ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「携帯電話」最新記事一覧

J.D.パワー、法人向け携帯電話サービスの満足度調査を発表――ドコモが7年連続1位
J.D.パワーが発表した「2015年日本法人向け携帯電話・PHSサービス顧客満足度調査」によると、NTTドコモが7年連続で総合満足度1位を獲得。業者選定理由で最も多いのは「コスト」となった。(2015/8/28)

小学生を持つ母親の約3割が格安スマホへの乗り換えを検討――MMDが調査
MMD研究所は、小学生の子どもを持つ母親を対象とした「小学生の携帯電話に関する調査」を実施。所有を検討している端末は「キャリアの子ども向けフィーチャーフォン」が最も多い一方、約3割が格安スマホへの乗り換えを検討中だと答えた。(2015/8/24)

動画配信サービス「Netflix」は月額650円から ソフトバンクと提携
ソフトバンクは自社のの携帯電話・光ブロードバンドサービス利用者向けに、ショップやWebサイトなどでNetflixの加入申し込みを受け付ける。(2015/8/24)

ネオマーケティングの格安スマホ利用実態調査――「基本料金」満足も「通話料金」「サポート」は低調
ネオマーケティングは、格安スマホ所有者1000人を対象とした利用実態調査を実施。約半数がキャリアの携帯電話と併用しており、月額基本料金には満足しているが通話料金やサービスには不満が残っているようだ。(2015/8/19)

IDT F1358統合型デジタルプリディストーション復調器:
3200〜4000MHzで動作するTDD携帯電話基地局向け復調器
IDTは、TDD携帯電話基地局の開発者向けに、消費電力、ソリューションコスト、基板面積を削減できるRFデバイス「F1358統合型デジタルプリディストーション復調器」を発表した。(2015/8/13)

格安SIM Q&A:
「格安SIM」で国際ローミングはできますか?
普段の携帯電話機と携帯電話番号を、そのまま海外でも使える「国際ローミング」。いわゆる「格安SIM」でも国際ローミングできるのでしょうか……?(2015/8/12)

「優先席付近での携帯電話オフ」ルール見直しへ? 総務省の新指針に盛り込みも、鉄道会社は「変更予定なし」
関西の鉄道会社では2014年7月から、優先席付近では携帯電話の電源を切るのは「混雑時のみ」ということになっていますが……。(2015/8/10)

週刊「調査のチカラ」:
実はいらないスマートフォンの機能、「虹彩認証」「コンシェルジュ」「テキスト読み上げ」が上位に
携帯電話の機能から、されてうれしい愛情表現、コンテンツマーケティングの実態まで。バラエティ豊かに、かつ思わず膝を打つ調査結果の数々をピックアップ。(2015/8/8)

auのEメール障害、端末再起動などの対処を呼び掛け
一部のユーザーに発生したau携帯電話のEメール(〜@ezweb.ne.jp)が送受信しにくくなる障害について、KDDIは端末の再起動などを呼び掛けている。(2015/7/27)

面倒でも心がけたい:
無用なトラブルを避けるために――携帯電話の“契約”において特に気を付けたいこと
携帯電話は、通信事業者と契約して使うもの。この契約をめぐり、通信事業者と契約者との間にトラブルが生じることがよくあります。このようなトラブルを未然に防ぐため、そして万が一トラブルが発生したときに困らないようにするために、知っておきたいことをまとめてみました。(2015/7/19)

PR:これぞ新世代の携帯電話!――LINEもできる「AQUOS ケータイ SH-06G」ってどんなケータイ?
スマホにしたいけどケータイの使い勝手も捨てがたい。でもスマホみたいにLINEやfacebookを使ってみたい……。そんな声に応えるのが、シャープの新世代ケータイ「AQUOS ケータイ SH-06G」なのだ。(2015/7/17)

auのEメールを送受信しにくい障害、いまだ回復のめどが立たず
au携帯電話でEメール(〜@ezweb.ne.jp)を送受信しにくい障害が、依然として続いている。【7/16 19:23更新】(2015/7/16)

「携帯2年縛り」見直し求める方針 総務省、料金高止まりを問題視
総務省は、携帯電話各社に「2年縛り」の見直しを求める方針を固めた。(2015/7/16)

「au」携帯電話でメール使えない障害が解消 原因は火災報知機の作動
12日夜から続いていた障害が13日午後に解消された。(2015/7/13)

R25スマホ情報局:
「スマホ買い取り」にまつわる10問10答!
各キャリアの2015年夏モデルがだいたい出そろいました。新しいスマホを買ったら、今まで使っていた携帯電話やスマートフォンを買い取ってもらおう――と思ったときに思い浮かぶ疑問をITジャーナリストの佐野正弘さんにぶつけてみました。(2015/7/13)

「au」携帯電話の一部でメール使えず 12日夜からの障害いまだ続く
13日午前8時30分時点でも一部ユーザーは利用できないと報告続く。(2015/7/13)

携帯大手の勢力図に変化 ドコモ、6年ぶりMNPプラス ソフトバンクは8年ぶりマイナスに
ドコモが6年半ぶりにMNP転入超過に。新料金プランが支持されるとともにMVNO経由の利用者が増えたため。ソフトバンクは8年3カ月ぶりに転出超過となり、携帯電話大手の勢力図に変化の兆しが見えてきた。(2015/7/10)

どれがおトクにためて使える?:
徹底比較! ドコモ・au・ソフトバンクのポイントプログラム
ここ最近、携帯電話会社のポイントプログラムが「カード」を発行して、リアル店舗との結びつきを強化する動きが続いている。変化著しいドコモ・KDDI(au)・ソフトバンクの3社のポイントプログラムを比較してみよう。(2015/7/9)

デジタルアーツ、未成年のケータイ・スマホ利用実態を調査――女子中学生のスマホ所有率が7割に
デジタルアーツは、全国の小・中・高校生と保護者を対象とした携帯電話・スマートフォンの利用実態調査を実施。女子中学生のスマホ所有率が7割に増加した。(2015/7/7)

ふぉーんなハナシ:
Shoin(書院)復活記念!――シャープの「S-Shoin」は“あれ”を入力しても大丈夫か
およそ9年前。シャープの携帯電話である“事件”が発生したことを覚えているだろうか。筆者は覚えている。だからこそ、シャープのスマホで「Shoin(書院)」が復活した、今だからこそ――。(2015/6/30)

ドコモ光、新規契約で最大1万8000円が無料になる「新規工事料キャンペーン」実施
光ブロードバンドサービス「ドコモ光」が、新規契約者を対象とした「新規工事料キャンペーン」を開始。携帯電話の契約とセットで申し込むと最大1万8000円の工事料が無料になる。(2015/6/26)

石川温のスマホ業界新聞:
ドコモ、KDDIは株主総会、ソフトバンクはファンミーティングを開催━━株主の質問から読み解く「販売現場で起きていること」
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが相次いで株主総会を開催した。とりわけ、ドコモの株主総会の様子を振り返ると、今後、携帯電話の販売現場で起こるであろう“問題”が見えてくる。(2015/6/26)

携帯の電波がペースメーカーなどに影響を与える可能性は低い――総務省が指針に追記
ペースメーカーなどを装着した人が近くにいる場合、携帯電話から15センチ以上離れることを総務省は指針として定めているが、総務省の検討会で「影響はきわめて低い」との見方が示された。(2015/6/24)

SIM通:
子どもに最適な格安スマホはコレ!おすすめポイントは?
通学や習い事への行き来など、子どもに携帯電話を持たせるシーンが増えてきました。そこで、子どもに持たせるのに最適な格安スマホをピックアップしてみました。(2015/6/24)

R25スマホ情報局:
スマホ原因の「ブラックリスト」要注意
携帯電話料金を滞納した結果、クレジットカードやローンを契約できない、いわゆる「ブラックリスト」に入ってしまう人が急増しています。なぜなのでしょうか。(2015/6/24)

14年の世界携帯契約数、世界人口を上回る「75億」に
矢野経済研究所によると14年の世界の携帯電話契約数は74億9487万で、世界の人口を3.5%上回った。主流は2Gだが、3G、4Gも拡大している。(2015/6/23)

携帯電話番号「060」を追加? 3年後には「070」も枯渇の可能性
「090」「080」「070」……そして。総務省が検討を始めた。(2015/6/19)

総務省、「020」で始まる番号検討 携帯電話番号枯渇に対応
携帯電話番号の不足に対応するため総務省は、電子機器などの機器同士の通信専用に「020」で始まる番号を割り当てる検討を進めている。(2015/6/17)

自然エネルギー:
福島第一原発から22キロの工場、1万枚の太陽光パネルで720世帯分の電力
携帯電話などに使われる電子回路基板の製造工場にメガソーラーが完成した。福島第一原子力発電所から22キロメートルの場所にある工場で、事故から3カ月以上に及ぶ操業停止を余儀なくされた。敷地内に残っていた遊休地を利用して、地域の再生可能エネルギーの拡大に貢献する。(2015/6/15)

MM総研、携帯電話契約数&月額利用料金・通信量に関する調査結果を発表――スマートフォン契約数は54.1%に
MM総研は、独自調査した2015年3月末時点の携帯電話端末契約数と月額利用料金に関する調査結果を発表した。スマートフォン契約数は54.1%と前年度より増加している。(2015/6/12)

日本モレックス SlimStack Hybrid Power:
最大6Aの電源供給に対応、狭ピッチ/低背の基板対基板用コネクタ
日本モレックスの「SlimStack Hybrid Power」は、最大6Aの電源供給に対応できる基板対基板用コネクタである。携帯電話やタブレットPC、ウェアラブル機器および携帯型医療機器などの電源回路用途に向ける。(2015/6/12)

Design Ideas 計測とテスト:
白色LEDドライバに調光機能を付加する
カラー表示を備える携帯電話では、消費電力の要求が厳しい。新しいアプリケーションが次々と登場し、低電力設計が不可欠になっている。そこで、今回提案したいのは応用範囲の広い調光方法だ。(2015/6/12)

ローソン、ドコモとポイント連携の次は共同店舗展開検討
ドコモとは既に、携帯電話端末の購入などに利用が限定されるドコモのポイントを、ローソン店舗などで使える共通ポイント「Ponta(ポンタ)」と年末までに互いに交換できるようにすることが決まっている。(2015/6/9)

“ウェアラブル”の今:
第32回 意外なところで気付いたApple Watchの大敵
携帯電話が普及し始めた頃、それは社会の中でいろいろな摩擦を生んだ。スマートウォッチは今、その頃と似たような状況にあると言えるだろう。Apple Watchをはじめとするスマートウォッチは、世の中にどう受け入れられていくのか。(2015/6/8)

設計開発ツール:
車載情報機器のeCall対応テストに最適、日本NIが無線試験システムを投入
日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は、BluetoothからWi-Fi、GPS、携帯電話通信に至るまで複数の無線技術に関する試験を一括して行える「Wireless Test System」を開発した。新型車への搭載義務化が計画されている、欧州の緊急通報システム「eCall」を組み込んだ車載情報機器の開発に最適だという。(2015/5/29)

電子ブックレット/電力供給サービス:
東京電力の小売戦略が動き出す
小売全面自由化に向けて東京電力の戦略が加速してきた。携帯電話と組み合わせた新サービスを全国展開するためにソフトバンクと提携交渉に入る一方、首都圏を中心にNTTドコモやKDDIとも協業を進めて両面作戦に挑む。全国に5000万人以上の会員を抱えるポイントサービス2社と提携することも決めた。(2015/5/27)

ゲオがSIMの販売を始めて変わったこととは?――「ゲオモバイル」の狙いを聞く
リサイクル事業と携帯電話代理店事業のノウハウを掛け合わせて生まれた「ゲオモバイル」。NTTコムとの協業でOCN モバイル ONEのSIMカードを扱い始めたことで、端末とSIMカードの両方を販売可能になった。今回は、そんなゲオモバイルの戦略を聞いた。(2015/5/26)

本当に各社横並び?:
携帯電話各社の「SIMロック解除」手続きについてまとめてみた
各キャリアから2015年5月以降に発売される携帯電話端末は、原則としてSIMロックの解除に対応している。そこで、各キャリアにおけるSIMロック解除手続きの方法を簡単にまとめてみた。(2015/5/19)

良い商品を力いっぱい提供する:
使いやすさの革新で差別化――富士通2015年スマホ・ケータイ夏モデル発表会
富士通が2015年に発売する携帯電話の新商品発表会を開催。東芝の担当者によるTransferJetの説明や、アップアップガールズ(仮)のトークショーも行われた。(2015/5/18)

画面を見つめて0.6秒でロック解除 新「ARROWS」、世界初の虹彩認証 LINEができる“ガラホ”今後も注力
富士通の夏モデル携帯電話端末は、世界初となる虹彩認証搭載の最新スマートフォンだけでなく、フィーチャーフォンの形状を残したAndroid端末“ガラホ”もリリース。根強いユーザーにも新たな選択肢を提供する。(2015/5/18)

MM総研、2014年度通期の国内携帯電話端末出荷を調査――総出荷台数は3.9%減で3年連続減少
MM総研が発表した2014年度通期の国内携帯電話端末出荷調査によれば、総出荷台数は前年比3.9%減と3年連続で減少しているが、フィーチャーフォンの出荷台数は7年振りに前年度を上回った。(2015/5/15)

国内の携帯電話出荷数、3年連続減少 “ガラケー”7年ぶりに前年上回る SIMロック解除、MVNOが今後のカギに
14年度の国内の携帯電話出荷数は3年連続減少。スマホは低調な一方、“ガラケー”は7年ぶりに前年を上回る――MM総研が調査結果を発表した。(2015/5/15)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンクがヤマダ電機に227億円で業務資本提携を締結 ━━ヤマダとは「撤退か、協調か」で悩むNTTドコモとKDDI
5月7日に、ソフトバンクがヤマダ電機と資本業務提携を締結することを発表した。もともと深い関係にあるように見える両者の関係がさらに深まる見通しだが、それに戦々恐々としているのは、ヤマダ電機で携帯電話を販売するNTTドコモやKDDIといった競合他社だ。(2015/5/15)

電力供給サービス:
東京電力がソフトバンクと全国規模で提携へ、携帯電話サービスとセット販売
小売全面自由化に向けた東京電力の事業展開が加速してきた。携帯電話と組み合わせた新サービスを全国で展開するためにソフトバンクと提携交渉に入り、9月までに基本合意を目指す。一方で首都圏を中心に従来のサービスエリアではNTTドコモやKDDIとも協業を進めて両面作戦を展開する。(2015/5/14)

東電、ソフトバンクモバイルを優先交渉先に 電力小売り自由化で提携へ
東京電力は、電力小売りの全面自由化に向けた携帯電話事業者との提携について、ソフトバンクモバイルを優先交渉先に選んだ。(2015/5/13)

ビジネスニュース 業界動向:
LTEとWi-Fiは共存できるのか、アンライセンス周波数帯の利用で
増加の一途をたどるデータトラフィック。携帯電話ネットワークにかかる負荷を減らすべく、アンライセンス周波数帯(LTE-U/LAA)を、より効率的に利用するための取り組みが進んでいる。だがこれによって、「LTE対Wi-Fi」という対立の構図が生まれつつあるという。(2015/5/13)

ICT、MVNOサービス・格安SIMの市場動向調査を発表――利用者シェアは「OCNモバイルONE」がトップ
ICT総研は「2015年 MVNOサービス・格安SIMの市場動向調査」の結果を発表。利用者シェアは「OCNモバイルONE」がトップで、月額料金への満足度が携帯電話や固定回線などと比べ高くなっている。(2015/5/12)

使われていない「埋蔵携帯」の総額価値は1兆6489億円――ゲオが試算
ゲオは現在使われおらず、自宅に保管されている携帯電話「埋蔵携帯」の価値を試算。総額で1兆6489億円になると発表した。(2015/5/11)

製造IT導入事例:
携帯電話の製品開発にCAD/PLMソリューションを導入、設計サイクルを50%短縮
PTCジャパンは、高級携帯電話メーカーのVertuが、製品の開発に同社のソリューションを導入したと発表した。これにより、設計サイクルを50%短縮可能になるという。(2015/5/7)

携帯3社、東北新幹線 一ノ関〜盛岡駅間のトンネルをエリア化
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯電話3社は、東北新幹線の一ノ関〜盛岡駅間にある11カ所のトンネルをエリア化した。東京から盛岡まで、トンネルに入っても圏外にならない。(2015/4/23)



国民ひとりひとりに番号を割り当てて行政手続きに利用する電子化施策。一般企業も行政とのやりとりのために、従業員やその家族のマイナンバーを把握・管理しなければならず、2016年1月のスタートに向けて対応が本格化している。

テレビ等のHDMI端子に差すだけで使えるスティック型のPC。マウスコンピューターのm-Stickの登場以降、各社から同様の製品が発表されており、Lenovoも提供を決めるなど注目が高まっている。

ヤフオクが強いC2C分野だが、スマホでは新興のフリマアプリも存在感を持っている。ネットオークションの独特の作法からは距離を置いた、シンプル/直観的な使い心地が女性に好まれているようだ。