ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ノート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ノート」に関する情報が集まったページです。

なんというやる気製造サービス……! 創作物について気軽に進捗報告できる「進捗ノート」が創作勢にありがたい
自身にやる気を焚き付けたい創作勢は要チェックです。(2018/6/15)

センサーで農地管理を実践学習――農業校長協会、ベジタリア、NTTドコモが農業高等学校向けに“農業ICT”を開始
全国農業高等学校長協会、ベジタリア、NTTドコモは、農業高等学校に“農業ICT”と活用支援を提供する取り組みを開始する。農業ICTとして、クラウド型営農記録ツール「アグリノート」、農業用センサーシステム「パディウォッチ」「フィールドサーバ」を提供する。(2018/6/13)

“落し物”自動でメール送信 MAMORIO、落下通知デバイス「FUDA」開発
ノートパソコンなどに貼り付けておき、落としたり、忘れたりするとメールで知らせてくれる「シール型忘れ物防止デバイス」が登場する。(2018/5/30)

Evernoteで一時障害 「同期できない・つながりにくい」
ノートを保存したり、端末間で共有できるサービス「Evernote」で25日、一時障害が発生。「サービスに同期ができない・つながりにくい状況」が起きた。(2018/5/25)

忘れ物タグ「MAMORIO」にシール型登場 スマホやノートに貼れる
スマートフォンのアプリと組み合わせて使う忘れ物タグ「MAMORIO」にシール型の「FUDA」が登場。ノートやスマートフォンなど、従来のMAMORIOが利用しにくかったアイテムにも簡単に装着できる。(2018/5/24)

ドンキ、メモリ4GBに倍増した10.1型2in1タブレット 税別1万9800円
ドン・キホーテは5月22日、同社プライベートブランド「情熱価格」の新製品で2in1ノートの「ジブン専用PC&タブレット3」を発表した。(2018/5/22)

「20人いた事業部のほぼ全員が辞めた」会社が離職率0%に なぜ、トークノートは人が辞めなくなったのか
離職率が50%を超えたにもかかわらず、「変化が激しいベンチャーの世界では、価値観が合わずに辞めていくのは仕方がない」と考えていたトークノートの社長は、なぜ考えを変えたのか。どんな方法で離職率0%を達成したのか。(2018/5/21)

事務所に戻らず現場だけで仕事を完結、ゲンバノートに動画共有の新機能
MateMoJi(メタモジ)は、iOS用高機能デジタルノート「GEMBA Note(ゲンバノート)」の法人向け製品をVer4.0にアップデートし、2018年4月11日に出荷開始した。動画共有やカスタマイズ開発の新機能が追加され、現場だけの作業完結や本社や事務所との情報共有など、業種を問わずに現場が抱えるさまざまな課題を解決する。(2018/4/13)

スヌーピーなどの名作が表紙に:
「大人のジャポニカ学習帳」とは? 定番ノートがターゲットを広げた理由
ショウワノートは「大人のジャポニカ学習帳」を発売。「スヌーピー」「ムーミン」などを表紙にデザインした「愛されつづける名作シリーズ」を展開する。大人向けのノートとはどのようなものか? 同社に聞いた。(2018/4/5)

「社畜ノート」の物語と仕掛けに涙する人続々 めくるたびにブラックな環境に耐える社員の悲壮な日常が展開
見ていてつらい。(2018/4/4)

セルシス、HP製ノート「HP Spectre x360」購入者にCLIP STUDIO PAINTをプレゼント 先着100名
セルシスは、日本HP製ノート「HP Spectre x360」(2017年11月モデル)の購入者を対象とした先着プレゼントキャンペーンを発表した。(2018/3/30)

電気自動車:
日産は2022年に年間100万台の電動車販売、使用済みバッテリーの再利用も並行で
日産自動車は、電気自動車(EV)とシリーズハイブリッドシステム「e-POWER」搭載車の世界販売台数を2022年度までに合計100万台に拡大する。同年度までに、軽自動車やクロスオーバータイプなどEVの新モデルを8車種投入する。「ノート」「セレナ」に採用しているe-POWERは、今後さらに搭載車種を増やしていく。(2018/3/27)

「MacBook Air」の新モデルが4〜6月に登場?──KGI予測
Appleが、しばらくアップデートしていない薄型ノート「MacBook Air」の新モデルを第2四半期に発売すると、台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が予測した。現行モデルより安くなるという。(2018/3/5)

闇の聖典が作られそう…… 全ページが真っ黒なノートやメモ帳の「ブラックシリーズ」がパイロットから登場
綺麗な羽が描けそうだ……。(2018/3/4)

電動システム:
日産e-POWERの2車種目は「セレナ」に、「ノート」のシステムとの違いは
日産自動車は2018年2月28日、横浜市内で会見を開き、シリーズハイブリッドシステム「e-POWER」をミニバン「セレナ」に搭載すると発表した。同年3月1日から発売する。e-POWERの搭載はコンパクトカー「ノート」に続き2車種目となる。今後もe-POWER搭載車種を拡大していく。(2018/3/1)

「ねとらぼ」→「弁当箱」 入力した単語の母音を解析し韻を踏んでくれる検索サイト「韻ノート」
「ねとらぼ」→「レッドマンを」のように、助詞を含めると韻になる言葉も出てきます。というか、固有名詞に強いな。(2018/2/21)

1冊のメモ帳に55種類の紙 「55メモ帳」がクラウドファンディング開始
大人気だった「72ノート」に続いて。(2018/2/21)

ニーチェもカントもイケメンに 倫理のノートに自分でさし絵を描き込む受験勉強法が楽しそう
時間をかけてていねいに取り組んだ結果うまく頭に入り、センター試験の結果も上々だったそうです。(2018/2/16)

1日に一度も怒らなかったら“愛スタンプ” 短気を治すためのノートに溢れる夫婦愛に感動
旦那さんもステキだし、短気を治そうと頑張る奥さんもステキ。(2018/2/3)

Dev Basics/Keyword:
Joplin
JoplinはMarkdown形式でノートを作成し、それらをWindowsやmacOSなど、さまざまなデバイス間で手軽に同期したり、編集したりできるツール。(2018/1/30)

浦沢直樹展が山口県立美術館で2018年4月から開催 ストーリー構想メモや少年時代の漫画ノートも公開
浦沢直樹ファン必見。(2017/12/22)

「メーカー純正」のカーシェアサービスが続々登場 ホンダに続き、日産もカーシェアサービス「NISSAN e-シェアモビ」を開始
「新型リーフやノートe-Powerなどの最新車種を用意」その意図は?(2017/12/8)

日産、カーシェア参入 来年1月スタート EV「リーフ」など活用
日産自動車が、カーシェアサービス「NISSAN e-シェアモビ」を2018年1月に始める。電気自動車(EV)「リーフ」や「ノート e-Power」を活用する。(2017/12/8)

ロマン溢れるデザイン再び 伝説のマスキングテープ「ナスカの電子回路」が美しい表紙のリングノートになって帰ってきた
やっぱりかっこよすぎる。(2017/11/12)

Microsoft、クラウド好調で2桁台の増収増益 「Surface Laptop」も好調
Microsoftの7〜9月期決算は、「Azure」などの商用クラウド事業が好調で2桁台の増収増益だった。クラムシェル型ノート「Surface Laptop」も好調で、Surface端末の売上高は12%増だった。(2017/10/27)

思わずパクッといっちゃいそう リアルでかわいい「食パンノート」 ヴィレヴァン通販に登場
クッキーや果物バージョンもあります。(2017/10/26)

マツダと資生堂、香水を共同開発 車らしさやスピード感を香りで表現
香りはベースノートにウッディ・ローズ・レザー、トップノートにライムやカシスを採用。(2017/10/24)

ノートなど計38車種:
日産、約116万台のリコールを届け出 無資格者による完成検査で
日産は、安全性などを再点検するため、初回の車検をまだ受けていない2014年1月6日から17年9月19日までに製造された小型車「ノート」など計38車種、約116万台をリコール。(2017/10/6)

“スマホで牛の管理”を実現する農業IoT:
発情期や疾病リスクを検知、「牛のウェアラブル」開発に立ちふさがった壁とは
IoTがさまざまな業界で活用されている。酪農や畜産業も、例外ではない。本稿では、IoTで牛の健康管理を実現したファームノートに、サービス開発秘話を聞いた。(2017/9/20)

72種類の紙を1冊にまとめた「72ノート」がクラウドファンディングに登場 好きな紙に出会える
1枚ごとに「紙の色、重さ、厚さ、原料などの情報」が記載されています。(2017/9/19)

安全装備充実:
日産「ノート」が仕様向上 スポーティーな新グレードも
日産がコンパクトカー「ノート」の仕様を向上。安全装備を充実させたほか、新グレードも設定。(2017/9/4)

ピカチュウや“伝説ポケモン”も マクドナルドのハッピーセットに「ポケモンガオーレ」のディスク登場
「ポケモン ぬりえつきノート」も付いてくる。(2017/8/25)

MetaMoJi、法人の現場業務向けデジタルノートアプリ「GEMBA Note」上位版を発表
MetaMoJiは、現場業務向け超機能デジタルノートアプリ「GEMBA Note」の法人向け製品「GEMBA Note for Business」へ上位版となる「GEMBA Note for Business Enterprise Edition」を発表。データ集約や連携機能などを強化し、大規模な本格利用に対応する。(2017/8/23)

MoleskinのiPhone 7/7 Plus専用ケースが登場
エムディーエスは、イタリアの文具メーカー「Moleskine」のノートブックをテーマにしたiPhone 7/7 Plus専用モバイルケース3種を発売。それぞれ「ヴォランジャーナル」のXSサイズが1冊付属する。(2017/8/8)

これがハリウッド版死神リュークか! 映画「Death Note/デスノート」がなんだかスタイリッシュ
Netflixのオリジナル作品として8月25日配信。(2017/6/30)

ボツアイデアが……:
キングジム、「円周率ノート」本当に発売 けい線が数字の羅列
文具メーカーのキングジムが、ノートのけい線が円周率の羅列になっているノート「円周率ノート」を発売すると発表。同社のTwitter公式アカウントでの発言が商品化につながった。(2017/6/19)

キングジムのボツになっていた「円周率ノート」が商品化決定! 数量限定販売で先着314冊分は314円で販売
罫線が円周率になっている斬新すぎるノートとして以前話題になりました。(2017/6/19)

7割がe-POWER:
日産の新型「ノート」、発売7カ月で10万台達成
日産の新型「ノート」が発売7カ月間で10万台達成。(2017/6/6)

週末アキバ特価リポート:
ASUSTeKのPCが格安スポット入荷 大型連休のレア宝を狙え
テクノハウス東映にはASUSTeK製のノートや小型PCが大量にスポット入荷しており、思い切った値段で売られていた。大型連休はレアでいてお得な特価が豊作だ。(2017/4/29)

日々の定型業務を自動化 企業向けSNS「Talknote」にTaskbot機能
トークノートが、企業向けSNS「Talknote」に、定型業務を自動化する「Taskbot」を追加。日々の業務依頼やリマインドを自動化し、バックオフィス系部門の生産性向上に貢献する。(2017/4/25)

指紋認証付ノートブック「LOOKBOOK」登場 紙のメモ帳にもデジタルなセキュリティ
アナログの秘密をデジタルで守る。(2017/4/23)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
日産の国内戦略を刺激したノートe-POWER
ここしばらく国内でほとんどリリースせず、存在感が希薄化していた日産だが、昨年にノートのハイブリッド車、e-POWERでヒットを飛ばした。販売店にとっても救世主となったこのクルマの実力に迫った。(2017/4/3)

ハリウッド版「デスノート」予告編公開 原作を踏まえつつ、アクション要素を盛り込んだ映画になりそうな予感
予告編はアクションシーンが目立つ印象。(2017/3/23)

情報化施工:
働き方改革を促すデジタル野帳「eYACHO」に意思疎通の新機能
MetaMoJiが建設業界向けのデジタル野帳アプリ「eYACHO」の新バージョンを発表。メンバーがリアルタイムに同時書き込み可能な共有ノートを作成できるなど「個のツール」から「チームのコミュニケーションツール」へと進化した。(2017/3/3)

スマホゲー用のノート「課金ノート」がTwitterで話題に お目当てや日付・課金総額をメモで管理
出るまで回した日のメモは精神がやられそうです……。(2017/2/25)

にゃんこがノートに遊びにくる! 実写の猫をプリントしたかわいい「猫ふせん」のパート2が発売
本とノートのまわりが猫ちゃんでいっぱいにゃ!(2017/2/18)

Amazonで試乗車を“注文” 日産「ノート e-Power」が自宅に届く
Amazonのプライム会員向けに、日産の「ノート e-POWER」の試乗体験を“注文”できるサービスが期間限定で登場。対象エリアは神奈川県横浜市と川崎市の一部。(2017/2/17)

デスノ……キスノート!? 4月アニメ「恋愛暴君」キービジュアル公開 声優に小野賢章、青山吉能ら
このノートに名前を書かれた者は……。(2017/2/14)

戸田恵梨香「ノートに名前を……書きません」 4月ドラマ「リバース」で藤原竜也との“デスノコンビ”が10年振りに復活
書かないで、絶対。(2017/2/13)

Evernote、Googleクラウドにデータ移行 3ペタバイト分
50億個のノートと50億個の添付ファイルを移行したという。(2017/2/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。