ニュース
» 2010年05月21日 23時46分 UPDATE

写真で見る「SOLAR PHONE SH007」

au向けの2代目ソーラーフォンとして登場する「SOLAR PHONE SH007」。初代モデル「SOLAR PHONE SH002」のコンセプトを継承しつつ、課題を改善した。

[Sho INOUE(K-MAX),ITmedia]

 シャープが2009年の夏モデルから取り組んできたソーラーモジュール付き携帯電話。夏モデルとして登場した「SOLAR PHONE SH007」は、2台目のau向けソーラーフォンだ。ソーラーモジュールは、初代モデル「SOLAR PHONE SH002」と比べて発電効率が約1.5〜2倍向上し、晴天時に太陽光下で10分間充電すると、約2分間の通話と約3時間の待受が可能な電力が充電される。

sa_7sh01.jpgPhoto ボディーカラーは左からスプラッシュブルー、クリーンホワイト、サンセットブラウン。手に取りやすいラウンドフォルムを採用している

sa_7sh03.jpgPhoto 左側面には卓上ホルダ(別売)用の充電用接点、左側面には外部接続端子が配されている。シャープ製の普通の折りたたみ端末に多い、側面に極力ボタンを配置しないデザインとなっている

 従来機(SH002)と比べると、ソーラーモジュールで充電を行う際の光量のしきい値が下がっており、「従来機では充電できない環境でも充電できることがある」と説明員。ただし、あくまで搭載しているパネルは太陽光発電用のものと同じ構造なので、蛍光灯下での充電には向かないという。

sa_7sh05.jpgPhoto 外観的にも目立つソーラーモジュールはSH002と比較して約1.5〜2倍の効率で充電が可能になっている。展示会場では、強い照度の証明を当ててSH002との充電量比較を行っていたが、数値上は2.3倍の発電量を表示していた

sa_7sh07.jpgPhoto ソーラー充電の注意事項をまとめたLISMO BOOK「上手に使おう!ソーラー充電活用術」がプリインストールされる。出荷状態では、待受画面のショートカットにも登録されているので、読んでおくとよいだろう

 SH007はIPX5/IPX7相当の生活防水に対応している。屋外での利用時に急な雨に降られた際も、安心して各種機能を使うことができる。ただし、先に紹介した「上手に使おう!ソーラー充電活用術」でも指摘されているが、あくまでも真水での利用が前提であり、海やプール、温泉での利用は避けるようにしたい。

sa_7sh09.jpgPhoto 防水機能を用意しているとはいえ、万能ではないので、気をつけて使いたいところだ。なお、microSDメモリーカードは、電源を切り、バッテリーを外した上で脱着するようになっている

 SH007は、本体内に温度センサーも兼ねる気圧センサー、加速度センサー、地磁気センサー(電子コンパス)を内蔵している。これらとGPS機能を組み合わせたオリジナルアプリケーションとして、「フィールドロケーター」を搭載。方位計、気圧計、高度計、GPSロガーの機能を統合しているほか、ソーラーモジュールで充電した充電量をポイント化して日本一周する、という遊びの要素も含んでいる。

sa_7sh11.jpgPhoto SH007のオリジナルアプリケーション「フィールドロケーター」のトップ画面。トップ画面下部には、ソーラー発電量を自動車での日本一周旅行という形で確認できる。なお、日本一周を達成すると、何か起こるでもなく、「車の車種が変わって、再び北海道から日本一周の旅に出ることになります」(説明員)

sa_7sh15.jpgPhoto 方位計は、向いている方位に夜見える星座を表示するプラネタリウム風になっている。その日の月齢も表示できる優れものだ。また、地点情報を登録しておくと、その地点までの距離を表示する機能も用意した

Photo GPSロガーは、microSDカードにGPSログとしては一般的なGPX形式でコピーでき、PCで対応ソフトを用意すれば、移動記録をより管理しやすくなる

 そのほか、auの夏モデルにおける共通の特徴であるユーザビリティの改善も行われている。また、搭載の要望が多かったというEZ・FM、FMトランスミッターを搭載するなど、機能面もSH002より充実している。

Photo デコレーションメールの作成インタフェースの改善(写真左)や、赤外線通信中の赤外線端子表示(写真右)など、auの今夏機種共通のユーザビリティ改善にも対応
Photo 本文入力後、EZボタンを押すとその内容に合う絵文字を自動的に挿入する「スマート絵文字」にも対応
Photo 「多くの要望をいただいた」(説明員)ことから、EZ・FMを搭載。FMアンテナは本体に内蔵されているいる。BluetoothのプロファイルはA2DP、HFP、DUN、BIP、OPP、SPPに対応する

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.