ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「GALAXY S II SC-02C」最新記事一覧

ドコモ、「spモードメール」の仕様変更に伴う手続きを案内
2月10日以降、「spモードメール」を新規で利用する場合、「ドコモメール」にアップデートをするか、spモードメールの再利用手続きをしないと、spモードメールが利用できなくなる。(2016/2/9)

中古スマホ買取ランキング:
iPhone 5sとXperia Z1など2013年モデルが人気――ブックオフ12月編
買取の多い中古スマホの中から、キャリア別にトップ10を出す本コーナー。2015年12月のブックオフでは、iPhone 5s、Xperia Z1、GALAXY S4、Xperia Aなど、2013年の人気モデルが上位に顔を出している。(2016/2/1)

中古スマホ買取ランキング:
「Xperia Z3 Compact」と「iPhone 5s」がライバルに?――ブックオフ11月編
今回、人気があり、最も高く買い取ってもらえるのはXperia Z3 CompactとiPhone 5sだった。他にXperia Z1、GALAXY S4、Xperia Aなど、2年ほど前のAndroidスマホもよく売れているようだ。(2015/12/18)

Tech TIPS:
Androidで[戻る][ホーム][マルチタスク]ボタンのバイブを停止する
Androidスマートフォン/タブレットでは、[戻る][ホーム][マルチタスク]ボタンをタップすると、そのリアクションとしてバイブが鳴動することがある。それが好みに合わなければ、設定を変更してバイブを停止できる。(2014/12/5)

キャリアメールでも“スタンプ”を 「ドコモメールストア」11月12日開始
ドコモは、ドコモメール向けにスタンプを配信する「ドコモメールストア」を発表した。(2014/11/7)

石野純也のMobile Eye(9月16日〜26日):
ターゲットは先進層――KDDIに聞く「Xperia Z3」「GALAXY Note Edge」投入の狙い
iPhone 6/6 Plusが発売され、それ以外の秋冬モデルの発表でいち早く名乗りを上げたのがKDDIだ。スマホは「Xperia Z3」と「GALAXY Note Edge」、タブレットは「GALAXY Tab S」をラインアップする。これらのモデルを投入する狙いをKDDIに聞いた。(2014/9/26)

ビジネスニュース オピニオン:
アップル対サムスン、特許係争再び
アップルとサムスン電子の2回目となる特許裁判が始まった。アップルは、サムスン電子のスマートフォンなど10機種が技術特許を侵害しているとして、20億米ドルの賠償を求めている。一部からは「Appleは単なる訴訟好きの企業」という批判の声も出ているようだ。(2014/4/3)

gooスマホ部:
LINEのバックアップデータをPCで閲覧する方法について
LINEでトーク履歴をバックアップして保存しましたが、PCから開くことができません。PCで見る方法はありますか?(2014/1/29)

GALAXY Note 3やXperia NX/acro HDなど20機種が「ドコモメール」に対応
ドコモは、スマホ向け新メールサービス「ドコモメール」の対応機種にXperia NX/acro HDやGALAXY Note 3など20機種を追加した。(2013/12/10)

Microsoft Remote Desktopの基礎と実践:
第1回 Android向けMS純正リモート・デスクトップ・アプリを使いこなす
iOS/Androidスマートフォン/タブレット向けに、Microsoftから「純正」のリモート・デスクトップ接続アプリがリリースされた。まずはAndroid版アプリの使いこなし方や使い勝手、注意点について詳しく説明する。(2013/12/16)

PCや他社スマホでも利用可能:
「ドコモメール」提供開始――機種ごとの対応スケジュールや利用方法も案内
ドコモの新しいキャリアメールサービス「ドコモメール」が、10月24日9時から提供開始された。ドコモは機種ごとの対応スケジュールや利用方法などを案内している。(2013/10/24)

KDDI、「GALAXY SII WiMAX ISW11SC」のアップデートを開始
KDDIは、「GALAXY SII WiMAX ISW11SC」のソフトウェア更新を開始した。あらかじめAndroid 4.0にバージョンアップしておく必要がある。(2013/10/22)

オリジナルスマートフォンケース作成サービス「PRINTSERV-プリントサーブ-」
グッドファーム・パートナーズが、オリジナル画像やテンプレートを利用し、ブラウザ上でスマートフォンケースが作れるサービスを開始。(2013/10/7)

厚さ0.25ミリ:
真夏のビーチで実力診断 超・極薄なiPhone用防水ケース「ケースマリン」
厚さわずか0.25ミリのiPhone用防水フィルム「ケースマリン」。海水でも水深10メートルまで対応し防塵性も合わせ持つこの製品を、海岸で少しだけ体験してみた。(2013/8/8)

ドコモ、「GALAXY S II SC-02C」でキャッチホン音量の不具合を改善するアップデートを開始
ドコモは7月30日、Samsung製スマートフォン「GALAXY S II SC-02C」でイヤフォンマイク接続時にキャッチホンの音量が小さくなる不具合を改善するソフトウェア更新を開始した。(2013/7/30)

Samsung、GALAXY S4が同社史上最短の1カ月で1000万台販売を達成と発表
Samsungが、GALAXY S4の世界での販売台数が、S IIIより約20日短い約1カ月で1000万台を突破したと発表し、今後のカラバリの計画も明らかにした。(2013/5/23)

ドコモ、Android 4.1、4.2のアップデート対象“予定”モデルを公開
NTTドコモは、5月8日にAndroid 4.1、または、Android 4.2へのアップデートを予定しているモデルの最新状況を公開した。(2013/5/8)

製品解剖 スマートフォン:
Samsungの「GALAXY S4」を分解、本丸はCortex-A7/A15の8コアプロセッサ
Samsung Electronicsが4月27日に発売した最新スマートフォン「GALAXY S4」。GALAXY Sシリーズの総出荷台数は1億台を超え、Androidスマートフォンを象徴する存在となった。それだけに、新型に対する期待も大きい。GALAXY S4で最も特徴的なのは、ARMのCortex-A7とCortex-A15を4個ずつ搭載した、8コアのプロセッサ「Exynos Octa」だと言えるだろう。(2013/5/1)

石野純也のMobile Eye(特別編):
根底にあるのは“ユーザー第一主義”――「GALAXY S 4」の開発思想を聞く
GALAXY Sシリーズの最新モデル「GALAXY S 4」が4月27日から世界各国で発売される。これに先立ち、26日には韓国でも発売され、「WORLD TOUR」も開催された。今回のMobile Eyeでは、特別編として韓国のWORLD TOURや開発者への取材を通じて、GALAXY S 4の魅力に迫る。(2013/4/27)

もちろん高音質:
シンプルなデザインが美しい 北欧発のスマホ用イヤフォン「nocs」シリーズを試す
自分にぴったりのマイク付きイヤフォンを使いたい――と思うスマホユーザーは多いはず。シンプルでスタイリッシュ、そして高音質な「nocs」ブランドの5製品を試してみた。(2013/4/26)

「GALAXY SII WiMAX ISW11SC」に、メールの送受信ができなくなる不具合
メールの送受信ができなくなる不具合をソフト更新で解消する。(2013/4/26)

ドコモ、Xperia GX/SX/Zなどスマホ6機種でソフトウェア更新
ドコモがスマートフォン「GALAXY S II LTE SC-03D」「AQUOS PHONE si SH-01E」「SH-01E Vivienne Westwood」「Xperia GX SO-04D」「Xperia SX SO-05D」「Xperia Z SO-02E」のソフトウェア更新を開始した。(2013/3/28)

Mobile World Congress 2013:
「HONEY BEE」の世界デビューはいつ? MWCで聞いた京セラの海外ビジネス(後編)
Sprint向けにタフネス仕様のAndroidスマホを開発した京セラ。国内ではPHSやDIGNOシリーズでおなじみのメーカーだが、海外ではどんなビジネスを展開しているのか、詳しい話を聞いた。(2013/3/19)

ダブル対応スマホも発売済み:
FeliCaとの違いは「世界標準+低コスト」 KDDIがNFCへの取り組みを説明
国際的にスマートフォンへのNFC搭載が進む中、KDDIはNFC普及に向けた取り組みについて説明を行った。国内ではすでに普及しているFeliCaとともに、新たな非接触型サービスの拡充を図る。(2013/3/4)

ドコモ、スマートフォン7機種でソフトウェア更新を実施
ドコモが、スマートフォン「P-07C」「SH-06D NERV」「AQUOS PHONE SH-06D」「GALAXY S II SC-02C」「AQUOS PHONE EX SH-04E」「MEDIAS X N-07D」「Optimus bright L-07C」の不具合を修正するソフトウェア更新を開始した。(2013/2/25)

KDDI、「GALAXY S II WiMAX ISW11SC」のアップデートを開始
「GALAXY S II WiMAX ISW11SC」のアドレス帳関連の不具合を解消するソフトウェア更新が開始された。(2013/2/14)

ドコモ、GALAXY Note II/GALAXY S III α/GALAXY S IIのソフト更新を一時中断
ドコモは、「GALAXY Note II SC-02E」「GALAXY S III α SC-03E」「GALAXY S II SC-02C」のソフトウェア更新を一時中断した。アップデート後に不具合が確認されたため。(2013/2/5)

ドコモ、「SH-01E Vivienne Westwood」と「GALAXY S II SC-02C」のソフト更新開始
ドコモのスマートフォン「SH-01E Vivienne Westwood」と「GALAXY S II SC-02C」の不具合を修正するソフトウェア更新が開始された。(2013/2/4)

「Samsung GALAXY S III」の販売台数、発売7カ月で4000万台突破
Samsungが、Android搭載フラッグシップスマートフォンの「GALAXY S III」の累計販売台数が4000万台を超え、GALAXY シリーズ全体では1億台を突破したと発表した。(2013/1/15)

Mobile Weekly Top10:
2012年に「ITmedia Mobile」で最も読まれた記事は?
2012年最後のMobile Weekly Top10では、いつもの週間ランキングに加えて、年間を通して読まれた記事ランキングと1カ月ごとのTop10も集計した。(2012/12/31)

ドコモ、一部機種でAndroid 4.0アップデートの提供時期を変更
ドコモは、12月中にAndroid 4.0へアップデートするとしていたスマホ3機種について、提供時期を2013年1〜2月下旬に変更すると発表した。(2012/12/20)

大賞賞金は1000万円!――NHN Japan、「LINEGAME コンテスト」を2013年1月より開催
サービス開始から注目のゲームサービス「LINE GAME」が、初のゲームアプリコンテストを来年1月からスタート。大賞賞金も1000万円と、初回から太っ腹です。(2012/12/19)

Samsung製プロセッサ搭載端末に脆弱性情報、Galaxyシリーズなどに影響か
Exynosプロセッサ搭載端末にroot権限取得につながる脆弱性が報告された。スマートフォンやタブレットをはじめ、多数の端末に採用されている。(2012/12/18)

クルマでも「Siri」に対抗:
ドコモのカーナビアプリが音声入力に対応、「しゃべってコンシェル」を活用
NTTドコモとパイオニアは、NTTドコモの音声エージェント機能「しゃべってコンシェル」を用いた自動車向け音声意図解釈技術を共同で開発した。これにより、NTTドコモのカーナビゲーションアプリ「ドコモ ドライブネット」を音声入力で操作できるようになった。(2012/12/5)

イケショップ、「GALAXY」シリーズをQi対応にするワイヤレス充電アダプタを発売
イケショップは、「GALAXY」シリーズ向けのワイヤレス充電アダプタを発売した。(2012/11/29)

写真で解説する「GALAXY Note II SC-02E」
GALAXY Noteからディスプレイを大型しつつ、ボディを補足して持ちやすくなった「GALAXY Note II SC-02E」。付属の「Sペン」も改良され、ハード・ソフトの両面で、より自然な手書き入力が可能となった。(2012/11/9)

調査リポート:
Galaxy S III、3Qの出荷台数でiPhone 4Sを追い抜く――iPhone 5は3位に
第3四半期(7〜9月)の世界スマートフォン出荷台数調査で、Samsungの「Galaxy S III」がAppleの「iPhone 4S」を抜いたことが分かった。しかし、このトップの座は短命に終わりそうだ。(2012/11/9)

ドコモ、スマホ・タブレット8機種のAndroid 4.0アップデートを順次開始
ドコモは、スマートフォンとタブレット8機種について、Android 4.0バージョンアップを開始する時期の見通しを発表した。(2012/11/8)

ドコモ、「GALAXY S II LTE SC-03D」をAndroid 4.0にアップデート
ドコモのSamsung電子製スマートフォン「GALAXY S II LTE SC-03D」が、10月31日からAndroid 4.0にアップデートされる。(2012/10/31)

ストラップホールもあります:
写真で解説する「GALAXY S III Progre SCL21」
au版「GALAXY S III」となる「GALAXY S III Progre」が発表となった。デュアルコアCPUということで、先日発表されたクアッドコアのNTTドコモ版「GALAXY S III α」と比較してしまうが、auだけのカスタマイズも加えられている。(2012/10/25)

auのNFC対応スマートフォン向けに「JALタッチ&ゴー」サービスを提供開始
国内線搭乗時に空港で端末をかざすだけで搭乗できる「JALタッチ&ゴー」サービスが、auのNFC対応スマートフォンでも利用可能になった。(2012/10/23)

Readerアプリが“Android”の大海原へ Xperia以外でも利用可能に
ソニーの電子書籍ストア「Reader Store」が待望の“Android”対応を果たし、Xperia以外の端末でも作品が読めるように。新アプリ「Reader for Android」はUIを刷新したほかSNS連携やページ同期など便利な新機能を搭載する。PS Vita向けReaderアプリも登場しており注目だ。(2012/10/11)

KDDI、「GALAXY SII WiMAX ISW11SC」のAndroid 4.0アップデートを再開
KDDIは「GALAXY SII WiMAX ISW11SC」のOSアップデートを再開した。アップデートは搭載OSをAndroid 4.0にバージョンアップするものだが、適用するとGPS関連の不具合が判明して一時停止していた。(2012/10/3)

SamsungのGalaxy端末を遠隔操作でリセット、研究者が攻撃方法をデモ
Samsungのスマートフォンにリモートからリセットをかけ、工場出荷時の状態に戻すことができてしまう攻撃方法が発表された。(2012/9/26)

Biz.ID Weekly Top10:
LINEユーザーで機種変更する人はアドレス登録を忘れずに!
いよいよ明日はiPhone 5の発売日ですね。iPhoneに限らず、これから携帯やスマホを機種変更をしようと思っている人、そしてLINEを使っている人、せっかく買った有料スタンプがなくなって涙目……なんてことにならないために、メールアドレスの登録をしておくことをオススメします。(2012/9/21)

「GALAXY SII WiMAX ISW11SC」のAndroid 4.0アップデート、不具合で一時停止
KDDIは、「GALAXY SII WiMAX ISW11SC」のAndroid 4.0アップデートを一時停止した。GPSが利用できなくなる不具合が発生したためという。(2012/9/18)

KDDI、「GALAXY SII WiMAX ISW11SC」をAndroid 4.0へアップデート
KDDIは、Samsung電子製のauスマートフォン「GALAXY SII WiMAX ISW11SC」のOSアップデートを開始する。(2012/9/12)

Qualcommインタビュー:
LTE対応からクアッドコア、発熱問題まで――Snapdragonの“今と未来”を聞く
スマートフォンの普及に伴って注目を集めるようになったのが、端末内部に搭載されている「CPU」や「チップセット」だ。今回、モバイル向けプロセッサーの分野で大きなシェアを持つQualcommに、LTE、クアッドコア、発熱、コンテンツなどの面から話を聞いた。(2012/9/11)

Samsung、「GALAXY S III」が発売100日で2000万台突破と発表
Samsungが、Android搭載スマートフォン「GALAXY S III」の累計販売台数が、5月末の発売から100日で2000万台を突破し、先代の「GALAXY S II」の最速記録を塗り替えたと発表した。(2012/9/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
「OCマザーの新時代に突入しています」――ASRock「Z77 OC Formula」が話題に
オーバークロックに特化したコンセプトマザー「Z77 OC Formula」が複数のショップで注目を浴びている。これまでのOCマザー観を塗り替える新時代の到来か!?(2012/8/27)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。