ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「六本木」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「六本木」に関する情報が集まったページです。

齋藤飛鳥、「ちょっとなめてた」と小悪魔笑顔 9万点超の資料を展示する「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」今日から六本木で開催
1月10日に行われたメディア内覧会には齋藤飛鳥さん、与田祐希さん、堀未央奈さんも登場しました!(2019/1/11)

IoTタグ「MAMORIO」で落とし物、忘れ物の在りかを発見――六本木ヒルズや虎ノ門ヒルズなど、森ビル6施設で実証実験へ
森ビルとMAMORIOは、六本木ヒルズや虎ノ門ヒルズなど、森ビルが運営する都内6施設で「IoTお忘れ物自動通知サービス」の実証実験を開始する。Bluetoothを活用した紛失防止IoTタグ「MAMORIO」のユーザーは、これらの施設に設置された「MAMORIO Spot」を利用できる。(2019/1/7)

“入場料払う”書店 話題の「文喫」に行ってみた! 税込み1620円は高いか安いか?
入場料を払う書店が話題となっている。東京・六本木にオープンした「文喫」は、店内の本を読み放題、コーヒーやお茶も飲み放題で、別料金で食事もできる。税抜き1500円は高いか安いか。記者が滞在してみた。(2018/12/19)

“入場料のある本屋”が六本木にオープン 3万冊を1日楽しめて1500円
進化した漫喫的な。(2018/11/18)

「1日中本に浸る」 入場料のある本屋「文喫」 コーヒー飲み放題、閲覧室も
入場料1500円を支払えば、1日中本に浸れるという新業態の書店「文喫」が、東京・六本木の「青山ブックセンター六本木店」跡地にオープン。(2018/11/16)

スターバックス、11月9日からUber Eatsによるデリバリーサービスを試験導入 新コンセプトストアのオープンも
デリバリーサービスは新宿2店舗と六本木1店舗でトライアル。(2018/11/8)

「A03」刷新モデルも出るかも?:
KDDI、開発の舞台裏学べる「INFOBAR展」開催 試作品などレアアイテム勢ぞろい
KDDIが東京・六本木で「新・ケータイ INFOBAR展」を開催する。初代モデルの試作品や当時のポスター、新モデル「INFOBAR xv」を操作できる体験ブースなどを設ける。会期は10月31日〜11月12日。(2018/10/30)

六本木ヒルズで「カードキャプターさくら展」がレリーズ! もこな先生手作りドレス、クロウカードが全てそろった部屋も
原画や撮影スポットなども充実です。(2018/10/26)

車両デザイン:
乗り物の部品でできた楽器、2社の“ヤマハ”が融合する
ヤマハとヤマハ発動機は、合同デザイン展「Yamaha Design Exhibition 2018 “Tracks”」(2018年10月12〜14日、六本木ヒルズ)を開催し、モビリティの部品によって構成された演奏装置「&Y(アンディ)03 eMotion Tracks」を初披露した他、両社のコンセプトモデルや製品の展示を行った。(2018/10/15)

六本木でポケモンの声に耳を澄ます バーチャルジムで足元ガクガク? NianticのARイベント体験レポート!
現実の庭園に本当にポケモンたちが隠れているような感覚に。NianticのAR技術が現実と虚構を融合させる。(2018/10/12)

六本木に「登れるポケモンジム」「Ingressの世界」出現! NianticがARイベント開催
六本木ヒルズにNianticのARが展開。(2018/10/4)

六本木ヒルズの特設ブースでPC組み立て教室――マウスコンピューターが「MOUSE COMPUTER PC LAB」を開催
マウスコンピューターは六本木で行われたテック系イベント「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2018」でPC組み立て教室を開催した。(2018/10/1)

ジョジョの「OWSON」が期間限定で六本木に出現ッ! オリジナルジョジョグッズやSW財団コンテナなどを販売
横に“地図にない道”を見つけても入らないように。(2018/8/24)

国内唯一のスヌーピーミュージアム、南町田に移転オープン! 2019年秋が待ち遠しい
六本木から南町田へ!(2018/8/21)

六本木は9月に閉館、移転へ:
「スヌーピーミュージアム」町田に開館、六本木の2倍規模 19年秋
東京・六本木で9月に閉館する「スヌーピーミュージアム」が2019年秋、町田市の南町田駅周辺にオープン予定の「南町田グランベリーパーク」内に開館。六本木の約2倍の規模となる施設で、原画の展示やオリジナルグッズ販売などを行う。(2018/8/16)

日の丸交通とZMP、自動運転タクシーの公道営業 大手町〜六本木間で実験、片道1500円
日の丸交通とZMPが自動運転タクシーの公道営業実証実験を実施する。公募した利用者を乗せて自動運転タクシーが都内を走行する。(2018/7/18)

Weekly Memo:
NTTデータとGoogleの協業でどんな“化学反応”が起きるか 最先端の「共創の場」が生み出す世界
NTTデータがデジタルビジネスのデザイン拠点を東京・六本木に開設し、そこで活用する最新技術でGoogleと協業する。果たして、どんな“化学反応”が起きるか。(2018/5/28)

「夜を徹して創作しました!」 香取慎吾さんデザインの「BMW X2」ラッピングカー、六本木で公開
5月26日、27日に「六本木アートナイト2018」で公開。(2018/5/25)

本店に統合:
青山ブックセンター六本木店、6月25日に閉店 38年の歴史に幕
青山ブックセンター六本木店が6月25日に閉店する。(2018/5/7)

青山ブックセンター六本木店、6月25日に閉店 38年の歴史に幕
1980年にオープンした「青山ブックセンター六本木店」が6月25日に閉店する。(2018/5/7)

青山ブックセンター六本木店、6月25日で閉店
本店に統合されることに。(2018/5/7)

高い集客力を維持:
節目迎えた「サンシャインシティ」「六本木ヒルズ」 なぜ好調なのか
東京を代表する超高層ビルが節目の年を迎えている。池袋のサンシャインシティは開業40周年、六本木ヒルズは開業15周年。ともに開業から時を経ても、高い集客力を維持している。(2018/4/27)

再び日本上陸:
週末の「六本木男子」「銀座男子」に 「ミラー」の高級ビールが日本発売
米ビール大手のモルソン・クアーズが「ミラー」ブランドのプレミアムビールを日本市場に投入する。週末の夜、繁華街で盛り上がる20〜30代の男性がメインターゲット。5月に発売し、年内に100万本の販売を目指す。(2018/4/14)

ほえええ!! 六本木ヒルズで「カードキャプターさくら展」の開催が決定
楽しみ!(2018/4/1)

「ジャンプ図書館」開催 50年分のジャンプが無料で読める
「週刊少年ジャンプ」50年分がほとんど読める図書館「ジャンプ図書館」が3月、東京・六本木ヒルズに期間限定でオープンする。机やイス、内装まで「週刊少年ジャンプ」で作られた図書館だ。(2018/2/26)

レアな読み切り作品もよみがえる:
50年分が無料で読める「ジャンプ図書館」開催 ネット上で歓喜の声
集英社が「ジャンプ図書館」を東京・六本木にオープンする。創刊(1968年)から現在までに発行された同誌が無料で読める企画。往年の人気作品が読めるため、ネット上では歓喜の声が挙がっている。(2018/2/26)

1日があっという間に過ぎそう……! ジャンプ50年分のほとんどが読める「ジャンプ図書館」が六本木に期間限定でオープン
重さにすると約1.4トンのジャンプが無料で読めます。(2018/2/26)

ポール・スミスがマグロ寿司を振る舞うイベントを開催 六本木の店頭にお寿司カウンターを設置
ファッションの世界は味わい深い……。(2018/2/3)

写真で見る「展覧会」:
“エアリスの死”反響に驚き 「ファイナルファンタジー」生みの親・坂口博信氏が振り返る
「ファイナルファンタジー」シリーズ30周年を記念した展覧会が六本木ヒルズ森タワーで開催される。プレス向け内覧会で、FFシリーズの生みの親・坂口博信氏がこれまでの作品を振り返った。(2018/1/19)

VRでシドニー観光と英会話を同時に楽しめるカフェ 六本木ヒルズに期間限定オープン
「TOEIC Program」を運営するIIBCが六本木ヒルズに「英語で話す場」を提供する期間限定のカフェをオープン。KDDIが提供するVR(仮想現実)システムで六本木とオーストラリアをつなぎ、ネイティブスピーカーとのライブコミュニケーションを無料で体験できる。(2018/1/17)

全身で体感! 「スペースインベーダー」40周年展覧会の見どころを紹介
タイトーが「スペースインベーダー」の誕生40周年を記念した展覧会を六本木ヒルズ展望台で開催。プロジェクションマッピングを使った体感型ゲームを用意する。(2018/1/11)

ノクティス“幻の結婚式”も再現 ファイナルファンタジー30周年「別れの物語展」開催
「ファイナルファンタジー」シリーズ30周年を記念した展覧会が六本木ヒルズ森タワーで開催される。「別れの物語」をテーマに展示をしていく。(2018/1/11)

パロム&ポロムの決死のブレイク……! FFの“別れの物語”をテーマにした大回顧展、六本木で開催
最新の音声ARシステムを導入した、圧倒的没入感でFFの30周年を振り返る。(2017/11/19)

Google日本法人、19年に大規模移転 「渋谷ストリーム」22フロア占拠
Google日本法人は、2019年に六本木ヒルズから渋谷にオフィスを移転する。(2017/11/17)

おれたちが知ってる「ドラえもん」があんな姿やこんな姿に 28組の現代アーティストが描く「ドラえもん展」六本木で開幕
「あなたのドラえもん」を現代のアーティスト28組30人が制作した企画展「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」が11月1日からスタート。内覧会の様子を紹介。(2017/11/1)

カメラ画像から来街者の属性を分析――六本木商店街で実証実験
六本木商店街振興組合は、来街者の属性分析を街づくり施策に生かすため、NECの画像解析技術を活用した実証実験を開始した。(2017/10/23)

マツダの新型車「CX-8」が一足先に六本木へ降臨 実はスゴイ「インテリア」のこだわり3つのポイント
CX-8にだんだん乗りたくなってくる写真199枚。(2017/10/20)

「自走する」宅配ロボット、六本木ヒルズで書類運ぶ 実証実験へ
ロボットベンチャーのZMPが、自動走行する宅配ロボット「CarriRo Delivery」の実証実験を六本木ヒルズで行う。(2017/10/6)

ドラえもんと現代アートの競演 「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」が六本木で開催、5組の完成作品公開
ドラえもんが溺死している!? と思いきや……。(2017/10/5)

「東京ミッドタウン日比谷」2018年3月オープン シネコン「TOHOシネマズ 日比谷」も
六本木の東京ミッドタウンに続く2つ目の東京ミッドタウン。(2017/9/5)

「Amazonプライム」初のポップアップストア、3日間だけ六本木に ロゴ入り限定バッグももらえるぞ
「Amazon Dash Button」の展示やプレゼントも。(2017/7/5)

Amazonが六本木に実店舗 期間限定、「プライム」の特典体験
「Amazonプライム」の特典を体験できる実店舗「Amazonプライム ポップアップストア」が期間限定で六本木に。米Amazon.comが実店舗展開を加速する中、日本でも実店舗によるプロモーションを展開する。(2017/7/5)

土地使用契約の満了で:
ブルーシアター六本木が11月閉館 「FGO」など閉館公演も
土地使用契約の終了により、劇場「Zeppブルーシアター六本木」が2017年11月12日に閉館する。6月23日から閉館までの約4カ月半にわたって、閉館公演を実施する。(2017/6/21)

劇場施設「Zeppブルーシアター六本木」が11月に閉館 2007年にブルーマンのロングラン施設として開設
青い外観でおなじみでした。(2017/6/21)

日産「スカイライン」誕生60周年 歴代モデルそろうイベント、東京・六本木で開催
日産「スカイライン」が、まもなく誕生60周年を迎える。(2017/4/20)

ば、爆発してる! いろいろ溢れ出した重力無視なシェイクが六本木に登場
どこから食べればいいのか迷う。(2017/3/17)

290円で黒毛和牛すき焼きが食べ放題だと……! 「しゃぶしゃぶ温野菜」2店舗限定で2月9日”肉の日”抽選キャンペーンを実施
六本木店・梅田北店にて抽選で8組を招待。(2017/2/3)

「HUAWEI P9」でプロジェクションマッピングや撮影を楽しめるイベント、六本木で開催中
ファーウェイ・ジャパンが、六本木ヒルズ展望台で開催されている「星空のイルミネーション」に協賛中。「HUAWEI P9」を使ってプロジェクションマッピングができる。ラウンジではP9やMateBookなどの最新機種を試せる。(2016/12/7)

VRやドローンもありマス:
お腹まわりを計測しちゃうベルト、カッコいい「日本酒セラー」など――「+Style」の新プロジェクトが六本木に集結
ソフトバンクはIoT関連製品のモノ作り支援プラットフォーム「+Style」の新プロジェクトを発表した。ロボットやドローン、VR関連製品など話題性のある製品がずらり。お腹が気になる人向けのスマートベルトもあった。(2016/10/14)

ガメラ、六本木に襲来!? 全展示撮影可能な「大都市に迫る 空想脅威展取材」先行取材レポ
ゴジラの姿も確認できました!(2016/9/23)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。