ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

携帯電話 に関する記事 携帯電話 に関する質問

「携帯電話」最新記事一覧

北米が一番積極的:
2014年、全世界のデジタル広告費は1370億ドル超に達する見込み
eMarketerは4月3日、「デスクトップやノートPCのほか、携帯電話、タブレットまで含めたデジタル広告費は今年中に1370億ドル5300万ドルに達する見込み」という調査結果を発表した。(2014/4/11)

MVNOサービス拡大に期待――矢野経済研究所による携帯電話の国内市場調査
矢野経済研究所が発表した「携帯電話の国内市場に関する調査結果 2014」によると、新規契約とハンドセット出荷台数は鈍化する一方、MVNOサービスの拡大に期待が寄せられるという。(2014/4/10)

ドコモ、スマホ通話に完全定額制 料金プラン大幅値下げも
ドコモがスマホ通話料金に定額制を導入へ。月額約2700円で相手の携帯電話会社や通話時間帯にかかわらず何分でも通話できるようになる。(2014/4/9)

携帯、普及率100%の争奪戦、激化 契約数公表「月次」→「四半期」変更も
携帯電話の契約数公表が四半期ごとに変更されるが、これで市場の競争がなくなるわけではない。普及率100%の国内市場で顧客争奪戦はますます激しくなる恐れがある。(2014/4/8)

「日本交通タクシー配車」アプリ、auかんたん決済での支払いが可能に
日本交通のスマホ向けタクシー配車アプリ「日本交通タクシー配車」が、au携帯電話料金と一緒に料金を支払える「auかんたん決済」を導入した。(2014/4/8)

今後は四半期ごと:
純増は3社で約166万件、過去最大の春商戦に――月次発表は2014年3月契約数が最後に
電気通信事業者協会(TCA)が2014年3月末時点の携帯電話各社の契約数情報を発表した。純増はソフトバンクが、またMNPはKDDIがトップで春商戦の締めくくりを制した。(2014/4/7)

「8万円キャッシュバック」「0円端末」消える 携帯乱売合戦、沈静ムード 契約数の月次発表中止を報告
携帯電話販売の現場が新年度に入って一挙に沈静化。ソフトバンクが販売報奨金の減額を代理店に通告し、2社も足並みをそろえた。巨額の販促費が利益を圧迫しているうえ、設備投資競争が始まるという事情もありそうだ。(2014/4/4)

ドコモ「iPhone 5s」が中古でもナンバー1に――SBIの2014年3月中古携帯/スマホ売上ランキング
携帯電話機売買専門ページ「ケータイ★アウトレット」の2014年3月中古携帯/スマホランキングが発表された。3カ月連続でトップだった「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」を抜き、ドコモの「iPhone 5s」がナンバー1となった。(2014/4/3)

ビジネスニュース 業界動向:
波に乗るBluetooth Smart、IoT市場が後押し
ノキアの近距離通信技術から生まれたBluetoothは、携帯電話機に標準的に搭載されるようになったのはもちろん、モノのインターネット(IoT)機器でも採用が広がっている。(2014/4/1)

携帯大手3社、毎月の契約数発表中止を検討 過当競争をあおると判断
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの携帯大手3社が携帯電話契約数の毎月の発表を取りやめ、四半期ごとに変更する方向で検討している。MNPによる転入出数の公表が過当競争をあおっていると判断した。(2014/4/1)

「ソフトバンクポイント」が「Tポイント」に切り替え 7月から
ソフトバンク携帯電話の利用料金に応じて貯まる「ソフトバンクポイント」が7月から「Tポイント」に切り替わる。(2014/3/28)

携帯3社、「ミサイル発射」などの緊急情報をケータイやスマホに配信
ドコモ、KDDI、ソフトバンクは4月から、「全国瞬時警報システム(Jアラート)」を携帯電話やスマートフォン向けにも配信する。(2014/3/28)

ミサイル速報、総務省消防庁が開始 携帯に一斉配信
総務省消防庁は4月1日から、弾道ミサイルの発射情報などを携帯電話ユーザーに緊急速報メールで送信する。(2014/3/28)

約85%が携帯電話本体を「高い」と回答――プラスワン・マーケティングのアンケート調査
プラスワン・マーケティングが「携帯電話に関するアンケート」を実施。約85%が携帯電話本体を「高い」と感じており、端末代や料金プランが安くなれば乗り換えを検討しているユーザーも約8割に上る。(2014/3/28)

大阪市営地下鉄の全路線で携帯電話サービスが利用可能に
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社が共同で進めていた大阪市営地下鉄のエリア整備事業が完了。全路線の駅間部でも携帯電話サービスが利用可能になる。(2014/3/27)

携帯3社、東北新幹線の仙台〜一ノ関間トンネルをエリア化
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社は、東北新幹線の仙台駅〜一ノ関駅間にある37のトンネルで、3月28日から携帯電話サービスを開始する。(2014/3/26)

回線離れ:
「フレッツ光」が苦戦……想像以上に
NTTグループの光回線サービス「フレッツ光」が苦戦している。ライバル企業は携帯電話との「セット割引」が好調だが、NTTは法で規制されているうえ、スマートフォンやタブレット端末など、PC離れによる“回線離れ”が拍車をかけている。(2014/3/25)

低迷ぶり「想像以上」 「フレッツ光」凋落、身動き取れぬNTT 法規制が足かせ、許さぬ「新電電」
NTTの光回線「フレッツ光」が苦戦している。ライバル企業は携帯電話との「セット割引」が好調だが、NTTは法で規制されているうえ、スマホやタブレットの普及が“回線離れ”に拍車をかける。(2014/3/20)

ギターの腕ならぬアプリケーション開発の腕を競う:
元ガンズのスラッシュ氏開催の「Slashathon」、優勝アプリ決まる
米大物ギタリストのスラッシュ氏が「Slashathon」(スラッシャソン)を開催。携帯電話からいつでも、どこからでもビデオを制作できるアプリケーションが優勝した。(2014/3/18)

「LINE電話」Android版、日米含む8カ国で提供
LINEが、国内外の固定・携帯電話と低料金で通話できる「LINE電話」Android版の提供を開始した。iPhone版も近日中に提供予定だという。(2014/3/17)

「LINE電話」Android版でスタート 国内外の固定/携帯電話と最大95%オフで通話
LINE内から一般電話に発信できるIP電話機能「LINE電話」がまずAndroid版で始まった。国内外の固定/携帯電話への通話料が通常料金より割安になる。(2014/3/17)

ほかのIP電話と何が違う? 着信はできる?――LINE電話の“ここ”が知りたい
国内外の固定・携帯電話と低料金で通話できる「LINE電話」を3月に提供すると発表したLINE。どんな特徴を持つサービスなのか、一問一答でまとめてみた。(2014/3/17)

ふぉーんなハナシ:
「MNPでキャッシュバック○万円」のカラクリとは?
携帯電話ショップでよく見る「MNPでキャッシュバック○万円!」の文字。スマホを買うとお金がもらえるってどういうことなのでしょうか。(2014/3/13)

KDDIが災害対策訓練を実施――光ファイバーの修復作業なども公開
KDDIが大規模災害の想定した復旧訓練を公開した。同社はauの携帯電話サービスだけでなく光ケーブルなど固定のインフラ網も持っており、高速伝送路の修復訓練も行われた。(2014/3/11)

TCAと携帯5社、緊急時に救助機関へ位置情報を提供――3月24日から順次
TCAと携帯キャリア各社は、緊急時に携帯電話利用者の位置情報を取得し、その情報を救助機関に提供すると発表した。3月24日以降順次実施する。(2014/3/11)

未成年の5人に1人がネットをやめたくてもやめられない――デジタルアーツの携帯電話・スマホ使用実態調査
デジタルアーツは、全国の小・中・高校生や保護者を対象とした携帯電話・スマホの使用実態調査第5弾を実施し、その結果を発表した。(2014/3/11)

ドコモが2カ月ぶりに純増1位、MNPはKDDIが盤石の首位――2014年2月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が2014年2月末時点の携帯電話各社の契約数情報を発表。純増はドコモが、MNPはKDDIが学割商戦の中間点をトップで折り返した。(2014/3/7)

石川温のスマホ業界新聞:
LINEが携帯・固定への音声電話サービスを開始━━キャリアに料金改定を迫るインパクトになり得るか
「LINE」アプリから国内外の固定・携帯電話へ低料金で通話できる「LINE電話/LINE Call」を3月から提供すると発表したLINE。このサービスはキャリアの通話料金にどう影響を与えるのだろうか。(2014/3/7)

au携帯電話の契約数が4000万を突破
2014年2月24日に、au携帯電話の契約数が4000万を突破した。(2014/3/6)

LINE電話登場でスマホ通話料の値下げ競争が加速か? ライバル各社に聞いてみた
固定電話や携帯電話と低料金で通話できるスマホ向けのサービスが相次いで発表されている。中でも料金単価を安く設定したLINE電話の登場で値下げ競争は進むのだろうか?(2014/3/5)

3カ月連続で「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」がトップ――SBIの2014年2月中古スマホ売上ランキング
SBIライフリビングが携帯電話機売買専門ページ「ケータイ★アウトレット」の2014年2月中古携帯/スマホランキングを発表。3カ月連続で「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」が1位を獲得した。(2014/3/5)

下り最速はiPhone/Androidともにドコモ――イード、東北6県のスマホ速度実測調査を実施
イードは、東北6県における携帯電話主要3キャリアの速度実測調査を実施。iPhone/Android端末ともに平均下り速度はドコモが1位となった。(2014/3/3)

ソフトバンクモバイル、「プリスマ」のSIMカードを他社ユーザー向けに提供
ソフトバンクモバイルが、スマートフォンのプリペイドサービス「プリスマ」のSIMカードを、他社の携帯電話ユーザー向けに提供する。3月4日から受け付ける。(2014/2/28)

「レアキャラ欲しい」客のスマホでゲームの仮想通貨購入 元携帯販売員の男逮捕
顧客のスマートフォンを使ってゲームで使う通貨を勝手に購入したとして、携帯電話店の元販売員が不正アクセス禁止法違反などの疑いで逮捕された。(2014/2/28)

携帯電話3社、大阪市営地下鉄谷町線の一部区間でサービス開始
2月28日から、谷町線の駒川中野駅〜八尾南駅間で新たに携帯電話サービスを開始。また今里筋線の全線もエリア化される。(2014/2/27)

あえて今:
最新フィーチャーフォン6機種の基本スペックを比較する
すっかりスマホが主役になってしまった携帯電話市場だが、この冬春モデルでは国内3キャリアがフィーチャーフォンの新機種を発表している。その最新6機種をスペックで比較してみよう。(2014/2/26)

「LINE」から国内外の固定・携帯電話へ低料金で通話できる新サービス「LINE電話/LINE Call」――2014年3月から日米含む6カ国で提供
LINEはスマホ向け「LINE」アプリから国内外の固定・携帯電話へ低料金で通話できる「LINE電話/LINE Call」を発表した。3月から日本を含む世界6カ国で提供する。(2014/2/26)

通信キャリアとは敵対しない:
LINEが有料「LINE 電話」発表、業務アプリ連携など新サービスも
LINEは、「LINE 電話」と呼ぶ固定・携帯電話との通話サービスを2014年3月に提供開始する。併せて、公式アカウントの新機能、スタンプ販売サイトなどの新サービスを発表した。(2014/2/26)

LINE、国内外の固定/携帯電話への格安通話「LINE電話」開始 自作スタンプ販売も可能に
「LINE」の新サービスとして、国内外の電話と格安通話が可能になる「LINE電話/LINE Call」、自作スタンプが販売できる「LINE Creators Market」などを発表した。春から順次開始する。(2014/2/26)

LINEから固定・携帯電話に低料金で電話できる「LINE電話」発表
携帯電話への通話は最安で1分6.5円となる。(2014/2/26)

利益度外視 なりふり構わぬスマホ割引合戦 0円販売や乗り換え返金
携帯電話の年度末商戦が本格化してきた。iPhone 5sの32Gバイトモデルが「0円」で販売されるなど、割引合戦が過熱している。(2014/2/25)

利益度外視:
0円販売や乗り換え返金――なりふり構わぬ“スマホ割引合戦”
携帯電話の年度末商戦が3月を前に過熱してきた。都内の大手家電量販店では週末、「iPhone 5s」の記憶容量32ギガバイトモデルが0円で販売された。(2014/2/25)

2012年度から14.9%低減――ドコモがキャリア間の音声接続料を改定
NTTドコモが、2013年度適用の携帯電話接続料の改定を発表した。総務省が定めたガイドラインに基づいて算定されており、2012年度適用の接続料から14.9%低減したという。(2014/2/21)

携帯3社、大雪の影響で通信障害相次ぐ 基地局が停止、自力復旧は困難
大雪や暴風の影響で広範囲にわたって発生した携帯電話大手3社の通信障害は17日も続いた。一部で回復した地域もあるが、雪のため人が入れない山間部などで影響が残る。(2014/2/18)

2020年のポストスマホはこうなる――au未来研究所が“未来ケータイ”の構想を発表
KDDI研究所の付帯組織「au未来研究所」で募集した「2020年に発明される、未来ケータイとは?」の中から、実際に研究開発を進める2つのアイデアが発表された。6年後にはどんな携帯電話が登場しているのだろうか?(2014/2/18)

Mobile Weekly Top10:
記録的な大雪で携帯各社に通信障害 被災地への支援も開始
記録的な大雪の影響で携帯電話・PHS各社に通信障害が発生している。また災害救助法の適用地域を対象に、キャリアの支援措置も始まった。(2014/2/17)

鍋を火にかけて発電 震災を機に生まれた「発電鍋」 湯沸かしで携帯充電も
鍋に火をかけることで発電できるため、湯を沸かしながら携帯電話の充電などができる「発電鍋」が注目を集めている。(2014/2/17)

3分LifeHacking:
iPhoneで着信通知ランプを使う2つの方法
iPhoneはフィーチャーフォン(従来型の携帯電話)と違って、電話やメール着信の着信を通知するための専用のLEDが用意されていない。iPhoneでこれらの通知を光の点灯や点滅で受け取れる、2つの方法を紹介しよう。(2014/2/17)

ワンダーポット:
湯沸かし=携帯充電 震災を機に生まれた「発電鍋」に脚光
湯を沸かしながら携帯電話の充電などができる「発電鍋」が注目を集めている。熱を直接電気に変える発電鍋を開発したのは大阪のベンチャー企業TESニューエナジーで、「ワンダーポット」の名称で売り出した。(2014/2/17)

携帯3社、山陽新幹線 広島駅〜新岩国駅間トンネル内をエリア化
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社が、2月28日から山陽新幹線の広島駅〜新岩国駅間のトンネル内にて携帯電話サービスを提供する。(2014/2/13)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。