ニュース
» 2017年06月06日 05時30分 UPDATE

Appleが「watchOS 4」を今秋公開 「Siriウォッチフェイス」でよりインテリジェントに

Apple Watch用の「watch OS」が、第4世代に突入する。Siriを活用したインテリジェント化をはじめ、使い勝手をより向上することを主眼に置いている。

[井上翔,ITmedia]

 Appleは6月5日(米国太平洋時間)、Apple Watch向けの新OS「watchOS 4」を2017年秋にリリースすることを発表した。それに先駆けて、同社は同日から開発者向けのプレビュー版を公開した。

watchOS 4 watchOS 4は2017年秋登場

Siriウォッチフェイス

 watchOS 4では、Appleのエージェントソフトウェア「Siri」を使った「Siriウォッチフェイス」が追加される。腕を持ち上げると、時間や行動パターンなどに応じた情報をカード形式でディスプレイに表示する機能で、指で画面を上下にスワイプするとユーザーが必要とする情報にすぐアクセスできる。

Siriウォッチフェイス 「Siriウォッチフェイス」で、時間や行動パターンなどに応じた情報を自動提案して表示してくれるようになる

 なお、watchOS 4ではウォッチフェイスとして「カレイドスコープ(万華鏡)」や「トイ・ストーリー」が新たに追加される。

追加されるウォッチフェイス watch OSで追加されるカレイドスコープ(左)とトイ・ストーリー(右)のウォッチフェイスの例。他にもいくつかパターンが用意されている

スマートアクティビティコーチング

 「アクティビティ」アプリでは、よりユーザーに最適化されたメッセージを毎朝通知する「スマートアクティビティコーチング」機能が追加された。必要に応じて、アクティビティリング(活動の到達目標)により近づけるための歩行距離の表示も行うという。個々人に合わせた「マンスリーチャレンジ」も表示されるという。

スマートアクティビティコーチング 「スマートアクティビティコーチング」では、アクティビティリングの到達度に応じてユーザーに合ったメッセージを表示してくれる

 また、「ワークアウト」アプリもバージョンアップし、高強度インターバルトレーニング(HIIT)に対応したアルゴリズムを追加したほか、プールでの水泳ワークアウト(Series 2のみ)にも対応した。さらに、「GymKit」対応のフィットネス機器と簡単な操作でペアリングし、その情報をワークアウトに反映させることができるようになった。

HIITワークアウト 「ワークアウト」アプリは高強度インターバルトレーニング(HIIT)に対応したアルゴリズムを追加
GymKit 「GymKit」対応機器と簡単な操作でペアリングしてワークアウトに情報を反映させられるように

Musicアプリの強化

 「Music」アプリはデザインを一新し操作性を向上したほか、「AirPods」とペアリングできるようになる。Apple Watchに音楽を保存しておけば、iPhoneやiPadを介さなくても音楽を聴けるようになる。

Music 「Music」アプリはデザインを一新し操作性を向上したほか、AirPodsとの直接ペアリングに対応

関連キーワード

Siri | Apple | watchOS | Apple Watch | AirPods


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう