ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「トラックボール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「トラックボール」に関する情報が集まったページです。

PR:ダイナミックにネットを楽しみたいから、「リアルネットサーフィンマシン」を作ってみた
これがバーチャルリアリティーってやつか……。(2018/10/16)

イノベーションのレシピ:
パナソニック企画製品で初のクラウドファンディングは「空間を着る」
Shiftall(シフトール)は、パナソニック アプライアンス社のデザインスタジオ「FUTURE LIFE FACTORY(FLF)」と共同で、集中力を高めるウェアラブル端末「WEAR SPACE」を開発したと発表した。パナソニックが企画開発した製品として初めて、事業化プロジェクトをクラウドファンディングで実施する。(2018/10/3)

ロジクール初の縦型マウス「MX Vertical」は税別1万2880円
ロジクールが「ロジクール MX Vertical」の国内製品発表会を開催。握手をするときのようにマウスをホールドするユニークな形状の意図を解説した。国内の参考価格は税別1万2880円。(2018/8/27)

サンワ、エルゴノミクス形状のトラックボール内蔵キーボード
サンワサプライは、キーレイアウトを左右に分離したエルゴノミクス設計のUSBキーボード計2製品を発売する。(2018/8/24)

週末珍ゲー紀行:
猫ちゃんがカワイイから死にまくってもつらくない! サイケと猫とマゾゲーを混ぜた電子ドラッグ「PUSS!」の中毒性がヤバい
ハイになった状態でイライラ棒をプレイする感覚。(2018/8/11)

最新巨大客船の裏側へ潜入! 氷川丸と「客船80年の進化」を見比べる
どんだけすごいんだ。【写真スライドショー150枚】(2018/7/29)

あの人のかばんの中身は?:
「大事なプレゼンの日は11センチヒールで!(キリッ)」からの転身。フリーランス広報青柳真紗美さんのかばんの中身
フリーランス広報・PRマンとして活躍しつつ、3歳男児を子育て中の青柳真紗美さんのかばんの中身は……?(2018/6/20)

狭いスペースでも使えるミニトラックボール付きのUSBキーボード
サンワサプライは、トラックボール内蔵の小型キーボード「SKB-TR05BK」を発売する。(2018/6/11)

エレコム、高耐久パーツを採用した多機能ワイヤレストラックボール“DEFT PRO”
エレコムは、ハイスペック仕様のワイヤレストラックボール“DEFT PRO”を発表した。(2018/4/3)

パンタグラフ構造のQWERTYキーボードを搭載 横長クラムシェル型Androidスマートフォン「LYNX SH-10B」(懐かしのケータイ)
シャープのドコモ向け初のAndroidスマートフォンとして登場したLYNX SH-10B。5型ディスプレイにQWERTYキーボード、トラックボールを搭載し、小さなノートPCのように使えるAndroid端末でした。(2018/3/18)

サンワ、45mm径のボールを備えた左右対称デザインのトラックボール
サンワサプライは、USB有線接続に対応した大型トラックボール「400-MA094」を発売した。(2018/1/26)

両手持ちでマウス操作もできるトラックボール付きミニキーボード
ドスパラは、トラックボールを内蔵した小型ワイヤレスキーボード「DN-915040」の取り扱いを開始した。(2018/1/24)

2017年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
恒例の年末企画。2017年に使ってみた製品の中から、ビジネスユースでも十分に実用的に使えると判断した、「個人で購入できて仕事がはかどるデジタル製品」のベスト5を選んでみた。(2017/12/27)

多彩なハードウェアキーを搭載 国内初のAndroidスマホ「HT-03A」(懐かしのケータイ)
Android搭載スマホの日本初上陸モデルとなった「HT-03A」。「発話/終話キー」やトラックボールなど、現在のAndroidスマホではあまり見られない、多彩なハードウェアキーを搭載していました。(2017/10/7)

トラックボールユーザーの福音となるか? ロジクール「MX ERGO」を試す
7年ぶりの新製品、「MX」の名を冠したトラックボールの実力は?(2017/9/26)

古田雄介のアキバPickUp!:
6年ぶりのATX薄型ケースや7年ぶりのトラックボールが登場
PCパーツは1〜2年ペースで新作が登場するシリーズも多いが、更新が止まっていたり5年以上かかったりするケースもある。先週は後者のパターンが2モデル見つかった。(2017/9/25)

ロジクール7年ぶり新型トラックボールを発売! 通常のマウスに比べ筋緊張を20%低減
やったー!(2017/9/6)

ロジクールが7年ぶりにトラックボールを投入 究極の操作性を目指した「MX ERGO」
“トラックボーラー”待望の新モデルは9月22日発売で1万2880円(税別)。(2017/9/6)

エレコム、52mm径ボールを採用したトラックボール“HUGE”
エレコムは、パームレスト搭載型筐体を採用したトラックボール“HUGE”シリーズ2製品を発表した。(2017/7/4)

伝統の「TrackPad」か、新世代の「ForcePad」か
一番気持ちよく使える「ノートPCのタッチパッド」はどれだ
WindowsにしてもmacOSにしてもノートPCの動作にポインティングデバイスは不可欠だ。その使い勝手はCPUやSSD以上に製品そのものの使い心地を左右する。今選べるポインティングデバイスを比較する。(2017/6/18)

トラックボール搭載だと……! 全部入りのマルチペアリングBTキーボード「TK-DCP03BK」を試す
エレコムのBluetoothキーボード「TK-DCP03BK」は、3台までのマルチペアリングに対応するほか、USBでの有線接続も可能。さらにトラックボールを搭載し、ポインティングデバイスとしても使える、文字通り「全部入り」の製品だ。(2017/4/6)

PR:どうせなら気持ちよくイラストを描きたい! 創作意欲を加速させるパソコン「DAIV」の魅力
デジタルイラストと一口に言ってもいろいろ。SNSや画像掲示板にネタ的にアップロードするお手軽絵もあれば、同人イベントをターゲットにした本格的な作品もある。簡単な絵を描くのであれば、メジャーなイラスト向けのソフトとペンタブレットがあれば古いパソコンでも作業できる。しかし、本格的に集中してイラストを描き出すとなれば別だ。(2017/3/8)

「258B6QUEB/11」で作業がはかどる:
PR:Mac使い必見! フィリップスのUSB Type-C搭載ディスプレイが最高に便利
USB Type-Cならケーブル1本で周辺機器も、充電も、ディスプレイも使える! MacBookユーザーはPhilipsの「258B6QUEB/11」に注目だ。(2017/2/28)

Unityで始めるVR/AR開発入門(4):
Unity+Vuforiaで3プラットフォームに対応したARコンテンツを作る基本
HMDの中でも比較的扱いやすいGear VRで体験できるVR/ARコンテンツをUnityで開発する方法を紹介する連載。今回はVuforia 6を使い、PC、Android端末、Gear VRにおいて、画像をマーカーとして利用し、その上に3Dオブジェクトを表示させるARコンテンツの作り方を解説する。(2017/1/19)

2016年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
SOHO/中小企業に役立つPC、スマートデバイス、周辺機器、ソフトウェア、サービスなどの情報をお届けする「PC USER Pro」。今回はSOHO事業者でもある筆者が「個人で購入できて仕事がはかどるデジタル製品」の2016年版ベスト5を選んでみた。(2016/12/26)

エレコム、ミニトラックボールも備えたタブレット用Bluetoothキーボード
エレコムは、タブレット用スタンド機能も備えたトラックボール内蔵Bluetoothキーボード「TK-DCP03BK」など計3製品を発表した。(2016/12/20)

レトロゲームの黄金期:
ゼビウス! ダライアス! スペースハリアー!「あそぶ!ゲーム展 stage2」はアーケード/ファミコン全盛期特集で遊びきれない!
2015年の10月から2016年の2月にかけて、埼玉県西川口のSKIPシティ映像ミュージアムで開催されていた「あそぶ!ゲーム展 stage.1 デジタルゲームの夜明け」の終了から半年。9月から「あそぶ!ゲーム展 stage.2 ゲームセンター VS ファミコン」が開催中だ。(2016/11/25)

Appleが描いた未来:
林信行のTouch Bar搭載「MacBook Pro」徹底レビュー
新しいMacBook Proの魅力は? Touch Barは本当に便利なのか? Thunderbolt 3全面移行の是非は? 林信行氏が徹底レビュー。(2016/11/18)

世界最大、全高4.4メートルのアーケード筐体が約1000万円で販売中 二重の意味で手が届かない
どこに置くか以前に、でかすぎて操作できないよ!(2016/11/1)

なんだか“ボタンがたくさんある”ヤツを試してみよう:
左利き絵師にピッタリな18ボタン搭載マウス
ゲーミングマウスを「右手用デバイス」として使ってみました。(2016/10/31)

将来有望? PCにかじりついて離れない赤ちゃん
(2016/10/30)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「これまでなかった新発想の製品」をライバルメーカーはなぜ軽視するのか?
「これまでなかった新発想」などと華々しいうたい文句で登場する新製品に対して、ライバルとなるメーカーは意外なほど興味を示さず、静観していることがほとんどだ。これは決して製品化するための技術力や企画力がないわけではない。(2016/6/26)

“レッツ”20周年に寄せて:
PR:まさしく“積み重ね”という表現がふさわしいレッツノートの20年
モバイルノートの金字塔「レッツノート」が発売から20年を迎えた。ユーザーの声に向き合い、“モバイルPCのあるべき姿”を追い求めてきたその軌跡をテクニカルライターの浅井研二氏が振り返る。(2016/6/2)

「あそぶ!ゲーム展」体験レポ:
ゲームの神様こと遠藤雅伸氏とカードゲーム作りを楽しんだ週末
ゼビウスやドルアーガの塔を生み出した伝説のゲームデザイナー、遠藤雅伸氏が考える“ゲーム像”とは。それにしてもぜいたくな週末だな!(2015/12/11)

古田雄介のアキバPickUp!:
初のリテールNVMe対応M.2 SSD「SSD 950 PRO」がデビュー!
リテール品としては初となるNVMeタイプのM.2 SSD「SSD 950 PRO」が、まずは256Gバイトから登場。ブート用SSDの本格的なトレンド変化を起こすかもと期待されている。(2015/11/30)

エレコム、人差し指操作型の8ボタン搭載トラックボール
エレコムは、人差し指でのボール操作に対応したトラックボール“DEFT”シリーズを発表した。(2015/11/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
512GバイトのM.2 NVMe SSDが登場も「もしかしたらすぐ入手困難になるかも
NVMe型M.2 SSD「SM951」シリーズが先々週から好調に売れているが、「もしかしたら急にしばらくは入ってこなくなるかも」とのウワサもある。その理由は?(2015/11/2)

ポインタ追従性も向上:
エレコム、人工ルビーのボールで操球感を高めた親指操作トラックボール「EX-G」新モデル
エレコムは、親指操作タイプのトラックボール「EX-G」シリーズの新モデルを発表。光学設計の最適化などによりポインタ追従性を改善したモデルだ。(2015/10/13)

片手で握って使える小型トラックボール「ゴロ寝トラックボールマウス」――サンコー
サンコーは、片手操作が可能な小型設計のトラックボール「USBTRMS9」の販売を開始した。(2015/9/4)

DACも搭載:
オリオスペック、音楽再生に特化したファンレスPC「DigiFi X-24-PS」を発売
オリオスペックが8月10日、専用設計のDACを搭載し、アクティブスピーカーもセットになったWindows 8.1搭載パソコン「DigiFi X-24-PS」を発売した。価格は14万8000円(税別)。(2015/8/10)

古田雄介のアキバPickUP!:
「Windows 10」の上げ要素と下げ要素――アキバの反応は?
DSP版Windows 10の販売予約が始まり、深夜販売の準備も着々と進められている。一方で、今回ばかりは新OSの反響が読めないという声も少なからず聞こえてくる。(2015/7/27)

UnityユーザーのためのUnreal Engine入門(2):
マテリアル、アクター、カメラ操作で分かるUnreal Engineの基本的な使い方
本連載では、ゲーム開発環境「Unity」になじんだ筆者が、Unreal Engineの基本的な使い方を解説していく。今回は、マテリアル、アクター、BSP、カメラの概要、マテリアルの作り方、アクターの配置、保存、複製、グループ化などについて。(2015/7/3)

古田雄介のアキバPickUp!:
新世代SoC「Braswell」を搭載した省エネマザーがレガシーたっぷりに登場!
インテルの最新SoC「Braswell」を搭載したマザーボードがASRockから売り出されている。うち、mini-ITXタイプはシリアル/パラレル、PS/2、D-Sub 15ピンつきだ。(2015/6/8)

サンワ、中型ボールを採用したエルゴデザインのトラックボール「400-MA065」
サンワサプライは、親指操作に対応したUSB接続対応トラックボール「400-MA065」シリーズを発表した。(2015/5/27)

この記事をきょう掲載できたのは偶然:
みなとみらいの大和事業所で「20世紀のThinkPad」と再会した
ThinkPad 220とXJACKがモバイルコンピューティングの始まりというユーザーは多い。そんな彼らが付き合ってきたThinkPadたちが静かに眠っている場所がある。(2015/4/7)

ゲーム開発初心者のためのUnity入門(16):
UnityのGUIで見栄えを向上――uGUIのSlider、Dropdown、Scrollviewの使い方
Unityで3Dゲームを作るまでのいろいろな処理を解説する連載。今回は、uGUIのSliderと、Unity 5で新たに追加されたDropdown、Scrollviewの使い方について解説する【Windows 10、Unity 5.5に対応、C#のコードを追加】。(2017/4/17)

サンワ、中型ボールを備えたワイヤレストラックボール「MA-WTB43」
サンワサプライは、親指操作型のワイヤレス式トラックボール「MA-WTB43」シリーズを発売する。(2015/3/27)

ゲーム開発初心者のためのUnity入門(15):
UnityのGUIの基本的な作り方――uGUIのPanel、Button、Text、Imageの使い方
Unityで3Dゲームを作るまでのいろいろな処理を解説する連載。今回は、Unity 4.6から追加されたUIコンポーネントの使い方を解説。クリックやタッチでゲーム操作ができるようにしてみよう【Windows 10、Unity 5.5に対応、C#のコードを追加】。(2017/4/3)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
スマホカメラ徹底比較2015春の陣(前編)――機能、スペック、画質すべてを丸裸に
スマホカメラの進化は著しい。もはやどの端末も大差ないでしょ? なんて思う人がいるかもしれないが、とんでもない。最新スマホ6モデルを撮り比べて徹底比較してみた。(2015/2/24)

広田稔のMacでいこう(32):
20年来のWinユーザーをMacに乗り換えさせてみた
Mac初心者が気になるポイントはどこ?(2015/2/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。