ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「watchOS 4」最新記事一覧

関連キーワード

「watchOS 4.1」配信 Apple Watch Series 3(セルラー版)単体でApple Musicを再生可能に
Apple Watch向けの最新OS「watchOS 4.1」が配信された。Apple Watch Series 3のセルラーモデル単体で、Apple Musicのストリーミング再生が可能になる。その他、不具合も解消される。(2017/11/1)

Apple、iOS 11やHigh Sierraのセキュリティ情報公開 KRACKの脆弱性に対処
iOSやmacOS、tvOS、watchOSの更新版で、「KRACK」と呼ばれるWi-Fi関連の脆弱性が修正された。(2017/11/1)

watchOS 4.1配信前に手書きで解説! Apple Watch単体でApple Musicが聴き放題に
らいらの5分で分かる手書き解説。(2017/10/31)

セルラー版単体でApple Musicを再生 「watchOS 4.1」で完成形に近づいたApple Watch
Apple Watch向けの「watchOS」が間もなく「4.1」にアップデートされる。最大の目玉は、セルラー機能が搭載されたApple Watch Series 3単体で、Apple Musicのストリーミング再生が可能になること。その使い勝手を一足早く試した。(2017/10/26)

東芝もデザインウィンを獲得:
「Apple Watch Series 3」を分解
TechInsightsは「Apple Watch Series 3」を分解し、その結果をレポートした。SiP(System in Package)の大きさは前世代品と同等だが、より多くのコンポーネントを集積している。(2017/10/13)

手書きで解説 今さら聞けない「Apple Watchでできること」
手書きイラストですぐ分かる「Apple Watch Series 3」。(2017/10/4)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
iPhone 8は本当に保守的すぎるのか Apple Watch Series 3と使って得た結論
毎年恒例の新製品発表会から発売を経て、「iPhone 8」のレビューは一通り出尽くした感がある。完成度が高い一方、保守的すぎるとの声も少なくないが、実際に「Apple Watch Series 3」と組み合わせて使ってみると、違った側面も見えてきた。(2017/9/27)

Apple Watch 3実機を使ってわかった単体機能の充実とiPhone依存度
AP通信のテクノロジーライター、アニック・ジェスダナム氏によるApple Watch Series 3実機レビュー。(2017/9/21)

Apple、「iOS 11」や「Safari 11」のセキュリティ情報を公開
iPhone 5や第4世代のiPod、OS X Yosemite(10.10.5)などはアップデートの対象から外された。(2017/9/20)

「watchOS 4」配信開始 ウォッチフェイスのSiri対応や音楽機能の拡張など
Apple Watch向けの「watchOS 4」が配信された。ウォッチフェイスがSiriに対応したほか、万華鏡やトイ・ストーリーの壁紙が追加。ワークアウトやミュージックのアプリも拡張される。(2017/9/20)

Apple、「macOS High Sierra」は9月26日リリース
AppleのiPhone発表イベントではMacについては全く触れられなかったが、次期OSの「macOS High Sierra」が9月26日に登場することが公式サイトでひっそり告知された。(2017/9/13)

Apple Watch Series 3、LTEに対応し通話も音楽も単体で利用可能に――9月22日発売
4000万曲を抱えるApple Musicの音楽をApple Watch単体で楽しめる。(2017/9/13)

iPhone X新機能、AirPods新モデルがiOS 11 GMから発見?
意図的にリークされたとも言われているiOS 11のGM。そこから新製品情報が漏れ出してきた。(2017/9/11)

「Apple Watch Series 3」(仮)はIntelモデム搭載のスタンドアロン端末か
次期「Apple Watch」にはIntelのモデムチップが搭載され、単体での通話やメッセージング、Apple Musicのストリーミングが可能になるとBloombergのマーク・ガーマン記者が報じた。(2017/8/6)

全てを拒むのはもう不可能
スマートウォッチ、ドローン、VR――オフィスにやってくる新興技術をどう扱うべき?
新興のモバイル技術の到来で、IT管理者が圧倒されたり不安になったりすることもある。トレンドの先端にとどまり続けるためには、先手を打つことが不可欠だ。(2017/6/30)

Appleが「watchOS 4」を今秋公開 「Siriウォッチフェイス」でよりインテリジェントに
Apple Watch用の「watch OS」が、第4世代に突入する。Siriを活用したインテリジェント化をはじめ、使い勝手をより向上することを主眼に置いている。(2017/6/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。