ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バンクーバーオリンピック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バンクーバーオリンピック」に関する情報が集まったページです。

「緊張感の中で戦いたい、滑りたい」 男子フィギュア高橋大輔、約4年ぶりの現役復帰を発表
スゴい決断だ。(2018/7/1)

2泊で7〜60万円:
1000室の豪華客船が「ホテル」に JTBが横浜で初、五輪限定で
JTBは、2020年の東京オリンピック期間中に大型クルーズ船を宿泊施設として活用する。利用するのは米Princess Cruisesの「サン・プリンセス」。試合のパブリックビューイングなどのイベントも適宜開催する。(2018/6/25)

「プロには勝てない」 熊切あさ美、安藤美姫と風呂場でY字バランス
フィギュアスケーター、底知れぬ身体能力。(2018/2/22)

「すごすぎる!! 最高でした!!」 浅田真央が羽生結弦&宇野昌磨のメダル獲得に大興奮、思い出の3ショット公開
トップスケーター3人のお宝ショット。(2018/2/18)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
浅田真央が引退したのに、なぜキム・ヨナはノーコメントなのか
フィギュアスケートの浅田真央さんが4月、現役引退を表明した。日本のみならず、海外のスポーツ選手からメッセージが寄せられたが、なぜかあの人からはまだ届いていない。最大のライバルだった韓国のキム・ヨナさんである。(2017/5/12)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜ浅田真央が好かれ、安藤美姫は嫌われたのか
女子フィギュア界の国民的ヒロイン・浅田真央選手が引退を表明した。多くのマスコミが大々的に報じ、その影響力の高さを改めて証明する形になったが、もうひとりの存在を忘れてはいけない。安藤美姫さんだ。(2017/4/13)

浅田真央さん現役引退 ブログで発表
「選手として続ける自分の気力もなくなりました」(2017/4/11)

セガ、東京五輪公式ゲームソフトの世界販売権を独占取得
セガは、2020年東京オリンピックを題材にしたゲームソフトの独占販売権を取得した。(2016/10/27)

フィギュア小塚崇彦選手が引退表明 織田信成さんはブログで秘話を披露「崇彦との最初の思い出は……」
漫画家・久保ミツロウさんもイラストで熱いねぎらい。(2016/3/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
安藤美姫はよく批判されるのに、なぜ“売れっ子”なのか
元フィギュアスケートの世界女王・安藤美姫さんがスペインのリンクに登場した。プロフィギュアスケーターとして華やかな演技を見せたこともあって、海外メディアからは好意的な報道が目立った。しかし、母国の日本では彼女の評判はよくない。(2015/12/17)

フィギュアスケートの小塚選手とフジ大島アナが婚約
入籍は来年の予定。(2015/7/23)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

2014 Access Top 100:
年間アクセスランキングTOP100 やっぱり強い「iPhone」 2ちゃんねる「転載禁止」やSTAP論文問題など
ITmedia ニュース年間アクセスランキングTOP100を発表。iPhone新機種や2ちゃんねるに関する話題のほか、STAP論文問題や遠隔操作ウイルス事件も注目を集めました。(2015/1/5)

Weekly Access Top10:
ビットコインはどこへ消えた? 「Mt.Gox」という名前の由来は意外に……
いろいろ解説記事を読みましたが、どういう仕組みなのかを理解するのがまず難しい……!(2014/3/3)

Weekly Access Top10:
ソチ五輪閉幕 夜更かしの日々にピリオド
17日間にわたるソチ五輪が閉幕しました。もう夜更かしの日々も終わり……のはずです。(2014/2/24)

ソチ五輪・男子スキークロスで大ハプニング 実況&解説テンションMAXで「永久保存版」な名言連発
名言で知られる三浦豪太さんの解説は“大草原不可避”状態でした。(2014/2/21)

Twitterに「#maofight」誕生 浅田真央選手を海外の名スケーターたちが応援
ソチ五輪のSPでミスが相次ぎ16位となった浅田真央選手に対し、海外の有名スケーターたちがTwitterでエールを送っている。(2014/2/20)

スノーボード国母選手に再注目 アディダス制作のドキュメント動画がカッコイイと人気
ソチ五輪のスノーボード男子ハーフパイプで日本人選手のテクニカルコーチを務め、再び注目が集まっています。(2014/2/14)

ソチの暖冬は発達した松岡修造さんが原因――という説がネットで謎の説得力で拡大中
一方、熱源・松岡さんを失った東京は記録的な大雪に。(2014/2/14)

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」特別編:
これさえあれば目当ての競技を見逃す心配なし! 民放132社によるソチ五輪の動画配信アプリ「gorin.jp」
いよいよ始まったソチオリンピック。できればずっとテレビを見ていたいところだが、社会人ならそんなわけにもいかないのが現実だ。そんな人におすすめなのが、iPhone/Android向けソチオリンピック民放アプリ「gorin.jp」である。(2014/2/7)

米ソリッドワークスのプライベートイベントより:
“氷上のF1”ボブスレー、高速滑走支える3次元CAD
米ソリッドワークスが開催中のプライベートイベント「SolidWorks World 2014」2日目の基調講演では、ソチオリンピックのボブスレーで、米国チームが使用するソリの開発者が登壇した。その他、8本の足で自在に動き回るクモ型ロボットや、カーボンファイバで印刷できる3Dプリンタの設計者も事例を紹介した。(2014/1/29)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
安藤美姫はどこへ行く?――韓国フィギュア界もラブコール
ソチ五輪の代表の座を射止められず現役を引退したミキティこと安藤美姫さん。彼女はなぜ育児と選手生活の両立を目指したのか? 彼女に今、韓国からコーチ就任の声がかかっているという。(2014/1/23)

7月1日に「あけおめ」メールを送る理由とは?
ソチオリンピックを来年に控え、熱が高まっているフィギュアスケート。そんなフィギュアスケートのオタクたち、「スケオタ」同士にのみ通じる「スケオタあるある」とは。(2013/4/2)

「ソーシャルメディアサミット 2013」レポート:
「会話戦略の視点」で読み解くソーシャルメディアプロモーション、キーワードは“意外性”
「ソーシャルメディアサミット 2013」では4つのパネルディスカッションが組まれ、それぞれ「会話戦略」「活性化戦略」「支援戦略」「統合戦略」という視点でテーマが設定されていた。今回レポートするのは、企業のソーシャルメディア活用を会話戦略の視点で読み解く「アンバサダーを作るユーザーリレーションのために必要なこと」。(2013/2/7)

冬到来 「カップヌードル チーズクリームシチューヌードル」発売
チーズがとろ〜り、クリームシチューが食べたい。(2012/11/19)

エミネムも登場:
バンクーバー五輪の日本代表が“G-SHOCK代表”に――SHOCK THE WORLD 2012
5月に30周年を迎えるG-SHOCK。ニューヨークで開かれたイベント「SHOCK THE WORLD」では、日本未発売のさまざまなG-SHOCKがお披露目された。スノボメーカー「バートン」とのコラボモデルも。(2012/8/14)

Weekly Access Top10:
年々進化するGoogleトップの“五輪ロゴ”
ロンドン五輪中、連日ロゴが変化していたGoogleトップページ。Googleの記念日ロゴを集めたサイトにアクセスすれば、歴代の“五輪ロゴ”を見たり、ミニゲームで遊んだりして楽しめる。(2012/8/13)

“ソーシャル五輪”閉幕 総ツイート数は北京の125倍、選手のフォロワー急増
“ソーシャル五輪”とも言われたロンドン五輪期間中の総ツイート数は北京の125倍に。選手のTwitterフォロワー数は急上昇した。Facebookを活用した日本選手は少なかった。(2012/8/13)

“目標疲れ”時代に、結果とプロセスの関係をどう考えるべきか
ますます短期的な成果が求められるビジネス現場にあって、「結果を出すこととプロセスを作ることのどちらが大事か?」はとても悩ましげな問題です。このテーマを深く考えることは、結局、「働くとは何か?」「仕事の幸福とは何か?」につながっていきます。(2012/7/10)

フィギュアスケート選手の浅田真央さん フィギュアで完全再現
フィギュアスケート選手の浅田真央選手を1/6サイズのリアルフィギュアで完全再現した「DIGITALデジタル GRADEグレード MASTERマスター 浅田真央」が発売。2月3日より受注開始。(2012/2/2)

「マリオ&ソニック」3度目のオリンピック出場決定!?――今度はロンドン
「マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック(仮称)」発売決定。(2011/4/22)

マスコミ四媒体の広告費、6年連続で減少
電通は2月23日、「2010年の日本の広告費」を発表した。昨年(2010年1〜12月)の総広告費は5兆8427億円、前年比98.7%と3年連続の減少となった。(2011/2/23)

日本カーリング選手権をUstreamで見よう!
第28回日本カーリング選手権(2月8〜13日)のうち、CシートかDシートで行う試合をUstream配信する。「試験放送」という位置づけで、実況などは付いていないようだ。同選手権には、バンクーバー五輪代表のチーム青森や本橋麻里選手率いるロコソラーレ北見も出場。試合スケジュールや参加チームはこちらでチェック! (2011/2/8)

海外から見た! ニッポン人エンジニア(9):
技術にどう向き合うか――マーケ重視の韓国、モノ作り重視の日本
時代を読む力は、生き残れるエンジニアの必須条件である。本連載では、海外と深い接点を持つ人物へのインタビューをとおして、IT業界の世界的な動向をお届けする。ITエンジニア自らが時代を読み解き、キャリアを構築するヒントとしていただきたい。 (2011/2/7)

東京ミッドタウンにアイススケートリンクが出現
家族連れやカップルで気軽にアイススケートを楽しむことができる「シティ アイスリンク in 東京ミッドタウン」が東京・六本木の東京ミッドタウンにオープンした。2月28日まで。(2011/1/13)

小松裕の「スポーツドクター奮闘記」:
チェスや囲碁にもドーピング検査があるって知っていますか?
広州で開かれたアジア競技大会に医事委員として参加してきました。日本では当たり前のように浸透しているドーピング検査ですが、国によってその対応や体制はまちまちなのです。(2010/12/24)

最後にスキーに行ったのはいつですか? 「5年以内」は4人に1人
冬のレジャーの代表格であるスキー。「最後にスキーに行ったのはいつですか?」と尋ねたところ、5年以内にスキー場に行ったという人は23.9%と4人に1人に過ぎないことが分かった。アイシェア調べ。(2010/12/20)

2010年に感動したスポーツイベント、国際的な大会が上位に
(2010/12/13)

誠 Weekly Access Top10(2010年11月20日〜11月26日):
ブログ検索で調べてみると、今年の流行語大賞は「〜なう」
11月12日に発表された2010年の流行語大賞ノミネート候補60語。その中で本当によく使われた言葉は何なのか? この1年間のブログを検索することで“真”の流行語を調べてみることにした。(2010/11/30)

光の滴が落ちるかのよう、カナダから幻想的な照明「ボッチ」
天井から落ちる泡のようなガラスの照明。厚みのあるガラスの球の中に灯る輝き。そんなアーティスティックな照明が日本に到着、初お目見えとなるブランド「ボッチ」だ。(2010/11/16)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ビジネスに活用するねたみ力
ねたみの感情は誰にでもあるもの。封じ込めておかずに、取り出して理解することで自分の成長につなげることができる。(2010/8/19)

OracleはJavaFXをどう扱うのか
Oracleが今後推進していくRIA技術「JavaFX」は、ツールの整備が進んだことで、ようやく実用フェーズに入ったといえる。日本ではしっかりと語られる機会がほとんどなかったJavaFXについて、「Oracle Sun Technology Updates」で情報収集するのは賢明かもしれない。(2010/8/13)

Google検索トップ、PCは「iPad」・モバイルは「ハッシュタグ 話題」 10年上半期
10年上半期に日本で話題となったGoogle検索ワード上位には「iPad」「Xperia」「radiko」が。(2010/7/7)

サムライブルーの腰をいたわるマットレス「エアウィーヴポータブル」
ウィーヴァジャパンは、サッカー日本代表選手が南アフリカへ持参した携帯用マットレスパッド「エアウィーヴポータブル」を発売した。価格は5万8275円。(2010/6/16)

特製スティックでリアルに楽しむ――EA Wii版アイスホッケーゲーム「NHL Slapshot」開発を発表
(2010/6/2)

2030 この国のカタチ:
ネットワーク化で社会を変革せよ―― 社会学者、鈴木謙介氏インタビュー(後編)
世代間対立が広がりつつある中、より良い社会を作っていくためにはどうすればいいのだろうか。社会学者の鈴木謙介氏は「社会を変えたいと思っている人を、10人とか100人とか1000人とか集めて増やしていかないことには、世の中は変わらない」と主張する。(2010/5/7)

小松裕の「スポーツドクター奮闘記」:
日本のスポーツ強化に向けてやるべきこと
オリンピック前後に限らず、従来から日本のスポーツ強化に対する議論は盛んです。しばしば「もっとスポーツ選手や施設に国家予算を投入すべきだ」という意見を耳にします。これは確かに重要ですが、ことはそう単純ではありません。(2010/3/19)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
なぜ日本人は“美人すぎる●●”が好きなのか?
「美人すぎる市議」藤川優里さんを振り出しに、海女、釣り師、ゴルファーなどさまざまな職業に広がる「美人すぎる●●」。なぜ私たちは「美人すぎる●●」にひかれてしまうのだろうか。そのワケを考えてみよう。(2010/3/18)

MIX10:
スムーズな動作と開発期間の短さが特長の「Windows Phone 7 series」
米Microsoftがインターネット技術カンファレンス「MIX10」の基調講演で、謎に包まれた部分の多いWindows Phone 7 seriesの開発ツールやSilverlightとの連携を披露した。(2010/3/17)

アスリートという働き方:
引退後も戦力になる人材育成――日本ユニシスバドミントン部
冬季オリンピック、FIFAワールドカップ――。2010年は、さまざまな競技に注目が集まる年だ。しかし不況の昨今、金銭的な面でスポーツ界は存続自体がなかなか厳しく、廃部や企業のスポンサー撤退も珍しくない。スポーツを職業としている人たちは、どんな働き方をしているのだろうか。今回は日本ユニシス実業団バドミントン部を訪ねた。(2010/3/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。