ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「Flash Player」最新記事一覧

質問!Flash→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でFlash関連の質問をチェック

「Java Web Start」などの移行手段を解説
Javaのブラウザプラグインがついに廃止へ、「Javaアプレット」の“終活”は?
Oracleはセキュリティリスクを理由に、JavaのWebブラウザ用プラグインを廃止する。Javaベースのアプリケーションを開発してきた企業は、どう対処すべきなのか。(2016/6/24)

Flash Playerの脆弱性修正、攻撃発生で直ちに更新を
Flash Playerのセキュリティアップデートが公開された。脆弱性を突く攻撃の発生が確認されていることから、直ちに最新版に更新する必要がある。(2016/6/17)

Flash Playerの未解決の脆弱性突く攻撃発生、Adobeがアップデートを予告
早ければ米国時間の6月16日にもこの脆弱性を修正するアップデートを公開する。(2016/6/16)

ネット銀行狙うマルウェア「Ursnif」が流行、銀行など40社の情報を搾取
ネットバンキングの不正送金を狙う「Ursnif」(別名Goziなど)が国内で流行し始め、セキュリティ機関などが一斉に注意を呼び掛けた。(2016/6/15)

Flash Player脆弱性が悪用ツールに相次ぎ実装、攻撃拡大に懸念
修正されたばかりのFlash Playerの脆弱性が、早くもAnglerなどのエクスプロイトキットに実装され、ランサムウェアなどに感染させる目的で使われていることが分かった。(2016/5/24)

Google Chrome、Flashに代わってHTML5をデフォルトに
Flashが必要なWebサイトでは、ユーザーが初めて閲覧した際にFlashの実行を許可するかどうかをユーザーに選択してもらう画面をまず表示する。(2016/5/17)

半径300メートルのIT:
サイバー攻撃の速攻対策は「情報収集」 ……でもどうやって?
攻撃者のスピードは上がる一方で、守る側は今、とても不利な状況にあります。今回は、今すぐ始められる対策について考えます。(2016/5/17)

「エンドポイントセキュリティ」再浮上のなぜ【第2回】
「次世代エンドポイントセキュリティ」は今までのウイルス対策と何が違うのか
巧妙化する攻撃を前に限界を迎えたエンドポイントセキュリティ。その課題を乗り越えるべく登場し始めた「次世代エンドポイントセキュリティ」は、今までとどう違うのか。(2016/5/17)

早急に最新版へのアップデートを:
Flash Playerに脆弱性、JPCERT/CCが注意喚起
JPCERT/CCが、Adobe Flash Playerの脆弱性に関する注意喚起情報を告知。最新版への早急なアップデートが推奨される。(2016/5/16)

Adobe、Flash Playerのアップデート公開 攻撃発生の脆弱性を修正
今回のアップデートでは25件の脆弱性を修正した。うち1件については攻撃の発生が確認されていることから、直ちに対応する必要がある。(2016/5/13)

Flash Playerに脆弱性、悪用攻撃も Adobeがアップデートを予告
Adobeは早ければ米国時間の5月12日にもセキュリティアップデートを公開し、攻撃に悪用されている脆弱性を修正する意向だ。(2016/5/11)

スマホで便利な環境構築手順書:
Adobe Flash PlayerをWindowsにダウンロードしてインストール、アンインストールする
本連載では、さまざまなソフトウェアのインストール、実行するためのセットアップ設定、実行確認、アンインストールの手順を解説する。今回は、Adobe Flash Playerとは何か、Flash Playerのインストールとアンインストールについて。(2016/4/21)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Flash排除に向かうEdgeブラウザの今後
2016年夏に提供予定のWindows 10次期大型アップデート「Anniversary Update」では、Edgeブラウザの機能強化が予告されている。その中から「Flashコンテンツ停止」について見ていこう。(2016/4/16)

Microsoftの月例セキュリティ情報公開――「緊急」6件、「Badlock」脆弱性にも対処
13件のうち6件は深刻度が最も高い「緊急」に分類。残る7件の「重要」指定のセキュリティ情報の中には、「Badlock」と呼ばれる脆弱性に対処する更新プログラムが含まれる。(2016/4/13)

Flash Playerの脆弱性攻撃でLockyウイルスに感染、「直ちに更新して」
最新版で修正された脆弱性を悪用する攻撃ではファイル拡張子を「Locky」に変えるランサムウェア(身代金要求マルウェア)に感染するという。(2016/4/8)

Adobe、Flash Playerの更新版公開 24件の脆弱性を修正
脆弱性を突く限定的な攻撃が確認され、ユーザーに最優先での適用を呼び掛けている。(2016/4/8)

(続報)Flash Playerの脆弱性を突く攻撃発生、Adobeが緊急パッチを準備
バージョン21.0.0.182以降に更新することで、一時的に攻撃を回避できるとしている。(2016/4/6)

Tech Basics/Keyword:
ランサムウェア
最近急速に被害が拡大しているランサムウェア。ユーザーデータを「人質」にとって身代金を要求するその“手口”を解説。(2016/4/5)

専任者がいなくてもできる最低限の対策を考えよう
「中小企業はサイバー攻撃に狙われない」と思い込んでいる上司をどう説得する?
情報セキュリティ対策不足は経営リスクに直結する。しかし、上層部がその重要性を認識していなかったとしたら、中堅・中小企業のIT担当者はどう説得すればよいだろうか?(2016/3/17)

Adobe、Flash Playerの緊急パッチ公開 攻撃も発生
脆弱性を突く「限定的な標的型攻撃」の発生が確認され、特にWindowsとMacでは更新を急ぐよう呼び掛けている。(2016/3/11)

Adobe、AcrobatやReaderの脆弱性を修正 Flash Playerも近日更新へ
Adobe AcrobatとReaderおよびDigital Editionsの深刻な脆弱性が修正された。Flash Playerのセキュリティアップデートは数日中に公開される予定だ。(2016/3/9)

Adobe、AcrobatとReaderの定例セキュリティアップデートを予告
アップデートは米国時間の3月8日に公開され、Acrobat/Readerの深刻な脆弱性に対処する。この日はMicrosoftの月例セキュリティ情報も公開予定。(2016/3/4)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(52):
WindowsとFlash Playerの関係、そして空白の1カ月
Windows 8.1/10のInternet Explorer、およびWindows 10のMicrosoft Edge用の「Adobe Flash Player」はOSに標準搭載されており、Windows Updateを通じて更新されます。あまり知られていませんが、Windows Server 2012以降も同様です。これらの環境では2016年1月〜2月にかけて、不具合の修正バージョンの提供が滞りました。(2016/2/23)

要はエンドポイントにあり:
PR:効果絶大なのに見落とされがちなセキュリティ対策とは?
セキュリティ事故は後を絶たないが、その大半は未知の脆弱性ではなく、既にパッチが提供されている既知の脆弱性を悪用されて発生している。標的型攻撃に備えてあれこれ新たなソリューションを模索するよりも前に、まずエンドポイントの脆弱性管理をしっかり行い、土台を固めることが重要だ。(2016/2/15)

Google、「Chrome 48」の更新版を公開
「Chrome 48.0.2564.109」では6件のセキュリティ問題を修正した。(2016/2/10)

Microsoft、2016年2月のセキュリティ情報を公開――計13件
IEとEdge、Windows、Officeなどに存在する深刻な脆弱性が修正された。(2016/2/10)

Adobe、Flash PlayerやPhotoshopの脆弱性を修正
Flash Playerの更新版では危険度の高い脆弱性が多数修正された。特にWindowsとMacではできるだけ早く更新するよう促している。(2016/2/10)

半径300メートルのIT:
「サイバーセキュリティ月間ですよ!」 ネットユーザーができること
毎年2月から3月18日は「サイバーセキュリティ月間」です。毎年さまざまな試みが行われていますが、その中からインターネットユーザーにぜひ注目してほしい点をご紹介します。(2016/2/9)

偽Flash更新マルウェア、OS X感染を狙う手口が横行
Flashは常に最新版に更新しておくよう呼び掛けが行われているため、ユーザーはだまされてしまいやすいという。(2016/2/5)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(49):
企業クライアントPCのイメージ展開/自動展開、Sysprep+応答ファイルはもう古い?
標準的なWindowsクライアントPCを大量展開する場合は、Sysprepで一般化したマスターイメージを展開するのが効率的です。Windows 10でもSysprepは利用可能ですが、マイクロソフトは「プロビジョニングパッケージ」という新たな展開方法を推していこうとしているようです。(2016/1/22)

山市良のうぃんどうず日記(56):
Windows 8、古いInternet Explorerのサポートが終了した日
2016年1月13日は、いろいろな意味でWindowsの長い歴史の中のメモリアルな1日となりました。この日、Windows 8、古いバージョンのInternet Explorer、.NET Framework 4/4.5/4.5.1のサポートが終了しました。記念にスクリーンショットでも残しておきましょう。(2016/1/18)

Adobe、AcrobatとReaderのアップデートを予告
米国時間の1月12日にはMicrosoftの月例セキュリティ更新プログラムも公開される見通し。(2016/1/12)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2015年12月版:
「vvvウイルス」に「Joomla!」脆弱性、情報が飛び交った12月
あっという間に年も明け、2016年を迎えました。昨年末のセキュリティクラスタを振り返ってみると、「SECCON 2015」開催の一方で、vvvウイルスこと「TeslaCrypt」が話題になり、感染源や対策に関する情報が盛んにやりとりされました。また12月中旬にはオープンソースCMS「Joomla!」の深刻な脆弱性が公表され、その原因をめぐって議論が巻き起こりました。(2016/1/8)

Flash Playerのパッチ適用を急いで 脆弱性突く攻撃発生
12月下旬にパッチが公開された時点で攻撃の発生が確認されていた。(2016/1/5)

若者の”悪意ある投稿”は増加傾向に……2015年度の情報セキュリティに対する意識調査報告書
投稿に負い目を感じない人の割合も増えている。(2015/12/25)

特集:セキュリティリポート裏話(4):
ソフトウエアをアップデートしてから読んでほしい「不正広告」の話
トレンドマイクロが2015年11月19日に公開したリポート「2015年第3四半期セキュリティラウンドアップ」の中で指摘した、不正広告(マルバタイジング)の問題。業界団体では対策の必要性を認識しながらも、「未然の防止は困難」であるのも事実だとしています。(2015/12/22)

Facebook、動画をデフォルトでFlashからHTML5に移行
「Adobe SystemsはFlashの終了日を宣言すべき」と主張するFacebookが、Facebook上のデフォルトの動画プレーヤーをFlashからHTML5に切り替えたと発表した。(2015/12/21)

川口洋のセキュリティ・プライベート・アイズ(57):
Web広告からのマルウエア感染「Malvertising」にどう対処すべきか
セキュリティベンダーの調査結果などから、昨今特に増加している攻撃として注目を集めるようになってきた「Malvertising」。複雑なアドネットワーク経由でWebサイト閲覧者にマルウエアが送り込まれるこの攻撃に対して、各関係者はどのような対策を講じるべきなのか。川口洋氏が独自の調査結果を踏まえながら考察します。(2015/12/21)

Microsoft、ブラウザセキュリティ強化でドライブバイ攻撃も阻止
EdgeやIEに組み込まれている有害サイト対策機能「SmartScreen」で、ユーザーがWebサイトを表示しただけでマルウェアに感染させる「ドライブバイ攻撃」も阻止できるようになった。(2015/12/18)

冬休みの前と中と後で注意したいセキュリティ
2015〜2016年の年末年始休暇は例年より短いが、休暇前後や最中にもセキュリティに気を付けた対応を心掛けたい。(2015/12/18)

Google、「Chrome 47」の脆弱性を修正
「Chrome 47.0.2526.80」ではAdobe Flash Playerを最新バージョンに更新したほか、7件のセキュリティ問題に対処した。(2015/12/9)

Adobe、Flash Playerの更新版公開 78件の脆弱性を修正
特にWindowsとMacでは危険度が高いとされ、Adobeはできるだけ早く最新版に更新して脆弱性を修正するよう呼びかけている。(2015/12/9)

「vvvウイルス」で注目集めたランサムウエアの脅威、対策は?:
「vvvウイルス」の日本への流入は限定的、「アップデート」「バックアップ」といった基本の徹底を
2015年12月5日以降、ランサムウエアの一種である「CrypTesla」(別名:TeslaCrypt)による被害がネット上で話題になった。これを受けてセキュリティベンダー各社が関連する情報を公開し、基本的な対策をあらためて呼び掛けている。(2015/12/9)

ESET最新版が発表、未知の脅威を早期検知する新たな仕組みも
キヤノンITソリューションズがESETの統合セキュリティ製品最新版を発表した。未知の攻撃を早期検知するクラウドサービスの強化などを図った。(2015/12/8)

特集:セキュリティリポート裏話(1):
読んでおきたいセキュリティリポート・調査結果まとめ
自社に今、そしてこれから必要なセキュリティ対策を検討する前に確認したいのが、「敵」の手口です。セキュリティ関連組織やベンダーでは、そうした時に役立つさまざまな観測結果やリポート、調査結果を公開しています。ぜひ一次ソースに当たってみてください。(2015/12/1)

特選プレミアムコンテンツガイド
傷だらけの「Flash」――見直されるジョブズ氏の決断
以前から指摘されてきた「Flash」の危険性。事実上の後継技術と目される「HTML5」が普及の勢いを強め始める中、Flashはこのまま消えゆく運命なのだろうか。(2015/11/27)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(2):
なぜ、「ソフトウエアのアップデート」が必要なの?
社内の業務連絡などで、「ソフトウエアのアップデートを行うように」という通知を受けることがしばしばあるのではないでしょうか。普通のユーザーにとっては手間のようにも感じられる「ソフトウエアのアップデート」は、どうして必要なのでしょう。第2回では、ソフトウエアアップデートの必要性や、修正プログラムの適用時に留意すべき事項について解説します。(2015/11/16)

「データマイニング」が攻撃者、守る側、双方の武器に、マカフィーが予測:
2015年、最大のインパクトを与えた「年金個人情報流出」から得られた教訓とは
インテル セキュリティ(日本での事業会社はマカフィー)は2015年11月13日、第2回「2015年のセキュリティ事件に関する意識調査」の結果を発表するとともに、2016年ならびに今後の5年間増加するであろうサイバー脅威の予測も発表した。(2015/11/16)

2015年注目のセキュリティ事件、トップは年金機構攻撃 専門家の見方は?
社会人の印象に残ったセキュリティ事件では6割以上に認知された日本年金機構へのサイバー攻撃がトップだった。しかし、調査したマカフィーではランキング外の脅威を挙げる。(2015/11/13)

Google Chromeの更新版公開、深刻な脆弱性を修正
最新版となる「Chrome 46.0.2490.86」では複数のセキュリティ問題を修正したほか、Adobe Flash Playerを最新版に更新した。(2015/11/12)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。