ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「携帯電話」最新記事一覧

腕時計型の携帯電話「mamorino Watch」、auから子ども向けに登場 「ママに電話」で発信も
腕時計型の子ども向け携帯電話「mamorino Watch」がauから登場。端末に向かって「ママに電話」と言うだけで母親に電話する――といったことが可能だ。(2016/2/4)

自殺した高1息子のスマホ ロックを解除した母親が見た「いじめ」の痕跡 学校側の調査は適切だったのか?
列車に飛び込み自殺した高校1年の男子生徒。母親が執念でロックを解除した息子の携帯電話には、いじめを疑わせるやりとりが残されていた。(2016/2/1)

キティさん、携帯電話になる 「ハローキティフォン」春発売
キティさんの姿を再現した折りたたみ携帯が登場します。(2016/1/29)

電気料金の新プラン検証シリーズ(14):
激戦区の関西電力エリアに、生協が低価格・低CO2で挑む
大阪府の南部で50万人の組合員を抱える生協が関西電力に対抗する料金プランを打ち出した。毎月の使用量が標準の300kWhの場合に4%安くなり、使用量が多いと割引率が10%以上のプランもある。大阪ガスや携帯電話会社のセット割引とも競争しながら、CO2排出量の少ない電力を販売していく。(2016/1/29)

ロボット“だけ”で接客する携帯ショップ、ソフトバンクが期間限定で
ソフトバンクが、Pepperだけで接客する携帯電話ショップ「Pepperだらけの携帯ショップ」を期間限定でオープンする。(2016/1/27)

家庭の電気、お得合戦 4月全面自由化でガスや携帯セット割引
4月に電力小売りが全面自由化され、家庭は電気を買う電力会社を選べるようになる。ガスや携帯電話をセットで契約すれば割安になるなど多様な料金プランが登場し、ライフスタイルに応じて選べば家計の負担を減らせそうだ。(2016/1/26)

携帯「2年縛り」抜本改革、3社そろって棚上げ 顧客囲い込み策“最後のとりで”
総務省が問題視していた携帯電話の「2年縛り」について、大手3社は抜本改革をそろって棚上げ。(2016/1/26)

税込1万800円:
ソフトバンク、プリペイド携帯電話「AQUOS CRYSTAL」を数量限定発売
ソフトバンクは、基本使用料無料のプリペイドサービス「シンプルスタイル」から数量限定で「AQUOS CRYSTAL」を発売する。価格は1万800円(税込)。(2016/1/25)

神尾寿が語るモバイル業界(2):
2015年に変わったのはドコモ、タスクフォースでは「キャリアが総務省に勝った」
神尾寿氏とともに、2015年のモバイル業界を振り返る短期連載。第2回では通信キャリア3社と、総務省が10月〜12月にかけて実施した携帯電話料金のタスクフォースについて評価する。(2016/1/22)

製造マネジメントニュース:
携帯電話端末事業の体制見直しで運営を効率化
NECは、携帯電話端末事業の体制を見直し、子会社のNECモバイルコミュニケーションズから同事業を譲り受けることを決定した。運営効率化を図る。(2016/1/21)

電気料金の新プラン検証シリーズ(11):
“分かりやすさ”を全国展開、みんな安くなるKDDIの「au でんき」
2016年4月から始まる電力の小売全面自由化で注目なのが、大手通信キャリアの参入によるセット割引の提供だ。ソフトバンクに続いて、KDDIも「auでんき」の料金プランの内容を明らかにした。地域や使用電力量を問わず、KDDIの携帯電話(au)ユーザー全員に割引のメリットを訴求する特徴的なプランとなっている。(2016/1/20)

SIM通:
携帯電話料金タスクフォースの提言でY!mobileの立ち位置は?
携帯料金タスクフォースの提言が公開され、携帯電話事業者へ具体的な活動を始めるよう要請しています。これにより携帯料金やMVNOはどうなるのでしょうか?(2016/1/20)

LINEで浮気・不倫はバレバレに! 通知や予測変換……ケータイを肌身離さず持つようになると「要注意」?
LINEやFacebookをきっかけに、浮気や不倫が発覚することが目立っている。妻や夫が急に携帯電話に夢中になったら、注意が必要かもしれない。(2016/1/18)

4G LTEなら大丈夫といえるか
こんな時だからこそ気になる携帯電話のセキュリティ、安全性を高めるには?
4G LTEネットワークの進歩により、携帯電話でのデータ転送のセキュリティは強化されている。とはいえ、セキュリティは依然としてネットワークによって大きく異なるのが実情だ。(2016/1/18)

携帯料金は安くなるのか:
実質0円はなくならない!? 政府の携帯料金引き下げ要求を読み解く
2015年10月から始まった携帯電話料金引き下げ議論。本当に携帯料金は安くなるのか。「実質0円」はなくなるのか――。関係者の取材を通じて議論の裏を読み解き携帯市場の先行きを占ってみた。(2016/1/13)

石川温のスマホ業界新聞:
富士通が携帯端末事業を会社分割。社長は高田克美氏――官製不況到来目前に、他社との経営統合を模索か
富士通が2015年10月に発表した携帯電話端末事業の分社化の詳細が明らかとなった。新設子会社に会社分割で事業譲渡する形式を取るが、市場動向によっては他社を巻き込んだ、さらなる事業再編が進むかもしれない。(2016/1/8)

ITmediaスタッフが選ぶ、2015年の“注目端末&トピック”(編集部田中編):
2016年、iPhoneの牙城を崩すスマートフォンは登場するのか
2015年の携帯電話販売ランキングを見ると、ほぼ「iPhone 6」と「iPhone 6s」でトップが独占されていた。このままだと2016年もiPhoneの1人勝ちになりそうだが、果たしてiPhoneを脅かす端末は登場するのだろうか。その可能性を探りたい。(2016/1/6)

2016 CES:
トヨタが「つながる」クルマに本腰、「トヨタビッグデータセンター」構築へ
トヨタ自動車は、「2016 International CES」の開催に合わせて、携帯電話通信を用いたインターネット接続によってクルマが「つながる」技術を推進するための施策を発表した。(2016/1/5)

2016年の電力メガトレンド(1):
電力・ガス・電話のメガ競争が始まり、電気料金は確実に安くなる
いよいよ電力の小売事業が4月1日から全面的に自由になる。全国で7.5兆円にのぼる家庭の電力市場に向けて、ガス会社を筆頭に有力企業が続々と乗り出してくる。携帯電話やインターネットサービスと組み合わせたセット割引も始まり、電力会社と新規参入事業者の競争が各地域へ広がっていく。(2016/1/4)

NEC、携帯端末事業を本体に統合
NECは、NECモバイルコミュニケーションズの携帯電話端末事業を本体に移管する。(2015/12/25)

トップ人事:
NECが新社長発表、携帯電話端末事業も再編
2016年4月1日付で副社長の新野隆氏が社長兼CEOに就任する。現社長の遠藤信博氏は会長に。(2015/12/25)

石川温のスマホ業界新聞:
最初に要請書を手渡されたのはソフトバンク・宮内謙社長――「(値下げしても)ワイモバイルとソフトバンクは棲み分けできる」
12月18日、ソフトバンク・KDDI・NTTドコモの3社が高市早苗総務大臣から「携帯電話事業者への要請」を受け取った。最初に要請書を受け取ったソフトバンクの宮内謙社長は、受け取り後に囲み取材に応じた。(2015/12/25)

富士通、PC・携帯事業の分社化を発表 新会社設立
富士通はPC事業と携帯電話端末事業をそれぞれ分社化し、新会社に移管する。(2015/12/24)

携帯¥ウォーズ:
「最後のキャッシュバック」……iPhoneの販売奨励金も減少 スマホ販売“官製不況”危惧する声も
総務省が携帯電話料金の引き下げを携帯大手各社に指示。iPhoneに投入されていた多額の販売奨励金が早くも見直されている。(2015/12/24)

石野純也のMobile Eye(12月7日〜18日):
総務省の「携帯電話値下げ議論」が決着――1GBプランが登場し、実質0円がなくなる?
総務省が議論を進めている「携帯電話の値下げ」についての結論が出された。スマートフォンの料金や、端末の価格はどう変わるのだろうか? タスクフォースでの話し合いの中から読み解いていきたい。(2015/12/19)

福田昭のデバイス通信 ISSCC 2016プレビュー(1):
5Gの携帯電話技術とミリ波通信用周波数生成技術
今回から、2016年1月から2月にかけて米国で開催される半導体関連の国際学会「ISSCC(IEEE International Solid-State Circuits Conference)」を紹介していく。基調講演は、ムーアの法則や5G携帯電話、自動車通信などがテーマになっている。(2015/12/18)

どっちの認ショー:
「指紋」vs「虹彩」――「arrows」の生体認証、どっちの方が便利?
富士通の携帯電話といえば、生体認証。2015年冬のarrowsは「指紋」と「虹彩」の2種類の認証を用意しているが、どちらの方が便利なのか。「arrowsジャーナリスト」(他称)が検証する。(2015/12/17)

低容量プラン+実質0円是正で公平性を高める――総務省、携帯料金タスクフォースの第5回会合を開催
安倍内閣総理大臣の発言から始まった、携帯電話料金の値下げに向けた検討。提言をまとめるために設置されたタスクフォースの第5回会合では、提言の取りまとめ案の承認を行った。(2015/12/16)

大和恒成の「光コラボ」講座:
光コラボ×携帯電話で節約――「セット割」をチェックしよう!
光コラボサービスの中には、携帯電話の大手3キャリアとの「セット割」を用意しているものがあります。改めてチェックしてみましょう。(2015/12/11)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省「料金値下げタスクフォース」が終盤に突入 ――有識者会議は、いったい何が「有識」なのか
総務省の「携帯電話の料金その他の提供条件に関するタスクフォース」の第4回会合が行われた。気になるのは、「有識者」の通信環境に対する認識だ。(2015/12/4)

頭脳放談:
第186回 IoT/M2Mの通信インフラは格安SIMが解決する?
通信インフラが整っていない屋外でのIoT/M2Mを構築しようとすると、課題として上るのが「通信インフラをどうするか」だ。無線LANでは広い面積をカバーしきれない、かといって免許が必要な無線方式ではハードルが高い。そこで、携帯電話回線を利用するサービスに注目が集まっている。(2015/11/30)

電源なしでセンサーが稼働
電波から電力を生み出す「Freevolt」でIoTの電源問題は解決?
Wi-Fi、携帯電話、放送用の電波を電力に変換する技術が発表された。これを利用すれば電源を用意しなくても各種センサーを稼働させることができ、IoTに大きく寄与すると期待される。だが……。(2015/11/30)

課題解決に向けた論点とは――総務省、携帯料金タスクフォースの第4回会合を開催
安倍内閣総理大臣の発言から始まった、携帯電話料金の値下げに向けた検討。提言をまとめるために設置されたタスクフォースの第4回会合では、議論する課題の絞り込みと、課題解決のための論点整理を行った。(2015/11/28)

T&R、携帯専門フリマアプリ「RESMA」リリース――売上の最大90%還元&高額買取も
T&Rは、携帯電話を安心・安全に売買できるフリマアプリ「RESMA」をリリース。動作確認や全額補償、売れなかった場合の高額買取を行うほか、売上から最大90%を還元する。(2015/11/26)

「2年縛り」更新時の通知徹底 携帯契約書面の交付義務付け
総務省は、携帯電話販売店に対して契約書面の交付を義務づける省令改正案を発表した。「2年縛り」の更新時に利用者への通知を徹底させる説明義務も明記した。(2015/11/25)

車載情報機器:
M2M向け携帯電話通信モジュール大手のテリット、自動車分野にも展開を拡大
イタリアに本拠を置くTelit Wireless Solutions(テリット)は、M2M/IoT市場向けの携帯電話通信モジュールで世界シェア31%という大手企業だ。NXP SemiconductorsからeCall向けの製品ATOPを買収するなど、自動車分野への事業展開も拡大中である。(2015/11/19)

Computer Weekly:
電波から電力を生み出す「Freevolt」でIoTの電源問題は解決?
Wi-Fi、携帯電話、放送用の電波を電力に変換する技術が発表された。これを利用すれば電源を用意しなくても各種センサーを稼働させることができ、IoTに大きく寄与すると期待される。だが……。(2015/11/18)

優先席付近の携帯「混雑時には電源オフ」、JR東海、名鉄なども12月1日から
JR東海、名古屋市交通局などは12月1日から、優先席付近の携帯電話マナーを「混雑時には電源オフ」に変更する。(2015/11/17)

気象庁「特別警報」、緊急速報メールで配信へ
数十年に一度レベルの災害や火山の噴火が予想される際の「特別警報」が携帯電話向け配信に対応する。(2015/11/16)

携帯3社、料金見直し本格化 来月取りまとめへ“つばぜり合い”大詰め
携帯電話大手3社が低価格料金プラン導入に向けた検討を本格化する。12月中の取りまとめに向け、総務省側と事業者の“つばぜり合い”が大詰めを迎える。(2015/11/16)

石川温のスマホ業界新聞:
高市早苗総務相に「ケータイ料金値下げ」の疑問を直撃――総務省タスクフォースは「机上の空論」ではないのか
頻繁に携帯電話を買い換える人と、そうでない人の料金面での不公平さが指摘されている。総務省の携帯電話料金に関するタスクフォースで料金見直しの方向性の議論が進んでいる中、BS番組で高市早苗総務大臣から直接話を聞く機会を得た。(2015/11/13)

Mobile Weekly Top10:
日本の携帯電話料金、安い? 高い?
ソフトバンクグループ孫社長の「日本の携帯料金は決して高くない」「iPhoneは世界一安い」という発言に関心が集まりました。(2015/11/12)

SIM通:
携帯電話料金の引き下げに向けた有識者会議を総務省が開始
総務省は、「携帯電話料金の引き下げ」を巡り有識者らによる第1回会合を開催した。その内容とは?(2015/11/6)

「過度な販売奨励金は是正すべきだが、ある程度は必要」――KDDI田中社長
「携帯料金を見直すべき」という安倍首相の発言を受けて、携帯電話料金の見直しの議論が進んでいる。KDDIの田中社長は、日本の携帯電話料金と、販売奨励金に対して、どのように考えているのだろうか。(2015/11/5)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
都営交通から全国へ広めたい“ヘルプマーク”に足りないこと
東京都交通局が配布する“ヘルプマーク”の重要性が高まりそうだ。優先席の携帯電話使用が解禁されたからだ。内臓疾患など、外観では分からない不自由な人を示す“ヘルプマーク”は良いアイデアだ。全国の公共交通機関が採用すべきである。(2015/10/30)

総務大臣も出席:
料金の公平負担に向けた課題は――総務省、携帯料金タスクフォースの第2回会合を開催
安倍内閣総理大臣の発言から始まった、携帯電話料金の値下げに向けた検討。提言をまとめるために設置されたタスクフォースの第2回会合では、消費者相談員の団体、キャリア、MVNOからの意見聴取が行われた。(2015/10/29)

富士通、PC事業と携帯事業を分社化へ
富士通はPC事業と携帯電話事業をそれぞれ分社化する。(2015/10/29)

携帯料金横並びは「協調的寡占」 総務相、大手3社に見直し求める
高市総務相は、ドコモなど大手3社が同じ料金プランで新規獲得競争にしのぎを削る携帯電話市場を「“協調的寡占”だ」と指摘、横並び料金の見直しを求めた。(2015/10/28)

IIJmio meeting 9:
白から半黒、そして黒へ――携帯電話の開通でSIMカードに何が行われているのか
MVNOにMNPする際、旧SIMカードが解約されて携帯電話が使えない期間が生じることが問題だったが、この空白期間を最小限に抑える方法がある。IIJmioの担当者が「おうちでナンバーポータビリティ」を例に、MNPのときにどんな作業が行われているのかを解説した。(2015/10/27)

ロボット携帯「RoBoHoN」はシャープを救うか……「目のつけどころ」は健在 報道陣も思わず拍手
ロボットを“携帯”する時代がやって来るのか。シャープから、そんな想像を膨らませるロボット型携帯電話「RoBoHoN」が登場した。同社はチャレンジ精神を失っていないようだ。(2015/10/20)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。