ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「TD-CDMA」最新記事一覧

Time Division-Code Division Multiple Access

ビジネスニュース オピニオン:
中国は“Apple神話”を打ち破る市場なのか
Appleの「iPhone 5」は、中国において驚異的なセールスを記録している。Appleが、iPhoneのシェアをさらに拡大するためには、中国最大の通信事業者であるChina Mobileとの提携が不可欠だ。だが、提携を望むAppleとは対照的に、China Mobile側の反応はいまひとつと言われている。斬新な製品とブランド力を武器に、スマートフォン市場を突き進んできたApple。しかし、TD-SCDMAという独自の規格が幅をきかせている中国の携帯電話機市場は、Appleの“神話”を打ち破るものとなるかもしれない。(2012/12/20)

ビジネスニュース 企業動向:
中国のスマートフォン市場で、NokiaとAppleがせめぎ合い
NokiaとChina Mobileは、TD-SCDMA対応のスマートフォン「Lumia 920T」を発売すると発表した。この提携により、Nokiaは、現時点でこの市場においてAppleよりも優位に立ったと言えるかもしれない。近く中国で「iPhone 5」を発売するAppleにとっても、China Mobileとの提携が成功へのカギになると考えられる。(2012/12/11)

ビジネスニュース:
中国通信市場に「iPhone」は必要?
膨らみ続ける携帯電話補助金が、中国の通信市場に影を落とし始めているという。そのような中、中国独自の3G規格であるTD-SCDMA対応の「iPhone」が登場するかどうかに注目が集まっている。(2012/8/24)

リニアテクノロジー LTC5585:
高線形の広帯域I/Q復調IC、複数の通信規格/周波数帯に1チップで対応
入力周波数範囲が700M〜3GHzと広いため、LTEやW-CDMA、TD-SCDMAといった複数の通信規格に対応でき、国や地域によって異なるさまざまな周波数帯の信号を復調することが可能だ。(2012/2/2)

山根康宏の中国携帯最新事情:
第2回 鍵を握るのはスマートフォン、「1強2弱」に変化も――中国の3Gサービス
iPhoneの販売や独自規格のTD-SCDMA方式の普及など、中国の通信市場では3Gに関する話題が増えている。2009年からサービスが始まった中国の3Gサービスは今、どのような状況になっているのだろうか。(2011/6/16)

ビジネスニュース 市場予測:
TD-SCDMA向けベースバンド・チップの市場規模が2010年に2倍へ、アナリストが予測
(2010/6/28)

シャープ、中国市場向け新モデル11機種を発表
シャープが4月13日、北京で中国市場向けの携帯電話新製品発表会を開催した。TD-SCDMA対応モデルを含む11機種を投入し、中国市場でのシェア拡大を目指す。(2010/4/13)

中国移動とSymbian Foundationが協業
中国移動(China Mobile)とSymbian Foundationが、中国国内のモバイルエコシステムの強化とTD-SCDMA市場の普及促進を目的に協力することで合意した。(2009/9/15)

P&T/Expo Comm China 2008:
これから本格普及の中国3G、日本の携帯技術にも関心集まる──ドコモ、シャープが「より便利」「高画質」をアピール
中国でも独自方式(TD-SCDMA)の3Gサービスが開始されたことで、よりリッチな携帯サービスが少しずつ展開されはじめている。そのため3G携帯の普及率が世界で最も高い日本の状況に関心を寄せる来場者が多く、日本企業のブースは高い注目を浴びていた。6月に中国の携帯市場に参入したシャープは、“AQUOSケータイ”で中国ユーザーにアピールする。(2008/10/24)

P&T/Expo Comm China 2008:
中国で「P&T/Expo Comm China 2008」開幕──再編後の中国3大通信事業者、その動向は
中国最大の通信事業関連の展示会「P&T/Expo Comm China 2008」が10月21日に開幕した。2008年の中国はTD-SCDMA方式による3Gサービスの開始や通信事業者の再編など大きな動きが続いていおり、今回の展示内容もそれを反映したものが目立っていた。(2008/10/22)

商用テストが始まった中国の3Gサービス「TD-SCDMA」、その実力は
中国の3G規格である「TD-SCDMA」の商用テストサービスが始まった。試験サービスということでエリアはまだ狭いものの、独自に開発したシステムということもあり、海外からの注目度は高い。今回、香港在住の筆者が中国の各都市で「TD-SCDMAがどのくらい使えるか」を実際に試した。(2008/6/30)

米NextWave Wireless、アイピーモバイルの筆頭株主に──森トラストが全株を譲渡
森トラストが、保有するアイピーモバイルの全株を通信関連企業の米NextWave Wirelessに譲渡することで合意。NextWave Wirelessは、アイピーモバイルが2007年末までにTD-CDMAの商用サービスを展開できるよう支援する。(2007/7/13)

アイピーモバイル、下り最大42.2Mbps「TD-CDMA E-R7」のフィールドテストを開始
2007年春から2GHz帯でのデータ通信サービス開始を予定しているアイピーモバイルが、TD-CDMAの高速化技術「E-R7」の実験局免許を取得した。米IPWirelessと共同でフィールドテストを行う。(2006/12/13)

「MBG」でユーザー自身がホットスポットに──アイピーモバイルがサービスをデモ
日本発の通信技術TD-CDMA方式を用い、2GHz帯の周波数でデータ通信中心のサービスを提供予定のアイピーモバイル。2007年春のサービス開始へ向けて、同社は着実に準備を進めている。(2006/11/21)

アイピーモバイル、基地局構築で沖電気と契約
来春からTD-CDMA方式の携帯電話サービスを開始するアイピーモバイルが、基地局構築で沖電気工業と契約した。(2006/9/21)

3G導入を前に、揺れる中国PHS
PHS MoU Group総会で話された中国の通信事情からは、国産3GシステムTD-SCDMAの導入を前に、PHSの立ち位置を含め、業界再編もあり得る状況が見えてくる。(2006/3/3)

PT/Wireless&Networks Comm China 2005:
ついにベールを脱いだTD-SCDMA
中国独自開発の3G方式「TD-SCDMA」。PT Comm 2005では多数の端末や基地局が展示されており、商業化が目前であることを感じさせた。(2005/10/25)

ワイヤレスジャパン2005:
アイピーモバイル、TD-CDMAのデモを実施
携帯向けに割り当てが予定されている2GHz帯のTDDバンドを使ったデモを、アイピーモバイルが実施している。(2005/7/15)

ソフトバンク、北海道大学とTD-CDMAの実験
ソフトバンクは北海道大学と協力して、TD-CDMA方式の通信技術の実証実験を行う。高速データ通信サービス提供をにらみ、データ収集を行う。(2005/4/4)

2004年を振り返る:
帯域はどこにある?〜新規参入「狂騒曲」
話題を集めた携帯の“新規参入”。「TD-CDMAだ」「いやFDDだ」と通信方式が取りざたされ、いつの間にか800MHz帯が争点になった。今後の見通しは?(2004/12/27)

イー・アクセス、1.7GHz帯携帯に軸足移す
イー・アクセスは、2GHz・TD-SCDMAから、新規に割り当てられる1.7GHz帯を使った携帯事業に軸足を移す。W-CDMA方式かCDMA2000方式を採用する見込み。(2004/11/4)

Samsung、3G/GSM対応のデュアルモード携帯投入へ
Samsungが年内に投入するデュアルモード携帯電話は、3G規格TD-SCDMAと、既存のGSMネットワークをサポートする。(IDG)(2004/10/12)

TD-CDMAのカバーエリアは携帯に迫れるか?
ADSL事業者が、TD-CDMAで携帯事業への参入を狙っている。通信速度が注目されがちだが、カバーエリアはどうなのか。ソフトバンクは1万3000の基地局を設置すると伝えられるが、これがどの程度の規模か、考えてみよう。(2004/8/4)

Mobile Weekly Top10:
ソフトバンクの携帯進出に対してKDDIのコメント
ソフトバンクをはじめ、TD-CDMAを武器に携帯電話に参入しようとする企業に向けて、KDDIの小野寺社長が“重要なこと”として話したのは……。(2004/7/29)

ソフトバンク、TD-CDMAの端末を開発中
(2004/7/20)

ソフトバンク、CDMA2000の実験も開始
ソフトバンクBBは7月5日から、CDMA2000方式の実証実験を開始したと発表した。既に実験を開始しているTD-CDMAとの比較検討を行う。(2004/7/7)

ACCESSとDatang、中国独自の3G「TD-SCDMA」で協業
(2004/7/5)

ソフトバンクBB、TD-CDMA実験局本免許を取得
ソフトバンクBBは6月24日、総務省からTD-CDMA方式の実験局本免許を取得し、同日から実証実験を開始したと発表した。(2004/6/24)

3G携帯技術TD-SCDMA、中国で2005年までに商業化
中国政府関係者が、国産3G携帯電話技術「TD-SCDMA」は来年6月までに商業化の準備が整うと発言。ただし3Gライセンスの発行時期については明言していない。(IDG)(2004/6/24)

イー・アクセス、TD-SCDMA(MC)の実測データを公開
イー・アクセスは6月14日、実験を進めている次世代モバイルブロードバンド技術「TD-SCDMA(MC)」の実測データを公開した。セクタスループットは、基地局から2キロ地点で4.65Mbps。(2004/6/14)

イー・アクセス、TD-SCDMA(MC)実験局本免許を取得
本免許の取得を受け、約1年間の予定のフィールド実験を都内で本格的に開始する。(2004/5/28)

孫社長とFTTH/TD-CDMAの“距離感”
このところ、「ソフトバンクが新規事業――特にFTTH――に参入するのでは」との推測が盛んだ。実際のところどうなのか、同社の決算説明会で聞いた。(2004/5/10)

Interview:
TD-CDMAの「帯域独占議論」イー・アクセスの答えは?
TD-CDMAの15MHz幅は1社独占にすべきだ――。こう主張するアイピーモバイルとソフトバンクBBに対し、イー・アクセスは何を考え、どんな主張をするのか。同社技術部長の諸橋知雄氏に聞いた。(2004/4/23)

日本政府、米通商代表に「安易に政府間問題にするな」
先日、米通商代表が“日本のTD-CDMAの閉鎖性”を指摘した問題で、総務省は日本政府としてのコメントをとりまとめ、米国政府に伝達した。通信業界の動向を「安易に政府間の問題として持ち出すな」との文面が並んでいる。(2004/4/22)

イー・アクセスもTD-SCDMA(MC)実験、5月15日頃から
イー・アクセスは5月15日頃から、都内でTD-SCDMA(MC)の実験を開始する。アイピーモバイルとの相互干渉の恐れがあることから、本サービス展開を目指す2010〜2025MHz帯でなく、2000〜2005MHz帯で実験を行う。(2004/4/21)

TD-SCDMA(MC)はTD-CDMAの4倍の周波数効率〜イー・アクセスがフィード実験
(2004/4/21)

TD-CDMAの帯域は1社独占にすべき――アイピーモバイル&ソフトバンクの論理
TD-CDMAに割り当てられる“15MHz”の帯域をめぐって、通信事業者がにらみ合いを続けている。アイピーモバイルとソフトバンクは、15MHzの帯域は1社独占にすべきと主張。その理由は「周波数の有効利用」だ。(2004/4/20)

イー・アクセス、TD-SCDMA(MC)実験局予備免許を取得
(2004/4/16)

米通商代表が「TD-CDMAの閉鎖性」を糾弾する理由
米通商代表はこのほど、年次報告書の中で日本のTD-CDMAをめぐる行政の“閉鎖性”を指摘した。背景には、新しい帯域の割り当てがどう進むかへの注目の高まりもある。TD-CDMAの現状と課題を、もう一度振り返ってみよう。(2004/4/9)

TD-CDMA実現には1社あたり5MHzでは足りない!?
(2004/3/19)

TD-CDMAの商用化を目指す3社が集結〜フォーラム「3G TD-CDMAが拓くIP移動体通信」
(2004/3/19)

モバイルブロードバンド協会、TD-CDMAに関するフォーラムを開催
(2004/2/27)

TD-SCDMA(MC)提案者が来日 〜中国製端末を披露
TD-SCDMA(MC)方式の提案者であるDr.シュー・グアンハン氏が来日し、技術説明を行った。同氏は会場で、中国製のTD-SCDMA(MC)端末を披露。PCスロットに挿すタイプで、下り最大1Mbpsを実現するという。(2004/2/20)

基地局カバーは半径70キロまで可能――イー・アクセスが推すTD-SCDMA方式
イー・アクセスは、総務省のIMT-2000高度化方策作業班において、TD-SCDMA(MC)方式による定額モバイルブロードバンドサービスを提供したい意向を明らかにしている。今回このTD-SCDMAの生みの親とも言うべきNavini社のDr.Guanghan Xu氏とイー・アクセス諸橋氏に話を伺った。(2004/2/20)

なぜ、いまTD-CDMAなのか 〜技術の生みの親に聞く(後編)
TD-CDMAの特徴の1つは、メガビットオーダーの“モバイルブロードバンド”を実現できること。今回は、TD-CDMAがいかにして高速化を実現しているかを考えてみよう。(2004/2/17)

LifeStyle Weekly Top10(2月8日〜14日)
中川教授が考える、「ホットスポットが流行らないワケ」
TD-CDMAを利用したモバイルブロードバンドサービスの、“前段階”ともいうべきホットスポットサービス。現状、いまひとつ盛り上がりに欠ける理由は、どこにあるのか。(2004/2/17)

孫社長、「TD-CDMAの引き金は、まだ引かない」
ADSL業界で「次に各社が競争を繰り広げる舞台」と目されるのが、モバイルブロードバンドサービスだ。ソフトバンクの動向に関心が集まる中、決算説明会場で、孫社長は慎重な発言に終始した。(2004/2/12)

なぜ、いまTD-CDMAなのか 〜技術の生みの親に聞く(前編)
ADSL事業者が、モバイル通信に利用可能な通信規格として注目するTD-CDMA。規格が登場した経緯や、ほかの技術と比べての優位性などについて、慶應義塾大学の中川教授に聞いた。(2004/2/10)

イー・アクセス、モバイルブロードバンド実現に向け「TD-SCDMA(MC)」採用
イー・アクセスは、モバイルブロードバンドサービスの実現を目指し、「TD-SCDMA(MC)」方式を採用することを発表した。米Navini Networksと戦略提携を行い、同社の開発した装置を利用して実験を行う。(2004/2/5)

いずれはTD-CDMAに「アグレッシブな帯域割り当てを」 〜イー・アクセス、千本氏
注目が集まる「TD-CDMA」だが、将来的に懸念されているのは「帯域の不足」。イー・アクセスのCEO、千本倖生氏は、いずれは利用できる帯域の拡大を求めたい考えのようだ。(2004/2/5)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。