ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「REGZA Phone T004」最新記事一覧

KDDI、auケータイ38機種をアップデート――電子証明書の脆弱性を修正
KDDIは、auケータイ38機種のケータイアップデートを発表した。ネット接続時に参照される電子証明書の脆弱性を修正し、新しいセキュリティ認証に対応させる。(2012/5/24)

KDDI、auケータイ73機種のアップデートを実施
5月12日から順次、auケータイの通話品質を改善させるなどのアップデートが開始される。(2011/5/12)

余震続く――「緊急地震速報」で危険回避を
東北地方太平洋沖地震の発生後、余震が続いている。ケータイ向け「緊急地震速報」も活用して危険を回避してほしい。(2011/3/14)

au「CA006」「S004」「S005」「S006」「T004」「X-RAY」に不具合
KDDIが、auケータイ「CA006」「S004」「S005」「S006」「T004」「X-RAY」の不具合を修正するケータイアップデートの提供を開始した。(2011/2/24)

KDDI、au携帯電話の通話品質を高めるEVRC-Bを導入
従来の1.4倍の音声情報を伝えることでau携帯電話の通話品質を向上させる「EVRC-B」技術が、2月25日から導入される。一部機種はすでに対応済みだが、未対応の機種は3月中旬より順次ケータイアップデートなどが提供される。(2011/2/24)

KDDIデザイニングスタジオで「IS03」「IS06」を無料貸し出し――1月19日から
1月19日から、auケータイの情報発信やイベント開催などを行っているKDDIデザイニングスタジオの端末無料貸し出しのラインアップに、「IS03」と「SIRIUSα IS06」が加わる。(2011/1/11)

写真で解説する「X-RAY」
内部の電子部品が見えるという、今までにないデザインを採用したiida「X-RAY」。その外観を全方位からチェックするとともに、背面の顔ともいえるLEDディスプレイ、内蔵コンテンツ、基本機能をリポートしよう。(2010/10/18)

IS series:
ワンセグ、おサイフ、防水対応――Android 2.1搭載スマートフォン「REGZA Phone IS04」
富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製の「REGZA Phone IS04」は、2011年春に発売される、国内市場のニーズに対応した防水Androidスマートフォンだ。ワンセグや赤外線、おサイフケータイなどに対応している。(2010/10/18)

「S004」と「T004」に不具合――ケータイアップデート開始
auの「BRAVIA Phone S004」と「REGZA Phone T004」に不具合があることが判明。KDDIはケータイアップデートを開始した。(2010/10/14)

Tigersケータイに12.2Mカメラ搭載の防水モデル「TK-T004」が登場
阪神タイガースファン向けの「Tigersケータイ」に、新製品として、12.2Mカメラと新CPUを搭載した東芝製防水ケータイ「TK-T004」が追加された。(2010/9/2)

3キャリア対応で“誰でも楽しめる携帯ARアプリ”――「AR3DPlayer」登場
国内3キャリアの携帯電話で楽しめるARアプリがついに登場した。その名は「AR3DPlayer」。マーカーに端末のカメラをかざすと、カメラ映像に動く3Dコンテンツが滑らかに表示される。開発会社は、アニメや映画、雑誌など、さまざまな商品のプロモーションに活用してもらい、収益を得ようとしている。(2010/8/27)

KDDI、「ガイナーレ鳥取ケータイパック」の提供を開始――12機種で利用可能
鳥取のプロサッカーチーム「ガイナーレ鳥取」のナカチェンパックが8月5日から提供されている。鳥取の地域情報に簡単にアクセスできるほか、ガイナーレ鳥取のオリジナルコンテンツを入手できる。(2010/8/9)

au「BRAVIA Phone S004」「REGZA Phone T004」に不具合
auの「S004」と「T004」の充電機能などに不具合があることが判明。KDDIはアップデートを開始した。(2010/8/5)

auのスマートフォン「IS01」「IS02」、シンプル一括で3万円台半ば
auのスマートフォン「IS series」のIS01とIS02の予価が量販店で案内されていた。2機種とも、シンプルコースの一括価格は3万円台半ばとなっていた。(2010/6/21)

「beskey」「SOLAR PHONE SH007」「SA002」発売――シンプル一括で3万円台後半から
au新機種のミドルクラス端末「beskey」「SA002」が発売された。都内量販店のシンプル一括価格はbeskeyが4万円台前半、SA002が3万円台後半、また「SOLAR PHONE SH007」の予価が4万円台後半と案内されていた。(2010/6/11)

携帯をWi-Fi WIN対応に――au Wi-Fi WINカード、6月11日から順次発売
microSDカードスロットに差し込むと、au携帯電話がWi-Fi対応に――。KDDIが6月11日から順次、au Wi-Fi WINカードを発売する。(2010/6/10)

KCP3.0搭載の「S004」「T004」発売――シンプル一括で5万円台前半と後半
映像機能に注力したauの夏モデル「BRAVIA Phone S004」と「REGZA Phone T004」が発売された。都内量販店のシンプル一括価格は、S004が5万円台前半、T004が5万円台後半と案内されていた。(2010/6/9)

キーが変えられる「beskey」とKCP3.0採用「REGZA Phone T004」、6月4日発売
auの2010年夏モデル「beskey」と「REGZA Phone T004」の販売が6月4日から始まる。発売日が明示されていない地域でも、まもなく販売される予定だ。(2010/6/3)

ふぉーんなハナシ:
auの「KCP3.0」はどれだけ速い?
auの夏モデル2機種では、KCP、KCP+に続く新たなプラットフォームとして、「KCP3.0」が採用されている。1GHzの「snapdragon」を用いたKCP3.0の特長は“動作の高速化”。いったいどれだけ速くなったのだろうか。(2010/5/24)

au夏モデル8機種にドラクエIIIの体験版をプリセット
5月下旬から発売されるauの夏モデル8機種に、「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」(体験版)がプリセットされる。同作は既存のau端末でもプレイできる。(2010/5/19)

写真で解説する「BRAVIA Phone S004」
ソニー・エリクソン製の「BRAVIA Phone S004」は“映像”と“スピード”に注力した防水ケータイ。映像機能では、コマ数を4倍にする補正技術を新たに採用。そしてQualcommのチップセット「snapdragon」の搭載により、操作スピードが大きく向上した。(2010/5/19)

写真で解説する「EXILIMケータイ CA005」
防水という新たな強みを備えながら、EXILIMケータイとして最薄の14.5ミリボディを実現した「EXILIMケータイ CA005」。カメラは有効約1295万画素に高画素化し、高速連写などの特殊撮影機能をさらに充実させた。また、ケータイとしての基本的な使い勝手が向上している点も見逃せない。(2010/5/17)

「スマホ拡大しているが、ケータイも大きな市場」 au夏モデルは全機種防水
「スマートフォン市場は拡大しているが、ケータイも依然、大きな市場」――au夏モデルは全機種防水に対応するなどユーザービリティを高め、ケータイユーザーをつかみたい考えだ。(2010/5/17)

携帯をWi-Fi WIN対応にする「au Wi-Fi WINカード」、6月中旬に発売
KDDIは6月中旬から、au携帯電話のmicroSDカードスロットに挿すことで、携帯電話をWi-Fi WIN対応にする小型無線LANカード「au Wi-Fi WINカード」を発売する。(2010/5/17)

Snapdragon搭載で高速化したREGZAケータイ――「REGZA Phone T004」
東芝が満を持して投入するauの「REGZA Phone T004」は、高性能プロセッサSnapdragonを採用した防水ケータイだ。これまでよりも操作の快適さを大幅に向上させたKCP3.0で、ストレスなく利用できる。(2010/5/17)

全機種防水、キー交換、13Mカメラ、高速「KCP3.0」――au 2010年夏モデル10機種を発表
KDDIが2010年夏モデルを発表した。今回は全10機種とも防水機能を備えているほか、カメラ機能や映像機能に注力したモデルや、キーパッドを交換できる機種、ソーラーパネル搭載機をラインアップ。チップセットに1GHzの「snapdragon」を採用した新プラットフォーム「KCP3.0」を導入したモデルも投入する。(2010/5/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。