ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Wind Pad」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Wind Pad」に関する情報が集まったページです。

まさに黒板:
待っていたぞ! と叫びながらThinkPad Tablet 2を急いで使ってみた
2012年10月の発表以来、「早く出荷してー! 」と叫んでいた人を少なからず知っている。そんな彼らが待っていた実物がようやく登場。うーん、薄い! 軽い! 黒い! (2013/1/25)

iOS? Android?:
できるビジネスパーソンはWindowsタブレットを使う! 「Prime Erdes PAD NT1」を試した
ドスパラの「Prime Erdes PAD NT1」は、Windows 7を搭載するタブレットだ。CPUはAMDのZ-01(1GHz)で重さは約875グラムと軽量。見た目はタブレットだが立派にWindows 7が動くPCである。その実力をチェックした。(2011/12/27)

MSI、Windows 7搭載タブレット「WindPad 110W」の仕様を一部改定――メモリを4Gバイトに
エムエイスアイコンピュータージャパンは、Windows 7搭載タブレットPC「WindPad 110W」の仕様を改定、内蔵メモリ4Gバイトとして出荷を開始する。(2011/10/28)

Fusion APU搭載タブレットデバイスをファンレスで冷やす方法
FX 8 Core搭載PCのデバイスマネージャーが見れるAMDのイベントでは技術解説セッションも多数行われている。そこで、“ファンレス冷却”の極意を聞いた。(2011/10/6)

ようやくまともに楽しめそう:
MSIの「WindPad 110W」で、タブレットPCで使うZ-01とWindows 7の可能性を考えた
Fusion APUの省電力モデルには、「E」と「C」、そして、組み込み系も想定した「Z」シリーズがある。その“Z”なFusion APUを搭載するタブレット“PC”を使ってみた。(2011/8/17)

「WindPad 110W」出荷延期
エムエスアイコンピュータージャパンは、タブレットPC「WindPad 110W」の出荷開始を8月5日に延期することを明らかにした。(2011/7/22)

MSI、Fusion APUを採用したWindows 7搭載タブレットPC「WindPad 110W」
エムエスアイコンピュータージャパンは、10.1型ワイド液晶ディスプレイを内蔵したタブレットPC「WindPad 110W」を発表した。(2011/7/1)

COMPUTEX TAIPEI 2011:
MSIブースで「クアッドコアのAPU」が動いていた!
MSIのブースに展示されている液晶一体型PCで「A8-3510MX」なる“クアッドコアAPU”が動いていた。ならば! 速攻で! アレとアレとアレをチェックだ!(2011/6/2)

COMPUTEX TAIPEI 2011:
私はAPUを愛しています!──拡大する“Fusion”と変わる“VISION”
AMDは、6月1日に台湾の台北市で行った説明会で、これから登場する予定の自社製品とVISIONブランドのリニューアルについて概要を明らかにした。(2011/6/1)

COMPUTEX TAIPEI 2011:
“Cedar Trail”でWindows エクスペリエンスインデックスを見る!
“未発表”なサンプルで盛り上がるCOMPUTEX TAIPEI 2011の展示ブース。南港のMSIブースでは“Cedar Trail”を搭載するというタブレットデバイスを発見した。(2011/5/31)

CeBIT 2011:
Acerの“Ontario”タブレットPCは「分離式」――Acerプレスカンファレンス
CeBIT 2011が3月1日に開幕した。展示ブースの“初公開未発表モデル”も気になるが、その前に、Acerのカンファレンスで登場した次世代モデルをチェックする。(2011/3/2)

CeBIT 2011:
こちらでは、Antillesが動いていた!――MSIのCeBIT展示ブース事前公開
関係者向けのカンファレンスが行われるCeBIT開幕前日。台湾ベンダーが集うHall 17では、ASUSに続いてMSIも展示ブースの事前公開を行った。(2011/3/1)

2011 International CES:
MSIが公開した“Sandy Bridge”“Fusion”なノートPCと“Android”なWindPad
2011 CESのPC的なキーワードは「Sandy Bridge」「Fusion」、そして「Android」なタブレットだ。MSIのブースでもそれらの未発表モデルが多数登場した。(2011/1/13)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
MSIブースで、もう1つの「Wind Pad」と「次世代」マザーの謎な機能をチェックする
COMPUTEX TAIPEI 2010でMSIが公開したタブレットマシンには“もう1モデルの兄弟”がいる。その正体と、「次世代」マザーボードの気になるボタンを紹介する。(2010/6/4)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
“対iPad勢力”が台北に集結――タブレット新製品ギャラリー
COMPUTEX TAIPEI 2010のMicrosoftブースに並んでいた注目のタブレット製品をひとまとめ。Windowsを搭載した“iPadっぽいやつ”が雨後のタケノコのごとく登場しています。(2010/6/2)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
MSIブースで「Sketch Bookのコンセプト」を知る
COMPUTEX TAIPEI 2010が開幕して展示ブースも公開された。MSIブースで確認した「Sketch Book」続報と「GUS」の詳細、「3DMark 11」世界初デモを紹介する。(2010/6/1)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
MSIがタブレットPC「Wind Pad」やコンセプトモデル「Sketch Book」などを公開
COMPUTEX TAIPEI 2010は6月1日から始まる、が、前日から多数の事前発表会が行われた。MSIは、タブレットPCや立体視PCのほか、ユニークなコンセプトも披露した。(2010/6/1)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
今年の注目は、やっぱり“あれ”か――「COMPUTEX TAIPEI」開幕直前リポート
「COMPUTEX TAIPEI」の時期がやってきた。ブースの設営に追われる開幕直前の会場を現場からリポートする。それにしても、台湾勢の“iPad対抗馬”はどのくらい出るのかな。(2010/5/31)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。