ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ブランド戦略」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

10年連続で1位:
魅力のある都道府県はどこか? 1位は「北海道」、47位はやっぱり
全国で最も魅力的な都道府県はどこか? ブランド総合研究所が行った調査によると、10年連続で「北海道」であることが分かった。(2018/10/16)

CEATEC 2018:
新鮮さ感じる“シャープのダイナブック”、CEATEC JAPAN2018会場に登場
シャープは、「CEATEC JAPAN 2018」において、2018年10月1日に子会社化が完了したばかりの東芝クライアントソリューションのPCブランドである「dynabook」を出展した。(2018/10/16)

MM総研がMVNOネットワークの品質を調査 コスパ上位は楽天、IIJ、BIGLOBE
MM総研は、10月11日にMVNO10事業者、サブブランド2事業者、MNO3事業者を対象としたネットワーク品質に関する調査結果を発表。動画再生はいずれも遅延なく再生でき、コストパフォーマンスが高いのは楽天モバイル、IIJmio、BIGLOBEモバイルとなった。(2018/10/12)

イノベーションのレシピ:
美容家電に本気のマクセル、第1弾は温風を“出さない”ドライヤー
マクセルは2018年10月11日、同社で初めてとなる美容家電の新ブランドを発表した。ブランド名は同社名を逆読みした「llexam(レクサム)」で、美容家電事業への取り組みを強化する。ブランド価値向上と認知拡大を狙い、当面の間はレクサム製品を美容サロンルートのみで販売する戦略を取る。(2018/10/12)

解体工事も11日から:
豊洲市場が開場 近代的施設で「日本の台所」へ
築地市場(東京都中央区)の閉場に伴い移転した都の新たな中央卸売市場の豊洲市場(江東区)が11日、当初の予定から2年遅れで開場した。83年の歴史に幕を閉じた築地市場を引き継ぐ豊洲市場は、近代的施設で今後の「日本の台所」を担う。約400年前に始まった日本橋魚河岸(うおがし)をルーツに持つ「築地ブランド」に代わる「豊洲ブランド」の定着に向け、目利きの力が試される。(2018/10/12)

大容量バッテリーを搭載したスマートウォッチ「Galaxy Watch」10月下旬に発売
Galaxyブランドのスマートウォッチの新モデルが10月下旬に発売。サイズやカラーバリエーションも多彩に展開し、ウォッチフェイスは豊富なデザインから自由に選ぶことができる。全国のauショップ、家電量販店、主要ECサイトなどで販売される(2018/10/11)

Googleのスマホ「Pixel 3」「Pixel 3 XL」が11月1日発売 国内ではドコモとソフトバンクも販売
GoogleブランドのAndroidスマートフォンが、3世代目にして初めて日本に上陸する。同社による直販に加え、NTTドコモとソフトバンクでも販売する。(2018/10/10)

製造業のグローバル展開:
大企業の中の「地味め」事業をB2Bデジタルマーケティングで世界へ――ダイキン工業化学事業部の挑戦
主力の空調機事業が売り上げの9割を占めるダイキン工業。世界に冠たるB2Bの有名ブランドの陰で、小さな事業部がグローバル展開を模索している。(2018/10/10)

インテル、第9世代「Core i9-9900K」など発表 28コア56スレッドの怪物「Xeon W-2175X」も
i9ブランドのメインストリーム製品は初めて。ゲーミングやビデオ編集用途を強調する。(2018/10/9)

停滞する居酒屋のお酒に新ヒットを:
モンテローザ、焼酎割りのニュー飲料で狙う“ハイボールの次の座”
モンテローザが焼酎の卸や酒蔵と組んで焼酎割りの新ブランド「スパイダー」を売り込む。ハイボールの次のヒットが生まれない居酒屋業界と低迷が続く焼酎業界が手を組み若者にアピール。(2018/10/9)

今日のリサーチ:
世界のブランド価値ランキング、「GAFA」の明暗分かれる?――Interbrand Best Global Brands 2018
インターブランドジャパンは世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2018」を発表しました。(2018/10/9)

「Future Focus 2018」を読む:
デジタルアシスタントの台頭でブランドと消費者の関係が根本から変わる
新時代を生き抜くマーケティングコミュニケーションとはどういうものか。iProspectの未来予測「Future Focus 2018」から考察する。(2018/10/4)

ストラップホール付き、HANSMAREブランドのiPhone XS/XS Max/XR向け本革ケース
ロア・インターナショナルは、HANSMAREブランドのiPhone XS/XS Max/XR向け手帳型ケース「ITALY COW LEATHER CASE」を発売。イタリア産ベジタブルタンニンレザーを使用し、内側には同じ素材のポケットを備えている。側面にはストラップホールを搭載し、カラーはレッド、ブラウン、ブラック、ネイビーの4色を用意した。(2018/10/5)

NokiaブランドのAndroid One端末「Nokia 7.1」、欧米で約4万円で発売へ
Nokiaブランドを保有するHMD Globalが欧米市場向けAndroid One端末「Nokia 7.1」を発表した。価格は319ユーロ(約4万円)から。5.84型の液晶ディスプレイは切り欠き付きだ。(2018/10/5)

サイコガン装着した『ポプテピピック』商品に『コブラ』作者が「許可をとりなさい」と苦言 大川ぶくぶさんが謝罪
ブランド「Candy Stripper」とのコラボ商品「左手にサイコガンを持つポプ子」の件について、大川ぶくぶさんが寺沢武一さんと『コブラ』ファンに向けて謝罪ツイートを投稿しました。(2018/10/3)

日本展開未定:
有線・無線両対応の「Surface Headphones」見参 ノイズキャンセリング対応で349ドル
MicrosoftがSurfaceブランドのヘッドフォンを発売する。3.5mmアナログ入力またはUSB Type-C端子による有線接続とBluetoothによる無線接続の両方に対応し、アクティブノイズキャンセリング機能も備える。(2018/10/3)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
Xiaomiの激安ハイスペックスマホ「Pocophone」が登場 実機を触ってみた
一部の国ではXiaomiは安物のイメージが付きまとってしまっています。もちろん製品は同じ価格帯のモデルと比べるとはるかに優れているのですが……。そんな同社が新たに立ち上げたブランドが「Pocophone」です。(2018/10/3)

名刺交換した相手にアンケート:
Sansanが開発、B2B企業のブランド力を測る指標「BBES」とは?
Sansanは、企業と接点のある人へのアンケート調査を通じて定量的にB2B企業のブランド力を測ることのできる指標「BBES」を開発し、これを測るためのモニタリングサービス「BBES Monitor」の販売を開始した。(2018/10/2)

セガのVRアトラクション施設「JOYPOLIS VR SHIBUYA」 10月25日オープン
CAセガジョイポリスが「JOYPOLIS」の新ブランドとしてVRに特化したアミューズメント施設「JOYPOLIS VR SHIBUYA」をオープンする。(2018/10/2)

FAニュース:
コードレス工具を柱に、新ブランド「HiKOKI」を打ち出す工機ホールディングス
工機ホールディングスは2018年10月1日、新ブランド「HiKOKI(ハイコーキ)」とそれに基づく新戦略についての発表会を行った。(2018/10/2)

「コンパクト・ブルー」も19本に:
JT、ウィンストンに「19本入り410円」の新商品 増税後も手に取りやすく
JTが、箱内のたばこ本数を減らすことで価格を抑えた新商品を発表。ウィンストンブランドに「19本入り410円」の新商品を追加する。同ブランドの「コンパクト・ブルー」シリーズも同様の価格設定となる。(2018/10/1)

Philips、ベゼル幅1.8mmの狭額縁デザインを採用したフルHD液晶ディスプレイ3製品
MMD Singaporeは、Philipsブランド製のフルHD液晶ディスプレイ計3製品を発売する。(2018/10/1)

160万円のターンテーブル テクニクスの最高位機種好調、肌で感じる音の力 
パナソニックの高級音響機器ブランド「テクニクス」が発売した1台160万円のターンテーブルの売れ行きが好調だ。80万円の機種と合わせ、すでに100台以上売れた。往年の音楽ファンら中高年の富裕層を中心とする顧客だ。(2018/10/1)

店舗のシンボル:
ファミマの「緑色」「白色」「青色」、「色彩のみからなる商標」に登録
ファミリーマートは9月28日、「緑色」「白色」「青色」の3色で構成されるブランドカラーが「色彩のみからなる商標」として特許庁に登録されたと発表した。11992年から使用しているブランドカラーは、顕著な識別性があると判断されたという。(2018/9/28)

「China-Japan Internet Celebrity Summit2」レポート:
中国と日本、それぞれどうなっている? 当事者が語るインフルエンサーマーケティング最新事情
中国ではKOLと呼ばれるインフルエンサーが広告ビジネスにおいて中心的な役割を担い、アパレルや化粧品ブランドを独自で立ち上げるなどビジネスのスケールを拡大している。一方日本では……。(2018/9/28)

RSのプライベートブランドRS Proプレジデント:
電子部品商社の「基本姿勢」を貫き、共生の道探す
半導体メーカーや電子部品メーカーの統合だけでなく、ディストリビューター間の統合も進む中、RS Components(RSコンポーネンツ)はどのような立ち位置で、どのような戦略を展開していくのか。RS ComponentsのプライベートブランドRS Proのプレジデントを務めるKurt Colehower氏に聞いた。(2018/9/27)

企業ビジョンをアニメで:
博報堂グループ会社、「ブランディッド・アニメーション」を開発
博報堂コンサルティングとクラフターは、次世代型ブランディングプログラム「ブランディッド・アニメーション」を開発し、サービス提供を開始した。(2018/9/27)

今日のリサーチ:
就活生の9割が就活を通じて企業を好きもしくは嫌いになった経験あり――電通パブリックリレーションズ調べ
電通パブリックリレーションズ内の企業広報戦略研究所は、「採用版・魅力度ブランディングモデル」を基にした就職活動調査を実施しました。(2018/9/27)

166店舗で本格展開:
イトーヨーカ堂が冷凍食品の新ブランド 「中食」需要拡大に対応
総合スーパーのイトーヨーカ堂は20日、冷凍食品の新ブランド「EASE UP(イーズアップ)」を立ち上げ、新商品を発売すると発表した。一部商品の先行発売に続き24日から全国のイトーヨーカドー166店舗で本格展開する。(2018/9/21)

マウス、GeForce RTX 2080搭載ハイエンドデスクトップPCの販売を開始
マウスコンピューターは、「G-Tune」「DAIV」ブランド製PCのラインアップにGeForce RTX 2080搭載ハイエンドモデルを追加した。(2018/9/20)

UNiCASE、iPhone XS/XR対応ケースを発売 オリジナルの新作ケースも
UNiCASEは、オンラインストアでiPhone XS/XR対応ケース「Smooth Touch Hybrid Case」「ウルトラカイジュウウォレットケース」「Tassel Tail Cat」の予約販売を開始。また、女性のライフスタイルに合わせたアイテムを提案する新ブランド「MAELYS LOUN」も立ち上げた。(2018/9/19)

製造マネジメントニュース:
日野とVW商用車部門は電動化技術を共同開発、調達の新会社も
日野自動車とVolkswagenグループの商用車ブランドを統括するTRATON(旧社名Volkswagen Truck & Bus)は2018年9月19日、電動化技術の共同開発と部品調達の合弁会社の設立について発表した。合弁会社は、2019年後半の設立を目指す。(2018/9/19)

人気はうなぎ上り:
ビジネスにも「大坂なおみ旋風」 ラケット、腕時計……関連商戦が過熱
テニスの全米オープンで日本勢初の四大大会シングルス優勝を飾った大坂なおみ選手に経済界も熱視線を送っている。天真爛漫(てんしんらんまん)な人柄もあり、人気はうなぎ上りで、関連商品の商戦は既に過熱気味。大坂選手を企業ブランドの広告塔「ブランドアンバサダー」に起用し、自社の取り組みをアピールする動きも出ており、ビジネスでも「大坂旋風」が続きそうだ。(2018/9/19)

GirlsAward 2018 A/W:
ダレノガレ明美が圧巻の美ボディーを披露 ランジェリーブランド「マルコ」ステージでボディーメーク語る
【画像16枚】パーフェクトボディーってこういうことだな。(2018/9/18)

UNiCASE、iPhone XS/XS Max/XR対応ケース・保護フィルムを発売
UNiCASEは、9月13日にオンラインストアでiPhone XS/XS Max/XR対応ケース・保護フィルムの予約販売を開始した。定番ハードケースや手帳型ケース、人気ブランドケース、キャラクターケースなどを豊富にラインアップする。(2018/9/13)

ロジクール、円筒型の防水モバイルBluetoothスピーカー新モデル
ロジクールは、Ultimate Earsブランド製の円筒型Bluetoothスピーカー「MEGABOOM 3」「BOOM 3」を発売する。(2018/9/13)

“負け組”だからこその戦略:
ピンチをチャンスに変えてきた――旭酒造・桜井会長が振り返る「獺祭」と歩んだ日々
日本酒「獺祭」を製造する旭酒造の桜井博志会長が、東京工科大学(東京都八王子市)で行われた特別講義に登壇。「獺祭」を世界的なブランドに育てる上で味わった苦労や、酒づくりに対するこだわりなどを語った。(2018/9/13)

カメラ映像をモニターで確認:
新型「レクサスES」は量産車初・ドアミラーをデジタル化
高級車ブランド「レクサス」から10月下旬に発売されるセダン「ES」新型は、量産車初の「デジタルアウターミラー」を採用する。(2018/9/12)

ブランディングの先にあるもの:
テレビCMなしでも急成長するBOTANIST、Instagram活用の次なる展開とは
自然派のライフスタイルブランドとして若い女性に人気を博しているBOTANIST。Instagramを中心としたオンラインプロモーションで着実に認知度を高めてきた同ブランドの次なる狙いとは。(2018/9/12)

広告主と媒体社それぞれにサービス提供:
Oath、広告テクノロジーを統合した新ブランド「Oath Ad Platforms」を発表
Oath Japanは、新ブランド「Oath Ad Platforms」を発表した。(2018/9/11)

「ネクシィーズ」の美容ビジネスを担当:
NHK「プロフェッショナル」効果? 柴田陽子氏がプロデュースする企業の株価上昇
東京株式市場で、ネクシィーズグループ(東証1部)の株価が上昇。NHKの番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、ブランドプロデューサー・柴田陽子氏が、同社と共同で「挑戦的な企画を始める」などと紹介されるシーンがあった。ただ、同社は「NHKから放送内容への説明はなかった」と驚いた様子だ。(2018/9/11)

車載電子部品:
アウディ新型「A8」のランプはLED素子を総計540個以上採用、レーザーや有機ELも
アウディジャパンが2018年10月に発売するフラグシップセダン「A8」の新モデルは、レーザーや有機ELといった新しい光源をランプに採用した。より広い視界を確保して運転を支援する目的に加えて、ブランドの個性を演出するための光源の制御や活用が高級車を中心に求められていきそうだ。(2018/9/11)

技適なかったハーマンのBluetoothスピーカー「Traveler」 回収へ
2月23日に発売されたHarman KardonブランドのBluetoothスピーカー「Traveler」に技適マークがないことが判明した。安全上の問題はないが、ハーマンインターナショナルは同製品を回収する。(2018/9/10)

「まだまだ努力が足りない」:
「最も訪れたくない」街、また名古屋 “魅力ない”をどう抜け出す?
名古屋市が発表した「都市ブランドイメージ調査」の結果で、名古屋がまた「最も訪れたくない」街に選ばれてしまった。2016年の前回調査に続き、2回連続で最下位。“魅力がない街”のイメージを覆すためには、何が必要なのだろうか。(2018/9/6)

ロジクール、米ゲーミングブランド「ASTRO Gaming」製品の販売を開始 
ロジクールは、「ASTRO Gaming」ブランド製品の国内取り扱いを発表、ゲーミングヘッドセットなどの販売を開始する。(2018/9/6)

今後はインドなどに:
スズキ、中国自動車生産から撤退 重慶長安汽車との合弁事業解消
スズキは4日、中国の自動車大手、重慶長安汽車(重慶)との合弁事業を解消すると発表した。販売不振が続く中国で自動車の生産から撤退し、輸入販売もやめる。高いシェアを持つ成長市場のインドなどに経営資源を集中する方針。中国ではライセンス供与に切り替え、重慶長安汽車グループが「スズキ」ブランドの車を生産・販売する。(2018/9/6)

SENSE-M037-i3-UHS[Drafter 3D CAD]:
低価格化を実現した「Fusion 360」向けクリエーターPCのエントリーモデル
ユニットコムはiiyama PCブランドの「SENSE∞」から、ミニタワーケースを採用した「Autodesk Fusion 360」向けクリエーターPCのエントリーモデルの販売開始を発表した。(2018/9/6)

ドスパラ、上海問屋製品が最大半額で買える「上海問屋 スーパーSALE」
ドスパラは、上海問屋ブランド製品を割引価格で提供する「上海問屋 スーパーSALE」を開始した。(2018/9/5)

IFA 2018:
Koogeekのメーカー、HomeKit対応スマートドアベルなど展示
HomeKitに対応したKoogeekブランドで知られるShenzhen Champon TechnologyがIFA 2018に出展している。(2018/9/4)

こんなキャラいそう アングラな世界観を感じさせるアパレルブランド「CRISISWEAR」の予約受付がヴィレヴァンでスタート
コスプレではありません。(2018/9/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。