ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ワイン/シャンパン」最新記事一覧

質問!お酒→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でお酒関連の質問をチェック
「ワイン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

ワイン初心者をフォロー:
「おススメの赤は?」 AIがメルシャンのワインを提案
国内ワインメーカーのメルシャンが同社サイトを訪れたユーザーに人工知能(AI)を使ったワインの提案サービスを始めた。(2017/10/17)

世界最古のワイン、イタリアで発見される 5000年以上前から製造を行っていた可能性
紀元前3000年台前半のつぼを化学分析。(2017/8/29)

全国トップの生産量:
藤沢をワインの街に! メルシャンが地域活性化に一役
ワインメーカー大手のメルシャンが神奈川県藤沢市と包括的連携協定を結んだ。藤沢は同社の工場があり、ここは全国トップのワイン生産量を誇るのだ。(2017/8/15)

両手が自由に使える「置き型ドライヤー」、アイリスオーヤマから
アイリスオーヤマは、自立する「置き型ドライヤー」を8月21日に発売する。パールピンク、パールブルー、シャンパンゴールドの3色をラインアップ。(2017/8/10)

食品表示法違反に該当:
サッポロ、ワイン3万本超を自主回収 ラベルに誤り
サッポロビールが、イタリアワイン計3万3600本を自主回収すると発表。ラベルの確認ミスにより、誤った内容のラベルを貼付した商品が市場に出回ったため。(2017/6/22)

インディーズミュージシャン支援も!?
FinTechにとどまらないブロックチェーン活用事例
金融業界以外でもブロックチェーンの活用が始まっている。ワインやアボカドの追跡、そしてインディーズミュージシャン支援まで、ブロックチェーンの活用事例を紹介する。(2017/5/30)

ピンセットサイズの本やワインの精巧さ クルミの中に作ったミニチュアハウス制作動画がスゴイ!
このおうちどこで売ってるんですか……!(2017/5/13)

最高に意識が低いワイングラスが話題に ボトルと合体、注ぐ手間すら省けて堕落が加速する
とにかく動きたくない人向け。(2017/5/13)

IT先進国・ルクセンブルクのワイン農家が、ITに頼らない理由
ITと農業の可能性を探ってきた。(2017/5/11)

タイムアウト東京のオススメ:
イタリアンはナチュラルワインと味わう
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/5/2)

魚型のボトルに既視感…… 見れば見るほどお醤油みたいなワインが話題に
どう見てもお弁当に入ってるアレにしか見えない……。(2017/4/13)

auのVoLTEケータイ「GRATINA 4G」に新色登場 3G通信にも対応
折りたたみ式のauケータイ「GRATINA 4G」に新色「シャンパンホワイト」「メタルブラック」が登場する。既存色とは“別機種”で、auの3G(CDMA2000)エリアでも通信できることが特徴だ。(2017/4/7)

滴が垂れないワインボトル、米大学が開発 200年続いた“液垂れ”に終止符?
解決策はシンプルで、ボトルの首に溝を付けただけ。(2017/3/31)

200年にわたる問題を解決か 液だれしないワインボトルを米大学が開発
3年の研究の末、200年にわたる問題を解決するかもしれないワインボトルが誕生しました。(2017/3/30)

タイガーは白ワイン、バーナビーはロゼに 「TIGER & BUNNY」イメージのワインが限定発売
あらゆる商品になってきたT&Bのヒーローたち、とうとうワインに!(2017/3/27)

トイレで飲むのかよ! ワイングラスや缶ビールを置けるトイレットペーパーホルダーが誰得感マックス
さすがアメリカ。(2017/2/19)

「私はワインであり幼虫です」 よく分からないSiriの返答
(2017/2/19)

「艦これ」インスパイアカレーに1年半ぶり新作「Polaカレー」 「世界の提督ありがとう!!」企画も始動
「Polaカレー」には赤ワインも付くなど、艦娘のキャラも楽しめそう。(2017/2/7)

組み込み採用事例:
ワインの不正開栓を検知するICタグを開発、ドメーヌ・エマニュエル・ルジェで採用
凸版印刷は、ワインのコルク栓引き抜きや不正な穴開けを検知できるICタグ「CorkTag」を開発した。偽造ワインや不正な詰め替えからのブランドプロテクション用途として販売する。(2017/1/30)

2017年の事業戦略発表:
メルシャン、好調な輸入ワインに新ブランド
ワインメーカーのメルシャンが2017年の事業戦略を発表。チリワインを中心に売り上げ好調な輸入ワインに引き続き注力する。新ブランド商品も発売する。(2017/1/18)

発泡酒は引き続き苦戦:
サッポロの17年計画 ビール類2.1%増、ワイン強化
サッポロが、2017年の事業計画を発表した。昨年に続いて「エビス」「黒ラベル」などに注力するほか、ワイン事業の拡大も目指すという。(2017/1/11)

GACKT「今年のボジョレーは美味しい」 「ボジョレーの帝王」と解禁を祝う
並んでいるのは、醸造家のジョルジュ・デュブッフ氏。(2016/11/17)

メルシャンがフランス老舗ワイナリーに出資する理由
国内ワインメーカーのメルシャンがフランスの老舗ワイナリー、ドメーヌ・カズに出資し、約10%の株主となった。両社は10年前から販売パートナーとして協業してきたが、なぜメルシャンは出資に踏み切ったのだろうか……?(2016/11/8)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
世界に通じる観光列車へ! 「木次線ワイン&チーズトレイン」から始まる未来
JR西日本が三江線の廃止を決定した。「明日は我が身」と近隣の木次線沿線は危機感を抱く。木次線開業100周年実行委員会が行事を準備する一方、新たなプロジェクトが始まった。お客さんも、鉄道会社も、地域の人々も笑顔にする。「木次線があって良かった」と世界の人々に喜んでもらうため、新しい観光列車へ向けた取り組みだ。(2016/10/21)

若者の“酒離れ” 20代の半数近くが「月に1度も酒を飲まない」
20代の約半数が月に1度もお酒を飲まない――ワイン情報サイト「WineBazaar」調べ。(2016/10/14)

メルシャンが“悪魔のバル”を銀座にオープン チリワインの売り上げ増図る
メルシャンは10月7日から期間限定で、チリワインブランド「カッシェロ・デル・ディアブロ」のコンセプトレストランを東京・銀座にオープンする。(2016/10/6)

ペットと乾杯できる! 米メーカーから“犬猫用ワイン”が登場
愛するペットとの晩酌を。(2016/9/25)

人工知能が「利き酒師」に 次は「AIソムリエ」 伊勢丹で8月末から
人工知能がユーザーの好みを分析し、味覚に合う日本酒を提案してくれるサービスが、伊勢丹新宿本店に8月末から登場。9月中旬にはワインを薦める人工知能も展開予定だ。(2016/8/18)

Uberの競合Lyft、アプリでの複数の立ち寄り指定を可能に
Lyftで、例えば帰宅途中にクリーニング店に立ち寄ったり、パーティーに行く途中でワインを購入するといった立ち寄りを、配車段階であらかじめ指定できるようになる。Uberにはない機能だ。(2016/8/9)

ビールとワイン、どっちが好き? “転職経験あり・なし”で差
転職経験の有無で、“ビール派”“ワイン派”が変わる? キャリアインデックス調べ。(2016/8/4)

「全力疾走」という病:
長く売れ続ける「定番」を狙う デザイナー・小関隆一氏のモノ作り哲学とは?
ワインボトルの形をしたLED照明「Bottled」や、ペン型のはがせる水性塗料「マスキングカラー」など、ユニークな日本の技術をうまく組み合わせた商品をデザイン。これらは国内外で売れ続けている。その仕掛け人、デザイナーの小関隆一氏の生き方を追った。(2016/6/30)

アキバに初の“角打ち”酒屋! 「トラ(ノ)アナ NOMOO」が7月1日オープン
ワインや日本酒の「時間無制限、飲み放題」も。1日店員システムでイベントも主催できるぞー。(2016/6/29)

ワイン選びは“人工知能ソムリエ”におまかせ 味覚に合う1本を提案 今夏実用化へ
ワインの好みを人工知能が学習し、ユーザーの味覚に合ったワインを提案してくれるサービスを、カラフル・ボードが開発。8〜9月に実用化を目指す。(2016/6/29)

ワインといえば赤と白、そして青!? スペインのクリエイター集団が作った青いワイン発売
どんな味なの……?(2016/6/25)

デュワ!? ウルトラマンシリーズから「ジャミラの白ワイン」「メフィラス星人の赤ワイン」が登場
科学特捜隊パリ本部全面協力とのこと。(2016/6/18)

Spigen、スタンドや車載ホルダーにもなる「スタイルリング」に新色追加
Spigenの定番スマホリング「スタイルリング」に、スペース・グレーとシャンパン・ゴールドの2色が加わる。既存色と合わせて、5色から選べるようになる。(2016/4/13)

お金は「ただそこにある」 リッチキッズの別世界「Rich Kids of Instagram」
プライベートジェットや高級車、シャンパン風呂など当たり前。(2016/3/14)

22年間で487倍に! 「安さ」だけではない、チリワイン輸入量急増のわけ
長らく首位を守り続けてきたフランスの牙城がついに崩れた。2015年のスティルワイン年間輸入数量でチリがフランスを抜きトップに躍り出たのだ。その急成長の理由とは――。(2016/3/10)

山浦恒央の“くみこみ”な話(82):
統計の食わず嫌いを直そう(その10)、ワインを飲まずに品質を予測する方法
統計アレルギーの解消には、身近な分野で考えてみることも大切です。今回は「ワインを飲まずに、ワインの品質を予測する方法」を例に統計に触れてみましょう。(2016/2/26)

さわやかな香りのブドウ「シャルドネ」の果汁を使ったクリームチーズ 雪印メグミルクより3月1日発売
白ワインにも使われる品種。(2016/2/13)

来週話題になるハナシ:
バブル到来? 過去最高の売り上げを記録した高級品とは
景気回復の追い風もあり、近年世界的にシャンパンの売り上げが好調だ。2015年は3億1200万本が出荷され、ついにシャンパンの売り上げが過去最高を記録したという。(2016/1/29)

PR:社会貢献活動からICT農業まで 富士通と奥野田ワイナリーの“マリアージュ”
富士通がワイン作りに取り組んでいるのをご存じだろうか。山梨県の奥野田ワイナリーが運営するブドウ農園の一角に「富士通GP2020ワインファーム」を設け、従業員やその家族が年に数回足を運び、作業に勤しんでいるのだ。(2016/1/12)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第73回:
年間プロモーション予算の全てをKickstarterに投入、スタートアップ支援と自社ブランディングの“一石二鳥”
クラウドファンディングに出資して才能あふれる起業家を支援し、自社のブランド価値も高める。そんなユニークなWebキャンペーンを行っているワインメーカーがある。(2015/12/28)

金箔トイレも!:
タンクレストイレ「アラウーノ」にまぶしいシャンパンゴールドが登場
パナソニックは、「アラウーノ」シリーズが2006年の発売以来、累計販売台数100万台を達成したのを記念して1000台限定の「シャンパンゴールド」を発売する。またパナソニックのショウルームでは非売品の“金箔トイレ”も展示。(2015/12/22)

国立科学博物館の「ワイン展」の音声ガイドに諏訪部順一さん 声だけでうっとり酔いしれちゃう人が急増中!
テニスの王子様の跡部景吾役。(2015/12/19)

コンビニ探偵! 調査報告書:
ご一緒に“最高”はいかが? ボジョレー・ヌーボー販売の舞台裏
11月の第3木曜日は、ボジョレー・ヌーボーの解禁日だ。解禁日の深夜0時にはカウントダウンイベントがテレビ番組で生中継されるほどの恒例イベントになっている。今回は、ボジョレーを扱うコンビニの現場について調査した。(2015/11/14)

山浦恒央の“くみこみ”な話(79):
統計の食わず嫌いを直そう(その7)、「鎌倉時代の平均ワイン消費量」と「平均値の検定」
「効果がある」と言うためには比較が必要です。新旧開発プロセスの生産性や品質の平均値を比べるためには、「平均値の差の検定」が必要となります。(2015/10/29)

水曜インタビュー劇場(ワイン公演):
メルシャンの担当者が、何度も何度も「ブドウ畑」に足を運ぶ理由
ワイン市場が伸びているのをご存じだろうか。その謎を調べていくうちに、ワインメーカー「メルシャン」の担当者が、ブドウ畑に何度も何度も足を運んでいることが分かった。その理由を聞いてみると……。(2015/10/28)

安いワインがおいしく変身? ハイアールがポップなデザインのワインクーラーなどお披露目
ハイアールがワインクーラーなど新製品を発表。発表会ではイタリアンカジュアルライフのススメとして、ワインやイタリア料理が振る舞われた。(2015/10/22)

FREETEL、Androidスマホ「雅(MIYABI)」のホワイトを発売 「Priori 3 LTE」も近日発売
FREETELのAndroidスマホ「雅(MIYABI)」のホワイトが10月2日に、シャンパンゴールドとブラックが10月9日に発売となる。FREETELのエントリースマホ「priori」の最新機種「priori 3 LTE」も近日発売予定だ。(2015/10/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。