレンジにブラックのロゴ」が特徴のロディア。2007年には「ブラックにオレンジロゴ」の反転バージョンのノートを発売したが、ついに定番のブロックメモでも“黒ロディア”が登場する。(2008/3/14)

Biz.ID読者プレゼント:
創刊1周年記念! Firefox特大シールやGoogleルービックキューブをプレゼント
いつもご愛読いただいている読者の皆さまに感謝を込めて、Firefoxの特大シール(135×126センチ)やGoogleの各サービスが印刷されたルービックキューブなどのグッズをプレゼントします。はずれた方にもWチャンス。抽選で30名様にロディアの「Biz.IDオリジナルノート」が当たりますので、ふるってご応募ください。(2007/7/23)

田口元の「ひとりで作るネットサービス」探訪:
デザインとシステムの垣根を超えたい――Yasuhisaさん
Webデザインとプログラミングの両方をこなすYasuhisaさん。「国際的な仕事をしたい」と米国に留学したが、そこで出会ったインターネットが人生を変えた。ロディアのメモからWebデザインを立ち上げる一方、PHPでプログラムも作成する。(2007/5/7)

ロディアの新作、ノートもお目見え
メモ帳のロディアが多数新作を発表。ピッとページを切り離せるリングノートやハイエンドノート、ホッチキス留めのカジュアルノートなどがラインアップ。ページ数倍増の“ジャイアントブロック”も登場する。(2007/2/15)

読者から見たBiz.ID:
ロディアとスワンタッチを活用してGTD
今回は、ロディアを利用したGTDを薦めているブログを紹介します。やりたいことをロディアのメモ帳に書き「TODAY」「WEEK」などの袋に入れて分類、作業中の動画まで公開する充実ぶりです。(2006/12/21)

Biz.ID読者バトン:
手帳、使ってますか?〜ご意見紹介〜
Biz.ID読者バトンの「手帳、使ってますか?」に寄せられたご意見を紹介します。手帳では「ほぼ日」、メモ帳では「ロディア」が一番人気でした。(2006/9/15)

プロフェッショナルツールとしてのメモ帳──ロディア&クオバディス
その辺にある紙の裏でもいいのに、わざわざメモ帳を購入するのはなぜか。プロフェッショナルに愛用されたメモ帳が、ビジネスパーソンの道具として注目されている。(2006/7/19)

メモ帳としてのマウスパッド──ロディア
メモ帳で有名なロディアが、マウスパッドとして使えるメモ帳を発売している。(2006/7/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。