ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「携帯電話」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

格安SIMの成長が鈍化? 原因は大手キャリアとサブブランドにあり MM総研調査
MM総研は、6月20日に国内MVNO市場の2018年3月末実績を発表。独自サービス型SIMの回線契約数は1082.8万回線となり、2017年3月末時点の810.0万回線から33.7%増を記録した。携帯電話契約数での独自サービス型SIMの契約数比率は6.4%で、事業者シェアは楽天が1位となった。(2018/6/20)

携帯各社、大阪北部地震に伴う被災地支援を開始
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯電話3社は、災害救助法が適用された地域のユーザーに対する支援措置を実施。利用料金の支払い期限延長や修理費用の軽減、災害復興を行う団体などへの電話機や充電器の無償貸し出しなどを行う。(2018/6/19)

「楽天モバイル」がプラン改定 MNOへの移行はどうする? 楽天モバイルはどうなる?
子会社を通して移動体通信(携帯電話)事業に参入する楽天。2019年10月のサービス開始を目指す中、MVNOサービス「楽天モバイル」の主力プランを“強化”した。今後、楽天はMNOサービスとMVNOサービスをどうしていくのか。(2018/6/14)

「5G」標準仕様決まる 商用展開に弾み
携帯電話の通信規格を定める国際団体「3GPP」の会合で、5Gの無線方式「5G NR」の標準仕様が策定されたと、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクなどが発表した。(2018/6/14)

2018年第1四半期の国内携帯電話シェア、シャープが2位に IDC Japan調べ
IDC Japanは、2018年第1四半期(2018年1〜3月)の国内携帯電話市場実績値を発表した。出荷台数は前年同期比9.2%増の971万台となり、2017年第4四半期の1107万台に迫る規模に。シェアは「AQUOS Sense」が好調なシャープが152万台で2位となり、SIMフリーモデルは34.2万と前年同期の半数以下の出荷となった。(2018/6/11)

総務省が「モバイルサービス・端末」と「MNP」のガイドライン改定案を公表 意見募集中
総務省が「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」「電気通信事業法の消費者保護ルールに関するガイドライン」「携帯電話・PHSの番号ポータビリティの実施に関するガイドライン」の改定案を公表。これに伴い、6月7日から各案について意見(パブリックコメント)を募集している。(2018/6/7)

Androidの月例セキュリティ情報公開、メディアフレームワークに深刻な脆弱性
脆弱性修正のためのセキュリティパッチは、メーカーや携帯電話会社からユーザー向けに配信される。(2018/6/6)

ワイヤレスジャパン 2018:
「代理店の端末値引き」「最安値を強調する広告」 モバイル市場の公正競争で残る問題点
ワイヤレスジャパン 2018の「携帯電話販売代理店向けビジネスセミナー」に、野村総合研究所 コンサルティング事業本部 パートナーの北 俊一氏が登壇し、「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」でまとめられた報告書のポイントを解説した。(2018/6/4)

ワイヤレスジャパン 2018:
「従業員満足度」「シナジー」「外国人スタッフ」 携帯ショップで業績を上げる工夫
「ワイヤレスジャパン2018」で「携帯電話販売代理店向けビジネスセミナー」が開催。近年、さまざまな業界で人手不足が問題視されているが、携帯電話販売代理店も例外ではない。どのように優秀な人材を確保して業績を上げているのだろうか。(2018/6/4)

イタリアの天才デザイナーが手掛けた美しいケータイ Telit「G83」(懐かしの海外ケータイ)
過去の懐かしい製品を振り返る「懐かしの海外ケータイ」。今回はイタリアのメーカー、Telitが携帯電話を販売していた時代の名機「G83」をご紹介します。G83は優雅な曲線のラインが美しいボディーデザインの携帯電話です。(2018/6/3)

「auフラットプラン25 Netflixパック」登場 20GBプランに1000円プラスでNetflixが視聴可能に
auとNetflixが、au携帯電話とNetflixサービスのセット提供に向けた業務提携を締結。au フラットプランにNetflixの視聴権を組み合わせた「auフラットプラン25 Netflixパック」を2018年夏以降に提供する。(2018/5/29)

ゲオの2017年度中古携帯の販売台数は120万台 前年比116%に
ゲオは、全国のゲオショップ・ゲオモバイル約1300店舗で販売した中古携帯電話の台数を発表。2017年度の販売台数は約120万台と前年比116%を記録し、専門知識を持つスタッフ「スマホ相談員」が対面で販売する店舗の販売台数が高いことが分かった。(2018/5/28)

au30周年×ハロプロ20周年――auの「ケータイ図鑑」が“スッペシャル”バージョンに
KDDIの前身の1社であるIDO(日本移動通信)が携帯電話サービスを開始してから30周年を迎える。一方、アップフロントプロモーションのアイドルプロジェクト「ハロー!プロジェクト(ハロプロ)」は20周年を迎える。両方を記念して、KDDIの「ケータイ図鑑」がハロプロとコラボすることになった。(2018/5/28)

石川温のスマホ業界新聞:
公正取引委員会が、値下げ競争の起きない「接続料」にメス――もはや「接続料」は役目を終えたのではないか
公正取引委員会で行われている「携帯電話に関する意見交換会」。その2回目の会合では「MVNOへの接続料」が大きなテーマとなったが、回線の卸提供を受けるMVNOが大半を占める中、接続料そのものの見直しが必要なタイミングに来ているのかもしれない。(2018/5/25)

これからのarrowsはどうなる?――富士通コネクテッドテクノロジーズ高田社長 一問一答
富士通の携帯電話端末事業を分離して2年前に発足した「富士通コネクテッドテクノロジーズ」は、2018年3月30日にポラリス・キャピタル・グループ傘下に入った。新たな一歩を踏み出した同社の高田克美社長が、2018年夏商戦向け新製品発表会で囲み取材に応じた。(2018/5/24)

Facebookの二段階認証、携帯番号の登録が不要に
Facebookが、これまで携帯電話番号が必要だったログインの二段階認証で、「Google Authenticator」などのアプリが利用できるようになったため、携帯電話番号の登録が必須ではなくなった。(2018/5/24)

課題は「接続料」? 公正取引委員会が第2回「意見交換会」を開催
公正取引委員会が携帯電話サービスの提供条件を有識者で話し合う「携帯電話分野に関する意見交換会」を立ち上げた。初の一般公開となる第2回会合では、MVNOからの意見聴取とそれに伴う意見交換が行われた。(2018/5/23)

公衆Wi-Fiの速度調査 3キャリアは下り平均19.7Mbps、他は平均36.3Mbps
ICT総研は、5月22日に公衆無線LANサービスの通信速度実測調査結果を発表。携帯電話キャリア3社の下り速度が平均19.7Mbpsに対し、キャリア以外は平均36.3Mbpと大きな差が開いた。全事業者で繁忙時間帯の速度遅延はほとんど見られず、 なかでも「セブンスポット」は閑散時に下り61.0Mbps、繁忙時に下り58.6Mbpsを記録している。(2018/5/22)

「+メッセージ」標準搭載:
KDDIが夏モデル発表 「デュアルカメラ」で花火・夜景を鮮やかに撮影
KDDIが携帯電話の2018年夏モデルを発表。スマートフォン6機種・フィーチャーフォン1機種の計7機種。「デュアルカメラ」を備えたハイエンドモデルを多くそろえた。スマホは全て「+メッセージ」を搭載した。(2018/5/14)

国内携帯シェア、Appleが6年連続1位 SIMフリーはHuaweiが1位
MM総研は、5月10日に2017年度通期の国内携帯電話端末出荷概況を発表。総出荷台数は前年度比2.7%増の3746万台で6年振りに増加し、スマートフォン出荷台数は8.1%増の3258万台と2年連続過去最高を記録した。SIMフリーも11.9%増の315万台となったが、フィーチャーフォンは23.1%減の488万台と過去最低を更新している。(2018/5/11)

製造業IoT:
ソラコムのIoT向け回線サービスにKDDI版が登場、ドコモ版より基本料金が安い
ソラコムは、KDDIの携帯電話通信網を利用するIoT向け回線サービス「SORACOM Air for セルラー plan-K(プランK)」を発表。ソラコムは2017年8月にKDDIの連結子会社となったが、プランKは両社の協業施策である「SORACOM with KDDI」の第2弾となる。(2018/5/10)

平成30年史 デジタルが変えた文化(1):
全てはポケベルから デジタル化が生む「SNSムラ社会」
ポケベルが画期的だったのは、家単位で設置されていたそれまでの電話では困難だった、個人同士の即時コミュニケーションが可能になったことだ。個人間コミュニケーションは、携帯電話のメッセージやLINEなどに形を変えて進化していった。(2018/5/9)

「ソフトバンクは昆虫でやっていく」 異種交配で繁栄、孫社長が描く300年構想
ソフトバンクグループは近年、携帯電話事業者よりも投資会社としての側面が突出している。孫正義会長兼社長が表明している「300年続く企業」構想の行方は。(2018/5/7)

携帯電話の「2年縛り」と「4年縛り」 総務省は何を問題視している?
携帯電話の「2年縛り」と「4年縛り」の問題がクローズアップされている。2年縛りは長く携帯キャリアが実施してきた施策だが、あらためて何が問題なのか? そして4年縛りとは?(2018/5/1)

検証エコノミー:
ソフトバンク 目指すは「昆虫の群れ」!? 300年企業へ依然残る後継者問題
医療、不動産、半導体−。ソフトバンクグループが近年投資した企業はあまりにも多種多様で、携帯電話事業者よりも投資会社としての側面が突出している。(2018/4/26)

スマホでバーコード決済「d払い」25日開始 ケータイ料金と合算払い
NTTドコモは、スマートフォンに表示させたバーコードを使って決済する「d払い」を4月25日から提供する。毎月の携帯電話料金と合算して支払える。(2018/4/24)

総務省、2年縛りの解約金見直し要請へ 携帯サービスの改善策
総務省は、月内にも携帯電話事業者に対して、「2年縛り」の解約金を不要にすることや、インターネットのホームページ上で事業者乗り換えを可能にすることなどを要請する。(2018/4/23)

格安スマホも“クーリングオフ”対象に
総務省は、大手携帯電話事業者らに適用されているクーリングオフに似た制度について、MVNOの格安スマホも対象とすることを明らかにした。(2018/4/23)

石川温のスマホ業界新聞:
公正取引委員会で「携帯電話分野の意見交換会」スタート――そもそも「4年縛り」の元凶は総務省ではないのか
公正取引委員会において「携帯電話分野の意見交換会」が始まった。auとソフトバンクが取り入れている「4年縛り」が標的になりそうだが、総務省の「規制」によって生まれた販売方法を、総務省が公取委を使ってどうにかしようとすることは、果たして説得力を持つのだろうか。(2018/4/20)

「dポイントクラブ」がリニューアル 回線契約の有無を問わない「ポイント共有グループ」を新設
NTTドコモが5月1日に「dポイントクラブ」をリニューアルする。携帯電話の回線契約の有無にかかわらず、会員家族間でポイントを共有できる「ポイント共有グループ」を新設し、ポイントアップキャンペーンも実施する。(2018/4/18)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天に「条件付きで」1.7GHz帯の免許付与へ――2019年10月開始、料金は「楽天モバイル」と一緒
楽天の子会社「楽天モバイルネットワーク」に、1.7GHz帯を使う携帯電話サービスの免許が付与されることになった。料金プランはMVNOとしての「楽天モバイル」と同じものを使うというが、事業展開には苦難も待ち受けていそうだ。(2018/4/13)

総務省、中古携帯流通を後押し 高額キャッシュバックは公取と対策
総務省は有識者会議で、中古端末の流通促進や販売店主導の高額キャッシュバックの見直し、携帯電話事業者の乗り換えの改善など、課題と方向性を取りまとめた。(2018/4/10)

楽天、携帯電話キャリア参入が認可 19年10月サービス開始へ
楽天が、総務大臣から携帯電話キャリア(MNO)として認可を受けたと発表した。(2018/4/9)

Mobile Weekly Top10:
ケータイを手放せない理由/楽天が携帯キャリアに
携帯電話の多くがスマートフォンになった昨今。それでも従来のフィーチャーフォン(ケータイ)を使い続ける人が少なからずいます。その背景には何があるのでしょうか。(2018/4/9)

金額では7%増の見通し:
2018年における世界のデバイス(PC、タブレット、携帯電話)市場、前年の3%減から1.3%増に回復、約23億台に
Gartnerによると、2018年における世界のデバイス(PC、タブレット、携帯電話)出荷台数は1.3%増の22.9億台となり、2017年の3%減からプラス成長に戻る見通しだ。(2018/4/9)

真っ赤なボディーのSamsung「お姫様ケータイ」(懐かしの海外ケータイ)
海外メーカーの携帯電話を1500台以上所有する筆者のコレクションから、懐かしい製品を振り返る連載。今回はSamsungの通称「お姫様ケータイ」と呼ばれるシリーズの最終モデル。ぱっと見ると化粧品のコンパクトのように見えます。(2018/4/8)

au WALLET プリペイドカードに残高不足分を即時チャージする「リアルタイムチャージ」機能が追加
4月5日から、「au WALLET プリペイドカード」の残高不足時にその場で不足分をチャージする「リアルタイムチャージ」のサービスが始まった。じぶん銀行口座の保有者が対象で、携帯電話番号による「個人間送金」とプリペイド残高の「口座への払い出し」も可能となった。(2018/4/5)

「健全なケータイサイト」認定するEMA、事業終了へ スマホ対応体制の見通し立たず
健全な携帯電話向けサイトを認定するEMAが事業を終了へ。スマートフォン時代に適した体制整備についてキャリアなどと協議してきたが、「体制整備の見通しが立たなかった」ためという。(2018/4/5)

雪中のスマホが発するGPS信号を捉える:
山岳での遭難者捜索にドローン活用 ソフトバンクが実証実験
山岳での遭難救助などにドローンを活用するための実証実験を、ソフトバンクが北海道で行う。携帯電話が発信するGPS信号を上空から捉え、遭難者の位置を特定するという。(2018/4/2)

楽天、携帯月額4000円 大手3社より3割超安
楽天が参入を目指している携帯電話事業の計画の概要が判明した。月額約4000円とMVNOに近い価格帯で提供し、動画配信など楽天の各種サービスと連携した割引で利用者を集める。(2018/3/30)

スマホ売っても利益は「数千円」? 本体価格を決める仕組みとは
なぜ、同じキャリアの携帯電話でもショップごとに価格が異なってくるのか、皆さんご存じでしょうか。携帯電話の本体価格がどのように決まっているかを今回ご紹介します。(2018/3/30)

東京五輪のメダル、「使用済み携帯電話」などから製作 日本郵便が回収箱を設置
日本郵便は、使用済み携帯電話の回収箱を全国約3000の郵便局に設置すると発表した。(2018/3/28)

楽天、ケータイ基地局整備で関電の鉄塔借りる 東電・中電とあわせ
楽天は、携帯電話キャリア事業の基地局設置のため、関西電力グループから鉄塔などを借りると発表した。東電グループ・中電の設備も借りる予定で、数百億円規模のコスト削減につなげる。(2018/3/27)

「自転車ながらスマホ」の危険性をVRで体験――KDDIなど3社が啓発活動
KDDI、ナビタイムジャパンとau損保が、携帯電話・スマートフォンの「ながら運転」の危険性を啓発するプロジェクトの第2弾を開始する。VRコンテンツも用意し、KDDIが主催・協賛するイベントを中心に体験コーナーを設けるという。どれくらい“危険”なのか、体験してみた。(2018/3/20)

Nokiaの「復刻版バナナフォン」のオリジナルモデル「8110」(懐かしの海外ケータイ)
海外メーカーの携帯電話を1500台以上所有する筆者のコレクションから、過去の懐かしい製品を振り返る「懐かしの海外ケータイ」。今回はMWC 2018で復刻版が登場したNokia「8110」のオリジナル版です。この8110を一躍有名にしたのは映画「マトリックス」でした。(2018/3/19)

好調の格安SIM、一番人気は「楽天モバイル」 MMD調査
メインで利用する携帯電話やスマートフォンでMVNO(格安SIM)を利用する人が年々増えていることがMMDLaboの調査で明らかになった。(2018/3/12)

マクドナルドがNFC決済導入 かざすだけでカード決済
マクドナルドがNFCによる非接触決済サービスに対応する。NFC対応の携帯電話やクレジットカードをかざすだけで、代金をカード決済できる。(2018/3/9)

女子高生の裏アカウント所有率は68.9% デジタルアーツの未成年スマホ実態調査
デジタルアーツは、未成年者の携帯電話・スマートフォン利用実態調査の結果を発表。女子高校生の68.9%が裏アカウントを所有し、67.6%がネット上の友達とのリアル化を希望している。インターネットに関する事件については、半数以上が人ごととして捉えていることが分かった。(2018/3/7)

楽天、東電の鉄塔に基地局 携帯電話事業 設備投資300億円軽減
楽天は携帯事業参入に伴う設備投資負担を、東電との連携や人工知能の活用による効率的な基地局の配置などで軽減する方針。(2018/3/7)

楽天、ケータイ基地局の整備で東電の「鉄塔」借りる 約300億円削減
携帯電話キャリア事業へ参入する楽天が、基地局を設置するため、東京電力グループの設備を利用する。約300億円のコストを削減できる見通し。(2018/3/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。