ニュース
» 2004年02月02日 17時24分 UPDATE

京セラ製「A5502K」、予価は2万円前後

2月4日から全国で順次発売予定の「A5502K」。メガピクセルカメラ+本格ストロボ+電子コンパスが特徴で、2万円前後(新規)で登場するようだ。

[後藤祥子,ITmedia]

 2月4日から全国で順次発売予定の京セラ製端末「A5502K」。100万画素CCD+本格ストロボ+電子コンパスがウリのこの端末は、東芝製「A5501T」と同等の2万円前後になる見込み(新規、都内量販店およびauショップなど、ITmedia調べ)。発売日は都内でも店舗によって異なるが、2月7日予定とするショップがいくつかあった。

sa_kyosera.jpg
  • auの冬モデル新規価格
端末名 新規価格
A5502K 2万円前後
A5503SA 1万6800円
A5501T 1万9800円
A5403CA 2万4800円
A5404S 2万4800円
 価格は都内量販店などのものでITmedia調べ

 スライドする2.4インチの大型液晶はシャープ製の「CGシリコン液晶」。11万画素CMOSと100万画素CCDのツインカメラ構成で、携帯電話としては始めて本格ストロボの「キセノンフラッシュ」が搭載された。

 またau端末初の二次元バーコード読み取り対応モデルとなる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.