ルンバチャンネル powered by iRobot

ロボット掃除機の代名詞もいえる米iRobotの「ルンバ」。 3つのシリーズは何が違う?最適なルンバを選ぶコツ、主婦とルンバの掃除を比較した結果、カメラを獲得した「ルンバ980」の掃除っぷりがどれだけ変わったのか従来機との違いを検証、など、ルンバの魅力を伝える記事、動画をまとめました。

NEW Topics

ロボット掃除機「ルンバ」で知られる米iRobotと、日本代理店のセールス・オンデマンドは11月21日、国内におけるiRobot製品販売事業をiRobotが買収することで合意したことを発表した。iRobotは日本法人を設立する。

(2016年11月22日)

セールス・オンデマンドは、東京都大田区にある伝統的な銭湯で、米iRobotのロボット掃除機が床掃除の専属従業員に就任したと発表した。

(2016年10月12日)

「ブラーバジェット240」と「ブラーバ380j」はどのように違うのか。そしてブラーバジェット240で安価な市販お掃除シートは使えるのか? 

(2016年10月11日)

米iRobotの「ブラーバジェット240」は、水をスプレーしながら床を掃除するユニークなロボット掃除機だ。日本を含むアジア市場を意識して開発したというだけあり、随所に新しい工夫がみられる。その掃除する力をチェックしていこう。

(2016年9月26日)
滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

水を「プシャ!」と噴出して、床にこびりついた汚れを、洗剤入りのパッドをこすりつけてきれいにする床ふきロボット「ブラーバ ジェット240」。開発責任者である米iRobotのCOOクリスチャン・セルダ氏に、本体の内部構造や動作の仕組み、パッドの秘密まで細かく聞いた。

(2016年8月29日)

iRobotが目指す「本当の意味のスマートホーム」は、住む人に煩雑な設定などをさせない高度に自動化された家だ。その秘密は……もちろんロボット。

(2016年8月4日)

床ふきロボット「ブラーバ」の上位モデル「ブラーバ ジェット 240」が登場。新たにジェットスプレーを搭載。本体前面の穴からピュッと水を前方に吹き出し、クリーニングヘッドを電動歯ブラシのように細かく振動させて汚れをこすり落とす。

(2016年8月4日)

セールス・オンデマンドは、6月8日の「ルンバの日」を記念して、「今日もがんばルンバ」フォトコンテストを実施する。応募期間は7月31日まで。ルンバがなくても投稿はできる。

(2016年6月8日)
ボディーはシルバーに:

セールス・オンデマンドは、米iRobotのロボット掃除機「ルンバ876」を発売する。本体をスタイリッシュなシルバーに一新したほか、新たに「デュアルバーチャルウォール」が付属。発売に合わせてキャンペーンも実施する。

(2016年5月10日)

ロボット掃除機は数あれど、ルンバの「バーチャルウォール」ほどシンプルで効果的な“進入防止”機能はほかにない。今回はユーザー必見。バーチャルウォールの基本と便利な使い方をルンバのマーケティング担当者に聞いた。

(2016年5月7日)

吉祥寺駅から徒歩数分の場所にある「mahika mano」(マヒカマノ)は、客席のほとんどがハンモックという珍しいカフェ。この時期になると花粉症のお客さんも見受けられるようになり、店長さんは頭を悩ませていました。

(2016年2月23日)
あのハウステンボスのホテルに:

ハウステンボスの「変なホテル」(長崎県佐世保市)は、ロボット掃除機「ルンバ980」を公式ロボット掃除機として採用した。日常的に館内の廊下を清掃するという。

(2016年1月19日)

新たにカメラを使ったvSLAMを搭載した「ルンバ980」。しかし、一般的な家庭でどれほどの違いがあるのか。従来機との違いを検証してみよう。

(2015年12月22日)
悲報:

人間の「しっかり掃除したつもり」は意外と信用できないことが判明。

(2015年12月9日)

「ルンバ654」は、10月にリリースされた新しいエントリーモデル。直販価格で5万4000円とルンバの中ではかなり低価格だが、スケジュール機能を搭載するなど機能面は向上している。自宅で使ってみた。

(2015年11月9日)
たぶん:

ボタン1つで家の中をきれいに掃除してくれる便利なロボット掃除機。その代名詞となっているのが米iRobotの「ルンバ」。いくつものシリーズが存在する「ルンバ」だが、実は分かりやすい選び方がある。

(2015年11月8日)
滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

「ルンバ980」はこれまでのルンバと同じようなフォルムだが、中身はまったく別物だ。「最初のルンバ以来、最高の出来」という自信作だが、開発担当のケン・バゼドーラ氏は技術よりも大切なものがあるという。

(2015年10月9日)
朗報:

カメラを使用するvSLAMを搭載し、より効率的に掃除できるようになった「ルンバ980」。しかし、カメラが上にあるということは、猫がのったときの動きが気になるところ。“ルンバ猫”は生き残れるのか?

(2015年9月30日)

米iRobotの新型ロボット掃除機「ルンバ980」が登場。来日したコリン・アングルCEOは、「もっとも優れたロボット掃除機になった」と胸を張る。

(2015年9月29日)

セールス・オンデマンドは9月17日、米国時間の16日に米iRobotが発表したロボット掃除機の新しいフラグシップモデル「ルンバ980」を国内でも販売すると発表した。

(2015年9月17日)
夏に気になる床のベタベタ:

iRobotの床拭きロボット「ブラーバ」を販売するセールス・オンデマンドが、第3者機関による調査結果を発表。ブラーバを使うと、床の雑菌を99.9%除去できるという。

(2015年7月17日)
いちから分かる最新家電:

ちょっと複雑で難しい最新家電を優しくひもとく連載がスタート。今回は、ロボット掃除機「ルンバ」を取り上げます。ロボット掃除機の便利なところって? 新しくなった「ルンバ885/875」は何が違うの? 素朴な疑問に答えます。

(2015年6月29日)

セールス・オンデマンドは、6月8日を「ルンバの日」に制定すると発表。同社の調査で、家事を“時短”するために商品やサービスを導入した経験のある主婦は2割未満であることが分かった。

(2015年6月8日)

セールス・オンデマンドは、ロボット掃除機「ルンバ」の新製品「ルンバ800シリーズ」を発表。バッテリー持ちが約6年と長く、メンテナンスサービスも受けられるという。

(2015年5月26日)

セールス・オンデマンドは、iRobotの「ブラーバ371j」を発売する。急速充電スタンドを省き、交換用クロスを多めに同梱(どうこん)した。

(2015年5月26日)
滝田勝紀の「白物家電スゴイ技術」:

ランダムタイプか、マッピングタイプか――最近、ロボット掃除機の動きを2つに分類する風潮もあるが、実はルンバはどちらにも該当しない。危険を素早く回避し、あくまでも掃除という目的を遂行するルンバの人工知能について、国内総代理店の技術担当者に話を聞いた。

(2015年4月24日)
週刊デジ押し:

動画で話題の製品を紹介する「週刊デジモノ押しの逸品」。その魅力に、思わず欲しくなってしまうかも!?

(2015年4月25日)
iRobot研究(3):

最近、国内外を問わずさまざまなメーカーがロボット掃除機に参入し、その姿形も多彩になった。ロボット掃除機の代名詞ともいえる米iRobotの「ルンバ」は、過去13年間にわたって基本的なスタイルを変えていない。その理由は?

(2015年3月25日)
iRobot研究(2):

ロボット専業メーカーとしての地位を確立した米iRobot。同社のロボットを語る上で欠かせないキーワードが、“ワンミッション、ワンロボット”という考え方だ。

(2015年3月6日)
iRobot研究(1):

ロボット掃除機の先駆けであり、今やその代名詞にもなっている米iRobotの「Roomba」(ルンバ)。どのような人たちが、何を考えて作り出したのだろうか? 同社の歴史を紐解いてみよう。

(2015年3月4日)
満足度97%:

セールス・オンデマンドは、4月から床拭きロボット「ブラーバ380j」の店頭販売を開始する。合わせてユーザーアンケート結果の一部も公表。

(2015年3月4日)
新生活は最新ルンバで始めよう:

ルンバの購入で5000円相当の消耗品が必ずもらえるほか、抽選で1万円相当のカタログギフトが当たる「選べルンバ!キャンペーン」が始まる。2月27日〜4月5日の期間限定。

(2015年2月26日)

iRobotの「ブラーバ380j」は、人の代わりに面倒なふき掃除をしてくれる“お掃除ロボット”。家の中では素足で過ごす日本人にとって、床の汚れやホコリは気になるもの。ブラーバは期待に応えてくれるのだろうか?

(2014年12月30日)

同じ場所を何度も往復して掃除するルンバは「非効率的」と言われることも多い。米iRobotのコリン・アングルCEOが、そうした指摘に真っ向から反論した。

(2014年11月11日)
滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

新製品の「ルンバ 800シリーズ」は、吸引力5倍、清掃能力50%向上という大きな進化を遂げた。ライバルたちを尻目に、次の段階に進んでしまったような印象さえ受ける。ルンバに、いったい何が起きたのか? 米iRobotの開発者を直撃した。

(2014年3月5日)

セールス・オンデマンドは2月18日、米iRobotのロボット掃除機「ルンバ800シリーズ」を発表した。およそ3年ぶりとなるフラグシップモデルだ。

(2014年2月18日)

セールス・オンデマンドは、米iRobotの家庭用掃除ロボット第2弾「ブラーバ380j」を発売する。から拭きと水拭きの両方に対応した床の拭き掃除専用ロボットだ。

(2014年7月1日)

「ルンバ760」をベースとした視覚障がい者モデルが登場。確実に操作しやすい凸点のほか、日本点字図書館監修による音声取扱説明書も同梱する。

(2013年10月31日)

見た目は車のよう。水の中を動いて掃除する。

(2013年1月8日)
待望のカラバリも:

セールス・オンデマンドは、ロボット掃除機「ルンバ」の新製品「ルンバ600シリーズ」を発表した。発表会には米iRobotのCEO、コリン・アングル氏も登壇。

(2012年9月11日)
漆黒のルンバも出た:

米iRobotは9月14日、全自動ロボット掃除機「ルンバ」の新製品「700シリーズ」を発表した。「従来との違いをロボットに例えるなら、ロボコップと鉄腕アトム」。どっち?

(2011年9月14日)

提供:セールス・オンデマンド株式会社
企画:アイティメディア営業企画/制作:ITmedia LifeStyle編集部/掲載内容有効期限:2016年12月31日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ロボットテクノロジーが凝縮!
進化したルンバ980の清掃軌跡がこれだ!


ここまで進化したルンバのフラッグシップモデル
「ルンバ980」紹介ムービー


ルンバがフロア全体をくまなく、隅々までキレイに。


iAdapt搭載 VS iAdapt非搭載
iAdaptの賢さをイスの脚回りで実験。
iAdapt搭載のルンバは的確に状況を判断して、すぐに脱出。


ルンバの高い清掃システム
掃除機の常識さえも覆す「AeroForceクリーニングシステム」。
特殊素材のローラーがゴミを浮き上がらせて、しっかり除去。吸引口には、毛やホコリも絡まりにくく、お手入れも簡単。