ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「世界遺産」最新記事一覧

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
手間をかけて“心に残る”旅を企画 「鉄旅オブザイヤー」優秀ツアーとは
旅行会社が開催した「鉄道好き企画旅行」のコンテスト「鉄旅オブザイヤー2017」。今回は審査員を務めた筆者が、受賞作品や受賞しなかった優秀作を紹介する。(2018/2/16)

湖池屋、ヒット商品発売1周年プロジェクト 日本の風土・文化・素材発信
ヒット商品「KOIKEYE PRIDE POYTATO」シリーズが2月に発売1周年を迎えたのを機に、日本の風土や文化、素材を発信するプロジェクト「湖池屋 JAPAN PRIDEプロジェクト」を始動した。(2018/2/13)

世界中で愛されている絵本「ピーターラビット」が実写映画化 ピーターはリアルでかわいいCGで登場
日本での公開は5月から。(2018/1/18)

BIM/CAD:
「逆さ富士」を実現した施工BIM、成功の鍵は設計データの精査
2017年12月に完成した「富士山世界遺産センター」。「逆さ富士」を表現した木格子が目を引く同センターの施工にはBIMが導入された。複雑な意匠を表現するために、どのようにBIMを活用したのか。施工を担当した佐藤工業とシンテグレートに聞いた。(2018/1/18)

ロボットでお茶作り:
「職人ロボットを輸出したい」 お茶を煎れる人型ロボットの需要は?
THKは茶摘みから焙煎まで行うロボット「SEED-noid-mover」を披露した。「職人がいなくてもおいしいお茶を作れるように研究開発を進める」という。(2018/1/17)

世界を旅行してるみたいな「世界遺産模型」 旅好き作者が製作、驚くようなクオリティー
ジオラマの楽しさが詰まってる。(2018/1/7)

東京ガスのパッチョカレンダーがカワイイと話題に! どこでもらえるのか聞いた
パッチョのありがとうイラストも一挙紹介。(2017/12/30)

今のキン肉マンを読んでいないのは人生の9割損してる! 新章の試合結果を旧章読者に予想させてみた
読みましょう……!(2017/12/29)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
オール広島でイノベーションの好循環を――イノベーション立県(広島県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第7回。独特かつ多彩な産業集積を強みにイノベーション立県を目指し、人材育成から企業経営のコツまで、あらゆる視点から支援する広島県の取り組みを取り上げる。(2017/12/28)

タイムアウト東京のオススメ:
アート漬けの新年にする
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/12/26)

既に休日:
静岡県民、新しい天皇誕生日に困惑? 「2月23日は富士山の日……」
皇太子さまが即位されると天皇誕生日が「2月23日」で祝日となるが、Twitter上では、静岡県民らから困惑の声などが上がっている。(2017/12/26)

郵便局、平成年賀状を発売 福本伸行や天野喜孝など豪華メンバーの絵柄で平成の世相を回顧
新年っ! 圧倒的謹賀新年……!(2017/12/19)

人身事故で停車した上信電鉄、車内に「仮設トイレ設置」の神対応 都市部の鉄道でも可能?
人身事故で立ち往生した車両へ「仮設トイレ」が設置。「すごい」「はじめて見た!」と話題に。(2017/12/13)

東京メトロ、日常の移動時間に“バーチャル旅行”を楽しめるアプリ「tento.」公開
日常の移動時間に旅ができちゃいます。(2017/12/5)

移動距離に応じて景色が変化:
東京メトロ、バーチャル旅行アプリ「tento.」発表 通勤・通学を楽しく
東京メトロが、通勤・通学で移動した距離に応じてバーチャル旅行が楽しめるアプリ「tento.(テント)」をリリースする。(2017/12/4)

正確に色分けされたビニール製「ふわふわな地球儀」、ほぼ日が発売 ARで情報飛び出す
ほぼ日と凸版印刷は、専用アプリと連携しAR技術を用いたやわらかい地球儀を発表した。(2017/11/25)

瀬戸内海と嚴島神社を望む:
日本初の「船で行くスターバックス」宮島にオープン
日本初の「船で行くスターバックス」が11月22日にオープン。世界遺産の島・宮島にスタバが上陸する。(2017/11/8)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
神話の地から最先端の発信を――ITしまね開業支援事業(島根県)
「次世代の地方創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを地方の地域性を交えながら紹介する連載がスタート。第1回は島根県が推進する「ITしまね開業支援事業」をお届けする。(2017/10/27)

「ビットコイン」「自撮り」なども:
「広辞苑」10年ぶり改訂 「アプリ」「小悪魔」など追加
岩波書店が、辞書「広辞苑」第7版を2018年1月12日に発売すると発表。広辞苑が改訂されるのは10年ぶりで、「アプリ」「小悪魔」「LGBT」など時代背景を踏まえた約1万語を追加した。(2017/10/24)

もうすぐ公開 劇場版「世界ネコ歩き」に登場するネコちゃんたちをまとめてみた
みんなかわいくて個性的。(2017/10/14)

「吉田ジャスティス・リーグ」バト田とスパ田、死霊人形と世にも奇妙なコラボをしてしまう
鷹の爪団と死霊人形アナベル。われわれは恐ろしいものをくっつけてしまった……。(2017/10/12)

北野武監督「西田さんのアドリブには困りました」 映画「アウトレイジ 最終章」ジャパンプレミア
次回作に向けた展望も。(2017/9/26)

小学生の「プログラミング教育」その前に(6):
国語、算数、英語――教科学習にどのように取り入れたらプログラミングを楽しめるのか? 公立小学校の教諭がプレゼン
政府の新たな成長戦略の中で、小学校の「プログラミング教育」を必修化して2020年度に開始することが発表され、多くの議論を生んでいる。本特集では、さまざまな有識者にその要点について聞いていく。今回は一般社団法人「みんなのコード」が開催した「プログラミング教育明日会議 in 東京」から先行事例報告の内容を中心にレポート。小学校におけるプログラミング教育の授業事例や課題などに迫る。(2017/9/20)

Appleの最新店舗ガイドラインに従ったPremium Reseller姫路店を見てきた
新製品発表直前、Appleの展示手法を読み解く、MACお宝鑑定団ならではの店舗レポート。(2017/9/11)

御朱印集めはスタンプラリーか……「参拝軽視」ブームの裏で寺社が危惧
ここ数年、全国的に人気を集めている御朱印。「集めることだけが目的となり、参拝そのものが軽視されてしまうのでは」と寺社から危惧も出ている。(2017/9/6)

文化庁もあきれた:
「太子道」日本遺産落選でまさかの協議会“内紛”
かつて聖徳太子が往来したとされている、奈良と大阪の古道「太子道」。文化庁の「日本遺産」認定を目指して両府県の関係自治体などで結成された協議会が今夏、突然解散した。なぜかというと……。(2017/9/1)

足立梨花、またも本気の「けもフレ」サーバルちゃんコス披露 尾崎由香も「すっごーい」
共演したかばんちゃんコスの三浦祐太朗さんは自らを「ハイキングにきたおじさん」。(2017/7/17)

「宗像・沖ノ島と関連遺産群」世界遺産登録記念、TBS「世界遺産」で日本の全世界遺産を紹介するスペシャル版放送
21カ所となった日本の世界遺産を全て見せます。(2017/7/10)

福岡県の「宗像・沖ノ島と関連遺産群」が世界遺産に
めでたい!(2017/7/9)

ウクレレじゃなかった ももクロ高城れに、高木ブーからベースのプレゼント
たかぎコンビ。(2017/7/7)

「エンジニアはどこでも働ける」は本当なのか?:
PR:地方に移住すると、生活の“質”が上がり、生涯貯蓄額が増える、といううわさの真相
UIターンに興味はありつつも、ためらう人は多い。移住先に何を求め、何を懸念しているのか。そして地方暮らし実情は?(2017/6/26)

沖縄モノづくり新時代(9):
文化財に触れる楽しみを3Dで――受託開発の殻を破った新提案で地域貢献
エンジニアリングやモノづくり分野の技術進化が、今まで以上に地方の課題解決や魅力発掘の後押しとなる。本連載の主役は、かつて“製造業不毛の地”といわれていた沖縄。第9回では、市販のモーションセンサーと3Dホログラムディスプレイを組み合わせ、これまでと異なる形で文化財と触れ合うことができるシステムを開発した国建システムを取り上げる。(2017/6/21)

地球って美しい! ドローンで撮った世界の絶景写真集 6月20日発売
大自然から街並みまで。(2017/6/17)

イタリア政府「タダでお城あげます」 ただしそれには条件が……
頑張ったら、城のオーナーになれるかも。(2017/5/26)

世界的によく検索されているシリア問題への疑問に答えるWebサイト 国連、Googleが共同制作
「内戦前のシリアはどんな国だったのか」などの疑問に分かりやすく回答。(2017/5/25)

国内でのカジノ解禁、いまいち盛り上がっていないのはなぜ?
「カジノ法案」って結局どういう法律?(2017/5/13)

史上初、球体の“すごろく”が登場
(2017/5/10)

映像技術が切り拓く“まだ見ぬ世界”――麻倉怜士の「miptv2017」リポート2017(後編)
(2017/5/3)

スイスの「レーティッシュ鉄道」の制服をモチーフにした萌えキャラマスコット 夢を叶えた“スイス大使”に経緯を聞いた
地元ファンからも好意的な反応があるそうです。※追記修正あり(2017/4/24)

Google Earthに世界巡りが捗る新機能 テーマに沿って各地を紹介してくれる「Voyager」など
ランダムな目的地に移動する「I'm feeling lucky」も楽しそう。(2017/4/19)

BIM/CAD:
世界遺産「薬師寺」の食堂復興、設計施工一貫BIMで実現
竹中工務店は「薬師寺」の食堂(じきどう)復興事業にBIMを活用した。宮大工の伝統的な技法と現代技術である鉄骨造をBIMで融合し、木造寺院建築の優美な曲面屋根も再現した。BIMの導入はプロジェクト関係者の意思疎通や工期短縮にも役立ったという。(2017/3/9)

2月23日は「富士山の日」 もしも噴火したら?
意外と知らない噴火の被害。(2017/2/23)

勢い増すユングフラウヨッホ:
スイス老舗観光スポットの集客が好調な理由
スイスは山岳観光が昔から盛んだ。中でもユングフラウヨッホは100年超の歴史があり、多くの人々が訪れる観光名所となっている。特に近年は国外からの訪問者数を勢いよく伸ばしている。その背景を現地で探った。(2017/2/11)

ブラジルでサメにかまれた観光客、約36万円の罰金を請求される 野生生物に軽率に手を出してはだめという教訓
女性は軽症で済みました。(2017/2/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
すべては笑顔のため「鉄旅オブザイヤー'16」
2016年に開催された鉄道旅行商品を表彰する「鉄旅オブザイヤー2016」の表彰式が行われた。今年はDC賞、ベストアマチュア賞も創設されて盛り上がった。受賞を逃した作品にも素晴らしい企画があった。審査は楽しく、そして悩ましいところもある。(2017/1/27)

「TEAM NACS」出演、北海道ローカル番組「ハナタレナックス」が3年連続の全国版放送 今回は知床が舞台
森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真ら「TEAM NACS(チーム・ナックス)」の5人が泥酔したり謝罪したり痴話ゲンカしたりします。(2017/1/6)

アニメ「有頂天家族2」の成功祈願イベント、舞台の下鴨神社で開催 ファンも関係者もたぬたぬしよう!
矢三郎役や弁天役など声優陣、原作者の森見登美彦さんなど登場。「モフモフたぬきポンチョ」ももらえるたぬ。(2016/11/28)

ミュージカル「刀剣乱舞」厳島神社奉納公演の公式レポートが到着! 写真盛りだくさんでお届け
写真集の発売&アンコール配信も決定!(2016/11/14)

山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏
通信3キャリアは富士山の開山期間にLTEネットワークを提供しているが、訪日外国人はなかなか恩恵を受けられない。そこで2016年に提供されたのが、山小屋を含む49カ所をカバーする無料の「富士山 Wi-Fi」。このWi-Fiスポットが実現した舞台裏を聞いた。(2016/10/14)

エネルギー列島2016年版(24)三重:
木質バイオマス発電が急拡大、液晶の町から歴史の地までつなぐ
森林資源が豊富な三重県で木質バイオマス発電所が相次いで運転を開始した。工業地帯の遊休地とバイオマス資源を活用して再生可能エネルギーの電力を生み出す。歴史のある熊野地域の産業振興にも木質バイオマスを生かす。高原地帯では巨大なメガソーラーと風力発電所が拡大中だ。(2016/10/4)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。