ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「運行情報」最新記事一覧

「Yahoo!乗換案内」に混雑を予測する新機能 ビッグデータとAIを活用 10分単位で予測
「Yahoo!乗換案内」で、電車内や駅の混雑を予測する機能「異常混雑予報」の提供が始まった。ビッグデータとAIを活用して「どの路線でいつ混雑が起きるか」予測し、10分単位、3段階で表示するという。(2018/2/19)

ビジネスSNSは成長するか?:
スタバを変えたFacebookの「Workplace」 日本市場での可能性は?
ビジネス版Facebook「Workplace」。「働き方改革」が注目を浴びている日本市場ではどのように使われているのだろうか。FacebookのWorkplaceバイスプレジデントであるジュリアン・コドーニュ氏と、アジア太平洋地域担当グロースマネジャーの豊田哲太郎氏に聞いた。(2018/2/19)

太陽光:
太陽光で自律稼働するスマートバス停、会津若松で実証開始
みちのりホールディングスらは、福島県会津若松市内で次世代スマートバス停の実証実験を2月17日から開始する。このスマートバス停は運行状況や各種情報を提供しつつ、バス停の太陽光パネルで自律稼働ができる。(2018/2/16)

Amazon、Alexaのプッシュ通知機能を開発者向けに公開
Amazonは、スキルからAlexaへのプッシュ通知機能を開発者向けに公開した。(2018/2/15)

電源要らずでリアルタイムな運行情報を表示する「スマートバス停」 実用化目指して福島県で実証実験
バスの運行情報などをリアルタイムで表示する「スマートバス停」の実証実験が、2月17日から福島県会津若松市で始まる。みちのりホールディングス、凸版印刷、KDDIなど6社が実施する。(2018/2/13)

運行情報をリアルタイム提供:
会津市内でスマートバス停の実証実験始まる
みちのりホールディングスや凸版印刷などは2月17日から会津若松市で次世代スマートバス停の実証実験を開始する。(2018/2/13)

出発時刻、到着時刻を案内するだけではまだ足りない
OracleのAPI連携でANAが目指す「到着のその先」とは
「Oracle Cloud」の「API Platform Cloud Service」を使うことで、ANAグループは顧客にどのような価値を提供しようとしているのか。今後目指す顧客目線での情報提供の在り方とは。ANAシステムズの話から探る。(2018/2/1)

JR東海道線、小田原〜熱海間上下線で運転見合わせ 真鶴〜湯河原駅間でレール故障
運転再開は11時50分頃の見込み。【更新】11時55分頃運転再開。(2018/1/26)

東海道新幹線、契約不要の無料Wi-Fiを導入 18年夏から
JR東海が、東海道新幹線「N700Aタイプ」の車内で、事前契約なしで使える無料Wi-Fiサービスを2018年夏から順次提供する。(2018/1/25)

東京に大雪警報 JR東「遅れや運休が発生する可能性」
交通の混乱が予想されます。(2018/1/22)

俺情出張企画「俺たちのGaroon」大阪冬の陣:
PR:「クラウド版、パッケージ版と同額にしてくれませんか?」 Garoonユーザーのホンネにサイボウズもタジタジ?
ITmedia エンタープライズの情シス交流会「俺たちの情シス」とサイボウズ「Garoon」のコラボ「俺たちのGaroon」。今回は大阪に出張しました。東京ではスペースが話題の中心になりましたが、大阪ではクラウド版の話が盛り上がりました。(2018/1/15)

Amazonらと提携:
トヨタ、オフィスや店舗にもなる自動運転EVコンセプト発表
トヨタが、移動、物流、物販などで利用できる多目的EV(電気自動車)「e-Palette Concept」を家電見本市「CES 2018」に出展する。車内で乗客にさまざまなサービスを提供できる点が特徴。(2018/1/9)

クルマが売れない時代のビジネス基盤 トヨタのコネクテッドカー戦略
コネクテッドカーは継続的なサービスや関連事業の可能性を広げる将来のビジネス基盤。2018年からコネクテッドカーを本格展開するトヨタがその戦略を語った。(2017/12/15)

「無事故と安全の実現は、全ての人を幸せにする」――ものづくり企業のあくなき挑戦:
PR:“ドライブレコーダーの生みの親”、データ・テックは 「全ての人の安全を守る」ためにクラウドをどう生かしているか
東京・蒲田に本拠を構えるデータ・テックは、世界に先駆けてドライブレコーダを開発したものづくり企業だ。1998年に提供開始された同社ドライブレコーダー「セイフティレコーダ®」は2017年11月現在、累計11万台を数え、運送事業者、宅配事業者など、国内物流の安全を支え続けている。そのセイフティレコーダ®の最新版において、同社はパブリッククラウドを活用し、いちだんと機能性・利便性を高めたという。その具体的な中身とは?――データ・テック流のクラウド選定・利用のポイントと、“安全”に懸ける思い、“ものづくりに懸ける思い”を聞いた。(2017/12/11)

航空機の発着情報や電車の位置情報も公開 「公共交通オープンデータコンテスト」開催
公共交通のデータを使ったアプリケーションやアイデアを募るコンテストの募集が始まった。(2017/12/8)

Trend Micro DIRECTION 講演レポート:
脆弱性はなくならない、事故発生を前提とした対策があなたの工場を脅威から守る
トレンドマイクロ主催の情報セキュリティカンファレンス「Trend Micro DIRECTION」の講演「製造業の工場システム担当者が知っておくべき最新の工場セキュリティ動向」では、近年のランサムウェアの動向と製造業への影響、工場における具体的なセキュリティ対策の考え方について語られた。(2017/12/4)

え!? 電車やバスの運転士さんって「あいさつ返し」しちゃだめなの? 本当のところを確かめてみた
子どもの「しゃしょうさんにけいれいっ」は、微笑ましい光景ですよね……?(2017/12/1)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「Amazon Echo」5つのおすすめスキルとその理由
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はAmazon Echoで使えるAlexaスキルについての筆者の考察と、おすすめのスキル5つをその理由も含めて紹介する。(2017/11/21)

「Alexa、京王の運行情報を教えて」――京王電鉄と京王バスが「Amazon Alexa」に対応
京王グループが、「Amazon Alexa」に対応した鉄道運行情報の配信や空港連絡バスの予約サービスを開始。Amazon Echoの出荷に合わせて、「Alexaスキル」の提供を開始する。(2017/11/9)

「スマスピ」おしゃべり広場:
ついに日本上陸 Amazon「Alexa」で生活はどう変わる?
Amazonの音声アシスタント「Alexa」が日本語に対応。各企業が続々とAlexa連携する製品・サービスを発表している。(2017/11/8)

JR西日本、「人身事故」を「列車がお客様と接触」に言い換え 飛び込み自殺のイメージが強過ぎる表現のため
取材したところ、自殺研究の成果を踏まえた防止策とのこと。(2017/11/6)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
グーグル&Uberつぶしのトヨタ・タクシー
現在開催中の「第45回 東京モーターショー」。その見どころについて業界関係者から何度も聞かれたが、その説明が面倒だった。自動運転車や固体電池のクルマとかなら「ああそうですか」で終わるのだが、今回はタクシーなのだ。(2017/10/30)

ドコモ、先読みして提案できる「AIエージェントサービス」2018年春に提供
NTTドコモはユーザーが必要とする情報を理解し、適切なタイミングで提案する「AIエージェントサービス」を2018年春に提供。サービスの一部を先行体験できる取り組みを2017年10月下旬から順次展開する。(2017/10/19)

「7000万人のLINEユーザーで差別化」 AIスピーカー「Clova WAVE」の勝算
LINEが、AI(人工知能)アシスタント「Clova」を搭載するスマートスピーカー「Clova WAVE」の正式版を発売した。(2017/10/5)

「LINE」読み上げなど新機能:
LINE、AIスピーカー「Clova WAVE」を正式発売
LINEがAIアシスタントスピーカー「Clova WAVE」を正式発売。7月に予約を受け付けた先行体験版からさらに機能を拡充。「LINE」メッセージの読み上げや送信機能も。(2017/10/5)

ドラレコの映像から危険運転をAIで検知、NTT Comなどが実証
NTTコミュニケーションズと日本カーソリューションズは、ディープラーニングを活用し、一時停止違反など、交通違反につながるヒヤリハットを検知する技術を共同開発した。(2017/10/4)

「ダイヤさん推しはご注意を、ダイヤが乱れます」 西武鉄道からラブライバーへの車内アナウンスが粋だと絶賛
野生のラブライバーか……!?(2017/10/1)

IoTで無人搬送車の運行状況を可視化、復旧作業の工数を50%削減――トヨタ自動車
トヨタ自動車の元町工場は、IoTで無人搬送車の無人搬送車の運行状況を可視化する「GeoMation 屋内位置把握ソリューション」を導入。復旧作業にかかる工数を50%削減した。(2017/9/21)

情報化施工:
IoTで土木工事の全てを“見える化”、生産性が15%向上
フジタは建設現場の建設機械、人、測量に関する情報をクラウドに集約し、全工程を可視化する工程管理システムを開発。実際の土木工事現場に導入し、15%の生産性向上を実現した。(2017/9/11)

小田急線沿線で火災、一時車両燃える 新宿〜経堂間は運転見合わせ
Twitterには緊迫した様子が次々投稿されました。(2017/9/10)

大和ハウスグループのフジタ、IoTで重機土工の全工程を「見える化」 生産性が15%向上
土工現場の建設機械、人、測量に関する情報をクラウドに集約し、全工程を可視化する工程管理システムをフジタが開発。進捗や工事完了部分の確認を、リアルタイムで現場に共有できる。(2017/9/6)

JR東日本で停電、山手線や京浜東北線など一時運転を見合わせ
交流変電所での点検で機器の操作を誤ったのが原因とみられています。(2017/9/5)

首都圏が先行:
鉄道会社、アプリ開発にチカラを入れている
関西の鉄道各社が、相次いでスマートフォン向けアプリを導入している。列車の運休や遅延などの情報を伝えるもので、乗客の利便性を高めるとともに、イライラを少しでも減らすのが狙いだ。(2017/8/30)

インドのバス、IoTで運行を効率化へ NECが開発支援
IoTでバスの運行を効率化――。NECが、インドのアーメダバードスマートシティ開発公社におけるバス運行管理システムの改善に取り組む。(2017/7/13)

東京メトロアプリがバージョンアップ 「Tokyo Subway Navigation for Tourists」と連携
6月30日に「東京メトロアプリ」がバージョンアップする。忘れ物について案内する「お忘れ物」や、マンガでアプリの便利な使い方を紹介する「みんなのメトロアプリ」などが追加される。また、東京の地下鉄のルート検索ができる無料公式アプリ「Tokyo Subway Navigation for Tourists」との連携機能も追加される。(2017/6/29)

NYのタクシードライバーが“1回の輸送でチップをもらえる確率”とは:
Microsoft、SQL Server 2017の「Machine Learning Services」を使った「データサイエンス実践ガイド」を公開
Microsoftは、「SQL Server 2017 CTP 2.0」の主要機能の1つである「Microsoft Machine Learning Services」を使って、エンドツーエンドのデータサイエンスソリューションを構築する方法を学べる実践ガイドを紹介した。(2017/6/20)

「駅すぱあと」チャットbot、LINE WORKSに登場 話し言葉で経路検索
LINEと連携するビジネス向けグループウェア「LINE WORKS」で、駅すぱあとのチャットbotが利用可能に。(2017/6/13)

小田急ユーザー集まれ〜! 遅延状況がリアルタイムに分かる「小田急アプリ」登場 新宿駅のトイレの空き状況も
通勤、通学で使う人は、インストールしておくと便利そう。(2017/6/9)

「小田急アプリ」登場 走行位置リアルタイム表示、災害時の安否確認も
列車のリアルタイムな走行位置や運行情報が分かるスマホアプリ「小田急アプリ」が登場。(2017/6/5)

稼働率99.9%のPaaS, SAP Cloud Platform:
PR:アプリ開発に何が必要かを もっとも理解しているのがSAP
SAPジャパンは、新機能や拡張機能を搭載したSAP Cloud Platformにより、PaaSビジネスを強化することを発表した。また、東京データセンターで、SAP Cloud Platformのほか、3つのサービスを新たに稼働することも明らかにしている。(2017/5/31)

コインロッカーの空きも:
LINEチャットbotで運行情報 JR東が実証実験
JR東日本は、LINEを活用して運行情報やコインロッカーの空き状況などを提供する実証実験を始める。(2017/5/30)

AI機能を持つ監視カメラ:
FPGAが可能にするIoTエッジコンピュータ
PALTEKは、「第6回 IoT/M2M展【春】」で、「FPGAを用いたIoT(モノのインターネット)エッジコンピューティング」や「インダストリアルIoTパッケージ」などのデモ展示を行った。(2017/5/16)

痴漢申告された男性が電車に跳ねられ死亡……SNS上で議論に 逃走相次ぐ現状「逮捕までの制度を改めるべき」
これまでにも疑いをかけられた人物の逃走が度々報じられていました。(2017/5/16)

HPE最大イベント「Discover Forum 2017 東京」リポート:
PR:IT変革の成功事例多数。デジタル変革に欠かせないHPE流「勝利の方程式」とは?
デジタルトランスフォーメーションのトレンドが本格化し、今、多くの企業にとって「大量データからいかにビジネス価値を引き出すか」「いかにスピーディに価値を形に変えるか」が差別化の一大要件となっている。このためには従来型のITインフラを見直し、デジタル時代に即したインフラへの変革が欠かせない。では具体的に、IT変革のポイントと具体策とは何か?――日本では初開催となったHPEの年間最大のイベント「Discover Forum 2017 東京」にその解を探る。(2017/5/23)

水曜インタビュー劇場(ムダ公演):
閑散としていた「競輪場」に、なぜ人が集まってきたのか
バブル崩壊後、公営レースは「氷河期」が続いていた。売上減が続いていたが、ここ数年、反転しつつある。レース場といえば、ゴミが落ちている、トイレが汚い、高齢者が多い、といったイメージがあるが、なぜ売り上げが伸びつつあるのか。その理由は……。(2017/5/10)

テクノフロンティア2017:
時速100kmの車両を無線LANにつなぐインフラ用AP
 東洋電装は「テクノフロンティア 2017」にて、4.9GHzでメッシュネットワークを構築し、2.4GHzか5GHzでWi-Fiスポットを提供する屋外用広域無線LANアクセスシステム「AP-7161-JP」を発表した。時速100kmの高速移動体でも瞬時にローミングできるのが特徴の1つだ。(2017/5/2)

新幹線駅の電光掲示板、LEDから液晶に 運休列車など表示、JR東海
発車時刻や番線に加え、新たに運行状況、運休列車などを表示できるように。(2017/4/21)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道路線廃止問題、前向きなバス選択もアリ
赤字ローカル線の廃止論議で聞く言葉に「バスでは地域が衰退する」「バスは不便」「鉄道の幹線に直通できない」などがある。鉄道好きとしては大いに頷きたいところだ。しかし、ふと思った。バスの運行に携わっている人々は、これらの声に心を痛めていないだろうか。(2017/4/21)

経産省、コンビニのセルフレジ化を推進 大手5社の全店舗へ2025年までに導入
人手不足など、小売業のさまざまな課題の克服を目指す施策。(2017/4/18)

東京の電車の状況を見るのにちょっと便利なアプリ4選(Android・iOS)
(2017/3/31)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。