ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「六本木ヒルズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「六本木ヒルズ」に関する情報が集まったページです。

“大阪復権”の起爆剤に?:
JR大阪駅前「うめきた2期」再開発は六本木ヒルズを超えるか 
JR大阪駅北側の再開発地区「うめきた2期」(大阪市北区、約16ヘクタール)の開発事業者が決定し、2024年夏のまち開きを目指して段取りが整った。(2018/7/20)

高い集客力を維持:
節目迎えた「サンシャインシティ」「六本木ヒルズ」 なぜ好調なのか
東京を代表する超高層ビルが節目の年を迎えている。池袋のサンシャインシティは開業40周年、六本木ヒルズは開業15周年。ともに開業から時を経ても、高い集客力を維持している。(2018/4/27)

「ジャンプ図書館」開催 50年分のジャンプが無料で読める
「週刊少年ジャンプ」50年分がほとんど読める図書館「ジャンプ図書館」が3月、東京・六本木ヒルズに期間限定でオープンする。机やイス、内装まで「週刊少年ジャンプ」で作られた図書館だ。(2018/2/26)

写真で見る「展覧会」:
“エアリスの死”反響に驚き 「ファイナルファンタジー」生みの親・坂口博信氏が振り返る
「ファイナルファンタジー」シリーズ30周年を記念した展覧会が六本木ヒルズ森タワーで開催される。プレス向け内覧会で、FFシリーズの生みの親・坂口博信氏がこれまでの作品を振り返った。(2018/1/19)

VRでシドニー観光と英会話を同時に楽しめるカフェ 六本木ヒルズに期間限定オープン
「TOEIC Program」を運営するIIBCが六本木ヒルズに「英語で話す場」を提供する期間限定のカフェをオープン。KDDIが提供するVR(仮想現実)システムで六本木とオーストラリアをつなぎ、ネイティブスピーカーとのライブコミュニケーションを無料で体験できる。(2018/1/17)

全身で体感! 「スペースインベーダー」40周年展覧会の見どころを紹介
タイトーが「スペースインベーダー」の誕生40周年を記念した展覧会を六本木ヒルズ展望台で開催。プロジェクションマッピングを使った体感型ゲームを用意する。(2018/1/11)

ノクティス“幻の結婚式”も再現 ファイナルファンタジー30周年「別れの物語展」開催
「ファイナルファンタジー」シリーズ30周年を記念した展覧会が六本木ヒルズ森タワーで開催される。「別れの物語」をテーマに展示をしていく。(2018/1/11)

Google日本法人、19年に大規模移転 「渋谷ストリーム」22フロア占拠
Google日本法人は、2019年に六本木ヒルズから渋谷にオフィスを移転する。(2017/11/17)

「自走する」宅配ロボット、六本木ヒルズで書類運ぶ 実証実験へ
ロボットベンチャーのZMPが、自動走行する宅配ロボット「CarriRo Delivery」の実証実験を六本木ヒルズで行う。(2017/10/6)

「HUAWEI P9」でプロジェクションマッピングや撮影を楽しめるイベント、六本木で開催中
ファーウェイ・ジャパンが、六本木ヒルズ展望台で開催されている「星空のイルミネーション」に協賛中。「HUAWEI P9」を使ってプロジェクションマッピングができる。ラウンジではP9やMateBookなどの最新機種を試せる。(2016/12/7)

ガメラやギャオス 特撮世界が体感できる「空想脅威展」、六本木ヒルズで開催 ガメラバーガーもあるよ
ジブリの次は巨大怪獣、見下ろし系に強い六本木ヒルズ天文台。(2016/9/18)

日本HP、六本木ヒルズで期間限定ストア「HP Premium Familyポップアップストア」を運営――9月30日まで
日本HPの期間限定ショップ「HP Premium Familyポップアップストア」が六本木で運営中となっている。(2016/9/8)

都心の夜空にネコバスやラピュタの飛行船が! 「ジブリの大博覧会」が夜に見せるもう1つの顔
7月11日から六本木ヒルズのスカイギャラリーで始まったスタジオジブリの展覧会……日が暮れてから行くと、昼にはない特別な光景に出会えます。(2016/7/13)

ジブリ「もののけ姫」のコピーが「生きろ。」になるまで 鈴木敏夫と糸井重里の手紙のやりとり
スタジオジブリの資料を集めた「ジブリの大博覧会」が7月7日から9月11日まで、六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」で開催されている。(2016/7/7)

明日から開催:
巨大トトロがお出迎え! 「ジブリの大博覧会」はココがすごい
7月7日から、六本木ヒルズ展望台で「ジブリの大博覧会」が開催される。スタジオジブリの30年間の歩みを体感できる。(2016/7/6)

あの「ラピュタパン」も登場! 六本木ヒルズ「ジブリの大博覧会」コラボメニュー 7月7日よりスタート!
パズーとシータが食べてたやつ。(2016/7/5)

「ジブリの大博覧会」今夏開催 「ナウシカ」から最新作まで、未公開資料も展示
スタジオジブリの設立から30年の歩みをポスターや制作資料で振り返る「ジブリの大博覧会」が、東京・六本木ヒルズで開催される。(2016/5/10)

六本木ヒルズでセーラームーンコラボ「チビウサカフェ」開催 地上52階の景色も一緒に味わいたい!
セーラームーン展に隣接。(2016/4/1)

コーヒー片手に英語の練習 六本木ヒルズカフェに「TOEIC ENGLISH CAFE」オープン
常設してほしい。(2016/2/24)

六本木ヒルズで「美少女戦士 セーラームーン展」開催 ムーンキャッスルが築城?
武内直子さんが描き下ろした原画の展示も。(2016/1/27)

4月16日から:
「美少女戦士セーラームーン展」開催! 描き下ろし原画やアニメ資料など公開
4月16日から六本木ヒルズで「美少女戦士セーラームーン展」が開催される。(2016/1/27)

なにこれ映画? 六本木ヒルズ展望台から撮影されたゲリラ豪雨の瞬間がすさまじい迫力
「ハムナプトラ」かな? それとも「マッドマックス」の砂嵐かな?(2015/9/4)

六本木ヒルズ前に66体のドラえもんがズラリ その足元のQRコードを読み取ると
8月23日まで開催されるイベント「テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION」。六本木ヒルズ前には66体のドラえもんがズラリと並んでいるが、足元のQRコードを読み取ると……?(2015/7/28)

“2.6メートル”のダッフィーに会える! 六本木ヒルズで開催のダッフィーイベントを見てきた
おっきい!(2015/7/27)

日本は最も成長率の高い市場の1つ:
六本木ヒルズに移転のマルケト日本法人、急拡大する事業の現況を報告
マルケト日本法人は2015年7月14日、事業拡大に伴い六本木ヒルズに移転。新オフィスで報道関係者向けの説明会を実施した。(2015/7/15)

バイドゥ、中国人旅行者向け“ドラえもん”SIM発売――テレビ朝日のイベントと連携、クーポンも同梱
バイドゥがテレビ朝日が主催する「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」と連携。中国人観光客を集客し、特製のドラえもんプリペイドSIMなどを実施する。(2015/7/1)

Google、東京・六本木ヒルズで最新端末を活用したゲームを楽しめる「祭 with Android」開催
Googleは、Android 5.0 Lollipop搭載の最新スマートフォン/タブレットなどを使ったゲームを楽しめる体験イベント「祭 with Android」を東京・六本木ヒルズで開催する。(2015/6/9)

スマホで叩く太鼓ゲー「Android Taico」も登場 Googleがイベント「祭 with Android」
Android 5.0搭載端末をゲームやタッチ&トライで体験できるイベント「祭 with Android」が六本木ヒルズで開催される。(2015/6/8)

お絵描きもゲームもできちゃう!:
約25万円の「VAIO Z Canvas」がタダで手に入る、そう“AR”ならね
六本木ヒルズで開催中の「VAIO Cafe」には、「VAIO Z Canvas」のオーナー気分を味わえるユニークな仕掛けがさりげなく用意されている。テーブルの上にあるカードに注目だ。(2015/5/26)

アートがいっぱい!「スター・ウォーズ展」六本木ヒルズで6月28日まで開催中
六本木に強いフォースを感じる!(2015/4/29)

「VAIO Z Canvas」など全モデルを試用できる:
「VAIO Cafe」が六本木ヒルズに期間限定オープン
2015年5月25日〜29日、東京・六本木ヒルズにて「VAIO Cafe」が期間限定でオープンする。現時点で未発売の「VAIO Z Canvas」をはじめ、VAIO全モデルを試用できるほか、初公開のムービー上映、日替わりのスペシャルイベントも行われる。(2015/4/23)

コスプレDAYもあります:
ライトセーバーを持ってダース・ベイダーと対峙できるフォトスポット――六本木ヒルズで「スター・ウォーズ展」
4月29日に開幕する展示会「スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。」では、ライトセーバーを構えたダース・ベイダーと対峙して写真を撮影できるスポットが登場。フォースと共にあらんことを……。(2015/4/7)

次世代オフィス探訪記:
Gunosyの新オフィスに潜入 「ドローン」活用ビジネスの準備も?
「こんなところで働いてみたい」と思わせるユニークなオフィスを紹介していく「次世代オフィス探訪記」。第2回は、昨年12月に六本木ヒルズに移転したばかりのGunosyの新オフィスを紹介します。(2015/4/3)

六本木ヒルズで岸本斉史直筆の制作資料を先行公開、「NARUTO−ナルト−展」開催に先駆け
3月2日〜3月4日の3日間限定。(2015/2/23)

「スター・ウォーズ展」が六本木ヒルズで開催 シリーズの魅力を“ビジョン”切り口で紹介
制作で使用した衣装・小道具や、ジョージ・ルーカス監督選りすぐりのアーティストによる作品などを展示。(2015/2/2)

六本木ヒルズでムーミンに会える メイキングオブ展やコラボカフェなど
映画「劇場版 ムーミン 南の海で楽しいバカンス」公開記念。(2015/1/17)

六本木ヒルズに「ピクシブ食堂」登場 牛乳味ご飯&イチゴの摩訶不思議メニュー「イチゴかけご飯」も
pixivに投稿されたイラストを再現したというオリジナルメニューの数々……!(2014/9/24)

Biz.ID Weekly Top10:
大人なら行っておけ――六本木ヒルズに出現したJIM BEAM BAR
バーボン……それは大人の香りがするお酒。気軽にバーボンのJIM BEAMを楽しめる「JIM BEAM BAR」が六本木ヒルズに期間限定で登場した。(2014/9/6)

お絵かきのお祭り「pixiv祭」、六本木ヒルズで 見どころは投稿イラストが踊る巨大やぐら
人気作品、投稿作品の展示やフュギュアやコスプレに関するイベントを行うユーザー参加型の“お絵かきのお祭り”「pixiv祭」が10月に六本木ヒルズで開催される。(2014/8/6)

スタバの「ビジネス ステーション」って何? 六本木ヒルズに誕生
7月16日、六本木ヒルズ ウエストウォークの1階に、スターバックスの「ビジネス ステーション」が誕生する。聞き慣れないお店だが、どんなコンセプトなのか。一足先に、のぞいてきた。(2014/7/15)

リカちゃんやスーパードルフィーが集結 六本木ヒルズで「ドール・カルチャー展」
日本を代表する5つのドールが競演する。(2014/7/10)

pixivと六本木ヒルズの展望台が七夕コラボ ネットで短冊描く→集めて巨大アートに
秋には展望台ギャラリースペースで1カ月間お絵かきの祭典「pixiv祭」も開かれる予定です。(2014/6/16)

東京上空で星を眺める 六本木ヒルズ展望台に「星空カフェ」オープン
ロマンティック。(2014/5/17)

『ベルバラ』から『アオハライド』まで:
「マーガレット」と「別冊マーガレット」の名作が一堂に――「わたしのマーガレット展」が今秋開催
「マーガレット」「別冊マーガレット」の名作を集めた展覧会「わたしのマーガレット展」が、六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで今秋開催される。(2014/4/11)

週末散歩:
シチズンの秋の新作時計をテーマにした期間限定カフェ
シチズン時計が六本木ヒルズに期間限定カフェ「シチズン グローバル タイム カフェ 2013」をオープンしています。期間は11月24日まで。(2013/11/22)

石野純也のMobile Eye(7月8日〜19日):
ショップの効率化を目指すドコモ/Googleのマルチデバイス調査で見えたもの/初音ミクARライブの狙い
今週は新製品発表などの大きなニュースは少なかったが、重要な施策や調査が発表された。今回はドコモの顧客接点の拡大に向けた取り組み、Googleのマルチデバイスに関する調査結果、ドコモが六本木ヒルズのメトロハットで21日まで開催しているARイベント「HATUNE MIKU AR STAGE」を取り上げる。(2013/7/20)

初音ミクがバーチャルのステージで歌う 六本木ヒルズのARライブリポート
SmartAR技術を使った初音ミクのバーチャルステージが開催されている。(2013/7/19)

草間彌生デザイン:
六本木ヒルズに「水玉ガーデン」オープン、GALAXYコラボカクテルを提供
サムスン電子ジャパンは、六本木ヒルズで開催される「水玉ガーデン」への協賛を発表した。「GALAXY」のコラボカクテルを提供する。(2013/7/19)

「音楽で人をつなげるのがミクの原点」――コラボスマホ発売に向け、初音ミクのARライブ開幕
専用のARアプリをかざすとスマホで初音ミクのライブが楽しめる夜間屋外イベントが、六本木ヒルズの「メトロハット」でスタートした。(2013/7/17)

六本木ヒルズで初音ミクの屋外ARステージが楽しめるPS Vita専用コンテンツ、配信開始
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)は、六本木ヒルズの「メトロハット」で行われる初音ミクのバーチャルステージ「HATSUNE MIKU AR STAGE」向けにPlayStation Vita専用コンテンツを配信する。(2013/7/12)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。