ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「科学」最新記事一覧

『名探偵コナン』の企画展が日本科学未来館で 来場者自身が科学捜査で事件の解明を目指す体験型
タイトルは「名探偵コナン 科学捜査展〜真実への推理(アブダクション)〜」……そのルビは予測できなかった。(2017/12/6)

日本科学未来館、科学捜査が体験できる企画展 「名探偵コナン」とコラボ
日本科学未来館は、企画展「名探偵コナン 科学捜査展」を開催すると発表した。(2017/12/6)

日本科学未来館、企画展「デザインあ展 in TOKYO」開催
日本科学未来館は、企画展「デザインあ展 in TOKYO」を開催すると発表した。(2017/12/4)

科学は「スター・ウォーズ」の世界にどこまで迫ったか? 検証企画が始動、初回はライトセーバーの再現に挑戦
ユーザーの性格に合うライトセーバーの色を診断してくれるコンテンツも。(2017/11/30)

夏休みの風物詩「子ども科学電話相談」が冬休みにも進出!
冬休みも相談できるぞ。(2017/11/22)

ドラゴンボールの「舞空術」は可能なのか? 科学的に検証してみた
空を自由に飛びたいな。(2017/11/21)

『大人の科学マガジン』最新号の付録「小さな活版印刷機」がすごいと話題に 「見た目がかわいい」「これは欲しい」
動きも大変かわいらしいです。(2017/11/19)

CAE事例:
快適さをシミュレーションする、東洋紡の着衣解析の取り組み
東洋紡の快適性工学センターでは、衣服の快適性について科学的な側面から取り組んでいる。今回、有限要素法により人体モデルに服を着せて動かした状態の衣服圧をシミュレーションし、導電性材料を利用した心電図を測定できるスマートウェアの開発に成功した。(2017/11/17)

伝説の「コミケ雲」ができる条件を科学的に考える
雲ができるほどの熱気とはいったい……。(2017/11/19)

9万8676件増加:
「いじめ」の認知件数、32万件超え 過去最高
小・中・高等学校の「いじめ」の認知件数は32万件超え――文部科学省調べ。(2017/11/16)

SAP Leonardo Executive Summit:
PR:SAPの新たなる戦略「SAP Leonardo」は一体何を目指すのか?
レオナルド・ダ・ヴィンチは史上最も優れた画家としてだけでなく、科学者としてもその才能を発揮した。翼を羽ばたかせて飛ぶコウモリのような飛行機やネジから着想を得たヘリコプターなど、そのアイデアのほとんどは日の目を見なかったが、稀代のイノベーターの創造性は、現代を生きるわれわれをも驚かせる。そんなルネサンス期の天才の名を冠した「SAP Leonardo」が発表された。それは単なる製品ではなく、同社がERPによって業務のベストプラクティスを顧客に提供してきたのと同様、企業がスピーディーにデジタル変革を実現するための「テクノロジー」「ベストプラクティス」、そして「方法論」から構成されるトータルサービスだという。(ITmedia エグゼクティブ 浅井英二)(2017/11/15)

第23回 品質機能展開シンポジウム 講演レポート:
品質を作り込む「QFD」の有効性と課題、そしてさらなる活用に向けたアプローチ
日本科学技術連盟が主催した「第23回 品質機能展開シンポジウム」において、ISIDエンジニアリング 技術顧問の岡建樹氏が登壇。「『QFD-Advanced』〜QFDの更なる深化、更なる活用へ向けて〜」をテーマに、QFDの有効性と現状の課題、そして進化型QFDといえる「QFD-Advanced」について詳しく説明した。(2017/11/15)

見かけだけの重ね合わせも発見:
量子コンピュータの量子的エラーを迅速に評価
東京大学と科学技術振興機構(JST)は、一般的なデスクトップPCを用いて、量子コンピュータの内部で発生する量子的なエラーを正確かつ高速に評価することができる数値計算手法を見いだした。(2017/11/10)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
6000人のリーダー層を変えた「すごい習慣」とは?
ムリのないラクな方法で行える「行動科学マネジメント」に基づいた習慣化メソッド。(2017/11/9)

キャリアニュース:
未経験からデータサイエンティストを育成するプログラムを提供
パーソルキャリアは、未経験からのデータサイエンティスト育成プログラム「Data Ship(データシップ)」の提供を開始した。新卒、第二新卒などの若手層に、データサイエンスを学ぶ機会、企業での実務体験を提供する。(2017/11/7)

NEDO/大阪大学 接合科学研究所:
世界初の純銅を積層造形できる3Dプリンタ、高輝度青色半導体レーザー開発で実現
NEDOプロジェクトにおいて、大阪大学 接合科学研究所 教授の塚本雅裕氏らの研究グループが「世界初」をうたう純銅を積層造形できる3Dプリンタを開発した。純銅粉末を溶融させるために、出力100Wの高輝度青色半導体レーザーを開発。近赤外線レーザーを用いた3Dプリンタでは困難だった、純銅を用いた加工部品などの造形が可能となる。(2017/11/2)

MQAの音が良い理由 ニューロサイエンスが解き明かした聴覚の“真実”
急速に対応機器を増やしている新しい音楽フォーマット「MQA」。容量は少ないのに人が“良い音”と感じる理由は何か。AV評論家・麻倉怜士氏がMQA本社で開発者のボブ・スチュアート氏に徹底取材した。 (2017/10/31)

ZOZOTOWN独自ブランド年内開始 「科学の力で究極のフィット感」実現へ
ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」が、年内にプライベートブランドを立ち上げ、衣料品を販売する。「科学やテクノロジーの力」で、「究極のフィット感」を実現するという。(2017/10/31)

医療技術ニュース:
光により遺伝子発現量を300倍に増加できる技術を開発
科学技術振興機構は、哺乳動物に応用できる青色光誘導型の遺伝子発現コントロールシステムを開発した。生体外からの非侵襲的な光照射で、哺乳動物の遺伝子発現をコントロールできるようになった。(2017/10/31)

「ZOZOTOWNの事業規模超える」:
ZOZO、プライベートブランドを年内に展開開始 「第2の柱に」
ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイがプライベートブランドを年内に開始すると発表。18年春には米国とドイツにも展開する。「科学やテクノロジーの力で究極のフィット感を実現する」という。(2017/10/30)

「私はロボットではありません」AIで突破 他のディープラーニングより“300倍”効率的なモデルが登場
少ない訓練データで「CAPTCHA」の文字画像を認識できる学習モデルが、科学雑誌「Science」に掲載された。(2017/10/27)

どうなる「遺伝子組み換えでない」表示 混入していても「でない」ルール、見直しの要望出る
「遺伝子組み換えでない」の表示は消費者を誤認させ問題であるとして科学者団体と消費者団体が、消費者庁の「遺伝子組換え表示制度に関する検討会」に対して見直しを求める要望書を出した。(2017/10/24)

電子/正孔両方の注入が可能に:
東北大学ら、有機半導体デバイス用電極を開発
東北大学材料科学高等研究所(AIMR)/同大学院理学研究科のタンガベル カナガセカラン助手らは、従来の性能を超える有機半導体デバイス用電極を開発した。電極材料によらず、電子/正孔両方の注入が低抵抗で行えるという。(2017/10/19)

「宇宙ヤバイコピペ」って科学的に正しいの? 国立天文台に聞いてみたら、やっぱり宇宙はヤバかった
ヤバイとしか言いようがない宇宙のヤバさ。(2017/10/14)

「ガッチャマン」は科学忍者隊のことではなく大鷲の健のこと タツノコプロ公式の豆知識に驚きの声
そうだったのかー。(2017/10/2)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:システム導入を阻む反対派への対処法
システム導入の成否はユーザーの受け入れ体制にある。懐疑派や反対派への対処を誤ると大変なことになる。他に、ブルームバーグのデータサイエンス担当者インタビューや経営再建中の英HMVが断行したITコスト削減事例などをお届けする。(2017/10/2)

2017年 先端医療・ライフサイエンス研究市場データブック:
先端医療関連市場は2025年に1兆8500億円、2016年比31.7%増の見通し
富士経済は、「2017年 先端医療・ライフサイエンス研究市場データブック」を発表した。2025年には先端医療関連市場が1兆8546億円、ライフサイエンス研究関連市場が1479億円になると予測している。(2017/9/22)

物理ネットワークの選定ポイント
先端研究を支えるネットワークをケーブルから構築した、沖縄科学技術大学院大学
沖縄科学技術大学院大学は、高速で安定したネットワークを求め、最新のネットワーク性能である40/100Gbpsへの増強を実施。重視したのは物理ネットワークの質だった。(2017/10/2)

「EM菌でプール掃除」「花粉症が治った人も」山形県小学校ブログ、科学的根拠なく炎上 学校ではなく町単位での取り組み
小学校と町に聞きました。(2017/9/20)

コピーライターのノウハウをAI化:
「AIコピーライター 言葉 匠」 トランスコスモスが開発
トランスコスモスとAI研究所Communication Science Labは、インフィード広告を中心としたテキスト広告のコピー生成支援システム「AIコピーライター 言葉 匠」(β版)を開発したと発表した。(2017/9/20)

小学生の「プログラミング教育」その前に(6):
国語、算数、英語――教科学習にどのように取り入れたらプログラミングを楽しめるのか? 公立小学校の教諭がプレゼン
政府の新たな成長戦略の中で、小学校の「プログラミング教育」を必修化して2020年度に開始することが発表され、多くの議論を生んでいる。本特集では、さまざまな有識者にその要点について聞いていく。今回は一般社団法人「みんなのコード」が開催した「プログラミング教育明日会議 in 東京」から先行事例報告の内容を中心にレポート。小学校におけるプログラミング教育の授業事例や課題などに迫る。(2017/9/20)

振幅はこれまでの10倍以上:
パルス光を照射、巨大な伝搬スピン波を発生
高輝度光科学研究センター(JASRI)らの研究グループは、磁性合金薄膜にパルス光を照射することで、これまでにない巨大な磁気の波(スピン波)が生成されることを発見した。(2017/9/19)

動物たちの「剥製3Dデータ」をグリグリ閲覧できる資料的価値の高いサイトが登場 国立科学博物館が公開
ずっと見ていられる。(2017/9/15)

ものになるモノ、ならないモノ(74):
ボーカロイド教育版と「プログラミング的思考」は“AIリテラシー”を育むか
文部科学省が小学生向けの「プログラミング教育」で使い出した「プログラミング的思考」とは何なのか。国算理社といった既存教科で養えるものなのか。AI時代を見据えた教育はどうあるべきか。本稿では、音楽の授業における「ボーカロイド教育版」の利用例なども紹介しつつ、10年後、20年後の日本を担う小学生向けのプログラミング教育について考えてみたい。(2017/9/14)

私大の4割が赤字:
私大の倒産回避に「イエローカード」 文科省が検討
文部科学省は、経営悪化が著しい私大に対し、事業撤退を含めた早期の是正勧告をできるような制度改正の検討に入った。(2017/9/12)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(11):
PythonはFPGAアクセラレーションの裾野を広げるか
FPGAによる演算処理高速化の恩恵をPythonユーザーが享受できるようにするための取り組みを、科学技術演算分野で南カリフォルニア大学が進めている。Cよりも10倍以上高速な結果が得られたケースもあるという。(2017/9/12)

フェイクニュース検出技術の開発にNSFが30万ドルの助成金 米ペンシルベニア州立大学
フェイクニュース一掃のために全米科学財団が支援する。(2017/9/7)

JASIS2017:
アジア最大級の分析機器の展示会が開幕、新たに2019年に大阪開催も発表
日本分析機器工業会と日本科学機器協会は共同開催している分析機器・科学機器の専門展示会「JASIS 2017」の開催に合わせて記者会見を開催。開催概要を紹介するとともに新たに大阪での展示会開催を発表した。(2017/9/7)

大学発ベンチャー表彰2017 文科大臣賞にパークシャ
科学技術振興機構と新エネルギー・産業技術総合開発機構は「大学発ベンチャー表彰2017」表彰式をこのほど、東京都江東区の東京ビッグサイトで開催した。(2017/9/6)

ビューアビリティ計測:
Twitter傘下のMoPub、広告効果検証ツールのIASとMoatに対応
TwitterのアドエクスチェンジであるMoPubはインテグラル・アド・サイエンス・ジャパンおよびMoatのSDKをMoPub SDKに統合したと発表した。(2017/9/1)

海馬や小脳に匹敵する機能を:
AI発展のため、脳の研究に立ち返る科学者たち
AI(人工知能)の研究開発を進めるに当たり、研究者たちは「脳の機能を理解する」という原点に立ち返っているようだ。研究がより進めば、AIの性能もそれだけ向上するのではないかと期待されている。(2017/8/30)

医療機器ニュース:
血液を採取せず指先からAGEsの体内蓄積レベルを測定できるセンサー
シャープライフサイエンスは、指先を挿入するだけで、老化物質の1つ「AGEs」の体内蓄積レベルを測定できるAGEsセンサー「RQ-AG01J」を発売した。血液を採取することなく、30〜60秒で測定できる。(2017/8/30)

薄い布上で曲げ半径2mmでも発光:
ディスプレイ付きの普段着を可能にする有機EL
KAIST(Korea Advanced Institute of Science and Technology)が、日常的な着用に耐える柔軟な有機ELディスプレイの実現を目指し、2mmの曲げ半径でも高い輝度と効率を示すファブリックベースの有機ELを開発した。(2017/8/29)

子どもたちの“科学の芽”を見つけるきっかけになりたい 番組プロデューサーに聞く大人にも人気の「夏休み子ども科学電話相談」の作り方
放送時間中、約1000件のアクセスがあり、その中から実際に番組で取り上げられるのは25から30件という狭き門。後半戦を前に“対話”でなりたつ番組の魅力とその意義を聞く。(2017/8/23)

スピン波位相干渉を応用:
磁気の性質を使った論理演算素子、動作を確認
豊橋技術科学大学の後藤太一助教らによる研究グループは、スピン波の位相干渉を応用した論理演算素子を開発し、その機能を実証した。(2017/8/16)

「早生まれ」やはり不利! 運動能力「遅生まれ」が優れている 科学で裏付け
「早生まれ」は「遅生まれ」に比べ運動能力などで劣るとされてきたが、それは本当なのか……。奈良女子大の研究チームが研究成果をまとめた。(2017/8/15)

76歳の編集者挑む“科学古典のデジタル文書化”――現役時代に夢見た「科学知識を万人へ」
科学古典が無料で公開されているサイト「科学図書館」の管理人は、かつて出版社で編集をしていたおじいちゃんだった――。13年間デジタル文書化に取り組み続ける、1人の「編集者」を取り上げる。(2017/8/11)

医療機器ニュース:
脳科学を活用してQOL向上へ、東北大学と日立ハイテクらが新会社を設立
東北大学は、日立ハイテクノロジーズ、NSD、東北大学ベンチャーパートナーズ、七十七キャピタルと共同で、脳科学の産業応用事業を手掛ける新会社「株式会社NeU(ニュー)」を設立する。(2017/8/10)

高度なパーソナライゼーションを実現:
「Adobe Target」、企業独自のアルゴリズムと「Adobe Sensei」のAI機能を統合可能に
Adobe Systemsは、「Adobe Target」のデータサイエンス機能およびアルゴリズム最適化機能をオープン化したと発表した。(2017/8/7)

「音楽教室と小中学校は異なる」――林芳正新文科相、JASRACの著作権料徴収に言及
「音楽教室は営利目的が一般的で、小中学校で音楽を習うのとは性格が異なる。一定の線引きが必要」――8月3日の内閣改造で入閣した林芳正 新文部科学大臣が、音楽教室からの著作権料徴収に対する考えを示した。(2017/8/4)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。