ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ワイン/シャンパン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!お酒→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でお酒関連の質問をチェック
「ワイン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

秋といえばワインでしょ 近江鉄道「ワイン電車2018」開催、漫画『神の雫』に登場したワイン飲み放題
ワイン好きにはたまらない!(2018/9/15)

セブン-イレブンのクリスマスケーキが早くも登場 定番もブラックサンダーもモンブランも
ローストビーフやシャンパンも。(2018/9/14)

「いつ」「誰と」「予算」は……?:
イオンリカー、デジタル強化でワイン販売加速 AI活用のソムリエ機能導入
イオングループのワイン専門店であるイオンリカー(千葉市)は、デジタル技術を活用したワイン販売を加速する。今秋をめどに人工知能(AI)を活用した「Webソムリエ」サービスを電子商取引(EC)サイトに導入するほか、店頭では2次元バーコード「QRコード」を活用した商品説明を始め、実際の店舗とデジタル技術を連動させていく。これらの施策で現在、年間4億円程度のEC経由の売上高を、数年後には30億円規模に拡大させる方針だ。(2018/9/3)

イオンリカー、デジタル強化でワイン販売加速 AI活用のソムリエ機能導入
イオングループのワイン専門店であるイオンリカーは、デジタル技術を活用したワイン販売を加速する。(2018/8/31)

完全にホストだこれ! 田中圭、井浦新らが薔薇片手にキメる“ケンカツ色男選手権”に投票者が殺到
シャンパン入れていいですか?(2018/8/27)

使われている肉の出どころが気になる…… 「ハンニバルレクター」なる名前のピザが話題に
白ワインといっしょにいただきたいところ。(2018/8/28)

九州の蔵元が上位に集中:
「焼酎メーカーの売り上げ」ランキング発表 あの蔵元は何位……?
帝国データバンクが、国内焼酎メーカーの2017年1〜12月期の売上高を集計し、ランキング化した結果を発表。九州の蔵元が上位に多数ランクインしたが、減収となる企業や赤字の企業も多かった。大手メーカーのハイボールやワインの人気に押されたという。(2018/8/13)

坂本ラヂヲ、四つ葉のクローバーを刻印した保護ケース3種を発売
坂本ラヂヲは、8月3日に四つ葉のクローバーを内側にあしらった保護ケースを発売。金運・対人運を呼び込むシャンパンゴールドと、仕事運・才能開花を促すプラチナシルバーの2色をラインアップし、手帳型タイプとシェルタイプを用意している。(2018/7/23)

7〜8月限定:
丸亀製麺、牛肉たっぷり「牛山盛りうどん」発売 隠し味に白ワイン使用
丸亀製麺が、新商品「牛山盛りうどん」を8月27日までの期間限定で発売。(2018/7/10)

前菜は30種類に拡充:
イタリアン「ラ・パウザ」、ワインやピザなど一部値下げ ちょい飲み需要に対応
ラ・パウザがメニューを刷新。酒類やフード類の一部を値下げしたほか、前菜のメニューを17種類から30種類に拡充した。“ちょい飲み”のニーズに対応し、リピーターを増やす狙いがあるという。(2018/6/19)

ビアガーデンで「ビール離れ」 苦手な客にワインやハイボール提供
ビアガーデンで「ビール離れ」が進むという珍現象が起きている。ビールが苦手な客を取り込むため、スパークリングワインやハイボールを中心に提供する店が増えているからだ。(2018/6/6)

ビジネスの裏側:
ビアガーデンで「ビール離れ」 苦手な客にワインやハイボール提供
今年もやってきたビアガーデンの季節。関西のホテルでも営業が始まっているが、「ビール離れ」が進むという珍現象が起きている。(2018/6/6)

富士フイルム、ミラーレス一眼のエントリーモデル「X-T100」発表 約7万4500円から
富士フイルムは5月24日、ミラーレス一眼カメラのエントリーモデル「X-T100」を発表した。ボディーのみの価格は7万4500円前後(税別、以下同様)で、レンズキットが8万7500円前後、ダブルズームキットが9万9500円前後。6月21日に発売する。本体カラーはブラック、ダークシルバー、シャンパンゴールドの3色。(2018/5/24)

「猫のおしっこのような香り」のワインがある
それはおいしい……のか?(2018/5/16)

Googleさん:
あの日見た花の名前をGoogle Lensはもう知ってる
GoogleのAI採用画像検索技術「Google Lens」が、私のiPhoneの「Googleフォト」でも使えるようになりました。花の名前やランドマークを当てるのは得意ですが、ワインのラベルを読むのは苦手みたいです。(2018/3/22)

値上げの影響は?:
アサヒのワイン事業、18年売上高目標は424億円
アサヒビールはワイン事業の戦略説明会を開き、2018年の売り上げ目標は前年比3%増の424億円だと発表した。4月に実施するワインの値上げで、売れ筋のチリワイン「サンタ・ヘレナ・アルパカ」の目標出荷数量は前年実績と同じに。(2018/1/24)

今年は新商品も:
メルシャンのチリワイン主力ブランド、2年で売り上げ倍増
メルシャンが国内で取り扱うチリワインの主力ブランド「カッシェロ・デル・ディアブロ」の2017年の売り上げが11万ケースに。15年比で約2倍に増えた。(2018/1/22)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
思わず乗り換えたくなる! ワインレッドカラーの「Galaxy S8」
2017年にロングセラーとなった「Galaxy S8/S8+」。海外では6色展開ですが、韓国はブルゴーニュレッドが追加されました。ワインの産地で有名なブルゴーニュの名前を冠するだけあって、深みのある落ち着いた色合いです。(2017/12/28)

限定1セット:
福袋でプロポーズをお手伝い サンクゼールが発売
ワイン製造のサンクゼールは2018年1月2日から「コト消費」に特化した福袋を販売する。(2017/12/27)

『The・かぼちゃワイン』の漫画家・三浦みつるが引退発表 2015年にはクラウドファンディングで新作を制作
12月17日には書泉グランデでサイン会が行われます。(2017/12/17)

「アルパカ」など15ブランド:
アサヒ、18年4月からワイン値上げ 調達コスト上昇で
アサヒ、18年4月からワイン値上げ 調達コスト上昇で(2017/12/6)

日本ワイン 140年の真価:
造り手の情熱は等しく 進化続ける日本ワインの未来
日本のワイン業界が活性化している。個人事業主など新規参入が相次ぐ一方で、大手メーカーも積極的な投資を行なっている。日本ワインの未来に向かって――。(2017/12/4)

2017年のインフル予防接種は「例年より痛い」「ここ数年で最悪の出来栄え」とボジョレー風評価が話題に 厚労省らに本当なのか聞いた
「ワクチンの種類が違う→痛みが強い」と考えられているようですが……。(2017/11/20)

「心はワインに釘付け」 元SMAP3人、ホンネテレビ“お疲れ様会”のレアワインに感激
庶民の私、ワインの価格に目玉が飛び出そう。(2017/11/17)

日本ワイン 140年の真価:
造り手は増えるも……日本ワインの課題にどう立ち向かう?
活況を呈している日本ワイン。その一方で、これまでなかったような課題も出てきている。シャトー・メルシャンのチーフ・ワインメーカーを務める安蔵光弘氏に、日本のワイナリーが直面する課題や、これからの日本ワインのことなどをインタビューした。(2017/11/16)

日本ワイン 140年の真価:
メルシャンが独自技術をライバルに教える理由
ワインメーカー大手のメルシャンの特徴は「オープン性」だ。画期的な取り組みをしたかと思えば、そこで得た知見や技術などをほかのワイナリーにも惜しみなく伝える。なぜそうしたことをするのだろうか。(2017/11/9)

日本ワイン 140年の真価:
急成長中の日本ワイン 礎を築いた先駆者たちの挑戦
日本で本格的なワイン造りが始まってから140年。いまや急成長を続ける「日本ワイン」はいかにして生まれ、発展してきたのだろうか。先人たちの苦闘と挑戦の歴史を追った。(2017/11/7)

ハウスに合わせてマグロをさばく「マグロハウス」ホストクラブで開催 シャンパンタワーとマグロ解体のコラボ
異空間過ぎる。(2017/11/1)

ワイン初心者をフォロー:
「おススメの赤は?」 AIがメルシャンのワインを提案
国内ワインメーカーのメルシャンが同社サイトを訪れたユーザーに人工知能(AI)を使ったワインの提案サービスを始めた。(2017/10/17)

世界最古のワイン、イタリアで発見される 5000年以上前から製造を行っていた可能性
紀元前3000年台前半のつぼを化学分析。(2017/8/29)

全国トップの生産量:
藤沢をワインの街に! メルシャンが地域活性化に一役
ワインメーカー大手のメルシャンが神奈川県藤沢市と包括的連携協定を結んだ。藤沢は同社の工場があり、ここは全国トップのワイン生産量を誇るのだ。(2017/8/15)

両手が自由に使える「置き型ドライヤー」、アイリスオーヤマから
アイリスオーヤマは、自立する「置き型ドライヤー」を8月21日に発売する。パールピンク、パールブルー、シャンパンゴールドの3色をラインアップ。(2017/8/10)

食品表示法違反に該当:
サッポロ、ワイン3万本超を自主回収 ラベルに誤り
サッポロビールが、イタリアワイン計3万3600本を自主回収すると発表。ラベルの確認ミスにより、誤った内容のラベルを貼付した商品が市場に出回ったため。(2017/6/22)

インディーズミュージシャン支援も!?
FinTechにとどまらないブロックチェーン活用事例
金融業界以外でもブロックチェーンの活用が始まっている。ワインやアボカドの追跡、そしてインディーズミュージシャン支援まで、ブロックチェーンの活用事例を紹介する。(2017/5/30)

ピンセットサイズの本やワインの精巧さ クルミの中に作ったミニチュアハウス制作動画がスゴイ!
このおうちどこで売ってるんですか……!(2017/5/13)

最高に意識が低いワイングラスが話題に ボトルと合体、注ぐ手間すら省けて堕落が加速する
とにかく動きたくない人向け。(2017/5/13)

IT先進国・ルクセンブルクのワイン農家が、ITに頼らない理由
ITと農業の可能性を探ってきた。(2017/5/11)

タイムアウト東京のオススメ:
イタリアンはナチュラルワインと味わう
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/5/2)

魚型のボトルに既視感…… 見れば見るほどお醤油みたいなワインが話題に
どう見てもお弁当に入ってるアレにしか見えない……。(2017/4/13)

auのVoLTEケータイ「GRATINA 4G」に新色登場 3G通信にも対応
折りたたみ式のauケータイ「GRATINA 4G」に新色「シャンパンホワイト」「メタルブラック」が登場する。既存色とは“別機種”で、auの3G(CDMA2000)エリアでも通信できることが特徴だ。(2017/4/7)

滴が垂れないワインボトル、米大学が開発 200年続いた“液垂れ”に終止符?
解決策はシンプルで、ボトルの首に溝を付けただけ。(2017/3/31)

200年にわたる問題を解決か 液だれしないワインボトルを米大学が開発
3年の研究の末、200年にわたる問題を解決するかもしれないワインボトルが誕生しました。(2017/3/30)

タイガーは白ワイン、バーナビーはロゼに 「TIGER & BUNNY」イメージのワインが限定発売
あらゆる商品になってきたT&Bのヒーローたち、とうとうワインに!(2017/3/27)

トイレで飲むのかよ! ワイングラスや缶ビールを置けるトイレットペーパーホルダーが誰得感マックス
さすがアメリカ。(2017/2/19)

「私はワインであり幼虫です」 よく分からないSiriの返答
(2017/2/19)

「艦これ」インスパイアカレーに1年半ぶり新作「Polaカレー」 「世界の提督ありがとう!!」企画も始動
「Polaカレー」には赤ワインも付くなど、艦娘のキャラも楽しめそう。(2017/2/7)

組み込み採用事例:
ワインの不正開栓を検知するICタグを開発、ドメーヌ・エマニュエル・ルジェで採用
凸版印刷は、ワインのコルク栓引き抜きや不正な穴開けを検知できるICタグ「CorkTag」を開発した。偽造ワインや不正な詰め替えからのブランドプロテクション用途として販売する。(2017/1/30)

2017年の事業戦略発表:
メルシャン、好調な輸入ワインに新ブランド
ワインメーカーのメルシャンが2017年の事業戦略を発表。チリワインを中心に売り上げ好調な輸入ワインに引き続き注力する。新ブランド商品も発売する。(2017/1/18)

発泡酒は引き続き苦戦:
サッポロの17年計画 ビール類2.1%増、ワイン強化
サッポロが、2017年の事業計画を発表した。昨年に続いて「エビス」「黒ラベル」などに注力するほか、ワイン事業の拡大も目指すという。(2017/1/11)

GACKT「今年のボジョレーは美味しい」 「ボジョレーの帝王」と解禁を祝う
並んでいるのは、醸造家のジョルジュ・デュブッフ氏。(2016/11/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。