ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「科学」最新記事一覧

関連キーワード

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
踏み間違い暴走事故について考える
クルマの事故原因として本当にそれで片付けてしまって良いのだろうかというニュース報道が溢れている。事故の原因を責任問題として処理するのではなく、科学的な原因究明に早く進めるべきではないだろうか。(2017/1/16)

「スター・ウォーズ」ファンの科学者ら、新種のテナガザルを「スカイウォーカー」と命名 中国南西部で発見
ルーク・スカイウォーカー役の俳優「いろいろなキャラグッズが出たけど、今度はテナガザルだぞ!」(2017/1/14)

IDEARがPythonにも対応:
マイクロソフト、データサイエンスツール群「Data Science Utilities」の新バージョンを公開
マイクロソフトがデータサイエンスツール群の新バージョン「Data Science Utilities version 0.11」をリリース。Python対応の「IDEAR」が追加された。(2017/1/13)

医療技術ニュース:
がんを見つけて破壊するナノ粒子を合成する新たな方法を開発
名古屋大学は、2種類の試薬をアンモニア水に溶解するだけで、がん細胞を物理的・科学的に殺傷する多機能ナノ粒子を作製する方法を開発した。ナノ粒子はがん細胞を光らせ、内包する抗がん剤を放出する。(2017/1/13)

「科学技術新興予算は今後、増えない」と河野太郎議員 研究者に「現実直視を」
衆院議員の河野太郎氏が、「科学技術振興予算は今後、増えません」と断言。「予算をもっと増やしてほしい」との要望を受け、「現実を直視していただきたい」たしなめている。(2017/1/10)

健康経営への一歩は?:
“脳”で働き方を「見える化」 日立の挑戦
「ストレスチェック」などの取り組みが始まったことで、知名度や関心が高まっている「健康経営」。しかし「どういうアプローチをしたらいいか分からない」と悩んでいる企業は多い。こうした中、「脳科学で見える化」をキーワードに健康経営支援ビジネスを進めるのが日立グループ3社だ。(2017/1/6)

オンリーワン技術×MONOist転職(7):
“光のプロ”の遊び心が産んだ反射率99%ミラー――吉城光科学
日本の“オンリーワンなモノづくり技術”にフォーカスしていく連載の第7回。今回は、超精密ガラス部品で世界的に高いシェアを持ち、常識を覆す超高反射ミラーなど特殊技術を有する吉城光科学を紹介する。(2017/1/4)

医療技術ニュース:
第5世代量子線がん治療装置の早期開発に向けて5者が協力
量子科学技術研究開発機構と住友重機械工業、東芝、日立製作所、三菱電機は、「第5世代量子線がん治療装置の開発協力に関する包括的協定」を締結した。小型で建設コストが安い装置の早期開発に向け、各社の人材や装置・施設などを活用する。(2016/12/28)

7年連続で内定率上昇:
高校生の就職内定率 10月時点で74%超え 23年ぶり
文部科学省は来春卒高校生の就職内定率(10月時点)を発表した。(2016/12/20)

がん治療用「量子メス」開発へ 量研機構と東芝、日立など協力
量子科学技術研究開発機構と東芝などは、従来より小型な重粒子線がん治療装置「量子メス」の開発に向けて協力する。(2016/12/14)

スピン経済の歩き方:
だから日本経済の生産性は「めっちゃ低い」
日本の1人の当たりのGDPが低い。「生産性が低い。もっと高めよう」といった話をすると、「日本人はチームプレーが得意なので1人当たりのGDPなど意味がない」といった反論も。なぜ科学的根拠のない意見が飛んでくるのか。その背景には、戦前からある「戦争学」が影響していて……。(2016/12/13)

ミッキーマウス誕生から最新作まで! 「ディズニー・アート展」2017年4月より日本科学未来館で開催
原画やスケッチなど450点を展示します。(2016/12/12)

こんな妹が欲しいぃぃ!! 藤田ニコル、本田望結の振袖2ショットにデレデレ「かわいい癒される」「姉妹みたい!」
セラピー効果が科学的に証明されてもおかしくない。(2016/12/8)

東北大:
青色LED超えるか? 深紫外〜緑色の偏光光源開発
東北大学多元物質科学研究所の秩父重英教授らは、双葉電子工業の協力を得て、深紫外線(DUV)から緑色までの光を呈する新しい小型偏光光源を開発した。非極性面窒化アルミニウムインジウム(AlInN)薄膜ナノ構造を蛍光表示管(VFD)に搭載した。(2016/11/30)

「大人の科学マガジン」最新刊のふろくはドローン なんと財布に優しい3980円!
うわああああッ、これは欲しいッ!!(2016/11/26)

「歩くと良いアイデアが浮かぶ」ことの科学的理由と「歩けないとき」の対処法
仕事中にアイデアに行き詰まったときは、ちょっと歩いてみるといいかもしれません。脳科学の見地からすると、歩くことは脳が活性化する良い活動といわれているからです。(2016/11/23)

「夏ワナー夏ワナー夏ワナー夏ワナー夏ワナー」 平行な文字列を傾けて見せる不思議なソフト 日本科学未来館に展示
日本科学未来館で「錯視」の世界を数学で解明する展示会「数理の国の錯視研究所」が始まった。(2016/11/18)

サイバー空間は戦場になっている:
日本がセキュリティを、地政学的見地からもっと議論すべき理由
2016年9月23日、東京でセキュリティカンファレンス「SGR 2016」が開催された。これは2016年5月に死去した奈良先端科学技術大学院大学教授、山口英氏を記念したイベント。本記事では、国際弁護士の橋本壕氏による講演の内容をお届けする。同氏は、政治、経済、文化が与える影響の観点から、各国のサイバー法、プライバシー法について語った。(2016/11/17)

ガキ使の大みそか特番「笑ってはいけない」、2016年は「科学博士24時!」 「驚いてはいけないタイム」も
今年で11年目!(2016/11/16)

科学未来館で「錯視」をテーマにした展示会開催へ 見てるだけで脳が混乱しそう
見える、見えるぞ! 私にも錯視が見える!(2016/11/14)

新超伝導材料の探索を容易に:
超伝導を引き起こす不純物原子の局所構造を可視化
奈良先端科学技術大学院大学の松井文彦准教授らは2016年11月、超伝導を引き起こす要因となる、不純物原子の局所構造を明らかにした。独自の「光電子ホログラフィー法」を用いて、黒鉛の蜂の巣格子間に挟まれているカリウム原子周辺の原子配列の再生に成功した。(2016/11/8)

人工知能ニュース:
脳科学の知見を活用した強化学習の共同研究を開始
富士通研究所と沖縄科学技術大学院大学は、脳科学の知見を活用し、人間のように応用力のある強化学習アルゴリズムを開発する共同研究を開始した。従来の強化学習では人の手で調整していた部分もAIが自律的に調整できるようにする。(2016/10/28)

あくまで実験だから私の尿を飲んで! 恋愛ベタな中学生が明るいエロスを発揮するラブコメ「上野さんは不器用」
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第77回。恋愛表現が不器用過ぎる女子中学生が、科学部の実験と称してスカートをのぞかせたりふとももをさすらせたり。(2016/10/23)

農業IoTの活用事例:
収穫物の品質や病気を予測、農業IoTを駆使する生産者向けサービス「ベジタリア植物病院」が開始
ベジタリアが、農業IoT技術を活用したサービス「ベジタリア植物病院」を開始。AI/ビッグデータ分析と、植物科学/植物医科学分野の知見を融合したサービスを提供する。(2016/10/14)

マイクロソフトが実践指南とツールを公開:
データサイエンスを加速させる「TDSP」とは何か?
マイクロソフトが、データサイエンスの方法論などをまとめた「Team Data Science Process(TDSP)」を発表。データサイエンスのためのガイドラインやツールをGitHubで公開した。(2016/10/13)

医療機器ニュース:
体内へマーカーを留置せず、高精度に腫瘍を追跡する技術を開発
東芝と量子科学技術研究開発機構は、重粒子線がん治療装置向けの腫瘍追跡技術を共同で開発した。体内に金属のマーカーを埋め込むことなく、誤差1mm程度の精度で腫瘍を追跡できる。(2016/10/11)

データサイエンスでブランド体験を最適化する:
「Teradata Customer Journey Analytic Solution」が提供開始
Teradataは、データサイエンスによりパーソナライズ化したブランド体験を包括的に提供する「Teradata Customer Journey Analytic Solution」を発表した。(2016/10/7)

大隅良典さんノーベル医学・生理学賞受賞:
「科学が『役に立つ』という言葉が社会を駄目にしている」 ノーベル賞・大隅教授
ノーベル医学・生理学賞の授与が決まった東工大の大隅良典栄誉教授が3日夜に記者会見。「研究者としてこの上もなく名誉」と笑顔で受賞の喜びを語り、家族や仲間への感謝の言葉を繰り返した。(2016/10/4)

東北大学/トプコン:
緑内障を自動分類するソフトウェア開発、米科学誌「PLOS ONE」に掲載
東北大学は、トプコンの技術本部と協力して、緑内障を自動で分類するソフトウェアを開発したと発表した。(2016/9/28)

「日本の石」はひすい 日本鉱物科学会が選定
一般からの投票も行われていました。(2016/9/25)

日本科学未来館、寝袋でお泊まりする特別イベント実施 地球ディスプレイ「ジオ・コスモス」の下で就寝
誰もいなくなった日本科学未来館に泊まれる企画が、10月22日から23日の1泊2日で開催される。(2016/9/20)

ジオ・コスモスの下で眠れる! 日本科学未来館で「未来館ナイトツアー」開催
昨年までは会員限定のイベントでした。(2016/9/20)

頭にチョウチョがとまったワニさんがかわいい 英王立協会が写真コンテストの結果発表
美しさと科学的関心を基準に選ばれました。(2016/9/19)

人工衛星「ひとみ」はなぜ失われたのか(中編):いくつもあった運命の分岐点
ISASの科学衛星としては初めてフル冗長構成を採用するなど、高い信頼性を実現したはずの「ひとみ」(ASTRO-H)は打ち上げ1カ月あまりで崩壊した。その原因は「3つの異常」であるが、どのような措置や手段が執られていれば、異常は発生しなかったのか。(2016/9/13)

セックス用ロボットの是非を科学者らが議論 英国でカンファレンスが開幕
「人間としての徳を」「人間の孤独は増大する」などさまざまな意見が。(2016/9/12)

文部科学省が映画「聲の形」とコラボ 啓発ポスターを配布
特設サイトも開設。(2016/9/12)

リーチの数だけでは正しい評価はできない:
脱「広告換算」へ、PRの効果を科学する「いいね!偏差値」とは何か?
PRの効果を語るとき、必ず持ち出される「広告換算」という概念。数が全てではないと頭で理解していても「他にどうやってPR活動の成果を測るのか」と悩む担当者は少なくない。どうするか。(2016/9/8)

NEC「キューハチ」が「未来技術遺産」に
NECの「PC-9801」「PC-100」が国立科学博物館による「未来技術遺産」に登録された。(2016/9/6)

中国、世界初の量子実験衛星打ち上げ成功、その背景は……「世界中の技術吸収した」
中国が世界初の量子科学実験衛星「墨子」の打ち上げを成功させ、通信技術の専門家から「スパイ防止の技術開発で中国が飛躍する」と警戒の声があがっている。(2016/9/6)

運用管理コストも削減:
ITインフラ刷新で“お役所”の紙文化を崩せるか? 文科省の挑戦
官公庁の中でも積極的にワークスタイル改革に取り組む文部科学省は、2017年1月に向けてITインフラを刷新している。“レガシー”な現行システムを変えることで、一体何ができるのか。情報システムと人事それぞれの担当者に聞いた。(2016/8/26)

脳情報も「手軽に」インターネットにつながる:
パッチ式脳波センサー、脳の状態を簡便に測定
大阪大学産業科学研究所の関谷研究室を中心とする医脳理工連携プロジェクトチームは2016年8月、手のひらサイズの「パッチ式脳波センサー」を開発した。冷却シートを額に貼る感覚で容易に装着でき、脳の状態をリアルタイムに可視化することができるという。(2016/8/19)

中国、量子衛星打ち上げに成功
中国は世界初の量子科学実験衛星「墨子」の打ち上げに成功した。(2016/8/17)

太陽電池向けで従来単結晶と変換効率は同等:
多結晶並みの生産性で単結晶シリコン作製に成功
科学技術振興機構(JST)は、多結晶シリコンインゴットに用いられるキャスト成長炉で、結晶性に優れる単結晶シリコンインゴットを作製する製造法を開発したと発表した。新製造法によるシリコンウエハーで、従来の単結晶シリコンと同等の変換効率で太陽電池を実現できることも確認したとする。(2016/8/15)

「教授会等でもまったく報告されなかった」 同性愛を暴露され自殺した事件を受け、一橋大学のジェンダー社会科学研究センターがコメント発表
「8月5日の報道により初めてこれを知った」。(2016/8/9)

Verily(旧Google Life Sciences)、グラクソと“バイオ電子薬”製造の新企業設立
英製薬大手のGlaxoSmithKlineがAlphabet傘下のVerily(旧Google Life Sciences)と提携し、バイオ電子薬企業を設立する。新企業は、体内に埋め込んで神経細胞の電気信号を整える極小端末を開発する。(2016/8/2)

zenmono通信:
イノベーションと幸福の条件には共通点がある?
モノづくり特化型クラウドファンディングサイト「zenmono」から、モノづくりのヒントが満載のトピックスを紹介する「zenmono通信」。今回は、ロボット工学や脳科学の視点から幸福の“因子”を探し続ける幸福学の第一人者である慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 前野隆司教授にお話をお伺いした。(2016/7/25)

中二病全開! 「博物ふぇすてぃばる!」に出展していた「黒の錬金術学会」がステキ!
7月24日まで科学技術館で開催中ですよ!(2016/7/24)

医療技術ニュース:
高齢者医療における安全な漢方薬治療ガイドラインを初めて作成
東北大学は、世界で初めて、科学的根拠に基づいた漢方薬に関する高齢者の診療ガイドラインを作成した。一般診療における漢方治療の手引きとなるもので、同ガイドラインによって、漢方薬の適正使用が広がることが期待される。(2016/7/23)

「うんち」と「うんこ」の定義に違い? 「確証のない情報」だったと新潟県立自然科学館が謝罪
「うんち」と「うんこ」の呼び方に定義がある、と解説板を掲示していた自然科学館が、確証のない情報をもとに制作していたと謝罪した。(2016/7/18)

科学のちからってすげー! レーザー光線でサビを取る動画が鮮やか&爽快
サビが一瞬にして焼き払われるこの快感。(2016/7/17)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。