ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「セキュリティアップデート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「セキュリティアップデート」に関する情報が集まったページです。

Adobe、AcrobatとReaderの定例外セキュリティアップデートを公開
任意のコード実行に利用される恐れのある深刻な脆弱性を含め、7件の脆弱性を修正した。(2018/9/20)

Adobe、Flash PlayerとColdFusionの脆弱性を修正
AdobeがFlash PlayerとColdFusionのセキュリティアップデートを公開した。(2018/9/12)

Adobe、Acrobat/ReaderやFlashの脆弱性を修正
Acrobat/ReaderとFlash Player、Creative Cloud Desktop Application、Experience Managerのセキュリティアップデートが公開された。(2018/8/15)

Adobeがセキュリティアップデートを予告、今週はMicrosoftの月例も
AcrobatとReaderのセキュリティアップデートは米国時間の8月14日に公開予定。この日はMicrosoftも月例セキュリティ更新プログラムを公開する見通し。(2018/8/13)

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを予告
米国時間の2018年7月10日(日本時間11日)には、Microsoftの月例セキュリティ更新プログラムも公開される見通し。(2018/7/6)

Google、「Chrome 67」安定版のセキュリティアップデートを公開
最新版となるバージョン67.0.3396.79では、外部の研究者から報告された1件のセキュリティ問題を修正した。(2018/6/7)

Apple、MacとSafari、Windows向けiCloudのセキュリティアップデート公開
「macOS High Sierra 10.13.5」では、AMDやIntelグラフィックスドライバなどプロセッサ関連の脆弱性も修正された。(2018/6/4)

Photoshop CCもアップデート:
AcrobatとReaderのアップデート公開、多数の深刻な脆弱性に対処
AcrobatとReaderのセキュリティアップデートでは、計47件の脆弱性を修正した。Photoshop CCについても、重大な脆弱性を修正するアップデートを公開している。(2018/5/15)

Adobe、Flash Playerなどの脆弱性を修正
Flash PlayerとCreative Cloud Desktop Application、及びConnectの脆弱性を修正するセキュリティアップデートが公開された。(2018/5/9)

iOSとmacOS、Safariの更新版リリース WebKitなどの脆弱性を修正
米Appleは、「iOS 11.3.1」「Safari 11.1」および「macOS High Sierra 10.13.4」向けのセキュリティアップデート「2018-001」を公開した。(2018/4/25)

新プログラムでGoogleはIT担当者の信頼を得られるか
Googleが太鼓判を押すビジネス端末「Android Enterprise Recommended」、対象デバイスは?
Googleの新プログラムでは、一定の基準を満たしたデバイスを承認し、Androidの定期的なセキュリティアップデートを提供するとともに、一貫した管理性を実現する。(2018/3/2)

Adobe、AcrobatとReaderの深刻な脆弱性を修正
Adobe Acrobat/Readerのセキュリティアップデートでは、多数の深刻な脆弱性に対処した。(2018/2/14)

「Firefox 57」のセキュリティアップデート公開、深刻な脆弱性に対処
脆弱性を悪用されれば、潜在的に悪用可能なクラッシュにつながる恐れがある。影響を受けるのはWindowsのみで、他のOSは影響を受けないという。(2017/12/11)

Mac向けのセキュリティアップデート公開、管理者ログイン問題に再び対処
「High Sierra 10.13.2」では、11月29日のアップデートで対処したのと同じく、ディレクトリユーティリティの脆弱性が再度修正された。(2017/12/7)

macOSの「root」ログイン問題、10.13.0から10.13.1に更新すると再発の恐れ(要再起動)
macOS 10.13.1で「root」と入力すればパスワードなしでログインできてしまう問題に対処するセキュリティアップデートを10.13.0で実行した後、OSを10.13.1にアップデートすると、問題が再発するとWiredが報じた。再起動すれば解消する。(2017/12/3)

早急に最新アップデートの適用を:
「macOS High Sierra」管理者権限に重大な脆弱性、JPCERTが対策を呼び掛け
macOS High Sierra 10.13.1に、誰でも簡単に管理者権限を乗っ取れてしまうバグが見つかった。JPCERT/CCは、Appleによる最新のセキュリティアップデートの適用を呼び掛けている。(2017/11/30)

Flash PlayerやAcrobat、Readerなどのアップデート一挙公開 深刻な脆弱性に対処
AdobeはFlash PlayerやAcrobat、Reader、Photoshop CCなど多数の製品を対象とするセキュリティアップデートを公開し、多数の脆弱性を修正した。(2017/11/15)

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを予告 11月14日に公開
AcrobatとReaderのセキュリティアップデートは米国時間の11月14日に公開される。この日はMicrosoftの月例セキュリティ情報も公開される見通しだ。(2017/11/10)

「Windows 10 Mobileはサポートだけに」──Microsoftのベルフィオーレ副社長がツイート
Windows Phoneの顔として知られるMicrosoftのジョー・ベルフィオーレ氏が自身のTwitterで「Windows 10 Mobile」について、「バグ修正やセキュリティアップデートなどのサポートは続けるが、新機能や新端末の開発には注力しない」とツイートした。(2017/10/10)

Google、「Chrome 61」のセキュリティアップデート公開
最新版となる「Chrome 61.0.3163.100」では3件のセキュリティ問題に対処した。(2017/9/25)

Adobe、Flash Playerの深刻な脆弱性を修正
Flash Playerに加えて、RoboHelpとColdFusionのセキュリティアップデートもそれぞれ公開した。(2017/9/13)

Adobe、Flashなどのセキュリティアップデート公開
Flashは、できるだけ早く最新バージョンに更新する必要がある。AcrobatとReaderでは計67件の脆弱(ぜいじゃく)性を修正した。(2017/8/9)

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを予告
AcrobatとReaderの脆弱(ぜいじゃく)性を修正するセキュリティアップデートは、米国時間の8月8日に公開予定。この日はMicrosoftも月例セキュリティ更新プログラムを公開する見通し。(2017/8/7)

リモートで悪用可能なWi-Fiチップセットの脆弱性、Black Hatで詳細発表
問題のチップセットは、幅広いAndroid端末やiOS端末に搭載されている。AppleとGoogleはそれぞれ、7月に公開したセキュリティアップデートでこの脆弱性に対処した。(2017/7/24)

米Appleがセキュリティアップデート一挙公開、iOSやmacOSの脆弱性を修正
iOS、macOS、watchOS、Safari、tvOS、およびWindows向けのiCloudとiTunesのセキュリティアップデートが公開された。(2017/7/20)

世界的なWanna Cryptor混乱を教訓に:
iOS安全神話などない──多数のセキュリティアップデートを含む「iOS 10.3.2」公開で私たちが学べること
アップルがiOS、macOSなど全OS対象の広範なセキュリティアップデートをリリース。「Wanna Cryptor」による被害で世界的な混乱を招いている2017年5月現在、アップルユーザーもあらためて得られた教訓を正しく生かし、実践する必要があるとESETが提言した。(2017/5/17)

Adobe、Flash PlayerやAcrobat、Readerなどのアップデートを公開 Flashは優先度「1」
Flash Player、Acrobat、Reader、Campaign、Photoshop、Creative Cloud Desktop Applicationの脆弱(ぜいじゃく)性を修正するセキュリティアップデートが公開された。(2017/4/12)

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを4月11日に公開
Flash Playerなどの更新版が同時に公開される可能性もある。MicrosoftもWindowsの月例セキュリティ情報を米国時間の4月11日に公開する見通し。(2017/4/10)

Apple、iOSやMacなどの深刻な脆弱性を多数修正
iOS 10.3、macOS Sierra 10.12.4、OS X El CapitanとYosemite向けのセキュリティアップデート、Safari 10.1などの更新版が一挙公開された。(2017/3/28)

Android端末の約半数、2016年中に更新されず
Googleの年次報告書によると、2016年末の時点で使われていた端末のうち、同年中にプラットフォームセキュリティアップデートを受け取っていなかった端末は約半数に上った。(2017/3/24)

Shockwave Playerにも更新版:
Flash Playerの深刻な脆弱性を修正、直ちに更新を
AdobeはFlash PlayerとShockwave Playerのセキュリティアップデートを公開し、複数の深刻な脆弱性に対処した。(2017/3/15)

Apple、GarageBandのセキュリティアップデートを公開
脆弱性を悪用すれば、細工を施したGarageBandプロジェクトファイルを開かせることによって、任意のコードを実行できてしまう可能性がある。(2017/2/15)

Google、Androidの月例セキュリティパッチを公開
端末メーカーなどのパートナーには1月3日までに通知し、PixelやNexusなどGoogleの端末向けにはOTA(無線経由)でセキュリティアップデートが配信された。(2017/2/7)

過剰な警告にかえって危機感がマヒ
「またパスワード変更?」、IoTでも“セキュリティ疲れ”が深刻化する理由
モノのインターネット(IoT)が浸透する中、セキュリティ強化を叫ぶ声はますます大きくなっている。しかし、やるべきことが多過ぎてユーザーはかえってセキュリティアップデートに無頓着になっている。(2017/1/30)

Oracleの四半期セキュリティパッチ公開、計270件の脆弱性に対処
Oracle DatabaseやFusion Middleware、Javaなど多数製品でセキュリティアップデートをリリースした。(2017/1/18)

Flash Playerの更新版、直ちに適用を Acrobat/Readerの脆弱性も修正
AdobeはFlash Playerを直ちに最新版に更新するよう呼び掛けている。Acrobat/Readerのセキュリティアップデートも公開された。(2017/1/11)

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを予告
米国時間の1月10日にはMicrosoftがWindowsの月例セキュリティ情報を公開するほか、AdobeがFlash Playerなど他のソフトウェアのアップデートを公開する可能性もある。(2017/1/10)

最優先はモバイルセキュリティ
ユーザー注目の「Surface Phone」は登場する? 2017年のモバイル市場予測
多要素認証の台頭、Appleの「iOS」のセキュリティアップデートなど、2017年のモバイル市場は話題に事欠かないだろう。本稿では4人の専門家が2017年の企業向けモバイルの動向を予測する。(2017/1/4)

Cisco、多数製品のセキュリティアップデート公開 深刻な脆弱性も
Cisco Meeting Serverではクライアント認証を迂回されてしまう恐れがあるという。(2016/10/13)

Adobe、AcrobatやFlash Playerなどの更新版を一挙公開
事前に告知されたAdobe AcrobatとReaderに加え、Flash PlayerとCreative Cloud Desktop Applicationのセキュリティアップデートもリリースした。(2016/10/12)

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを予告
Adobe AcrobatとReaderのセキュリティアップデートが米国時間の10月11日にWindowsとMac向けに公開される。(2016/10/7)

Adobe Flash Playerのアップデート公開、脆弱性多数で早急に更新を
併せてAdobe Digital Editionsと、Adobe AIR SDK & Compilerの脆弱性に対処するセキュリティアップデートもそれぞれ公開された。(2016/9/14)

Flash Playerに深刻な脆弱性が多数、Acrobat/Readerの更新版も公開
Flash PlayerやAcrobat/Readerの深刻な脆弱性を修正するセキュリティアップデートが公開された。(2016/7/13)

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを予告
深刻な脆弱性を修正するアップデートを米国時間の7月12日に公開する。この日はMicrosoftも月例セキュリティ情報を公開する見通し。(2016/7/8)

Flash Playerの脆弱性修正、攻撃発生で直ちに更新を
Flash Playerのセキュリティアップデートが公開された。脆弱性を突く攻撃の発生が確認されていることから、直ちに最新版に更新する必要がある。(2016/6/17)

Apple、iOS 9やOS Xなどのセキュリティアップデートを一挙公開
iOSやOS X、watchOS、Safari、iTunes、tvOSの更新版が公開され、それぞれ深刻な脆弱性が修正された。(2016/5/17)

Flash Playerに脆弱性、悪用攻撃も Adobeがアップデートを予告
Adobeは早ければ米国時間の5月12日にもセキュリティアップデートを公開し、攻撃に悪用されている脆弱性を修正する意向だ。(2016/5/11)

Adobe AcrobatとReader、ColdFusionに脆弱性、アップデートで修正
AcrobatとReaderのセキュリティアップデートでは、Windows版とMac版に存在する100件近い脆弱性が修正された。(2016/5/11)

Adobe、AcrobatとReaderのアップデートを予告
AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを米国時間の5月10日に公開する。(2016/5/6)

「Androidのユーザーを守った」、Googleがセキュリティ状況を報告
Google Playからのみアプリを入手している端末では、潜在的有害アプリが見つかったのは0.15%未満。セキュリティアップデートの対象となるAndroidは全体の70.8%だった。(2016/4/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。