ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Wind Pad」最新記事一覧

まさに黒板:
待っていたぞ! と叫びながらThinkPad Tablet 2を急いで使ってみた
2012年10月の発表以来、「早く出荷してー! 」と叫んでいた人を少なからず知っている。そんな彼らが待っていた実物がようやく登場。うーん、薄い! 軽い! 黒い! (2013/1/25)

iOS? Android?:
できるビジネスパーソンはWindowsタブレットを使う! 「Prime Erdes PAD NT1」を試した
ドスパラの「Prime Erdes PAD NT1」は、Windows 7を搭載するタブレットだ。CPUはAMDのZ-01(1GHz)で重さは約875グラムと軽量。見た目はタブレットだが立派にWindows 7が動くPCである。その実力をチェックした。(2011/12/27)

MSI、Windows 7搭載タブレット「WindPad 110W」の仕様を一部改定――メモリを4Gバイトに
エムエイスアイコンピュータージャパンは、Windows 7搭載タブレットPC「WindPad 110W」の仕様を改定、内蔵メモリ4Gバイトとして出荷を開始する。(2011/10/28)

Fusion APU搭載タブレットデバイスをファンレスで冷やす方法
FX 8 Core搭載PCのデバイスマネージャーが見れるAMDのイベントでは技術解説セッションも多数行われている。そこで、“ファンレス冷却”の極意を聞いた。(2011/10/6)

ようやくまともに楽しめそう:
MSIの「WindPad 110W」で、タブレットPCで使うZ-01とWindows 7の可能性を考えた
Fusion APUの省電力モデルには、「E」と「C」、そして、組み込み系も想定した「Z」シリーズがある。その“Z”なFusion APUを搭載するタブレット“PC”を使ってみた。(2011/8/17)

「WindPad 110W」出荷延期
エムエスアイコンピュータージャパンは、タブレットPC「WindPad 110W」の出荷開始を8月5日に延期することを明らかにした。(2011/7/22)

MSI、Fusion APUを採用したWindows 7搭載タブレットPC「WindPad 110W」
エムエスアイコンピュータージャパンは、10.1型ワイド液晶ディスプレイを内蔵したタブレットPC「WindPad 110W」を発表した。(2011/7/1)

COMPUTEX TAIPEI 2011:
MSIブースで「クアッドコアのAPU」が動いていた!
MSIのブースに展示されている液晶一体型PCで「A8-3510MX」なる“クアッドコアAPU”が動いていた。ならば! 速攻で! アレとアレとアレをチェックだ!(2011/6/2)

COMPUTEX TAIPEI 2011:
私はAPUを愛しています!──拡大する“Fusion”と変わる“VISION”
AMDは、6月1日に台湾の台北市で行った説明会で、これから登場する予定の自社製品とVISIONブランドのリニューアルについて概要を明らかにした。(2011/6/1)

COMPUTEX TAIPEI 2011:
“Cedar Trail”でWindows エクスペリエンスインデックスを見る!
“未発表”なサンプルで盛り上がるCOMPUTEX TAIPEI 2011の展示ブース。南港のMSIブースでは“Cedar Trail”を搭載するというタブレットデバイスを発見した。(2011/5/31)

CeBIT 2011:
Acerの“Ontario”タブレットPCは「分離式」――Acerプレスカンファレンス
CeBIT 2011が3月1日に開幕した。展示ブースの“初公開未発表モデル”も気になるが、その前に、Acerのカンファレンスで登場した次世代モデルをチェックする。(2011/3/2)

CeBIT 2011:
こちらでは、Antillesが動いていた!――MSIのCeBIT展示ブース事前公開
関係者向けのカンファレンスが行われるCeBIT開幕前日。台湾ベンダーが集うHall 17では、ASUSに続いてMSIも展示ブースの事前公開を行った。(2011/3/1)

2011 International CES:
MSIが公開した“Sandy Bridge”“Fusion”なノートPCと“Android”なWindPad
2011 CESのPC的なキーワードは「Sandy Bridge」「Fusion」、そして「Android」なタブレットだ。MSIのブースでもそれらの未発表モデルが多数登場した。(2011/1/13)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
MSIブースで、もう1つの「Wind Pad」と「次世代」マザーの謎な機能をチェックする
COMPUTEX TAIPEI 2010でMSIが公開したタブレットマシンには“もう1モデルの兄弟”がいる。その正体と、「次世代」マザーボードの気になるボタンを紹介する。(2010/6/4)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
“対iPad勢力”が台北に集結――タブレット新製品ギャラリー
COMPUTEX TAIPEI 2010のMicrosoftブースに並んでいた注目のタブレット製品をひとまとめ。Windowsを搭載した“iPadっぽいやつ”が雨後のタケノコのごとく登場しています。(2010/6/2)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
MSIブースで「Sketch Bookのコンセプト」を知る
COMPUTEX TAIPEI 2010が開幕して展示ブースも公開された。MSIブースで確認した「Sketch Book」続報と「GUS」の詳細、「3DMark 11」世界初デモを紹介する。(2010/6/1)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
MSIがタブレットPC「Wind Pad」やコンセプトモデル「Sketch Book」などを公開
COMPUTEX TAIPEI 2010は6月1日から始まる、が、前日から多数の事前発表会が行われた。MSIは、タブレットPCや立体視PCのほか、ユニークなコンセプトも披露した。(2010/6/1)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
今年の注目は、やっぱり“あれ”か――「COMPUTEX TAIPEI」開幕直前リポート
「COMPUTEX TAIPEI」の時期がやってきた。ブースの設営に追われる開幕直前の会場を現場からリポートする。それにしても、台湾勢の“iPad対抗馬”はどのくらい出るのかな。(2010/5/31)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。