ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソムリエ」最新記事一覧

天野くん、大変だよ! キャイ〜ンとDEENがまさかの新ユニット「KYADEEN(キャディ〜ン)」結成!
ラジオ番組での口約束から結成が実現。(2016/9/27)

洗車に関する専門資格誕生! 「洗車ソムリエ」による洗車は汚れを落とすだけではない?
普通の洗車と「洗車ソムリエ」の洗車は何が違うのかを聞きました。(2016/9/4)

人工知能が「利き酒師」に 次は「AIソムリエ」 伊勢丹で8月末から
人工知能がユーザーの好みを分析し、味覚に合う日本酒を提案してくれるサービスが、伊勢丹新宿本店に8月末から登場。9月中旬にはワインを薦める人工知能も展開予定だ。(2016/8/18)

ワイン選びは“人工知能ソムリエ”におまかせ 味覚に合う1本を提案 今夏実用化へ
ワインの好みを人工知能が学習し、ユーザーの味覚に合ったワインを提案してくれるサービスを、カラフル・ボードが開発。8〜9月に実用化を目指す。(2016/6/29)

デュワ!? ウルトラマンシリーズから「ジャミラの白ワイン」「メフィラス星人の赤ワイン」が登場
科学特捜隊パリ本部全面協力とのこと。(2016/6/18)

星6つ! サッポロビール「ボンヌサンテ糖質ゼロ 白」をレビュー!
今回選んだのはサッポロビールの「ボンヌサンテ糖質ゼロ 白」(626円/税込、店頭価格)だ。(2016/4/22)

写真展:
山岸 伸 写真展「瞬間の顔Vol.8」
(2016/4/8)

コンビニ探偵! 調査報告書:
ご一緒に“最高”はいかが? ボジョレー・ヌーボー販売の舞台裏
11月の第3木曜日は、ボジョレー・ヌーボーの解禁日だ。解禁日の深夜0時にはカウントダウンイベントがテレビ番組で生中継されるほどの恒例イベントになっている。今回は、ボジョレーを扱うコンビニの現場について調査した。(2015/11/14)

山浦恒央の“くみこみ”な話(79):
統計の食わず嫌いを直そう(その7)、「鎌倉時代の平均ワイン消費量」と「平均値の検定」
「効果がある」と言うためには比較が必要です。新旧開発プロセスの生産性や品質の平均値を比べるためには、「平均値の差の検定」が必要となります。(2015/10/29)

胸元に大事なアレが描かれていない時に! 自分好みのTKBを男性キャラ絵にサッと貼れる「TKBマスキングシール」が発売
ありがてぇ(真顔)。(2015/10/28)

IBM「Watson」が、あなただけの“ソムリエ”になる
医療や金融など、さまざまなビジネス分野で活躍しているIBMの認知型テクノロジー「Watson」。APIを公開することで、今後は多くの人にWatsonを使ったアプリを開発してもらう狙いがある。IBMがその先に見ているのは、ビジネスに「コグニティブ」が適用されるのが“当たり前”となる世界のようだ。(2015/10/28)

やだ、私のジョブかっこよすぎ……!? 月収まとめサイト「給料BANK」に登場する職業イメージがどこのRPG世界ですか
企業戦士たちよ、己に誇りを。(2015/10/12)

ワインを科学しちゃう? 今秋に国立科学博物館で「ワイン展―ぶどうから生まれた奇跡―」を初開催
科博でワイン? 酔っちゃうのかい?(精神的な意味で)(2015/6/17)

ウォーターダイレクトの天然水がモンドセレクション金賞受賞
天然水の宅配サービスを提供するウォーターダイレクトの水が、モンドセレクション金賞とiTQiの優秀味覚賞を獲得しました。(2015/6/12)

「サクッふわ姫ハモ天丼」など、全国からうまい魚が大集合! 東京タワーで「日本魚祭り」4月8日より開催
お魚好きは集合!(2015/4/8)

ドン・キホーテがオリジナルタブレット「カンタンPad」発売 お値段爆安の5980円
ドンキがタブレット作ったよ!(2014/10/31)

「やめといたら?」と言われたが、出してみると大反響 DeNAの“オタク情報”専門アプリ「ハッカドール」が目指す未来
「やめといたら?」。DeNAのオタク情報専門ニュースアプリ「ハッカドール」は、社内で何度も止められたという。「面白いコンテンツよ、もっと届け!」――アプリには、企画者のそんな思いが込められている。(2014/10/10)

視点:
不確実な将来に打ち勝つ戦略マネジメント〜グローバル企業へ脱皮するための要諦〜
市場の異なるニーズに応えることも重要だが、開発には不確実性が伴う。不確実性を乗り越えたうえで市場が求める製品を提供するためには、何が必要か。(2014/6/23)

日本酒117種類、ワンコインで“利き酒” 新潟にある「日本酒ゲーセン」が想像以上のワンダーランドだった
日本酒の利き酒がゲームセンター感覚で楽しめる? ネットで話題になっていた、「日本酒ゲーセン」こと「ていすてぃんぐGALLERY 越の室」へ行ってきた。(2014/4/7)

3匹が聴く!:
そろそろ1クラス上のイヤフォンはいかが?――バイヤーズガイド2014年“春”(実売1万円〜2万円編)
3人のレビュアーが横並び試聴を行うバイヤーズガイドの第3回は、実売価格で1万円から2万円のクラス。また満点が出たようです。野村氏のアドバイスはエージングについて。(2014/3/10)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第15回:
アキバ系ラブコメという矛盾 マンガ「デンキ街の本屋さん」の“もげそうでもげない”秀逸さ
アキバの本屋さんを舞台に一癖も二癖もあるラブコメが展開。本屋さんの裏側ものぞけて楽しい一冊です。(2014/2/21)

「売らない」から売れる!・最終回:
商品に込めたメッセージが「買う理由」になる
作り手がメッセージを込めた商品も、お客さんの手に渡れば時に1人歩きを始めます。「メッセージを込める」を別の言葉で言えば、「商品にストーリーがある」ということ。そのストーリーがお客さんにとっての「買うきっかけ」「買う理由」になるのでしょう。(2014/2/18)

「売らない」から売れる!:
ボクシングの試合で投げ入れられるタオルの意味
「世界で一番愛されないタオル」――。ボクシングや格闘技の試合でセコンドが白いタオルを投げ入れることは、試合放棄の表明を意味します。では、そのタオルをセコンドがどんな気持ちで投げ入れているかご存じですか?(2014/2/3)

「売らない」から売れる!:
仕事を楽しくするコツは“五感軸”で生きること
多くの人は「時間軸」で生きていると思います。しかし経営者になって、オンとオフという概念がなくなりました。軸があるとすれば、“五感”という軸です。(2014/1/28)

飛躍:
ASEAN市場攻略の要諦
ASEAN市場は日本企業にとって重要な市場であるが、世界が注目しており、ASEAN各国も一筋縄ではいかない。攻略の要諦は?(2014/1/27)

「売らない」から売れる!:
商品名に「意味」があると、自動的に売れていく
通販サイト「タオルはまかせたろ.com」では、「お客さんは神様ではなく、王様」だと考えています。お客さんの声に耳を傾ければ、商品開発につながるアイデアをいただくこともあるのです。(2014/1/21)

「売らない」から売れる!:
「学びっぱなし」にせずに、行動に移す大切さ
タオル専門の通販サイトに載せている「タオルってどこででも売っているじゃないか?」というフレーズ。これはもともと、あるTシャツ販売サイトの管理人から聞いたことをヒントに得ています。(2014/1/14)

「売らない」から売れる!:
感動の共有が仕事を「任せてもらえる」信頼につながる
ECサイトを運営していて一番うれしいのは「売れる」以上に、「任せてもらえた」とき。任せてもらえるのは、お金に換えられない「信用」「信頼」があるからだと思っています。(2014/1/8)

「売らない」から売れる!:
ネットショップでまず伝えるべきは、安心・安全
ECサイトを運営する人であれば自分たちのサイトが「安全で、安心」ということを伝えなければなりません。安全かつ安心な場だと信用してもらえてこそ、少しくらい値段が高かったとしても「またここで買いたい」と思ってもらえるのです。(2013/12/24)

「売らない」から売れる!:
インターネットはモノを売る場所ではない!?
タオルソムリエの私はお客さんに合ったタオルを選んで提供するのが自分の仕事だということを、ずっと心にとどめています。「知ってもらう」ことが、実は1番の「売れる」近道になるのです。(2013/12/16)

「売らない」から売れる!:
ネット通販で「肌ざわり」をいかに伝えるか
リアル店舗を持たないネットショップが、商品の良さを伝えるにはどうしたらよいか? お客さんが潜在的に望んでいることに応えるためには?(2013/12/9)

「売らない」から売れる!:
年商1億2000万円、“タオルソムリエ”はどうやって「売れる!」を勝ち取った?
どの商売にも通じる「売ろうとしなくとも、売れる」法則がある!? 誰がどう見ても儲かるとは思えなかったタオルの通販サイトが右肩上がりに成長するまでのサクセスストーリーを公開。(2013/12/3)

窪田順生の時事日想:
巷で話題の「二日酔い止めサプリ」が発売2年後にブレイクした理由
 酒の弱い者たちの間で、あるクチコミが広がっているのをご存じだろうか。ファミリーマートで売っているサプリメントを飲む前に服用すると、ぜんぜん悪酔いしないらしい。そのサプリ名は「SUPALIV」(スパリブ)だ。(2013/11/19)

CEATEC 2013:
ワインとデンソーの味わい深い関係
世界有数の電装部品メーカーであるデンソーとワインの間には意外な関係があった。(2013/9/30)

インスタントコーヒーの技術革新:
ネスカフェ、「インスタントコーヒー」終了!? すべて「挽き豆包みコーヒー」に
1960年に登場したインスタントコーヒー「ネスカフェ」。コーヒーの粉末内にコーヒー豆の粒子を含む新製法に全面移行することで、お手軽さを維持したまま、淹れたての香りと味わいが実現できるようになったという。(2013/8/28)

“音のソムリエ”に聞くフィリップスの音作り、そして新イヤフォン「S2」
フィリップスには、「ゴールデンイヤー」と呼ばれるサウンドエンジニア認定制度があり、同社のオーディオ製品開発に深く関わっている。同社の製品開発と新製品のイヤフォンについて詳しく聞いた。(2013/5/9)

山浦恒央の“くみこみ”な話(53):
ソムリエとプログラマーの共通点とは?
今回は「第14回 A.S.I.世界最優秀ソムリエコンクール 東京大会」を観覧して感じたソムリエの世界と、ソフトウェア開発の世界の“共通点”について紹介したい。(2013/4/18)

UXClip(23):
さまざまなデバイスがWebと結び付いていく
テレビやカーナビ、家電とWebが連携していく「Web of Things」。NHKなど、最前線の取り組みが語られたカンファレンスをレポートする(2013/3/15)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/3/5)

【連載】高広伯彦が聞くソーシャルメディアとマーケティングの今後:
第5回 専門雑誌かFacebookか、ワインファンにリーチできるプロモーションの模索――リーデル・ジャパン
250年以上の歴史を誇るワイングラスの名門ブランド「RIEDEL(リーデル)」。ワインファンの心をつかむコミュニケーションの秘訣について、スケダチの高広伯彦氏がRSN JAPAN マーケティング部 デジタルマーケティング プロジェクトリーダー 西村敏雄氏に聞く。(2013/3/11)

KDPで電子書籍の稲穂は実ったか
AmazonのKindle ダイレクト・パブリッシングが登場したことで、個人出版が改めて注目されている。早くから電子書籍に並々ならぬ関心を寄せ、いち早く著作を販売して話題となった漫画家の鈴木みそさんに話を聞いた。描き下ろしイラストにも注目。(2013/2/18)

ハンバーガーに梨のフライだと!? カモンパーク新湊で「きららか梨バーガー」期間限定発売
期間は4月末まで、1日30個限定。(2013/2/7)

松浦尚子のワイン&コミュニケーション:
日本が誇る今をトキメク2つ星フレンチレストランで楽しむワインと料理
細やかな配慮と料理に対しても突き詰めて向かう姿勢が注目される理由。(2013/1/25)

IP Meeting レポート:
インターネットは「ワイン」であり、日本は「クレイジーな国」だった
 11月19〜22日にかけて開催されたイベント「Internet Week 2012」の中のテーマセッション「IP Meeting 2012〜人のチカラ、インターネットのチカラ〜」から、特に印象に残ったトピックを抜粋する。(2012/11/30)

松浦尚子のワイン&コミュニケーション:
パリからTGVで小一時間、優美なワイン産地ロワール地方へ
大河ロワールが育む美しい自然、歴史的遺産。飲みやすく彩り豊かなロワールワインは見逃せない。(2012/11/2)

番組を見て最新スマホが当たるチャンス――「ドコモ2012冬モデル 最深スマホレビュー」
NTTドコモが10月20日と21日に開催する限定イベント「ドコモ2012冬モデル 最深スマホレビュー」を、ニコニコ生放送とUSTREAMで生放送する。番組を見てツイートすると、最新スマホが当たるプレゼントも行う。(2012/10/19)

甚さんの「バンバン板金設計でキャリアアップ」(5):
断面探索スキャン&絵辞書でしっかり板金設計!
今回は、コスト見積もりを復習してから、断面探索スキャンと絵辞書を駆使した板金設計をしよう。(2012/10/12)

世界一周サムライバックパッカープロジェクト:
天職は思いこむことから始まる――ロンドンで活躍する女性日本酒ソムリエの素顔
日本酒の普及拡大を職務とする日本酒ソムリエ。日本から遠く離れたロンドンで、日本酒を広める菊谷なつきさんにお話をうかがいました。(2012/10/2)

モンドセレクションだけじゃない! シェフとソムリエが贈る食品・飲料品アワードとは?
食品の世界的な品評会として、よく知られているモンドセレクション。一方、審査の厳格性からシェフとソムリエが贈る食品・飲料品アワードという品評会も、近年注目を集めているようだ。(2012/9/20)

スマートデバイスのビジネス活用を考える(5):
スマートデバイス活用の新たな流れ“BYOD”とは
企業が社用端末を配布するのではなく、社員が私用で使っている端末を業務に利用する――。こんなスマートデバイスの導入手法が注目を集めている。この手法にはどんなメリットがあり、どんな課題があるのか。(2012/9/24)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。