ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「Shockwave」最新記事一覧

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(2):
なぜ、「ソフトウエアのアップデート」が必要なの?
社内の業務連絡などで、「ソフトウエアのアップデートを行うように」という通知を受けることがしばしばあるのではないでしょうか。普通のユーザーにとっては手間のようにも感じられる「ソフトウエアのアップデート」は、どうして必要なのでしょう。第2回では、ソフトウエアアップデートの必要性や、修正プログラムの適用時に留意すべき事項について解説します。(2015/11/16)

Adobe、Shockwave Playerの脆弱性を修正
攻撃発生の可能性は高いとされ、Adobeではできるだけ早く更新するよう促している。(2015/10/28)

Adobe、Shockwave Playerの脆弱性を修正
「Shockwave Player 12.2.0.162」では2件の深刻な脆弱性が修正された。(2015/9/9)

Adobe、Reader/AcrobatやShockwaveの更新版も公開
Flash Player以外にも予告通りにAdobe Reader/Acrobatのセキュリティアップデートなども公開されている。(2015/7/15)

SF的“プラズマシールド”が現実に? Boeingが特許取得
“プラズマシールド”で軍用車などを守る技術の特許をBoeingが取得し、「フォースフィールドだ」と話題になっている。(2015/3/24)

Tech TIPS:
セキュリティのために、Mozilla FirefoxでFlash Playerを一時的に無効化する
しばしば更新版のリリース前に攻撃可能な脆弱(ぜいじゃく)性が公表されてしまうFlash Player。安全が確認できるまで無効化するには? Mozilla Firefox向けの無効化手順を解説する。(2015/3/16)

Tech TIPS:
セキュリティのために、Internet ExplorerでFlash Playerを一時的に無効化する
しばしば更新版のリリース前に攻撃可能な脆弱(ぜいじゃく)性が公表されてしまうFlash Player。安全が確認できるまで無効化するには? Internet Explorer(IE)向けの手順を解説する。(2015/3/16)

ゲーム開発初心者のためのUnity入門(10):
Detonatorで爆発シーンを作り効果音やBGMを鳴らす&ループ再生
Unityで3Dゲームを作るまでのいろいろな処理を解説する連載。今回は、マウスでクリックすると、大音響とともに爆発するサンプルを作る。また音声ファイルを使って効果音やBGMをループ再生する方法も併せて紹介する。(2015/1/16)

Web利用者を襲う条件は? 攻撃ツール解析で明らかに
ネット利用者をマルウェアに感染させるための攻撃ツールを分析した結果、脆弱性やセキュリティソフトの有無が攻撃実行の決め手になるという。(2014/11/29)

Adobe ShockwaveにバンドルのFlash、多数の脆弱性が放置状態に
現行バージョンのShockwaveに組み込まれているのは、2013年1月にリリースされた古いバージョンのFlash 11.5.502.146だった。(2014/5/26)

Adobe、Shockwave Playerの深刻な脆弱性を修正
WindowsとMac向けのShockwave Player 12.0.9.149までのバージョンにメモリ破損の脆弱性が存在する。(2014/3/14)

Adobe、Shockwaveの脆弱性を修正 最新版の利用を
Shockwave Playerに存在する2件の深刻な脆弱性を修正。直ちに最新版に更新するよう促している。(2014/2/12)

Adobe、FlashとShockwaveのアップデート公開 攻撃発生の脆弱性に対処
ユーザーをだまして悪質なFlashコンテンツ(.swf)を仕込んだMicrosoft Wordファイルを開かせようとする手口の攻撃が報告されているという。(2013/12/11)

Webブラウザの4割に深刻な脆弱性、原因はプラグインに
脆弱性はWebブラウザそのものに原因があるとは限らず、問題の大部分は、Adobe ShockwaveやOracle Javaなどのプラグインに起因していた。(2013/12/3)

Adobeがセキュリティ更新を多数公開――Flash PlayerとReader/Acrobat、Shockwave Playerに
悪用されると攻撃者にコードを実行され、システムを制御される恐れがあることから、できるだけ早く最新版に更新するよう呼び掛けている。(2013/9/11)

落としてもぶつけても無事に済ます:
ここから選ぶ! スマートフォン用「耐衝撃」ケース
最新スマートフォンのほとんどは、IPX57クラスの防水防じん性能を有する。しかし! 野に山に川に海に持ち出すなら! 「耐衝撃性」は必要不可欠なのであーる!(2013/8/13)

Adobe、Flash Playerの脆弱性を修正 ShockwaveとColdFusionも更新
Flash Player、Shockwave、ColdFusionのアップデートが公開され、それぞれ深刻な脆弱性が修正された。(2013/7/10)

イメーション、「XtremeMac」ブランドのiPhone 5用ケース2種を発売
「XtremeMac」ブランドのiPhone 5用ケースとして、耐衝撃性に優れたエアーチャンバー構造採用の「ShockWave」シリーズと、ファブリック素材を使用した「Microshield Style Menswear」シリーズが登場する。(2013/5/10)

Adobe、FlashやShockwaveの深刻な脆弱性を修正
Flash PlayerとShockwave Playerはできるだけ早く最新版にアップデートするよう勧告。ColdFusionのホットフィックスも公開された。(2013/4/10)

更新が進まないプログラム、トップ3はJava、Flash、Adobe Reader
カスペルスキーが1100万ユーザーのコンピュータの脆弱性状況について調べた。(2013/2/15)

Adobe、Flash Playerのアップデートをまた公開 Shockwave Playerも更新
Flash Playerは7日の臨時アップデートに続き、12日のアップデートでさらに17件の脆弱性を修正した。(2013/2/13)

Shockwave Playerに脆弱性、米機関が3件のアドバイザリー公開
脆弱性はいずれも、細工を施したShockwaveコンテンツを閲覧させるなどの方法で、任意のコード実行に利用される恐れがある。Adobeのパッチは現時点で公開されていない。(2012/12/20)

Adobe、Shockwave Playerの更新版リリース 深刻な脆弱性に対処
Shockwave Player 11.6.7.637までのバージョンに脆弱性があり、システム上で悪質なコードを実行される恐れがある。(2012/10/24)

どうする? BYOD、セキュリティ、etc……
スマートデバイス時代のクライアント管理
スマートデバイスの活用は企業に新たな活力を与える一方、セキュリティ対策を中心としたクライアント管理が課題になっている。メリットを生かしつつ効率的な管理を実現するには? その具体策を探っていこう。(2012/11/15)

Adobe Flash、Reader、Acrobatなどの更新版を一挙公開 攻撃発生の脆弱性も
AdobeはReader/Acrobat、Flash Player、Shockwave Playerの更新版を公開した。Flash Playerでは脆弱性を突いた攻撃の発生が報告されているという。(2012/8/15)

Adobe、Photoshopなど3製品の脆弱性対応めぐって方針転換――アップデートを公開へ
Illustrator、Photoshop、Flash Professionalの3製品の脆弱性は当初、有料のアップグレードのみが唯一の解決策とされ、ユーザーやセキュリティ関係者などから批判が続出していた。(2012/5/14)

Adobe製品のセキュリティ情報公開、Shockwave PlayerやPhotoshopに脆弱性
Shockwave Player、Illustrator、Photoshop、Flash Professionalの現行バージョンに脆弱性が存在する。Shockwave Player以外のアップグレードは有料となる。(2012/5/9)

Adobe、Shockwave PlayerとRoboHelpの更新版を公開
Shockwave Playerの更新版ではメモリ破損やヒープオーバーフローなどの深刻な脆弱性に対処した。(2012/2/15)

10個のツールで学ぶ、備える!情報セキュリティの脅威と対策:
バージョンチェッカで脆弱性を狙った攻撃に対処する
情報セキュリティ対策に活用できるIPAの10個のツールやコンテンツを紹介します。今回はコンピュータのセキュリティ設定やインストールされているアプリケーションのバージョンをチェックしてくれるツールです。(2011/11/21)

セキュリティ企業、サンドボックスの脆弱性情報をめぐりAppleの対応を批判
セキュリティ企業がAppleのサンドボックスに関する脆弱性を発見したと報告したが、その対応をめぐり、Appleを批判している。(2011/11/16)

Adobe、Shockwave Playerの深刻な脆弱性に対処
Shockwave Player 11.6.1.629までのバージョンにメモリ破損の脆弱性が複数ある。Windows版、Mac版とも影響を受けるという。(2011/11/9)

セキュリティパッチの長期放置が要因
狙われるAdobe製品とJavaの脆弱性
JavaおよびFlash PlayerとShockwave Playerは広く普及していながら長期間パッチを当てないまま放置されていることが多く、攻撃が増える原因となっている。(2011/8/24)

Adobe製品の更新版一挙公開、Flash Playerなどの深刻な脆弱性に対処
Flash Player、Flash Media Server、Shockwave Player、Photoshop CS5、RoboHelpの脆弱性に対処するセキュリティアップデートが公開された。(2011/8/10)

謎の技術:
ほむらの時間操作能力がなんとなく体感できる動画
ニコニコ動画に、「魔法少女まどか☆マギカ」に登場する暁美ほむらの能力を再現した(?)動画が投稿されている。ほむら・ザ・ワールドの正体とは?(2011/7/6)

AdobeがReaderとAcrobatの定例パッチ公開、Flash Playerなどの脆弱性にも対処
Reader、Acrobat、Flash Playerのほか、ColdFusion、LiveCycle Data Servicesなどのセキュリティアップデートが一挙公開された。(2011/6/15)

FlashとReader、Acrobatに未修正の脆弱性、Shockwave Playerは更新版公開
Flash PlayerとReader/Acrobatに深刻な脆弱性が存在する。Adobeは問題修正のための更新版を11月に公開する見通しだ。(2010/10/29)

Adobe Shockwave Playerに深刻な脆弱性 修正パッチは未定
Windows版とMac版のShockwave Playerに未修正の深刻な脆弱性が確認された。(2010/10/22)

Adobe、Shockwave Playerの深刻な脆弱性を修正
最新版の「Shockwave Player 11.5.8.612」では全部で20件の脆弱性を修正した。(2010/8/26)

Adobe、Shockwave PlayerとColdFusionの脆弱性を修正
Shockwave Playerには深刻な脆弱性が多数あり、悪質なコードの実行に悪用される恐れがある。(2010/5/12)

D89 デザインTips - デザインのハウツーテクニック集(9):
Flashとは
(2010/2/16)

Adobe Shockwave Playerの更新版リリース、深刻な脆弱性に対処
Shockwave Player 11.5.2.602までのバージョンに脆弱性があり、WindowsとMacが影響を受ける。(2010/1/21)

偽のMS通知でマルウェアに多重感染、欧米で被害拡大
Microsoftのセキュリティ情報をかたる偽メールで複数のマルウェアに感染してしまう被害が、1月から欧米で拡大しているとBitDefenderが警告した。(2010/1/20)

Shockwave Playerに深刻な脆弱性、Adobeが対処
AdobeはShockwave Playerのアップデートを公開し、4件の脆弱性に対処した。(2009/11/4)

Mozilla、Firefoxプラグインのチェックページを公開
プラグインが最新バージョンなら「Up to Date」という緑色のボタン、更新が必要な場合は「Update」という黄色のボタンが表示される。(2009/10/15)

Cisco製品にもMSのATLに起因する脆弱性、アップデートで対処へ
Microsoftの開発ツールに起因する脆弱性の影響がさらに拡大し、「Cisco Unity」が影響を受けることが分かった。(2009/7/30)

Adobeがアドバイザリーを公開:
MSのATLの脆弱性はFlashとShockwaveにも影響
Flash PlayerとShockwave Playerは、脆弱性のあるMicrosoftのVisual Studioを利用して開発されていたことが分かった。(2009/7/29)

Shockwave Playerに深刻な脆弱性
脆弱性を解決するためには、まず旧バージョンをアンインストールしてから最新版を導入する必要がある。(2009/6/25)

インタビュー特集:Google直伝!(6):
Webの3Dグラフィックスが変わる?!GoogleのO3Dとは?
Web上に3DグラフィックスをJavaScriptで簡単に制作できるオープンソースのWeb API「O3D」。O3Dが画期的である理由を聞いた(2009/6/22)

ショックウェーブが解散 9年半の歴史に幕
ゲーム配信サイト「Shockwave」を運営していたショックウェーブエンターテインメントが解散。9年半の歴史に幕を閉じる。(2009/1/28)

Leverage OSS:
ZiproxyでモバイルデバイスにおけるWebページの読み込みを高速化する
モバイル市場では、クライアントへのバイト転送量を少しでも減らそうとするノウハウが日進月歩で積み上がっている。本稿で紹介するZiproxyは、取得したコンテンツを圧縮してクライアントに転送するWebプロキシサーバだ。(2009/1/26)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。