ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「iOS」最新記事一覧

Netflixのモバイルアプリに縦のままトレーラーを見られる「Previews」コーナー
NetflixのiOSアプリに、30秒のトレーラーを端末を縦方向にしたまま全画面で視聴できるコーナー「Previews」を追加した。Androidアプリにも間もなく追加する計画だ。(2018/4/20)

「Microsoft翻訳」アプリ、ニューラル機械翻訳がオフラインでも可能に
Microsoftの機械翻訳アプリ「Microsoft翻訳」のiOS、Amdoid、Amazon Fire向けアプリで、オフラインでもニューラル機械翻訳機能が利用できるようになった。(2018/4/19)

事務所に戻らず現場だけで仕事を完結、ゲンバノートに動画共有の新機能
MateMoJi(メタモジ)は、iOS用高機能デジタルノート「GEMBA Note(ゲンバノート)」の法人向け製品をVer4.0にアップデートし、2018年4月11日に出荷開始した。動画共有やカスタマイズ開発の新機能が追加され、現場だけの作業完結や本社や事務所との情報共有など、業種を問わずに現場が抱えるさまざまな課題を解決する。(2018/4/13)

サンワサプライ、スタンド付きのiOS対応Bluetoothキーボードを発売
サンワサプライは、iOS対応Bluetoothキーボード「SKB-BT28BK」を4月中旬に発売する。スタンドをキーボード裏面に内蔵し、単四乾電池2本を使って約125時間連続作動。端末を3台同時に操作できるマルチペアリングに対応する。(2018/4/12)

「プライバシーは基本的人権」とApple
Appleが「GDPR」級のプライバシー保護機能を全ユーザーに iOS 11.3に搭載
EUの「一般データ保護規則」(GDPR)の施行を前に、Appleは特筆すべき決断をした。GDPRの保護対象者だけでなく、全てのエンドユーザーに、GDPRレベルのプライバシー保護を提供するという決断だ。(2018/4/12)

Instagram、「ストーリー」に「Focus」機能 iPhone Xのような背景ぼかしが可能に
Instagramの「ストーリー」でiPhone 6S以降と一部のAndroid端末で背景ぼかしの写真と動画が撮影できる「Focus」機能が使えるようになった。iOSアプリでは、アカウント名のスタンプも使えるようになった。(2018/4/11)

App Town 仕事効率化:
デジタル拡大鏡アプリ「でか文字スコープ」、ピント合わせや手ブレ補正機能を追加
team-ariesは、iOS用デジタル拡大鏡アプリ「でか文字スコープ」をバージョンアップ。独自開発のアルゴリズムを採用した「らくらくピント合わせ」や、拡大率を上げても画面がぶれにくくなる「手ブレ補正」を追加している。(2018/4/6)

App Storeのアプリ数が3割減った理由
2014年をピークにiOSアプリの数は減少している。その理由とは?(2018/4/5)

「次世代の教員」が知っておくべきこと【第2回】
「動画活用授業」を手軽に実現するWindowsアプリ、iOSアプリはこれだ
撮影や編集に手間が掛かり、難しいといった先入観から、動画活用に二の足を踏む教員は少なくないだろう。いち早く動画活用を進めてきた教員が薦める、手軽に使える動画活用支援アプリケーションを紹介する。(2018/4/5)

iOS11.3でバッテリーの劣化状況が確認可能に 「性能低下問題」への対策も
バッテリーが劣化すると強制的に端末パフォーマンスが下がる件が問題になっていました。(2018/3/31)

あなたのiPhoneは何%? 「バッテリーの状態」が利用可能に
iOS 11.3が配布されたことにより、「バッテリーの状態」(ベータ)が利用できるようになった。(2018/3/30)

ドコモのiPhone 8/8 Plus/X、国内最速の下り最大594Mbpsに
NTTドコモは、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xが下り最大594Mbpsに対応したと発表。iOS 11.3へのアップデートが必要。(2018/3/30)

「iOS 11.3」配信開始 バッテリーの交換推奨、ARKitの拡張など
Appleが「iOS 11.3」を配信開始。iPhoneのバッテリーの状態を確認できるようになり、必要に応じて交換を推奨する。「ARKit」は1.5にバージョンアップし、壁やドアなど垂直な面も認識可能になる。(2018/3/30)

Amazon Musicが「Alexa」対応 話し掛けるだけで音楽再生可能に
アマゾンジャパンは3月30日、「Amazon Music」アプリ(iOS/Android)で音声アシスタント「Alexa」が利用可能になったと発表した。スマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズと同じように、音声操作で音楽の検索や再生が行えるという。(2018/3/30)

「QRコード問題」は解消されず?:
「iOS 11.3」のセキュリティ情報公開、カーネルやWebKitの深刻な脆弱性に対処
Appleのセキュリティ情報によると、iOS 11.3では計43件の脆弱性を修正した。(2018/3/30)

Apple、iPhoneバッテリー交換警告に対応したiOS 11.3を配布開始 ただし現在は第6世代iPadのみ提供
新しい9.7インチiPadでのみ提供されているiOS 11.2.5は、iPhoneユーザー待望のものだ。(2018/3/29)

「iWork」も「Apple Pencil」対応に 「スマートアノテーション」機能も
Appleのオフィススイート「iWork」のiOS版が「Apple Pencil」をサポートした。文書作成アプリ「Pages」にはPencilで入力した編集を履歴として表示できる「スマートアノテーション」機能や電子書籍作成機能が追加された。(2018/3/28)

Microsoft、iPadとAndroidタブレットでブラウザ「Edge」利用可能に
MicrosoftがWebブラウザ「Edge」をiPadとAndroidタブレットに対応させた。iOS/Android版Edgeは昨年11月末にリリースされた。例えばiPadで開いたWebページの続きをWindows PCで見たいときなどに便利だ。(2018/3/27)

iOSカメラのQRコード解析にバグ報告、不正サイトに誘導の恐れも
iOSのカメラでURLを解析する仕組みに問題があり、画面に表示されているURLとは違うWebサイトにジャンプさせることができてしまうという。(2018/3/27)

「Googleアシスタント」で個人間送金が可能に(まずは米国で)
Android/iOS版「Googleアシスタント」で、口頭で「○○さんに10ドル送金」などと頼むことで「Google Pay」で送金できるようになった。まずは米国でスタートした。将来的には「Google Home」でも可能になる見込み。(2018/3/23)

Siriの通知読み上げ問題、Appleが対応を表明
米Appleは問題を確認し、iOSの今後のアップデートで対応すると表明した。(2018/3/23)

特選プレミアムコンテンツガイド
だからiPhoneが好き IT担当者がほれ込む「ゼロタッチ」と「iOS 11」
モバイルデバイスの業務利用が一般的になってきた。iPhoneを好むデバイス管理者は少なくないが、どんな視点で評価しているのか。「この機能を捨ててまで他に移りたくない」とまで言わせるiPhoneの機能とは何だろうか。(2018/3/23)

App Town 写真/ビデオ:
数タップで鮮やかな写真に補正 iOSアプリ「Refine」
ヴェアリーは、数タップで写真を明るくできる無料のiOSアプリ「Refine - 写真をより色彩やかに」をリリース。暗い写真などを選択して「あざやか」モードや「料理」モードを適用するだけで、より鮮やかな写真に改善することができる。(2018/3/22)

スマホ向け「ATOK」が40%オフに 3月21日から31日まで
ジャストシステムは、日本語入力システム「ATOK for iOS」「ATOK for Android」を特別価格で提供する「新生活応援40%OFFセール」を開催。期間は3月21日から3月31日まで。(2018/3/20)

AmazonのAlexa、返事の代わりにチャイムを鳴らす「Brief Mode」
AmazonのAIアシスタント「Alexa」が、例えば「Alexa、照明をつけて」と命令すると「Okay、照明をつけます」と返事する代わりに短いチャイムを鳴らして実行する「Brief Mode」が使えるようになったと、複数の米iOSアプリユーザーが報告した。(2018/3/19)

「Google Assistant」がAppleのiPadもサポート
Googleが、昨年公開したiOS版「Googleアシスタント」をiPadにも対応させた。マルチタスクでの調べ物に便利だ。(2018/3/14)

Googleマップにマリオカート 「MAR10」デーから1週間
Googleが3月10日のマリオデー(MAR10=MARIO)を祝してAndroidおよびiOS版Googleマップにマリオカートを登場させる。(2018/3/10)

進行方向や曲がり角をARで表示:
ARで実際の風景にナビ情報を表示――Yahoo! MAPのiOS版に試験導入
ヤフーは、スマートフォン向けの地図情報サービス「Yahoo! MAP」のiOS版に、AR(拡張現実)を活用したナビゲーション機能「ARモード」を試験導入した。カメラで撮影している実際の風景に、ルートや曲がり角を示す「看板」などを重ねて表示する。(2018/3/7)

App Town ユーティリティ:
ビジネス文書作成に特化 iOS向け音声入力アプリ「AmiVoice SBx」
アドバンスト・メディアは、3月6日にiOS向け音声入力キーボードアプリ「AmiVoice SBx」をリリースした。アプリを問わずマイクに向かって話すだけでビジネス文書を作成でき、文字変換を指定する単語登録機能や定型文登録などのカスタマイズ機能も備えている。(2018/3/6)

リンクス、iPhone Xにも対応したiOS専用の通話録音デバイス「Call Recorder X」発売
リンクスインターナショナルは、iOS専用の通話録音デバイス「Call Recorder X」を発売。音声通話や各種アプリでの会話を録音可能で、音声ファイルのテキスト変換機能も備えている。(2018/3/6)

iOS版Googleアプリ、「メッセージ」内での検索ボタンや「Safari」連携などの新機能
iOS版Googleアプリに3つの新機能が追加された。「メッセージ」内でレストランやGIFを検索して結果を投稿できる。Safariでも「共有」で関連記事を表示でき、iPadではドラッグ&ドロップで検索結果をメールなどにペーストできる。(2018/3/6)

Mobile World Congress 2018:
Google、iOS/Androidアプリ開発向けオープンソースSDK「Flutter」をβ公開
Googleが、iOSおよびAndroidアプリを同時に開発できるオープンソースのSDK「Flutter」のベータ版を公開した。Android Studioだけでなく、Visual Studio Code、Swift、IntelliJ IDEAをサポート。高速に、高品質なモバイルアプリを開発できるとしている。(2018/2/28)

iOS/Androidアプリ「周波数帳2018」リリース 新たにARモードを搭載
ハンズエイドは、2月27日に「周波数帳2017」のiOS/Android版を同時配信。現在地をもとに大まかな位置情報に向けて矢印や周波数情報をカメラに表示する「ARモード」を新たに搭載した。(2018/2/27)

「Amazonショッピング」アプリのAndroid版にもAR機能 Googleの「ARCore」採用で
Amazonが、米国で提供しているiOS版「Amazonショッピング」の「ARKit」採用機能「AR View」を、Android版にも「ARCore」採用で追加した。(2018/2/27)

Mostly Harmless:
ネイティブアプリの時代が終わる? Appleが「PWA」対応を決めたわけ
AppleがiOS/macOSのPWA対応に動き出し、Google、Microsoft、Appleの足並みがそろったことで、今後PWAが標準技術になっていくことがほぼ確実となった。ただ、Appleのこれまでの収益モデルはPWAによって変化を余儀なくされる。Appleの戦略転換の狙いとは?(2018/2/26)

ポッドキャストを録音・編集・配信できるiOS/Androidアプリ「Anchor 3.0」登場
iPhoneやAndroid端末でポッドキャストを録音・編集・配信できるアプリ「Anchor 3.0」が無料で公開された。グループでの録音や音楽の追加もサポートする。完成したポッドキャストはAppleやGoogle、Spotifyのサービスで公開できる。(2018/2/23)

AIで訪日観光客の悩みを解決 JTB、マイクロソフト、ナビタイムらが観光アプリを提供
JTB、ナビタイムジャパン、日本マイクロソフトが訪日外国人旅行者向けスマートフォンアプリ「JAPAN Trip Navigator」(iOS、無料)の提供を開始した。観光情報を提供する他、AIを活用したチャットbotでユーザーをサポートする機能も備える。(2018/2/22)

次世代標準仕様「FHIR」は何を変えるか
「iOS 11.3」が病院の患者情報と直結、iPhoneとモバイルヘルスの未来予想図
「iOS 11.3」に搭載する機能の1つとして、Appleはヘルスケアアプリを刷新する予定だ。これによって米国のiPhoneユーザーは自分の健康記録にアクセスできるようになる。他の企業もこの流れに追随する可能性がある。(2018/2/22)

マストドンつまみ食い日記:
iOSとMacがテルグ語バグに対応 安心してマストドン探索可能に
インド映画「バーフバリ」で使われたことでも知られるテルグ語が安心して表示できるようになった。(2018/2/20)

バナー広告、フルスクリーン動画広告を活用可能:
アイモバイル、モバイルアプリ向けリエンゲージメント広告の提供を開始
アイモバイルは、運用型アドネットワーク「i-mobile Ad Network」と動画アドネットワーク「maio」において、iOSおよびAndroid用アプリ向けにリエンゲージメント広告の提供を開始した。(2018/2/20)

「iOS 11.2.6」配信 特定の文字でアプリがクラッシュする不具合を修正
Appleが「iOS 11.2.6」を配信。特定の文字を使用するとアプリがクラッシュする問題を修正する。インドのテルグ語が対象。(2018/2/20)

Googleのインド専用モバイル決済アプリ「Tez」、各種料金支払いサポート
Googleがインドで提供しているAndroid/iOS決済アプリ「Tez」が公共料金を含む80以上のサービスへの支払いをサポートした。月払いの場合、プッシュ通知にコードなどを入力するだけで支払いできる。(2018/2/20)

「iOS 11.2.6」リリース 特定の文字でクラッシュする問題を修正
テグル語の特定の文字を受信するとクラッシュバグが報告されていました。(2018/2/20)

指なぞり入力の「Swype」、NuanceがiOS/Androidともに提供終了へ
Nuanceが2011年に買収した指なぞり入力モバイルキーボードの「Swype」の提供を終了する。企業向け音声認識・音声入力サービスに集中するためとしている。(2018/2/20)

インド文字でクラッシュする問題を修正 iOSのアップデート公開
Appleが「iOS 11.2.6」「macOS High Sierra 10.13.3追加アップデート」を公開。特定の文字列を使用するとアプリがクラッシュする問題を修正した。(2018/2/20)

Twitter「ブックマーク機能」iOSでもテスト
Twitterのスマートフォンアプリで、「ブックマーク機能」のテストが始まっている。後で参照したいツイートをメモしておける機能だ。(2018/2/19)

Android版Googleアプリにスクリーンショット編集・共有機能追加へ
Android版Googleアプリでスクリーンショットを撮ると、画像を編集できるようになる。iOS 11の編集機能のようなテキスト入力はできないが、トリミングと手描き入力が可能だ。(2018/2/19)

Facebook MessengerやGmailでも:
インドの文字でiOSがクラッシュ、メッセージアプリが使用不能に
インドで使われているテルグ語の特定の文字を受信するとiOSがクラッシュして、メッセージアプリが使えなくなるという不具合が報告された。(2018/2/16)

XboxのiOS/Androidアプリで「パーティーチャット」が可能に
これまでXbox端末からしかできなかったXbox Liveの「パーティーチャット」に、iOSおよびAndroidアプリからも参加できるようになった。(2018/2/15)

iOSのソースコード、一部がGitHubに流出
iOSが起動する際の認証を担う「iBoot」のソースコードがGitHubに掲載されていた。(2018/2/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。