ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「世界遺産」最新記事一覧

万里の長城が当局の修復で“まっ平ら”に 日本でも「ばかなんじゃないか」の声
キリストのフレスコ画を思い出す人が続出。(2016/9/23)

漫画家・荒木飛呂彦さんがデザインしたお守り、熊野本宮大社で頒布開始 モチーフは熊野古道などの世界遺産
それにしても荒木さん、相変わらず若いなあ。(2016/9/23)

「ひこにゃん」泥沼訴訟が“電撃和解” PR戦略で「くまモン」に遅れ……巻き返しなるか
滋賀県のゆるキャラ「ひこにゃん」は、原作者と著作権を持つ市との間で使用方法をめぐる泥沼の訴訟合戦が続いていたが、今年になって両者が歩み寄った。(2016/9/9)

今年で10歳:
「ひこにゃん」泥沼訴訟が“電撃和解” PR戦略で「くまモン」に遅れ
滋賀県彦根市の人気キャラクター「ひこにゃん」の使用方法をめぐり、原作者と著作権を持つ市との間で泥沼の訴訟合戦が続いていた。7月に市と原作者が覚書を締結し、約10年越しに懸案が解決。今後は“元祖ゆるキャラ”として新たな飛躍を狙う。(2016/9/9)

すでに“聖地巡礼”も 「君の名は。」「聲の形」……なぜか岐阜が舞台の映画が続々と
「君の名は。」「ルドルフとイッパイアッテナ」「聲(こえ)の形」――最近、なぜか「岐阜」が舞台のアニメ映画が相次いで公開されている。(2016/9/5)

あなたの知らないプリンタの世界:
なぜ、外国によくある「超巨大看板」は日本で見かけないのか
海外を歩いていると、高さ数十メートルにもおよぶ巨大看板に目を奪われる機会も少なくないはず。そうしたスケールの大きい印刷物を日本であまり見かけない理由とは?(2016/8/15)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(9):
沖縄編:ヤギはめったに食べないよ!――沖縄の歴史、言葉、通勤着
沖縄といえば、「ちんすこう」「シーサー」「スピード」「ビギン」「米軍基地」。でも、それだけじゃないんです。U&Iターンの理想と現実「沖縄編」のスタートです!(2016/8/5)

SL文化を後世に――東武鉄道、半世紀ぶりSL復活 その勝算と、支援する鉄道8社の思い
東武鉄道が来夏、蒸気機関車(SL)の運行を半世紀ぶりに復活させる。維持には電車と比較にならないほどのコストを要するが、その勝算と、それを支援する鉄道各社の思いとは――。(2016/7/29)

復活計画を業界9社が後押し:
東武鉄道が半世紀ぶりにSLを復活 鬼怒川温泉−今市間、12.4キロ
東武鉄道が来夏、蒸気機関車の運行を半世紀ぶりに復活させる。東武鬼怒川線の鬼怒川温泉駅−下今市駅間の12.4キロを観光列車として年間140日程度走らせる計画。(2016/7/28)

全社横断プロジェクト「チーム・クールジャパン」が調査:
最も「親日」になった国は? 電通が「ジャパンブランド調査2016」を実施
電通は、2016年4〜5月に20カ国・地域を対象に実施した「ジャパンブランド調査2016」の結果を発表した。(2016/7/26)

「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」を世界文化遺産に再推薦決定
再び。(2016/7/25)

上野の美術館・博物館の共通入場券「UENO WELCOME PASSPORT」が国立西洋美術館の世界遺産登録記念デザインに
国立西洋美術館、東京国立博物館などに利用期間中、各1回入場できます。(2016/7/20)

「ミュージカル『刀剣乱舞』 in 嚴島神社」の上演が決定 奉納行事として11人の刀剣男子が降り立つ
国宝・嚴島神社で上演。(2016/7/19)

国立西洋美術館、世界遺産登録が決定 「ル・コルビュジエの建築作品」として
クーデターの影響により延期となっていましたが、無事正式決定となりました。(2016/7/17)

Tech Basics/Catalog:
Googleモバイルアプリ
Googleは、検索エンジン「Google」や「Gmail」といったメールサービスの他にもさまざまなインターネットサービスを提供している。それらのインターネットサービスをスマートフォンからも活用できるようにモバイルアプリの提供も行っている。そのアプリから主だったものを紹介しよう。(2016/7/15)

東京おもちゃショー2016:
おもちゃ界にもVR元年が到来? キーワードは“お手軽さ”
VRの波が玩具業界にも押し寄せてきた。求めやすい価格と使いやすさが各社共通のキーワードとなっている。(2016/6/9)

グロ手術シミュレーター「Surgeon Simulator」にドナルド・トランプ氏を手術する新モード登場 文字通り「腹の内」が丸見えに……
動画ややグロ注意。(2016/6/6)

企業ファイナンスの視点:
ITの“現場”を離れて、はじめて見えた景色――吉田優子さん
「ファイナンス」というと経理や会計の分野をイメージしがちだが、外資系の企業でその仕事は、財務戦略や資金調達、事業投資まで多岐にわたる。そんなITとは離れた業務にSEから転身した人がいる。会社の“裏側”を見ると仕事の見え方が変わるのだという。(2016/6/3)

でっかいな アメリカでミニバンサイズの海綿が発見される
なんじゃこりゃー。(2016/6/2)

時々足を運びたくなる場所! 行ってよかった日本の神社仏閣ランキング 1位は「伊勢神宮」
西日本強し。(2016/5/24)

世界遺産が卓上にポップアップ! レゴで作った「飛び出す姫路城」がすごい
金閣寺や東大寺に続く第3弾。(2016/5/23)

国立西洋美術館が世界文化遺産登録へ ユネスコ諮問機関からの勧告で決定的に
7月の世界遺産委員会で正式決定される見込み。(2016/5/18)

国立西洋美術館、世界遺産に登録へ 7月に最終審査
国立西洋美術館を世界文化遺産に登録するように、諮問機関ICOMOSがUNESCOに勧告。7月の世界遺産委員会で登録の可否を決めるという。(2016/5/18)

「まさか寺までブラック化」元料理長349日連続勤務、世界遺産・仁和寺の「罰当たり」
仁和寺の食堂の元料理長の男性が、長時間労働を強いられ「抑うつ神経症」を発症したとして、寺に慰謝料などを求めた訴訟。過酷を極める労働環境が明らかになった。(2016/5/17)

「まさか寺までブラック化」元料理長349日連続勤務
世界遺産・仁和寺(京都市)で、現代社会の“暗部”を象徴する騒動が起こった。それは……。(2016/5/17)

世界遺産への落書きし放題アプリ登場
貴重な文化遺産にはつい、自分の名前などを落書きしたくなるものだ。迷惑をかけずにそれを可能にするアプリが登場した。(2016/5/16)

忍び寄る“自治体消滅” おしゃれな港町・神戸でも
兵庫県で人口減少と少子高齢化が広がっている。国も地方創生を掲げて「超高齢化社会」に対応しようとしているが、地方都市は青息吐息だ。(2016/5/13)

歴史を感じる! 明治日本の産業革命遺産がテーマの特殊切手 7月8日に発行
八幡製鐵所など10カ所。(2016/5/12)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
四国に8Kの未来を見た――完全固定カメラの舞台映像がすごい
「スーパーハイビジョン」として着々と開発が進む8K。今年のリオデジャネイロオリンピックでは各地で8K方式のパブリックビューイングも予定されているが、一方で麻倉怜士氏は「8Kと舞台映像は相性が抜群」という。愛媛県にある「坊っちゃん劇場」が示した8Kの可能性とは?(2016/5/11)

コンビニ探偵! 調査報告書:
えっ、山梨県がまさかの2位? 都道府県別にコンビニを分析してみた
コンビニ経営から離れてしばらくたつが、都道府県別にコンビニの店舗数を定期的にデータ化している。ふと、これを他のデータと比較したらどうかと思い、いろいろ試してみたところ、意外なことが見えてきた。(2016/5/2)

現地のプリペイドはなぜか3Gのみ:
韓国でも「プリペイドでLTE」が可能、香港事業者のSIMを試す――海外プリペイドSIM導入マニュアル
LTEのカバー率が高い韓国だが、プリペイドSIMは3Gしか利用できない。しかし、香港で販売されているローミング対応のプリペイドSIMなら、現地でLTEを利用できる。(2016/4/26)

姫路駅名物:
うどんでも日本そばでもない――終戦後から創意工夫を重ねた「えきそば」 
1日10万人弱の乗降客が行き交うJR姫路駅。電車を降りてすぐに目に入るのが「えきそば」の文字。戦後の混乱期から現在に至るまで、駅の利用客から愛され続けてきた「姫路のソウルフード」だ。(2016/4/22)

写真展:
三田崇博 世界一周写真展「世界三十六景」
(2016/4/22)

山形大学がナスカで新たな地上絵「舌を伸ばした動物」を発見 空想上の生物か
紀元前400〜紀元前200年ごろの作品と推測しています。(2016/4/19)

写真展:
三好和義写真展「楽園の跡 軍艦島」
(2016/4/14)

これぞ「真剣」! 超高解像度の日本刀ドキュメンタリー「4K Katana Project」撮影現場レポ
銘は「温故創新」、故きを温ねて新しきを「創る」。(2016/3/25)

意外とアナログ?:
乗馬からドローン体験まで! 臨場感たっぷりの“VR遊園地”に行ってきた
3月17日からテーマパーク型のVR体験イベントが東京タワーメディアセンター内で開催される。(2016/3/17)

“魔境”の秘密が全世界へ公開!? 群馬が舞台のシューティング「群馬県から来た少女・改」PC版がSteam Greenlightに登場
全世界へ向けて誤解を招いていくスタイル。(2016/3/15)

マチュピチュ遺跡で世界初のドローン撮影に成功 TBS「世界遺産」で放送
この10年間、すべての空撮が禁止されてきた。(2016/3/9)

新生「第1期 電王戦」は4月に中尊寺、5月に延暦寺で 山崎隆之叡王とPONANZAが対局
山崎隆之叡王とPONANZAによるプロ棋士とコンピュータの対局「第1期 電王戦」が4月9〜10日に関山中尊寺、5月に比叡山延暦寺で行われる。(2016/2/9)

写真展:
横井健治 写真展「O'zbeklar」
(2016/2/8)

5.1chサラウンドで提供:
国内初、J:COMオンデマンドでドルビーオーディオ対応の4Kコンテンツを配信
ジュピターテレコム(J:COM)は、VODサービス「J:COMオンデマンド」で、ドルビーオーディオ(ドルビーデジタルプラス)を採用した4K版「THE世界遺産」(12作品)を2月1日から配信する。(2016/1/28)

写真展:
土門拳に捧ぐ−三好和義写真展「室生寺十二神将」
(2016/1/25)

“建設中”のユネスコ世界遺産で稼働するITインフラの要件とは?:
サグラダ・ファミリアに納入のデータセンターがアワードを受賞
米シュナイダーエレクトリックは、同社のカスタマイズ型プリファブデータセンターが、DatacenterDynamicsのモジュール型部門でDatacenterDynamicsリーダーズEMEAアワードを獲得したことを明らかにした。このデータセンターは、スペインのサグラダ・ファミリアに採用されている。(2016/1/14)

「国宝・帝釈天像」の公認フィギュア登場 東寺の協力・監修のもと完全再現
真言宗立教開宗1200年を記念して製作されたそうです。(2016/1/1)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
2015年を総括! 恒例「麻倉怜士のデジタルトップ10」(中編)
年末恒例「デジタルトップ10」。今回は第4位から第6位までの中編をお届けしよう。惜しくもランキング選外となったが、麻倉氏の琴線に触れたドイツの技術も合わせて紹介する。(2015/12/28)

歴ドル・小日向えりの「もしあの武将がネットサービスを使ったら……」:
生涯で93回も引っ越し!? クレイジー絵師・葛飾北斎の素顔
江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の「富嶽三十六景」を一度はご覧になったことがある人は多いでしょう。富士山の世界文化遺産にも貢献したと言われる北斎ですが、実はかなりの変わり者だったようです。(2015/12/26)

空中都市の風景をいつでも見られるぞ! Googleストリートビューがマチュピチュ進出
文明ってすごい。(2015/12/6)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
自発光ならではのコントラスト、LGエレの有機ELテレビ「65EG9600」を試す
パナソニックのプラズマテレビ事業撤退で家庭用自発光ディスプレイの灯は消えた。そこに一石を投じたのが、韓国LGエレクトロニクスのOLED(有機EL)テレビ。液晶タイプに比べて値段こそ高いが、自発光タイプならではのコントラストのしっかりとした高精細映像で筆者を魅了した。(2015/11/26)

法制度・規制:
山梨県が太陽光発電施設の設置ガイドライン策定、防災・景観・環境の観点で
山梨県は、太陽光発電施設の適切な導入を促すため、「太陽光発電施設の適正導入ガイドライン」を策定し、2015年11月4日に公表した。立地を避けるべきエリアなどを明確化し、安全で適正な太陽光発電の建設を進める。(2015/11/6)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。