ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「au 2010年夏モデル」最新記事一覧

全機種防水、キー交換、13Mカメラ、高速「KCP3.0」――au 2010年夏モデル10機種を発表

KDDIが2010年夏モデルを発表した。今回は全10機種とも防水機能を備えているほか、カメラ機能や映像機能に注力したモデルや、キーパッドを交換できる機種、ソーラーパネル搭載機をラインアップ。チップセットに1GHzの「Snapdragon」を採用した新プラットフォーム「KCP3.0」を導入したモデルも投入する。

STマイクロエレクトロニクス STM8S001:
SO-8パッケージ採用の小型8bitマイコン
STマイクロエレクトロニクスがSTM8S003と同等の機能を省スペースにて実現しながら、コスト面にも配慮した8bitマイコン「STM8S001」を販売開始した。(2017/9/27)

テックウインド、ASUS製のリビング向け超小型ベアボーン「VIVOPC-VM40B-S004M」の取り扱いを開始
テックウインドは、ASUS製となる超小型デザインPC「VivoPC」シリーズのベアボーンモデル「VIVOPC-VM40B-S004M」の取り扱いを発表した。(2013/11/14)

au「CA006」「S004」「S005」「S006」「T004」「X-RAY」に不具合
KDDIが、auケータイ「CA006」「S004」「S005」「S006」「T004」「X-RAY」の不具合を修正するケータイアップデートの提供を開始した。(2011/2/24)

KDDI、「IS01」と「簡単ケータイS PT001」のケータイアップデートを開始
auのスマートフォン「IS01」と、携帯電話「簡単ケータイS PT001」に不具合があることが判明。KDDIはケータイアップデートを開始した。(2010/12/16)

写真で解説する「BRAVIA Phone S005」
11月上旬に発売予定のau新機種「BRAVIA Phone S005」。2010年夏モデルの「BRAVIA Phone S004」からのマイナーチェンジモデルだが、何が変わったのか。写真と動画を交えて説明していく。(2010/10/20)

写真で解説する「Cyber-shotケータイ S006」
2010年夏モデルの「S003」に続き、早くもCyber-shotケータイの最新モデルが2011年初春に登場する。「S006」ではラウンドフォルムにこだわり、カメラ機能はExmor R搭載でさらに画質が向上した。タッチパネル対応も大きなトピックだ。(2010/10/20)

Snapdragon+WIN HIGH SPEEDで動作も通信も高速に――「BRAVIA Phone S005」
BRAVIA Phoneの新モデル「S005」は、下り最大9.2Mbpsの「WIN HIGH SPEED」に対応したモデル。Snapdragonや防水性能、モーションフロー Lite 60コマ、Wi-Fi WINなどをS004から継承している。(2010/10/18)

「S004」と「T004」に不具合――ケータイアップデート開始
auの「BRAVIA Phone S004」と「REGZA Phone T004」に不具合があることが判明。KDDIはケータイアップデートを開始した。(2010/10/14)

携帯販売ランキング(9月6日〜9月12日):
上位3モデルがスマートフォン ケータイ最上位は「beskey」
「iPhone 4」が12週連続で総合首位を獲得した今回の携帯販売ランキング。Android端末「Xperia」も好調で、前回と同様に上位3モデルがスマートフォンという結果になった。(2010/9/17)

Tigersケータイに12.2Mカメラ搭載の防水モデル「TK-T004」が登場
阪神タイガースファン向けの「Tigersケータイ」に、新製品として、12.2Mカメラと新CPUを搭載した東芝製防水ケータイ「TK-T004」が追加された。(2010/9/2)

携帯販売ランキング(8月16日〜8月22日):
降下ぎみの「Xperia」 spモード対応で盛り返すか?
キャリア総合ランキングでは相変わらず「iPhone 4」が上位独占。auの高機能機種「AQUOS SHOT SH008」も3位をキープした。一方、長らく人気だったドコモのAndroid端末「Xperia」は徐々にランクダウン。spモード対応で盛り返すだろうか?(2010/8/27)

「Cyber-shotケータイ S003」に不具合、ケータイアップデート開始
au「Cyber-shotケータイ S003」のEZニュースEXやPCサイトビューアーなどに不具合があることが判明。KDDIはケータイアップデートを開始した。(2010/8/26)

携帯販売ランキング(8月9日〜8月15日):
「iPhone 4」独走に変化なし
キャリア総合ランキングではauの「AQUOS SHOT SH008」が前回に続き3位を獲得。また、「iPhone 4」の独走態勢にも変化はなかった。(2010/8/20)

携帯販売ランキング(8月2日〜8月8日):
auのハイエンドモデルが急上昇 「iPhone 4」に迫る
キャリア総合ランキングでは今回も「iPhone 4」がワンツーフィニッシュ。その一方で、auの夏モデル「AQUOS SHOT SH008」が大幅に順位を上げている。(2010/8/13)

防水対応の通話専用ケータイ「簡単ケータイS PT001」、8月10日に発売
IPX5/IPX7等級の防水性能を備えた「簡単ケータイS PT001」が8月10日から店頭に並ぶ。(2010/8/9)

開発陣に聞く「Cyber-shotケータイ S003」:
防水もカメラもひと味違う――“苦渋の決断”を経て完成した「Cyber-shotケータイ S003」
auでは3世代目のCyber-shotケータイ「S003では、カメラ機能や使い勝手を改善したのはもちろん、防水性能に対応したことが大きなトピックだ。一方で、ソニー・エリクソンの設計魂を覆すかどうか――という選択も迫られた。(2010/8/9)

au「BRAVIA Phone S004」「REGZA Phone T004」に不具合
auの「S004」と「T004」の充電機能などに不具合があることが判明。KDDIはアップデートを開始した。(2010/8/5)

「SA002」に不具合、ケータイアップデート開始
auの京セラ製端末「SA002」に不具合があることが判明。KDDIはケータイアップデートを開始した。(2010/8/3)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
最新12Mカメラの実力は?――au「S003」「SH008」「CA005」を徹底比較
auの2010年夏モデルは、「Cyber-shotケータイ S003」「AQUOS SHOT SH008」「EXILIMケータイ CA005」がカメラ機能に注力している。いずれも三者三様のスペック、デザイン、使い勝手となっていて面白い。今回はこれら3機種のカメラ機能をレビューしよう。(2010/7/23)

開発陣に聞く「SA002」「簡単ケータイ K005」:
薄型化はマスト――「SA002」の“世界最薄防水スライド”を実現できたアイテム
スライドで防水、しかも薄くないといけない――。前モデル「SA001」のサイズ感やスタイルを継承しつつ防水に対応し、カメラを始め機能面も充実させた世界最薄の防水スライドケータイ「SA002」は、どのように完成したのか。同時期に発売された「簡単ケータイ K005」の進化点も合わせ、京セラに話を聞いた。(2010/7/8)

「beskey」と「CA005」のEZケータイアレンジに不具合
au夏モデル「beskey」と「CA005」のケータイアレンジに不具合があることが判明。KDDIはケータイアップデートを開始した。(2010/7/7)

開発陣に聞く「BRAVIA Phone S004」:
“60コマワンセグ”はKCP3.0だから実現できた――「BRAVIA Phone S004」の進化点
ソニー・エリクソン製の「BRAVIA Phone S004」は、「BRAVIA Phone U1」に続く、映像機能に注力したモデルだ。一般のケータイでは珍しく、チップセットに「Snapdragon」を採用した理由とは。そして“防水デュアルオープン”のこだわりとは。同社の開発陣に聞いた。(2010/7/5)

PR:最新機能&サービスをサポート、使いやすさにもこだわった「AQUOS SHOT SH008」
CCD 1210万画素カメラに防水性能を備えたハイスペックケータイ「AQUOS SHOT SH008」は、auの主要サービスに対応し、最近のケータイに必須とされる主な機能を備えた端末。このケータイの随所に見られるのが、シャープならではの使いやすさへのこだわりだ。(2010/6/28)

「S004」の通話機能などに不具合――KDDI、ケータイアップデートを開始
auケータイ「BRAVIA Phone S004」の通話機能や通話音声メモなどに不具合があることが判明。KDDIはケータイアップデートを開始した。(2010/6/22)

防水・防塵対応の「簡単ケータイ K005」、6月25日から販売開始
IPX5/IPX7/IP5Xの防水・防塵性能を備えた「簡単ケータイ K005」の販売が6月25日から順次始まる。(2010/6/22)

写真で解説する「AQUOS SHOT SH008」
シャープ製の「SH008」は、高感度な12.1M CCDカメラやタッチパネルを搭載するほか、防水性能やWi-Fi WINにも対応。“ほぼ全部入り”ともいえる、ハイエンドな1台に仕上がっている。(2010/6/17)

KDDI、「SOLAR PHONE SH007」「AQUOS SHOT SH008」を6月16日に発売
Wi-Fi WIN対応の防水ケータイ「AQUOS SHOT SH008」と、発売が延期されていた「SOLAR PHONE SH007」が6月16日から販売される。(2010/6/15)

「beskey」「SOLAR PHONE SH007」「SA002」発売――シンプル一括で3万円台後半から
au新機種のミドルクラス端末「beskey」「SA002」が発売された。都内量販店のシンプル一括価格はbeskeyが4万円台前半、SA002が3万円台後半、また「SOLAR PHONE SH007」の予価が4万円台後半と案内されていた。(2010/6/11)

GIANTSケータイ4機種が新登場、プレミアム席のキャンペーンも実施
読売新聞東京本社とインフォニックスが、GIANTSケータイの新機種「GK-CA005」「GK-SA002」「GK-SH007」「GK-SH004」を6月30日から順次発売する。予約受付は6月10日から。(2010/6/10)

KCP3.0搭載の「S004」「T004」発売――シンプル一括で5万円台前半と後半
映像機能に注力したauの夏モデル「BRAVIA Phone S004」と「REGZA Phone T004」が発売された。都内量販店のシンプル一括価格は、S004が5万円台前半、T004が5万円台後半と案内されていた。(2010/6/9)

防水+高画素カメラの「CA005」「S003」発売――シンプル一括で5万円台後半
auの「EXILIMケータイ CA005」と「Cyber-shotケータイ S003」が発売された。都内量販店ではシンプル一括で5万円台後半、24回払いで月々2000円台半ばと案内されていた。(2010/6/9)

PR:防水対応でより便利に――“全部入り”ハイエンドケータイ「AQUOS SHOT SH008」
IPX5/IPX7相当の防水に対応した「AQUOS SHOT SH008」は、2010年春モデル「SH006」の後継機で、CCD 1210万画素カメラ・タッチパネルディスプレイ・快適にインターネットを楽しめるWi-Fi WINなど、最新機能&サービスにしっかり対応している。(2010/6/16)

写真で見る「beskey」
auの「beskey」は、同梱される3種類のキーパッドから、自分のキーの打ち方に適したキーパッドを選ぶことができる防水ケータイ。デコレーション絵文字を簡単に呼び出す機能や宛先の複数選択など、メールを作成しやすくするための多彩な機能を搭載している。(2010/6/7)

Tigersケータイ新機種「TK-CA005」「TK-SH007」「TK-SA002」が登場
auケータイをベースにした「Tigersケータイ」の新機種が登場。6月4日から順次発売される。(2010/6/4)

キーが変えられる「beskey」とKCP3.0採用「REGZA Phone T004」、6月4日発売
auの2010年夏モデル「beskey」と「REGZA Phone T004」の販売が6月4日から始まる。発売日が明示されていない地域でも、まもなく販売される予定だ。(2010/6/3)

KDDI、「SOLAR PHONE SH007」の販売を延期
KDDIは、auのソーラー防水ケータイ「SOLAR PHONE SH007」の販売を延期すると発表。原因は電源が入らない不具合と、バッテリーカバーのロックスイッチに欠陥がある端末があったため。(2010/5/27)

「S001」との違いは?:
写真で解説する「Cyber-shotケータイ S003」
Cyber-shotケータイとしてはもちろん、スライド端末としては世界初の防水性能に対応した、ソニー・エリクソンの「Cyber-shotケータイ」。前モデルの「S001」から何が変わったのか。外観とカメラ機能を中心に調べた。また、動作レスポンスについての動画も掲載した。(2010/5/27)

au「CA005」「S003」「S004」「SH007」「SA002」、5月28日から順次発売
auの2010年夏モデルの「EXILIMケータイ CA005」「Cyber-shotケータイ S003」「BRAVIA Phone S004」「SOLAR PHONE SH007」「SA002」の発売日が決定した。(2010/5/26)

写真で見る「SOLAR PHONE SH007」
au向けの2代目ソーラーフォンとして登場する「SOLAR PHONE SH007」。初代モデル「SOLAR PHONE SH002」のコンセプトを継承しつつ、課題を改善した。(2010/5/21)

写真で見る「SA002」
京セラ製の「SA002」は、世界初となる防水+スライド機構のほか、スライド型の防水ケータイとしては世界最薄ボディを実現している。7色から選べるボディカラーも大きな特長だ。(2010/5/20)

写真で解説する「BRAVIA Phone S004」
ソニー・エリクソン製の「BRAVIA Phone S004」は“映像”と“スピード”に注力した防水ケータイ。映像機能では、コマ数を4倍にする補正技術を新たに採用。そしてQualcommのチップセット「snapdragon」の搭載により、操作スピードが大きく向上した。(2010/5/19)

写真で解説する「EXILIMケータイ CA005」
防水という新たな強みを備えながら、EXILIMケータイとして最薄の14.5ミリボディを実現した「EXILIMケータイ CA005」。カメラは有効約1295万画素に高画素化し、高速連写などの特殊撮影機能をさらに充実させた。また、ケータイとしての基本的な使い勝手が向上している点も見逃せない。(2010/5/17)

「スマホ拡大しているが、ケータイも大きな市場」 au夏モデルは全機種防水
「スマートフォン市場は拡大しているが、ケータイも依然、大きな市場」――au夏モデルは全機種防水に対応するなどユーザービリティを高め、ケータイユーザーをつかみたい考えだ。(2010/5/17)

“防水スリム”に本格13Mカメラ搭載のハイスペック機「EXILIMケータイ CA005」
EXILIMケータイとして国内初の防水モデルがauから登場。スリムな回転2軸式ボディに13Mカメラを搭載し、超解像3倍デジタルズームなどEXILIMケータイならではの高度なカメラ機能を用意した。(2010/5/17)

3種類の選べるキーパッドでケータイを“打ちやすく”カスタマイズ――「beskey」
auから登場した「beskey」は、形状の異なる3種類のキーパッドを同梱し、自分のキーの“打ち方”に適したキーパッドを選べるのが最大の特徴だ。(2010/5/17)

コードレス電話のような通話専用ケータイが防水対応に――「簡単ケータイS PT001」
自宅のコードレス電話と同じように使えるauの「簡単ケータイS」に新モデルが登場。使い勝手はそのままに、防水機能を装備した。(2010/5/17)

防水・防塵対応、趣味やレジャーのお供に――「簡単ケータイ K005」
ケータイ初心者やシニア層をターゲットとするauの京セラ製端末「簡単ケータイ」が、防水・防塵機能に対応。汚れても、水で洗い流すことが可能だ。(2010/5/17)

防水デュアルオープンスタイルにSnapdragon採用――「BRAVIA Phone S004」
ソニー・エリクソンが投入するauの「BRAVIA Phone S004」は、映像コンテンツを楽しむのに適したデュアルオープンスタイルと防水ボディをまとった高機能モデル。Snapdragon 1GHzとKCP3.0で快適な操作性を実現する。(2010/5/17)

薄型ボディの防水スライドが登場――「SA002」
SAブランドの京セラ製スライド端末が、防水仕様となって登場。防水機能を備えたスライドケータイは世界初で、厚さも14.8ミリと防水端末としてはかなり薄く仕上げた。(2010/5/17)

地磁気・気圧センサーも搭載 auのソーラーケータイ第2弾「SOLAR PHONE SH007」
「SH007」は、ソーラー充電効率を高めたauの「SOLAR PHONE」第2弾。防水に対応するほか、新たに地磁気センサーや気圧センサー、GPSを使ったアプリケーション「フィールドロケーター」を搭載した。そのほかにも、ケータイをアウトドアで楽しむための各種機能が用意されている。(2010/5/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。