ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

携帯電話 に関する記事 携帯電話 に関する質問

「携帯電話」最新記事一覧

「電車内携帯オフ」日本独自のルール、関東は継続 「電波は危険」と誤解、ペースメーカー使用者に不安も
関西で7月、電車内の優先席付近での「携帯電話電源オフ」が混雑時を除き、廃止されたが、関東では今も終日、電源オフを求める状況が続いている。このルールは日本独自。2020年の東京五輪時にはどうなっているのか――。(2014/9/1)

テレコムスクエア、羽田国際線ターミナルに訪日外国人向け店舗をオープン
テレコムスクエアは国内用Wi-Fiルーターや携帯電話のレンタル、プリペイドSIMカードを販売する「モバイルセンター羽田空港 2階到着ロビー店」を開店する。(2014/8/27)

写メール:
カメラ付きケータイ「J-SH04」が未来技術遺産に登録――マビカ試作機や写ルンです、“パスポートサイズ”も
国立科学博物館は、シャープのカメラ付き携帯電話「J-SH04」や電子スチルカメラ「マビカ」試作機、レンズ付きフィルム「写ルンです」などを重要科学技術史資料(未来技術遺産)として選定した。(2014/8/27)

携帯ショップの営業停止も――通信キャリアの“違法キャッシュバック”問題に揺れる韓国
日本では携帯電話契約時の多額なキャッシュバックが問題になっている。お隣の韓国でも各通信事業者の過度な端末割引が問題になっており、通信事業者が強制的に営業停止させられる事態にまで発展した。営業停止という罰則を受け、事業者はゆがんだ販売方法を是正したのだろうか?(2014/8/27)

アワーズ、常時数百台の在庫をそろえた中古ケータイ専門店を池袋駅西口にオープン
アワーズは、スマートフォンのほかフィーチャーフォンも多数取りそろえた中古携帯電話の専門店を池袋駅西口にオープンさせた。(2014/8/26)

NTTドコモ、免許不要の5GHz周波数帯でLTEの通信に成功
5GHzの周波数帯でLTEの通信実験が成功した。今後は、既存の携帯電話サービスが使用している周波数帯と5GHz帯を束ねて利用する実験を進めるという。(2014/8/21)

病院内で携帯電話利用、新指針公表 待合室・病室はOKに
医療機関での携帯電話使用の新指針が公表された。待合室や病室では使用OKなど、従来の指針より制限を緩めている。(2014/8/21)

子供の携帯電話所持率は51.3パーセント、低学年の半数も所有――MMD研究所
MMD研究所が20〜40代を対象とした「2014年子供を持つ母親の携帯電話・スマートフォンに関する意識調査」を実施。子供の携帯電話所持率は、昨年より約1割増しの51.3%となった。(2014/8/20)

ドコモ、携帯シェア巻き返し 3社“横並び”で格差縮小、MNPプラス転換も視野
2014年4〜6月期の契約件数の純増は、これまでになく3社間の格差が縮小している。携帯電話市場でシェアを下げ続けてきたドコモが巻き返す可能性も出てきた。(2014/8/20)

組み込みニュース:
メカトラックス、格安SIMも使えるRaspberry Pi向け通信モジュール「3GPI」
メカトラックスはRaspberry Piと接続できる、携帯電話網通信モジュール「3GPI」(仮称)を発売する。発売記念として先行20台を1万9800円で販売する。(2014/8/18)

花火大会でどれだけ快適に通信できる?――ドコモ、au、ソフトバンクのスマホで計測してみた
多くの人でごった返す花火大会。それだけに携帯電話のネットワーク状況が気になるところだが、会場ではどれだけ快適に通信できるのだろうか? ドコモ、au、ソフトバンクのスマホで比較してみた。(2014/8/13)

R25スマホ情報局:
災害でスマホがクラッシュ…!その時どうする?
記憶に新しい台風8号の被害。台風だけでなく、さまざまな災害でスマートフォンや携帯電話が壊れる可能性がある。では各キャリアはどんな対応をしてくれるのだろうか。(2014/8/11)

携帯電話などの電子機器、航空機内での使用制限を緩和 9月1日から
航空機によっては、機内モードの携帯電話は離着陸時も使用できる。(2014/8/7)

小さいのに大迫力の音:
クリエイティブ、5ドライバー搭載のワイヤレススピーカー「Sound Blaster Roar SR20A」
携帯電話や音楽プレイヤーとワイヤレスで接続するスピーカーが増えつつある。クリエイティブメディアは小型ながら5つのドライバーを搭載したワイヤレススピーカーを発売する。(2014/8/1)

製造マネジメントニュース:
NEC、4〜6月期は順調な業績回復――スマホ撤退した携帯電話端末事業は黒字化
NECは2015年3月期(2014年度)第1四半期の決算発表を行った。最終赤字が101億円残るものの当初見込みよりも早いペースで改善が進んでいることを訴えた。(2014/7/30)

ビジネスニュース 企業動向:
Broadcomが2500人を解雇へ、ベースバンド事業の撤退で
2014年6月に、携帯電話機向けベースバンド事業から撤退することを発表したBroadcom。それに伴い、同社の全従業員の20%に当たる2500人を解雇する。(2014/7/28)

ケイ・オプティコム、「ウイルスバスター モバイル 月額版」を利用できる「mineo安心パック」を提供へ
ケイ・オプティコムは自社の携帯電話サービス向けに「ウイルスバスター モバイル 月額版」などを利用できる「mineo安心パック」の提供を始める。(2014/7/24)

KDDI、ミャンマーで通信事業に参入
ミャンマーは携帯電話普及率が約10%と低く、今後の成長が期待される市場。(2014/7/17)

ヤフーと連携:
イー・モバイルとウィルコムが「Y!mobile」に――8月にブランドを統合、スマホ2機種など新端末を順次発売
ワイモバイルは携帯電話・PHSの新ブランド「Y!mobile」を発表した。スマホ2機種とケータイ4機種、テレビチューナー付きモバイルルータ1機種を8月1日から順次発売する。また新料金とヤフーとの連携サービスも発表した。(2014/7/17)

「制スマホ」学校お手上げ 生徒が初期化、ゲーム三昧 半年で従来型に戻す
学校指定の「制スマホ」を導入した神戸市の私立中学・高校が半年間で従来型の携帯電話に戻していた。機能制限をかいくぐってゲームに没頭する生徒が増えたためで、学校は「想定外の事態」と頭を悩ませている。(2014/7/17)

エネルギー管理:
月額900円、安価な運用をうたう太陽光遠隔監視システム
ファインウッズは2014年7月、太陽光発電システム用の遠隔監視システムを発売した。携帯電話用のSIMを利用して、通信料金を抑えており、導入費用は20万円以下である。(2014/7/15)

「SIMロック」解除義務化を決定 寡占状態、解消狙う 料金引き下げに期待
スマートフォンを他の通信会社で使えないように端末に制限をかける「SIMロック」の解除を、2015年度にも携帯電話各社に義務付ける方針を総務省が正式決定した。大手による寡占を解消するのが狙いだ。(2014/7/15)

春商戦がピーク、キャッシュバックに惹かれ:
MNPしたスマホユーザーの6割、乗り換え前より「つながりやすくなった」
携帯電話の番号を変えずに通信キャリアの乗り換えができる「番号持ち運び制度」(MNP)を利用したユーザーのうち6割は、電波のつながりやすさや通信速度の向上を実感しているという。MMD研究所調べ。(2014/7/15)

ドコモ、紙による明細発行を有料化へ――「eビリング」「Web明細サービス」を標準に
NTTドコモは、携帯電話やDCMXの利用代金明細の紙での発行を有料とし、Webサイト上やメールで確認する「eビリング」「Web明細サービス」を標準とする。(2014/7/14)

ようやく始まった台湾の4Gサービス――通信キャリアとメーカーの激しい競争が勃発
アジア各国の中でも4Gの開始が遅れていた台湾。この5月末から3社がLTE方式でサービスを開始した。サービス開始から1ヶ月で早くも料金競争が始まるなど、台湾の携帯電話市場は今、大きな盛り上がりを見せている。(2014/7/8)

インテルはトップ3から脱落:
モバイル用ベースバンド世界ランキング、クアルコムが首位を維持
2014年第1四半期の携帯電話機向けベースバンド市場において、Qualcommがトップの座を維持した。2位にMediaTek、3位にSpreadtrum Communicationsが続く。インテルは、過去3年間で初めてトップ3位から脱落した。(2014/7/8)

車載情報機器:
車載Linuxのオープンソース活動は携帯電話機の轍を踏んではならない
「Automotive Linux Summit 2014」の2日目の基調講演には、パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社のインフォテインメント事業部で技術担当(CTO)を務める水山正重氏が登壇。水山氏が、「オープンソース活動では、議論だけに時間を費やすべきではない。開発成果を実装する必要がある」と語る背景には、携帯電話機の開発を担当していた際の経験があった。(2014/7/4)

Windows Insider用語解説:
OpenTypeカラーフォント
携帯電話やスマートフォンなどで広く使われている絵文字は、その代表的な字形がUnicode規格で標準化されているが、それをカラー化したOpenTypeのカラーフォントも普及しつつある。カラーフォントは携帯電話やiOS、OS X、Androidなどすでにさまざまなプラットフォームで利用できるが、Windows 8.1でもカラーフォントが利用できるようになった。(2014/7/3)

フィーチャーフォンに特化した中古携帯電話専門店が東京・神田にオープン――在庫は1000台以上
アワーズは、フィーチャーフォンに特化した中古携帯電話の専門店を東京・神田にオープン。2002年モデルから最新機種まで1000台以上を幅広く取り揃えている。(2014/7/2)

病院内で携帯電話の利用に新指針 病室はOK、手術室はNG
病院など医療機関での携帯電話使用についての新たな指針案がまとまった。待合室では使用はOK、病室でもWeb閲覧やメールはOK――などとしている。(2014/7/2)

SIM通:
白ロムと黒ロムの違いは?【一問一答】
携帯電話でよく聞く「白ロム」「黒ロム」は、どういう意味なのでしょうか。「赤ロム」というものも存在するようですが……。(2014/7/2)

ソフトバンクのTポイントサービス開始、1万ポイントが当たるチャンスも
ソフトバンクモバイルが、同社の携帯電話向けのTポイントサービスを開始した。あわせて、最大1万ポイントが1万人に当たるキャンペーンも実施する。(2014/7/1)

優先席付近の「ケータイ電源オフ」を見直し ペースメーカー改良などで電波の影響受けにくく 関西の鉄道
関西の私鉄・地下鉄とJR西日本は、優先席付近の乗客に呼びかけてきた「電源オフ」の携帯電話マナーを変更し、7月から「混雑時には」と限定する形に見直す。(2014/6/26)

「携帯電話税」は荒唐無稽な構想か 次から次に出てくる財源探し
携帯電話1台に数百円の課税導入を検討する議員連盟「携帯電話問題懇話会」が設立された。巨大市場が“潜在的財源”として認知されている。(2014/6/25)

携帯電話への課税、自民党の議員が検討へ 利用者からは反発の声
議員のTwitterやFacebookページにも反対意見が寄せられている。(2014/6/19)

SIM通:
SIMとは?
携帯電話の「SIMカード」とは、そもそも何なのでしょう。(2014/6/19)

ソフトバンク、iPhoneほか基本パックの加入条件を購入と同時のみに変更――8月1日から
ソフトバンクモバイルは6月12日、iPhoneほか基本パックの加入条件を変更すると発表。8月1日から携帯電話機の購入時と同時のみ可能とする。(2014/6/13)

運転中のケータイはダメ、ゼッタイ! フォルクスワーゲンの“よそ見注意”動画が巧妙
劇場と携帯電話を使ったユニークな企画。(2014/6/11)

MM総研、国内MVNO市場の2013年度実績と予測を発表――回線契約数は前年度比42.7%増
MM総研は、国内のMVNO市場における2013年度実績と予測を発表。2013年度末時点での契約回線数は前年度比42.7%増の1480万、回線種別は携帯電話(3G/LTE)が前年度比46.0%増の730万となった。(2014/6/10)

SIMを外付け化した「ポータブルSIM」、ドコモが開発 複数のSIMなしスマホ/タブレットにかざして使える
SIMカードを外部モジュール化した「ポータブルSIM」をドコモが開発。複数のSIMなしスマートフォン/タブレットにかざすだけで回線認証し、携帯電話機能を使えるようにする。(2014/6/10)

ソフトバンク、買い物やアプリインストールで携帯料金を値引きする「得するモール」を6月末に提供
ソフトバンクは同社のスマホユーザー向けに、ネットショッピングなどの利用で携帯電話利用料金が値引きされる会員制のオンラインモールを提供する。(2014/6/2)

携帯電話の料金は高い――けど、定額制の通話サービスはいらない?
携帯電話会社に支払っている1カ月分の金額についてどのように感じている人が多いのだろうか。15〜69歳の男女に聞いたところ「高い」と答えたのは65.9%だった。楽天リサーチ調べ。(2014/6/2)

ワイヤレスジャパン2014:
ユーザー獲得競争、求められる高度な接客、人材不足――悲鳴を上げるキャリアショップ
MNPによる過度なキャッシュバック戦争など、キャリア間でし烈なユーザー獲得争いを見せる携帯電話の販売業界。キャリアや野村総研の担当者が、キャリアショップが抱える苦悩と今後の展開を語った。(2014/5/30)

KDDI、経済産業省の「どんぐりポイント制度」に協賛――下取り金額に応じてポイントを寄付
KDDIは、経済産業省が実施する「どんぐりポイント制度」に協賛。ユーザーがau携帯電話などの下取りプログラムを利用した際、NPOやボランティア団体へポイントを寄付する。(2014/5/30)

中期経営計画を発表:
富士通、PC/携帯電話機生産は現状維持――三重工場分離は「2014年度内に仕上げる」
富士通は、2016年度までの経営方針説明会を開催し、サーバ/SI事業での売り上げ拡大を狙う一方で、PC/携帯電話機事業は現状のビジネス規模を維持していく方針を示した。(2014/5/29)

ワイヤレスジャパン2014/WTP2014:
RFパワーアンプの評価時間を従来の1/3に短縮
ローデ・シュワルツは、最新の携帯電話通信方式である「LTE-Advanced」に対応する携帯端末機器、基地局用通信装置、および電子部品の開発や評価に必要となる測定機器/システムをWTP2014でデモ展示した。(2014/5/29)

FAニュース:
日立産機システム、パケット通信端末CPTransのLTE対応版を9月から受注開始
LTE通信モジュールを搭載し、常時接続可能な高速データ通信が利用できる。日本全国のKDDI携帯電話サービスのLTE通信が使える。産業機器の設備監視や測定器のデータ転送など、幅広い用途での利用を想定。(2014/5/29)

キャッシュバックも月々割も消える?:
2015年、「クーリングオフ」の制定でケータイビジネスが一変するかもしれない
携帯電話や光回線といった、通信サービスの契約にクーリングオフが近々導入されることをご存じだろうか。携帯電話の店頭販売におけるトラブルから、消費者を守るためのものだが、実はケータイビジネスを一変させる可能性を秘めている。(2014/5/27)

テスト/計測 アジレント:
「総合力」を強みに次世代ワイヤレス市場に挑む
ワイヤレス通信市場が最大用途市場となっているアジレント・テクノロジー。長く同市場に注力し続け、あらゆるワイヤレス通信に関するあらゆるニーズに応えられる製品/技術サポート力を築き上げてきた。現在、研究開発、規格化が進む第5世代携帯電話方式や自動車、産業機器といった新たに無線通信応用領域に対しても「総合力」を強みにリーディング企業の地位を狙う。(2014/5/26)

R25スマホ情報局:
スマホと携帯電話、どう処分すればいい?
機種変更などで使わなくなった古いスマホや携帯電話。みなさんはどのように処分していますか? 20代から30代の男女にアンケートを取ってみました。(2014/5/22)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

名称も未定ながら、9月発売が噂される次世代iPhone。例によって多くの真偽不明情報が流れているが、今よりもサイズの大きいバージョンが発売される確率は高そうだ。