ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「チケット」最新記事一覧

「ジャニーズ通信」も休止 チケキャン運営のジャニーズ情報まとめサイト
チケットキャンプ運営元への捜査に関連し、同社が運営していたまとめサイト「ジャニーズ通信」も休止。ジャニーズ通信のTwitter、LINEも休止した。(2017/12/8)

チケットキャンプ、サービス一時停止 商標法など違反の疑い
ミクシィが、チケット売買サービス「チケットキャンプ」のサイト上の表示について、商標法違反・不正競争防止法違反の容疑で捜査当局の捜査を受けた。(2017/12/7)

「チケットキャンプ」に当局の捜査 サービスを一時停止に
商標法違反と不正競争防止法違反の容疑で当局の捜査を受けました。(2017/12/7)

サービスは一時停止:
「チケットキャンプ」商標法・不正競争防止法違反容疑で捜査
ミクシィグループのフンザが運営する「チケットキャンプ」が、商標法違反と不正競争防止法違反の容疑で捜査。新規出品、新規会員登録、新規購入申し込みを一時停止する。(2017/12/7)

スマホを挿し込むと映画を上映できる レゴブロックのミニ映画館がハイクオリティすぎる
チケット売り場に、トイレ、映写室まであるよ!(2017/12/6)

「ディズニーランド」のチケット当選メールに注意喚起 「オリエンタルランドよりお送りしているメールではございません」
件名は「ディズニーランドの入場券をご獲得になりました!」など。(2017/12/6)

1公演当たりの出品数に上限も:
チケットキャンプ、転売防止に向けて本人確認を義務化
「チケットキャンプ」を運営するフンザが、チケットの不正転売を防ぐために利用ルールを変更すると発表。(2017/12/1)

チケットキャンプ、「転売」対策を強化 出品枚数を制限、本人確認厳しく
チケットキャンプが転売対策のためルールを改正。18年1月から1公演あたりの出品枚数を4枚に制限するほか、3月からは本人確認も厳格化する。(2017/12/1)

チケットキャンプ、転売対策を強化 1公演あたりのチケット出品数を「4枚まで」に制限
2018年1月から新ルール適応。(2017/12/1)

“触れあえる”地下アイドルだけが「日常忘れさせてくれた」
「地下アイドル」に入れ込んだ男性。ライブチケットを大量に買い込んだり、プレゼントをしたり……。気づけば負債額は500万円に。既に返済したが、長期延滞でクレジットカードは今も使えない(2017/11/17)

「スター・ウォーズ」前夜祭チケット求め、エレベーターに集団ダッシュ 劇場がすし詰めの地獄絵図に
次回のイベントに生かしてもらいたい。(2017/11/14)

フジテレビのチケット販売サイトで不正ログイン
会員の情報が第三者に閲覧された可能性があります。(2017/11/11)

ヤフオク、「転売目的のチケット」出品禁止
「ヤフオク!」で、転売目的で入手したチケットが出品禁止に。「昨今の社会情勢を総合的に判断」し、出品禁止物に加えたという。(2017/11/9)

ガイドラインに明文化:
ヤフオク!、転売目的のチケットを出品禁止に
ヤフーがオークションサービス「ヤフオク!」のガイドラインを改訂。転売目的で入手したチケットの出品を禁止した。(2017/11/8)

「ヤフオク!」で転売目的で入手したチケットの出品禁止に 11月8日から
ヤフオク!側で転売目的で入手したと判断した商品は削除されていきます。【追記あり】(2017/11/8)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
日本シリーズのチケットは完売したのに、なぜ空席が目立つのか
日本シリーズが盛り上がっている。しかし、ちょっと気になることがある。それは球場で空席が目立つことだ。チケットは完売しているのにもかかわらず、なぜ空席があるのかというと……。(2017/11/2)

任天堂、スマホ版「どうぶつの森」を11月下旬配信へ 舞台はキャンプ場、「リーフチケット」による時短課金採用
待ってたあああああ!(2017/10/25)

4万5000円台に乗せ年初来高値更新:
スマホ版「どうぶつの森」11月下旬リリース 任天堂株急騰
任天堂がスマートフォン版アプリ「どうぶつの森 ポケットキャンプ」を11月下旬に配信。プレイ料金は基本無料で、ゲームの進行を早くできる「リーフチケット」が有料で購入できる。(2017/10/25)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年9月版:
Struts 2の脆弱性、三度目の正直なのか
2017年9月のセキュリティクラスタ、話題の中心は「Apache Struts 2」でした。リモートからサーバOSのコマンドが実行できる脆弱(ぜいじゃく)性が見つかったのは、2017年に限っても3度目です。未成年者のネットを使った犯罪では、中学生とは思えないほど手の込んでいたチケットの販売詐欺と、メルカリを使ったウイルス情報販売が話題になりました。またBluetoothをオンにしているだけで乗っ取られるという「BlueBorne」脆弱性が公表されてAndroidユーザーを中心に騒ぎとなりました。(2017/10/11)

ITりてらしぃのすゝめ:
「ローチケ騒動」が教えてくれたもの 炎上の“火付け役”は誰か
「チケットが勝手にキャンセルされた」というツイートを発端に話題となった“ローチケ事件”。自分でも気付かないうちに炎上に加担してしまっている可能性も?(2017/9/21)

「女子中学生チケット詐欺事件」をシーケンス図化 「分かりやすい」GitHubで話題に
チケット転売をめぐり、専門学校生が誤認逮捕された後、中学生が詐欺容疑で書類送検された事件を説明したシーケンス図がGitHubに投稿され、「分かりやすい」と話題になっている。(2017/9/14)

運営元の調査で発覚:
ローチケのキャンセル問題、申告者は「未入金」
「ローチケHMV」運営元のローソンHMVエンタテイメントが、チケットのキャンセルを巡るツイートの真偽を調査。発信者はチケット代金を入金しておらず、ローチケによるキャンセルは存在しなかったことが判明したという。(2017/9/6)

「入金していなかった」――チケットキャンセル疑惑でローソンHMVが発信者とコンタクト 全て事実ではなかった
「入金後のキャンセル」も「ローチケからのメール配信」もなかった。(2017/9/6)

「キャンセルメールを送ることはあり得ない」 刀剣乱舞ミュージカルをめぐるローチケキャンセル疑惑に担当者困惑
ローソンチケット側に入金済みチケットを無断でキャンセルされたと訴えています。(2017/9/5)

Amazon.co.jpに「車検ストア」オープン
Amazon.co.jpに、自動車の車検サービスのチケットを販売する「車検ストア」がオープンした。(2017/9/4)

Amazonに「車検ストア」オープン 車検チケット購入で引取から納車までを案内
Amazon初の車検サービスです。(2017/9/2)

LINE、電子チケットサービス参入に向け新会社「LINE TICKET」設立 LINE IDを活用した転売対策も視野に
大手芸能事務所のアミューズや、Mr.Childrenの所属事務所との資本業務提携も締結。(2017/9/1)

LINE、電子チケットで新会社 「LINE ID」で不正転売防ぐ
LINE、アミューズなどが新会社「LINE TICKET」を設立。チケット購入者の「LINE ID」をチケット情報とひも付け、不正転売を防ぐサービスを提供する。(2017/9/1)

「LINEチケット」を展開:
LINE、アミューズら3社で新会社「LINE TICKET」設立
LINE、アミューズ、テイパーズ3社が共同出資し新会社「LINE TICKET」を設立。新サービス「LINEチケット」を展開する。チケットの不正転売や公式リセールの課題を解決するという。(2017/9/1)

東海道・山陽新幹線、「Suica」などで乗車可能に 9月末から
「Suica」「PASMO」などを改札口にタッチして、東海道・山陽新幹線にチケットレスで乗車できる「スマートEX」が9月30日にスタート。(2017/8/28)

ミクシィ、プロバスケチームとスポンサー契約 スタジアム建設は「決定した事実ない」
チケット売買サイト「チケットキャンプ」を運営するフンザが、プロバスケットボールチームとスポンサー契約を結んだ。(2017/8/24)

チケットキャンプがビットコイン決済導入 業界初
チケットキャンプがビットコイン決済を導入。チケット業界初という。(2017/8/17)

ニコニコ生放送、番組延長と配信予約を無料に 8月24日から「新配信」に完全移行へ
ゴールドチケットとシルバーチケットが使えなくなります。(2017/8/14)

廃虚マニアが熱視線「神戸のマヤ遺跡」 ツアー大ウケ、ネット募集1分以内にチケット完売
廃虚の摩耶観光ホテル跡地が人気を集めている。廃虚を「神戸のマヤ遺跡」と名付けてツアーを企画したところ、廃虚マニアをはじめ、香港や台湾など海外からの観光客も参加する人気スポットに一変したのだ。(2017/8/10)

ドコモの「dエンジョイパス」、8月9日に提供開始 5万件以上の優待プランを用意
NTTドコモは、レジャー、スポーツ、グルメなど5万件以上の優待プランを利用できる月額500円(税別)の「dエンジョイパス」を8月9日に提供開始。日帰りバスツアーやコンサートチケットが当たるプレゼントキャンペーンも行う。(2017/8/8)

Tカードで入場する「Tチケット」、当日購入で即入場も 東京モーターショー2017で
CCCマーケティングが、手持ちのTカードをチケットとして利用できる「Tチケット」を「東京モーターショー2017」に導入すると発表。混雑避け専用ゲートから入場可能に。(2017/8/1)

「Pokemon GO」のシカゴイベント、接続できずに払い戻しと100ドル分のポケコインの謝罪
「伝説のポケモンが登場する」はずのシカゴでの「Pokemon GO Fest Chicago」でサーバおよびネットワークの問題が発生し、ゲームを起動しにくい状態が続いている。同社は参加者に20ドルのチケット代の払い戻しと100ドル分のポケコインの提供を発表した。(2017/7/23)

手書きの“点”がバーコード代わりに 市販のペンで書くだけ NEC
市販のペンで書いた1ミリほどの点を、バーコードなどの代わりに使える技術をNECが開発。小型の電子部品やチケットなどへの活用を見込む。(2017/7/19)

auユーザー限定「三太郎の日」 8月のプレゼントは「ミスド」
auユーザーを対象とした「三太郎の日」。8月の特典は「ミスタードーナツ」の電子ギフトチケットプレゼントとなった。(2017/7/12)

チケット高額転売、マイナンバーカードで阻止 総務省とぴあが検討【訂正あり】
総務省とぴあが、チケット販売時にマイナンバーカードを使った認証機能の導入を検討。チケットの高額転売を防ぐ狙い。【訂正あり】(2017/7/12)

ぴあも「電話番号認証」必須に 不正転売対策で
「チケットぴあ」にも電話番号認証が。1つの電話番号につきIDを1つに制限することで、大量IDの不正取得によるチケット大量購入を防ぎ、高額転売抑止につなげるとしている。(2017/7/7)

チケットぴあが「電話番号認証」を導入 1つの電話番号で1つの会員IDを認証するシステムで高額転売を抑止
不正な複数ID取得を防ぐための仕組みです。(2017/7/6)

ヤフー、AIが“価格決める”チケット販売 ソフトバンク戦が対象
ヤフーが、福岡ソフトバンクホークス主催のパ・リーグ公式戦チケットの販売に、人工知能(AI)による需要予測を導入。予測結果に基づき価格を1日1回変更する。(2017/7/3)

ヤフー、プロ野球ホークス戦チケット販売に価格変動制導入 AIの需要予測をもとに各試合の観戦料を設定
過去の対戦成績やリーグ内順位をもとに、AIが需要を予測して価格を設定。(2017/6/30)

チケット販売「e+」、会員登録にSMS認証を導入 不正転売対策で
チケット販売サイト「e+」が、会員登録時にSMS認証を導入。チケットの不正購入、高額転売の防止につなげる。(2017/6/30)

「ヤフオク!」活用も:
ヤフー、AI活用の“価格変動チケット”販売 ホークス27試合
ヤフーが福岡ソフトバンクホークスが主催するパ・リーグ公式戦の観戦チケットを「価格変動」形式で販売。AIを活用して価格が決まる。「ヤフオク!」で人気席のオークションも。(2017/6/30)

チケット高額転売問題の解決になるかも イープラス、多重登録防止に全会員にSMS認証を求めるリニューアル
転売目的で複数のアカウントを持つ不正なユーザーをシャットアウトする狙い。(2017/6/30)

Hulu、不具合で1000円分の「お詫び」 7月中旬から受け付け
「Hulu」日本版リニューアルで不具合が続出した問題で、運営元は、不自由を感じたユーザーにお詫びとして1000円分のチケット送付する。(2017/6/5)

Hulu、リニューアルに伴う不具合でユーザーに1000円分のチケット配布へ
Amazonギフト券やiTunesコードも選択可能です。(2017/6/4)

「けものフレンズ LIVE」9月16日に開催決定 本日オープンの公式ファンクラブでチケットを先行販売
公式FCに入ったら、君も今日からフレンズ。(2017/6/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。