ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「運行情報」最新記事一覧

JR東、IoT・AI導入を本格化 20年後見据えた技術戦略を策定
JR東日本が、IoTやAI、ビッグデータなどを活用した技術戦略を策定した。リスク管理や列車運行の円滑化をはかり、20年後までの確立をめざす。(2016/11/8)

JR高崎線復旧! 運休により「模試中止」「休校」など混乱相次ぎ、JR陳謝
Twitterでは「ネズミがケーブルをかじった?」との憶測広まる(追記あり)。(2016/11/4)

PR:借りるのはサーバではなく「技術力」と「知見」 〜データの収集・蓄積・分析が新たな価値創出の切り札に?〜
ビジネスを成功に導くうえで肝心なことは常に模倣が難しいものへと磨きを掛けること。それは「ビジネスのデジタル化」、すなわちデジタル変革においても変わらない。ICTに精通したパートナーへの期待もかつてないほど大きくなっており、借りるべきはサーバではなく、彼らの「技術力」や「知見」だ。(2016/10/31)

もう迷わないシステム開発:
「システム開発地図」の導入で現場はどう変わるのか 第2回
システム開発を進める上で強力なトレーサビリティーツールとなる「システム開発地図(System Development Map)」について解説。第2回目は、システム開発地図のコンセプトと、システム開発にどのように役立つのかを解説します。(2016/11/17)

Googleマップ、ルート検索で高速バスに対応
バス乗り場や運賃、バス会社公式サイトのリンクなども確認できる。(2016/10/13)

Googleマップのルート検索が高速バスに対応 旅費の節約が計画しやすくなったぞ
経路オプションで「バス」にチェックを入れれば、高速バスを使ったルートが表示されます。(2016/10/12)

JR西、全乗務員にiPad配布 トラブル対応を迅速化へ
JR西日本が、在来線を含む全乗務員に約8600台のiPadを配布。トラブル対応の迅速化や訪日外国人向け案内サービスの向上を目指す。(2016/10/12)

京急電鉄、ボックス席にコンセント導入「新1000形」 11月から運行
京急電鉄が、コンセント付きのボックスシートを備える車両を11月に導入。(2016/10/11)

Kis‐My‐Ft2が長崎をPRする企画、JR九州と長崎県が展開 「キスマイ☆トレイン」の運行に駅のアナウンスも
列車のボディに、キスマイメンバーたちをラッピング。(2016/9/7)

おばけの影響で大江戸線が遅延・運休!? 東京都交通局は「幽霊の影響ではない」と否定
ネットでは一時「大江戸線」がトレンド入り。疑わしい情報が拡散していました。(2016/9/1)

ネットにつながる「IoTイノシシ罠」も 格安SIMでアイデア実現、盛り上がる開発者たち
格安SIMを使ってIoTサービスを開発する動きが個人やスタートアップに広がりつつある。「IoT時代に合わせてカジュアルなモバイル通信を提供したかった」と、通信ベンチャー・ソラコムの玉川社長は話す。(2016/9/1)

ノキアが「IMPACT」を国内で本格展開へ:
“垂直指向のサービス”から抜け出すためのIoT基盤
ノキアが、IoT(モノのインターネット)事業を本格化している。同事業の柱となるのが、今後、日本国内への提供を開始するIoT向けのプラットフォーム「IMPACT(インパクト)」だ。ノキアの日本法人であるノキアソリューションズ&ネットワークスは2016年8月25日、事業戦略説明会を開催し、IMPACTについて説明した。(2016/8/31)

コンセプトは「馬に引きずられた人」 CUNEの新作ジーンズがダメージ加工すぎてマジ「かろうじて服」
いったい、いつどこで着ればいいというのだ。(2016/8/23)

産業用PC市場の現状と展望 2016年版:
堅実な成長を見せる産業用PC、非製造業で需要増
長期間の利用に耐える保証体制が用意される産業用PC。製造業からの需要は落ち着きを見せ始めているが、非製造業からの需要増により、全体としては堅調な成長が見込まれる。ミック経済研究所による調査。(2016/8/22)

ベトナムで空港システムに不正侵入、南シナ海の領有権問題絡みか
中傷的な内容に改ざんされたシステムの画面には、「China 1937CN Team」を名乗る集団の犯行声明が掲載された。(2016/8/2)

自動運転技術:
片道たった250mで無人運転バスの実証実験がスタート、乗車料金は200円
イオンが無人運転バスの試験運行を開始した。期間は2016年8月1〜11日までで、イオンモール幕張新都心に隣接する豊砂公園(千葉市美浜区)の敷地内のみを走行する。車両はDeNAが業務提携しているベンチャー企業、EasyMileが開発した「EZ10」を1台使用する。乗車料金は大人200円、小学生以下100円。(2016/8/2)

APIを探す手間や連携の煩雑さを解消:
ヴァル研究所、エンジニアとAPIをつなぐ“HUBサービス”を開始
ヴァル研究所は、複数のAPIを1カ所に集約することで、APIの利用上の課題を解消するサービス「Val Web Services」の提供を開始する。(2016/7/28)

エネルギー管理:
列車の運行状況や天候に合わせて電力を制御、駅のCO2を40%削減
JR東日本は省エネ機器や再生可能エネルギーを活用した「エコステ」の新しいモデルを埼玉県の駅に整備する計画だ。天気予報をもとに太陽光発電量を予測しながら、駅構内の照明・空調を最適に制御できるシステムを導入する。列車の接近に合わせてホームの照明を明るくする機能も取り入れる。(2016/7/22)

ジョルダンと富士通がAI技術を活用した列車遅延予測の実証実験を開始 遅延の拡大・収束の予測も
対象路線は関東地区の138路線。(2016/7/19)

IoT観測所(23):
ホームアシスタントデバイス「Google Home」は“どうやって”家族を手助けするか
2016年5月に発表された、Googleのホームアシスタントデバイス「Google Home」。Amazon Echo対抗と目されるが、同じくGoogleの「Project Brillo」とも関連づけて考えるべきだろう。(2016/7/15)

「NAVITIME」アプリでも「ナビタイムマイレージ」開始――電車の混雑緩和でポイント付与
ナビタイムジャパンは、総合ナビゲーションアプリ「NAVITIME」でプレミアムコース会員を対象とした「ナビタイムマイレージ」を提供開始。登録された降車駅の一駅前から歩く「ひと駅歩こう」や「電車混雑リポート」への投稿などでポイントがたまる。(2016/7/13)

au、ナビサービスの利用にWALLETポイントを付与 混雑緩和に期待
KDDIは7月13日から、「auナビウォーク」「au助手席ナビ」「auカーナビ」の利用にWALLETポイントを付与する。サービス利用で混雑緩和を狙う。(2016/7/12)

世界最速は分速1010メートル:
加速する日本の「エレベーター競争」 東芝は再び「上昇気流」へ乗るか
エレベーターの技術は日々向上し、日本の電機メーカーの「エレベーター競争」は文字通り加速している。エレベーターに求められる性能は速度だけではなく、環境への配慮も重要な課題となっている。(2016/6/21)

加速する日本の「エレベーター競争」 東芝は再び「上昇気流」へ乗るか
ふだん何気なく乗っているエレベーターだが、その技術は日々向上している。開業したビルで実用化されているものでは、東芝が台湾に納入した分速1010メートルのエレベーターが世界最速だが、これに負けじと三菱電機は1230メートル、日立製作所も1200メートルのエレベーター技術を開発。(2016/6/20)

電気自動車:
充電10分でディーゼル車並の性能、2階建てバスをEV化
東芝など4社はNEDOプロジェクトで電動化が難しいとされていた2階建てバスのEV化に取り組む。開発したEVバスはマレーシアの行政首都であるプトラジャヤ市で実証走行を行う計画だ。同プロジェクトをショーケース化し、日本の技術を活用した省エネな都市交通パッケージ事業の広域展開を目指す。(2016/6/7)

NEC Logistics Visualization System:
デリー/ムンバイ間の“物流見える化”に、グローバル対応物流可視化ソフトを採用
NECは、インドのデリー・ムンバイ間産業大動脈開発公社と共同で、物流可視化サービス事業を行う合弁会社「DMICDCロジスティクス データ サービス」を設立。鉄道やトラックで輸送中のコンテナの正確な位置情報を確認できるサービスを提供する。(2016/5/31)

世界を「数字」で回してみよう(30) 人身事故:
人身事故に遭わない秘策は“都会に住むな”!?
皆さんは、一体どこの誰が人身事故を起こしているのだろうと考えたことはありませんか? 丹念に分析して人身事故の“分布図”を眺めてみると、発生場所が相当偏っていることが分かります。(2016/5/30)

製造IT導入事例:
物流可視化ソフトを活用し、インドで物流可視化サービス事業を開始
NECは、インドのデリー・ムンバイ間産業大動脈開発公社と共同で、デリー/ムンバイ間の物流可視化サービス事業を行う合弁会社「DMICDCロジスティクス データ サービス」を設立した。(2016/5/19)

東武東上線が脱線で運行見合わせ 乗客から生々しい現場の模様が続々ツイートされる
運転再開の見込みは立っていないとのこと。(2016/5/18)

ドコモが「iコンシェル」を拡充――音声操作や簡易防犯などが可能に
ドコモが7月から「iコンシェル」の機能を拡充する。音声操作、タブレットの向けアプリ、防犯機能などを提供。提供情報も増やしていく。(2016/5/11)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「IoTとモノのサービス化」
現実社会の行動や出来事をデータ化する仕組みとして注目が集まっているIoT(Internet of Things)。さまざまな機器から得られたデータは、どのような価値を生み出そうとしているのでしょうか。(2016/5/9)

今日もまたIoT技術を積んだJR山手線が走る その目的とは?
JR東日本が運行する電車の利用者数は一日あたり約1710万人。しかし、それだけの顧客数がいるにもかかわらず、一人一人の顔はほとんど見えない。そんな中、個々の顧客サービスを高めるために同社がリリースしたサービスが「山手線トレインネット」だ。実はそのサービスの裏には同社が注力するある技術が活用されているという。(2016/4/27)

GEに聞く、IoTでビジネスが一変する理由
2012年に「インダストリアル・インターネット」というビジョンを掲げ、IoTへの取り組みをいち早く始めたGE。IoTという大きなトレンドに対し、同社は“企業や産業の垣根を超えたビジネスチャンス”を感じているという。その理由とは……。(2016/4/20)

熊本地震、今後の注意点 続く余震、17日は大雨の恐れも
14日午後9時26分頃に発生したM6.5の「平成28年熊本地震」。現在の状況と、天気、交通などに関する今後の注意点をまとめました。(2016/4/15)

西武新宿線で車両の床下から発煙、8時42分には運転再開 Twitterには「匂いがすごい」など報告も
消火器を持つ駅員の姿も。(2016/4/15)

IT導入完全ガイド:
4年後には16兆円市場に! IoTの“魅力”とは何か!?
「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」を理解し活用するための基礎知識として、IoTの全体像を整理する。(2016/4/11)

JAL、システム障害で欠航・遅延
JALの重量管理システムに障害が発生し、遅延や欠航が生じている。(2016/4/1)

「MWC 2016」レビュー:
エリクソン、IoTビジネスのパートナーに
Ericssonは、「Mobile World Congress 2016」の会場で、「5G(第5世代移動通信)」「クラウド」「IoT(モノのインターネット)」という重点3領域を中心に、具体的な事例やデモを交えて最新技術を紹介した。(2016/3/29)

マーケットプレースやアプリ構築支援も:
バスの安全管理は変わるか? SAPジャパン、コネクテッドカー向けサービスを日本国内でも開始
SAPジャパンは、クラウド型の車両分析アプリケーション「SAP Vehicle Insights」を日本市場で提供開始すると発表した。(2016/3/24)

お茶の間で駅の混雑状況をリアルタイムに確認!イッツコムが東急線情報を拡充
イッツコムは東急電鉄が提供するアプリ「駅視-vision(エキシビジョン)」の画像を利用し、家のテレビで駅の混雑状況をリアルタイムで確認できるなどサービスを拡充した。(2016/3/24)

車載情報機器:
5秒ごとに更新されるクラウド型の運行管理が交通事故をなくす
SAPジャパンは、クラウド型の車両情報分析プラットフォーム「SAP Vehicle Insights(ビークルインサイト)」と自動車関連のクラウドサービスを提供したい企業同士を橋渡しする「SAP Vehicle Network(ビークルネットワーク)」を日本市場向けに提供する。国内のバス事業者とリアルタイムな運行管理システムを使った実証実験も始める。(2016/3/24)

東京メトロアプリ、電車の現在地がリアルタイムで確認可能に
東京メトロが、スマホ向けアプリ「東京メトロアプリ」に、電車の走行位置がリアルタイムで分かる機能を追加した。電車の行き先や遅延時間などの詳細も確認できる。(2016/3/23)

ANA、システムトラブルで欠航や遅延
ANAの国内線システムにトラブルが発生し、遅延や欠航が生じている。(2016/3/22)

スマートシティ:
災害時にも活躍する自立型の電子看板、防犯カメラやWi-Fiスポットも
大日本印刷(DNP)は、太陽光発電、風力発電、蓄電池を組み合わせた自然エネルギーシステムを搭載した、省エネルギー型のデジタルサイネージ(電子看板)を4月1日から発売する。災害時の緊急情報の発信や安否確認などができ、防犯カメラの搭載も可能だという。(2016/3/22)

製造業IoT:
製造業IoTは、業務アプリケーションとの連携で回収期間が短縮する?
製造業向けERPシステムを展開するIFSは、IoTへの取り組みについて紹介。製造業を中心にIoT活用への関心が高まる中「業務アプリケーションと連携する価値」についてあらためて訴えた。(2016/3/17)

PR:土地勘のない場所でも安心――「NAVITIME」を上京女子が使ってみた
筆者は地元佐賀県で仕事をしていたが、今春ついに上京することになった。そんな東京で毎回げんなりするのが電車移動。迷路のような路線図、ダンジョンのような駅、人混みの多い場所やたくさんのビル……。そこで使いたいのが「NAVITIME」アプリ。東京初心者の活用術をリポートしたい。(2016/3/11)

Wi-Fiを含む複数の通信方式に対応:
新生ノキア発進、5G対応基地局製品をMWCで発表
Nokia(ノキア)は、Mobile World Congress 2016(MWC 2016)で、1つのベースバンドでWi-Fiを含む、複数の通信方式をサポートできる5G(第5世代移動通信)対応ベースステーション「AirScale」などを発表した。(2016/2/23)

眼鏡の町・鯖江市とデルが協業 行政と市民コミュニティーの連携にWeb会議活用 「ITを眼鏡に続く産業に」
オープンデータ施策など積極的なIT戦略で知られる鯖江市がデルとの協業を発表。市内4拠点に最新IT機器を導入し、行政や市民コミュニティーの連携に活用する。(2016/2/17)

JR京葉線など運転見合わせ 強風の影響で
東京メトロ東西線にも影響。(2016/2/14)

「仕事にならない」「今日はもう仕事しない」の声も:
GitHubがダウン、「ぜんぶ○○のせいだ」のような惨状 今後の課題も
「GitHubが落ちている」──2016年1月28日、GitHubでプロジェクト管理を行う多くの開発者が「うぉぉ、これはヤバイ」と焦る事態が発生しました。現在は復旧しています。(2016/1/28)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。