ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ブランド戦略」最新記事一覧

約850チャンネルの検索・分析が可能に:
コムニコ、企業やブランドのSNSアカウントに特化した投稿検索・分析ツールを提供
コムニコは、企業やブランドのSNSアカウントに特化した投稿検索・分析ツール「POST365」にYouTube機能を追加した。(2016/12/9)

デトロイトモーターショー2017:
11年ぶりのフルモデルチェンジ、レクサスの新型「LS」がデトロイトで世界初公開
トヨタ自動車は、「北米国際自動車ショー2017」において、LEXUSブランドのフラッグシップセダン「LS」の新モデルを世界初公開する。(2016/12/9)

6000円で買えるJBLのワイヤレスイヤフォン「E25BT」、4色で登場
ハーマンインターナショナルは、JBLブランドのBluetoothイヤフォン「E25BT」を12月13日から順次発売する。ブラック、ホワイト、ブルー、レッドの4色をラインアップ。(2016/12/8)

TCL、高級感あるエントリーモデル「SHINE LITE」12月16日に発売 予約受付は12月9日から
TCLコミュニケーションは、12月16日にAlcatelブランドのスマートフォン「SHINE LITE」を発売する。価格は2万1800円(税別)で、低価格ながら高級感のあるエントリーモデルとなっている。(2016/12/8)

Fitbit、Pebble買収を正式発表 Pebbleブランドの端末は終了
ウェアラブル市場1位(IDC調べ)の米Fitbitが、Kickstarterで名を馳せた米Pebble Technologyの資産を買収したと発表した。進行中だったPebbleのKickstarterプロジェクトは終了して払い戻しになり、PebbleのCEOは同社を離れる。(2016/12/8)

キャリアニュース:
「企業規模と働きがい」調査――大企業と中小企業の満足度の違いは
キャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」が「企業規模と働きがい」に関する調査結果を発表。大企業に比べ、中小企業で働くエンジニアは「研修制度」「福利厚生」「会社のブランド力」の満足度が低かった。(2016/12/8)

ボタンを押すだけで日用品を注文――「Amazon Dash Button」発売
Amazonは、ボタンを押すだけで日用品を注文できる小型端末「Amazon Dash Button」を発売する。対象はプライム会員で、利用できるブランドは40以上。(2016/12/6)

ボタン押すだけで日用品が届く「Amazon Dash Button」日本上陸 水や洗剤など1プッシュ注文
ボタンを押すだけで日用品をAmazonに注文できる端末「Amazon Dash Button」が日本で発売。食料品や洗剤など41のブランドをそろえる。(2016/12/5)

アンカー、パワーアップしたロボット掃除機「RoboVac11」を発売
アンカーは、家電ブランド「eufy」(ユーフィ)の新製品としてロボット掃除機「RoboVac 11」を発売した。価格は2万4800円(税込)。(2016/12/2)

アキュラ30周年:
ホンダ、「アキュラ」でブランド再生なるか
11月16日、自動車展示会「ロサンゼルス自動車ショー」においてホンダの海外向け高級車ブランド「アキュラ」の発表会が行われた。米国法人のジョン・イケダ副社長は「若々しい精神と野心に再び火をつけ、力強く挑戦的なブランドに刷新する」と宣言した。(2016/12/2)

コブラデザインを採用したTPU材質の高耐久Lightning/Micro USBケーブル「LAZER」発売
ミスターカードは、12月1日に「REMAX」ブランドから断線に強いTPU材質の高耐久Lightning/Micro USBケーブル「LAZER」を発売した。(2016/12/1)

H2Oリテイリング傘下のペルソナ、予算管理クラウドで予実報告を1日から10分に
予実分析報告書の作成業務を1日から約10分に短縮し、急拡大するカードブランドごとの収支情報の把握が可能になったという。(2016/12/1)

特集:情シスに求められる「SRE」という新たな役割(1):
運用自動化も障害対応も、全ては「現場のため」ではなく「顧客のため、ビジネスのため」
デジタルビジネスの激化を受けて、「いかにスピーディにITサービスを企画・開発するか」が重視されている。だが重要なのは「作ること」だけではない。リリースして以降、収益・ブランド向上はサービス運用を支える「運用管理の在り方」に掛かっている。本特集では米グーグルが提唱するSRE――Site Reliability Engineerの概念を通じて「運用管理のビジネス価値」を再考。今求められる情シスの役割を考える。(2016/12/1)

PR:出荷400万台突破!! 開発者が語る「ScanSnapが支持される理由」
オフィスのペーパーレス化やデジタルデバイスの普及により、幅広いシーンで使われるようになったドキュメントスキャナ。なかでもBCN 6年連続No.1を獲得しているPFUの「ScanSnap」シリーズは、多くのユーザから支持される、ドキュメントスキャナのトップブランドだ。そんなScanSnapがユーザーに支持される理由は何だろうか。同社執行役員イメージビジネス担当の宮内康範氏と、商品企画部長の大窪伸幸氏に、その秘密を聞いた。(2016/11/30)

JIMTOF2016:
多関節型搬送路用ロボットで高精度をアピール――日本トムソン
IKOブランドで製品展開する日本トムソンは「第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)」(2016年11月17〜22日、東京ビッグサイト)において、ニードルベアリング、直動案内機器およびメカトロの主力製品、新製品を出展した。(2016/11/29)

電気自動車:
VWの2025年までの経営計画はSUV拡充と電気自動車100万台がカギ、2万人超の解雇も
Volkswagenは2025年までの中期経営計画を発表した。今後10年で、量販セグメントのトップブランドとなることを目標に、製品戦略を見直して高収益化を図る。電気自動車には25億ユーロ(約2980億円)を投資する。また、ユーザー8000万人のテレマティクスサービスを構築し、売上高10億ユーロ(約1200億円)を見込んでいる。(2016/11/29)

「なし」新発売:
「いろはす」ブランドが支持されるワケ
11月28日に新商品「い・ろ・は・す なし」を発売し、ますますラインアップを拡大する「いろはす」ブランド。ミネラルウオーター市場をけん引し、日本コカ・コーラの他ブランドのマーケティングにも生かされる“強さ”の秘密はなんだろうか。(2016/11/29)

ユニットコム、ゲーミングノート「N-Class」にGTX 1080搭載ハイエンドモデルを追加
ユニットコムは、iiyama PCブランド製ゲーミングノートPCのラインアップに17.3型フルHD液晶/GeForce GTX 1080搭載のハイエンド構成モデルを追加した。(2016/11/28)

CCCフロンティア、洗練されたスタイルを提案する男性向けブランド「acroma」を展開
スマートフォンアクセサリー専門店「UNiCASE」を運営するCCCフロンティアは、11月24日に洗練されたスタイルを提案する男性向けの新ブランド「acroma(アクロマ)」をスタート。iPhone 7ケースの販売も行う。(2016/11/25)

iiyama、狭額縁デザインの23.8型フルHD液晶「ProLite XU2492HSU」など2製品
マウスコンピューターは、iiyamaブランド製となるフルHD表示対応の23.8型ワイド液晶ディスプレイ「ProLite XU2492HSU」「同 XUB2492HSU」の販売を開始する。(2016/11/25)

欧州ビールブランドを買収:
アサヒ、海外で「スーパードライ」拡販狙う
アサヒグループホールディングスが海外事業の成長に向けて取り組みを加速。欧州のビールブランド買収を足掛かりとして、主力ブランド「スーパードライ」を中心とした海外の成長基盤構築を急ぐ。今後も積極投資を続け、海外売上高比率を2〜3割に引き上げる。(2016/11/24)

広告によるブランド毀損を防ぐ:
SSP「fluct」にメディア向けブランド保護機能
fluctは、SSP「fluct」において、メディア向けのブランド保護機能「fluct ListOffers」の提供を開始した。ブランド毀損(きそん)に対する懸念からRTBを利用した出稿ができなかったメディアの課題を解決する目的。(2016/11/24)

G-Tune、ハイエンドゲーミングPC「MASTERPIECE」シリーズをリニューアル――ガラスパネル装備の新設計筐体を採用
マウスコンピューターは、G-Tuneブランド製ハイエンドゲーミングPC「MASTERPIECE」シリーズのリニューアルを発表した。(2016/11/24)

Google、「Google Cast」を「Chromecast built-in」に改称へ
Googleは、メディアストリーミング端末「Chromecast」の技術の名称を「Google Cast」に統一しようとしていたが、少なくともコンシューマー向けには「Chromecast built-in」にリブランドする計画だとThe Varietyに語った。(2016/11/24)

アイ・オー、MU-MIMO対応のUSB無線LANアダプタなど「PLANT」ブランド3製品を発表
アイ・オー・データ機器は、同社新ブランド「PLANT」より無線LANルータ/USB無線LANアダプタなど計3製品を発表した。(2016/11/22)

パクチーを好きすぎる会社が専門ブランドを設立 新製品は「パクチー柿の種」など3種類
パクチー好きの、パクチー好きによる、パクチー好きのためのブランド。(2016/11/19)

この中に1つ、アダルトグッズがあります TENGAの女性ブランド「iroha」から“口紅そっくり”な新作登場
擬態かな。(2016/11/18)

創業100年目前に:
「SUBARU」への社名変更控えた富士重、米国で快進撃
平成29年4月に会社名を「SUBARU」に変更する富士重工業が自動車業界での存在感を高めつつある。平成29年3月期の世界販売は106万台の見通し。英文表記への社名変更でグローバルブランドを目指す同社の戦略の真価が試される。(2016/11/18)

「ネコ会議」「カンフーレストラン」など:
“老舗”ネット企業が動画でリブランディング――ジャパンネット銀行の前例なき挑戦
21世紀の幕開けとともに「ネット専業」の看板を掲げてデビューした企業が今、ブランド再生に挑んでいる。年月とともに知名度は上がったが、後発が続々と登場する中、もはやネット専業というだけでは先進的なイメージを訴求できない。どうするのか。(2016/11/17)

動画広告のブランドリフト効果を可視化:
サイバーエージェント、クリエイティブ最適化ソリューション「VS」を提供開始
サイバーエージェントは、動画広告のブランドリフト効果を可視化するクリエイティブの最適化ソリューション「VS(バーサス)」の提供を開始した。(2016/11/15)

スマホにどう立ち向かうのか パナソニックのデジカメ「ルミックス」
パナソニックのデジカメ「LUMIX」シリーズが11月で販売開始から15年を迎えた。後発組だったが、手ぶれ補正などの新技術を次々と開発。デジカメの世界販売台数がピークを迎えた2010年代を代表するブランドに成長した。ただ……。(2016/11/15)

UNiCASE、秋のコーディネートにぴったりな雑貨ブランド「Mallow」新作iPhone 7ケースを発売
UNiCASEは、雑貨ブランド「Mallow」の新作iPhone 7ケース「Olivia Diary」を発売。秋のコーディネートにぴったりなケースに仕上がっている。(2016/11/14)

JBLの「CONTROLシリーズ」に初のワイヤレスモデルが登場
ハーマンインターナショナルは、JBLブランドのBluetooth対応コンパクトスピーカー「CONTROL X WIRELESS」を11月25日に発売する。1986年の「CONTROL 1」発売以来、30年に渡ってロングセールスを続ける「CONTROLシリーズ」で初めてBluetoothに対応したモデルだ。(2016/11/14)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
麻倉節全開! ミュージックラバーへ提案する新生ティアックの「NEW VINTAGE」コンセプト
10月に「NEW VINTAGE」コンセプトを発表したティアック。発表会で壇上に上がった麻倉怜士氏は、「『NEW VINTAGE』コンセプトは、これまでのティアックブランドとは明らかに一線を画す」と高く評価した。その理由は、単に価格や音質といった部分にとどまらず、音楽の視聴スタイルそのものを見直したことにあるという。(2016/11/14)

Twitterに試練 身売り話は「死んだ」 実は良くないブランドイメージ
Twitterが立ち往生している。身売りを検討したが、有望な買い手はすべて撤退。株を買い占めて事業を整理した後に高値で転売する「乗っ取り屋」に助けてもらうしかない、とも指摘されている。(2016/11/14)

エクササイズにも使える防滴仕様のワイヤレスイヤフォン、1MORE「iBFree」
e☆イヤホンは、中国のオーディオブランド“1MORE”のBluetoothイヤフォン「iBFree」を11月12日に発売する。1MOREが特許を持つチタンとPET樹脂の2層振動板を採用。apt-Xもサポートした。(2016/11/11)

1位は西宮北口:
超高級「芦屋ブランド」急落の不思議 住んでみたい街トップから10位に
関西の最寄り駅を対象にした平成28年の「住んでみたい街ランキング」で、27年トップだった芦屋が一気に10位に転落した。全国的にも屈指の高級住宅地「芦屋ブランド」は地に落ちたのか。(2016/11/11)

「挑戦者」再来?:
「最新技術」「新提案」をいち早く――アイ・オーの新ブランド「PLANT」とは?
アイ・オー・データ機器が新ブランド「PLANT(プラント)」を立ち上げた。自社名の付く「I-O DATA」ブランドとは、一体何が違うのだろうか?(2016/11/10)

アイ・オー、新ブランド「PLANT」より11ac無線LANルータ3製品を発表
アイ・オー・データ機器は、最新技術のトレンドの提供などをテーマとした新ブランド「PLANT」を発表した。(2016/11/10)

エコカー技術:
トヨタ、ダイハツ、スバル連合の新型コンパクトトールワゴン、3社で月販9000台
トヨタ自動車、ダイハツ工業、富士重工業の3社は、新型コンパクトハイトワゴンの月販目標を合計9000台とした。「(ソリオには)燃費の数字では負けるが、取り回しの良さやスペースは勝っている」と、ダイハツ工業 取締役 専務執行役員 Dブランドオフィス長の戸田茂晴氏は自信を見せている。(2016/11/10)

USBやBluetoothで出力できるアナログターンテーブル「BT100」――AKAI Professionalから
inMusic Japanは、AKAI Professionalブランドのアナログターンテーブル「BT100」を発表した。演奏が終わるとトーンアームが自動的に元の位置に戻るフルオートマチックモデル。さらにUSBやBluetoothでも音声信号を出力することができる。(2016/11/7)

防水・防塵やフルセグ受信対応の「Qua tab PZ」登場 「Qua phone PX」とデザインテイストを統一
auのオリジナルブランド「Qua(キュア)」の10型タブレットに、新モデルが登場する。2016年夏モデルとして登場した「Qua phone PX」とデザインテイストを統一し、防水・防塵(じん)やフルセグの受信に対応し、より広範囲で使えるようになった。(2016/11/7)

G-Tune、ミニタワーゲーミングPC「NEXTGEAR-MICRO」にGTX 1050搭載エントリーモデルを追加
マウスコンピューターは、G-Tuneブランド製ミニタワー型ゲーミングPC「NEXTGEAR-MICRO」のラインアップにGeForce GTX 1050搭載のエントリーモデルを追加した。(2016/11/7)

パリピ注目のワイヤレススピーカー「Party Starter」――ビート合わせて光る!
inMusic JapanからION AUDIOブランドのBluetoothスピーカー「Party Starter」が登場。イルミネーションが音楽に合わせて変化する仕組み。パワフルな音とLEDイルミネーションで、パーティやイベントを盛り上げる。(2016/11/4)

FOCUS 2016 Report:
IntelからスピンアウトのMcAfee、新ブランドで“復活”宣言
Intelから独立する「McAfee」が新しいロゴとブランドを発表した。Intelによる買収以前のイメージを継承しつつ、変化するセキュリティ業界に対応していく新しさも打ち出す。(2016/11/3)

Polo meets beats:
フォルクスワーゲンがビーツとコラボ、「Polo with beats」を限定400台販売
フォルクスワーゲンがオーディオブランドの「Beats」とコラボレーションした限定車「Polo with beats」を販売する。オーディオはもちろん、内外装までbeatsの世界観をイメージした個性的なデザインだ。(2016/11/2)

感情分析、音声検査の技術を採用:
動画コンテンツの消費者心理へのインパクトを測定、アンルーリーがツールを提供
動画SSPを提供するアンルーリーは、ブランド効果や消費者心理へのインパクトを測る動画コンテンツ評価ツール「アンルーリーEQ」を提供すると発表した。(2016/11/2)

Instagram、写真内の気になる商品を検討・購入できる機能のテストを開始
Facebook傘下の写真共有サービスInstagramが、写真に写っている商品をタップすると詳細が表示され、さらに「BUY NOW」ボタンをタップすると購入ページが開く機能を米国で開始した。Levi’sやkate spadeなど20のブランドがテストに参加している。(2016/11/2)

味の素、「Blendy」「MAXIM」ブランドなど259億円で買い取り
味の素は、「Blendy」など味の素ゼネラルフーヅが展開している全製品の商標を保有元から買い取った。(2016/11/1)

Samsung、360度無線スピーカーなどミニマルデザインのアクセサリー6種を世界で発売へ
「Galaxy Note7」の販売停止でブランドイメージを落としたSamsung Electronicsが、ミニマルデザインのスマートフォンアクセサリー6種をグローバル市場で発売する。(2016/11/1)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。