ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「寄付・募金」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「寄付・募金」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

HDDと同じ手順では情報漏えいの危険も
SSDの廃棄方法と、SSDが「ドリルで穴を開けても復旧可能」な理由
使用済みのSSDを寄付するのは素晴らしいことのように思える。だが、データの安全を保ちたいなら話は別だ。SSDの廃棄とリサイクルは思っているより複雑だ。(2018/10/18)

ふるさと納税、過度な返礼品の自治体除外に波紋広がる
ふるさと納税制度をめぐり、過度な返礼品で寄付を集める自治体を制度の対象から外す総務省の方針が波紋を広げている。都会に偏りがちな税収を地方に分散させようと創設された制度だが、返礼品競争が過熱。返礼品を地場産品に限定するなどして自治体間の公平性を保つことを目指す総務省の方針に対し、特産品に乏しい中で収入や知名度アップの手段として制度を活用してきた自治体が反発しているのだ。(2018/9/28)

「お金は天下の回りもの」 私財200億円超……日本電産の永守会長、相次ぎ寄付する理由
日本電産の永守重信会長が、地元・京都府内で社会貢献のため私財を投じる寄付行為を続けている。表明した寄付額だけで計200億円はくだらない。永守氏が寄付を続ける背景には、どんな理由が潜んでいるのだろうか。(2018/9/27)

「こんな家族あこがれる!」 仲里依紗&中尾明慶、動物愛護チャリティーで息子と“おそろいTシャツ”3ショット
2015年に愛猫おかかを引き取った2人。(2018/9/16)

ジェフ・ベゾス氏、20億ドルの慈善ファンド立ち上げ 教育とホームレス支援
Amazon.comの創業者、ジェフ・ベゾス氏が妻のマッケンジーさんとともに20億ドル規模の慈善ファンド「Bezos Day One Fund」を立ち上げた。無料の幼稚園ネットワークを立ち上げる他、ホームレス支援にも取り組む。(2018/9/14)

ふるさと納税制度見直し 返礼は寄付額の30%以下と法制化 自治体への“罰則”も 
野田聖子総務相は11日の閣議後記者会見で、地方税法改正も視野にふるさと納税制度を見直す方針を正式に表明した。地場産品以外などを返礼品として提供している大阪府泉佐野市などが、総務省からの自粛要請に対しても見直しの意向を示さないため法規制に乗り出す。返礼品を地場産品に限ることや、調達費を寄付額の30%以下にすることなどを法制化し、守らない自治体には寄付しても税の優遇措置を受けられないようにする。(2018/9/12)

Alibabaのジャック・マー会長、10日に引退 NYT報道
Alibaba Group会長のジャック・マー氏が9月10日に引退するとNYTが伝えた。教育分野の慈善活動に集中するという。(2018/9/8)

地震被害の北海道安平町、ふるさと納税を活用した募金を呼びかけ
震源に近かった安平町。(2018/9/8)

北海道地震被害の募金、ヤフー、LINE、楽天など受け付け
北海道胆振地方で9月6日に発生した地震を受け、被災者を支援するための募金をヤフー、LINE、楽天などが受け付けている。(2018/9/7)

YouTube、“動画で募金”支援ツール「YouTube Giving」提供開始
YouTubeが、クリエイターや非営利団体自体が動画を通じて募金するためのツール「YouTube Giving」の提供をまずは北米で開始した。視聴者は「Donate」ボタンのタップで支援したい団体に寄付できる。(2018/8/31)

講談社が「西日本応援イラスト集」を発売 売上を全額義援金として寄付へ
多くの人気漫画家さんたちが参加しています。(2018/8/27)

PS4版「ファイプロ」頸髄損傷の高山善廣選手をDLCで応援 販売額は高山選手の支援団体へ寄付
高山善廣DLCの売り上げは高山選手に寄付されます。(2018/8/11)

平成最後の年賀葉書のデザイン発表 東京2020大会の寄付金付きタイプや雪ミクさん・くまモンのデザインも
お年玉くじの賞品には「オリンピックへのご招待」も登場。(2018/8/2)

被災地支援する寄付つき「キットカット ミニ もみぢ饅頭味」全国発売
もみぢ饅頭の元祖「高津堂」が監修。(2018/7/31)

「アレクサ、赤十字で100円寄付して」 Echoで寄付受け付け
アマゾンジャパンは、同社の技術やサービスを、日本赤十字社の災害関連活動に提供するパートナーシップ協定を結んだ。第1弾として、Amazon Payを使い、「Alexa」に話しかけるだけで日本赤十字社に寄付できるスキルの提供を開始した。(2018/7/30)

豪雨被災地支援「Yahoo!ネット募金」の偽サイト確認、注意喚起
「平成30年7月豪雨」の支援を募るYahoo!JAPANの募金ページをまねた偽サイトを確認したとし、ヤフーが注意を呼び掛けている。(2018/7/19)

「ふるさと納税で豪雨被災地支援」広がる 「ふるさとチョイス」は寄付総額2億円超え
「ふるさと納税」の仕組みを使い、西日本豪雨の被災地を支援する動きが広がっている。「ふるさとチョイス」の豪雨被災地支援特設サイトでは、45の被災自治体に対して合計2億円以上の寄付が集まっている。(2018/7/11)

世界最大の仮想通貨取引所「Binance」、西日本豪雨に1億円相当寄付へ
香港の大手仮想通貨取引所「Binance」のジャオ・チャンペンCEOが、西日本で起きた豪雨被害に対して、100万ドル(約1億1000万円)相当を寄付するとTwitterで明らかにした。(2018/7/9)

西日本豪雨被害の募金、ヤフーやLINEなど受付中
西日本を襲った豪雨による被害を受け、被災者の救援や被災地域の支援のための募金を、ヤフーやLINEなどWeb各社が始めている。(2018/7/9)

ふるさと納税制度を活用して被災地に寄付 さとふるが「平成30年西日本豪雨 災害緊急支援募金サイト」開設
手軽に寄付できます。(2018/7/8)

Build.Blackも支援:
米NBAサクラメント・キングス、イーサリアムのマイニングで慈善活動
米NBAのサクラメント・キングスは米NBAで最初に仮想通貨のマイニングに着手したチームとなったようだ。(2018/7/3)

ドワンゴのAIによる競馬予測企画、結果発表! 気になる収益は……?
集まった寄付金と同額をドワンゴが用意して馬券を購入し、収益も寄付金も全部寄付する企画でした。(2018/6/29)

災害に便乗した悪質商法にご用心 大阪の地震を受けて消費者庁が注意喚起
過去の災害時には、不審な人から募金を求められたという相談事例が。(2018/6/19)

SWATが学校で犯人と撃ち合うPCゲーム、民間人が巻き込まれる内容で物議 慈善団体が販売中止を要請
開発元は「シミュレーターに過ぎない」と弁明。(2018/5/28)

自治体のプロジェクトを支援する「ふるさと納税型クラウドファンディング」 マクアケが提供開始
クラウドファンディングサイト「Makuake」を運営するマクアケ(東京都渋谷区)が地方自治体向けのクラウドファンディングサービス「Makuake ガバメント」の提供を始めた。自治体が立ち上げたプロジェクトへ寄付した人には返礼品が届き、寄付金額の一部が控除される「ふるさと納税型」のクラウドファンディング。(2018/5/15)

またか! 海外でスーパーファミコンの新作ゲームが発売決定 ゲーム開発のブラックな現状をゲーム化
売上は全額、非営利慈善団体へと寄付されます。(2018/5/12)

intel Akraino Edge Stack:
インテルがエッジコンピューティングのオープンソースコミュニティーに参画
インテルは、「Wind River Titanium Cloud」技術ポートフォリオ、及び「Intel Network Edge Virtualization」ソフトウェア開発キット「Intel NEV SDK」をオープンソースコミュニティー「Akraino Edge Stack」に寄付することを発表した。(2018/4/26)

Amazon.com、Alexaで約50の団体への寄付が可能に
AmazonのAIアシスタント「Alexa」に「Alexa、REDに20ドル寄付して」などと口頭で48の団体に寄附できるようになった。まずは米国でスタートした。(2018/4/3)

製造マネジメントニュース:
地域イノベーション人材育成に向けて産学連携
PwCコンサルティングと九州大学は、地域イノベーション人材育成に向けた産学連携による共同プロジェクトを開始する。このプロジェクトの一環として、PwCコンサルティングは寄付講義を九州大学で開講する。(2018/3/23)

組み込み開発ニュース:
「世界初」のレベル3情報による指紋認証、高解像センサーで指先の汗孔が見える
東京大学大学院情報学環セキュア情報化社会研究寄付講座グループとディー・ディー・エスは、従来よりも高精度な指紋認証が可能なセンサーと解析アルゴリズムを開発した。指先の汗孔など指紋のレベル3情報を用いることで、小型のセンサーを使いながらより高精度な指紋認証が可能になるという。(2018/3/22)

ヤフー、「3.11」企画で集まった約1億円を寄付
「3.11」で検索すると1人につき10円が寄付される、「Search for 3.11 検索は応援になる。」による寄付金額は約4200万円。(2018/3/13)

誤爆メールへのほっこりする返事がきっかけ 病気の子ども支援に多額の寄付集まる
意外な展開。(2018/3/11)

ドワンゴが競馬予測AIを利用して募金活動 AIの選んだ馬券を購入、勝ち分を寄付
企画についてはコンプライアンス含め、漫画『インベスターZ』とのコラボで説明。(2018/3/8)

AIが競馬予測 当たったら全額寄付 ニコ生で新企画
ドワンゴが、人工知能が馬券を購入し、見事的中したら収益を全額寄付する募金プロジェクトを「niconico」で実施する。(2018/3/8)

ヤフーが今年も「Search for 3.11 検索は応援になる。」を開催 羽生結弦選手らが出品するチャリティーオークションも
3月11日に「3.11」と検索すると1人につき10円が復興支援団体に寄付されます。(2018/3/5)

「お祭りにはしたくない」――「MUFGコイン」生かすアイデア、ベンチャーから募集、三菱UFJの“本気度”
「五輪のマイナー競技の選手へ寄付できる」「通勤・通学のピーク時間帯を避けた人にプレゼント」――三菱東京UFJ銀行が、独自のデジタル通貨「MUFGコイン」を活用するアイデアを募り、参加した企業からは新サービスへとつながる提案が飛び出した。(2018/3/5)

稲垣、草なぎ、香取がパラ応援のチャリティーソング「雨あがりのステップ」発表 菅野よう子らが協力
3月19日にリリース、6月30日までの売り上げは全額パラスポーツの支援にあてられます。(2018/3/4)

ビットコインで台湾地震に募金 bitFlyerが受け付け開始
6日深夜に台湾東部で発生した地震被害への義援金をビットコインで募る募金活動をbitFlyerがスタート。ビットコインウォレットかbitFlyerアカウントから送金するだけで寄付が完了する。(2018/2/13)

一風堂、「替玉募金」を2月14日に実施 台湾東部地震の復興支援に替玉の売上全額を寄付
バレンタインの開店から実施されます。(2018/2/13)

楽天も「台湾東部地震」募金開始 楽天スーパーポイント、クレジットカードも利用可能
楽天グループが台湾東部で発生した地震の被害者支援のため募金活動を始めた。楽天銀行への口座振り込みの他、楽天スーパーポイントやクレジットカードを利用して募金できる。(2018/2/9)

Yahoo!JAPAN、台湾東部地震の募金スタート TポイントもOK
2月7日に台湾東部で発生した地震被害への救援金を募る募金活動が「Yahoo!基金」でスタート。クレジットカードのほか、Tポイントで募金することもできる。(2018/2/9)

Yahoo! JAPANが台湾への災害救援金受け付けを開始
記事執筆時点で寄付総額は1000万円を超え、寄付人数も1万4000人を超えている。(2018/2/8)

まだアップルで電話してるの? 買うとマウンテンゴリラを救える「バナナフォン」登場
売り上げの一部が保護団体への寄付金に。(2018/2/6)

青木ヶ原樹海で遺体を撮影して炎上したYouTuber、自殺防止に1億円寄付と発表
自殺防止に関する動画を投稿しています。(2018/1/26)

ジェフ・ベゾス氏、3300万ドル(約37億円)をDACA学生支援組織に寄付
世界一の資産家になった米Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが、子どものころ親に連れられて米国に不法入国した若者(DREAMers)の大学進学を支援するために非営利育英事業団体に3300万ドル(約37億円)寄付した。(2018/1/13)

ふるさと納税で上毛電気鉄道の「デハ101」が貸切りに 往復約2時間半の臨時運行
何に使おう。気になる寄付金のお値段は?(2018/1/6)

ソニーが「aiboチャリティオークション」結果発表、落札金額の全額を生物多様性保全活動に
ソニーは12月20日、aiboチャリティオークションの結果を発表した。落札金額の全額1094万4551円をWWFジャパンに寄付する。(2017/12/20)

クリスマスプレゼントのXboxを諦めて寄付 優しい少年にマイクロソフトがサプライズプレゼント
9歳の少年が、クリスマスプレゼントのXboxを諦めて、そのお金で毛布をホームレスに寄付しました。(2017/12/19)

Amazon Prime Nowを介してホームレスにプレゼント 慈善を呼びかける動画に注目集まる
ホームレスに現地で希望を聞き、その場を配送先に指定してスマホで注文。靴下やバックパック、寝袋などを求める人が多かったそうです。(2017/12/14)

「次元を超えた」義援金贈呈式 初音ミク、女川町長に贈呈 AR活用
初音ミクが女川町の須田町長に義援金を贈呈するARイベント「初音ミク登場! 次元を超えた義援金贈呈式 by KDDI」が実施される。(2017/12/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。